足元を上品に飾る「革靴」。スーツなどフォーマルなファッションに合わせることが多いですが、カジュアルスタイルに使えるモノも豊富に揃っています。

そこで今回は、メンズカジュアルスタイルに合うおすすめの革靴ブランドをピックアップ。選び方やコーディネート、お手入れ方法についてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

革靴の種類

革靴の種類は主に、「ストレートチップ」「Uチップ」「ウイングチップ」「モンクストラップ」「ローファー」「デッキシューズ」の6種類に分けられます。

それぞれを簡単に説明すると、ストレートチップはつま先に横一線の切り替えが入った革靴のこと。Uチップは、足の甲をUラインで切り替え、厚みを持たせたボリューミーな革靴です。

ウイングチップはつま先の切り替えに飾り穴を使用し、羽のようなW字型になっているのが特徴。モンクストラップは紐ではなくバックルで留めるため、着脱が簡単です。

ローファーは学生がよく履いている革靴。スリッポン型で靴紐がなく、着脱しやすいのがポイントです。デッキシューズはもともと船などの甲板で滑らないように作られた靴。ラバーソールに切り込みが入っているタイプです。

カジュアルな革靴の選び方

革靴の魅力を生かすには、着こなしとの相性を考えることが大切です。革靴だけが浮かないようなシンプルなデザインのモノを選び、色も定番のブラックや落ち着きのあるブラウンを選ぶと全体がすっきりとまとまります。

個性が強いカジュアルスタイルに変わったデザインの革靴を合わせると、頭から足先までがしつこすぎてかっこよく決まりません。アウターやボトムスに個性を出したいなら、足元はすっきりシンプルに決めたほうがこなれ感を出せます。

また、カジュアル用に購入した革靴でもスーツやジャケパンスタイルに合わせることができれば、普段の仕事用として履くのもおすすめです。

カジュアルに履けるおすすめ革靴メンズブランド

ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドイツ軍に属するクラウス・マーチン医師によって創業されたイギリスのシューズブランド。軍から支給されたブーツの負担を改善したいという考えから、ソフトな革とエアーが充満された靴底のブーツを開発したことが始まりです。

ドクターマーチンは価格が安く、頑丈なつくりであることが特徴。労働者階級からミュージシャンまで幅広く愛されており、今でも世界中で履き続けられている人気ブランドです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 3ホール ギブソンシューズ

1961年の発売開始以来、ドクターマーチンのアイコン的存在として人気のモデルです。発売当初はブルーワーカーたちに広く親しまれ、その後は政治デモを行う人々や学生たちの間で人気を集める革靴となりました。

本製品は、ドクターマーチンを象徴するイエローステッチと丸みのある形が絶妙にマッチしたモデル。スムースレザーのアッパーが高級感を演出します。

また、エアークッションの効いたAirWairソールが採用されているため、履き心地も抜群です。日本では2017年から再燃し、定番でありながら現在のトレンドとして圧倒的な人気を得ています。

オールデン(ALDEN)

オールデンは、1884年にアメリカ・マサチューセッツ州で創業されたシューズブランド。上質な素材と高度な技術で1足1足丁寧に作られており、唯一無二の存在感と履き心地を感じられる高品質な革靴として知られています。

靴を愛する世界中の人々の憧れであり、オールデンを履いているというだけで革靴好きから一目置かれるほど。高価格なモデルがほとんどですが、履き続けるほど足に馴染むため長年愛用できるのが魅力です。

オールデン(ALDEN) Plain Toe Blucher 990

数々あるオールデンのモデルにおいて、不朽の名作として常にナンバーワンの人気があるアイテムです。

馬のでん部であるコードバンというレザーをアッパーの素材に採用しており、他にはない独特の硬さと美しい光沢を放っています。シンプルなプレーントゥですが、履き続けることで最高のシワや色ムラが追加され、自然と無骨な印象を演出。イギリスやイタリアブランドにはない、アメリカブランドならではの男らしい雰囲気と色気を求める方におすすめです。

チャーチ(CHURCH’S)

靴作りの町として有名なイギリス・ノーサンプトン創業のブランドです。現在でもノーサンプトンの工場で製造されており、250にもおよぶ工程を8週間かけて作られています。

英国靴のスタンダードな製造方法「グッドイヤーウェルト製法」を採用し、正統派の英国靴として不動の地位を確立。世界中のセレブやハリウッドスターが愛用することで知られるシューズブランドです。また、「チャーチ以外の革靴は履かない」という熱狂的なファンも多く存在します。

チャーチ(CHURCH’S) シャノン(SHANNON)

