無骨なデザインが多いブーツのなかでも、バイカーが履くイメージが強い「エンジニアブーツ」。装飾が少なくスッキリとまとまっているので、男らしいコーデをする際にも重宝するアイテムです。

そこで今回は、エンジニアブーツのおすすめモデルをピックアップ。選び方やコーデについてもご紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

エンジニアブーツとは?

By: amazon.co.jp

エンジニアブーツは、アメリカ合衆国で誕生した作業用ブーツが根源となっています。ブーツの高さは一般的に10〜18インチ。長いモノだと股下まであります。ブーツ周りに紐はなく、甲からくるぶしあたりにベルトが搭載されているのが特徴です。

また、作業用のメンズブーツということもあり、つま先部分に鉄製もしくはプラスチック製のカップが内蔵。トゥ部分の保護を担ってくれています。頑丈さとファッション性を兼ね備えているため、バイカーに重宝されているのもポイントです。

エンジニアブーツの選び方

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツはほかブーツ同様、足のサイズはセンチ(cm)か、USサイズで表記されているのが特徴。たとえば、26cmであればUS8、28cmであればUS10が該当します。

なお、UKのイギリスサイズやEUのヨーロッパサイズで表記されている場合もあり、その際は換算が異なるので、各メーカーの早見表をチェックしておきましょう。

ロングかショートで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツに限らず、ブーツは基本的にロング丈とショート丈の2種類。明確な定義はありませんが、足のスネがすっぽりと覆う10インチ以上がロング丈、7インチ前後がショート丈に該当します。

バイク乗りなどを意識したい場合は前者を、よりタウンユースや街歩き、脱ぎ履きの頻度が多い場合は後者を選ぶのがおすすめです。

レザーの種類で選ぶ

スムースレザー

By: rakuten.co.jp

レザーとは「革」という意味ですが、なかでも「スムースレザー」はその名の通り、なめらかにならした革のこと。後述のスエードやヌバックのように表面が起毛していたり、凹凸があったりするような型押し革などは含まれず、つるっとした仕上がりになっているのが特徴です。

また、スムースレザーも厳密には「銀付き革」と「ガラスレザー」にわかれています。銀付き革は着色に染料を使い、革の表側の銀面と呼ばれる部分をそのまま用いているタイプです。経年変化がしっかりと楽しめますが、コーティングされていないので耐久性や耐水性が低いのがデメリット。長くキレイに履き続けるためには、入念なお手入れが必要となります。

一方、ガラスレザーは銀面を磨き、顔料による塗装仕上げをしたモノ。革にコーディングが施されているため、耐久性や耐水性に優れているのが魅力です。一方、その分オイルが浸透しにくく、経年変化によるエイジングは銀付き革ほどではないので、その点は留意しておきましょう。

スエード

By: rakuten.co.jp

「スエード」は、なめした革の床面(裏面)を紙や金属のヤスリなどで磨いて起毛させ、ひっくり返して銀面(表面)で使用したモノです。

毛足が長く、起毛感も強いのが特徴。革自体は薄めなので、削れば削るほど強度は落ちますが、その分キレイに仕上がります。見た目としては独特の光沢があり、温かみが感じられるのもポイントです。

ヌバック

By: rakuten.co.jp

「ヌバック」は、なめした革の表側の銀面をサンドペーパーなどで磨いて起毛させたモノ。毛足が短く厚めに加工されているため、スエードに比べて丈夫なのが特徴です。

なお、スエードにもいえることですが、お手入れは必須。ヌバックはスエード以上に雨水でできたシミがとれにくいので、防水ケアはとくに重要です。消しゴムを使用して汚れを落とす際は、強くこすり過ぎないように注意が必要。ブラッシングに関しても、やわらかいラバーパーツを使うのがおすすめです。

エンジニアブーツのおすすめメーカー・ブランド

チペワ(CHIPPEWA)

By: amazon.co.jp

「チペワ」は、1901年に創業したアメリカの老舗メンズブーツブランド。名称は、ネイティブアメリカン居住区のウィスコンシン州チペワ・フォールでブーツが製造されたことが由来といわれています。

当時、同地域では製紙業が栄えており、森林伐採をする作業員が多かったためブーツの需要が拡大。そのニーズに応えるべく、製品づくりに着手したのが背景となっています。老舗ならではのエンジニアブーツをぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING)

By: amazon.co.jp

「レッドウィング」は、1905年から続く老舗の靴ブランド。自社工場にこだわり、耐久性に富んだシューズ製造し続けています。

創業者のチャールズ・ベックマンはドイツからアメリカへ移住したのち、革なめし工場で働くものの、「本当にいい靴だけを売りたい」という強い意志のもと自社ブランドを設立。今もなお、創設者の思いを受け継ぎ、真摯に靴づくりに努めています。

