カジュアルスタイルが好きならひとつは持っておきたいワークブーツ。特にアメリカの「レッドウィング」は、ワークブーツの定番ブランドで、履き込むほどに味わいを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、レッドウィングのおすすめブーツをご紹介。タフで長く愛用できるモデルが揃っているので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

レッドウィングとは?

世界を代表するワークブーツメーカー

By: amazon.co.jp

「レッドウィング」は1905年に創業したアメリカのワークブーツブランド。創業者であるチャールズ・ベックマンは、「本当によい靴を売りたい」という思いで設立し、現在では世界的なブランドです。

多くのブーツに、ソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」を採用しているのもポイント。さらに、タンナリーを子会社とするなど、革へのこだわりが強いのも特徴です。

履けば履くほど足になじむ

By: redwingheritage.jp

レッドウィングの多くのワークブーツには「オークレザー・インソール」が採用されています。約4.2mmもの厚みがあるオークレザー・インソールは、履き始めこそ硬く感じるものの、徐々に足に馴染んでいくのが特徴。靴底のコルク片とともに、ユーザーに合った形へ変化していきます。

履き込むことによって経年変化が楽しめるのもポイント。長い時間をかけて自分だけの靴に「育てる」楽しみこそ、レッドウィングのブーツの魅力です。

修理に対応しているのでコスパ良好

ブーツのソールは履き続けることですり減っていくものなので、長く履きたい場合には交換が必要。レッドウィングのブーツの多くはソール交換が可能です。1足を長く履き続けられるため、コスパに優れています。

さらに、レッドウィングは直営店や販売店が多く、修理などの際に持ち込みやすいのもポイント。発送によるリペアにも対応しています。アフターサービスが充実しているのも魅力です。

レッドウィングのブーツ人気シリーズ

きれいめからカジュアルまで幅広く馴染む「ベックマン」

By: rakuten.co.jp

創業者であるチャールズ・ベックマンの名前をモデル名に冠した、レッドウィング定番のシリーズ。同社の創業期より存在したデザインのブーツを、アップデートして再現したシリーズです。

アッパーに高級レザー「フェザーストーン」を使用していることが大きな特徴で、アウトソールには「ベックマンソール」と呼ばれる、レザーとラバーを半張りしたクラシカルなソールを採用しています。

クラシックなデザインながら、ワークブーツの実用性を兼ね備えているので、履き心地のよいアイテムです。

長い歴史を持つ「クラシックモック」

By: zozo.jp

「クラシックモック」は、「アイリッシュセッター」として高い支持を得ていた「877」と「875」が、 2000年頃から「クラシックワーク」として独立したモデルです。長年の愛用者のなかには、現在でもアイリッシュセッターとして呼ぶ方もいます。

良質なレザーを使用しており、長い時間をかけてじっくり経年変化を楽しめることや、「トラクショントレッド・ソール」のクッション性の高さが魅力。モックトゥとラウンドゥの2種類のトゥデザインがあり、スタイルに合わせて選べるのも人気の理由です。

さまざまなコーデと相性がよいので、レッドウィングのブーツを初めて購入する方にもおすすめです。

クッション性が高く疲れにくい「アイリッシュセッター」

By: rakuten.co.jp

レッドウィングのワークブーツの定番シリーズです。アウトソールに採用されている「トラクショントレッド・ソール」は、高いクッション性と履き心地のよさが魅力。当初は、ハンティング用のブーツとして開発され、発売と同時に多大な支持を得ました。

シリーズ名の「アイリッシュセッター」は、セコイア樹皮を使ってなめしたオレンジ色のレザーアッパーの色が、猟犬アイリッシュセッターの毛色と似ていることに由来しています。ブラウンレザーと白色のソールとの組み合わせがおしゃれなシリーズです。

新品でもヴィンテージのような雰囲気の「アイアンレンジャー」

By: amazon.co.jp

「アイアンレンジャー」は、アメリカのミネソタ州にある鉄鉱石の鉱山地域「アイアンレンジ」で働く鉱夫たちから着想を得て名付けられたシリーズ。鉱山で足元を守るために、ブーツのつま先部分を二重の革で保護する「キャップドトゥ」を採用していることが大きな特徴です。

