足元を上品に飾る「革靴」。スーツやフォーマルなファッションに合わせることの多いアイテムですが、カジュアルスタイルに使えるモノも豊富に揃っています。

そこで今回は、メンズカジュアルスタイルにも合わせやすい革靴のおすすめブランドをご紹介。選び方やコーディネート、お手入れ方法についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ製品を見る

革靴の種類

革靴の種類は主に、「ストレートチップ」「Uチップ」「ウイングチップ」「モンクストラップ」「ローファー」「デッキシューズ」の6種類に分けられます。

「ストレートチップ」は、つま先に横一線の切り替えが入った革靴のこと。「Uチップ」は、足の甲をUラインで切り替えた、ボリューム感と厚みのある革靴です。

「ウイングチップ」はつま先の切り替えに飾り穴を使用し、羽根のようなW字型になっているのが特徴。「モンクストラップ」は紐ではなくバックルで留めるタイプの革靴で、着脱が簡単です。

「ローファー」は主に学生が履いている革靴。スリッポン型で靴紐がなく、着脱しやすいのがポイントです。「デッキシューズ」はもともと船などの甲板で滑らないように作られた靴。ラバーソールに切り込みが入っているタイプです。

革靴の種類についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

カジュアルな革靴の選び方

革靴の魅力を生かすには、ボトムスやトップスとの相性を考えることが大切です。また、足先だけが浮いてしまわないように、シンプルなデザインの革靴を選ぶのがおすすめ。また、カラーは定番のブラックや落ち着きのあるブラウンを選ぶと、全体がすっきりとまとまります。

個性が強いカジュアルスタイルに変わったデザインの革靴を合わせると、頭から足先まで主張が強く、まとまったコーディネートになりにくいもの。アウターやボトムスに個性を出したい場合、足元はすっきりシンプルにキメた方が、こなれ感を演出できます。

カジュアルに履けるおすすめ革靴メンズブランド

ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドイツ軍に属するクラウス・マーチン医師によって創業された、イギリスのシューズブランド。軍用ブーツによる足への負担を軽減したい思いから、柔らかい革とエアーが充満されたブーツを開発したことが始まりです。

ドクターマーチンの製品は、リーズナブルな価格と頑丈な構造が特徴。さまざまな層から幅広く愛されており、世界中で履き続けられている人気ブランドです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 3ホールシューズ

1961年4月1日の発売から、ドクターマーチンのアイコン的存在として愛され続けている革靴。「1461」というモデル名は、誕生した日付から命名されたことも有名です。

レザーアッパーのスムースな質感と、同社らしい黄色のステッチが特徴。丸みのあるトゥや3ホールなど、カジュアルな要素も魅力です。また、クッション性の高いAirWairソールにより、履き心地のよさを備えています。

当初は労働者階級の革靴として発売されていましたが、現在ではセレブやアーティストなども着用している定番モデル。時代や流行に左右されにくいため、1足持っていると長年愛用できます。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 2976 サイドゴアブーツ

シャープさやカジュアルさを兼ね備えたフォルムと、黄色のステッチが印象的な革靴。サイドがゴムのため履きやすく、カジュアルスタイルに合わせやすいのが特徴です。

マットな牛革を使用したアッパーは、堅苦しすぎない雰囲気を演出。スタイリッシュなデザインで、スキニーパンツなど細身のパンツとの相性も良好です。

ソールはクッション性に優れており、地面を跳ね返すような感覚が味わえるのも魅力。また、アウトソールの茶色がさりげないアクセントになっています。

オールデン(ALDEN)

オールデンは、1884年にアメリカ・マサチューセッツ州で創立されたシューズブランド。上質な素材と高度な技術で丁寧に作られており、高品質な革靴として有名です。

また、世界の革靴好きから憧れられるブランドでもあります。同社の革靴は高価格なモデルがほとんどですが、履き続けるほど足になじむため、長年愛用できるのが魅力です。

オールデン(ALDEN) 1339

高級素材の「コードバンレザー」を贅沢に使用した革靴です。上品さを感じる絶妙な光沢感と、カジュアルシーンでもビジネスシーンでも使用しやすいデザインが魅力。農耕用馬の皮革を使用したコードバンは、履き込むことで独自のシワや味が出てくるため、経年変化を楽しめるのもポイントです。

また、本製品は、約30年使用され続ける「バリーラスト」という木型を用いて作られています。クラシックなフォルムの美しさで、トレンドを問わず愛され続けている革靴です。

