「おしゃれは足元から」という言葉があるように、ファッションにおいて重要なアイテムであるシューズ。なかでも革靴は、スーツを中心としたビジネスシーン向けの製品からプライベートシーンで履くカジュアルスタイルのシューズまで、豊富なバリエーションが揃っています。

そこで今回は、おすすめの革靴をビジネスとカジュアルにジャンル分けしてご紹介。それぞれのスタイルに合わせやすいアイテムをピックアップしたので、コーディネートでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

革靴の選び方

好みのデザインで選ぶ

革靴には、シューレースを通すための穴が施されている羽根部分がアッパーと一体になっている内羽根仕様、羽根部分がアッパーと一体化していない外羽根仕様、シューレースのないストラップ仕様など、さまざまなデザインのモノがあります。

また、コバの張り具合やノーズの長さ・細さ、細かなステッチワークやパターンの切り替えなど、革靴には多くのディテールワークやシルエットの違いが存在します。

革靴はコーデ全体のイメージを足元から仕上げられるアイテムですから、まずは自分好みのデザインやルックスで選ぶのがおすすめです。

履き心地のよさで選ぶ

革靴の履き心地は、アッパー素材の硬さやシルエット、アッパーとソールを縫製・圧着する方法、ソールの素材や厚さ・通気性、革靴全体の軽量性など、多くの要素や機能性が影響しあうことで決まります。各革靴ブランドは、上記のような要素や機能性をさまざまな技術により向上させることで、上質な履き心地を目指しているのです。

特に革靴を長時間履く場合は、履き心地のよさがその日の気分にも大きな影響を及ぼすので、通気性や軽量性などを意識して選ぶのがおすすめです。

革靴の選び方についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

革靴のおすすめブランド|ビジネス

エンツォボナフェ

エンツォボナフェは1963年にスタートした、イタリアのシューズブランド。高度な職人技術と個性的な素材使いを駆使した、先鋭的で高品質な革靴を展開しています。ローマ法王に靴を進呈し、イタリア大統領に表彰もされている由緒正しき名門ブランドです。

エンツォボナフェ(Enzo Bonafe) 革靴 パンチドキャップトゥ 3773

きめ細かな素材感が特徴的なフランスの名門タンナーであるデュプイ製カーフレザーを採用した内羽根仕様の革靴です。5つ穴のクラシックなストレートチップディテールで、オン・オフを問わずさまざまなシーンに対応。つま先部分には穴飾りが施されており、ドレッシーなスタイルに合わせるのがおすすめです。

エンツォボナフェ(Enzo Bonafe) 革靴 ダブルモンクストラップ EB-02

職人気質なステッチワークが光る、クラシカルなダブルモンクストラップ仕様の革靴です。上質な素材感に、高級感あふれるメタルパーツがアクセントを添えています。

スムースレザーやスエードレザー、ダークブラウンやブラックなど、さまざまなカラーと素材違いで、全5型展開されている豊富なバリエーションも魅力です。

ステファノベーメル

ステファノベーメルは1983年にスタートしたイタリアのシューズブランド。イタリアでも最高峰の職人技術を持った創立者の精神を受け継いだ、優美で装飾性の高い既製革靴を展開しています。あえて手間のかかるハンドソーン製法を取り入れているのが特長。

ステファノベーメル(Stefano Bemer) 革靴 レースアップ 5391

バーガンディのイタリアンカウハイドレザーを採用した外羽根仕様の革靴。コードバン染めした独特の光沢が特長です。つり込みを手作業で行うハンドウェルテッドならではの、土踏まず部分の美しい曲線が魅力。アッパーの周囲には飾り穴が丁寧に施されています。

アウトソールはバイカラーの半カラス仕上げで、ソールにもアクセントが盛り込まれているのがポイントです。

ステファノベーメル(Stefano Bemer) 革靴 レースアップ 6320V1

内羽根仕様の革靴。きめ細かなブラウンのイタリアンカーフスキンと、エレガントな起毛感のライトブラウンのストライプ柄スエード素材が切り替えられたデザインです。一見するとシンプルでありながらも、大胆に施されたカットワークが魅力。

ストレートチップやヒールカップの美しい切り替えとステッチワークが、職人気質なルックスを演出しています。モダンなデザインなので、ビジネスからカジュアルまでおすすめ。