20世紀初頭から時代の流れとともに、より強度の高い「スチールトゥ」が主流となり、「キャップドトゥ」のブーツは減ってきました。「アイアンレンジャー」は、あえて当時の仕様を受け継いで仕立てられており、タフでクラシックな作りとデザインが魅力です。

クラシカルなデザインが好みの方は、ぜひチェックしてみてください。

機能性が高い「エンジニア」

By: rakuten.co.jp

「エンジニア」は、1930年代にアメリカで発売されて以来、現在もロングセラーになっているほど根強い人気を獲得しているモデルです。もともとは鉄道機関士であるレイルロードエンジニアのために製造されており、ほとんどのブーツに頑丈さが特徴のスチールトゥを採用しています。

また、肉厚で耐久性の高いレザーを使用しているのも魅力。2つのストラップが特徴的なデザインは、バイカーたちからも多くの支持を得ています。

男らしいデザインのアイテムが好みの方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィングのブーツの選び方

普段の靴と比べて少し小さめのサイズがおすすめ

By: redwingheritage.jp

一般的なスニーカーなどと比べて、レッドウィングのブーツは総じてサイズが大きめに作られています。サイズ選びの際は、自分が普段履いているサイズよりも0.5〜1cmほどサイズダウンするのがベターです。

ただし、ブーツの種類によってもサイズ感は異なります。あくまでも目安として考えておきましょう。

爪先(トゥ)の種類をチェック

モックトゥ

By: rakuten.co.jp

「モックトゥ」はつま先がU字状に縫われているのが特徴。「モカシン縫い」で作られることから、モックトゥと呼ばれるようになりました。

外観はカジュアルな印象。独特の縫い目で、足元にアクセントを加えています。モックトゥが採用されているモデルでは、「アイリッシュセッター」が特に有名です。

ラウンドトゥ

By: rakuten.co.jp

丸みを帯びた「ラウンドトゥ」は多くのブーツに取り入れられているベーシックなトゥの形。クセがなく、コーデしやすいのが魅力です。

レッドウィングのラウンドトゥは、より丸みが強調されているのが特徴。創業当時からほとんど変わらない形状を受け継いだモデルも数多く取り揃えられています。

スティールトゥ

By: zozo.jp

つま先を鋼鉄製にすることで強度を高めた「スティールトゥ」は、もともと労働現場での怪我を防ぐために開発されたモノ。重いモノを落としても指先が潰れにくい設計です。

レッドウィングでは1934年にスティールトゥを採用したワークブーツを発表。ラインナップとしては「アイアンレンジャー」や「ロガー」に用いられています。

ソールの種類をチェック

トラクショントレッド・ソール

By: rakuten.co.jp

「トラクショントレッド・ソール」は、レッドウィングを代表する機能的なソール。もともとアイリッシュセッターに採用されていた「クッションクレープ・ソール」がベースとなっています。

優れたクッション性と軽量性を兼ね備えており、履きやすさが特徴。また、白く厚みのある外観も印象的です。現在では、アイリッシュセッターをはじめとして多くのモデルに採用されています。

ビブラム・ラグ・ソール

By: amazon.co.jp

ラグ・ソールとは、はっきりとした凹凸のあるゴム製のソール。なかでも世界的に有名なソールメーカー「ビブラム社」のアイテムは「ビブラム・ラグ・ソール」と呼ばれ、定評があります。

グリップ性や耐久性が高く、登山用ブーツなどに採用されているのが特徴。ゴツい外観とは裏腹に、履きやすいのも魅力です。

コルク・ソール

By: akuten.co.jp

「コルク・ソール」は、樹脂素材にコルク片を混ぜ込んだモノ。グリップ性が高く、かつては多くのワークブーツに採用されていました。

現在ではより性能の高い素材を用いられることが多くなったため、製品数は減少。しかし、レッドウィングではコルク・ソールならではの風合いを重んじ、現在でも一部のモデルに採用しています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル

レッドウィング(RED WING) ラウンドトゥ ベックマンソール 9013

アウトソールに「ベックマンソール」を採用した、レッドウィングのおすすめブーツです。木型には、レッドウィングのワークブーツ定番の「8番ラスト」を使用し、オーソドックスなデザインに仕立てられています。

ソールは、レザーソールにラバー製の半張りを取り付け、グリップ力を高めてあるのが特徴。柔らかく反り返るシングルソール仕様で、快適な履き心地が楽しめます。フォーマルなスタイルに実用性を加味した、アメリカのブーツならではの伝統的なディティールが魅力のアイテムです。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 875