オールデン(ALDEN) 561

カーフレザーを使用した、ローファータイプの革靴。カジュアル感を演出するタッセルが備わっており、普段のコーディネートに遊び心を加えられます。

生後6ヶ月以内の子牛から取れるカーフレザーは、キメの細かさと柔らかさが特徴。品のよい光沢感と、ブラウンカラーがマッチしています。

また、「グッドイヤーウェルト製法」によって丁寧に作られているため、履き心地も良好。ビジネスシーンにも対応できる、大人の男性におすすめのローファーです。

チャーチ(CHURCH’S)

靴作りの町として有名なイギリス・ノーサンプトンで創業されたブランドです。現在でもノーサンプトンの工場で、250におよぶ工程を経て製造されています。

英国靴のスタンダードな製造方法である「グッドイヤーウェルト製法」を採用し、正統派の英国靴として地位を確立。世界中のセレブやハリウッドスターが愛用していることでも知られ、熱心なファンも多く存在します。

チャーチ(CHURCH’S) プレーントゥシューズ シャノン

丸みを帯びたトゥのカジュアルさとレザーの上品さを兼ね備えた、チャーチを代表する革靴。ひとつずつ、熟練の職人によって製造されています。

アッパーには、チャーチが独自開発した「ポリッシュドバインダーカーフ」を採用。カーフレザーの表面に特殊な樹脂加工が施すことで光沢感を増し、上品なツヤ感を演出しています。また、傷や汚れが付きにくいことも特徴のひとつです。

グッドイヤーウェルト製法による履き心地のよさや、履き込むことで味わいを増す経年変化など、高級革靴の魅力が詰まっています。

チャーチ(CHURCH’S) ペンブレイ

完成されたフォルムの美しさと上質なレザーにより、高級感を醸し出す革靴。カジュアルなローファータイプで、休日のコーディネートにもぴったりです。

フォルムの特徴は少しだけ盛り上がったトゥと、長めのノーズ。普遍的な美しさやクラシックな雰囲気のなかに、程よいカジュアルさを感じられます。また、ステッチの美しさなど、ディテールにもこだわった1足です。

さらに、「アウトサイドクォーター製法」により、かかとが補強されているのもポイント。一般的なカジュアルローファーとは異なる、独特の風格と上品さが魅力です。

コールハーン(Cole Haan)

1928年に創業し、ニューヨークを本拠地としているシューズブランド。創業当初は革靴だけを扱っていましたが、現在では総合的なファッションブランドとして愛されています。

コールハーンの革靴は、洗練されたデザインが魅力。また、高い機能性を備えたアイテムも多くラインナップされています。

コールハーン(Cole Haan) ゼログランド ウィング オックスフォード

デザイン性と機能性を兼ね備えた革靴。長距離ランナーのために開発された「ゼログランド」と呼ばれる機能を搭載しています。革靴らしい見た目ながら、スニーカーのような履き心地を楽しめるのが特徴。深い溝が施されたソールは、軽量で屈曲性に優れています。

また、ドレスシューズらしいアッパーのデザインと牛革の質感で、カジュアルコーデに上品さをプラスできるのも魅力。アッパーとソールで印象が異なりますが、全てを黒で統一しているため、スタイリングしやすいアイテムです。

コールハーン(Cole Haan) ワシントン グランド レーザー ウィング オックスフォード

クラシックなフォルムと、コールハーン独自の機能性「グランド.OS エナジーフォーム」が特徴の革靴です。見た目からは想像しにくい軽量性やクッション性、通気性の高さで、快適な履き心地を叶えます。

トゥにかけてのグラデーションや、甲からサイドにかけてのパンチングなど、デザイン性に優れているのもポイント。カジュアルやビジネスなど、さまざまなシーンにおすすめの革靴です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

インドネシア出身のルディ・スパーマンが、靴の聖地イギリスで修行した後、2003年に立ち上げたシューズブランドです。

アウトソール以外を職人が縫う「ハンドソーンウェルテッド製法」を採用。時間と労力や、高い技術が必要な製法により、良好な履き心地を実現しています。また、コストパフォーマンスの高さも人気の理由です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) ストレートチップシューズ 98321

スマートでシンプルなデザインの革靴。ストレートチップを採用することにより、トゥにカジュアルさとスタイリッシュさを加えています。

アッパーには、トップグレードカーフを使用。派手すぎない、落ち着いたツヤ感が魅力です。また、ソールには、グリップ性・耐久性・耐水性に優れた「ダイナイトソール」を採用しています。

