足元を上品に飾る「革靴」。スーツなどフォーマルなファッションに合わせることが多いですが、カジュアルスタイルに使えるモノも豊富に揃っています。

そこで今回は、メンズカジュアルスタイルに合うおすすめの革靴ブランドをピックアップ。選び方やコーディネート、お手入れ方法についてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

革靴の種類

革靴の種類は主に、「ストレートチップ」「Uチップ」「ウイングチップ」「モンクストラップ」「ローファー」「デッキシューズ」の6種類に分けられます。

それぞれを簡単に説明すると、ストレートチップはつま先に横一線の切り替えが入った革靴のこと。Uチップは、足の甲をUラインで切り替え、厚みを持たせたボリューミーな革靴です。

ウイングチップはつま先の切り替えが羽のようにW字型になっており、飾り穴で装飾が豊か。モンクストラップは紐ではなくバックルで留めるため、着脱が簡単です。

ローファーは学生がよく履いている、スリッポン型の靴紐がなく着脱しやすい革靴。デッキシューズは船などの甲板で滑ってしまわないように、ラバーソールに切り込みが入った靴のことです。

カジュアルな革靴の選び方

革靴の魅力を生かすには、着こなしとの相性を考えることが大切です。革靴だけが浮かないようなシンプルなデザインのモノを選び、色も定番のブラックや落ち着きのあるブラウンを選ぶと全体がすっきりとまとまります。

個性が強いカジュアルスタイルに変わったデザインの革靴を合わせると、頭から足先までがしつこすぎてかっこよく決まりません。アウターやボトムスに個性を出したいなら、足元はすっきりシンプルに決めたほうがこなれ感を出せます。

また、カジュアル用に購入した革靴でもスーツやジャケパンスタイルに合わせることができれば、普段の仕事用としても活用可能なのでおすすめです。

カジュアルに履けるおすすめ革靴メンズブランド

ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドクターマーチンはイギリスのシューズブランドです。創業者のクラウス・マーチンは軍から支給されたブーツが怪我をした足に負担が大きいことに気づき、やわらかい革とエアークッションの効いたソールを採用したブーツを設計。それがきっかけでブランドを立ち上げました。ドクターマーチンのブーツに代表される独特の丸みを帯びたデザインやソフトな履き心地の革靴は世界中のユーザーに愛されています。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 3ホール ギブソンシューズ

ドクターマーチンと言えば1460が爆発的な人気を博したことで有名ですが、これに負けない人気で有名なのが1461。ドクターマーチンの定番モデルとして多くの人に愛用されています。ポストマンシューズとも呼ばれる丸みのある形とドクターマーチンを象徴する黄色い糸の縫い目がポイント。エアークッションソールを採用しているので、歩きやすく足が疲れにくいのも魅力の革靴です。

甲部分は外羽根レースアップが施され、カジュアル感の中にもキリっとした印象を与えます。キレイめカジュアルコーデに合わせれば、足元をゆるめたこなれ感を演出できるのでおすすめです。

オールデン(ALDEN)

オールデンはアメリカ生まれのシューズブランド。高品質の革靴が揃っているのでそれなりの価格がしますが、一度履けば手放せなくなるほどの履き心地で人気を集めています。中には日本人の足型にも合うようにつくられているモデルもあり、上質な素材で1足1足丁寧に作られているので履き込むことで体の一部のように馴染んでくれるのが特長です。

オールデン(ALDEN) LONG WING BLUCHER 979

甲部分の革素材にはやわらかくキメ細やかな上質なカーフスキンを採用した、程よい光沢と落ち着いた色味が魅力の革靴。1足をつくり上げるのに3週間もかかると言われているだけあり、頑丈で足に馴染みやすい履き心地に仕上がっています。

ジーンズスタイルにも合わせやすく、スーツやコートスタイルに合わせても大人カジュアルな雰囲気を演出することが可能。セーターインのジャケパンスタイルにもぴったりです。末長く愛用できる革靴を探している方はぜひチェックしてみてください。

チャーチ(CHURCH’S)

チャーチは英国の正統派に選ばれる革靴ブランドとして不動の地位を確立しており、ハリウッドスターや世界中のセレブも愛用。革靴作りにおいては、丈夫で耐久性や耐水性を強くする「グッドイヤーウェルト製法」を用いており、全250の工程を8週間程度かけて生産しています。

チャーチ(CHURCH’S) シャノン(SHANNON)

適度なボリューム感があるフォルムで、足元にしっかりと存在感を出すことができる革靴。甲部分の素材にはチャーチが独自開発した「ポリッシュド・バインダーカーフ」を用いており、表面に樹脂加工を施し一般的なカーフ素材よりも光沢感が強いのが特徴で、傷や汚れ、雨水などにも強いのが魅力です。

