カジュアルスタイルが好きならひとつは持っておきたいワークブーツ。特にアメリカの「レッドウィング」はワークブーツの定番ブランドで、履き込むほどに味わいを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、レッドウィングのおすすめブーツをご紹介。タフで長く愛用できるモデルが揃っているので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

レッドウィングとは?

世界を代表するワークブーツメーカー

By: zozo.jp

「レッドウィング」は1905年に創業したアメリカのワークブーツブランド。創業者であるチャールズ・ベックマンの「本当に良い靴を売りたい」という思いから設立され、現在では世界的なブランドになっています。

多くのブーツに、ソール交換が可能な「グッドイヤーウェルト製法」を採用しているのもポイント。さらに、タンナリーを子会社とするなど、革へのこだわりが強いのも特徴です。

履けば履くほど足になじむ

By: amazon.co.jp

レッドウィングの多くのワークブーツには「オークレザー・インソール」が採用されています。約4.2mmもの厚みがあるオークレザー・インソールは、履き始めこそ硬く感じるものの、徐々に足に馴染んでいくのが特徴。靴底のコルク片とともに、ユーザーに合った形へ変化していきます。

履き込むことによって経年変化が楽しめるのもポイント。長い時間をかけて自分だけの靴に「育てる」楽しみこそ、レッドウィングのブーツの魅力です。

修理に対応しているのでコスパ良好

By: amazon.co.jp

ブーツのソールは履き続けることですり減っていくものなので、長く履きたい場合には交換が必要。レッドウィングのブーツの多くはソール交換が可能なため、1足を長く履き続けられ、コスパに優れています。

さらに、レッドウィングは直営店や販売店が多く、修理などの際に持ち込みやすいのもポイント。発送によるリペアにも対応しています。アフターサービスが充実しているのも魅力です。

レッドウィングのブーツの選び方

普段の靴と比べて少し小さめのサイズを選ぶ

一般的なスニーカーなどと比べて、レッドウィングのブーツは総じてサイズが大きめに作られています。サイズ選びの際は、自分が普段履いているサイズよりも0.5~1cmほどサイズダウンするのがベターです。

ただし、ブーツの種類によってもサイズ感は異なります。あくまでも目安として考えておきましょう。

爪先(トゥ)の種類をチェック

モックトゥ

By: amazon.co.jp

「モックトゥ」はつま先がU字状に縫われているのが特徴。「モカシン縫い」で作られることから、モックトゥと呼ばれるようになりました。

外観はカジュアルな印象。独特の縫い目で、足元にアクセントを加えています。モックトゥが採用されているモデルでは、「アイリッシュセッター」が特に有名です。

ラウンドトゥ

By: amazon.co.jp

丸みを帯びた「ラウンドトゥ」は多くのブーツに取り入れられているベーシックなトゥの形。クセがなく、コーデしやすいのが魅力です。

レッドウィングのラウンドトゥは、より丸みが強調されているのが特徴。創業当時からほとんど変わらない形状を受け継いだモデルも数多く取り揃えられています。

スティールトゥ

By: rakuten.co.jp

つま先を鋼鉄製にすることで強度を高めた「スティールトゥ」は、もともと労働現場での怪我を防ぐために開発されたモノ。重いモノを落としても指先が潰れにくい設計です。

レッドウィングでは1934年にスティールトゥを採用したワークブーツを発表。ラインナップとしては「アイアンレンジャー」や「ロガー」に用いられています。

ソールの種類をチェック

トラクショントレッド・ソール

By: amazon.co.jp

「トラクショントレッド・ソール」は、レッドウィングを代表する機能的なソール。もともとアイリッシュセッターに採用されていた「クッションクレープ・ソール」がベースとなっています。

優れたクッション性と軽量性を兼ね備えており、履きやすさが特徴。また、白く厚みのある外観も印象的です。現在では、アイリッシュセッターをはじめとして多くのモデルに採用されています。

ビブラム・ラグ・ソール

By: amazon.co.jp

ラグ・ソールとは、はっきりとした凹凸のあるゴム製のソール。なかでも世界的に有名なソールメーカー「ビブラム社」のアイテムは「ビブラム・ラグ・ソール」と呼ばれ、定評があります。

グリップ性や耐久性が高く、登山用ブーツなどに採用されているのが特徴。ゴツい外観とは裏腹に、履きやすいのも魅力です。

コルク・ソール

By: amazon.co.jp

「コルク・ソール」は、樹脂素材にコルク片を混ぜ込んだモノ。グリップ性が高く、かつては多くのワークブーツに採用されていました。

現在ではより性能の高い素材が用いられることが多くなったため、製品数は減少。しかし、レッドウィングではコルク・ソールならではの風合いを重んじ、現在でも一部のモデルに採用しています。