スタンダードなデザインで、さまざまなスタイリングと相性がよい、レッドウィングのおすすめブーツです。定番のライトブラウンに加え、ブラックやレッドなど、美しいレザーの質感を活かした多彩なカラーバリエーションがラインナップされています。

クラシックモックは、23番ラストで仕立てられた、堅牢なつくりがもたらす高い機能性と耐久性が特徴。ハードな環境のなかでも、軽快な歩行と快適な履き心地を実現します。

「King of Work Boots」と称されるワークブーツの大定番とされるアイテムです。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 8173

上品なベージュのカラーリングが魅力的な、レッドウィングのおすすめブーツです。

アッパーには、ウエスタン系のブーツやアウトドアブーツなどで主に使用される「ホーソーン・アビレーン」を採用。オイルを含ませずに作られた独特の質感の素材で、しなやかさと耐久性の高さが特徴です。オイルアップの必要がなく、手入れはブラッシングを中心に行います。

アウトドアブーツなどにも採用される耐久性の高い素材と歩きやすいソールの組み合わせの当製品は、日本での発売以来ロングセラーアイテムです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 6インチモック 9875

艷やかな美しい光沢を備えたアッパーが目を引く、レッドウィングのおすすめブーツ。長い歴史を持つ「アイリッシュセッター 875」を想わせるワークブーツとして、2012年に発売されたアイテムです。

当製品の美しいゴールドカラーは「ゴールドラセット・セコイア・レザー」という新開発のレザーを使用することで、当時のカラーバリエーションのなかからゴールドの色味を忠実に再現しています。きれいめスタイルなどにも合わせやすい、上品な雰囲気のアイテムです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 6インチモック 9874

ブラックレザーの品のよさと、白いソールのアクセントが魅力的なレッドウィングのおすすめ6インチブーツです。

アッパーには、銀面の塗膜によりオイルが乾きにくい茶芯レザー「ブラック・クロンダイク」を採用。履き込むほどに傷や塗膜の擦れがブラウンの芯地と馴染み、経年変化を楽しめます。メンテナンスの方法により、多彩な質感が楽しめるのが特徴です。

ブラックレザーは、1990年代ストリートファッションを好む若者に絶大な人気を得ていました。重厚感の感じられるブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) アイアンレンジャー 8084

シンプルなデザインが魅力的な、レッドウィングのおすすめブーツです。当製品のモデル名「アイアンレンジャー」は、アメリカ・メネソタ州の北部にある鉱山「アイアンレンジ」で働く鉱夫達に由来しています。

木型には、主にラウンドトゥブーツに使用されている「8番ラスト」を採用。アウトソールにはグリップ力に優れた「ビブラム・430ミニラグソール」を搭載しています。ワークブーツらしいゆったりめな設計で履き心地のよいアイテムです。

ブラックのレースアップブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) 8インチ エンジニア 2965

8インチ丈のショート丈で履きやすさに優れる、レッドウィングのおすすめエンジニアブーツ。アッパー素材に、美しい風合いが魅力的な「ラフアウトレザー」を使用した製品です。

主にペコスブーツなど、ウエスタン系のブーツやアウトドアブーツに使われていた「ラフアウトレザー」は、履き込むことで、汚れなども深い味わいとなります。耐久性の高い素材なので、定期的な手入れの手間が少ないのもポイントです。

手軽なブラッシングのみで経年変化を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ブラックスミス 8015

ワイルドな雰囲気が魅力的な、レッドウィングのおすすめブーツです。当製品は、過酷な鍛冶場で履かれていた古い時代のブーツから着想を得てデザインされており、モデル名の「ブラックスミス」は「鍛冶職人」を意味しています。

アウトソールに採用されている「ニトリル コルク」は、軽量性とグリップ力に優れているのが特徴。同社定番の木型「8番ラスト」を使用したスタンダードなつくりを採用しています。

レッドウィング(RED WING) クラシックチェルシー 3190

個性的なデザインが目を引く、レッドウィングのおすすめブーツです。英国の乗馬用ブーツをルーツとする当製品のモデル名は、19世紀のロンドン・チェルシー地区での同ブーツの流行が由来しています。

