1908年の創業以来、メイド・イン・フランスを貫く「パラブーツ」。ノルヴェージャン製法を用いた革靴が有名です。しかし、さまざまなモデルを販売しているので、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パラブーツのおすすめアイテムをピックアップしました。おすすめコーデもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

パラブーツ(Paraboot)とは?

By: amazon.co.jp

パラブーツは、100年以上続くフランスの靴メーカーです。自社製のラバーソール革靴は人気があり、多くの方から支持されています。

パラブーツという名前は、ラバーソールに使用する天然テラックスを輸入する港「Para」と創業者がアメリカで発見し着想を得た「ブーツ」を組み合わせたモノです。現在も履き心地がよく、長く愛用できる製品を作っています。

パラブーツの特徴

機能性に優れた「ラバーソール」

By: amazon.co.jp

創業者レミー・リチャードは、1926年に訪れたアメリカで、流通していたラバーブーツに注目。ラテックス素材とノウハウを、フランスに持ち帰りました。

木製・革製ソールとは異なり、ラバーソールは履き心地がよく防水性にも優れていたため、以降すべてのワークブーツで採用されました。パラブーツではラバーソールを自社製造しており、同社のシンボルとなっています。

手間暇を惜しまない伝統の「ノルヴェージャン製法」

By: amazon.co.jp

ノルヴェージャン製法とは、登山靴など強度を要する靴の製造に適した手法です。パラブーツは、伝統あるノルヴェージャン製法において、世界をリードしています。

頑丈かつしなやかで耐水性に優れたノルヴェージャン製法の革靴は、多くの方に使用されてきました。また、ソールの張り替えも可能で、長く愛用できるのもポイント。現在では、フォーマルなタウンユースとしても人気です。

オイル含有率が高く雨に強い「リスレザー」

By: amazon.co.jp

「シャンボード」など、パラブーツでは人気モデルにもリスレザーを採用しています。「Lisse」とはフランス語で「なめらかな」という意味。オイルの含有率が高く光沢があるのが特徴です。

雨に強く、頑丈で劣化が少ないのも魅力。悪天候や気温差に強いため、雨の日でも革靴を履きたい方におすすめの素材です。

パラブーツのおすすめモデル

パラブーツ(Paraboot) ミカエル

パラブーツ創業者の孫の誕生を祝って1945年に登場したパラブーツの革靴です。パラブーツを代表するモデルであり、チロリアンシューズを洗練させた名作として、高い人気を有しています。

チロリアンシューズは、山岳・民族的要素の強いハードなモノが主流。ミカエルは、ハードな部分を排除したことで普段着にも合わせやすく、デイリーユースにも適しています。伝統的なスタイルで親しまれているベストセラーモデルです。

パラブーツ(Paraboot) コロー

パラブーツを代表するモカシンローファーです。デッキシューズを原型に作られているのが特徴。過酷な環境にも耐えうる丈夫さがありつつも、ブレイク製法で作られており、軽快さと屈曲性を兼ね備えています。

ソールには「MARINE SOLE」を採用しているのもポイント。⽔に濡れたデッキでも滑らないように⼯夫が施されています。比較的リーズナブルな価格も魅力。上品な見た目でオールソール交換も可能な、おすすめのローファーです。

パラブーツ(Paraboot) シャンボード

アッパー部分の切り替えにU型のチップを使用したシャンボード。ぽってりとした丸みのあるUチップはフランス靴の象徴ともいえ、パラブーツの定番モデルです。足の甲を包む天井部分をつまんで縫う拝みモカ製法で作られています。

ソールにはオリジナルのラバーソールである「TEX SOLE」を使用。濡れた路面でも滑りづらく、クッション性・耐久性が高いのが特徴です。品のあるデザインもポイント。カジュアルからジャケットスタイルまで、さまざまなコーデに組み込みやすいおすすめのアイテムです。

パラブーツ(Paraboot) バース

フランス海軍の潜水艦部隊で採用されていたデッキシューズをベースに作られたアイテムです。耐久性に優れているのが特徴。ブレイク製法を採用しており、軽快さと優れた屈曲性を備えています。