ハンドウェルテッド・グットイヤー製法を採用した、独特のフィット感と耐久性も魅力。高品質ながら、比較的安価なのも嬉しいポイントです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) ダブルモンクストラップシューズ 98374

上質なレザーを使用したアッパーと、ダブルモンクストラップの存在感がおしゃれな革靴。ブラウンのレザーを使用しているので、ドレッシーすぎずカジュアルに使えるアイテムです。

素材には、高品質なフランス「デュプイ社」のカーフレザーを使用。上質な光沢感が魅力です。また、アウトソールにも本革を使用しているため、通気性や吸湿性にも優れています。履き心地がよく、カジュアルシーンのコーディネートをキレイにまとめられる革靴です。

ディメッラ(DI MELLA)

乗馬用のオーダーシューズ作りから始まったディメッラは、1882年にイタリアのナポリで創立されました。代々親から子へと事業を伝承している、イタリアの老舗シューズブランドです。現在も流行に流されることなく、丁寧で美しい革靴を作り続けています。

また、創業当初の技術を継承しつつ新しい製法を取り入れる、斬新なスタイルも特徴。高品質ながら、コストパフォーマンスに優れた製品が多くラインナップされています。

ディメッラ(DI MELLA) コインローファー 635

ディメッラの定番とされるコインローファー。シャープで美しいフォルムとスエード素材を組み合わせた、落ち着いた印象のアッパーが魅力的です。

程よい鋭さのトゥを採用しており、カジュアルになりすぎないのもポイント。また、スエード素材のあたたかい質感により、品のよさが加わっています。

素材には、高級レザーソール「ロイヤル」を使用。反り返りがよく、長時間歩いても疲れにくいのが特徴です。デニムスタイルやチノパンスタイルに合わせるだけで、こなれ感のあるコーディネートを楽しめます。

グレンソン(Grenson)

多くの革靴メーカーが採用しているグッドイヤーウェルト製法を、世界で初めて本格的に取り入れたとされるグレンソン。創業は1866年で、歴史と伝統のあるシューズブランドです。

1足の靴に200以上の工程と、8週間の時間をかけて生産するスタイルを、創業から現在まで守り続けています。あえて流行を取り入れず、クオリティの向上に努める姿勢が、靴好きから愛される理由です。

グレンソン(Grenson) アーチー V 110007

ブローグが散りばめられたドレッシーなアッパーと、厚底のアウトソールが印象的な革靴。スタイリッシュなアッパーと白いアウトソールの相性がよく、キレイめカジュアルを好む方にもおすすめです。

アッパーには、キメ細かく柔らかいカーフレザーを使用。上品な印象ながら、ベージュのカラーによりカジュアルさを感じさせるデザインです。

クラークス(Clarks)

1825年にイギリスで創立された、老舗シューズブランド。日本でも広く知られており、世界中の革靴好きから愛されています。

イギリスの伝統工芸とユニークなデザインが合わさった、独自製品を多く展開しているのが特徴。上質な革を採用した同社の「デザートブーツ」が1950年にアメリカでヒットしたことで、一気に知名度が高まりました。

クラークス(Clarks) ワラビー

1966年の発売以来、クラークスの定番として世界中で愛され続ける革靴。足全体を包み込むような形状とやさしい履き心地から、カンガルーの一種である「ワラビー」と命名されました。

丸みのあるフォルムが特徴で、足元に程よいボリュームとカジュアルさをプラスします。さまざまなスタイルに合わせやすいデザインで、流行や年齢に関係なく履き続けられるのが魅力です。

柔軟性とクッション性に優れたクレープソールもポイント。長時間の歩行でも、足が疲れにくい設計です。また、ソールが独特な見た目をしており、デザインのアクセントになっています。

クラークス(Clarks) デザートトレック

真ん中に入ったセンターシームと独特のフォルムが特徴的な、クラークスのロングセラー革靴。カジュアルさのなかに程よいスタイリッシュさを備えたデザインで、さまざまなコーディネートにマッチします。

アッパーには本革のスエード素材を使用。履き込むことで足になじむのが魅力です。また、かかと部分にパッチが施されており、上品なアクセントを加えています。

センターシームが独特の形状で、足を包み込むような履き心地もポイント。クレープソールのクッション性と、地面をつかむような歩きやすさも人気の理由です。

デュカルス(DOUCAL’S)

1972年、イタリア・マルケ州で創業された紳士靴ブランド。高いクオリティを維持するために、革の裁断から仕上げまでの全製造工程を自社で管理しています。

「マッケイ製法」で作られており、足への負担が少なくやさしい履き心地も特徴のひとつ。クラシックなスタイルをベースにしながら、トレンドを上手く取り入れたスタイルが支持を得ています。同社の製品は、イタリアブランドらしいシンプルかつ上品なデザインで、ファッション好きの男性からも人気です。