中底には、クッション性の高いポロン素材を搭載しており、その上に薄くレザーシートを装着。甲裏に抗菌・防臭素材のエアメッシュプライニングを採用することで、履き心地と快適性を高めてあります。

サイドゴアを搭載した、脱ぎ履きしやすいワークブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ラフネック 8146

ワイルドな佇まいが目を引く、レッドウィングのおすすめブーツです。アッパーのレザー素材には、オイル分を豊富に含んでいることが特徴の「ブライアー・オイルスリック」を採用。表面にはシボ加工を施してあり、赤みのある色合いのブラウンが履き込むほどに深まってきます。

アッパーの手入れには、頻繁なオイルアップが必要ないものの、乾燥に応じたオイルの補充が必要なのがポイント。日頃からこまめに手入れして履くことで、自分だけの経年変化を楽しめるアイテムです。

レッドウィング(RED WING) ロガーブーツ 9211

存在感のあるデザインが魅力的なレッドウィングのブーツです。アッパーには、通常のラフアウトレザーと比較して長い毛足が特徴である「タン・ブルハイド・レザー」を使用。ナチュラルな印象のベージュカラーと、スエードの自然な毛並みが美しいアイテムです。

また、アウトソールには、山道などハードな環境でも安心して歩ける「ビブラムソール」を採用しており、さまざまなシーンで快適に歩行できます。個性的なブーツを求める方やアウトドア用ブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ソーミル 2927

ボリューム感のあるシルエットが目を引く、レッドウィングのおすすめブーツです。寒い環境下で快適に着用できるように仕立てられており、耐水性・防寒性・履き心地において、高い水準で仕立てられています。

アッパーには、オイルを豊富に含んだ「オイルスリックレザー」を採用。普段のメンテナンスを頻繁におこなう必要がなく、レザーの表面が乾いたと感じる際にオイルアップする程度で、コンディションを維持できるのが特徴です。冬時期にも着用できるブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ラインマン 6インチ 2904

ワイルドな雰囲気が魅力的なレッドウィングのブーツです。モデル名の「ラインマン」は、20世紀半ばに活躍した、アメリカのライフラインをつなぐ電線工たちの履いたブーツが由来しています。

デザインの特徴は、つま先近くまで靴紐が通る「レーストゥートゥ」の内羽根式構造。アウトソールには、クッション性のよい「トラクショントレッドソール」を搭載しており、ホールド感がよく、快適な履き心地が楽しめます。

デイリーユースで快適に着用できるブーツを探している方にもおすすめです。

レッドウィング(RED WING) ワークチャッカ 3140

コンパクトなデザインがおしゃれな、レッドウィングのおすすめブーツです。木型には、ポストマンブーツと同様の「210番ラスト」を採用しています。アウトソールには、柔軟でクッション性のある、「アトラストレッドソール」を搭載。足通しがよく軽量で、長時間快適に履けるデザインに仕立てられています。

くるぶし丈の3アイレット仕様なので、脱ぎ履きしやすいのもポイントです。カジュアルコーデで気軽に着用できるブーツを探している方におすすめです。

レッドウィング(RED WING) ワークチャッカ 3143

ラフなデザインでさまざまなスタイリングと相性のよい、レッドウィングのおすすめブーツです。

アウトソールには、柔軟でクッション性の高い「アトラストレッド・ソール」を搭載。木型には、同社のポストマンブーツと同じ「210番ラスト」を採用しており、軽量で快適な履き心地が楽しめます。くるぶし丈の3アイレット仕様で脱ぎ履きがしやすいのもポイントです。

ラフなスタイルに合わせたい方や、軽作業などでブーツを着用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ワークオックスフォード 8109

ホワイトの美しい色合いが特徴的な「トラクショントレッド・ソール」を搭載した、レッドウィングのおすすめシューズです。アッパーには、光沢を抑えた自然な色合いのリアルレザーを採用。カラーは、シックなブラックと、独特な雰囲気のマボガニーの2色を展開しています。

グッドイヤーウェルト製法で仕立てられているので、ソールが傷んだ際は張り替えることが可能。長い期間着用できるのもポイントです。さまざまなスタイリングと相性がよい、ローカットのワークブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ミルワン ブルーチャー オックスフォード 9086

フォーマルにもカジュアルにも履ける汎用性の高さが魅力的な、レッドウィングのオックスフォードシューズです。木型には、米軍でオフィサーシューズ用に開発された「ミルワンラスト」を採用。足指あたりを幅広くとり、爪先を伸ばすことでスマートなシルエットに仕立てられています。

