ブーツの歴史は長く、各国の歴史的背景によってさまざまな形のモノが開発されました。現在では、おしゃれなメンズのマストアイテムです。

そこで今回は、ブーツのおすすめメンズブランドをランキング形式でご紹介します。ブーツの種類や選ぶ際の注意点も解説しているので、自分にぴったりのブーツを選ぶ参考にしてみてください。

ブーツの選び方

主な種類から選ぶ

サイドゴアブーツ

By: amazon.co.jp

サイドゴアブーツは、その名の通りサイド部分にゴア素材(ゴム)が採用されたブーツです。ゴア部分は伸縮性があるため着脱がしやすく、レザー素材と比較してフィット感が優れています。

カラーにより大きく印象が変わることも特徴で、暗めの色を選べばシックに、明るい色を選べばファッショナブルなアイテムとして活躍するブーツです。

ワークブーツ

By: amazon.co.jp

ワークブーツは、名前があらわすように労働者が作業時に使用するブーツとして普及しました。ブーツのなかでも古くからある種類で、肉厚な素材と武骨なフォルムが人気を集めています。

ベーシックな形状であるためファッションに取り入れやすく、主にカジュアルなコーディネートに取り入れるアイテムとしておすすめです。

エンジニアブーツ

By: amazon.co.jp

「エンジニアブーツ」は、工場作業において足元の危険を減らすために作られました。そのため靴ひもがベルトに変更され、不必要な装飾が排除されています。

結果としてデザインはシンプルで、靴ひもが巻き込まれないことからバイク乗りのあいだで人気のブーツです。

トレッキングブーツ

By: amazon.co.jp

「トレッキングブーツ」は、その名の通り登山での使用を想定して作られたブーツです。登山時には日常で遭遇しないような悪路もあるため、分厚いソールが採用されています。

デザインの幅は広く、普段使いにも最適なシンプルなものから、登山用品特有の派手なカラーリングのモノまでさまざま。数あるブーツのなかでもトップクラスの頑丈さを有するため、アウトドアにも気兼ねなく履いていけるブーツを探している方におすすめです。

ペコスブーツ

By: amazon.co.jp

もともと農作業用に作られたといわれている「ペコスブーツ」は、着脱しやすいようにストラップが付いています。履き口は広がっているものの、足元にかけて引き締まった計上をしているのが特徴です。

以前は、「レッドウィング」がリリースしているルーズフィットタイプを指す名称でしたが、現在ではこのような特徴を有するブーツをペコスブーツと呼ぶ傾向があります。無骨なデザインのモデルが多く、カジュアルなブーツを探している方におすすめです。

カントリーブーツ

By: amazon.co.jp

イギリスの紳士が田舎道やハンティングの際に使用されるブーツが起源で、堅牢でありつつも英国風なデザインが特徴のブーツです。

装飾として特徴的なブローグが採用されるモノが多く、上品で繊細なディテールが魅力。そのため、フォーマル・ドレス寄りのファッションにもマッチし、格式高い服装を求められるシーンにも最適です。

また、もともとの用途がハンティングであることから、条件の悪い天候や道でも気にせず利用できます。

チャッカブーツ

By: amazon.co.jp

「チャッカブーツ」は、くるぶしまでの比較的短い丈が特徴です。素材によってドレス寄りにもカジュアル寄りにも対応できるため、好みや用途に合わせて幅広く使えるタイプのブーツといえます。

他のブーツタイプと比べて使い勝手に優れており、丈の短さから脱着が容易。あらゆるシーンで使いまわせるブーツを探している方におすすめです。

ムートンブーツ・ボアブーツ

By: amazon.co.jp

ムートンブーツは、スエード生地に仕立てた羊の毛皮をメイン素材としたカジュアルなブーツです。内側は柔らかい素材を採用しているため暖かく、秋冬のブーツとして多くの方に利用されています。

ムートンブーツは一般的に秋冬のアイテムとして認知されていますが、夏場に利用しても快適だという特徴はあまり知られていません。実は上質なムートンには優れた通気性・透湿性がそなわっており、温度調節という側面で有用な素材です。

