さまざまな種類があるブーツのなかでも、バイカーが履くイメージの強い「エンジニアブーツ」。装飾が少なくスッキリとしたデザインで、さまざまなメンズコーデにマッチするアイテムです。

そこで今回は、エンジニアブーツのおすすめアイテムをピックアップ。選び方やコーデもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

エンジニアブーツとは?

By: amazon.co.jp

エンジニアブーツは、アメリカ合衆国で誕生した作業用ブーツが起源。工事関係者や測量技師に人気があったことから「エンジニアブーツ」と呼ばれていました。

ブーツの高さは一般的に10〜18インチですが、長いモノだと股下まである場合も。ブーツ周りに紐はなく、甲からくるぶしあたりにベルトをあしらっているのが特徴です。

また、作業用のメンズブーツのため、つま先部分に鉄製もしくはプラスチック製のカップを内蔵。トゥ部分を保護する役割があります。頑丈さとファッション性を兼ね備えているので、バイカーからも人気を集めるアイテムです。

エンジニアブーツの選び方

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツはほかのブーツ同様、足のサイズはセンチ(cm)か、USサイズで表記されているのが特徴。たとえば、26cmであればUS8、28cmであればUS10が該当します。

なお、UKのイギリスサイズやEUのヨーロッパサイズで表記されている場合もあり、換算が異なるので、各メーカーの早見表をチェックしておきましょう。

ロングかショートで選ぶ

エンジニアブーツに限らず、ブーツは基本的にロング丈とショート丈の2種類。明確な定義はありませんが、足のスネがすっぽりと覆う10インチ以上がロング丈、7インチ前後がショート丈に該当します。

バイクに乗る機会が多い方は前者を、タウンユースで履きこなしたい方は後者を選ぶのがおすすめです。

レザーの種類で選ぶ

スムースレザー

By: rakuten.co.jp

スムースレザーは名前の通り、滑らかにならした革のこと。つるっとした仕上がりが特徴です。また、やわらかい手触りと高級感ある見た目を楽しめます。

革をクロムでなめしたあとに着色し、アイロンなどで仕上げるのが一般的。なかには、銀面をコーティングしているモノもあり、一口にスムースレザーといっても仕上げの方法や完成後の風合いはさまざまです。

スエード

「スエード」は、なめした革の裏面に紙や金属のヤスリなどをかけて起毛させ、表面として仕上げたモノです。

毛足が長く、起毛感も強いのが特徴。革自体は薄めなので、削れば削るほど強度は落ちますがキレイに仕上がります。見た目としては独特の光沢があり、あたたかみが感じられるのもポイントです。

エンジニアブーツのおすすめブランド

レッドウィング(RED WING)

レッドウィングは、1905年にアメリカ・ミネソタ州で誕生しました。2008年には、年間販売数量が300万足を超えた人気レザーシューズブランドです。米国内に工場をかまえ、長きにわたって「メイドインUSA」にこだわりを持ち続けています。

レッドウィング(RED WING) エンジニア ブラックハーネス

耐久性に優れたソールを搭載しているエンジニアブーツ。鉄道機関士用のブーツにも使用されているブラックネオプレーン・コードを採用しています。オイルや薬品に強いラバー素材が使われているのも特徴です。

オイルドレザーで制作されているため、しっとりした柔らかな質感が魅力。使い込むうちに付いてしまった傷やシワも、経年変化とともに味わい深くなっていきます。

ベーシックなブラックカラーで、さまざまなコーデに合わせやすいのがポイント。重厚感があるので、カジュアルコーデだけでなく、キレイめのハズしアイテムとしてもおすすめです。

レッドウィング(RED WING) ショートエンジニア

レッドウィングの定番である11インチ丈をショート丈にしたモデル。革を裏返した生地をそのまま使用しているため、スエードとは異なる生地感が特徴です。

ブラックネオプレーン・コードを搭載し、高い耐久性ながらコスパがよいのも魅力。カジュアルなコーデに合わせやすいベージュカラーなので、デニムアイテムとマッチします。スキニーパンツをブーツインして、アメカジスタイルを楽しむのがおすすめです。

