大人の男性であればひとつは持っておきたいワークブーツ。特にアメリカの「レッドウィング」はワークブーツの定番ブランドで、履き込むほどに味わいを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、レッドウィングのおすすめブーツをご紹介。いずれもタフで長く愛用できるモデルが揃っているので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

レッドウィングとは?

世界を代表するワークブーツメーカー

By: redwingonlinestore.jp

「レッドウィング」は1905年に創業したアメリカのワークブーツブランド。創業者であるチャールズ・ベックマンの“本当に良い靴を売りたい”という思いが継承されており、真摯な靴作りには定評があります。

ブーツはソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」を採用しているのもポイント。さらに、革へのこだわりも強く、高品質な素材を安定的に調達できる体制が整っているので、信頼感が高いのも特徴です。

履けば履くほど足になじむ

By: rakuten.co.jp

レッドウィングの多くのワークブーツには「オークレザー・インソール」が採用されています。4.2mmもの厚さを持つオークレザー・インソールは、履き始めこそ硬く感じられるものの、徐々に足と馴染んでいくのが特徴。靴底のコルク片とともに、ユーザーに合った形へ変化していきます。

履き込むことによって経年変化が楽しめるのもポイント。長い時をかけて自分だけの靴に「育てる」楽しみこそ、レッドウィングのブーツの魅力です。

修理に対応しているのでコスパ良好

By: redwingshoe.co.jp

ブーツは履き続けることでソールがすり減っていくものなので、いずれ交換が必要ですが、レッドウィングのブーツはソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」で作られているため、長く履き続けることが可能です。

さらに、レッドウィングは直営店や販売店が多く、修理などもしっかりと対応してくれるのもポイント。アフターサービスが充実しているのも魅力です。

レッドウィング製ブーツの選び方

普段の靴と比べて少し小さめのサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

一般的なスニーカーなどと比べて、レッドウィング製ブーツは総じてサイズが大きめに作られています。そのため、サイズ選びの際は自分が普段履いているサイズよりも小さめをチョイスするのがおすすめで、0.5~1cmほどサイズダウンするのがベターです。

ただし、ブーツの種類によってもサイズ感が異なるため、あくまでも目安として考えておきましょう。

爪先(トゥ)の種類をチェック

モックトゥ

By: amazon.co.jp

「モックトゥ」はつま先がU字状に縫われているのが特徴。「モカシン縫い」で作られることから、モカシンを略してモックトゥと呼ばれるようになりました。

外観はカジュアルな印象。独特の縫い目で、足元にアクセントを加えています。モックトゥが採用されているモデルでは、「アイリッシュセッター」が特に有名です。

ラウンドトゥ

By: amazon.co.jp

丸みを帯びた「ラウンドトゥ」は多くのブーツに取り入れられているベーシックなトゥの形。クセがなく、コーデしやすいのが魅力です。

レッドウィングのラウンドトゥはより丸みが強調されているのが特徴。創業当時からほとんど変わらない形状を受け継いだモデルも数多く取り揃えています。

スティールトゥ

By: rakuten.co.jp

つま先を鋼鉄製にすることで強度を高めた「スティールトゥ」は、もともと労働現場での怪我を防ぐために考案されたモノ。重さはあるものの、ワークブーツらしいスタイルで、根強い人気があります。

レッドウィングでは1934年にスティールトゥを採用したワークブーツを発表。ラインナップとしては「アイアンレンジ」や「ロガー」に用いられています。

ソールの種類をチェック

トラクション・トレッド・ソール

By: amazon.co.jp

「トラクション・トレッド・ソール」は、レッドウィングを代表する機能的なソール。もともとアイリッシュセッターに採用されていた「クッション・クレープ・ソール」がベースとなっています。

優れたクッション性と軽量性を兼ね備えており、軽い履き心地が特徴。また、別名「ホワイトソール」とも呼ばれる通り、白く厚みのある外観も印象的です。現在では、アイリッシュセッターをはじめとして多くのモデルに採用されています。