シルバノサセッティ

シルバノサセッティは1977年にフィオーレ・サセッティとシルバノ・サセッティ兄弟がスタートした、イタリアのシューズブランド。クラシックなデザインをベースにモダンなユーモアをきかせた、技巧的な革靴を展開している名門ファクトリーブランドです。

シルバノサセッティ(SILVANO SASSETTI) 革靴 ホールカット

落ち着いた光沢が特徴のイタリアンレザーを採用したレースアップ仕様の革靴。アッパーが一体になっているパターンのホールカットタイプでありながら、飾り穴でウィングチップディテールが表現されているのがポイント。

オリジナルのグッドイヤーフレックス製法による軽やかさが光る、現代的なデザインの革靴です。

シルバノサセッティ(SILVANO SASSETTI) 革靴 ローファー

上質なブラックのイタリアンレザーを採用したペニーローファー仕様の革靴です。ベーシックなデザインに、トゥのUチップ部分やサイド部分の細かなピッチのステッチが、クラフトマンシップあふれるアクセントを添えています。

仕立てのよさがフォルムから伝わるシューズで、パリッとしたビジネススタイルにおすすめです。

ジャランスリウァヤ

ジャランスリウァヤは2003年にルディ・スパーマンがスタートした、インドネシアのシューズブランド。伝統的なハンドソーンウェルテッド製法を駆使した、エレガントな曲線と快適な履き心地を兼ね備える革靴を、比較的手ごろな価格で展開しています。

ジャランスリウァヤ(Jalan Sriwijaya) 革靴 プレーントゥシューズ EDWARD

名門タンナーであるデュプイ社製のカーフレザーを採用した外羽根仕様の革靴です。ソフトでしなやかな質感が特長。やや張り出したコバと丸みを帯びたトゥのシルエットが、男性靴にフェミニンなイメージをプラスしているのがポイントとなっています。

アウトソールにはラバーダイナイトソールが用いられており、履き心地のよさも抜群の革靴です。

ジャランスリウァヤ(Jalan Sriwijaya) 革靴 ウィングチップシューズ EDWARD

デュプイ社製のカーフレザーを採用した外羽根仕様の革靴です。穴飾りや縁飾りなどがデコラティブに施された、フルブローグタイプのウィングチップディテールが魅力。

装飾的なスタイリングを好む男性の、スタイリッシュなビジネススタイルに合わせるのにおすすめの革靴です。

革靴のビジネスブランドについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

革靴のおすすめブランド|カジュアル

サントーニ

サントーニは1975年にアンドレア・サントーニがスタートした、イタリアのシューズブランド。モダンで個性的なデザインと、細部にこだわった丁寧な作りが特徴のシューズを展開しています。レザースニーカーの先駆け的な存在としても知られるブランドです。

サントーニ(Santoni) 革靴 スリッポン MBGC20226 ODU60

ソフトな風合いが特徴的なネイビーのスエードレザーを採用した、モンクストラップ仕様の革靴です。ウィングチップやタン部分の縁に丁寧に施されたパーフォレーションと呼ばれる抜き穴やトゥ部分に施された穴飾りなど、装飾性の高さがポイント。

キルティタンもあしらわれるなど、カジュアルなラバーソールでありながらもドレッシーな仕上がりになっている革靴です。

サントーニ(Santoni) 革靴 Farley Slip-On

上質なスムースレザーがもたらす美しい光沢が特徴的なスリッポン仕様の革靴です。履き口部分にはレバーのストレッチ素材があしらわれており、フィット感が高められているのがポイント。

ホワイトのラバーソールとのカラーコントラストが映え、ジーンズなどのカジュアルなコーデにもおすすめの革靴です。

ドクターマーチン

ドクターマーチンは1947年にハーバート・ファンクとクラウス・マーチンズがスタートした、イギリスのシューズブランド。履き心地と防水性・実用性を追求した、普遍的なデザインのブーツやシューズを展開しています。クッション性のあるソールが本ブランド最大の特長です。

ドクターマーチン(Dr. Martens) 革靴 レースアップシューズ 1461

柔らかな素材感のスムースなテンパリーレザーを採用した、外羽根仕様の革靴「1461」です。アッパー部分の丁寧なステッチワークと、ウェルト部分に施されたイエローのステッチが特徴。耐久性が高くクッション性の高いラバーアウトソールが快適な履き心地を実現しています。

