着脱のしやすさや、スッキリとしたフォルムで人気の「サイドゴアブーツ」。カジュアルやキレイめ、ロックテイストのコーディネートなど、幅広いファッションに合わせやすいのも魅力のひとつです。

そこで今回は、サイドゴアブーツのおすすめアイテムをご紹介。人気ブランドのおしゃれなモデルを多数ピックアップしました。選び方のポイントやコーディネートも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

サイドゴアブーツとは?

By: rakuten.co.jp

サイドゴアブーツの「ゴア」とは、ゴムを織り込んだ伸縮性が高い布のことです。履き口の両端にゴアを配置することで、靴紐や留め具がなくても足にしっかりフィットする構造が特徴。また、ブーツならではの重厚感を楽しめながら、着脱しやすいのが魅力です。

ちなみに、サイドゴアブーツは「サイドエラスティックブーツ」や「チェルシーブーツ」と呼ばれることもあります。「エラスティック」とは、ゴアの別名。「チェルシー」は、イギリス・ロンドンの地区名です。1960年代に、ビートルズをはじめとするイギリスのアーティストがサイドゴアブーツを愛用し、ブームが広がったことから名付けられました。

サイドゴアブーツの選び方

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

サイドゴアブーツの魅力のひとつは、さまざまなコーディネートにしっくりとハマる汎用性の高さです。メリットを活かすためには、シンプルなデザインのモノを選ぶのがおすすめ。特に、サイドゴアブーツを初めて購入する場合は、履き回しがしやすいかを最優先に考えてみてください。

2足目、3足目にチョイスするなら、コーディネートに変化を加えられるアイテムを選ぶのもひとつの手。例えば、メダリオンなどの装飾が施されたモノはクラシックな雰囲気があり、コーデのアクセントとして使えます。

トゥの形をチェック

By: rakuten.co.jp

装飾を抑えたプレーンなアイテムが多いサイドゴアブーツは、トゥの形が少し異なるだけで印象がガラリと変わります。

エレガントな印象やスマートな印象を与えたいなら、「ポインテッドトゥ」などつま先が尖ったモノを選んでみてください。ドレッシーな雰囲気で、ジャケパンスタイルなど、かっちりめのファッションとも相性良好です。

カジュアルに履きこなしたい場合は、やや丸みを帯びた「ラウンドトゥ」を採用したモノがおすすめ。デニムやチノパンなどのボトムスと好相性です。また、ややボリュームのあるソールを備えたモノなら、よりカジュアル度が増します。

自分のコーディネートにフィットしやすいフォルムかどうかをチェックしながら、アイテムを絞り込みましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

サイドゴアブーツに使われている素材の種類も、重要なチェックポイント。見た目の印象だけでなく、素材によってお手入れ方法も異なるので、長く愛用するためにも事前に確認しておきましょう。

もっともアイテムラインナップが多く、スタンダードな素材は「スムースレザー」。上品な光沢があり、コーディネート全体の印象をキリッと引き締めます。着こなしの幅も広く、1足目のサイドゴアブーツにぴったりの素材です。

2足目以降なら、あたたかみのあるスエード素材もおすすめ。コーディネートに取り入れれば、季節感をプラスできておしゃれです。また、革以外にも、雨に強いゴム製のサイドゴアブーツなどがラインナップされています。

カラーをチェック

By: rakuten.co.jp

サイドゴアブーツはシンプルなデザインのアイテムが多いため、カラー選びも重要なポイントです。各ブランドでも多くラインナップされている定番カラーのブラックは、さまざまなアイテムと合わせやすく、初めてサイドゴアブーツを購入する方におすすめ。重厚感があるので、コーデを引き締めたいときにも重宝します。

一方、キャメルやベージュなどのブラウン系カラーは、あたたかみのある優しい雰囲気が特徴。特に、カジュアルコーデと組み合わせるのがおすすめです。また、グレーやネイビーはコーデに取り入れるだけでこなれた雰囲気を演出可能。周りとは一味違うアイテムを探している方にもぴったりです。

