ブーツの歴史は長く、各国の歴史的背景によってさまざまな形のモノが開発されました。現在では、おしゃれなメンズのマストアイテムです。

そこで今回は、ブーツのおすすめメンズブランドをランキング形式でご紹介します。ブーツの種類や選ぶ際の注意点も解説しているので、自分にぴったりのブーツを選んでみてください。

ブーツの選び方

主な種類から選ぶ

サイドゴアブーツ

By: amazon.co.jp

サイドゴアブーツは、その名の通りサイド部分にゴア素材(ゴム)が採用されたブーツです。ゴア部分は伸縮性があるため着脱しやすく、レザー素材と比較してフィット感が優れています。

カラーにより大きく印象が変わることも特徴で、暗めの色を選べばシックに、明るい色を選べばファッショナブルなアイテムとして活躍するブーツです。

ワークブーツ

By: amazon.co.jp

ワークブーツは、名前があらわすように労働者が作業時に使用するブーツとして普及しました。ブーツのなかでも古くからある種類で、肉厚な素材と武骨なフォルムが人気を集めています。

ベーシックな形状であるためファッションに取り入れやすく、主にカジュアルなコーディネートに取り入れるアイテムとしておすすめです。

エンジニアブーツ

By: amazon.co.jp

「エンジニアブーツ」は、工場作業において足元の危険を減らすために作られました。そのため靴ひもがベルトに変更され、不必要な装飾が排除されています。

結果としてデザインはシンプルで、靴ひもが巻き込まれないことからバイク乗りからも人気のブーツです。

トレッキングブーツ

By: amazon.co.jp

「トレッキングブーツ」は、その名の通り登山での使用を想定して作られたブーツです。登山時には日常で遭遇しないような悪路もあるため、分厚いソールが採用されています。

デザインの幅は広く、普段使いに最適なシンプルなモノから、登山用品特有の派手なカラーリングのモノまでさまざま。数あるブーツのなかでもトップクラスの頑丈さを有するため、アウトドアにも気兼ねなく履いていけるブーツを探している方におすすめです。

ペコスブーツ

By: amazon.co.jp

もともと農作業用に作られたといわれている「ペコスブーツ」は、着脱しやすいようにストラップが付いています。履き口は広がっているものの、足元にかけて引き締まった形をしているのが特徴です。

以前は、「レッドウィング」がリリースしているルーズフィットタイプを指す名称でしたが、現在ではこのような特徴を有するブーツをペコスブーツと呼ぶ傾向があります。無骨なデザインのモデルが多く、カジュアルなブーツを探している方におすすめです。

カントリーブーツ

By: amazon.co.jp

イギリスの紳士が田舎道やハンティングの際に使用されるブーツが起源で、堅牢でありつつも英国風なデザインが特徴のブーツです。

装飾として特徴的なブローグが採用されるモノが多く、上品で繊細なディテールが魅力。そのため、フォーマル・ドレス寄りのファッションにもマッチし、格式高い服装を求められるシーンにも最適です。

また、もともとの用途がハンティングであることから、条件の悪い天候や道でも気にせず利用できます。

チャッカブーツ

By: amazon.co.jp

「チャッカブーツ」は、くるぶしまでの比較的短い丈が特徴です。素材によってドレス寄りにもカジュアル寄りにも対応できるため、好みや用途に合わせて幅広く使えます。

他のブーツタイプと比べて使い勝手に優れており、丈の短さから脱着が容易。あらゆるシーンで使いまわせるブーツを探している方におすすめです。

ムートンブーツ・ボアブーツ

By: amazon.co.jp

ムートンブーツは、スエード生地に仕立てた羊の毛皮をメイン素材としたカジュアルなブーツです。内側は柔らかい素材を採用しているため暖かく、秋冬のブーツとして多くの方に利用されています。

ムートンブーツは一般的に秋冬のアイテムとして認知されていますが、夏場に利用しても快適だという特徴はあまり知られていません。実は上質なムートンには優れた通気性・透湿性がそなわっており、温度調節という側面で有用な素材です。

一方、ボアブーツはムートンブーツと似ているものの、正確には異なるタイプのブーツといえます。ボアブーツは名前の通り内部がボア(アクリル)素材です。素材コストの違いから、ムートンブーツよりもボアブーツの方が安価で販売される傾向があります。

なりたい雰囲気や手持ちの服に合わせて色や素材を選ぶ

By: amazon.co.jp

ブーツを選ぶ際は、目指すファッションや手持ちのアイテムとの相性を考えることがポイント。デニムやTシャツなどをラフに着こなすのであれば、明るいカラーのカジュアルなブーツがマッチします。一方、あえて落ち着いた黒系のブーツにすれば、男らしく大人っぽいイメージに演出。