チペワ(CHIPPEWA)

チペワは、1901年アメリカ・ウィスコンシン州チペワ・フォールズで誕生した老舗ブーツブランド。インディアンが住んでいたことから、ロゴマークにはインディアンが起用されています。

1つ1つ職人の手作業で作られており、クラフトマンシップを大事にしているブランド。耐久性に優れているだけでなく履き心地がよいのも特徴です。

チペワ(CHIPPEWA) ORIGINAL ENGINEER BOOTS

オイルドレザーで仕上げられた、ヴィンテージ感が魅力のエンジニアブーツ。エンジニアブーツに多いスチールトゥではなく、プレーン仕様で作られているのが特徴です。つま先にスチールが入っていない分、履き心地に優れています。

また、グッドイヤーウェルト製法を採用しているため、靴底の交換がしやすいのが魅力です。足の形に合わせて馴染んでいくのも特徴。長く愛用したい方におすすめです。

チペワ(CHIPPEWA) ENGINEER BOOTS

つま先から甲にかけてオーストリッチレザーを使用した贅沢なエンジニアブーツ。オーストリッチレザーは、生地にポツポツと突起のような模様が付いているのが特徴です。柔らかい生地感なだけでなく、耐久性にも優れています。シンプルながら、こだわりを感じられる1足です。

また、スチールトゥは搭載されておらず、プレーントゥ仕様で履き心地も良好。カジュアルなコーデに取り入れやすく、タウンユースに使えるのがおすすめのポイントです。

ホワイツ(White’s Boots)

ホワイツは、アメリカ西海岸・ワシントン州のスポケーンで誕生したブーツブランド。オーダーメイドで一人一人の足に合うワークブーツを制作しています。

さらに、土踏まずをサポートする「アーチイーズ」設計が特徴。自分だけのエンジニアブーツが欲しい方におすすめです。

ホワイツ(White’s Boots) NOMAD エンジニアブーツ

ホワイツが手掛けるNOMADは「King of Boots」とも呼ばれており、究極のエンジニアブーツとして人気のモデル。エンジニアブーツを制作するすべての工程をハンドメイドで行っているのが特徴です。

レザーの種類やソール、ステッチの種類など、細部までカスタムできます。また、好みに合わせてツートンカラーにできるのもホワイツならでは。自分だけの特別な1足が欲しい方におすすめです。

ホワイツ(White’s Boots) 12インチ NOMAD エンジニアブーツ

オイルドレザーで仕上げられたなめらかな質感が特徴のエンジニアブーツ。ホワイツが手掛けるNOMADモデルは、ステッチダウン製法やアーチイーズを用いて制作されており、履き心地に優れているのが特徴です。

また、合わせやすいブラックカラーなので、デニムはもちろん、ミリタリーコーデにもマッチします。耐久性の高いオイルドレザーを採用しているため、タウンユースはもちろん、登山などのレジャーシーンや冬場の寒い時期にもおすすめです。

ローリングダブトリオ(ROLLING DUB TRIO)

ローリングダブトリオは、レザーブーツのみならず、さまざまなレザーシューズを展開する日本のシューズブランドです。シンプルながらデザイン性に富んだ作品を提案しているのが特徴。メイドインジャパンにこだわりたい方におすすめです。

ローリングダブトリオ(ROLLING DUB TRIO) ルーツエンジニア

8.5インチのショート丈タイプのエンジニアブーツ。ロング丈に比べて、着脱しやすいのが魅力です。ステッチダウン製法を用いて、1つ1つハンドメイドで制作されているため、履き心地に優れています。

ショート丈でさまざまなパンツに合わせやすく、タウンユースしやすいのもポイント。マットな質感で上品さを兼ね備えているので、カジュアルなコーデにはもちろん、ツイード素材と合わせてトラッドコーデも楽しめます。

スローウェアライオン(Slow Wear Lion)