レッドウィングのブーツ人気シリーズ

ベックマン

By: amazon.co.jp

ベックマンは、創業期から存在する高さ6インチのラウンドトゥブーツをルーツとするシリーズです。創業者であるチャールズ・ベックマンの名前が由来で、伝統的なスタイルにモダンな素材を組み合わせて作られています。

木型は、ラウンドトゥタイプを使用。さらに、上品なつやのあるレザーを合わせているため、きれいめコーデからカジュアルスタイルまで幅広く馴染みます。また、ソールは伝統的なレザー製のモノに樹脂製のハーフソールを取り付けているので、グリップ性や耐久性が良好です。

クラシックなアメリカンスタイルを想起させるスタイルに、現代的な実用性も加味。レッドウィングの人気製品のひとつです。

クラシックモック

By: amazon.co.jp

クラシックモックとは、名前の通り長い歴史を持つモックトゥブーツのシリーズ。厚みがあり、底が平らなトラクショントレッド・ソールを採用しているのが特徴です。

クッション性があるため疲れにくく、また、靴底に泥が詰まりにくく足音が経ちにくいという特性がワーク・ハンティングシーンにマッチ。1952年に8インチ丈の「#877」が発売されると、男性用ワークブーツの定番として大人気となりました。

発売から数年で多様な丈・レザー・インソール・木型など、さまざまなバリエーションのモノが生まれ、現在でもレッドウィングを代表するモデルである6インチ丈の「#875」も誕生。素材や構造がもたらす機能と丈夫さが魅力の、定番シリーズです。

アイリッシュセッター

By: amazon.co.jp

アイリッシュセッターシリーズは、「#877」や「#875」を中心に発展したアイテム。使用されていたレザーの色が猟犬・アイリッシュセッターの毛並みに似ていたことから、アイリッシュセッターをモチーフにしたタグが付けられています。

ブランドの方針で一時はアイリッシュセッター犬のタグが外され、芯地のカラーも変更されるなどの変遷がありましたが、ユーザーの強い希望を受けて復刻。1950~60年代当時の刺繍を再現した愛嬌のあるタグや、カラーの経年変化を楽しめます。

エンジニア

By: amazon.co.jp

エンジニアブーツとは、ハードな作業に耐えうる頑丈なブーツのことです。つま先を守るスティールトゥや、モノに引っかかりにくいように靴紐ではなくベルト式にするなど、安全のための配慮が随所になされています。機能性が高く、また、逞しさを感じさせる見た目も相まって、現在ではメンズファッションアイテムとしても人気です。

エンジニアブーツは1930年代にアメリカで人気を博し、さまざまなメーカーが製造するようになり、1950年代に流行のピークを迎えました。なかでもレッドウィングは流行に左右されず、エンジニアシリーズを製造し続けています。古きよきアメリカを感じられるモデルです。

レッドウィングのブーツおすすめモデル

レッドウィング(RED WING) ベックマン

レッドウィングの創業者名を冠した、歴史あるブーツです。創業期から変わらないオーソドックスなラウンドトゥのブーツで、きれいめにもカジュアルにも履きこなせます。レザーは、スムーズな表面のモノにワックスとオイルを馴染ませ、均一な明るいブラウンカラーの仕上がり。

ソールは、前半分が滑り止め効果のあるラバー、後ろ半分が伝統的なレザー素材です。やわらかなツヤのある本アイテムですが、レザークリームで磨くとツヤがさらに増します。ツヤを抑えたい場合は、オイルがおすすめ。好みに合わせて調節できるおすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 875

レッドウィングを代表する、歴史あるブーツです。クラシックモックのなかでも本アイテムは、オロラセットと呼ばれるブラウンカラーが特徴。1950年代の発売以来、ゴールド寄りのブラウンやレッド系など色の変化を経て、オレンジ味のある明るいブラウンに落ち着きました。

白く厚いトラクショントレッド・ソールも相まって、コーデに投入すると足元があたたかみのある印象になります。また、875では、特になめらかな皮を採用。なめした後の表面には染める以外の加工をしないため、自然なテクスチャーに仕上がっています。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 8173

歩きやすさが特徴のモックトゥのブーツです。短めの6インチ丈なので着脱が容易。また、クッション性が高いトラクショントレッド・ソールを採用しているため疲れにくく、長時間履きたいときにもおすすめです。

本アイテムの特徴は、ホーソーン・アビレーンと呼ばれるベージュのスエード調レザーを使用していること。明るくおしゃれなカラーで、デニムなどにもよく似合います。また、グッドイヤーウェルト製法で縫われているため、ソールの交換が可能。長く履けるブーツを探している方はぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 8875