サイドゴアブーツのおすすめ人気ブランド

ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」は、シューズを中心としたコレクションを展開するイタリアブランド。ブッテロとはイタリア語で「牛飼い」を意味します。同社はウエスタンスタイルのブーツが特に有名。重厚で劣化しにくい、こだわりのナチュラルタンニングレザーを採用したアイテムがラインナップされています。

ブッテロ(BUTTERO) メンズ サイドゴアブーツ B8070

光沢のあるレザー素材を採用したサイドゴアブーツ。長めのノーズとほどよいスクエアトゥを採用することで、スマートな印象に仕上がっています。筒周りもスリムで、きれいめに履きこなすことが可能。特に、スキニーパンツやテーパードパンツなど、細身のボトムスと組み合わせるのがおすすめです。

キメの細かい牛革を使用しているのもポイント。履けば履くほど経年変化を楽しめます。使用感を楽しみながら、長く愛用できるサイドゴアブーツです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

「ジャランスリワヤ」は、インドネシア発のファクトリーブランドです。ヨーロッパ産の高級レザーを、手縫いと機械縫いのミックスで仕上げ、デザイン性と実用性が備わったブーツを生産。コスパのよさで注目を集めており、日本ではセレクトショップを中心に取り扱われています。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) ダイナイトソール サイドゴアブーツ

質のよい「デュプイカーフ」を使用したショートサイドゴアブーツです。ヒールを除いたブーツ丈が約10cmと短めの構造で、涼しげに履きこなせます。見た目もスタイリッシュかつ軽やかな印象で、あたたかい季節にも着用しやすいアイテムです。

アウトソールに採用されている「ダイナイトソール」は、英国を代表するラバーソール。洗練されたドレッシーな見た目だけでなく、雨天にも対応できる機能性を兼ね備えています。深みのあるブラウンとコンパクトなデザインで流行に左右されにくく、さまざまなシーンで活躍します。

チャーチ(CHURCH’S)

「チャーチ」は、靴作りが有名なイギリス・ノーサンプトンで1873年に創業された老舗シューズブランド。英国靴らしい正統派のデザインで、数多くの著名人にも愛用されています。250もの工程におよぶ「グッドイヤーウェルト製法」で作られるハイクオリティなレザーブーツは、大切な日の1足としてもおすすめです。

チャーチ(CHURCH’S) サイドゴアブーツ KETSBY ETB001

チャーチの定番モデル「KETSBY」のサイドゴアブーツです。軽やかなアンクル丈で、快適に履けるのが特徴。サイドパネルの伸縮性に加えて、背面にタブを搭載することにより、着脱しやすい構造です。

本体の素材には、「ポリッシュドバインダーカーフ」を採用しています。樹脂加工が施されているため、雨や汚れにも強く手入れが簡単。また、ウイングチップトゥとメダリオンがカジュアルな雰囲気を演出し、デニムとの相性はもちろん、きれいめなコーデのハズしとしても活躍します。マルチに使い回せる、デイリーユースにぴったりのアイテムです。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

「ドクターマーチン」は、医師がリハビリ用に開発した靴をきっかけに生まれた、イギリスのシューズブランド。実用性の高さで支持を集める一方、大物ミュージシャンにも着用されるなど、ファッションアイテムとしてもカルチャーシーンに定着しています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) サイドゴア チェルシーブーツ

しなやかなレザーを使用した、定番デザインのサイドゴアブーツ。同社の特徴的なステッチを、レザーと同系色のカラーであしらうことで、上品かつスタイリッシュに仕上がっています。つま先は丸みのあるラウンドトゥで、かっちりしすぎない印象を与えることが可能です。

ソールには独自の「マーチンソール」を採用。歩きやすさと耐久性にも優れています。大物ミュージシャンにも愛用されている、人気アイテムです。

クラークス(Clarks)

1825年に設立した、イギリスの老舗カジュアルシューズブランド。履きやすさや快適さを追求して開発された、「ワラビー」や「デザートブーツ」といった製品が同社の代表作です。ブーツにおいても、ヨーロッパだけでなく、世界中で愛されています。

