大人の男性であればひとつは持っておきたいワークブーツ。特にアメリカの「レッドウィング」は定番メーカーとして有名で、履き込むほどに味わいを楽しめるのが特徴です。

そこで今回はレッドウィングのおすすめブーツをご紹介。いずれもタフで長く愛用できるモデルが揃っているので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

レッドウィングとは?

世界を代表するワークブーツメーカー

By: redwingonlinestore.jp

「レッドウィング」は1905年に創業したアメリカのワークブーツブランド。創業者であるチャールズ・ベックマンの“本当に良い靴を売りたい”という思いが継承されており、真摯な靴作りには定評があります。

ブーツはソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」を採用しているのもポイント。さらに革へのこだわりも強く、高品質な素材を安定的に調達できる体制が整っているので、信頼感が高いのも特徴です。

履けば履くほど足になじむ

By: rakuten.co.jp

レッドウィングの多くのワークブーツには「オークレザー・インソール」が採用されています。4.2mmもの厚さを持つオークレザー・インソールは、履き始めこそ固く感じられるものの、徐々に足と馴染んでいくのが特徴。靴底のコルク片とともに、ユーザーに合った形へ変化していきます。

履き込むことによって経年変化が楽しめるのもポイント。長い時をかけて自分だけの靴に「育てる」楽しみこそ、レッドウィングのブーツの魅力です。

修理に対応しているのでコスパ良好

By: redwingshoe.co.jp

ブーツは履き続けることでソールがすり減っていくものなので、いずれ交換が必要になりますが、レッドウィングのブーツはソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」で作られているため、長く履き続けることが可能です。

さらにレッドウィングは直営店や販売店が多く、修理などもしっかりと対応してくれるのもポイント。アフターサービスが充実しているのも魅力です。

レッドウィング製ブーツの選び方

普段の靴と比べて少し小さめのサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

一般的なスニーカーなどと比べて、レッドウィング製ブーツは総じてサイズが大きめに作られています。そのため、サイズ選びの際は自分が普段履いているサイズよりも小さめをチョイスするのがおすすめで、0.5~1cmほどサイズダウンするのがベターです。

ただし、ブーツの種類によってもサイズ感が異なるため、あくまでも目安として考えておきましょう。

爪先(トゥ)の種類をチェック

モックトゥ

By: amazon.co.jp

「モックトゥ」はつま先がU字状に縫われているのが特徴。「モカシン縫い」で作られることから、モカシンを略してモックトゥと呼ばれるようになりました。

外観はカジュアルな印象。独特の縫い目で、足元にアクセントを加えてくれます。モックトゥが採用されているモデルでは、「アイリッシュセッター」が特に有名です。

ラウンドトゥ

By: amazon.co.jp

丸みを帯びた「ラウンドトゥ」は多くのブーツに取り入れられているベーシックなトゥの形。クセがなく、コーデしやすいのが魅力です。

レッドウィングのラウンドトゥはより丸みが強調されているのが特徴。創業当時からほとんど変わらない形状を受け継いだモデルも数多く取り揃えています。

スティールトゥ

By: rakuten.co.jp

つま先を鋼鉄製にすることで強度を高めた「スティールトゥ」はもともと労働現場での怪我を防ぐために考案されたモノ。重さはあるものの、ワークブーツらしいスタイルで、根強い人気があります。

レッドウィングでは1934年にスティールトゥを採用したワークブーツを発表。ラインナップとしては「アイアンレンジ」や「ロガー」に用いられています。

ソールの種類をチェック

トラクション・トレッド・ソール

By: amazon.co.jp

「トラクション・トレッド・ソール」は、レッドウィングを代表する機能的なソール。もともとアイリッシュセッターに採用されていた「クッション・クレープ・ソール」がベースとなっています。

優れたクッション性と軽量性を兼ね備えており、軽い履き心地が特徴。また、別名「ホワイトソール」とも呼ばれる通り、白く厚みのある外観も印象的です。現在では、アイリッシュセッターをはじめとして多くのモデルに採用されています。

ビブラム・ラグ・ソール

By: amazon.co.jp

ラグ・ソールとは、はっきりとした凹凸のあるゴム製のソール。なかでも世界的に有名なソール専門メーカー「ビブラム社」のアイテムは「ビブラム・ラグ・ソール」と呼ばれ、高いグリップ力に定評があります。