ビブラム・ラグ・ソール

By: amazon.co.jp

ラグ・ソールとは、はっきりとした凹凸のあるゴム製のソール。なかでも世界的に有名なソール専門メーカー「ビブラム社」のアイテムは「ビブラム・ラグ・ソール」と呼ばれ、高いグリップ力に定評があります。

また、非常に硬く丈夫で、険しい山道などの歩行にも良好。ゴツい外観とは裏腹に軽量で、歩きやすいのも魅力です。

コルク・ソール

By: amazon.co.jp

「コルク・ソール」は、樹脂素材にコルク片を混ぜ込んだモノ。グリップ性が高く、かつては多くのワークブーツに採用されていました。

現在ではより性能の高い素材が用いられることが多くなったため、取り扱い数は減少。しかしながら、レッドウィングではコルク・ソールならではの風合いを重んじ、現在でも一部モデルに採用しています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ベックマン

創業者であるチャールズ・ベックマンの名前をモデル名に冠した、レッドウィング定番のモデル。素材に高級レザー「フェザーストーン」を使用していいることが大きな特徴です。

ベックマンソールと呼ばれる、レザーとラグパターンを半張りした独自のソールは、クラシックなデザインながらワークブーツの実用性を兼ね備えています。スマートなスタイルやコーディネートに合わせるワークブーツとしても人気です。

レッドウィング(RED WING) ベックマンブーツ 9414

スタイリッシュなフォルムと品のあるツヤ感が魅力的なワークブーツ。ブラック・フェザーストーンレザーと呼ばれる貴重なレザーによる黒光りした質感は、男らしさと上品さを兼ね備えています。

レッドウイングのラウンドトゥのワークブーツに使用されることが多い木型「8番ラスト」を使用。親しみやすく幅広いスタイルにマッチする定番のフォルムが特徴です。また、ぷっくりとしたつま先は、シックなデザインにカジュアルなテイストを加えています。

レザーソールにビブラム・ラグ・ソールを半張りした靴底は、実用性が高いことが魅力。スタイリッシュなデザイン性と機能性を兼ね備えた、定番の1足です。

レッドウィング(RED WING) フラットボックス 9063

レッドウイングの定番モデル「ベックマン」の先芯を入れない仕様の6インチブーツ。靴のつま先の形状を維持するために入れられる硬い部材である先芯を入れないことで、つま先が柔らかくなり履き心地が増していることが特徴です。

ブーツ自体のデザインはベックマンのシャープでスタイリッシュなフォルムが印象的なため、ワークスタイルからフォーマルスタイルにまでおすすめ。ソールがフラットなため、ドレスシューズのような雰囲気も感じます。

また、つま先が柔らかいことで、履き込むほどに足先に馴染んでいくことも魅力のひとつ。通常のブーツでは味わえない経年変化と履き心地のよさを味わえる1足です。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|アイリッシュセッター

ワークブーツの最高傑作と呼ばれるほどの定番中の定番モデル。もともとハンティング用ブーツとして開発されたブーツで、クッション性の高さと履き心地のよさが魅力です。

猟犬であるアイリッシュセッターの毛色と、セコイア樹皮を使ってなめしたオレンジ色のアッパーが似ていることが名前の由来。オレンジがかったブラウンレザーと白色のソールとの組み合わせが魅力的なデザインです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 8173

ベージュのスエード素材を使用したアッパーと、白いソールとの相性が魅力的な6インチ丈のブーツ。アイリッシュセッターの定番ブーツ「875」のデザインはそのままに、上質なレザー「ホーソーン・アビレーン」を使用していることが大きな特徴です。

つま先はモックトゥになっていることもポイントで、ワークブーツながらカジュアルなテイストが加わっています。アッパーのレザー素材には、レザーの繊維密度が最も高い部位である銀面を使用しており、耐久性とデザイン性の高さを兼ね備えていることが魅力。