スローウェアライオンは、履き心地・履きやすさを追求した日本のブーツブランド。「日本人のために」を第一に、ブーツを製作しているのが特徴です。

日本の職人の思いが詰まった特別なブーツは、1つ1つ手作業で作られています。自分に合うブーツが見つけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スローウェアライオン(Slow Wear Lion) クロムエクセルレザーエンジニアブーツ

アメリカのホーウィン社が作るクロムエクセルレザーを使用したエンジニアブーツ。重厚感のある生地ながら、やわらかさも兼ね備えたレザーのため、足に馴染みやすいのが特徴です。

革を曲げることで色が薄くなるため、長年履き続けることで、自分だけのブーツに仕上がっていくのも魅力。経年変化により色が変わっていく様子を楽しめます。

生地はアメリカ産ですが、形は日本人に合わせて制作されているのがポイント。スチールトゥが入っていないため、軽量かつ歩きやすいエンジニアブーツを求めている方におすすめです。

スローウェアライオン(Slow Wear Lion) オイルドレザーエンジニアブーツ

オイルドプルアップカウレザーを使用した、足馴染みが早いエンジニアブーツ。サイドにはファスナーを備えているため、着脱しやすいのが嬉しいポイントです。

ステッチダウン製法で制作されているので、履き心地もよく、日本人の足に馴染みやすいのも魅力。ファスナー仕様であることも含めて、ストレスなく履けるエンジニアブーツです。

カジュアルなコーデに合わせやすい明るめのブラウンカラーは、足元を軽やかに見せられるのがポイント。無骨なエンジニアブーツでも、スタイリッシュに見せたい方におすすめです。

ウエスコ(WESCO)

ウエスコは、1918年アメリカ・オレゴン州スキャプースで誕生しました。防水性に優れたステッチダウン製法や、土踏まずを保護し足の負担を軽くするスティールシャンクを採用するなど、耐久性に優れたブーツ作りをしているのが特徴です。

ウエスコ(WESCO) ボス カスタム エンジニアブーツ

ウエスコが手掛けるバイカーたちから人気の「ボス」モデル。当時は機械作業用の安全靴として制作されましたが、安全性が高く頑丈なブーツであることから、最近ではバイク乗りたちから支持を集めています。

Eワイズで、幅や甲周りは広めの作りになっているため、日本人が履きやすいサイズ感になっているのもポイント。冬場の寒い時期に、厚手の靴下を履きたい方にもおすすめです。9インチで程よい丈感なので、ブーツアウトだけでなくブーツインも楽しめます。

ウエスコ(WESCO) ボス エンジニアブーツ バーラップ ラフアウト

バーラップと呼ばれるサンドカラーの革をスエード仕様にしたエンジニアブーツ。通常のスムースレザーやオイルドレザーと比べて、柔らかい質感が特徴です。

また、経年変化によるエイジングを感じやすく、年季の入り方も通常のレザーとは異なります。長年履き続けることにより、クタッとした味のある生地感に変わっていくのが魅力です。

スチールトゥが搭載されているため、足先をしっかり保護できるのもポイント。本格的な無骨なエンジニアブーツを求めている方におすすめです。

アヴィレックス(AVIREX)

アヴィレックスは、1975年アメリカで誕生。アメリカ空軍のパイロットに着せるフライトジャケットは、アヴィレックスが納品していました。ミリタリーファッションアイテムを多く発売しており、日本でも有名なファッションブランドです。

アヴィレックス(AVIREX) ホーネットエンジニアブーツ

ショート丈で着脱がしやすいエンジニアブーツ。スチールトゥ搭載により、ショート丈ながら本格的なエンジニアブーツとして使える万能な1足です。グットイヤー製法で制作されているため、耐久性にも優れています。

アメカジスタイルにマッチするダークブラウンカラーなので、デイリーユースしやすいのもポイント。デニムパンツでのブーツインスタイルや、ワイドパンツでのブーツアウトスタイルも様になります。