また、とても硬く丈夫で、険しい山道などの歩行にも良好。ゴツい外観とは裏腹に軽量で、歩きやすいのも魅力です。

コルク・ソール

By: amazon.co.jp

「コルク・ソール」は、樹脂素材にコルク片を混ぜ込んだモノ。グリップ性が高く、かつては多くのワークブーツに採用されていました。

現在ではより性能の高い素材が用いられることが多くなったため、取り扱い点数は減少。しかしながら、レッドウィングではコルク・ソールならではの風合いを重んじ、現在でも一部モデルに採用しています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ベックマン

創業者チャールズ・ベックマンの名を冠したモデルの「ベックマン」はクラシックな佇まいと上質な革の質感が魅力。素材には厳選したハイドを自社タンナーで丁寧になめした高級レザー「フェザーストーン」を採用しているのも特徴です。

レッドウィング(RED WING) Beckman Boot 9414

フェザーストーンレザーを採用したスタイリッシュなワークブーツ。ドレッシーなデザインに加えて、ブラックのカラーリングも引き立っており、キレイめコーデにも違和感なく馴染みます。

木型はやや反り上がった美しいラウンドトゥを持つ「8番ラスト」を採用。靴底はクラシックなレザーソールにビブラム・ラグ・ソールを半張りして実用性を高めています。汎用性に優れ、かつ機能面も優秀。レッドウィングの原点が垣間見られる1足です。

レッドウィング(RED WING) Beckman Flatbox 9062

通常、つま先の形状を維持するために用いられる「先芯」を排した「フラットボックス」仕様のワークブーツ。つま先部分が柔らかいため履き心地がよく、足に馴染みやすいのが特徴です。

また、フラットボックスの魅力は独特の経年変化。足に馴染むとともにつま先は反り上がり、革にヴィンテージ感が出るのもポイントです。なお、本製品は「ブラックチェリー・フェザーストーン」を採用しており、深みのある赤茶色によって大人らしいスタイリングが可能です。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|アイリッシュセッター

「アイリッシュセッター」は、もともとハンティング用ブーツとして開発されたモデル。オレンジがかったブラウンレザーと白いソールの組み合わせが、猟犬であるアイリッシュセッターを思わせるカラーリングだったことから名付けられました。

1952年にリリースされた8インチブーツ「877」は、ワークブーツとしても支持され、大ヒット。現在でもアイリッシュセッターは、レッドウィングの定番中の定番として人気を集めています。

レッドウィング(RED WING) Irish Setter 6″ Moc-toe 9875

2011年に満を持して発売された復刻版のアイリッシュセッター。1950年代当時のアイリッシュセッターを忠実に再現すべく、革の色味やレザーの風合いなどにこだわり抜いて製造された逸品です。

カジュアルな印象のモックトゥ、存在感のあるトラクション・トレッド・ソールなど、アイリッシュセッターを象徴する仕様はもちろん健在。同シリーズの中でも、6インチブーツはほどよいボリューム感でさまざまなコーデに合わせやすいおすすめアイテムです。

レッドウィング(RED WING) Irish Setter Canoe Moc 9851

アイリッシュセッター誕生50周年を記念して発売された日本企画モデル「1950」をリメイクし、2014年にリリースされた「カヌーモック」。その名の通り、カヌーの形に似たステッチラインが施されています。

また、アイリッシュセッターの原点に立ち返り、ハンティングブーツとしての機能を向上させたのも本製品の特徴。両サイドにレザーライニングを配すなど、贅沢なディテールが施されているほか、アッパーの素材には1990年代のアイリッシュセッターを再現した赤みの強いレザー「オロラセット・ポーテージ」を採用しています。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|クラシックワーク

「クラシックワーク」は2000年頃まで「アイリッシュセッター」の名で親しまれていた「877」と「875」が独立したモノ。しかしながら、もともとの名前が広く定着しているため、現在でもクラシックワークモデルのことをアイリッシュセッターと呼ぶ場合もあります。

レッドウィング(RED WING) Classic Work 6″ Moc-toe 875

アイリッシュセッターのファーストモデルである8インチブーツ「877」の6インチモデルが「875」。ブランドを代表する定番ワークブーツです。デニムとの相性は良好で、カジュアルなコーデに最適です。

