着脱のしやすさや、スッキリとしたフォルムで人気を集める「サイドゴアブーツ」。カジュアル・キレイめ・ロックテイストのコーディネートまで、幅広く合わせられる万能さも人気の理由のひとつです。

そこで今回は、サイドゴアブーツのおすすめアイテムを人気ブランドからピックアップしてご紹介します。自分に合うサイドゴアブーツの選び方や、コーディネート例もぜひ参考にしてみてください。

サイドゴアブーツとは?

By: rakuten.co.jp

サイドゴアブーツの「ゴア」とは、ゴム布のこと。ブーツ履き口の両端にゴム布を配置することにより、靴紐や留め具がなくても足にしっかりフィットする構造が特徴。ブーツならではの重厚感を楽しめて、かつ着脱しやすいのがサイドゴアブーツの魅力です。

サイドゴアブーツは、「サイドエラスティックブーツ」「チェルシーブーツ」とも呼ばれます。「エラスティック」とは、ゴアの別の呼び方。「チェルシー」は、イギリス・ロンドンの地区名です。1960年代に、ビートルズをはじめとするイギリスのアーティストがサイドゴアブーツを愛用し、ブームが広がったことからこの呼び名が生まれました。

サイドゴアブーツの選び方

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

サイドゴアブーツの魅力のひとつは、どんなコーディネートにもしっくりとハマる汎用性の高さです。そのメリットを活かすためには、できるだけシンプルなデザインのモノを選ぶのがベター。とくに1足目のサイドゴアブーツは、履き回ししやすいかを最優先に考えてみてください。

2足目、3足目にチョイスするなら、コーディネートに変化を加えられるアイテムを選ぶのがおすすめ。メダリオンなどの装飾が施されたモノならクラシックな雰囲気があり、コーデのアクセントとして使えます。

トゥの形をチェック

By: rakuten.co.jp

装飾を抑えたプレーンなアイテムが多いサイドゴアブーツは、トゥの形が少し異なるだけで印象がガラリと変わります。自分のコーディネートにフィットしやすいフォルムかどうかチェックして、アイテムを絞り込みましょう。

エレガント・スマートといった印象を与えたいなら、ポインテッドトゥなど、つま先の尖ったフォルムのモノがおすすめ。ドレッシーな雰囲気で、ジャケパンスタイルなど、かっちりめのファッションと相性抜群です。

カジュアルに履きこなしたい場合は、やや丸みを帯びたラウンドトゥなどの形がおすすめ。デニムやチノパンといったボトムスと好相性です。ややボリュームのあるソールと組み合わせたモノなら、よりカジュアル度が増します。

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

サイドゴアブーツに使われている素材の種類も、重要なチェックポイント。見た目の印象だけでなく、お手入れ方法も異なるので、長く愛用するためにも事前に確認しておきましょう。

もっともアイテムラインナップが多く、スタンダードな素材はスムースレザー。上品な光沢があり、コーディネート全体の印象をキリッと引き締めます。着こなしの幅も広く、1足目のサイドゴアブーツにおすすめの素材です。

2足目以降なら、あたたかみのあるスエード素材もおすすめ。コーディネートに取り入れれば、季節感もプラスできておしゃれです。また、革以外には雨に強いゴム製のサイドゴアブーツなどもラインナップされています。

サイドゴアブーツのおすすめ人気ブランド

ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」は、シューズを中心としたコレクションを展開するイタリアブランドです。イタリア語で「牛飼い」を意味するブランド名が示すように、ウエスタンスタイルのブーツで有名。素材には、重厚で劣化しにくいこだわりのナチュラルタンニングレザーを採用しています。

ブッテロ(BUTTERO) レザーサイドゴアブーツ B7345

ブッテロ(BUTTERO) レザーサイドゴアブーツ B7345

幅広いコーディネートに馴染みやすい、スッキリとしたフォルムが魅力のサイドゴアブーツ。アッパーに採用したのは品のよい光沢を放つやわらかなベビーカーフで、ソフトな足当たりが得られます。