日本で特に人気の高いブーツ。レッドウィングの代表作ともいえる「875」のバリエーションのひとつで、赤みの強いカラーを採用しているのが特徴です。

本アイテムはオロラセット・ポーテージと呼ばれる鮮やかなレザーを使用しており、メンズコーデの差し色としても活躍します。「875」と同様に、歩きやすいモックトゥやトラクショントレッド・ソールを採用しているため、機能性も十分。デザインと機能を兼ね備えたおすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックモック 1907

インソールを入れることを前提に作られた、ややボリュームのあるシルエットのブーツです。レザーのインソールが付属しており、フィット感を調節できます。つま先はモックトゥ、ソールは厚みのあるトラクショントレッドソールなので履きやすく、疲れにくいのも特徴です。

レザーは、初めから色ムラとシワ感のあるカッパー・ラフアンドタフを採用。オイルとワックスをたっぷり含んだレザーで、使い込んだ雰囲気が好きな方におすすめです。レザーの表面が乾いてきたタイミングでクリームで保湿すると、レザーの風合いを維持できます。

レッドウィング(RED WING) 8インチ クラシックモック 877

アメリカを代表するワークブーツともいわれる、人気のブーツです。元々はハンティングブーツとして導入されました。しかし、水の侵入防止にベロを履き口まで縫い付けたり、縫い目を靴底からなるべく遠ざけたりといった工夫は、ハンティング以外のシーンでも支持され、現代までヒットしています。

1952年の発売以来、型紙は一切変更されていないのがポイント。街歩きでも快適な足当たりや疲れにくさを実感できます。オレンジがかった茶色が美しく、履き込むほどに表情の変化を楽しめる、定番のブーツです。

レッドウィング(RED WING) アイリッシュセッター 6インチモック

猟犬・アイリッシュセッターのタグが付いた、アイリッシュセッターシリーズのモックトゥブーツです。本製品は、「875」を想わせるゴールドラセット「セコイア」と、茶芯のブラックレザーであるブラック「クロンダイク」の2種を展開しています。

カン留めステッチなど、1980年代初めのモデルの特徴を細かく再現。昔ながらのアメリカンスタイルが好きな方は、ぜひチェックしてみてください。モカシンタイプで履きやすく歩きやすい、おすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) 11インチ エンジニア スティールトゥ

スティールトゥを採用した、11インチ丈のエンジニアブーツです。本アイテムは、ブーツが脱ぎ履きしやすいよう、足首部分が太めに設計されています。つま先は丸みがあり、シンプルなデザイン。1950年代のアメリカを味わえるので、ジーンズと合わせてアメカジコーデを楽しむのもおすすめです。

黒のレザーに銀色のバックルが映え、コーデのアクセントになります。採用されているクロームレザーは、オイルが抜けにくく手入れの頻度が少なくて済むのもポイント。履いていくうちに深いシワや傷が入りますが、味として楽しんでみてください。

レッドウィング(RED WING) アイアンレンジャー

ラウンドトゥを採用したブーツです。レッドウィングのあるミネソタ州の鉱山地域「アイアンレンジ」が名前の由来で、つま先を保護するために、革が1枚付け加えられたキャップドトゥというデザインが特徴。ゆったりとしており歩きやすい設計です。

靴底にはビブラム・430ミニラグ・ソールを使用しているので、グリップ力に優れています。カラーは、黒や茶系の5色展開。どれも風合いのあるカラーで、初めから使い込まれているような渋さがあります。シワ感や色ムラをも味として楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING) ポストマン オックスフォード ゴアテックス

ゴアテックスを使用した、防水仕様のオックスフォードシューズです。カジュアルコーデに使えるシューズながら、特殊用途向けの頑丈な生地を採用するなど、ワークブーツの老舗らしいレッドウィングのこだわりが詰まった一足です。

足に触れる内側部分には、摩耗に強く、吸湿速乾性に優れたナイロン不織布を使用。繰り返し履いたり汗をかいたりした場合でも、快適に履けます。また、クッション性が高いのも魅力。そのほか、起毛部分を外側に使ったブラック・アビレーンもおしゃれなポイントです。

レッドウィング(RED WING) ポストマン オックスフォード 101

歩き回っても疲れにくい、レッドウィングのオックスフォードシューズです。アメリカの郵便局で採用されていたことからポストマンと呼ばれる本アイテムは、雨に強いレザーや、クッションクレープと呼ばれるクッション性に富んだ、厚みのあるラバーソールを採用しています。