現行の「875」のアッパーに用いられているのは、2014年から採用が開始された「オロ・レガシー・レザー」。なめした後に塗装を行わない、自然な風合いを持つ革です。経年変化を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ラインマン

「ラインマン」とは高所で送電線を扱う電線工のこと。20世紀初頭の電線工が好んで愛用したことから、シューレースがつま先近くまであるホールド力の高いブーツを「ラインマンブーツ」と呼ぶようになったと言われています。

1950年代には、ワイドパネルタイプのラインマンブーツが幅広いワーカーたちの間で人気に。当時のデザインを取り入れたラインマンは、クラシックな佇まいと抜群のフィット感でファンから根強く支持されています。

レッドウィング(RED WING) Wide Panel Lineman 2995

スマートさ漂うブラックカラーのラインマン。アッパーに採用されている「リタン・レザー」は、製造工程の仕上げにトップコートを施してツヤを出したモノ。スッキリとしたフォルムと相まって、ワークブーツながら上品な雰囲気が感じられる1足に仕上がっています。

クラシックな印象の「コルク・ソール」も注目ポイント。また、シューレース部分が長いラインマンブーツをスムーズに着脱できるよう、ブーツ上部にはスピードフックを採用しています。実用面にも配慮が行き届いたおすすめのモデルです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|アイアンレンジ

「アイアンレンジ」はアメリカのミネソタ州にある鉱山地域が名称の由来。そこで働く鉱夫たちの足元の安全性を高めるために、ブーツのつま先部分を二重の革で保護する「キャップドトゥ」を採用したのがきっかけと言われています。

より強度の高いスティールトゥの登場でキャップドトゥのブーツは減少していきましたが、アイアンレンジは今日まで当時の仕様を受け継ぎ、キャップドトゥを採用。デザインは、現代の着こなしにもマッチするよう、ブラッシュアップされています。

レッドウィング(RED WING) Iron Range 8113

男らしいメンズスタイルにぴったりのタフで武骨なワークブーツ。アイアンレンジの各モデルにはさまざまなレザーが採用されていますが、本製品に用いられているのは「ホーソーン・ミュールスキナー・レザー」です。

通常の革の使い方とは逆に、毛羽立った面を表にして使用する「ラフアウトレザー」の一種で、キズが付きにくく、独特の起毛感があります。スムースレザーのモデルに比べ、よりカジュアルな印象で履きこなせる1足です。

レッドウィング(RED WING) Iron Range Munson 8012

かつてレッドウィングのブーツの半数以上に採用されていた「マンソンラスト」を用いたアイアンレンジモデルです。2000人もの兵士の足を調べた上で作られたマンソンラストは、どんな足型でも履きやすいのが特徴。外反母趾なども起こりにくく、足に優しいのもポイントです。

本モデルのアッパーレザーは「バーガンディー・セトラー」を採用。光沢のあるワインレッドの色味はコーデの差し色として重宝します。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ペコス

「ペコス」は、ウエスタンブーツのデザインをベースとしつつ、ワークブーツに必要な機能性をプラスしたモデル。もともとはアメリカのテキサス州ダラスといった地域の市場向けに製造されました。モデル名は町の名前が由来です。

ペコスのなかでも、特に高い人気を集めたのが「トラクション・トレッド・ソール」を備えた「866」。現行モデルの多くが「866」の仕様を受け継いでいます。

レッドウィング(RED WING) 9″ Pecos Cushion-sole 8866

「トラクション・トレッド・ソール」を採用したおしゃれで機能的な1足。プルストラップには「PECOS」の文字が施されています。一般的なウエスタンブーツに比べ、やや丸みを帯びたトゥも特徴的です。

アッパーのレザーには「オロラセット・ポーテージ」を採用。「866」を思わせる赤みの強いブラウンカラーはメンズカジュアルのアクセントにぴったりです。高さは使いやすい9インチ。着用する際はボトムスをブーツインするのがおすすめです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|エンジニア

「エンジニア」が日本市場でリリースされたのは1980年代。現在もロングセラーモデルとして根強い人気があります。

もともとはレイルロードエンジニア(鉄道機関士)のために作られたブーツで、履き口とアンクル部分にフィット感を調節できるストラップを備えているのが特徴。また、多くのモデルには頑強なスティールトゥが採用されています。