映画『007』でジェームズ・ボンドが着用したことで有名なモデルです。丸みの強いトゥーなど全体的に適度なボリューム感があり、シンプルでありながら抜群の存在感を発揮します。

履き口が外に開き、紐で閉めて固定する「外羽根式」を採用。外羽根部分は限られた職人しか縫うことができない「スキンステッチ」と呼ばれる手縫いで行なわれていることも大きな特徴です。

アッパー素材の表面には、樹脂加工を施した「ポリッシュド・バインダーカーフ」が採用されており、上品な光沢感と抜群の撥水性を演出します。上品さとかっこよさを兼ね備えたおすすめのアイテムです。

コールハーン(Cole Haan)

1928年シカゴを拠点に創業し、現在はニューヨークを本拠地としているシューズブランド。革靴だけを扱っていた創業当初とは異なり、現在では総合的なファッションブランドとして愛されています。

他のシューズブランドにはない洗練されたデザインと、高い機能性を備えたシューズを展開しているのが特徴です。

コールハーン(Cole Haan) ゼログランド ウイング オックスフォード

コールハーンの伝統的な技術と革新性を備えたモデルです。ドレスシューズらしい雰囲気とモダンな雰囲気が合わさった独特なデザインが特徴。

ソールに深い溝をあしらうことで屈曲性が高まり、ランニングシューズのような履き心地を味わえます。カジュアル過ぎずフォーマル過ぎない見た目で、カジュアルなパーティシーンなどにおすすめです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

インドネシア出身のルティ・スパーマンが、靴の聖地イギリスで修行した後、2003年に立ち上げたシューズブランドです。

アウトソール以外は職人が一針一針縫う「ハンドソーンウェルテッド製法」を採用。時間と労力、高い技術が必要な製法で、最高の履き心地を実現しています。イギリス靴にも劣らないクオリティと、インドネシア生産によるコストパフォーマンスの高さが人気の秘密です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) Double Monk 98374

モンクストラップならではの、ドレッシーな見た目が特徴的なモデルです。アッパーには、フランスレザーメーカーの名門「デュプイ」を使用。派手すぎないマットな光沢とコシのあるしっかりした硬さがポイントです。丸みのあるスマートなつま先も大人っぽい印象を与えてくれます。

本革を使用したアウトソールで、通気性や吸湿性も抜群。キレイめなコーディネートとの相性がよく、小慣れた大人の色気を醸し出せます。

ディメッラ(DI MELLA)

1870年に乗馬用のオーダーシューズ作りから始まったディメッラは、イタリアのナポリで創業されました。代々親から子へと事業を伝承している、イタリアが誇る老舗シューズブランドです。現在も流行に流される事なく、100年以上に渡って丁寧で美しい革靴を作り続けています。

また、創業当初の技術は継承しつつ、新しい製法と技術を取り入れた斬新なスタイルでコストパフォーマンスも優秀です。

ディメッラ(DI MELLA) ローファー 635

本製品は、老舗伝統の技術が息づく「マッケイ製法」で作られているのが特徴。マッケイ製法による革靴は靴底の返りがよく足に馴染みやすいため、足の負担をできる限り軽減してくれます。

アッパー部分は、スエード素材が使用されており、高級感漂う雰囲気を演出。くるぶしを見せたカジュアルな着こなしでも、スエードのおかげで上品な印象に見せることが可能です。

アウトソールは「リド」というディメッラ最高峰のレザーソールを使用し、細部にも高い品質が感じられます。ビジネスシーンでカジュアルなジャケットスタイルが多い方にもおすすめです。

グレンソン(Grenson)

現在多くの革靴メーカーが採用する「グッドイヤーウェルト製法」を、世界で初めて本格的に取り入れたのがグレンソン。1866年イギリス創業の、歴史と伝統のあるシューズブランドです。

1足の靴に200以上の工程と8週間もの時間をかけて生産するスタイルを、創業から現在まで守り続けているのが特徴。あえて流行は取り入れず、常にクオリティの向上に努めるこだわりが靴好きから人気を集めています。

グレンソン(Grenson) OXFORD

程よいレザーの光沢と全体的にバランスのよいシルエットが特徴のアイテムです。ソールは縫い目が隠れるヒドゥンチャネル仕様で、高級感漂う雰囲気を演出します。

また、定番使いできる革靴としても人気で、渋い革靴が欲しいという方にもぴったり。トゥーにあしらわれたウイングチップによって渋さの中に華やかさが感じられ、カジュアルなスタイルにも合わせられます。

クラークス(Clarks)