アウトソールは二重構造の「ダブルソール」仕上げとなっており、耐水性に優れ歩いている時の反り返りを防いでくれます。 外羽根部分は、「スキンステッチ」と呼ばれる職人技で縫い上げられているのもポイント。見た目の美しさはもちろんのこと、機能性もしっかり感じられるおすすめの革靴です。

コール・ハーン(COLE HAAN)

コール・ハーンは、アメリカで1928年に誕生しました。創業当時は、紳士靴をメインに取り扱っていましたが現在では革靴だけでなく、ウェアや小物も取り扱っています。「Modern Artisan(現代の職人)」というブランドコンセプトのもと、厳選した素材と高い職人技が織りなすアイテムをリリースしています。

コール・ハーン(COLE HAAN) ピンチ グランドペニー

コールハーンが長年受け継いできた伝統の象徴とも言えるのが「ピンチ」シリーズ。手縫いのモカシン製法で作られており、甲部分のレザーはアンティーク調に丁寧に磨き上げられ独特な風合に仕上がっています。クッションシステムには弾力性と屈曲性に優れた「グランドOS」を搭載し、土踏まず部分を支えるパーツにはプラスチック製のモノを採用し軽量化しているのもポイントです。

ローファーはアメリカントラッドなカジュアルスタイルに欠かせない存在。チノパンやジーンズのロールアップスタイルにもよく合い、爽やかな季節はホワイトカラーのジーンズに合わせるのがおすすめです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

ジャランスリウァヤは靴工場の息子として生まれたルティ・スパーマンが立ち上げたブランド。当時、内紛や戦争が多かったインドネシアでは軍靴を作る靴工場ばかりだったため、平和な時代を目指したルティ・スパーマンはスタイリッシュな靴を作ることを決意。靴の聖地であるイギリスに修行へ出向き、そこで得たノウハウでこだわりが詰まった高品質な革靴を作っています。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) U-TIP 98490

レザーの素材にこだわった革靴。甲部分の素材には、エルメスも御用達にしているフランスの老舗タンナー「デュプイ社」の上質なカーフレザーを採用し、靴底にはベルギーの「アシュア」社のレザーを採用したダブルソールとなっています。

また、履き心地が軽くなり、耐久性、耐水性にも優れた「ハンドソーン・ウェルテッド製法」でつくられているため、一度履けば手放せなくなる履き心地を体感できるのも魅力です。

ボリューム感のあるシルエットなので足元を強調したいカジュアルスタイルにもぴったり。オンとオフの両方で活用できるのもうれしいポイントです。ベーシックなブラックカラーも使い勝手がよいのですが、ブラウンカラーの革靴を1足用意しておくとコーディネートの幅を広げられます。

ディメッラ(Di Mella)

ディメッラは、イタリア・ナポリで1882年に誕生した老舗シューズファクトリーです。 創業以来130年以上に渡って伝統的な技術を受け継いでいますが、一部マシンを導入することによって効率化を図り、クオリティを保ちながらも比較的リーズナブルな価格を実現。また、過去のモデルに現代のエッセンスを加えてアレンジするなどユニークな靴作りを行なっています。

ディメッラ(Di Mella) ローファー 2001

本製品は、かかとが小さい日本人の足にもしっかりと合う木型と、歩行時の靴底の返りがよく足に馴染みやすい「マッケイ製法」で作られています。足の負担が軽減され長時間履く際にも疲れにくいのが特長で、フィット感とホールド感にも優れているため足全体が包み込まれるような履き心地も魅力です。

つま先がやや長めのシックな印象を与えるフォルムで、くるぶしを見せたコーデやジャケパンスタイルなどに取り入れると大人っぽさをぐっと格上げしてくれます。

細部までこだわりのあるクオリティの高さを有しているのにも関わらず、価格設定が比較的リーズナブルなのでコスパの高いモデルを探している方は要チェックしてみてください。

グレンソン(Grenson)

イギリスで靴の聖地と言われるノーザンプトンで1866年にスタートした「グレンソン」。戦時中はミリタリーブーツが多くの人に支持され、イギリスのシューズメーカーとして確固たる地位を確立しています。「グッドイヤーウェルト式製法」で作られた革靴は型崩れがなく足に良くなじみ、履き込むほどにその良さが実感できる逸品です。

グレンソン(Grenson) GRACE 210015

ブーツ作りに定評があるグレンソンのサイドゴアブーツです。素材にはやや光沢感のある天然皮革を採用し、ラグジュアリーな雰囲気を感じる1足に仕上がっています。ヒール高は約3cmなので、足元だけが浮くこともなくさまざまなスタイルにしっくり馴染んでくれるのも魅力です。