デュカルス(DOUCAL’S) プレーントゥ カーフ DU2163

シャープすぎずカジュアルすぎないフォルムの美しさと、上品なバーガンディカラーが印象的な革靴です。コバ部分がダブルステッチなのも特徴。イタリアブランドらしさと、アメリカ靴のような男らしさを感じさせます。カジュアルなシーンからフォーマルシーンまで、幅広く使えるおすすめアイテムです。

デュカルス(DOUCAL’S) ビットローファー 2036

アッパーのツヤ感とカジュアルなフォルムによる、絶妙な抜け感がマッチした革靴。重すぎず軽すぎないデザインで、普段のコーディネートに上品なカジュアルさをプラスします。

マッケイ製法を採用しているため、軽い履き心地が楽しめるのもポイント。また、最先端素材を用いた「カーボンインソール」による軽量性も魅力のひとつです。ジャケットとの相性がよく、ビジネスカジュアルスタイルにもマッチします。

グッチ(GUCCI)

グッチは、世界を代表するラグジュアリーブランド。レザーグッズを取り扱うファクトリー兼ショップとして、1921年にイタリアでスタートしました。製品のインスピレーションを乗馬から得ることが多く、鞍の腹帯をもとにした、緑・赤・緑の「シェリーライン」がブランドのトレードマークです。

シューズだけでなく、バッグやウォッチ、アイウェアといった多彩な製品を展開しています。

グッチ(GUCCI) プレーントゥ レースアップ シューズ GC472749AZM00

履き口にシェリーラインが施された革靴。ブランドを主張しすぎず、あえて控えめにデザインしているのがおしゃれなポイントです。

アッパーの程よい光沢感と上品なツヤ感も魅力。シンプルなプレーントゥにすることで、レザーの上質さと履き口のシェリーラインが強調されています。

上品でエレガントな佇まいは、コーディネートに品のある華やかさをプラス。ソール裏面には、同社のアイコンである蜂があしらわれています。

グッチ(GUCCI) レザー ストレート レースアップ シューズ

光沢が美しい、上質なレザーを使用したストレートチップの革靴。アッパーにはパンチングが施されており、ラグジュアリーな印象を与えます。ソールがレンガ色で、アッパーとのコントラストが美しく映えるのも魅力。靴底にあしらわれたアニマルデザインも、ファッショニスタの心をくすぐるポイントです。

本製品は、スマートカジュアルなどの上品なスタイルに合わせやすく、落ち着いた大人の男性におすすめ。足元をドレッシーに彩る1足です。

ヒロシツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI)

ヒロシツボウチは、2008年にスタートした日本のシューズブランドです。過去のアーカイブからインスピレーションを得たクラシックスタイルに、現代的な遊び心を加えたデザインが特徴。アイテムによって製法を使い分けるなど、こだわりの靴作りで上質なコレクションを完成させています。

ヒロシツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI) シングルモンク HTO-AF13

「革靴×スニーカー」というコンセプトのもとデザインされた革靴。基本的な作りは革靴ですが、スニーカーソールを採用することで、快適な履き心地を実現しています。

シングルモンクを採用したアッパーは、スタイリッシュな印象を与えられるのが魅力。また、ブローグが散りばめられているため、エレガントな雰囲気を演出することも可能です。

カラーはブラックとブラウンの2色を展開しています。ブラックはソールも同色で統一しており、シックな印象。ブラウンはソールがホワイトなので、よりカジュアルな印象を与えられます。

パラブーツ(Paraboot)

1908年に小さな靴工房からスタートした、フランスのシューズブランドです。1927年には、ブラジルのパラ港から出荷された天然のラテックスをもとに、ラバーソールの自社生産を開始。同社の製品は堅牢な作りが特徴で、長時間履き続けても疲れにくいことが人気の理由です。

パラブーツ(Paraboot) シャンボード 710709

パラブーツの定番モデルとして人気の革靴。Uチップの存在感や、シックな品格を感じさせるツヤが魅力です。

アッパーには、オイル含有率が高く、耐久性と耐水性に優れたリスレザーを使用。また、履き込めば自分だけの味やシワを作れるため、経年変化を楽しめます。

程よいボリューム感があるので、足元をカジュアルにまとめられるのもポイント。そのほか、クッション性の高いパラテックスソールを使用しているなど、こだわりが詰まった1足です。