クラークス(Clarks) クラークデールゴビ サイドゴアショートブーツ

クラシックなフォルムのサイドゴアブーツ。シンプルながら上質なスエード生地を採用することで、こなれた印象に仕上がっているのが特徴。細身のトゥが高級感をより引き立てます。

靴底には、「クレープソール」が含まれた合成ソールを採用。クレープソールは天然の生ゴムから作られており、独特のクッション性を有します。履き心地がよく、長時間履いても疲れにくいのがポイントです。

サンダース(SANDERS)

靴の聖地、イギリス・ノーサンプトン最後の実力派メーカーと謳われる「サンダース」。天然素材を中心としたパーツを伝統的なグッドイヤーウェルト製法で仕上げる、こだわったシューズ作りで有名です。イギリス国防総省にも多くのレザーブーツを供給しており、品質が高く評価されています。

サンダース(SANDERS) ミリタリー ショート チェルシーブーツ

ショートタイプのサイドゴアブーツ。くるぶしまでの短い丈が、軽やかな印象を与えます。暑苦しくならず、爽やかに履きこなせるのが特徴。夏の暑い時期に、足元をかっちりさせたい場合にも活躍します。側面のゴア部分が靴底まで深く配置されているため、着脱しやすいのもポイントです。

本体の素材にはポリッシュ加工されたカーフを採用。独特の光沢があり、高級感を醸し出します。アウトソールは丈夫で水に強いので、雨天にも対応可能。ルックスと機能性を兼ね備えたアイテムです。

パラブーツ(Paraboot)

「パラブーツ」はフランスのシューズメーカー。150以上もの工程を要する「ノルベイジャン・ウェルト製法」を主体とした、こだわりのアイテム作りが特徴です。また、ラバーソールを自社生産していることでも有名。履き心地と耐久性が備わったアイテムを探している方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) ロヴェン サイドゴアブーツ

クラシカルな雰囲気が漂うサイドゴアブーツです。装飾を省いたシンプルなデザインと、細身のフォルムが大人の魅力を演出します。カラーは、定番で使いやすいダークブラウン。さりげなく覗くオレンジのインライニングで、遊び心をプラスしています。

本体の素材に採用されている「ワクシー・オイルドレザー」は撥水性に優れており、水に強いのが特徴です。頑丈なため、劣化しにくいのも魅力。丁寧にお手入れすれば、長く履き続けられます。一生愛用できるような、とっておきの1足を探している方にもおすすめです。

パラブーツ(Paraboot) シャンフォート スエードレザー サイドゴアブーツ

軽さが特徴的なサイドゴアブーツです。同社のオーダーシューズ「ロヴェン」をリモデルしたアイテムで、スタイリッシュなフォルムが人気のポイント。薄く細身のポインテッドトゥが、エレガントな印象を与えます。

また、スエード生地と明るいブラウンの組み合わせが、かっちりしすぎないカジュアル感をプラス。ソールやゴア部分もブラウンで統一されており、さまざまなコーデに合わせやすいアイテムです。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

「クロケット&ジョーンズ」は、イギリス・ノーサンプトンで1879年に創業されたシューズブランドです。デザイン・素材・木型のバリエーションが豊富で、多彩なコレクションを展開しているのが特徴。製品の品質が高く評価されており、多くのファッションブランドのOEM製品も手掛けています。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) チェルシー8 サイドゴアブーツ

オーソドックスなフォルムが魅力のサイドゴアブーツです。つま先には「エッグトゥ」を採用しており、厚みのある卵型の形状が特徴。ヒールも小さめで、全体的にシャープなデザインに仕上がっています。

本体の素材は上品なツヤのあるカーフレザー。ドレッシーなコーデとマッチしやすいのが魅力です。また、甲が高めに作られており、フィット感も良好。そのほか、水や汚れにも強いため、天気が悪い日の外出にも適しています。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) リングフィールド スエードサイドゴアブーツ

同社の定番モデルである「リングフィールド」のサイドゴアブーツです。先端が細めの「チゼルトゥ」とロングノーズを採用した、ヨーロピアンテイストを感じるデザインが特徴。スーツスタイルにもデニムスタイルにも合わせやすい、便利なアイテムです。