また、クッション性に優れたインソールを搭載しているため、履き心地は良好。靴底はレザーソールに半透明のラバーを貼り合わせて、丁寧に仕上げています。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

「ジャランスリワヤ」は、インドネシア発のファクトリーブランドです。ヨーロッパ産の最高級レザーを手縫い・機械縫いのミックスで仕上げ、デザインと実用性を兼ね備えたブーツを生産。コスパのよさで注目を集めており、日本では感度の高いセレクトショップを中心に取り扱われています。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) サイドゴアブーツ 98411

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) サイドゴアブーツ 98411

グリップ力・耐水性に優れたイングランド製「ダイナイトソール」を搭載したサイドゴアブーツ。雨の日でも安心して着用できるシューズを探している方におすすめです。

さまざまなボトムスと合わせやすいバランスのとれたフォルムがポイント。トラディショナルなデザインで仕上げられているため、ビジネスシーンにもピッタリです。

チャーチ(CHURCH’S)

「チャーチ」は、靴作りで有名なイギリス・ノーサンプトンで1873年に創業された老舗シューズブランド。英国靴らしい正統派のデザインで数多くの著名人に愛用されています。250もの工程におよぶグッドイヤーウェルト製法で作られるハイクオリティなレザーブーツは、とっておきの1足としておすすめです。

チャーチ(CHURCH’S) サイドゴアブーツ KETSBY ETB001

チャーチ(CHURCH'S) サイドゴアブーツ KETSBY ETB001

ウイングチップの装飾がおしゃれな、チャーチの定番サイドゴアブーツ。クラシカルなスタイルでコーディネートの雰囲気をぐっと引き上げてくれるアイテムです。

また、伸縮性に優れたサイドパネルのおかげで動きやすく、履き心地は抜群。背面にはタブがあしらわれているので、着脱がスムーズです。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

「ドクターマーチン」は、ドイツ人医師がリハビリ用に開発した靴がきっかけとなって生まれたイギリスのシューズブランド。実用性の高さで支持を集める一方で、大物ミュージシャンに着用されるなど、ファッションアイテムとしてもカルチャーシーンに定着しています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) チェルシーブーツ 2976

ドクターマーチン(Dr.Martens) チェルシーブーツ 2976

ソフトな感触のスムースレザーを採用したサイドゴアブーツ。ドクターマーチンを象徴するアイコニックなプルタブが、洗練されたシンプルデザインのアクセントになっています。

カジュアルなコーディネートで活躍するのはもちろん、フォーマルスタイルでも重宝する使い勝手のよさがポイント。存在感のあるアウトソールはクッション性に優れ、弾むような歩行感が楽しめます。

クラークス(Clarks)

1825年に設立した、イギリスの老舗カジュアルシューズブランドです。足の生体力学に基づいて履きやすさや快適さを追求し続け、「ワラビー」や「デザートブーツ」といったブランドを代表する傑作を開発。クラークスのブーツはヨーロッパのみならず、世界中で親しまれています。

クラークス(Clarks) サイドゴアブーツ クラークデールゴビ 26130764

クラークス(Clarks) サイドゴアブーツ クラークデールゴビ 26130764

スエードレザーのやわらかな風合いが魅力のサイドゴアブーツ。装飾を控えたスマートなデザインで、スッキリとした足元を演出します。

ヒールは低めで歩きやすく、レザー製の中敷きを搭載しているので履き心地は快適。リラックス感のある休日コーデとして重宝するアイテムです。

サンダース(SANDERS)

靴の聖地、イギリス・ノーサンプトン最後の実力派メーカーと謳われる「サンダース」。天然素材を中心としたパーツを伝統的なグッドイヤーウェルト製法で仕上げる、こだわりのシューズ作りで知られています。イギリス国防総省に多くのレザーブーツを供給しており、その品質は折り紙付きです。

