良質な革靴を取り揃えているブランド「オールデン」。130年以上もの歴史があるアメリカの老舗革靴として知られており、数々の名作を世に送り出していることから“革靴の王様”とも呼ばれています。

同社の革靴は、頑丈で希少価値の高い上質なコードバンを素材に採用。また、長時間履いても疲れにくいグッドイヤーウェルト製法で作られているのも特長です。

そこで今回は、オールデンの魅力とおすすめのモデルをご紹介。評判の履き心地を体感してみたい方や長く愛用できる革靴を求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

オールデン(ALDEN)とは?

By: rakuten.co.jp

1884年、チャールズ・H・オールデン氏がマサチューセッツ州にて設立した、アメリカを代表する老舗革靴ブランドです。

素材には主に「革のダイヤモンド」とも呼ばれるコードバンを採用し、ハイクオリティな革靴の製作に用いられるグッドイヤーウェルト製法でつくられているのが特長。実用性にも優れており、土踏まずを心地よく圧迫する木型を採用していたり、フィット感を追求したつくりになっています。

高値ではありますが品質の高さから世界中にファンが存在し、“革靴の王様”と称されているブランドです。

オールデンの魅力

伝統的なグッドイヤーウェルト製法

By: item.rakuten.co.jp

19世紀初頭より受け継がれているグッドイヤーウェルト製法は、履くほどに足に馴染み、履き心地が向上していくのが魅力です。また、アッパーが直接アウトソールにつながっていないため、アウトソールの交換が簡単に行えます。なので、お気に入りの1足を長期間愛用することが可能です。

オールデンではこのグッドイヤーウェルト製法を用いた革靴が、熟練の職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られています。1足が出来上がるのに3週間ほどかかる難易度の高い技術ですが、頑丈で、縫い目から水が入ることも無いため快適に履きこなせる魅力溢れる革靴です。

高い機能性を持つ豊富なラスト

By: rakuten.co.jp

革靴における履き心地やシルエットを決定づけるのが「ラスト(木型)」」という靴の原型となるパーツです。オールデンには8つの種類のラストが存在します。

中でも、矯正靴が基礎となって開発された「モディファイドラスト」が最も有名で、履き心地や革靴単体のシルエットはもちろん、履いて歩く姿も美しく見せてくれます。

他にも、高い安定感を持つ「バリーラスト」や、映画「インディジョーンズ」で主演のハリソン・フォードが着用した「トゥルーバランスラスト」などハイクオリティなラストを豊富につくり出しています。

希少価値の高い「コードバン」を採用

オールデンは、アメリカのホーウィン社のコードバンを採用しています。しっとりとした風合いの底に、上品に輝く質感を宿しています。オールデンの採用するコードバンは、まさしく最高品質と言っても過言ではなく、その独特な表情やエイジングに多くのファンが魅了されています。

オールデンのコードバンは革が伸びにくく、その革靴を履く人ひとりひとりによって異なる履きジワや艶が現れ、他の革では現れないこのエイジングこそが、オールデンの革靴に大人の男が惚れる最大の魅力です。

コードバンって何?

コードバンは、農耕用馬のお尻からほんのわずかな量しか採取することができない上質な革です。希少性の高さから「革のダイヤモンド」とも呼ばれています。

キメが細かくなめらかな質感を持ち、履きこむほどに履きジワやツヤがよりよい風合いを放つのが特長。また、一般的な牛革の2倍〜3倍の強度を持つ丈夫な革で、手入れを怠らなければ一生モノとして使えます。なお、水には弱いので雨の日に履く際は注意が必要です。

オールデンの革靴おすすめ人気モデル

オールデン(Alden) 9901

オールデンの定番で人気の高いモデルである「9901」の革靴です。丸みを帯びたシンプルなプレーントゥデザインで、ビジネスからカジュアルまで幅広く活用できます。

素材には上品なツヤ感のあるコードバン、木型には日本人の足に合うバリーラストを採用。やわらかく、足馴染みがよい素材とフィット感に優れた木型で長時間快適に履きこなせます。

オールデン(Alden) プレーントゥコードバン 990

「9901」シリーズと並ぶほどの人気がある「990」シリーズ。外羽根のプレーントゥ仕様です。赤味のあるバーガンディカラーはデニムとの相性抜群で、定番のブラックカラーと違ったエイジングによる色合いの変化を楽しむことも可能。

素材に希少性の高いコードバンを採用し、グッドイヤーウェルト製法で頑丈に作られています。履きこむうちに自然と足に馴染み、ソールの交換もしやすいため長く愛用できる1足です。

オールデン(ALDEN) ノルウェージャンフロントブルッチャーオックスフォード 2211

オールデンの数あるモデルの中で、最も細い木型である「アバディーンラスト」を採用しています。スマートなシルエットで、つま先部分が細めにつくられているため、幅広の方は注意が必要です。

アクセントとなっているUチップは、熟練の職人の手によってひとつひとつ手縫いで施されています。Uチップ仕様のモデルはビジネスシューズとしても使用できますが、カジュアルなシーンで履くのが最適です。

オールデン(Alden) レジャーハンドソーンモカシン 986

渋めのダークバーガンディカラーを採用したペニーローファー。「986」はオールデンの名作とも呼ばれており、長い時代愛され続けているアメリカンタイプのローファーです。

アッパー部分には、馬のお尻部分にあたるコードバンを採用しています。履き馴染んでいくほどに履き皺が現れ、独特ないい味を見せてくれます。

オールデン(Alden) チャッカブーツ 1340

ツヤ感が美しい、シンプルなデザインのチャッカブーツ。ビジネススタイルにも取り入れられ、リジットのデニムに合わせれば、武骨な男らしいスタイルに仕上げることが可能です。冬の時期はもちろん、夏にも履けます。

木型にはゆったりとした履き心地のバリーラストを採用。幅が広めに作られているため、足元にほどよいボリューム感をプラスできます。履き心地、歩きやすさにも優た高い機能性を持ち合わせている1足です。

オールデン(Alden) ウィングチップ 979

つま先がウィングチップ仕様の、クラシック感が強い革靴です。踵からつま先までが長めの仕様となっているので、スタイリッシュな雰囲気も持ち合わせます。

アッパーの素材は上品なツヤ感が魅力の天然皮革を採用。木型には安定感の高いバリーラストを採用しているため、歩きやすさにも優れています。冠婚葬祭には不向きですが、ビジネススタイルやジャケパンスタイルには最適です。