ウエスコ(WESCO)

By: amazon.co.jp

1918年に設立した「ウエスコ」は、アメリカを代表する老舗ブーツメーカー。耐久性とカスタム自由度の高さが特徴で、ワーカーたちの足元を守り続けています。

職人の手による、妥協のないモノづくりを継続しているのが特徴。過酷な環境下でも耐えうるブーツを必要としている方におすすめです。

ホワイツブーツ(WHITE’S BOOTS)

By: rakuten.co.jp

「ホワイツブーツ」は、ホワイツとも呼称されるアメリカの老舗ワークブーツメーカー。南北戦争時代からバージニア州でスタートしたという説もありますが、設立はアイダホ州のセントマリーズに移転した1902年です。

その歴史や質実剛健なつくりから、「キング・オブ・ブーツ」などと称されることも多く、最高峰のブランドとしても世界に知られています。また、カスタムオーダーメイドができるのも魅力。ハイエンドクラスのブーツを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

エンジニアブーツのおすすめモデル

チペワ(CHIPPEWA) 1901M03 ENGINEER BOOTS

チペワ(CHIPPEWA) 1901M03 ENGINEER BOOTS

チペワの11インチ仕様のエンジニアブーツ。本製品は、1937年に細身の乗馬用の靴として製作。現在のエンジニアブーツのスタイルを確立した、「イングリッシュライディングブーツ(English Riding Boot)」としても知られています。

グッドイヤー製法を採用しており、堅牢性に優れているのが魅力。同ジャンルのパイオニアとして、歴史的な意義がある1足です。

チペワ(CHIPPEWA) 1901M11 ENGINEER BOOTS

チペワ(CHIPPEWA) 1901M11 ENGINEER BOOTS

肉厚でありながら、しなやかなレザーを採用したチペワのエンジニアブーツ。耐久性の高いグッドイヤーウェルト製法により、長期間愛用できるのが特徴です。

なお、登山用のソールによく使われるビムラムソールを採用しているため、履き心地も良好。汎用性の高いエンジニアブーツを求めている方におすすめの1足です。

チペワ(CHIPPEWA) 1901M48 ENGINEER BOOTS

チペワ(CHIPPEWA) 1901M48 ENGINEER BOOTS

同ブランドのロングセラーモデルとして知られる、「1901」シリーズの11インチエンジニアブーツ。本製品はスティールトゥのデザインを踏襲したまま、プレーントゥに変更しているのが特徴です。

爪先がスマートなスティールトゥに比べて、ボリュームがあるのもポイント。王道スタイルのエンジニアブーツを求めている方におすすめです。

レッドウィング(RED WING) ヘリテージワーク エンジニアブーツ 2268

レッドウィング(RED WING) ヘリテージワーク エンジニアブーツ 2268

堅牢なデザインが魅力のエンジニアブーツ。銀面が顔料と樹脂でコーティングされており、耐久性に優れています。お手入れもスムーズで、長く愛用できるのも魅力です。

本製品の「2268」は、スティールトゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして1961年に発売。いくつのマイナーチェンジを経て今日に至っています。ワークブーツらしいエンジニアブーツを探している方はチェックしておきましょう。

レッドウィング(RED WING) エンジニアブーツ 8268

レッドウィング(RED WING) エンジニアブーツ 8268

落ち着きあるベージュカラーが特徴の、スエード仕様のエンジニアブーツ。蒸気機関士の足元をプロテクトするためにつくられたのが発端で、マイナーチェンジを経て、現行モデルに至っています。

本製品の革は「アビレーンラフアウトレザー」と呼ばれるモノで、アビレーンとはアメリカ・テキサス州にある中部の都市の名前。革を裏返した起毛を削り、粗い風合いを楽しめるのが特徴です。

ウエスコ(WESCO) エンジニアブーツ BOSS #7700100

ウエスコ(WESCO) エンジニアブーツ BOSS #7700100

ウエスコのエンジニアブーツの「BOSS」。タフにつくられているのが特徴で、機械工などの労働者はもちろん、バイカーなど、世界中のファンから支持されている1足です。

爪先部分には頑丈なスティールトゥを採用しており、エンジニアブーツの重厚さを存分に体感できるのもポイント。がっしりとしたフォルムながら、屈伸性に優れたステッチダウン製法を採用することで、履き心地にも配慮されています。高品質なエンジニアブーツを探している方におすすめのモデルです。