サンダース(SANDERS) サイドゴアブーツ BUCHAREST 1554TD

サンダース(SANDERS) サイドゴアブーツ BUCHAREST 1554TD

アッパーに用いた天然皮革のシックな表情が目を引くサイドゴアブーツ。細身のシルエットで、キレイめなスタイルに合わせやすいアイテムです。

耐久性の高いグッドイヤーウェルト製法を採用しており、靴底は何度でも交換可能。長く着用できるとっておきの1足を探している方におすすめです。

パドローネ(PADRONE)

「パドローネ」は、東京の靴工場が手掛けるファクトリーブランドです。古きよき時代の伝統や技術を重視し、手作業の温もりが感じられるコレクションを展開。履き心地とファッション性を兼ね備えた、抜群のコストパフォーマンスを有するシューズで人気を博しています。

パドローネ(PADRONE) サイドゴアブーツ MAURO PU8759-1201-18C

パドローネ(PADRONE) サイドゴアブーツ MAURO PU8759-1201-18C

革の名産地・姫路でなめされた、表情豊かなオイルレザーを採用したサイドゴアブーツ。丈を短めに設定しており、軽快な履き心地が楽しめます。

また、クッショニングとグリップ力に優れた高性能アウトソールを搭載。フォーマルなシーンから悪天候時まで、さまざまな場面で頼りになる1足です。

パラブーツ(Paraboot)

「パラブーツ」はフランスのシューズメーカー。150以上もの工程を要する「ノルベイジャン・ウェルト製法」を主体とした、こだわりの靴作りが特徴です。また、ラバーソールを自社生産していることでも有名。履き心地と耐久性を併せ持ったブーツを探している方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) サイドゴアブーツ PHOTON 145712

パラブーツ(Paraboot) サイドゴアブーツ PHOTON 145712

着脱しやすいローカットフォルムが特徴的なサイドゴアブーツ。各パーツを強固に縫い付けるステッチがデザインのアクセントとなっています。

ブランドこだわりの「パラテックスソール」は、優れたグリップ力が魅力。アッパーにはオイル含有率が高く撥水性のあるカーフレザーを採用しているので、雨の日にも活躍が期待できます。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

「クロケット&ジョーンズ」は、イギリス・ノーサンプトンで1879年に創業されたシューズブランドです。デザイン・素材・木型に豊富なバリエーションを持つ、多彩なコレクションが特徴。靴の品質は高く評価されており、多くのファッションブランドのOEM製品を手掛けています。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) サイドゴアブーツ LINGFIELD

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) サイドゴアブーツ LINGFIELD

先端の細いロングノーズが特徴的な、ヨーロッパ風のフォルムを採用したサイドゴアブーツ。アッパーは上質なスエード素材で、コーディネートのアクセントとなるやわらかな風合いが魅力です。

ソールには、ドレッシーなデザインながらもグリップ力に優れたダイナイトソールを搭載。合わせるボトムスを選ばず、全天候で着用可能な使い勝手に優れたアイテムです。

レッドウィング(RED WING)

「レッドウィング」は、アメリカを代表するワークブーツブランド。国内生産にこだわったアイテム作りが特徴で、品質のよさに加えて控えめな価格設定で人気を集めています。また、軽量で滑りにくい「トラクショントレッドソール」は、ブランドの代名詞として有名です。

レッドウィング(RED WING) サイドゴアブーツ Romeo 8142

レッドウィング(RED WING) サイドゴアブーツ Romeo 8142

幅広いコーディネートで履きやすい、軽やかな仕上がりが魅力のサイドゴアブーツ。鈍い光沢を放つ塗膜が施されたアッパーは、オイルや熱に対する耐性が高く、使い込むほどに味わいが増します。

ホワイトのトラクショントレッドソールは、デザイン面でも存在感抜群。デニムやカーゴパンツといったカジュアルなボトムスとラフに合わせるのがおすすめです。

トリッカーズ(Tricker’s)

「トリッカーズ」は1829年の創業以来、一貫して一族経営を続けるイギリス・ノーサンプトンのシューズブランドです。最高級の素材と熟練の職人技を駆使した靴作りが特徴。最近はカントリーブーツで注目を集めており、ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っています。