また、アウトソールには、反りのよさと優れたグリップ力、耐久性も高い「グロコード・メダリオン・ソール」を搭載しています。軽快な履き心地を楽しめるのが魅力です。ワークブーツのようにタフに使えるシューズを探している方にもおすすめです。

レッドウィング(RED WING) ポストマン オックスフォード 101

カジュアルだけでなく、ビジネスシーンにも活躍する、レッドウィングおすすめのプレーントゥシューズです。「ポストマンシューズ」の名前の由来は、1954年のアメリカでサービスシューズとして発売されたシューズが、米国郵便局の配達員のシューズとして定着したことにあります。

アッパーに上品な光沢を持ち、雨に強い「ブラックシャパラルレザー」を採用。アウトソールには、長い距離を歩いても疲れにくいラバーソールを搭載しており、アクティブに動き回ることに配慮した高い機能性を備えています。デイリーユースにおすすめのアイテムです。

レッドウィング(RED WING) ポストマン ロメオ 9198

個性的なシルエットがおしゃれな、レッドウィングのおすすめブーツです。快適な履き心地を備える「ポストマンシューズ」がベース。両サイドのゴアで足にフィットさせるように仕立てられており、脱ぎ履きの利便性を高めています。

アッパーに使用されている「ブラックシャパラルレザー」は、軽い水濡れに対応できるのが特徴。手入れの際はクリームを使用することで、美しい艶と輝きが深まります。きれいめコーデとの相性がよい、スマートなデザインのブーツです。

レッドウィングのブーツの売れ筋ランキングをチェック

レッドウィングのブーツのランキングをチェックしたい方はこちら。

レッドウィングのブーツを使ったおすすめメンズコーデ

シンプルな定番きれいめコーデ

By: wear.jp

全体をダークトーンでまとめた、落ち着いた雰囲気のコーデです。きれいめのアイテムをベースに、足元にワークブーツを取り入れることで、スタイリングに適度なヌケ感をプラスしています。

サイジングはジャストサイズで着用しており、スマートな雰囲気で清潔感が感じられるのもポイントです。レッドウィングのワークブーツは、ダッフルコートなどのきれいめアイテムとも合わせやすいので、ぜひ冬の着こなしの参考にしてみてください。

アクセントカラーを取り入れた個性派コーデ

By: wear.jp

レモンイエローのアクセントカラーが目を引く、個性的な雰囲気のコーデ。すべてのアイテムをオーバーサイズで着こなした、ルーズなシルエットがおしゃれなスタイリングです。

カーゴパンツの裾をロールアップし、足元にボリューム感をプラスしているのも着こなしのポイント。レッドウィングのブーツは足元にボリューム感を出したい時にぴったりのアイテムなので、ぜひ普段のスタイリングにも取り入れてみてください。

ミリタリーテイストの古着コーデ

By: wear.jp

サスペンダーを取り入れたミリタリーテイストのコーデです。

レッドウィングのブーツは、定番カラーのオックスフォードをチョイス。腕に巻いたレザーブレスレットとカラーを合わせ、コーデに統一感を演出しています。ホワイトソックスをチラ見せしているのも着こなしのポイントです。

古着ミックスコーデや鮮やかなカラーリングのコーデが好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

個性派USAカラーコーデ

By: wear.jp

デニムをメインとしたスタイリングに、アメリカの国旗の色を散りばめた、カラー使いがおしゃれなコーデです。

デニム独特のインディゴカラーとレッドウィングのブーツのブラウンカラーは相性良好。鮮やかなライトブルーのデニムに、差し色の華やかなカラーが調和し、統一感のあるスタイリングに仕上げられています。

個性的なおしゃれを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ワイルドな雰囲気のカジュアルコーデ

By: wear.jp

デイリーユースにぴったりな、シンプルな組み合わせのカジュアルコーデです。ミリタリーテイストのアイテムをベースに、ホワイトのTシャツを差し色として着用することで、すっきりとした印象で着こなしています。

ルーズなパンツとバランスを取りたい時に、レッドウィングのブーツが活躍します。カジュアルになりすぎず、足元を品よくまとめられるので、ルーズなコーデが多い方はぜひチェックしてみてください。