ホワイツブーツ(WHITE’S BOOTS) エンジニアブーツ NOMAD #9169

ホワイツブーツ(WHITE'S BOOTS) エンジニアブーツ NOMAD #9169

ホワイツのエンジニアブーツの「NOMAD」。長さは12インチで、手縫いの「ハンドソーン製法」のクオリティをしっかりと感じられるのが特徴です。

採用するラスト(木型)は、エンジニア専用デザインの「#9169」。色や素材はもちろん、ソールの種類や細かいパーツ類まで、お好みにあわせてフルオーダーできるのも魅力です。満足度の高いエンジニアブーツを求めている方はチェックしておきましょう。

ロンウルフブーツ(LONE WOLF BOOTS) エンジニアブーツ LW00300

ロンウルフブーツ(LONE WOLF BOOTS) エンジニアブーツ LW00300

「ロンウルフブーツ」のエンジニアブーツ。同シリーズは国内で数多くのワークウエアブランドを持つ「東洋エンタープライズ」のひとつで、厳密にはレプリカデニムで有名な「シュガーケーン」から派生したブランドとして知られています。

本製品は、1940年代後半から60年代のワークブーツに採用されていた「CAT’S PAWソール」を装着したモデル。グッドイヤーウェルト製法を採用しており、履き古してソールが擦り減っても、何度でも交換できます。

革は、オイル含有量の高いアメリカの老舗メーカー「ホーウィン」のオイルドレザーを採用。銀面を適度に擦ってあるため、履き込んで経年変化していくほどに、下地染色のベージュ色と仕上げの着色とのコントラストを楽しめます。

さらに、バックルはオールドスタイルの雰囲気を再現すべく、オリジナルで製作したブラス製をチョイス。細かいパーツに至るまで、ヴィンテージを意識したつくりとなっているのも魅力です。

アディクトクローズ(Addict Clothes) エンジニアブーツ AD-S-01

アディクトクローズ(Addict Clothes) エンジニアブーツ AD-S-01

反り上がったつま先が特徴的なエンジニアブーツ。ボリューム感のあるスタイルと相まって、均整のとれたフォルムに仕上がっています。

一方で、甲が低く、かかとが細いシルエットなので、スタイリッシュに見えるのも注目すべき点。タウンユースでも違和感なく履けるおすすめの1足です。

クリンチ(CLINCH) エンジニアブーツ Classic Narrow

クリンチ(CLINCH) エンジニアブーツ Classic Narrow

シャープな靴型を採用した、やや細身のエンジニアブーツ。グッドイヤーウェルテッド製法などの原型となった「ハンドソーンウェルテッド製法」を用いており、丁寧につくられているのが特徴です。

また、革はホースバットレザーを採用。履き込むほどに馬革特有の風合いが出るほか、お手入れをしっかりすることで、より艶やかな光沢感が楽しめます。色気あるエンジニアブーツを探している方はチェックしてみてください。

メイカーズ(Makers) エンジニアブーツ HORSE ENGINNER

メイカーズ(Makers) エンジニアブーツ HORSE ENGINNER

クラシカルな雰囲気のエンジニアブーツ。ホースバットレザーを採用しており、履けば履くほど馬革ならではの細かなシワが刻まれるほか、しっかりとお手入れをすることで光沢が増していくのが特徴です。

アウトソールとヒールには、ヴィンテージ感のあるビルトライトを採用。また、ミッドソールにはオイルを十分に含ませたベンズレザーを採用しています。長く愛用できるブーツを求めている方は、候補として検討してみてください。

スローウエアライオン(SLOW WEAR LION ) エンジニアブーツ OB-8595H

スローウエアライオン(SLOW WEAR LION ) エンジニアブーツ OB-8595H

メイドインジャパン仕様のエンジアブーツ。同社のブーツは日本人にあったブーツづくりに定評があり、長く愛用できるのが特徴です。

革は、アメリカで100年以上の歴史があるホーウィン社のクロムエクセルレザーを採用。また、トゥにふくらみを持たせているほか、着脱の機会が多い日本の文化にあわせて、ファスナーを備えているのもポイントです。

外側に折って中板と縫いつけるダブルステッチダウン製法により、頑丈で気密性が高いのも魅力。快適さに配慮したおすすめのエンジアブーツです。

トロフィークロージング(TROPHY CLOTHING) エンジニアブーツ Arrow Engineer Boots

トロフィークロージング(TROPHY CLOTHING) エンジニアブーツ Arrow Engineer Boots

厚みがありながらも、やわらかく足馴染みのよいエンジニアブーツ。採用するラスト(木型)はDワイズと若干細身で、無骨さがありながらもスマートに履けるのが特徴です。

ミッドソールにはオイルベンズを採用し、アウトソールにはクラシカルかつグリップ感のあるビルトライトのセパレートソールをチョイス。ヒールは斜めに4段積み上げた仕様で、細部にまでこだわりが感じられます。