トリッカーズ(Tricker’s) サイドゴアブーツ HENRY ELASTIC M2754

トリッカーズ(Tricker's) サイドゴアブーツ HENRY ELASTIC M2754

ウイングチップやメダリオンの美しい装飾が施された、格調高いデザインが魅力のサイドゴアブーツ。抜群の存在感でコーディネートの主役となるアイテムです。

靴底はエレガントな「ダイナイトソール」、ワーク色の強い「コマンドソール」から選択可能。どちらも厚みのあるダブルソール仕様で、耐久性はバッチリです。

バーウィック(Berwick)

「バーウィック」は、1707年にアルマンサの戦いで勝利した英雄の名を由来とする、スペインの老舗シューズブランドです。熟練の職人の手によって仕上げられるグッドイヤーウェルテッド製法が特徴。クラシックテイストにスペインらしい色気が加わった、美しいデザインで人気を集めています。

バーウィック(Berwick) サイドゴアブーツ 376-K2 SUPERBUCK 173

バーウィック(Berwick) サイドゴアブーツ 376-K2 SUPERBUCK 173

ラウンドトゥをサイドにエッジを効かせてシャープに仕上げ、バランスのよいラストを採用したサイドゴアブーツ。本格的なグッドイヤーウェルテッド製法ながらも、コストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

片足で約400gという軽さを有するアウトソールはクッショニングに優れ、履き心地はやわらか。靴ベラなしでも簡単に着用できる手軽さで、デイリーユースにピッタリの1足です。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

「アルファインダストリーズ」は、1954年にアメリカで誕生したアパレルメーカーです。1959年に米国務省に軍用ジャケットの見直しを依頼されたのをきっかけに、50年以上にわたってアイテムを提供。現在はミリタリーテイストを落とし込んだデイリーウェアで世界的な支持を集めています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) サイドゴアブーツ afb-20011

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) サイドゴアブーツ afb-20011

質感にこだわったオイルレザー製のアッパーを採用したサイドゴアブーツ。グッドイヤーウェルテッド製法で仕上げられているため、履けば履くほど足に馴染みます。

付属の着脱式リングを装着すれば、バイカースタイルも楽しめる2WAY仕様。デニムやカーゴパンツといったカジュアルなボトムスと合わせて、男らしいコーディネートを楽しむのがおすすめです。カラーはブラック・ブラウン・ダークブラウンの3種類が展開されています。

ブランドストーン(BLUNDSTONE)

「ブランドストーン」は、オーストラリア南東に浮かぶ自然豊かなタスマニア島で、19世紀に誕生したシューズブランドです。機能性・履き心地にこだわった靴作りで知られ、代表作はサイドゴアブーツ。ハイキングやアウトドアで着用するのにピッタリの実用性が、高く評価されています。

ブランドストーン(BLUNDSTONE) サイドゴアブーツ

ブランドストーン(BLUNDSTONE) サイドゴアブーツ

アウトソールの素材にこだわり、足腰への負担を軽減する抜群の衝撃吸収性を実現したサイドゴアブーツ。長時間着用しても疲れにくいシューズを探している方におすすめです。

シンプルなデザインを日本限定のローカットで仕上げており、幅広いスタイリングに取り入れやすいのがポイント。ブラック・ダークブラウンといったベーシックなカラーが取り揃えられています。

ジョージコックス(George Cox)

「ジョージコックス」は、イギリス・ノーサンプトンで1906年に創業したシューズブランドです。ラバーソールを採用した靴を開発するなど、革新的なシューズ作りが特徴。1970年代にはパンク系のデザイナーやミュージシャンに愛用され、イギリスのカルチャーシーンに欠かせない存在となっています。

ジョージコックス(George Cox) サイドゴアブーツ 7826 CHELSEA

ジョージコックス(George Cox) サイドゴアブーツ 7826 CHELSEA

軽やかで、クッション性に富んだ履き心地が楽しめるエアソールを搭載したサイドゴアブーツ。履き口がゴム仕様なので着脱がしやすく、フィット感は抜群です。

アッパーにあしらわれた縫い合わせのラインが、デザインのアクセントになっているのもポイント。英国テイストのファッションに馴染むのはもちろん、さまざまなコーディネートで重宝するシンプルさが魅力です。

