革靴を選ぶ際にポイントとなるのが快適な履き心地。そのためには卓越した技術を駆使した製品や繊細に作られているアイテムを見つけることが重要です。

特に日本の靴メーカーは高品質なアイテムを取り揃えていると認知されており、国内外から高い評価を得ています。そこで今回は数あるブランドのなかでも人気の「リーガル」と「スコッチグレイン」の革靴をピックアップして、おすすめの製品をご紹介。革靴選びでお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

リーガルの特長

By: amazon.co.jp

リーガルは1902年に誕生した革靴ブランド。“靴を通して、お客さまに、足元から美と健康を提供する”という事業ビジョンのもと、バリエーション豊かな紳士靴を生産・販売しています。

リーガルの革靴の多くは甲部分と底部分を縫い合わせるグッドイヤーウェルト製法を採用。クッション材をたくさん入れられるため、長時間履いていても疲れにくいです。防水性能のある素材を使った製品なども展開していて、数多くのラインナップから自分好みの1足を選べます。

スコッチグレインの特長

By: scotchgrain-shop.com

スコッチグレインは1964年に創業した革靴ブランド。創業当時から、日本人になじむ木型作りとグッドイヤーウェルト製法に力を入れてきました。甲革の裁断から中底の加工、ヒールの貼り付けまで製造工程が細かく分けられており、それぞれに職人の手が行き届いています。

リーガルとスコッチグレインの違い

By: regalshoes.jp

構造の違い

リーガルとスコッチグレインはともにグッドイヤーウェルト製法を用いた質の高い革靴を展開していますが、内部の構造が大きく異なります。リーガルは革靴の内部にメッシュを採用しているのに対し、スコッチグレインは内部もすべて革なので耐久性が高いです。

また、リーガルはクッション材にコルクを用いていますが、スコッチグレインはスポンジを使用しているため劣化を軽減してくれます。

サイズ感の違い

リーガルとスコッチグレインは、どちらも日本人になじむサイズ感で展開されています。27.5cm以上のモノも用意されているので、足のサイズが大きい方でも安心です。リーガルの場合は23cm以下のスモールサイズもあります。

親指と小指の付け根をかこった足囲の大きさに関しては、リーガルもスコッチグレインもE・2E・3E・4Eの4段階が存在。このようにどちらもサイズ感については大きな違いがないので、デザインや機能面で自分好みのモノを選ぶのがおすすめです。

リーガルはどういう方におすすめ?

By: zozo.jp

リーガルとスコッチグレインを価格面で比較すると、リーガルの方が比較的リーズナブルなので購入しやすいです。また、リーガルの革靴はグッドイヤーウェルト製法のほか、甲部分と底部分を接着剤で貼り合わせるセメント製法を採用した安価な製品も展開されています。

この製法は雨に強いとされているので、高級感よりも実用性を重視した履き潰せる革靴を探している方に最適。用途やコーデに合わせて気軽に革靴を履き分けたい方にはリーガルの製品がおすすめです。

スコッチグレインはどういう方におすすめ?

By: amazon.co.jp

スコッチグレインは、創業当時から数えると1万足におよぶ木型が用意されている本格ブランド。作り方に関しては、全ての革靴にグッドイヤーウェルト製法が採用されています。履けば履くほど自分の足に馴染んでゆくのが魅力です。

また、甲部分と底部分を縫い合わせている製法なので、劣化したら底部分だけを取り替えるということもできます。修理がしやすいため、お気に入りの革靴を長く愛用したいという方におすすめです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ストレートチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) ASHLANCE 3526

スコッチグレインの定番シリーズ「アシュランス」のストレートチップシューズ。靴幅は3Eと広めですが、つま先の美しい曲線により野暮ったさを感じさせず、スタイリッシュな印象を与えてくれるアイテムです。

甲部分には国産のカーフレザーを採用していて、表面に光沢感があります。シンプルで合わせやすいので、初めてスコッチグレインの革靴を買う方におすすめの1足です。

リーガル(REGAL) ビジネスシューズ 725R AL

軽量で履きやすいセミマッケイ製法を採用したリーガルのストレートチップシューズ。屈曲性に優れており、足裏を曲げやすいので長時間の歩行でも負担になりにくいです。

甲部分には生後6ヶ月〜2年前後の牛革を使ったキップレザーが採用されています。強度と美しさを併せ持っていて革靴にぴったりの素材です。表面には鏡面加工が施されているため、フォーマルコーデの足元を華やかにしてくれます。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
プレーントゥの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) シャインオアレインⅢ

シンプルな革靴を探している方におすすめのプレーントゥシューズ。耐摩耗性とグリップ性に優れた合成底「SGソール」を採用しています。しなやかなゴムと硬度の高いゴムをそれぞれ場所に応じて使い分けており、履き心地と耐久性を両立させた優れモノです。雨などで地面が濡れていても快適に歩けます。ただし、完全防水ではないのでご注意ください。

リーガル(REGAL) ビジネスシューズ JU13 AG

底部分にオリジナルラバースポンジソールを用いていて、柔らかい履き心地のプレーントゥシューズ。軽量性と屈曲性に優れたステッチダウンと呼ばれる製法が採用されています。これはウォーキングシューズやカジュアルシューズに用いられることが多い製法で、歩きやすいのが魅力です。控えめでほどよい光沢がおしゃれな雰囲気を演出しています。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
Uチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) アシュランス Uチップ

シャープなUラインがスマートな印象を与えてくれる革靴。国産の高級カーフを採用しています。靴幅は3Eです。底部分にはノンスリップレザーを用いており、革の高級感をキープしながら歩きやすさも併せ持っています。落ち着きと華やかさの両方を演出したい方におすすめです。