一方、ボアブーツはムートンブーツと似ているものの、正確には異なるタイプのブーツといえます。ボアブーツは名前の通り内部がボア(アクリル)素材です。素材コストの違いから、ムートンブーツよりもボアブーツの方が安価で販売される傾向があります。

なりたい雰囲気や手持ちの服に合わせて色や素材を選ぶ

By: amazon.co.jp

ブーツを選ぶ際は、目指すファッションや手持ちのアイテムとの相性を考えることがポイント。デニムやTシャツなどをラフに着こなすのであれば、明るいカラーのカジュアルなブーツがマッチします。一方、あえて落ち着いた黒系のブーツにすれば、男らしく大人っぽいイメージが簡単に演出可能です。

スーツやジャケットなどフォーマルアイテムを着こなすのであれば、暗めのカラーを選ぶことで統一感を持たせることが可能。モノトーンを基調としたコーディネートであればシックな印象になり、足元だけ色味のあるブーツを取り入れればワンポイントアイテムとして役立ちます。

そして、色と同じくらい重要なポイントが素材です。ブーツには主にレザーが採用されていますが、起毛感のあるスエードやツヤ感のあるモノなど種類もさまざま。経年変化を味わえるモノであれば、「革を育てる」ということが楽しめるのでおすすめです。

自分の足に合ったサイズを選ぶ

つま先に余裕があるかどうか

By: rakuten.co.jp

ブーツのサイズを選ぶ際は、つま先に1~1.5cm程度のゆとりが確保できているか確認しましょう。ピッタリとしたサイズのブーツは、長時間移動する際に足へ負担をかける原因になります。

天然革を使用したブーツは履き込むことで足になじんできますが、それを考慮してもやや余裕があるサイズのブーツを選ぶのがおすすめです。

履き口がくるぶしにあたらないか

By: rakuten.co.jp

履き口がくるぶしにあたる位置にある場合、靴ずれの原因となる可能性があります。靴ずれ防止用のインソールで位置を変更する方法もありますが、おすすめなのはブーツ選びの段階で確認することです。忘れがちな部分なので、靴ずれをしたくないという方はしっかりとチェックしておきましょう。

足のむくみを考慮しながら足囲が合っているかを確認

By: amazon.co.jp

サイズ合わせの段階ではジャストサイズだと感じても、日によっては足のむくみにより窮屈な履き心地になることもあります。そのため、つま先のゆとりだけでなく、横幅や縦幅にもややゆとりがあるサイズのブーツを選ぶのがおすすめです。

ブーツのおすすめ人気メンズブランドランキング

第1位 ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」は、1974年に創業したイタリアのブランド。創業当初は、創業者であるマウロ・サーニが自身の名をブランド名にしていましたが、イタンリアン・カウボーイといえるスタイル「ブッテリ」に影響を受けたことからブランド名を変更しました。洗練されたシックなアイテムを世に出すブランドとして知られています。

ブッテロ(BUTTERO) ブーツ B4420 PE-NEVA 04 T.MORO

ブッテロがリリースする「B4420」は、ワークブーツらしい堅牢さとツヤ感のある上品なカーフレザーを採用しているのが特徴。履き込むほどに味わい深い表情になっていきます。

また、丸みを帯びたフォルムは、ブラウンのカラーと相まってクラシカルな雰囲気を放っているのもポイント。デニムパンツとの相性も良好なので、カジュアルスタイルを格上げしてくれるアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

第2位 レッドウィング(RED WING)

「レッドウィング」は、1905年に創業したアメリカのブランド。ハイクオリティでありながら低価格を実現しており、手に入れやすい確かな品質のブーツとして世界規模でヒットしました。

ブーツはグッドイヤーウェルト製法でつくられているのが特徴。ソールを張り替える際のダメージを考慮した設計も数々のブーツ愛好家から高評価を得ています。

レッドウィング(RED WING) ブーツ アイリッシュセッター 9874

U字状に縫い合わされたアッパーが特徴である「モックトゥ」タイプのブーツ。狩猟用ブーツをイメージして製作されており、ワイルドなディテールと落ち着いたブラックが男らしさを演出しています。