見た目がスマートなのも人気の秘訣です。ラウンドトゥで段差の少ないプレーンなデザインもポイント。ビジネスシーンにもカジュアルコーデにも使えます。1954年の発売から長年支持されている、おすすめアイテムです。

レッドウィング(RED WING) 6インチ クラシックラウンド 8151

レッドウィングのなかでも特に経年変化を楽しめるブーツです。本製品は、ホーソーン・ミュールスキナー・レザーと呼ばれるスエード調の素材を使用。製造の最終工程で、表面にワックスを塗布し毛足を寝かせて滑らかな表面に仕上げますが、使用するにつれて毛足がほぐれ、独特の味が生まれます。

トラクショントレッド・ソールを使用しているため、クッション性が良好。また、かかとからくるぶしにかけて1枚革で包み込んでいるので、足当たりは柔らかです。

レッドウィング(RED WING) クラシック チェルシー

乗馬用ブーツを元に製造された、レッドウィングのサイドゴア・ブーツです。19世紀にロンドンのチェルシー地区で流行した伝統的なスタイルに、着脱のしやすさなど快適さを加えて設計されました。品のあるプレーンなデザインで、幅広いコーデに溶け込みます。

靴側面のゴム布により、スムーズな脱ぎ履きが可能。また、適度な高さがあるため、足首にフィットします。さらに、足に触れる内側部分にも工夫を施しているのも魅力。抗菌・防臭効果の期待できる素材や、クッション性に富んだ素材を採用しています。

レッドウィング(RED WING) ブラックスミス

アメリカ西部開拓の時代に、鉄工所で鍛冶職人に使われていたブーツを元にしたワークブーツです。シンプルな6インチ丈のレースアップスタイルを採用しています。

本アイテムに使用されているスピットファイヤーレザーは、かつて本格的な登山靴に使用されていた丈夫なモノ。また、縫い方も水や砂の侵入を抑える構造になっています。コルク・ソールを使用しており、普遍的なデザインながら個性が感じられる、おすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) ソーミル

寒い環境下で特に活躍するブーツです。レッドウィングがあるミネソタ州は冬の寒さが厳しいこともあり、雪にも耐えうる耐水性やあたたかさに優れた本アイテムが誕生しました。吸湿発散性に優れた裏地とフェルトウールのインソールが保温性を高めています。

ソールは、高い防滑性が特徴のモノを使用。カラーは、シックな2色展開です。大人の男性にぴったりな味わいのある色味なので、機能も見た目も譲れない方はぜひチェックしてみてください。快適性を追求し、履き口を柔らかく仕上げられているおすすめのブーツです。

レッドウィングのブーツの売れ筋ランキングをチェック

レッドウィングのブーツのランキングをチェックしたい方はこちら。

レッドウィングのブーツを使ったおすすめメンズコーデ

レッドウィングのブーツで作る王道アメカジコーデ

By: wear.jp

スタジャンに赤チェックのネルシャツやデニム、そしてレッドウィングのモックトゥと、アメカジスタイルに定番のアイテムを詰め込んだコーデです。大きな面積のスタジャンとデニムがダークカラー、ちらりと見えるネルシャツとブーツが近い色味なので、全体的にまとまりがあります。

アイテムの系統が統一されているおすすめコーデです。アメカジスタイルを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

編み上げロングブーツにパンツをイン

By: wear.jp

迷彩柄のパンツを、長さのあるレッドウィングブーツにインした骨太なコーデです。ロングブーツはインパクトがありますが、ショート丈のファー付きキルティングコートをオンすることにより、上半身にもボリュームを持ってきているので、全身のバランスが取れています。

細身のロングブーツにパンツをインしているのでテーパードなシルエットになり、スタイルアップ効果も期待できるおすすめコーデです。

きれいめコーデにツヤのあるラウンドトゥを合わせる

By: wear.jp

襟付きのとろみシャツに、ワイド目な黒パンツを合わせたきれいめコーデ。足元にレッドウィングを合わせているのがポイントです。ワークブーツとして無骨な印象も強いレッドウィングですが、ツヤのあるラウンドトゥを選べばスマートにも決められます。

きれいめに履きたいときは、ブーツの印象が強くなりすぎないよう、ボトムスと色を揃えるのがおすすめです。

シンプルなコーデに重厚感をプラス

By: wear.jp

ダークグレーのTシャツにグレーのデニムというシンプルな組み合わせに、レッドウィングのラウンドトゥブーツを取り入れたコーデです。レッドウィングのブーツは重厚感があり、プレーンなスタイルに取り入れるだけでコーデを格上げできます。

ベルトとブーツのカラーがマッチしているのもポイント。オーソドックスながらおしゃれさもある、大人なおすすめコーデです。