また、歩きやすく長時間の歩行でも疲れにくい、トラクショントレッド・ソールを使用していることも特徴のひとつです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 8877

赤茶色のレザーとモックトゥのカジュアルな雰囲気が魅力的な8インチ丈のブーツ。レッドウィングを象徴するカラーとしてお馴染みの赤茶色は、コーディネートにアメカジテイストなアクセントをプラスします。

ソールはトラクショントレッド・ソールを採用。長時間の歩行でも歩きにくく快適な履き心地が特徴です。

90年代中盤に販売されていたモデルを忠実に再現していることも大きなポイント。赤茶色のレザーはもちろん、右足ベロ裏のプリントタグ、ベロに刻印された品番や製品情報など、当時のディテールを楽しめることも魅力のひとつです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 9870

ブラックのレザーの光沢感と白いソールが印象的な6インチブーツ。ブラックのレザーは、より男臭く無骨な印象を与えられることが大きな魅力です。

丸みのあるラウンドトゥを採用していることもポイントで、ブラックのレザーに柔らかい印象を加えています。ソールは白く底が平らでクッション性の高いトラクショントレッド・ソールを使用しているため、履き心地がよいことも特徴です。

6インチ丈のフォルムとブラックレザーは、コーディネートを選ばず、幅広いスタイルに合わせられます。足元に程よいボリューム感と男らしいワークテイストを加えてくれる1足です。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 9852

レッドウィングのなかでは珍しいチャッカタイプのブーツ。くるぶし程度の高さのチャッカは脱ぎ履きが非常に楽で、より気軽に履けることが特徴です。木型には8番ラストを使用。通常チャッカブーツには使われない木型をあえて使用することで、つま先にボリュームと丸みが加わっています。

スマートでカジュアルな雰囲気が強いブーツのため、デイリーユースとしてもおすすめ。レザーの質感がよいので、程よい品のよさも演出できます。また、履き込むことでトゥが足先に馴染み、ワークブーツらしい味が徐々に増していくこともポイントです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|クラシックワーク

「アイリッシュセッター」として高い人気を得ていた「877」と「875」が、 2000年頃から「クラシックワーク」として独立したモデル。長年の愛用者には、現在でもアイリッシュセッターとして呼ぶ方もいます。

長い時間をかけてじっくり経年変化を楽しめることや、ラバーソールのクッション性の高さが特徴。モックトゥとラウンドゥの2種類があり、スタイルや好みで選べることも人気の理由です。

レッドウィング(RED WING) クラシックワーク 8876

クラシックワークのなかでも定番として知られる「875」のデザインはそのままに、アッパー素材にヌバック・レザーの一種を使用した6インチブーツ。レザーによる独特の風合いが魅力的で、落ち着いた印象を与えられます。

レザー素材には革の表面を少しだけ擦って加工し、オイルとワックスを加えた「カッパー・ラフアンドタフ」を使用。独特のムラ感とシワ感をはじめから楽しめる点が大きな魅力です。

平らで歩きやすいトラクショントレッド・ソール、カジュアルな雰囲気を演出できるモックトゥなども人気の理由。ブラウンカラーはカジュアルすぎないため、大人の男性にぴったりです。

レッドウィング(RED WING) クラシックワーク 877

レッドウィングのベストセラーとして長年高い人気を誇っている8インチブーツ。もともとはハンティングブーツとして製造されたブーツで、歩きやすさと頑丈性を兼ね備えています。

オレンジがかったブラウンのレザーは、男らしさや屈強さと同時にカジュアルさも感じる見た目です。存在感のある8インチ丈ですが、レザーのスムースな質感や自然な肌目により、スマートな印象に仕上がっています。

男性用のハンティングブーツに、トラクショントレッド・ソールを初めて導入したことでも知られるモデルで、底が平らでクッション性が高い白いソールは、デザイン性と機能性を兼ね備えていることが魅力です。