本モデルに使用されている「クロンダイク」は、履き込むほどに下地のブラウンが表面にあらわれる特殊な素材。大切に使い続けることで、徐々に表情が変化していく様子を楽しめるおすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) ベックマンラウンドブーツ 9411(9011)

レッドウィングがリリースする「ベックマンラウンドブーツ」は、ブランド内で高い人気がある定番のモデル。ベックマンの素材として利用される「フェザーストーンレザー」は、しなやかで高級感がある上質なレザーです。

クラシカルかつ上品なフォルムで、カジュアルなファッションからジャケットスタイルまで幅広いファッションに利用できるおすすめのブーツです。

レッドウィング(RED WING) ブーツ ヘリテージワーク アイアンレンジ 8111

つま先を補強するために、レザーを二重構造にしているのが特徴の「アイアンレンジ」。かかと部分も、「アウトポケット」仕様で強度と足あたりをよくしています。

素材には、オイルを十分に含ませたプルアップレザーを採用。色の陰影が特徴的で、履き込むほどに味わいのある雰囲気へと変化します。

第3位 トリッカーズ(Tricker’s)

「トリッカーズ」は、1829年に創業したイギリスのブランド。ブランド名は、創業者であるジョゼフ・トリッカーの名前に由来しています。レザーに穴を開けて装飾する「ブローグ」が施されたウイングチップ仕立てのブーツや、カントリーブーツがトリッカーズの代名詞。英国王室御用達の称号を獲得しており、それにふさわしい上品かつ堅牢な作り込みが特徴です。

トリッカーズ(Tricker’s) Full Brogue Derby Boot-Calf/Double Leather Sole ストウ 5634/1

全面に施されたブローグが目を引く、トリッカーズの定番モデル「ストウ」。カラーリングは明るめのブラウンでありながら、フォーマル寄りのファッションにも合わせられる上品なデザインです。

イギリスの田舎道で歩くことを想定した本モデルはレトロな風合いが感じられ、古き良き時代の英国を連想させるビジュアル。素材に採用されているカーフは、履き込むほど味のある風合いに変化します。また、タンニンによってなめした革を採用した堅牢なアウトソールを用いているのも魅力です。

トリッカーズ(Tricker’s) ヘンリー コマンドソール 2754/4

サイドゴア仕様の「ヘンリー」は、トリッカーズを代表するブーツのひとつ。トリッカーズの代名詞ともいえるブローグ施されており、華やかな雰囲気を感じられます。

カラーは落ち着いたダークブラウンで、艶やかで上品なデザインが大人のファッションスタイルとマッチ。デニムパンツに合わせたカジュアルなスタイルも格上げしてくれます。ブローグの施された高品質のサイドゴアブーツを探している肩におすすめのモデルです。

トリッカーズ(Tricker’s) モンキーブーツ ダイナイトソール M6087

つま先まで伸びた外羽根が特徴の「モンキーブーツ」。この仕様により、足首までをしっかりとホールドしフィット感を生み出しています。

モンキーブーツをはじめ、トリッカーズのブーツには「ベンチメイド」と呼ばれる手法が用いられているのもポイント。この手法は、最初から最後まで「1人の職人」がベンチに座ってブーツを仕上げる様子のことです。通常であれば役割を分担して効率化を重視した製造をするものですが、トリッカーズでは1足に対して200もの工程をこなしつつ1人の職人が仕上げています。

第4位 チャーチ(CHURCH’S)

チャーチは、1873年に創業したイギリスのブランド。創業からわずか数年で小さな工房からシューズブランドへと成長し、ヨーロッパの各都市で知名度を上げていきました。現在もイギリスの正統派シューズブランドとして人気を集め、映画「007」にてジェームズ・ボンドが着用したことでも有名です。

チャーチ(CHURCH’S) ケッツビー 7543

「ケッツビー」の木型(ラスト)は、チャーチが誇る名作レザーシューズ「シャノン」と同じものを採用しています。丸みとボリュームが強いディテールで、つま先にゆとりがあるのが特徴です。

ソールには、重厚感が感じられるダブルソールを採用。アッパー部分には、ウイングチップとメンダリオンの装飾を施し、クラシックなデザインに仕上げています。脱ぎ履きがしやすいブーツを探している方は、サイドゴアブーツを選んでみてください。