1825年にイギリスで創業された老舗シューズブランドのクラークス。日本でもよく知られており、世界中の革靴好きから愛されています。

イギリスの伝統的な工芸とユニークなデザインが合わさった、唯一無二の商品が多く展開されているのが特徴。1950年に上質な革を採用した「デザートブーツ」がアメリカで大ヒットしたことで一気に知名度が高まりました。

クラークス(Clarks) ワラビー

カンガルー科の動物から名付けられたワラビーは、ブランドの顔として愛され続けるモデル。おなかの袋で子どもを包み込むように足を包み込んでくれる、優しい履き心地が特徴です。

足先に向けて尖るプレーントゥと比べ足先の空間が広い作りで、長時間歩いてもつま先が痛みません。天然ゴムを素材にした「クレープソール」は、ゴム本来の弾力性が足への衝撃もしっかり吸収します。

ワラビーは存在感が非常に強いため、カジュアルなコーディネートでも一味違った雰囲気を演出することが可能。程よいボリューム感を足元に与えてくれるため、太いパンツとの相性も抜群です。

デュカルス(DOUCAL’S)

1972年、イタリア・マルケ州にて創業された紳士靴ブランド。常に最高のクオリティを維持するため、革の裁断から仕上げまで全製造工程を自社で一貫して管理しています。

マッケイ製法で作られているため、足への負担が少ない優しい履き心地も特徴のひとつです。クラシックなスタイルをベースにしながらも、上手くトレンドを取り入れたスタイルが人気を集めています。どのモデルもイタリアブランドらしいシンプルかつ上品なデザインで、おしゃれな大人の男性から人気です。

デュカルス(DOUCAL’S) タッセルローファー

普通のローファーでは物足りないという方にぴったりなのが、タッセルローファーです。艶と光沢のあるレザーが、上品な印象を与えてくれます。

一般的なローファーと比べ丸みのあるトゥーが、落ち着いた大人な雰囲気を演出。スニーカーだとカジュアル過ぎる、レザーシューズだと重たすぎるという休日のお出かけにぴったりのモデル。お洒落で落ち着いた雰囲気は、40代以上の男性におすすめです。

革靴のメンズコーデ

上品さと清涼感を融合したキレイめなカジュアル

By: wear.jp

デニムジャケットとスウェットパンツでカジュアルさを出しながら、足元の革靴で上品な要素をプラス。ボトムがスウェット素材なので、清涼感のある印象に。カジュアルながらもラフになり過ぎていないコーディネートにまとまっています。

パーカーとコートでシティーボーイ風にまとめる

By: wear.jp

シティーボーイとは、洗練された雰囲気のファッションをしている男性のこと。そんなシティーボーイ風コーディネートには革靴が必須。パーカーとステンカラーのコートは鉄板の組み合わせで、飾り過ぎないおしゃれスタイルに仕上がります。

ルーズシルエットの野暮ったい感じを革靴で引き締める

By: wear.jp

ルーズなシルエットのトップスとボトムスを組み合わせた、トレンド感のあるコーディネート。上下ともルーズなサイズ感では野暮ったい印象がありますが、足元に革靴をチョイス。革靴で全体を引き締めているのがポイントです。

ハードなライダースジャケットと革靴でモードな雰囲気を演出

By: wear.jp

ハードなイメージがあるライダースジャケットは革靴との相性抜群です。ライダース、インナーのシャツ、革靴をブラックカラーで揃え、ボトムスだけあえてブラウンにしてアクセントを加えています。

王道のアイビーファッションを今風に着崩す

By: wear.jp

ブラウンのチェック柄ジャケットと同系色のパンツを合わせた、王道のアイビーファッション。ブラウンで揃えることで、クラシックな雰囲気を演出。インナーに合わせた白のカットソーで、少し崩しています。

MA-1と革靴を合わせる

By: wear.jp

グレーのワイドパンツ、カーキのMA-1、ホワイトのトップスを合わせたコーデ。全体的に柔らかいカラーとなっていますが、足元にブラックカラーの革靴を取り入れてカッチリとまとめています。

革靴の手入れ方法

革靴の手入れ方法は、汚れ取り・磨き・撥水の3つの工程があります。まず汚れ取りは、ブラシを前から後ろにかけて砂やホコリなどの細かい汚れを落としていきます。革靴の手入れにおいてブラッシングは最も重要なので丁寧にするように心がけてください。

次に、クリームを薄く塗って靴についた汚れを拭き取っていきます。拭き取れたら、靴と同系色のクリームを塗り、布で磨いて光沢を出していきます。光沢が出たら、撥水スプレーをかけて終わりです。可能ならば革靴の形状維持のためシューキーパーを入れておくことをおすすめします。