レッドウィング(RED WING) クラシックワーク 9111

レザーの独特のムラ感とスタイリッシュなラウンドトゥの相性が印象的な6 インチブーツ。日本では木村拓哉氏が映画「HERO」で着用していたモデルとしても有名です。

ヌバックレザーの一種である「カッパー・ラフアンドタフ・レザー」を使用したアッパーは、着用前から長年使用してきたようなムラ感とシワ感を備えていることが特徴。こげ茶のカラーと独特のムラ感とシワ感により、小慣れた印象に仕上がっています。

クセがなくコーディネートしやすいラウンドトゥは、服装のスタイルを選ばないこともポイント。トラクショントレッド・ソールを使用しているため、長時間の歩行で疲れにくいことも魅力のひとつです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ラインマン

高所で送電線を扱う電線工たちの呼称である「ラインマン」が名前の由来になったモデル。20世紀はじめに電線工たちが愛用したことで知られています。

危険な現場でも脱げにくく自分のサイズに合わせて調節しやすいよう、シューレースがつま先近くまであることが大きな特徴。ホールド力が高く、しっかり締め上げることでシャープなシルエットになることも魅力です。

レッドウィング(RED WING) ラインマンブーツ 2995

シャープなフォルムとブラックで統一されたカラーが魅力的なワークブーツ。レッドウイングのほかのモデルにはない、細めのフォルムとシックなデザイン性が大きな特徴です。また、つま先までシューレースを締め上げることが可能なため、シューレースの締め具合でフォルムを調節できます。

アッパーの素材には、フルグレインのオイルドレザーに薄い塗膜が施された「リタン・レザー」を使用。強めのツヤ感が魅力的です。

履きやすさが評判の8番ラストを使用していることも魅力のひとつ。また、丸みがしっかり強調されたラウンドトゥは、シャープなフォルムに独特の柔らかみを加えています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|アイアンレンジ

アメリカのミネソタ州にある鉱山地域を名前の由来に持つモデル。鉱山で足元を守るために、ブーツのつま先部分を二重の革で保護する「キャップドトゥ」を採用していることが大きな特徴。

現在では、より強度の高いスティールトゥの開発により、キャップドトゥを採用しているブーツは減っています。アイアンレンジはあえて当時の仕様を受け継いでおり、タフでクラシックな作りとデザインが魅力です。

レッドウィング(RED WING) アイアンレンジブーツ 8080

1990年代まで主流であったキャップドトゥを再現した、強度の高さと屈強な見た目が魅力的な6インチブーツ。ブラックのレザーとシンプルなデザイン性は、普段のコーディネートに取り入れやすいこともポイントです。

アッパーには厚い塗膜を持つことが特徴の「ブラック・クローム」を採用。主に過酷な現場で履かれることが多いブーツに使用されているレザーで、程よい艶と黒光りした光沢が特徴です。

つま先の切り替えや背面に施されたステッチなど、シンプルなデザインのなかに程よいアクセントが加わっています。つま先に厚みのあるブーツですが8番ラストの木型を使用しているため、履きやすさがしっかり確保されていることもポイントです。

レッドウィング(RED WING) アイアンレンジ マンソン 8012

ワインレッドの上品なカラーと、ミリタリーブーツのために開発された「マンソンラスト」と呼ばれる木型を使用していることが特徴の6インチブーツ。ワークブーツらしい重厚感のある見た目と対照的な、ワインレッドカラーはシックで落ち着いた印象を与えられます。

マラソンラストはつま先の中心から親指にかけて膨らんだ曲線により、足の指先に沿うようにフィットすることが特徴。歩きやすく外反母趾が起こりにくいことが魅力です。

アッパー素材には、バーガンディー・セトラーを使用。控えめで品のよさを感じる光沢感は、大人の方から人気を集めています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ペコス

アメリカ南西部で人気のウエスタンブーツをベースに、ワークブーツの機能性をプラスしてデザインされたモデル。ウエスタンの多いアメリカ・テキサス州の市場向けに製造されたことから人気が高まりました。