ソールは、水に濡れたデッキでも滑らない工夫が施された「MARINE SOLE」を採用。オールソール交換も可能で、長く愛用できるおすすめのデッキシューズです。

パラブーツ(Paraboot) アヴィニョン

乗せモカで作られたおすすめのUチップシューズです。甲が低くノーズが長くすっきりとしたデザインが特徴。きちんとした印象です。

オンオフ問わず活躍するモデルで、仕事用シューズとしてもおすすめ。ノルヴェージャン製法で作られているほか、ソールはラバー製の「GRIFF ll SOLE」を採用しています。縦横に配置されたギザギザのパターンがグリップ力を高めており、濡れた路面も歩きやすいおすすめのアイテムです。

パラブーツ(Paraboot) アドニス

やや丸みがあるドレスラインのローファーです。細身で洗練されたイメージのグッドイヤー製法を採用しているのが特徴。きめ細かく上質なフランス産カーフレザーを使っており、上品な印象のアイテムです。

ソールは、すっきりとした見た目のラバーソールを採用。土踏まず部分を薄く仕上げることで、返りのよさを高めています。カジュアルからジャケパンスタイルまで、さまざまなコーデに溶け込むおすすめのローファーです。

パラブーツ(Paraboot) シャンボード ピービージージー

パラブーツでも代表作のシャンボードを、あえてグッドイヤー製法で底付したアイテムです。本体には艶のあるカーフレザーを採用しているのが特徴。また、ブランドタグも排除することで、スッキリと仕上げています。

ソールは、すっきりとした印象の「ACTIV SOLE」を採用。底面に刻まれた溝がしっかりとしたグリップ力を発揮します。よりドレッシーな見た目のシューズを求めている方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) ランス

定番チロリアンシューズ、ミカエルをローファー仕様に仕上げたアイテムです。アメリカンテイストながら、フランスらしさも感じさせるのが特徴。強靭に縫い上げるため、手作業で仕上げているのも魅力です。

ソールは、厚みのある「MARCHE ll SOLE」を採用しているのもポイント。踵が脱げないように履き口を深くし、角度にも配慮しています。ヘビーなテイストのローファーを探している方におすすめのアイテムです。

パラブーツ(Paraboot) ウィリアム

靴ひもの代わりにモンクストラップを配したパラブーツのアイテムです。アッパーには、豊かなシボが美しいレザーを使用しています。また、ダブルモンクストラップはクラシカルでエレガントな印象です。

上品さは保ちつつ、パラブーツ独特の丸みのあるフォルムのほか、ボリュームのある「MARCHE ll SOLE」を採用しているのがポイント。カジュアルコーデにも合うシューズに仕上げています。流行に左右されないおすすめのモデルです。

パラブーツ(Paraboot) アルル

5つのアイレットにシューレースがコンパクトにまとめられている、シンプルなトゥーシューズです。つるんとしたプレーンなアッパーは着用シーンを選ばず、使いやすいのが特徴。ソールは凹凸の少ない「GRIFF ll SOLE」を使用しています。

カジュアルになり過ぎず、すっきりとしたデザインも魅力。ノルヴェージャン製法を採用しており、ボリュームがあります。時代に左右されにくい、普遍的なデザインで長く愛用できる革靴を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パラブーツ(Paraboot) ポー

2016年に誕生したドレスシューズです。踵から土踏まずにかけてややシェイプがかかっており、ノーズが長いのが特徴。洗練された印象を与えます。

履き心地はややゆったりめ。ステッチはアッパーと同じトーンのカラーを採用しています。また、バックルをシルバーにすることですっきりと仕上げているのも魅力。ビジネスシーンでも履けるダブルモンクストラップシューズです。

パラブーツ(Paraboot) コロー レイド

パラブーツを代表するモカシンコインローファーの厚底タイプです。デッキシューズをベースとしているので、素足でも履けると謳われているのが特徴。また、耐水性が高いのも魅力です。