リーガル(REGAL)

リーガルは、1902年に日本で立ち上げられた日本製靴を前身とする、「リーガルコーポレーション」のブランドです。1961年にアメリカのブラウン社(現・クラレス社)と技術導入契約を結び、リーガルブランドの紳士靴の生産・販売を開始。1990年には、同ブランドの商標権を取得しました。

半世紀以上にわたって愛されてきたブランドで、時代を超えた定番モデルから現代風のカジュアルシューズまで、幅広いデザインのシューズが手に入るのが魅力です。また、店舗で補修サービスを行っているのもポイント。長く愛用できるサイドゴアブーツを探している方におすすめのブランドです。

リーガル(REGAL) サイドゴアブーツ 53URBF

リーガル(REGAL) サイドゴアブーツ 53URBF

2019年秋冬モデルのサイドゴアブーツです。国内でもっとも有名な皮革メーカーのひとつ、栃木レザー社の牛皮を採用。エイジングが楽しめる植物タンニンなめしを採用しており、使い込むたびに革の色つやが増すのが魅力です。

ゆったりとした履き心地が楽しめるステッチダウン製法を採用。シンプルなデザインながら、切りっぱなしの履き口や厚みのあるプルストラップなど、ディテールにこだわっているのもポイントです。カラーはブラウンとダークブラウンの2種類。日本製で高品質なおすすめのサイドゴアブーツです。

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE)

「洋服の青山」で有名な、青山商事が展開しているファッションブランド。都会の大人に向けて、ハイファッション・ハイクオリティな製品をリーズナブルな価格で展開しているのが特徴です。海外のセレクトショップやデザイナーとのコラボアイテムも多く、20~30代の若者層を中心に人気を集めています。

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE) BERWICK別注 ボックスカーフサイドゴアブーツ

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE) BERWICK別注 ボックスカーフサイドゴアブーツ

ユニバーサルランゲージと、スペイン発の老舗シューズブランド「バーウィック」とのコラボアイテムです。アッパーには、フランスで最高峰といわれる革メーカー・デュプイ社のボックスカーフを採用。肌目がきめ細やかで、やわらかな光沢感が特徴です。

安定性と耐久性に優れた「グッドイヤー製法」で作られているのもポイント。中底には浸透性が高い牛革を採用しており、汗によるムレを軽減できます。長時間履き続けても快適なおすすめのサイドゴアブーツです。

サイドゴアブーツのおすすめコーデ

サイドゴアブーツを用いた秋冬のキレイめコーデ

By: wear.jp

フォーマルなデザインのステンカラーコートを主役にした秋冬コーデ。首元に巻いたオレンジのマフラーが着こなしのアクセントになっています。シューズには、重厚感のあるサイドゴアブーツをチョイス。ボトムスのロールアップは、足元を強調して見せたい場合に重宝するテクニックです。

細身のデニムと合わせた春夏コーデ

By: wear.jp

ボリューム感のあるサイドゴアブーツとテーパードデニムは相性抜群。ロールアップして足元を強調するのはもちろん、そのまま履いてもタイトなシルエットでスタイルアップできます。七分丈で足首を出して、抜け感を出すのもおすすめです。

カジュアルコーデにサイドゴアブーツでドレス感をプラス

By: wear.jp

インパクトのあるカラーリングのシャツを中心に、カットソーやチノパンといったカジュアルアイテムでまとめたコーディネート。足元のサイドゴアブーツが、スタイリングにドレッシーな雰囲気を加えています。タイトなシルエットのボトムスからシューズにかけての美しいシルエットがポイントです。

スエードのサイドゴアブーツでセットアップをカジュアルダウン

By: wear.jp

セットアップをタートルネックやスエードのサイドゴアブーツでカジュアルダウン。ダークトーンのジャケット・スラックスに対して、インナーやシューズには明るいカラーをチョイス。コーディネートの雰囲気を華やかにしています。品のよいリラックススタイルを楽しみたい方は参考にしてみてください。