ペコスブーツのなかでも「トラクション・トレッド・ソール」を採用した「866」が特に人気を集めています。また、バイカーたちから人気のモデルとしても有名です。

レッドウィング(RED WING) ペコス 8169

9インチ丈の存在感とシンプルなデザイン性が魅力的なブーツ。本国アメリカはもちろん、日本でもロングセラーを続ける人気モデルとして知られています。

ウエスタンスタイルのフォルムとデザインですが、トラクション・トレッド・ソールを採用しているため、履き心地も抜群。黒い光沢感とシックな艶感が特徴のブラック・クローム・レザーを使用したアッパーも魅力的です。

デニムにタックインすれば、より存在感が増してコーディネートにワークテイストを加えられます。タックインしない場合は、ラウンドトゥの柔らかみのある印象により、スタイリッシュな印象を与えられることもポイントです。

レッドウィング(RED WING) ペコス 8845

11インチ丈のウエスタンスタイルのデザインと、程よくとがったつま先が印象的なワークブーツ。レッドウィングのペコスブーツのなかではもっとも先がとがっているトゥが特徴で、よりウエスタンテイストなデザインに仕上がっています。

オイルを控えめに含ませていることが特徴の「シガー・リタン」というレザーを使用。落ち着いた質感と赤茶色の小慣れたカラーが魅力的です。デザイン自体は非常にシンプルなため、スタイリングしやすいこともポイント。

コルク素材を使用したソールを採用していることも特徴で、軽量性とグリップ力が高まっています。バイク乗りの方やウエスタンスタイルを好む方におすすめです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|エンジニア

1980年代に日本で発売されて以来、現在もロングセラーを続けるなど根強い人気を獲得しているモデル。もともとは鉄道機関士であるレイルロードエンジニアのために製造されており、ほとんどのブーツに頑丈さが特徴のスティールトゥを採用しています。

また、肉厚で耐久性の高いレザーを使用していることも特徴。2つのストラップが特徴的なデザインは、バイカーたちからも人気です。

レッドウィング(RED WING) エンジニア 2268

11インチの長めの丈と足首付近にセットされたストラップが特徴的なエンジニアブーツ。デニムとTシャツに合わせるだけで様になるブーツなので、アメカジスタイルやバイカースタイルを好む方におすすめです。

アッパーの素材は厚い塗膜を持つブラック・クローム・レザーを使用。つま先は非常に強度の高いスティールトゥのため、長く履き込むことで足先に徐々に馴染んでいきます。

6インチ丈などシューレースのあるブーツとは違い、気軽に脱ぎ履きできる点も魅力のひとつ。特に足首部分を太く設計しているモデルのため、足を通しやすくなっていることも大きなポイントです。サイズ感は足首のストラップで簡単に調節できます。

レッドウィング(RED WING) エンジニア 2966

スティールトゥを採用していることが多いエンジニアブーツですが、あえて程よく薄い樹脂素材に変更していることが特徴のモデル。はじめから足先が柔らかくなっているため、つま先に痛みがなく足に馴染みやすいことが魅力です。

素材はオイルが乾きにくいことが特徴の「ブラック・クロンダイク」を使用。自然な光沢感とブラックのカラーにより、男らしさを感じます。

11インチの長めの丈は、クラシックなアメカジスタイルを演出できます。ロールアップしたデニムと合わせれば、つま先の丸みとストラップの存在感でカッコよくコーディネートが可能です。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ロガー

ロガーと呼ばれる、山の中でチェーンソーや重機を使用して木材を調達する職人たちを名前の由来にもつモデル。ふくらはぎ付近まであるシューレースでブーツを締め上げ、足首までしっかり守ってくれる9インチ丈が特徴です。

山の傾斜地でもしっかり踏ん張れるソールや、強度の高いヒール、スティールトゥを採用した強度の高さなど、山を自由に歩きまわってもしっかりと身を守ってくれる機能性が魅力です。

