さまざまな種類があるブーツのなかでも、バイカーが履くイメージが強い「エンジニアブーツ」。装飾が少なくスッキリとしたデザインで、メンズコーデにマッチするアイテムです。

そこで今回は、エンジニアブーツのおすすめアイテムをピックアップ。選び方やコーデもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

エンジニアブーツとは?

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツは、アメリカ合衆国で誕生した作業用ブーツが起源。工事関係者や測量技師に人気があったことから「エンジニアブーツ」と呼ばれていました。

ブーツの高さは一般的に10〜18インチですが、長いモノだと股下まである場合も。ブーツ周りに紐はなく、甲からくるぶしあたりにベルトがあしらわれているのが特徴です。

また、作業用のメンズブーツということもあり、つま先部分に鉄製もしくはプラスチック製のカップが内蔵。トゥ部分を保護する役割があります。頑丈さとファッション性を兼ね備えているため、バイカーから人気を集めるアイテムです。

エンジニアブーツの選び方

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツはほかのブーツ同様、足のサイズはセンチ(cm)か、USサイズで表記されているのが特徴。たとえば、26cmであればUS8、28cmであればUS10が該当します。

なお、UKのイギリスサイズやEUのヨーロッパサイズで表記されている場合もあり、その際は換算が異なるので、各メーカーの早見表をチェックしておきましょう。

ロングかショートで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エンジニアブーツに限らず、ブーツは基本的にロング丈とショート丈の2種類。明確な定義はありませんが、足のスネがすっぽりと覆う10インチ以上がロング丈、7インチ前後がショート丈に該当します。

バイクに乗る機会が多い方は前者を、タウンユースで履きこなしたい方は後者を選ぶのがおすすめです。

レザーの種類で選ぶ

スムースレザー

By: rakuten.co.jp

スムースレザーは名前の通り、なめらかにならした革のこと。つるっとした仕上がりが特徴です。スムースレザーは「銀付き革」と「ガラスレザー」に分けられます。

銀付き革は着色に染料を使い、革の表側の銀面と呼ばれる部分を活かしたタイプです。経年変化がしっかりと楽しめますが、コーティングされていないので耐久性や耐水性が低いのがデメリット。長くキレイに履き続けるためには、入念なお手入れが必要となります。

一方、ガラスレザーは銀面を磨き、顔料による塗装仕上げをしたモノ。革にコーディングが施されているため、耐久性や耐水性に優れているのが魅力です。一方、オイルが浸透しにくく、経年変化によるエイジングは銀付き革ほどではないので、その点は留意しておきましょう。

スエード

By: amazon.co.jp

「スエード」は、なめした革の床面(裏面)を紙や金属のヤスリなどで磨いて起毛させ、ひっくり返して銀面(表面)で使用したモノです。

毛足が長く、起毛感も強いのが特徴。革自体は薄めなので、削れば削るほど強度は落ちますがキレイに仕上がります。見た目としては独特の光沢があり、あたたかみが感じられるのもポイントです。

エンジニアブーツのおすすめメーカー・ブランド

チペワ(CHIPPEWA)

By: amazon.co.jp

「チペワ」は、1901年に創業したアメリカの老舗メンズブーツブランド。名称はネイティブアメリカン居住区のウィスコンシン州チペワ・フォールで、ブーツの製造を開始したことが由来といわれています。

当時、同地域では製紙業が栄えており、森林伐採をする作業員が多かったためブーツの需要が拡大。ニーズに応えるべく、製品づくりに着手したのが背景となっています。老舗ならではのエンジニアブーツを、ぜひチェックしてみてください。

レッドウィング(RED WING)

By: amazon.co.jp

「レッドウィング」は、1905年から続く老舗の靴ブランド。自社工場にこだわり、耐久性に富んだシューズ製造し続けています。

創業者のチャールズ・ベックマンはドイツからアメリカへ移住したのち、革なめし工場で働くものの、“本当にいい靴だけを売りたい”という強い意志のもと自社ブランドを設立。今もなお、創設者の思いを受け継ぎ、真摯に靴づくりに努めています。

ウエスコ(WESCO)

By: rakuten.co.jp

1918年に設立した「ウエスコ」は、アメリカを代表する老舗ブーツメーカー。耐久性とカスタム自由度の高さが特徴で、ワーカーたちの足元を守り続けています。

職人の手による、妥協のないモノづくりを継続しているのが特徴。過酷な環境下でも耐えうるブーツを必要としている方におすすめです。

ホワイツブーツ(WHITE’S BOOTS)