アッパー部分にカラフルなペイントが施されたデザインなど、複数展開のカラーバリエーションも魅力の革靴です。

ドクターマーチン(Dr. Martens) 革靴 CAVENDISH

艶出し加工を施したアニリン仕上げのテンパリーレザーを採用し、「1461」を軽量化してモダナイズしたドクターマーチンの革靴「CAVENDISH」です。透湿性の高いミッドソールと、軽量でスマートなシルエットのラバーアウトソールが、快適な履き心地を実現。

洗練されたデザインとクラシックなシルエットで、カジュアルスタイルにモダンなエッセンスを加えられる革靴です。

ブッテロ

ブッテロは1974年にマウロ・サニがスタートした、イタリアのシューズブランド。イタリア版のカウボーイをイメージした、クラシカルなハンドメイドシューズを展開しています。ブッテロのモッズシューズをビートルズが着用したことで一躍脚光を浴びました。

ブッテロ(BUTTERO) 革靴 レースアップシューズ B5634

上質な起毛感が特徴のカウスエードレザーが用いられた、外羽根仕様のブッテロの革靴です。Uチップのモックトゥディテールが、立体的なシルエットを構築。スマートなデザインに奥行きを加えています。

ソールにはビブラム社製のラバーソールが用いられており、厚みのあるデザインが適度なカジュアル感を演出するとともに、履き心地のよさをもたらしている革靴です。

ブッテロ(BUTTERO) 革靴 デッキシューズ B5001

自然なシボ感とムラのあるカラーリングが特徴のスムースカウレザーを採用したデッキシューズ仕様の革靴です。アッパーに用いられたレザーは、鮮やかなブルーでコバをカラーリングしており、モダンなスタイルを演出しています。

軽快な印象のラバーソールが施されているので、ジーンズなどのカジュアルスタイルに合わせるのにおすすめの革靴です。

ロックポート

ロックポートは1971年にサウル・カッツとブルース・カッツがスタートした、アメリカのシューズブランド。ドレスシューズのアッパーにスニーカーのラバーソールを圧着するという発想から開発された、履き心地のよいカジュアルな革靴を展開しています。

ロックポート(ROCKPORT) 革靴 カジュアルシューズ V82831

特殊な加工による独特なムラ感が特徴の上質なスムースカウレザーを採用した外羽根仕様の革靴です。細やかで丁寧なステッチワークが施された、スマートなシルエットのプレーントゥデザインが魅力。

ホワイトのラバーソールがライトな印象を演出しており、ベージュやブラウンなどのライトなカラーのカジュアルパンツに合わせるのに特におすすめです。

ロックポート(ROCKPORT) 革靴 ウォーキングシューズ H79873

適度なシボ感がエレガントな印象を演出するカウレザーを採用したスリッポン仕様の革靴です。履き口部分の両サイドにストレッチ性のある素材があしらわれており、着脱が容易になるように配慮されているのがポイント。

シンプルでありながらもスリムでスタイリッシュなシルエットなので、シャープな印象のカジュアルスタイルに合わせるのにおすすめです。

革靴のカジュアルブランドについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

番外編:革靴のお手入れグッズおすすめ3選

サフィール(SAPHIR) サフィールノワール クレム1925

1920年スタートのフランス高級シューケアブランド、サフィールの靴クリームです。蜜ロウ・カルナバワックス・シアバターなどが配合されており、革靴の皮革に栄養を与えるとともに、光沢感や補色効果を与えることができます。

ブラック・ブラウン・グレーなどさまざまなカラーのクリームが展開されているので、革靴の色に合わせて選ぶのがおすすめです。

サフィール(SAPHIR) サフィールノワール ブラシ ポリッシャーブリストルブラシ

皮革をマッサージしながらブラッシングすることで、靴クリームをムラなく均一に塗布し、皮革に浸透させるのに適した、コシがある豚毛ブラシです。ブラッシングによって皮革表面が平らになり、クリームの油分が輝いて見えるようになるので、革靴の光沢感が増します。

本製品はクリーム塗布専用のブラシですが、もちろん革靴に付いたホコリや汚れを落とす用途に使用することも可能。手に馴染むサイズなので、使い勝手も良好です。

コロニル(Collonil) 防水スプレー ウォーターストップ

1909年スタートのドイツのレザーケアブランド、コロニルの防水スプレーです。皮革の表面を覆うのではなく、皮革そのものに浸透するタイプ。フッ化炭素樹脂が配合された防水スプレーなので、皮革を傷めずに防水効果を与えられるのがポイントです。購入直後にこちらの防水スプレーを使えば、汚れや水による痛みを防止できます。