本体のアッパーに使用されているのは、あたたかみのあるダークブラウンスエード。ソールには、グリップ力に優れた「ダイナイトソール」を採用しています。防滑性が高く、天候が悪い日も安心して使いやすいアイテムです。

レッドウィング(RED WING)

「レッドウィング」は、アメリカを代表するワークブーツブランドです。国内生産にこだわったアイテム作りが特徴。品質のよさに加えて、リーズナブルな価格設定で人気を集めています。また、軽量で滑りにくい「トラクショントレッドソール」が、ブランドの代名詞として有名です。

レッドウィング(RED WING) サイドゴアブーツ Romeo 8142

ショートタイプのサイドゴアブーツです。くるぶしまでの短い丈で、軽く履きやすいのが特徴。デイリー使いに重宝します。

全体的に丸みを帯びたフォルムも魅力。明るいベージュカラーのソールと合わさって、あたたかみのあるカジュアルな印象を与えます。特に、デニムやチノパンなどと好相性です。

シンプルなデザインながら、背面のタブにあしらわれたブランドロゴがほどよいアクセントになっています。赤いカラーも、差し色として活躍。ショート丈でさまざまなアイテムと合わせやすく、ソックスと合わせた個性派コーデもおすすめです。

レッドウィング(RED WING) ミル ワン コングレス ブーツ 9077

スタンダードなフォルムが魅力のサイドゴアブーツです。「コングレス」は英語で議会を意味する言葉で、「議員が履くような高級感のある靴」が製品名の由来といわれています。

細身で上品なシルエットも特徴。ドレッシーな雰囲気で、カジュアルコーデだけでなくビジネスシーンでも役立ちます。アッパーには、上質な「フェザーストーンレザー」を採用。独特なツヤが、高級感を醸し出します。

また、見た目だけでなく耐久性にも優れているため、長く愛用し続けられるのもポイントです。

トリッカーズ(Tricker’s)

「トリッカーズ」は1829年の創業以来、一族経営を続けるイギリス・ノーサンプトンのシューズブランドです。高級素材と熟練の職人技を駆使した靴作りが特徴。最近では同社のカントリーブーツが注目を集めており、ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っています。

トリッカーズ(Tricker’s) エラスティック サイドゴアブーツ

カントリーな雰囲気が魅力的なサイドゴアブーツ。ブランドの代名詞であるウイングチップが採用されており、クラシックな雰囲気を演出します。1人の職人が全工程を行う「ベンチメイド製法」で作られているのも特徴。メダリオンやステッチに個体差が出るため、特別感のあるアイテムを探している方におすすめです。

丈は長めですが、サイドのゴアが深く伸縮性に優れているので、着脱も簡単。靴を頻繁に脱ぎ履きするようなシーンでも、安心して着用できます。

バーウィック(Berwick)

「バーウィック」はスペインの老舗シューズブランドです。熟練の職人によって仕上げられる、グッドイヤーウェルテッド製法を取り入れているのが特徴。クラシックテイストにスペインらしい色気が加わった、美しい製品デザインで人気を集めています。

バーウィック(Berwick) スーパーバック サイドゴアブーツ

老舗ブランドならではの、クラシカルな雰囲気を醸し出すサイドゴアブーツ。フォルムが全体的にスリムなため、シャープで洗練された印象を与えます。

アウトソールには、「エクストラライトソール」を採用。片足約400gの軽さでクッション性にも優れているので、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。カラーは落ち着いたダークブラウンで、さまざまなコーデに合わせやすく、デイリー使いに重宝します。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

「アルファインダストリーズ」は、1954年にアメリカで誕生したアパレルメーカーです。1959年に米国務省から軍用ジャケットの見直しを依頼されたことがきっかけで、世界中に認知されました。現在は、ミリタリーテイストを落とし込んだデイリーウェアで、さまざまな世代から支持を集めています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ウエスタンリングブーツ

コスパのよい、2WAYタイプのサイドゴアブーツです。足首のリングは取り外し可能。リングを付けてカジュアルなウエスタンスタイルを楽しんだり、リングを外してシンプルに着用したり、気分に合わせて使い分けられます。さまざまなコーデで、マルチに活躍するアイテムです。