スーツやジャケットなどフォーマルアイテムを着こなすのであれば、暗めのカラーを選ぶことで統一感をもたせることが可能です。モノトーンを基調としたコーディネートであればシックな印象になり、足元だけ色味のあるブーツを取り入れればワンポイントアイテムとして役立ちます。

そして、色と同じくらい重要なポイントが素材です。ブーツには主にレザーが採用されていますが、起毛感のあるスエードやツヤのあるモノなど種類もさまざま。経年変化を味わえるモノであれば、「革を育てる」楽しみがあるのでおすすめです。

自分の足に合ったサイズを選ぶ

つま先に余裕があるかどうか

By: rakuten.co.jp

ブーツのサイズを選ぶ際は、つま先に1~1.5cm程度のゆとりが確保できているか確認しましょう。ピッタリとしたサイズのブーツは、長時間移動する際に足へ負担がかかります。

天然革を使用したブーツは履き込むことで足に馴染んできますが、それを考慮してもやや余裕があるサイズのブーツを選ぶのがおすすめです。

履き口がくるぶしにあたらないか

By: rakuten.co.jp

履き口がくるぶしにあたる位置にある場合、靴ずれの恐れがあります。靴ずれ防止用のインソールで位置を変更する方法もありますが、おすすめなのはブーツ選びの段階で確認することです。忘れがちなので、靴ずれをしたくない方はしっかりとチェックしておきましょう。

足のむくみを考慮しながら足囲が合っているかを確認

By: amazon.co.jp

サイズ合わせの段階ではジャストサイズだと感じても、日によっては足のむくみにより窮屈な履き心地になることもあります。そのため、つま先のゆとりだけでなく、横幅や縦幅にもややゆとりがあるサイズのブーツを選ぶのがおすすめです。

ブーツのおすすめ人気メンズブランドランキング

第1位 ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」はトスカーナ発祥のレザーブランド。イタリア語でカウボーイを意味するブランド名のとおり、ウエスタンブーツや乗馬ブーツを得意としています。重厚で頑丈なブランド自慢のナチュラルタンニングレザーは、豊かな風合いが魅力です。

ブッテロ(BUTTERO) エンジニアブーツ B5348UMGB

70~80年代のトスカーナ風乗馬靴を現代的にアレンジしたエンジニアブーツ。太めのストラップをはじめとするハードなディテールが目を引きます。

内側にジッパーを搭載しているので、ブーツの着脱はスムーズ。ネルシャツやダメージジーンズといったアメカジテイストのアイテムと合わせれば、雰囲気のあるコーディネートが完成します。

第2位 レッドウィング(RED WING)

1905年に創業したアメリカの老舗ワークブーツブランド「レッドウィング」。本格的な作りに反して価格設定が控えめなコストパフォーマンスのよいアイテムで支持を集めています。悪路に強い「トラクショントレッドソール」は、ブランドを語る上で欠かせない要素です。

レッドウィング(RED WING) ブラッククロームレザーペコスブーツ RW-8169

履き口がゆったりとしたペコスブーツは、レッドウィングの定番アイテム。アッパーはブラッククロームでなめされており、キズがつきにくく手入れが簡単です。

靴底には軽量でクッション性に優れたトラクショントレッドソールを採用。シンプルなデザインでさまざまなコーディネートに取り入れやすく、ブーツインスタイルも様になる1足です。

第3位 トリッカーズ(Tricker’s)

イギリスを代表する靴の生産地、ノーサンプトンで創業したシューズブランド。上質な素材を惜しみなく使用する「トリッカーズ」のブーツは、1人の職人がすべての工程を受けもつベンチメイド手法で丹念に作り上げられています。

トリッカーズ(Tricker’s) カントリーブーツ ストウ

ユーモラスな雰囲気が印象的なトリッカーズのカントリーブーツ。カジュアルスタイルはもちろん、ジャケットやシャツといったキレイめのアイテムとも好相性です。

グッドイヤーウェルテッド製法で仕上げられているため、水が染み込みにくく耐久性も抜群。長く愛用できるとっておきの1足を探している方におすすめです。

第4位 チャーチ(CHURCH’S)

1873年創業の「チャーチ」は、英国紳士靴の名門老舗ブランド。正統派のシューズ作りが特徴で、世界中のセレブリティや靴好きに親しまれています。グッドイヤーウェルト製法に則り、250もの工程を経て完成するブーツはハイクオリティです。