少しボリュームのある「RAID SOLE」を採用しており、レザーシューズの佇まいを残しつつ、スポーティさを兼ね備えています。サッと履けるスリッポンタイプの革靴を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パラブーツ(Paraboot) シャンフォート

ややドレッシーなブーツタイプモデルです。シャープで長さがあるノーズ部分が特徴。履き口はほどよくゆとりがあり、バランスのよいシルエットなのも魅力です。また、ノルヴェージャン製法を採用しており、頑丈かつしなやかな履き心地を味わえます。

ソール部分は薄めな「GALAXY SOLE」を採用。カジュアルコーデからジャケパンスタイルまで、幅広く合わせられます。サイドゴアのショートブーツなので脱ぎ履きがしやすく、使い勝手のよいおすすめのブーツです。

パラブーツ(Paraboot) アヴォリアーズ

ボリューム感が特徴のハイカットシューズ。登山ブランドであるガリビエのシューズを復刻したモデルです。

パラブーツの定番アイテムの木型を採用しているのが特徴。トレッキングブーツながら細身でシャープなので、アウトドアだけではなくタウンユースにも適しています。

ラバーソールは、登山靴の定番ソールをベースに街歩きをしやすいよう屈曲性を高めたモノを採用。登山靴のデザインが好きな方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) パシフィック

レザーが編み込まれたデザインが印象的なグルカサンダル。サンダルながらつま先と踵を革でくるむ構造で、上品な大人のカジュアルスタイルに合わせるのがおすすめです。また、踵には芯材を使い、しっかりと足を固定させているのがポイント。スニーカーのような安心感のある履き心地も魅力です。

スニーカーやコンフォートシューズにも使用されるソールである「SPORTS SOLE」を採用。クッション性や屈曲性が高いのも特徴です。長く愛用できるサンダルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パラブーツを使ったおすすめコーデ

カジュアルコーデをパラブーツで上品に

By: wear.jp

カジュアルなアイテムをシックにまとめるためにパラブーツを使っているコーデです。アディダスのスリーストライプとニューヨークヤンキースのロゴが入ったキャップは、スポーティーな印象。デニムのオーバーオールもカジュアルです。

足元に、革本来の風合いと光沢が美しいブラウンのパラブーツローファーを投入することで、きちんと感を演出しています。

セットアップと同系色のパラブーツで全身にまとまりを

By: wear.jp

ゆったりとした抜け感のあるブラウンのセットアップに軽やかなボーダートップスを合わせ、足元にトーン暗めのパラブーツを配置したコーデです。しっかりとシューレースのある暗色のドレスシューズを足元に持ってくることで、全体を引き締めています。

メランジ調でルーズなジャケットやパンツと合わせているのもおしゃれ。かっちりしすぎない、大人コーデに挑戦したい方におすすめです。

カジュアルなマリンルックに上品さを合わせて

By: wear.jp

夏らしいスタイリングにパラブーツを合わせたコーデ。ハットにスカーフ、細めのボーダートップスというマリン調のルックにベーシックなパラブーツを合わせているのが魅力です。ベージュのチノパンも爽やかな印象。ボディバッグとベルト、シューズをブラックで揃えているため統一感があります。

カジュアルながらどこかレトロな雰囲気に仕上げたいときに、おすすめのコーデです。

重くなりがちな暗色コーデにグルカサンダルで軽さをプラス

By: wear.jp

シンプルなプチプラアイテムにパラブーツのサンダルを投入したコーデです。ブルーグリーンのTシャツにブラックのトップス・ボトムス・シューズと全体的に暗めのカラーで統一。衣服のさらりとした質感とグルカサンダルのざっくりとした編み目が、コーデ全体を軽やかな印象に引き上げています。

また、レザーならではの上質感があるパラブーツを合わせることで、いつものアイテムを大人カジュアルにランクアップさせているのもポイント。キメ過ぎない上質さを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

パラブーツの売れ筋ランキングをチェック

パラブーツのランキングをチェックしたい方はこちら。