レッドウィング(RED WING) 11″ ENGINEER STEEL-TOE 2268

タフさが魅力のワークブーツ。アッパーの素材はマットな質感の「ブラック・クローム・レザー」、ソールにはグリップ力の高い「ブラック・ネオプレーン・コード」を採用し、耐久性が高いのが特徴です。

履き始めは革が固く感じられますが、しっかり履き込んで育てていくのがエンジニアブーツの楽しみ。キズやシワも味となり、経年変化も堪能できます。バイク用ブーツを求めている方にもおすすめです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル|ロガー

山に入り、チェーンソーや重機を用いて木材を調達する「ロガー(きこり)」たち。彼らの足元を守るべく開発されたのがロガーブーツです。

急勾配の傾斜地でも踏ん張れるソール、当て革で強度を高めたヒールを備えているのが大きな特徴。また、足先にも高強度なスティールトゥが採用されています。

レッドウィング(RED WING) 9″ Logger 9210

1970年に発売されたロガーブーツ「2218」を受け継ぎ、2016年にリリースされた「9210」。靴底には、悪路でもしっかりとグリップできる「ビブラム・ロガー・ユニット」が採用されています。

本製品のレザーには「ブラック・クロンダイク」を採用。履き込んで靴先などが擦れると、黒の塗膜が剥がれて色落ちし、茶色の芯地が見えてきます。長い時をかけて1足を育てていきたい方におすすめのブーツです。

レッドウィングのブーツおすすめコーデ

アメカジの定番デニムオンデニムを格上げ

By: wear.jp

「ベックマン」を用いて、大人らしい雰囲気に仕上げたカジュアルコーディネートです。アメカジの定番であるデニムオンデニムは、レッドウィングのワークブーツと相性良好。デニムのインディゴカラーに対してブラウンカラーのベックマンを合わせることでメリハリをつけています。

デニムの裾をロールアップしているのもポイント。全体がスッキリと見える上に、ベックマンの美しいフォルムも際立たせることができます。

ブーツと小物の色合わせに注目

By: wear.jp

無骨な印象の「アイアンレンジ」を、あえてきれいめケーブルニットと合わせた新鮮なコーディネート。他の部分にはニット帽、コーデュロイパンツ、バックパックなどカジュアル度の高いアイテムを配置しているため、よりケーブルニットが際立っています。

カラーリングも注目ポイント。ニット帽とブーツはブラック、バックパックとベルト、ブーツの靴紐はブラウンで色をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

アウトドアミックスコーデにもマッチ

By: wear.jp

ブラウンカラーを軸に、バランスよくまとめたおしゃれなコーディネートです。足元を飾るのは定番モデル「アイリッシュセッター」。やや明るめのブラウンレザーが、着こなしのアクセントになっています。

汎用性の高いアイリッシュセッターはアウトドアミックスコーデとの相性も良好。ボリューム感のあるボアベストを用いたスタイリングもしっかりとまとまります。

ブーツインで作る洗練ワイルドコーデ

By: wear.jp

バイク乗りに人気のワークブーツ「エンジニア」を用いた男らしいスタイリング。パーカー×デニムベスト×デニムジャケットというボリューム感のある上半身に対し、ボトムスにはスキニーパンツをチョイスしてスッキリとまとめています。

履き口にゆとりがあるエンジニアはブーツインスタイルで履きこなすのがおすすめ。ワイルドなアイテムが多い場合でも、スタイリッシュに仕上がります。

シンプルコーディネートにひと工夫加える

By: wear.jp

シャツ×ベスト×デニムというシンプルな組み合わせに、ベージュカラーのワークブーツをチョイス。無難な印象を与えてしまいがちなシンプルコーデも、足元にワークブーツを合わせることでうまくまとめています。

デニムをすっぽりとブーツにかぶせるのではなく、ブーツインしているのもポイント。ブーツの全体像を見せることで、トータルバランスを整えています。

カジュアルとドレスが見事に融合

By: wear.jp

トップス、ボトムスはカジュアルな印象ながら、ドレス感の強いアイテムをチョイスすることで大人顔に仕上げた上級者コーデ。ドレスシューズをベースとしている「ベックマン」は、ドレッシーなハットとの相性も良好です。

また、サスペンダーを取り入れているのもちょっとしたおしゃれポイント。ワークブールを履く際には小物の使い方にも気を配りましょう。