チャーチ(CHURCH’S) チャッカブーツ 7343-33 BEG

シンプルなデザインでスエードの質感を活かしたチャーチのチャッカブーツ。ボリュームのあるラウンドトゥを採用しており、気負わずに着用できるカジュアル感が魅力です。

アウトソールは弾力性、クッショニングに優れたゴム仕様。英国ブランドならではの上品な雰囲気を楽しんでみてください。

第5位 ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドイツ人医師考案のリハビリ靴から誕生したイギリスのシューズブランド。「ドクターマーチン」のワークブーツは労働者からの絶大な支持を集めたのち、大物ミュージシャンに着用されるなど、カルチャーシーンに欠かせないアイテムとして不動の地位を築いています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) ブーツ 8ホール 1460

メンズライクなデザインが魅力の「8ホール」は、ドクターマーチンを象徴するワークブーツ。ライダースジャケットと合わせるなど、バイクスタイルまたはロックテイストのコーディネートにもってこいのアイテムです。

優れた耐摩耗性を備えるグッドイヤーウェルト製法を採用。実勢価格は1万円台とコストパフォーマンスが高く、安いブーツを探している方にもおすすめです。

第6位 オールデン(ALDEN)

1884年にアメリカで創業したシューズメーカーです。問題のある足にもしっかりフィットし、均整回復を可能にするという整形法のデザインを追求。最高品質の素材を丁寧に加工して完成する「オールデン」のブーツは、快適な履き心地を備える逸品です。

オールデン(ALDEN) インディブーツ 405

映画『インディ・ジョーンズ』主演のハリソン・フォードが着用していたことでお馴染みのインディブーツは、オールデンの代表作として世界中で評価されています。

インソール、アウトソールともにクッション性が高く、フィット感は良好。ワークブーツながらも艶やかな光沢を放つドレッシーなルックスで、コーディネートの幅を広げてくれるアイテムです。

第7位 ダナー(Danner)

1932年にスタートした「ダナー」は、アメリカを代表するワークブーツブランドです。「使いやすく耐久性に富んだ靴を作る」というコンセプトのもと、高機能素材「ゴアテックス」を搭載するなどの革新的なアイテム作りで名を馳せています。

ダナー(Danner) ダナーライト 30465

レザーとナイロンのコンビネーションによる表情豊かなアッパーを採用したトレッキングブーツ。足馴染みのよさが特徴の「ステッチダウン製法」で組み立てられています。

インナーは防水性、透湿性に優れたゴアテックス製で、悪天候時でも靴内部は快適。靴底には高いグリップ力を有するビブラムソールを搭載しています。

第8位 アグ(UGG)

「アグ」はオーストラリア人のサーファーがカルフォルニアで立ち上げたシューズブランドです。クラシカルなデザインが魅力のシープスキンブーツで、アメリカのサーフマーケットにおける地盤を確立。現在は著名人に着用されるなど、世界的に人気のあるブランドです。

アグ(UGG) ムートンブーツ メンズクラシックショート

丈を長めにとったクラシカルなスタイルのムートンブーツ。内側にはリアルシープファーがあしらわれているので、足入れが心地よく保温性は抜群です。

そのまま着用するだけでなく、丈を折り返すなどコーディネートは自由自在。カジュアルスタイルのハズシアイテムとして重宝します。

第9位 クラークス(Clarks)

「クラークス」はイギリスで現存する最古のシューズブランドとして知られる老舗です。1825年の創業から一貫して履きやすさ、快適さを追求し続け、「ワラビー」や「デザートブーツ」といったカジュアルシューズの名作を生み出しています。

クラークス(Clarks) デザートブーツ 26107879

1950年の発表以来、変わらぬシンプルデザインで愛され続けるクラークスの代表作。カジュアルながらも品があり、幅広いスタイルで活躍してくれるアイテムです。

アッパーは履き込むほど足に馴染んでいくスエードレザー。靴底には弾力性に富んだ天然ゴム製のクレープソールを採用しているので、柔らかな履き心地が楽しめます。

第10位 ブランドストーン(Blundstone)

「ブランドストーン」はオーストラリア南東部のタスマニア島で生まれたシューズメーカーです。アイコニックなデザインのサイドゴアブーツを中心に、耐久性や機能性、さらにはオリジナリティを兼ね備えたアイテムで人気を確立。現在は世界50カ国以上で老若男女を問わずに親しまれています。

ブランドストーン(Blundstone) サイドゴアブーツ BS510

ゴム入りの履き口が足首を快適にサポートする、ブランドストーンのサイドゴアブーツ。歩行時の衝撃を吸収する独自開発のソールを搭載し、優れた着用感を実現しています。

天然皮革のアッパーには撥水加工が施されており、防水性も良好。デイリーユースするファッションアイテムとしてはもちろん、雨の日のレインブーツにもおすすめです。