By: rakuten.co.jp

「ホワイツブーツ」は、ホワイツとも呼称されるアメリカの老舗ワークブーツメーカー。南北戦争時代からバージニア州でスタートしたという説もありますが、設立はアイダホ州のセントマリーズに移転した1902年です。

歴史や質実剛健な作りから、「キング・オブ・ブーツ」などと称されることも多く、最高峰のブランドとしても世界に知られています。また、カスタムオーダーメイドができるのも魅力。ハイエンドクラスのブーツを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

エンジニアブーツのおすすめモデル

チペワ(CHIPPEWA) STEEL TOE POLISHABLE BOOT 71418

光沢感のあるレザーを使用した、上品なデザインが魅力のロングエンジニアブーツです。17インチのロング丈で、つま先を衝撃から保護するスティールトゥ仕様。

サイズは足長だけでなく、普通幅から幅広タイプまでの3パターンの横幅から選択できます。洗練されたルックスと実用性の高さからバイカーたちにも支持される、おすすめのアイテムです。

チペワ(CHIPPEWA) HIGHLANDER 1901M08

7インチのショートエンジニアブーツです。履き古したような、味のあるフルグレインオイルドレザーを使用しています。 ホワイトステッチがおしゃれ。ショート丈で脱ぎ履きがしやすいため、デイリーユースにおすすめです。

アウトソールには、グリップ性と衝撃吸収性に優れたビブラムソールを採用。土詰まりがしにくいため、メンテナンスも簡単です。また、耐油性も備えており、オイルによる滑りを防ぎます。

ソールの交換が可能なグッドイヤーウェルト製法で作られており、長く使用できるところもポイントです。

チペワ(CHIPPEWA) STEEL TOE ENGINEER 1901M59

 

ブラックとブラウンのレザーを組み合わせたデザインがおしゃれな11インチのエンジニアブーツ。ファッション感度の高い方や、人とかぶるのを避けたい方におすすめのアイテムです。

つま先を保護するスティールトゥ仕様。グッドイヤーウェルト製法で作られているため、耐久性が高いのもポイントです。アウトソールには、グリップ力に定評のあるビブラムソールを採用。

デザインと機能性を兼ね備えており、シンプルなコーディネートのアクセントにおすすめのエンジニアブーツです。

チペワ(CHIPPEWA) MOC ENGINEER BOOTS 97876

7インチのエンジニアブーツです。アメカジテイストを強く反映した、アッパーのU字型の縫い目が特徴。カジュアルな着こなしを好む方におすすめのアイテムです。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、耐久性が高く重厚感のあるシルエットが魅力。アウトソールには、クッション性に優れたビブラムソールを採用しているので履き心地も良好です。

ムラ感のある色味なので、履き込むほどにヴィンテージの風合いを楽しめるところもポイント。 脱ぎ履きしやすいショート丈で、デイリーユースにおすすめのエンジニアブーツです。

チペワ(CHIPPEWA) STEEL TOE ENGINEER 1901M12

ショート丈のエンジニアブーツです。オイルドレザーを使用したムラのある色味が魅力で、履き込むほどにヴィンテージの風合いを醸し出します。

また、7インチのショート丈で履きやすいところもポイント。エンジニアブーツに欠かせない、つま先を保護するスティールトゥを採用しています。アウトソールには、グリップ力の高いビブラムソールを使用。ショート丈で、幅広い着こなしにマッチするおすすめのアイテムです。

レッドウィング(RED WING) 11インチ エンジニア スティールトゥ 2268

レッドウィングを代表する定番モデル。履きこなしやすい11インチのロング丈で、バイカーをはじめ幅広く支持を集める1足です。足先を保護するスティールトゥを採用。インソールとアウトソールの間にコルクが詰められており、履き込むほどに段々と自分の足裏に馴染むのが魅力です。

アウトソールには、コード状のナイロンを混ぜ込みグリップ力を高めたコードソールを採用。耐油性と耐久性に優れています。鈍い輝きを放つブラッククロームレザーを使用し、ワイルドなスタイリングを好む方におすすめのエンジニアブーツです。

レッドウィング(RED WING) 11インチ エンジニア スティールトゥ 8268

ヌーディーなベージュがおしゃれな11インチのエンジニアブーツです。ライトカラーのデニムと相性がよい色味で、1年を通して活躍します。

毛足をカットせず仕上げたラフアウトレザーを採用。オイルを含ませていないため通気性がよく、夏場など暑い時期に履きたい方にぴったりです。汚れが付きやすいため、気になる方はラフアウト用の消しゴムを使用してこまめにメンテナンスするのがおすすめ。