アッパーの素材には、足馴染みのよい「オイルプルアップレザー」を採用。履き込むほどに味が出て、経年変化を楽しめます。

ブランドストーン(BLUNDSTONE)

「ブランドストーン」は、オーストラリア南東に浮かぶ自然豊かなタスマニア島で、19世紀に誕生したシューズブランドです。同社の代表作はサイドゴアブーツで、機能性や履き心地にこだわっているのが特徴。ハイキングやアウトドアでも着用できる実用性が、高く評価されています。

ブランドストーン(BLUNDSTONE) サイドゴアブーツ

上質な牛革で作られたサイドゴアブーツです。丸みのあるラウンドトゥで、カジュアルな雰囲気を醸し出します。また、くすんだブラウンカラーと、厚めのソールがこなれ感を演出。背面と甲側の両方に備わったタブも、個性的でおしゃれなポイントです。

靴底には、ラバーソールを採用。軽量で屈曲性がよく、長時間履いても疲れにくい仕様です。アウトドアやハイキングなど、長距離を歩くシーンでも活躍します。

ジョージコックス(George Cox)

「ジョージコックス」は、イギリス・ノーサンプトンで1906年に創業したシューズブランドです。ラバーソールが採用された靴を開発するなど、革新的なシューズ作りが特徴。1970年代にはパンク系のデザイナーやミュージシャンに愛用され、イギリスのカルチャーシーンに欠かせない存在としても有名です。

ジョージコックス(George Cox) チェルシー サイドゴアブーツ

さまざまなコーデにマッチするサイドゴアブーツです。シンプルかつスタンダードなデザインで、汎用性が高いアイテム。コンパクトなフォルムは、ドレッシーでエレガントな印象を与えます。

クッション性の高いエアソールが採用されているため、履き心地も良好です。軽くて足さばきがよく、長時間着用しても快適。また、背面にタブが付いており、脱ぎ履きがしやすいのもポイントです。

リーガル(REGAL)

1902年に日本で立ち上げられた「日本製靴株式会社」を前身とするシューズブランドです。1961年にアメリカのシューズメーカーと技術導入契約を結び、「リーガル」ブランドの紳士靴の生産・販売を開始。1990年には、同ブランドの商標権を取得しました。

時代を超えた定番モデルから現代風のカジュアルシューズまで、幅広いデザインのシューズを揃えているのが魅力。長く愛用できるサイドゴアブーツを探している方におすすめのブランドです。

リーガル(REGAL) ウォーカー 302W

透湿・防滑・防水性能を備えた、機能性の高いサイドゴアブーツ。アッパーに採用されている人工皮革は劣化しにくく、お手入れも簡単なため、デイリーユースにおすすめです。

インソールに、軽量な新素材「カルヴォ」を使用しているのも魅力。クッション性にも優れており、歩行をアシストするバネのような役割を果たします。また、アウトソールにはグリップ力の高い「アールコンポ」を採用。さまざまな天候に対応できる、歩きやすいアイテムです。

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE)

「洋服の青山」で有名な、青山商事が展開しているファッションブランドです。都会の大人に向けて、ハイファッションかつハイクオリティな製品を、リーズナブルな価格で展開しているのが特徴。海外のセレクトショップやデザイナーとのコラボアイテムも多く、20~30代の若者層を中心に人気を集めています。

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE) チェルベロ イタリアンキップレザー サイドゴアブーツ

シャープなフォルムが特徴の、スタイリッシュなサイドゴアブーツです。エッジの効いたポインテッドトゥが、大人の魅力を演出。本体のシルエットがすっきりしているため、スキニーパンツや細身のテーパードパンツとマッチします。

素材には、適度な厚みのある「イタリアンキップレザー」を採用。耐久性にも優れています。さまざまなシーンでも使いやすいアイテムです。なお、内部の革は色落ちすることがあるので、薄い色のソックスとの組み合わせる際は注意しましょう。

ブラッチャーノ(Bracciano)

