革靴を選ぶ際にポイントとなるのが快適な履き心地。そのためには卓越した技術を駆使した製品や繊細に作られているアイテムを見つけることが重要です。

日本の靴メーカーは高品質なアイテムを取り揃えていると認知されており、国内外から高い評価を得ています。そこで今回は、数あるブランドのなかでも人気のある「リーガル」と「スコッチグレイン」のおすすめ製品をご紹介。革靴選びで悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

リーガルの特徴

By: amazon.co.jp

リーガルは1902年に誕生した革靴ブランド。“靴を通して、お客さまに、足元から美と健康を提供する”という事業ビジョンのもと、バリエーション豊かな紳士靴を生産・販売しています。

リーガルの革靴の多くは甲部分と底部分を縫い合わせるグッドイヤーウェルト製法を採用。クッション材をたくさん入れられるため、長時間履いていても疲れにくいのが特徴です。防水性能のある素材を使った製品なども展開していて、数多くのラインナップから自分好みの1足を選べます。

スコッチグレインの特徴

By: scotchgrain-shop.com

スコッチグレインは1964年に創業した革靴ブランド。創業当時から、日本人になじむ木型作りとグッドイヤーウェルト製法に力を入れてきました。甲革の裁断から中底の加工、ヒールの貼り付けまで製造工程が細かく分けられており、それぞれに職人の手が行き届いています。

リーガルとスコッチグレインの違い

構造の違い

By: amazon.co.jp

リーガルとスコッチグレインはともにグッドイヤーウェルト製法を用いた質の高い革靴を展開していますが、内部の構造が大きく異なります。リーガルは革靴の内部にメッシュを採用しているのに対し、スコッチグレインは内部もすべて革なので耐久性が高いのが特徴です。

また、リーガルはクッション材にコルクを用いていますが、スコッチグレインはスポンジを使用しているため劣化を軽減してくれます。

サイズ感の違い

By: amazon.co.jp

リーガルとスコッチグレインは、どちらも日本人になじむサイズ感で展開されています。27.5cm以上のモノも用意されているので、足のサイズが大きい方でも安心です。リーガルの場合は23cm以下のスモールサイズもあります。

親指と小指の付け根をかこった足囲の大きさに関しては、リーガルもスコッチグレインもE・2E・3E・4Eの4段階が存在。このようにどちらもサイズ感については大きな違いがないので、デザインや機能面で自分好みのモノを選ぶのがおすすめです。

リーガルはコスパ重視の方におすすめ

By: zozo.jp

リーガルとスコッチグレインを価格面で比較すると、リーガルの方が比較的リーズナブルなので購入しやすいのが魅力です。また、リーガルの革靴はグッドイヤーウェルト製法のほか、甲部分と底部分を接着剤で貼り合わせるセメント製法を採用した安価な製品も展開されています。

この製法は雨に強いとされているので、高級感よりも実用性を重視した履き潰せる革靴を探している方に最適。用途やコーデに合わせて気軽に革靴を履き分けたい方にはリーガルの製品がおすすめです。

スコッチグレインは長く愛用したい方におすすめ

By: amazon.co.jp

スコッチグレインは、創業当時から数えると1万足におよぶ木型が用意されている本格ブランド。作り方に関しては、全ての革靴にグッドイヤーウェルト製法が採用されています。履けば履くほど自分の足に馴染んでいくのが魅力です。

また、甲部分と底部分を縫い合わせる製法を採用しているモノがあるので、劣化したら底部分だけを取り替えられます。修理がしやすいため、お気に入りの革靴を長く愛用したいという方におすすめです。

スコッチグレインとリーガルの商品比較

ストレートチップのおすすめモデル

総じてかっちりとした雰囲気を持つ革靴のなかでも、最もフォーマルとされるのが「ストレートチップ」。つま先部分にある、まっすぐな1本線の切り替えが特徴です。1本線のデザインはアイテムによりさまざまで、装飾が施されているモノもあります。