第5位 ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドクターマーチンは、1945年に創業したイギリスのブランド。ドイツ軍の医師であるクラウス・マーチンによって創業され、彼が開発した「バウジングソール」はブランドの代名詞として有名です。現在は、定番ブーツブランドとして多くのファッショニスタから注目されています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) ブーツ 8ホール 1460

ドクターマーチンの「1460」は、紐穴が8つ空いていることから通称「8ホール」と呼ばれています。また、1460の数字は生産をスタートした「1960年4月1日」に由来しており、長期間にわたって人気を獲得し続けている定番モデルです。

丸みのあるディテールとブラックベースに映える黄色いステッチで、ドクターマーチンだと一目でわかるデザイン。ブランドの顔ともいえるモデルなので、初めて選ぶドクターマーチンのブーツとしておすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) サイドゴアブーツ スムースレザー 2976

ドクターマーチンがリリースする「2976」は、ユニセックス仕様のサイドゴアブーツです。もともとは、イギリスの靴職人がヴィクトリア女王のために製作したものとされており、王族や上流階級の間で「チェルシーブーツ」とも呼ばれていました。

ソールには、ドクターマーチン独自のエアーソールを採用。クッション性に優れ、長時間履く際にも疲れにくいのが魅力です。また、シンプルなデザインで、フォーマルスタイルにもしっくりと馴染のもポイント。汎用性の高いブーツを探している方におすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) ブーツ 10ホール 1919

ドクターマーチンの定番モデルのひとつである「1919」は、つま先部分に鉄板が組み込まれた丸みのあるトゥが特徴です。最初は固さを感じられますが、徐々に足に馴染んできます。また、長年履くことでレザーに味が出てくるのも魅力のひとつです。履き方のポイントとして、レースをしっかりとしめ上げるとトゥのシルエットを際立たせられます。

第6位 オールデン(ALDEN)

「オールデン」は、1884年に創業したアメリカのシューメーカーです。医療用製品としての機能をもつシューズを追求し、足に問題があるユーザーに向けた矯正技術を開発しました。現在では、「アメリカ靴の王様」と称されています。

オールデン(ALDEN) チャッカブーツ 1339

日本国内でも広く名が知られているオールデンの「チャッカブーツ」。オールデンの代名詞ともいえるコードバンを採用しており、格式高い逸品に仕上がっています。また、オールデンを代表する木型「バリーラスト」が採用されており、やや足幅が広いため日本人の足にもマッチしやすいのが魅力。

「革のダイヤモンド」とも例えられる最高級の素材を身につけたい方におすすめのブーツです。

オールデン(ALDEN) 404 インディーブーツ ハイトップ ブルーチャー

素材にオイルを染み込ませた「KUDU革」を採用しており、悪天候な時でも使えるのが魅力です。しっとりとした質感と深みのある色合いが特徴で、カジュアルなファッションに取り入れればシックにキマります。

オールデン(ALDEN) タンカー ブーツ 40218

シンプルな仕様で、カジュアルはもちろんドレッシーなコーデにも活用できる「40218」。木型には「バリーラスト」を採用しており、日本人の足に馴染みやすいのが特徴です。

アッパーの素材はキメ細かでなめらかなコードバンを採用。頑丈なレザーなので、長い期間愛用できます。さまざまなコーデに合わせやすいブーツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 ダナー(Danner)

「ダナー」は、1932年に創業したアメリカのブランド。「使いやすく耐久性に優れたシューズを作る」ことをブランドコンセプトに、堅牢なブーツを多く開発してきました。ダナーは世界で初めてゴアテックスを採用したブーツを生産し、蒸れにくく防水性能にも優れた高機能シューズとして高い評価を獲得しています。

ダナー(Danner) 31413 コンバットハイカー6

本モデルはダナーが米軍の山岳部隊と共同で制作したブーツです。堅牢な設計で、撥水性・通気性に優れているのが特徴。耐久性が高く滑りにくいことから雨天や山中など条件の悪い場所で優れた性能を発揮します。インソールは取り外しが可能です。