「ファッションを雰囲気で楽しむ」をコンセプトに、1996年に誕生したシューズメーカー。スタイルや形式にとらわれず、ファッションを自由に楽しむためのアイテムが多数展開されています。低価格でコスパのいい製品も多く、汚れを気にせず使えるアイテムを探している方におすすめです。

ブラッチャーノ(Bracciano) 防水サイドゴアブーツ

防水性能を備えたサイドゴアブーツです。がっしりとしたボリュームのあるフォルムが特徴。ゴアやソール、アッパー部分がブラックで統一されており、さまざまなコーデに馴染みます。デニムと合わせたカジュアルコーデはもちろん、ビジネスシーンにもおすすめのアイテムです。

ソールが防滑仕様なのも魅力。小雨程度なら浸水や汚れを気にせず履けるため、雨天時の通勤用としても人気があります。価格も安く、每日気軽に使えるのもポイントです。

Danner(ダナー)

「ダナー」は、1932年にウィスコンシン州で生まれたシューズブランド。創業以来、アウトドアブーツの定番ブランドとして長く愛されています。また、世界で初めてブーツに「ゴアテックス」を採用したことでも有名です。優れた技術力で、ユーザーから高く評価されています。

Danner(ダナー) カラマ サイドゴア レザーブーツ

短め丈のサイドゴアブーツです。日本国内の工場で、職人たちの手により組み立てられているのが特徴。丈夫さと機能性を備えたアイテムです。

アッパーには、肉厚のオイルドレザーを採用。履けば履くほど風合いが深まり、経年変化を楽しめます。

同社の定番である「ビブラムソール」を搭載しているのも魅力。防滑性と耐久性に優れ、雨天時でも安心して着用できます。そのほか、グッドイヤーウェルト製法で作られているため、履き心地がよく疲れにくいのもポイントです。

ヨースケ(YOSUKE)

華やかで個性的なデザインが人気を集める、日本のシューズブランドです。「他人と同じじゃツマラナイ」をコンセプトに、遊び心のあるシューズを多数展開しています。存在感のあるアイテムが多く、コーデの主役になるようなアイテムを探している方にぴったりです。

ヨースケ(YOSUKE) サイドゴア ショートブーツ

丸みのあるラウンドトゥと明るいカラーで、華やかなデザインのサイドゴアブーツ。全体のシルエットはスリムでコンパクトなため、履きやすいのもポイントです。デニムやチノパンなどと特に相性がよく、カジュアルなコーデを楽しむ際に重宝します。

サイドヒールには、さりげなくロゴを配置。主張しすぎないのが、おしゃれなポイントです。カラーは、キャメル・アイボリーコンビ・ブラックの3色がラインナップされています。

サイドゴアブーツのおすすめコーデ

細身のデニムと合わせた春夏コーデ

By: wear.jp

ボリューム感のあるサイドゴアブーツとテーパードデニムは相性良好。ロールアップして足元を強調するのはもちろん、そのまま履いてもタイトなシルエットでスタイルアップできます。七分丈で足首を出して、抜け感を出すのもおすすめです。

カジュアルコーデにサイドゴアブーツでドレス感をプラス

By: wear.jp

インパクトのあるカラーリングのシャツを中心に、カットソーやチノパンといったカジュアルアイテムでまとめたコーディネート。足元のサイドゴアブーツが、スタイリングにドレッシーな雰囲気を加えています。タイトなシルエットのボトムスからシューズにかけての、美しいシルエットがポイントです。

スエードのサイドゴアブーツでセットアップをカジュアルダウン

By: wear.jp

セットアップを、タートルネックやスエードのサイドゴアブーツでカジュアルダウンしたコーデです。ダークトーンのジャケットやスラックスに対して、インナーやシューズには明るいカラーをチョイス。コーディネートに華やかさをプラスしています。品のよいリラックススタイルを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

サイドゴアブーツを用いた秋冬のキレイめコーデ

By: wear.jp

フォーマルなステンカラーコートを主役にした秋冬コーデ。首元に巻いたオレンジのマフラーが、着こなしのアクセントになっています。シューズには、重厚感のあるサイドゴアブーツをチョイス。ボトムスのロールアップは、足元を強調して見せたい場合に重宝するテクニックです。