フォーマル度の高い冠婚葬祭用の革靴として選ぶなら、内羽根式で、かつブラックカラーのアイテムを選ぶのがおすすめ。社会人になってから活躍する機会が多く、1足は持っておきたいアイテムです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) アシュランス 3526

バランスの取れたスタンダードな型とデザインが魅力の人気アイテムです。採用されている革は、上品な光沢をもつ国産の「カーフ」。きちんとした革靴を1足持っておきたいと考えている方におすすめです。

靴底は、耐滑性に優れた「ノンスリップレザーソール」を採用。靴幅は3Eと余裕のある作りで、革靴の窮屈感が苦手な方でも履きやすいモデルです。フォーマルな服装にはもちろん、ビジネススタイルにも違和感なく合わせられます。

リーガル(REGAL) チゼルトゥストレートチップ 315R

エレガントな雰囲気をまとった、リーガルの人気モデルです。つま先は「チゼルトゥ」という形。チゼルとは工具の「のみ」のことで、やや四角張った形が特徴です。素材には、ガラス加工を施した「キップスキン」が採用されています。

約32mmと、高めに設計されたヒールも上品さを醸し出すポイント。スマートな外観に加え、「プラスクッションインソール」を採用することにより快適な履き心地も実現しています。冠婚葬祭でのスーツ姿を格上げしてくれるおすすめアイテムです。

プレーントゥのおすすめモデル

「プレーントゥ」は、つま先に飾りや切り替えがないシンプルな革靴。ストレートチップに比べるとややカジュアル寄りの服装にも馴染みやすく、汎用性の高さが魅力です。ビジネスシーンで好まれる革靴のひとつでもあり、どんなスーツにも合わせやすいため重宝します。

また、そのシンプルさゆえ、ブランドの靴作りへの姿勢やこだわりが最も見えやすいアイテムでもあります。しっかりと比較を行い、納得のいく1足を手に入れましょう。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) シャインオアレインⅢ 2724

天候を気にせずにガンガン履ける「シャインオアレイン」シリーズの革靴です。完全防水ではないものの、撥水性に優れたレザーを採用しているため、少し雨に降られても安心。外回りが多いビジネスマンにおすすめの仕様です。

靴幅は履きやすい3E。カジュアルな外羽根式なので、ビジネス以外に普段のキレイめファッションに合わせるのもおすすめです。合わせられる服装の幅が広いプレーントゥの革靴のなかでも、汎用性が高く重宝します。

リーガル(REGAL) プレーントゥ 2504NA

「リーガルの定番」と呼ばれるほど、多くのビジネスマンから支持され続ける逸品です。人気の理由のひとつは、飽きが来ずに長く愛用できること。履き続けることによって革が足に馴染み、手放せない1足へと進化します。

オーソドックスなデザインで、ビジネススタイルとの相性は抜群。毎日履けば、グッドイヤーウェルト製法ならではの疲れにくさをより実感できます。リーガルの革靴が初めてという方にもおすすめです。

Uチップのおすすめモデル

つま先の切り替えがU字型になっている「Uチップ」。汎用性が高い上に、表情が豊かで個性が出しやすい革靴です。きちんと感の強いストレートチップやプレーントゥに比べ、こなれた雰囲気のコーディネートを演出できます。

カジュアルな服装との相性がよく、普段のコーディネートの格上げ役としても優秀。スッキリとしたデザインを選べばビジネスシーンにも対応可能で、活躍の場が広がります。特に最近注目されているビジネスカジュアルスタイルに合わせる革靴としておすすめです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) ブローデンⅡ 249

「ボカルー」と呼ばれる高級皮革を採用した、スタイリッシュな1足。見た目の美しさだけでなく、履き始めから柔らかさを感じられ、快適に着用できる点も特徴です。靴底には、擦り減りにくい「トップゴムレザーソール」を採用しています。

3Eとゆとりのある足囲ながら、ロングノーズによってスマートな印象に仕上がっているのもポイント。足元をスッキリと、おしゃれに見せたいビジネスマンにもおすすめです。キレイめのジャケパンスタイルに合わせて、洗練されたコーディネートを楽しんでみてください。