パラブーツ(Paraboot) ミカエル 715610

カジュアルなフォルムと耐久性の高さから、パラブーツのなかでも人気が高い革靴。独特なデザインで、普段のコーディネートにアクセントを加えられます。

本製品には「ノルウェイジャン製法」を採用しており、防水性と耐久性が高いことも特徴。雪や雨など、さまざまな場面で着用できるため、チロリアンシューズとしても使用可能です。

アッパーはネイビーカラーで、こなれた雰囲気を演出できます。太い糸によるモカシン縫いのステッチワークも魅力。カジュアルで無骨な印象の革靴です。

トッズ(TOD’S)

トッズは、1979年に設立されたイタリアのファッションブランドです。シューズやバッグから、メンズ・ウィメンズウェアまで幅広く展開しています。

同社の革靴においては、靴底にゴム突起を備えた履き心地のよいモカシンが人気です。サンプルを実際に履いてチェックする工程を繰り返すことで、高い品質をキープしています。

トッズ(TOD’S) ドライビングシューズ

トッズのなかでも高い人気を集める、ドライビングシューズ。フォーマル感とカジュアル感の両方を備えたデザイン性と、簡単に脱ぎ履きできる気軽さが特徴です。

アッパーにはスエード素材を採用しており、落ち着いた雰囲気を演出します。また、ドライビングシューズらしいラバー製アウトソールは、独特のデザインと安定感のある履き心地がポイント。さまざまなシーンで、幅広く使える革靴です。

トッズ(TOD’S) レースアップ XXM0WP00C1 KLA Z139

上品なネイビーカラーの革靴です。ブラックよりも柔らかい印象のカラーで、さまざまなスタイルに合わせやすいのが魅力。また、つま先がウイングチップのため、コーディネートがカジュアルになりすぎないのもポイントです。

ソールには、突起が付いた「ペブルラバーソール」を採用。滑りにくく、雨の日でも歩きやすい設計です。デザイン性が高く、歩きやすいモノを探している方に適しています。

革靴のメンズコーデ

上品さと清涼感を融合したキレイめカジュアル

By: wear.jp

デニムジャケットとスウェットパンツでカジュアルさを醸しながら、足元に革靴を合わせることで上品さをプラス。また、ボトムがスウェット素材なので、清涼感のある印象です。カジュアルながらラフすぎないコーディネートにまとまっています。

パーカーとコートでシティーボーイ風

By: wear.jp

「シティーボーイ」とは、都会的で洗練されたファッションの男性を指します。革靴は、シティーボーイ風コーディネートの必須アイテム。パーカーとステンカラーのコートは鉄板の組み合わせで、飾りすぎないスタイルに仕上がります。

ルーズシルエットを革靴で引き締める

By: wear.jp

ルーズなシルエットのトップスとボトムスを組み合わせた、トレンド感のあるコーディネート。上下ともルーズなシルエットではリラックス感が出すぎてしまいますが、革靴を合わせることで全体が引き締まります。

ハードなライダースと革靴でモード感を演出

By: wear.jp

ハードなイメージがあるライダースジャケットと、革靴の相性は良好です。ライダース、インナーのシャツ、革靴をブラックカラーで揃え、ボトムスだけあえてブラウンにしてアクセントを加えています。

王道のアイビーファッションを今風に着崩す

By: wear.jp

ブラウンのチェック柄ジャケットと同系色のパンツを合わせた、王道のアイビーファッション。ブラウンで揃えることにより、クラシックな雰囲気を演出しています。インナーに合わせた白いカットソーで、少し着崩しているのがポイントです。

MA-1と革靴を合わせる

By: wear.jp

グレーのワイドパンツとカーキのMA-1に、白いトップスを合わせたコーデ。全体的に柔らかいカラーを使用していますが、足元にブラックの革靴を取り入れて、カッチリとまとめています。

革靴のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法には、汚れ取り・磨き・撥水の3つの工程があります。まずは、ブラシで砂やホコリなどの細かい汚れを落とすように、前から後ろへブラッシング。革靴の手入れにおいて、ブラッシングは最も重要なので、丁寧に行うように心がけてみてください。

次に、専用のクリームを薄く塗って、靴に付いた汚れを拭き取っていきましょう。汚れが取れたら、革靴と同系色のクリームを塗り、布で磨いて光沢を出します。光沢が出たら、撥水スプレーをかけて完了。可能なら、革靴の形状維持のため、シューキーパーを入れておくことをおすすめします。