登山用としてはもちろんですが、タウンユースでの使用にもぴったり。ダナーらしいタフなブーツを探している方におすすめです。

ダナー(Danner) 31533 マウンテンライト

美しい色合いが魅力の「マウンテンライト」は、ヌバック素材を採用したマウンテンブーツです。ソールの取り付けは「ダナー式ステッチダウン製法」と呼ばれる手縫い方式を採用し、高い排水性能によりブーツから水を逃がして溜まりにくくします。

本格的なアウトドアにも普段使いにも利用できるため、使う場所を選ばないブーツを探している方や1足を大切に使い続けたい方におすすめです。

ダナー(Danner) ダナーライト マウンテンブーツ

フルグレイン防水オイルドレザーを採用したマウンテンブーツ。アウトソールには、高機能な「クレッターリフトソール」を採用しており、グリップ力が落ちにくいのが魅力。また、ソールとインソールの間にはエアスペースを設けているので、蒸れにくいのも魅力です。アウトドアシーンでも活用できる堅牢なブーツを探している方におすすめです。

第8位 アグ(UGG)

「アグ」の歴史は、1978年にオーストラリア出身のブライアン・スミスが、アメリカでブーツをリリースしたことから始まりました。高級ブランドであるジミーチュウやスワロフスキーともコラボレーション作品を発表し、よりブランド価値を高めハイファッションブランドとしての地位を確立しています。

アグ(UGG) クラシック トグル ウォータープルーフ 1017229

スエード地の表面とウール素材の裏面で構成された「ツインフェイスシープスキン」を採用したブーツです。気温に左右されず、ブーツ内が常に一定の温度を保つのが特徴。ムートンブーツの特性によって、夏でも冬でも季節を問わず利用できます。また、防水機能を有しているため、悪天候な日にも対応できるのも魅力的な1足です。

第9位 クラークス(Clarks)

「クラークス」は、1825年に創業したイギリスのブランド。創業以来イギリスのストリートという街に本社を置き続けている、由緒あるシューズブランドのひとつです。

開発当初からスエード素材のアッパーとクレープソールを採用しており、現在もデザートブーツはこの構成をベースに生産されています。

クラークス(Clarks) デザートブーツ 261078797

クラークスの代名詞である「デザートブーツ」は、丸いトゥとくるぶし丈が特徴のブーツです。素材に採用されているカウレザーは柔軟性があり、履き込むほど足になじんでいくのが特徴。

くわえて天然由来のラバーで形成されたクレープソールと、締め付け感の少ないステッチダウン製法が合わさることで、グリップ感がありつつも軽快な履き心地を実現しています。

また、流行に左右されない、洗練されたシンプルなデザインも魅力。さまざまなコーデに合わせやすく、履き込んでいくうちに独特の味が出てくるのもポイントです。

第10位 ブランドストーン(Blundstone)

「ブランドストーン」は、1870年に創業したオーストラリアのブランド。サイドゴアブーツを昔から取りあつかうブランドとして知られ、悪天候に強いブーツとして人気を集めています。

サイドゴアブーツはワンカラーのモデルだけでなく、サイドゴア部分にサブカラーが施された遊び心のあるモデルもラインナップ。さり気なく派手なカラーを取り入れられるのが魅力です。

ブランドストーン(Blundstone) サイドゴアブーツ BS510

サイドゴアの元祖としても知られる「BS510」。タフで軽く、耐水性に優れているのが特徴です。また、歩く際の衝撃を吸収してくれる「ショックプロテクションシステム」を搭載したインソールを採用しているため、長時間履いても疲れにくいのもポイント。ユニセックスデザインなので、カップル同士のプレゼントにも最適な1足です。

ブランドストーン(Blundstone) サイドゴアブーツ BS519

ゴア部分にグリーンのカラーを配した、バイカラーモデルです。落ち着きのあるグリーンなので、派手すぎるのは苦手な方でもさり気ないおしゃれを楽しめます。

ブーツ本体は、歩行に合わせてしなやかに屈曲し、軽量なアウトソールは疲労を軽減できるのもポイント。耐水性にも優れているため雨の日でも活用できます。タウンユースのブーツとして使いやすい製品を探している方におすすめです。