リーガル(REGAL) スクエアトゥUチップ 124R

英国製の革靴を思わせる、スッキリとしたフォルムが特徴のアイテムです。スクエアトゥとUチップの組み合わせはきちんと感があり、ビジネスシーンにも馴染む1足に仕上がっています。質のよいインソールによる快適な履き心地も魅力です。

特筆すべきは、汎用性の高さ。スーツに合い、キレイめスタイルとも相性がよく、デニムにも馴染む優れモノです。オンオフ問わず使える革靴を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ウイングチップのおすすめモデル

「ウイングチップ」は、つま先の切り替えが翼のような形をしていることから付けられた名前。メダリオンやパーフォレーションなどの装飾が施された、華やかなアイテムが多いのも特徴です。

クラシックな雰囲気でおしゃれさをアピールできる革靴ですが、冠婚葬祭などフォーマルな場には不向き。ビジネススタイルに合わせるか、普段の着こなしに取り入れるのがおすすめです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) アシュランス 3525

人気シリーズ「アシュランス」のウイングチップモデル。細やかに施されたメダリオンとパーフォレーションが、エレガントな雰囲気を醸し出しています。また、3Eとは思えないスタイリッシュなフォルムも特徴です。

大人カジュアルに合わせれば、いつものコーディネートがグッと上品に。ここぞという時のおしゃれにも最適な1足です。スタンダードな革靴を既に持っている方は、よりおしゃれを楽しむための2足目としてぜひチェックしてみてください。

リーガル(REGAL) ウイングチップ 2589N

リーガルにおけるウイングチップの定番アイテム。革の美しい光沢と、繊細な装飾が魅力です。クラシカルな雰囲気ながら、シャープすぎないフォルムでカジュアルスタイルにもマッチします。

本格的なグッドイヤーウェルト製法を用いた革靴にも関わらず、リーズナブルでチャレンジしやすいのもポイント。デニムやチノパンなど、ややラフなイメージのボトムスにも合わせやすく、普段使いできるおしゃれな革靴として重宝します。

モンクストラップのおすすめモデル

修道僧が履いていた靴がルーツと言われる「モンクストラップ」。バックル付きのベルトで固定するのが特徴で、ベルトが1本のモノは「シングルモンク」、2本だと「ダブルモンク」と呼ばれます。紐靴ではありませんが、ビジネスシーンでも問題なく着用できるアイテムです。

紐付きの革靴と比べ、簡単に着脱できるのが魅力。オーソドックスな革靴に次ぐ2足目として取り入れれば、ビジネススタイルに新鮮さをプラスできます。ベルト部分のフォルムや金具の違いでガラリと雰囲気が変わるため、選ぶ際には注目してみてください。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) オデッサ 910

細身のボディとロングノーズで、とことんスタイリッシュさを追求したモデルです。ストラップは、ドレッシーな印象を際立てるダブルモンク。そして甲革にはキメ細やかで上質な革として知られる「カーフ」が採用されています。

大人っぽい表情を持つ本アイテムは、かっちりとしたスーツとも好相性。スタンダードな着こなしとは一線を画す、洗練されたスーツスタイルが完成します。ビジネスシーンで周りと差を付けたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

リーガル(REGAL) ストレートダブルモンク 636R

シャープなフォルムで、大人っぽく履きこなせるダブルモンク。ロングノーズとポインテッドトゥの細長いラインが、スーツの着こなしを一層スマートに演出してくれます。素材には丈夫な「キップスキン」を採用。タフさも兼ね備えた逸品です。

また、ソールの作りも注目ポイント。滑りにくく、耐久性にも優れているため、ビジネスシーンでヘビーローテションする1足としても最適です。

ペニーローファーのおすすめモデル

ローファーのなかでも、サドル部分に切り込みが入ったモノを「ペニーローファー」と呼びます。ペニーとは1セントコインのこと。切り込み部分にコインを挟めることから、この名前が付いたと言われています。

革靴ながら、気軽に履けるのがペニーローファーの最大の魅力。カジュアルスタイルにキレイめ要素をプラスする1足として重宝します。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) フレキシブル 3511