アヴィレックス(AVIREX) デストロイヤー サイドゴア リングブーツ エンジニアブーツ

サイドにリングが備えられた珍しいデザインのエンジニアブーツ。履きやすいショート丈に加えて、サイドゴア仕様のため、着脱を楽に行えるのが魅力です。

天然皮革を採用しているので、高いデザイン性ながら、本格的なブーツとしても万能な1足。履き込むほどに味が出るため、経年変化も楽しめるのが特徴です。

リングやサイドゴアといったおしゃれなデザインにより、デイリーユースしやすいのもポイント。シンプルコーデのアクセントにもおすすめです。

ロンウルフ(LONE WOLF)

ロンウルフは、1965年に日本で誕生した米軍向けの衣料メーカー「シュガーケーン」のシューズライン。ベトナム戦争終結後に日本国内向けの衣料メーカーになりました。

米軍向けに制作されているだけあって、本場のワークウェア感を味わえます。日本人の足に合うブーツを製作し、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。

ロンウルフ(LONE WOLF) エンジニアブーツ ハンター

ヴィンテージ感あふれるカウスエードで制作されたエンジニアブーツ。キャッツポウのソールを採用しており、グリップ力に優れているのが特徴です。ヴィンテージ好きにぴったりの1足となっています。

やや細身の形でスタイリッシュに履けるのも魅力。グットイヤーウェルト製法で履き心地がよく、ソールを張り替えられるのもポイントです。スタンダードな厚底仕様で飽きにくいため、1足を長く愛用したい方におすすめです。

ロンウルフ(LONE WOLF) エンジニアブーツ ファーマー

ベルトが付いていないデザインが特徴のシンプルなエンジニアブーツ。タンニン鞣しとクローム鞣しを用いており、速乾性や伸縮性に優れているのが特徴です。

滑り止めパッドが備えられたキャッツポウソールを採用しているのも魅力。キャッツポウソールが搭載されていることで、よりヴィンテージ感を楽しめる1足となっています。

程よいツヤ感を放つオイルドレザーを採用し、経年変化を楽しめるのもポイント。シンプルなデザインなので、無骨すぎないエンジニアブーツを探している方におすすめです。

カドヤ(KADOYA)

1935年に日本で誕生したカドヤ。ライダースジャケットを中心に革製品を手掛ける、日本の老舗メーカーです。創業当初から革ジャン作りに定評があり、ライダーの間で話題になりました。ライダーはもちろん、タウンユースとして履きたい方にもおすすめです。

カドヤ(KADOYA) KA-G.I.J エンジニアブーツ

ブラックのボディにゴールドのバックルが目を引くエンジニアブーツ。Vibram社のソールを採用しています。また、オイルをふんだんに染み込ませたレザーは、イタリアのVESTA社が加工した上質なモノ。グリップ力・耐久性・防水性に優れているのが特徴です。

日本人に合わせて制作されているため、フィット感を味わえるのも魅力。ソールの厚みは約2.5cmと厚すぎず、歩きやすいのもおすすめのポイントです。

ジーノ(Zeeno)

ジーノは、シンプルかつベーシックなアイテムを展開するシューズブランド。フェイクレザーを採用したブーツが多く、本革に比べて手を出しやすい価格帯です。手軽に足元をおしゃれに見せたい方や、初めてブーツにチャレンジする方におすすめのブランドです。

ジーノ(Zeeno) ドレープモンクブーツ

表情のあるドレープデザインが特徴のエンジニアブーツ。各所に焦がし加工がほどこされており、程よいヴィンテージ感を味わえるのがポイントです。

つま先やかかとなど、パーツによって色が異なるため、履くだけで足元に華やかさをプラスできるのも魅力。さらに、サイドにはジップが備わっているので着脱も簡単に行えます。

フェイクレザーを採用し、本革では叶わないコスパのよさも魅力のひとつ。手軽にブーツを履きたい方や、雨の日でもがっつりブーツスタイルを楽しみたい方におすすめです。

ジーノ(Zeeno) 2WAY エンジニアブーツ

履き口の裏地にチェック柄がほどこされた、2WAY仕様のエンジニアブーツ。折り返して履くことで異なる雰囲気を楽しめる、デザイン性に富んだ1足です。

程よいドレープ感で、生地に表情があるのもおしゃれなポイント。ベルトにはゴールドのバックルをほどこし、エンジニアブーツの無骨さもしっかり味わえるのが魅力です。

また、カラーによって素材感が異なるのも特徴。カラーごとに違った雰囲気を楽しめます。コスパがよいため、2色買いもおすすめのブーツです。

デデス(Dedes)