リーガル(REGAL) ビジネスシューズ 124R AL

スクエア型の木型を用いることでクールな印象に仕上がったUチップシューズ。艶やかなソフトレザーを素材に採用していて、大人の色気を演出できます。フォーマルなシーンで履く場合はブラックがよいですが、カジュアルなシーンで履く場合はブラウンを選んで足元に遊びを入れるのもよいでしょう。セミマッケイ製法とセメント製法の双方を取り入れた履き心地のよいアイテムです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ウイングチップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) スエード

起毛が美しいカーディフスエードレザーを採用したウイングチップシューズ。暖かみのあるフォルムなので、寒い季節のカジュアルコーデにおすすめです。底部分はグリップ性と屈曲性に優れたグリッパーソールが用いられています。

リーガル(REGAL) ウィングチップ 2589N(EE)

41JurMV5cBL

リーガルのウイングチップシューズ。同ブランドらしい無骨な雰囲気が出ているので、男らしさを演出したい方におすすめです。鏡面加工を施した牛革が採用されており、エレガントな光沢感があります。華やかなイメージのあるアイテムなので、堅いビジネスシーンで合わせるというよりもパーティーシーンに合わせる革靴としておすすめです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
モンクストラップの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) 革底ダブルモンクイン インペリアルII

モンクストラップシューズのルーツは、かつてモンクと呼ばれる修道士が履いていたストラップ式の靴にあります。スコッチグレインのこの革靴は、ストラップがふたつあるダブルモンクタイプのアイテムです。靴底には革とゴムを組み合わせたトップゴムレザーが採用されています。

かかと部分の中敷きに低反発スポンジを入れていて、クッション性が高いのも特長。フォーマルコーデに合わせればエレガントな雰囲気を演出できるおすすめの1足です。

リーガル(REGAL) ダブルモンク

リーガルのダブルモンクシューズ。靴底がゴムのため、地面をしっかりグリップしてくれて歩きやすいです。ダブルや3ピースのスーツと相性がよく、スリムなスラックスと合わせればおしゃれな大人の男性を演出できます。

モンクストラップは紐靴がないので着脱がラクです。そのため、靴を脱ぎ履きする機会が多い方にも適しています。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ペニーローファーの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) フレキシブル ペニーローファー 3511BL

甲部分の切れ込みにペニーと呼ばれる1セント硬貨が差し込めるようなデザインであることから、その名前が付いたとされるペニーローファー。スコッチグレインのフレキシブルはグッドイヤーウェルト製法で丁寧に作られた人気モデルです。

甲部分には、上質な素材感が魅力の国産カーフレザーが用いられています。繊細なステッチもポイントです。底部分にはノンスリップレザーが採用されていて、地面をしっかりホールドしてくれます。

リーガル(REGAL) ゴアテックス ペニーローファー 30NRBB

セメント製法で作られたリーガルのペニーローファー。甲部分にはマットな質感のソフトカウレザーが採用されています。ラウンド型の木型を用いたことで、全体的に丸みのあるフォルムに仕上がっているのが特徴です。

水滴より小さい無数の孔が開いているゴアテックス素材を採用。この素材は水を通しませんが水蒸気は通すので、水濡れから守りながら靴の中の蒸れを防いでくれます。

履き口の周りにはスポンジが装着されていて、歩いているときの足をしっかりサポート。底部分には加重を考慮した合成ゴム×スポンジ素材が使われているため、長時間の歩行でも疲れにくいです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
ウイングタッセルの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) フレキシブル ウィングタッセル 3510BL

甲部分に飾り穴があしらわれたスコッチグレインのウイングタッセルシューズ。国産カーフレザーを素材に採用しており、履けば履くほど足に馴染んでゆきます。甲部分に付けられる扇飾りが付属するのもポイントです。

リーガル(REGAL) ウイングタッセル JE03AH

グッドイヤーウェルト製法で作られたリーガルのウイングタッセルシューズ。ソフトな質感と落ち着いた光沢のある牛革を甲部分に採用しています。

3Eのゆったりした靴幅と、靴の形に沿うように施された飾り穴が特徴です。甲部分に付いているおしゃれな扇飾りがデザイン性を高めています。つま先にはメダリオン模様が施されており、エレガントな印象を与えてくれるアイテムです。底部分には合成ゴムを採用していて、地面をしっかりグリップして歩けます。

スコッチグレインとリーガルの商品比較
スワールトゥの比較

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) インペリアルII スワールトゥ 938BO

つま先の先端まで2本線が入ったデザインのスワールトゥシューズ。ツーシームと呼ばれることもあります。このインペリアルIIはスコッチグレインの人気定番モデルです。

グッドイヤーウェルト製法で作り上げられたシャープなシルエットと、先に向かって低くなっているつま先が特徴。“ヨーロピアン・ノーブル・カーフ”と呼ばれるフランスのレザーを甲部分に採用していて高級感があります。

リーガル(REGAL) スワールトゥ 318R BE

グッドイヤーウェルト製法が生み出す快適な履き心地が特長のスワールトゥシューズ。甲部分には艶感のある仕上げを施した高品質な牛革を採用しています。靴幅2Eのスリムなシルエットと、シャープな印象を引き立てる流線型デザインが特徴です。

インソールにはクッション性のある素材が用いられており、ヒール部分にも厚みのあるスポンジが入れられているので歩くときの衝撃を和らげてくれます。

ヒールが約35mmと少し高めなので、脚を長く見せてスタイルアップ効果が望めるのもポイント。フォーマルコーデがスタイリッシュにキマるおすすめアイテムです。