おすすめの履きこなし方は、ロールアップスタイル。デニムやチノパンをロールアップして合わせることで、バランスのとれた大人カジュアルスタイルに決まります。

クラークス(Clarks)

「クラークス」は、1825年にイギリスで誕生した老舗シューズブランドです。ソフトな履き心地を追求した「ワラビーブーツ」や「デアートブーツ」が代名詞となっています。

クラークス(Clarks) ベックフィールドステップ 1825

アルゼンチンの世界的タンナー「サドナ社」のシワになりにくい上質なレザーを採用した革靴です。中敷には高いクッション性を有した抗菌・防臭機能も併せ持った「オーソライトフォーム」を採用しているのが特長。衝撃を吸収し足への負担軽減した心地よい履き心地で、気になるニオイやカビも防いでくれます。

スリッポンは足元をシンプルに決めたカジュアルスタイルに最適。シャツとワイドパンツを合わせたスタイルや、キレイめパンツのロールアップスタイルに合わせると抜け感を演出できます。

デュカルス(DOUCAL’S)

イタリアで1972年に設立したシューズブランドで、イタリア屈指のハンドメイドシューズファクトリーとして定評があります。高いクオリティーを保持するため、レザーの裁断、縫製、底付けなど全ての工程を自社で一貫生産しているのが特長。クラシックスタイルをメインとしながらも、アンティーク加工などさまざまな加工技術で遊び心のある靴を生み出しています。

デュカルス(DOUCAL’S) tassel loafers

カジュアルスタイルをドレスアップしたいときに活躍するのがタッセルローファー。艶かなレザーを使用した光沢ある色合いは足元を引き締め、上品なシルエットにまとめてくれます。つま先は程よい丸みがあるラウンドトゥで、落ち着いた男らしさを演出するのに最適。足を包み込むような優しい履き心地になる「マッケイ製法」でつくられているのも魅力です。

タッセルが程よいアクセントとなり高級感を感じさせるので、カジュアルスタイルに大人のテイストが欲しい方におすすめ。デートやレストランでの食事をスマートに決めるにもベストです。ジャケパンスタイルをクラシカルに演出したり、デニムをスタイリッシュに決めるのに活躍してくれます。

革靴のメンズコーデ

上品さと清涼感を融合したキレイめカジュアル

By: wear.jp

デニムジャケットとスウェットパンツでカジュアルさを出しながら、足元の革靴で上品な要素をプラス。ボトムがスウェット素材なので、清涼感のある印象に。カジュアルながらもラフになり過ぎていないコーディネートにまとまっています。

パーカーとコートでシティーボーイ風にまとめる

By: wear.jp

シティーボーイとは、洗練された雰囲気のファッションをしている男性のこと。そんなシティーボーイ風コーディネートには革靴が必須。パーカーとステンカラーのコートは鉄板の組み合わせで、飾り過ぎないおしゃれスタイルに仕上がります。

ルーズシルエットの野暮ったい感じを革靴で引き締める

By: wear.jp

ルーズなシルエットのトップスとボトムスを組み合わせた、トレンド感のあるコーディネート。上下ともルーズなサイズ感では野暮ったい印象がありますが、足元に革靴をチョイス。革靴で全体を引き締めているのがポイントです。

ハードなライダースジャケットと革靴でモードな雰囲気を演出

By: wear.jp

ハードなイメージがあるライダースジャケットは革靴との相性抜群です。ライダース、インナーのシャツ、革靴をブラックカラーで揃え、ボトムスだけあえてブラウンにしてアクセントを加えています。

王道のアイビーファッションを今風に着崩す

By: wear.jp

ブラウンのチェック柄ジャケットと同系色のパンツを合わせた、王道のアイビーファッション。ブラウンで揃えることで、クラシックな雰囲気を演出。インナーに合わせた白のカットソーで、少し崩しています。

MA-1と革靴を合わせる

By: wear.jp

グレーのワイドパンツ、カーキのMA-1、ホワイトのトップスを合わせたコーデ。全体的に柔らかいカラーとなっていますが、足元にブラックカラーの革靴を取り入れてカッチリとまとめています。

革靴の手入れ方法

革靴の手入れ方法は、汚れ取り・磨き・撥水の3つの工程があります。まず汚れ取りは、ブラシを前から後ろにかけて砂やホコリなどの細かい汚れを落としていきます。革靴の手入れにおいてブラッシングは最も重要なので丁寧にするように心がけてください。

次に、クリームを薄く塗って靴についた汚れを拭き取っていきます。拭き取れたら、靴と同系色のクリームを塗り、布で磨いて光沢を出していきます。光沢が出たら、撥水スプレーをかけて終わりです。可能ならば革靴の形状維持のためシューキーパーを入れておくことをおすすめします。