上質なカーフレザーの質感を活かした、シンプルデザインのペニーローファー。根強い人気を誇るロングセラーモデルです。オーソドックスなデザインだからこそ流行に左右されることなく、長く愛用できます。

タッセルが付属しているのもおすすめポイント。タッセルを付けることで雰囲気がガラリと変わるため、2通りの表情を楽しめます。その日のスタイルに合わせて、使い方を変えられるおすすめアイテムです。

リーガル(REGAL) ローファー 2177

幅広い年代から愛され続けている、リーガルの定番ペニーローファー。一見するとシンプルなデザインですが、絶妙なサドルのカットや細やかなディテールには、ブランドのこだわりが感じられます。

サドルの作りは「ビーフロール」と呼ばれる仕様。サイドが糸で巻かれたような形になっているのが特徴で、カジュアルな印象が増します。大人カジュアルの足元をスッキリと仕上げてくれるおすすめアイテムです。

ウイングタッセルのおすすめモデル

「ウイングタッセル」のつま先部分は、先にご紹介した「ウイングチップ」と同じ作り。ただし紐靴ではなく、タッセルが付いたローファータイプの革靴です。

ローファーの履きやすさと、ウイングチップの華やかさを合わせたようなアイテムで、おしゃれな男性から根強い人気を集めています。コーディネートにトラッドな雰囲気をプラスしたい時にもぴったりのアイテムです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) フレキシブル 3510

スッキリとしたフォルムと、つま先部分の華やかな装飾のバランスが絶妙な1足。タッセルは取り外しが可能で、よりシンプルな使い方ができるのがポイント。

また、メダリオンがエレガントな雰囲気を醸し出すので、紐なし靴ながら大人っぽく履きこなすことが可能。普段のキレイめスタイルに投入すれば、新鮮さがプラスできます。シンプルなローファーは子供っぽく見えてしまいそう、と心配な方にもおすすめです。

リーガル(REGAL) ウイングタッセル JE03

大人のメンズコーディネートの足元を飾る、おしゃれな人気モデル。繊細なメダリオンと存在感のあるタッセルが、ワンランク上のスタイリングを可能にしてくれます。

特にトラッドスタイルとの相性は良好。キレイめなデザインとは裏腹に、リーガルの革靴らしい耐久性も兼ね備えているためガシガシ履けます。革靴のバリエーションを増やしたいと考えている方は、頼りになる2足目としてぜひ検討してみてください。

スワールトゥのおすすめモデル

「スワールトゥ」とは、縦に2本のステッチラインが入ったデザインの革靴。「ツーシーム」や「流れモカ」と呼ばれることもあります。ステッチ使いはブランドのカラーが色濃く出る部分で、注目したいポイントです。

スワールトゥのアイテムにはロングノーズのモノが多く、細身のボトムスと好相性。スーツはもちろん、ジャケパンスタイルの足元に取り入れても映えるアイテムです。

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN) リベロ 7970

グリップ感のあるソールが特徴的な「リベロ」シリーズのスワールトゥモデルです。スッと伸びるロングノーズは、コーディネートにシャープな印象をプラスしてくれます。インパクトのあるフォルムで、スーツスタイルがマンネリ化してしまっている方にもおすすめです。

つま先部分が特に目を引くデザインなので、ビジネスシーンで印象よく履きこなすためにはメンテナンスが欠かせません。定期的にお手入れを行い、つま先のキレイなラインを楽しみながら履いてみてください。

リーガル(REGAL) ビークトゥスワールトゥ 03AR

鳥のくちばしのような、個性的な形をした「ビークトゥ」が目を引く1足。つま先からかかとまでどの角度から見ても美しく、リーガルならではのステッチ使いなど、ディテールへのこだわりもおしゃれ心をくすぐります。

ソールには耐久性・耐摩耗性・耐滑性に優れた「ハイブリッドラバーⅢ」を採用することで、実用面も申し分ないアイテムに。靴の擦り減りが気になる、外回りなどのビジネスシーンにも重宝します。デザイン、機能性共に妥協したくない方にもおすすめの逸品です。