アッパー部は、本ヌメ染料染めのオリジナル茶芯ステアハイドを採用。素上げに近いタンニンなめしで、履き続けることで革本来の自然な風合いを楽しめます。

クッシュマン(CUSHMAN) エンジニアブーツ 30’S Petersモデル

クッシュマン(CUSHMAN) エンジニアブーツ 30'S Petersモデル

1930年代当時のデザインを意識してつくられたエンジニアブーツ。艶やかな光沢を放つのが特徴で、洗練された大人スタイルを目指す方におすすめのモデルです。

ガラス仕上げの茶芯カウハイドを採用。また、グットイヤーウェルト製法を採用しているので、ソールの張り替えにも対応しています。やや控えめな価格帯もポイント。はじめてエンジニアブーツをコーデに取り入れたいと考えている方にもおすすめのモデルです。

ピストレロ(PISTOLERO) エンジニアブーツ 122-01

ピストレロ(PISTOLERO) エンジニアブーツ 122-01

7インチ仕様のエンジニアブーツ。ソールが張り替えられるグッドイヤーウェルト製法を採用しており、長く愛用できるのが特徴です。

また、本製品はショート丈なので、冬だけでなく春秋にも対応。よりタウンユースを意識したコーデにも適しています。なお、オーソドックな11インチもラインナップされているため、丈感違いの長短で揃えたい方はあわせてチェックしておきましょう。

ブラザー ブリッジ(BROTHER BRIDGE) エンジニアブーツ GEORGE

ブラザー ブリッジ(BROTHER BRIDGE) エンジニアブーツ GEORGE

同社オリジナルのホースハイドをしたエンジニアブーツ。光沢のある仕上がりで、履き込むほどに味わいが増すのが特徴です。

エッジ部分はシングルステッチで縫製され、スッキリとしたディテールにまとまっているのもポイント。つま先の内側に「キャンブレル」という素材を挟み込むことで、 吸汗性と強度に配慮しているのも魅力です。

アッパーの縫製は耐久性重視のトリプルステッチで、 伸縮性を保つ部分にはダブルステッチを採用。使い分けることで、 タフでありながら履き心地のよさも兼ね備えています。

エンジニアブーツのおすすめメンズコーデ

タウンユースにおすすめの大人スタイル

By: wear.jp

ウエスコのエンジニアブーツにデニムをあわせた男らしい組みあわせ。野暮ったさがなく、タウンユース向けの大人ダンディにまとめているのが特徴です。

ハットやアイウエアなどの小物を使うことで、ややマイルドに仕上げているのもポイント。アクセサリーなどは少なく、全体的にシンプルなスタイルなので、幅広い世代の方に参考となるコーデです。

ミリタリーテイストを取り入れる場合はボトムスをややタイトに

By: wear.jp

上下にデニムを取り入れつつ、アウターにミリタリージャケットをあわせたアメカジスタイル。トップスと足元にボリュームを持たせつつも、レギュラーからややスキニー寄りのボトムスにすることで、全体的にバランスを取っています。

デニムの色落ち具合やエンジニアブーツのユーズド感もコーデにマッチ。また、ブーツの素材も王道の黒レザーではなく、ベージュのスエードをチョイスしているのも参考となるポイントです。

派手めのアウターをあわせる際はサイズ感に配慮

By: wear.jp

チペワのエンジニアブーツに、スカジャンとデニムをあわせた春秋向けのコーデ。腰から下は経年変化を楽しめるアイテムで揃え、アメカジスタイルにまとめているのが特徴です。

足元にボリュームがあるので、アウターは丈感短め、ボトムスはロールアップ仕様。アクセサリー類を必要最低限に抑え、すっきりと見せているのもポイントです。

ダメージジーンズにはベージュ系のエンジニブーツをあわせる

By: wear.jp

タウンユースで映えるおすすめコーデ。スタジャンにダメージジーンズとラフなスタイルですが、ベージュ系のエンジニブーツをあわせることで、無骨すぎないテイストにまとめているのが特徴です。

ニットやサングラス 、ベルトなど、小物の使い方も控えめ。状況にあわせてマフラーを巻いてみたり、リュックを背負ってみたりしても、それほど違和感なくまとまります。ぜひ参考にしてみてください。