レッドウィング(RED WING) ロガー 9210

9インチ丈と足首まで締め上げることが可能なシューレースにより、足元に存在感を出せるロガーブーツ。スティールトゥを採用しているため、強度の高さも兼ね備えています。

ソールには世界的に有名なビブラム社と共同開発した「ビブラム・ロガー・ユニット」を採用。ぬかるんだ山道や急な斜面でも確実に地面を捉えられることが特徴です。アッパーには、控えめで品のよい光沢感が魅力の「ブラック・クロンダイク」というレザー素材が使用されています。

強度の高さや機能的なソールなど、タウンユースで使用するには過剰ともいえるスペックのため、ワークブーツ上級者におすすめ。1度購入すれば生涯履き続けられるほどの耐久性は、玄人も納得させられる品質です。

レッドウィング(RED WING) ロガー 9211

レザーを裏返し起毛面を表に使う「ラフアウト・レザー」を使用することで、カジュアルなテイストが加わった9インチのロガーブーツ。レザーの起毛感とナチュラルな印象のベージュカラーにより、おしゃれなデザインに仕上がっています。

ソールは山道など過酷な環境でも安心して歩けることが特徴の「ビブラム・ロガー・ユニット」を採用。見た目の重厚感の通り、非常に頑丈で条件が過酷な斜面でもしっかり地面を噛むことが可能です。

シューレースを上まで締め上げれば、よりタイトなフォルムになりスタイリッシュな雰囲気も演出できます。ベージュのラフアウト・レザーと黄色のシューレースとも好相性です。

レッドウィングのブーツおすすめコーデ

アメカジの定番デニムオンデニムを格上げ

By: wear.jp

「ベックマン」を用いて、大人らしい雰囲気に仕上げたカジュアルコーディネートです。アメカジの定番であるデニムオンデニムは、レッドウィングのワークブーツと相性良好。デニムのインディゴカラーに対して、ブラウンカラーのベックマンを合わせることでメリハリをつけています。

デニムの裾をロールアップしているのもポイント。全体がスッキリと見えるうえに、ベックマンの美しいフォルムも際立たせられます。

ブーツと小物の色合わせに注目

By: wear.jp

無骨な印象の「アイアンレンジ」を、あえてきれいめケーブルニットと合わせた新鮮なコーディネート。ほかの部分にはニット帽・コーデュロイパンツ・バックパックなどカジュアル度の高いアイテムを配置しているため、よりケーブルニットが際立っています。

カラーリングも注目ポイント。ニット帽とブーツはブラック、バックパックとベルト、ブーツの靴紐はブラウンで色をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

アウトドアミックスコーデにもマッチ

By: wear.jp

ブラウンカラーを軸に、バランスよくまとめたおしゃれなコーディネートです。足元を飾るのは定番モデル「アイリッシュセッター」。やや明るめのブラウンレザーが、着こなしのアクセントになっています。

汎用性の高いアイリッシュセッターは、アウトドアミックスコーデとの相性も良好。ボリューム感のあるボアベストを用いたスタイリングもしっかりとまとまります。

シンプルコーディネートにひと工夫加える

By: wear.jp

シャツ×ベスト×デニムというシンプルな組み合わせに、ベージュカラーのワークブーツをチョイス。無難な印象を与えてしまいがちなシンプルコーデも、足元にワークブーツを合わせることでうまくまとめています。

デニムをすっぽりとブーツにかぶせるのではなく、ブーツインしているのもポイント。ブーツ全体を見せることで、全体のバランスを整えています。

カジュアルとドレスが見事に融合

By: wear.jp

トップス、ボトムスはカジュアルな印象ながら、ドレス感の強いアイテムをチョイスすることで大人顔に仕上げた上級者コーデ。ドレスシューズをベースとしている「ベックマン」は、ドレッシーなハットとの相性も良好です。

また、サスペンダーを取り入れているのもちょっとしたおしゃれポイント。ワークブールを履く際には小物の使い方にも気を配りましょう。