デデスは、ベーシックながら個性も追求したカジュアルなデザインを展開するシューズブランド。着回しの効く万能なシューズが多く、幅広いラインナップが特徴です。コスパがよく、手軽におしゃれを楽しめるのも魅力。ブーツ初心者の方におすすめのブランドです。

デデス(Dedes) ドレープサイドジップエンジニアブーツ

程よいドレープ感が特徴のエンジニアブーツです。アッパーにほどこされたドレープは、本革に見られる履きシワのようなデザイン。フェイクレザー素材ながら、ヴィンテージ感を味わえるのも魅力です。

また、バックルベルトではなく、リングデザインなのもおしゃれに見えるポイント。着脱しやすいショート丈に加えて、サイドにはジップが備わっています。履きやすさを重視する方におすすめです。

デデス(Dedes) サイドジップベルトショートブーツ

さまざまなスタイリングに合わせやすいショート丈のエンジニアブーツ。アッパーには、程よいドレープ感をほどこし、シンプルながら表情を感じられるのが特徴です。

合成皮革なので、雨の日でも気兼ねなく履けるのもポイント。さらに、サイドにはファスナーが備わっており、着脱しやすいのも魅力です。比較的安価でチャレンジしやすいため、初めてのブーツとしてもおすすめです。

エンジニアブーツの売れ筋ランキングをチェック

エンジニアブーツのランキングをチェックしたい方はこちら。

エンジニアブーツのおすすめコーデ

オーバーオール×エンジニアブーツでワーク感を演出

By: wear.jp

ワークスタイルの王道であるオーバーオールを着こなしたカジュアルコーデ。キャスケットをかぶることで、よりワーク感を演出できます。また、ゆったりしたサイズ感のオーバーオールは、ブーツアウトすれば垢抜けた印象になるのもポイントです。

ブーツは、レッドウィングのベージュスエードを着用。重厚感のある見た目ながら、明るめのベージュで足元を軽やかに見せられます。スエード素材なので、あたたかみのあるニットトップスとも好相性です。

アメカジスタイルならチェックシャツと合わせるのがおすすめ

By: wear.jp

チェックシャツとデニムパンツを合わせたアメカジコーデ。ブーツの色と合わせたキャップを選択することで、全体がまとまった印象になります。

チェックシャツが主役のコーデながら、エンジニアブーツの存在をしっかり感じ取れるのもポイント。ボリューム感のあるブラックのエンジニアブーツは、ストレートデニムで合わせてすっきり見せるのがおすすめです。

また、デニムをロールアップすることで、野暮ったさを軽減できます。アンクル丈でも代用できるので、ブーツコーデをすっきり見せたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミリタリーに決めるならカーキパンツがぴったり

By: wear.jp

Gジャンとカーキパンツを合わせたミリタリーコーデ。Gジャンの下に合わせた白Tをあえて見せるレイヤードスタイルにより、おしゃれな着こなしになります。

重厚感のあるブラックのエンジニアブーツで、カジュアルながら余裕のある大人のスタイルに。また、カジュアルなコーデにはブーツアウトするのがおすすめです。程よくぬけ感を演出できるので、ぜひ試してみてください。

タウンユースに使うならオーバーサイズコーデがおすすめ

By: wear.jp

MA-1ブルゾンとエンジニアブーツを合わせたおしゃれなコーデ。ワークスタイルではなく、程よいカジュアルコーデを好むなら、オーバーサイズで合わせてみましょう。

ボリューム感のあるエンジニアブーツに、あえてゆったりしたストレートのパンツを選択。アウターやパンツをオーバーサイズにすることで、程よい脱力感を演出できます。

また、野暮ったく見えないように、トップスはボトムスにインするのがおすすめ。タウンユースに履きこなしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。