大切な革靴を雨や雪などから守りたい時に役立つ「防水スプレー」。活用すると革靴を汚れにくくする効果が期待できる一方、過剰に吹きつけると素材にダメージを与えてしまう可能性も場合もあるので、使い方には注意が必要です。

そこで今回はおすすめの防水スプレーをご紹介。ひとつ持っていれば十分なので、ぜひベストバイアイテムを見つけてみてください。

革靴に防水スプレーって必要なの?

By: amazon.co.jp

防水スプレーは、雨の日に靴の中が水浸しになる不快感を軽減することができ、ホコリなどのちょっとした汚れが付きづらくなる効果も持ち合わせています。

逆に、使い方や合わないモノを選ぶと革靴にダメージを与えてしまう場合があるので注意が必要。なので、自分が持っている革靴の種類や、どの程度の防水がしたいかなど目的を定めた上で選ぶことが重要です。

防水スプレーの違い

By: amazon.co.jp

防水スプレーと撥水スプレー

「防水スプレー」と「撥水スプレー」、どちらも似たようなモノだと思われがちですが、それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。

撥水スプレーは水を弾く効果がありますが、水を完全に防げるわけではありません。防水スプレーと比較して生地に与える通気性はよいのですが、水に浸かるなどした際には水が染み込んでしまいます。

逆に防水スプレーは、中に水を通しません。撥水スプレーと比較すると通気性に弱点があり、水と同じく空気も通さなくするのでムレやすくなってしまうというデメリットがあります。

シリコン系とフッ素系

防水スプレーには、大きく分けて「シリコン系」と「フッ素系」の2種類に分けられます。

シリコン系は、生地の表面にしっかりと膜を張るため高い防水性と持続力を持ちますが、通気性が悪くなり蒸れやすいです。革の劣化の原因になることもあります。基本的には、傘やレインコート、レインブーツなどに向いています。

フッ素系は、表面の繊維を細かくコーティングして水や油などの汚れを防ぎます。シリコン系と比較すると防水性と持続性は多少劣りますが、通気性も確保できるのでシミになりにくく、基本的に幅広いモノに使えます。

防水スプレーをする際の注意点

By: rakuten.co.jp

自分の体を守るために

フッ素系の防水スプレーは、分子レベルで見るとトゲ状のものが存在。そのトゲを吸い込んでしまうと体にあまりよくないとされています。なので、革靴に防水スプレーを吹きかける際には、吸い込まないようにして、屋内ではなく屋外で振りかけるようにしましょう。

防水スプレーをかける前に

革靴の表面に汚れやホコリが付着した状態で防水スプレーを振りかけてしまうと、汚れやホコリの上に膜を張ってしまいます。そうなってしまうと、その際に付着していた汚れやホコリを取りづらくなり、それが積み重なると革にも悪影響を与えてしまいます。

防水スプレーを振りかける前に、ブラッシングや布で乾拭きしたり、お手入れで汚れをしっかりと落とした後に使用するようにしましょう。

ガラスレザー・エナメルに注意

革靴のなかでも、「ガラスレザー」や「エナメル」といった強い光沢・艶のある素材に防水スプレーをかけると、曇ってしまう可能性があります。なので、目立ちにくい部分に軽く防水スプレーをかけてみて、一度様子を伺ってから使用すると安心です。

かけ過ぎないようにする

防水スプレーをかけすぎてしまうと、白くなってしまったり、ムラや色落ちの原因になる場合があります。使用説明書をよく読み、基本的には薄くかけることを意識して、革靴から30cm以上放し、全体にかかるようにスプレーしましょう。

防水スプレーのおすすめ

コロンブス(columbus) アメダス 2000 防水スプレー 420ml AM420

フッ素系の防水スプレーで、雨・油から革靴を守り、通気性もよく革靴にシミが出来にくいのが特徴です。また、効果の持続性が高いのも魅力。合成皮革、スウェードなどの起毛素材やヌバックなどの天然皮革まで幅広く使用できる汎用性のあるアイテムです。

多くの靴屋やセレクトショップでも取り扱われているので、手に入りやすさにおいてもおすすめポイントです。

コロニル(Collonil) 防水スプレー ウォーターストップ 400ml

老舗レザーケアブランド「コロニル」。環境先進国と呼ばれるドイツのブランドらしく、「皮革に優しい・人体に優しい・環境に優しい」をコンセプトにした製品をラインナップしています。

本製品は、スプレーした際に皮革の表面を覆わずに素早く浸透させる「フッ化炭素樹脂配合」の防水スプレーです。通気性が確保されるため、シミになりにくく、防水スプレーの影響による革の劣化を軽減してくれます。先述した「人体に優しい」とはいえ、吸い込んでよいものではありませんので注意しましょう。

スコッチガード(SCOTCH GARD) 防水・防汚スプレー 革靴専用 170ml

「スコッチガード」は革靴に特化した防水・防汚スプレーです。フ防水効果はもちろん優れていますが、油分に対する防汚効果もあり、ちょっとした汚れからも革靴を守ることが可能。また、ミネラルオイル配合で保革効果もあります。

価格も比較的リーズナブルなので、気軽に買えるのもうれしいポイントです。なお、起毛革、エナメル、布などの素材には使用ができません。

エム・モゥブレィ(M.MOWBRAY) プロテクターアルファ 220ml 2090

レザーオイルなどの革靴用ケア用品にも定評がある「エム・モゥブレィ」の防水スプレーです。この防水スプレーの特徴は、幅広い種類の製品に対して使用できるところです。

起毛素材系の革にはもちろん、キャンバス素材、ナイロン、合成皮革や撥水加工済みレザー、ゴアテックス素材などオールマイティに対応します。環境に優しいフッ素成分でできているので、ズボンの裾などに使用することも可能。

ヴィオラ(VIOLA) 防水スプレー300ml

炭酸ガスを採用しているため、寒い時期でも安定した噴射ができるのが特徴。空気をそのまま通せるフッ素系の防水スプレーのため、ムレの心配もありません。

レザーやスエードなどの起毛素材、ヌメ革、布地にも使えるので、スニーカーなど革靴以外にも対応できます。1本持っておくと重宝できるのでおすすめです。