くたっとした使用感を好む方は、汚れを気にせず履き潰すと味のある仕上がりに。爽やかな印象を与えたい方におすすめのアイテムです。

レッドウィング(RED WING) 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ 9268

クロンダイクレザーを使用したエンジニアブーツです。履き込むことで次第にレザーの塗膜が色落ちし、下地の茶芯が見えてくるよう作られたこだわりの1足。時間の経過とともに味が出て、より魅力を増すところが最大のポイントです。

レザーはあえて硬めに仕上げられており、履いて馴染ませていく過程を楽しめます。足首部分を細く絞った、スタイリッシュな印象を与えるシルエットが特徴。スキニーデニムやテーパードパンツなどと合わせると、スマートにキマります。

シンプルかつ洗練されたデザインのエンジニアブーツを探している方は、チェックしてみてください。

ウエスコ(WESCO) BOSS Standard 7700

ウエスコのスタンダードモデルのエンジニアブーツです。11インチの長さで足をしっかりとホールドします。ソールも含めブラックで統一されたカラーに、ブラウンとホワイトのステッチが際立つスタイリッシュなデザインが魅力です。

耐久性に優れた、肉厚なオイルドカウハイドレザーを使用。アウトソールには、グリップ力の高いビブラムソールを採用しています。デザインと機能性を兼ね備えたおすすめのエンジニアブーツです。

ウエスコ(WESCO) 100 Anniversary Model 1939

ウエスコの創業100周年を記念して作られたエンジニアブーツです。艶やかでしなやかな質感の、ブラックホースハイドレザーを採用。新品のときから足に馴染むため、履き心地も良好です。

履くごとに刻まれるエイジングにより、レザ―下地の茶芯が見えて風合いが変化します。つま先は、バブルトゥと呼ばれる高さのある反り上がったシルエットが特徴。

グリーンとブラウンのソールがデザインのアクセントになっています。ヴィンテージ感のあるエンジニアブーツを探している方におすすめの1足です。

ウエスコ(WESCO) BOSS Burgundy Domain 7709

バーガンディカラーのエンジニアブーツです。コーディネートのアクセントとしてもおすすめのアイテム。深みのある絶妙な色味で、個性がありつつもさまざまな服装にマッチします。

9インチと程よい丈で、脱ぎ履きしやすいところもポイント。屈曲性に優れたステッチダウン製法で仕立てられているため、動きやすく快適な履き心地も魅力です。横幅や甲部分はやや広めに作られているので、サイズ選びには注意しましょう。

エンジニアブーツをおしゃれに履きこなしたい方は、チェックしてみてください。

ホワイツブーツ(WHITE’S BOOTS) NOMAD #9169

自分好みにカスタマイズできるエンジニアブーツです。使用するレザーの種類や色をはじめ、トゥのパターンやソールなど、細かなパーツまで好みに合わせて選択可能。自分だけの1足に仕上げられるため、より愛着が湧きます。

職人が手作業で作り上げるので、ハンドクラフトのあたたかみが感じられるところも魅力のひとつ。素材の異なるレザーやカラーを組み合わせることで、ほかにはない個性的なデザインが完成します。

デザインにとことんこだわりたい方におすすめのエンジニアブーツです。

アヴィレックス(AVIREX) ショートエンジニアブーツ ホーネット 2225

ショート丈のエンジニアブーツです。上質なカウハイドレザーを贅沢に使用。鈍い光沢感と滑らかな手触りが特徴です。足首部分にあしらわれたバックル付きベルトは、4段階で長さ調節が可能。自分の足に合わせてサイズを変更できます。

高品質なレザーを使用しながら、手頃で購入しやすい価格も嬉しいポイント。中敷きはカップインソールを搭載しており、クッション性が高く履き心地も良好です。アウトソールには、高いグリップ力がありながらも軽量なラグソールを採用しています。

ショート丈でデイリーに活用しやすいため、エッジのきいたコーディネートに仕上げたいときにおすすめのエンジニアブーツです。

ロンウルフ(LONE WOLF) ENGINEER LW00300

日本製のエンジニアブーツです。オイル含有量の高いオイルドレザーを採用しており、耐久性と堅牢性に優れています。オールドスタイルの雰囲気を再現するために、オリジナルで製作したこだわりのバックル付き。経年の変化でより一層味わいが深まります。

アウトソールには、1940~60年代のワークブーツに使われていたキャッツポウソールを採用。細部までヴィンテージを受け継いだ作りで、デザインにこだわりたい方におすすめのアイテムです。

アトラクションズ(Attractions) Engineer Boots Lot.269

光沢の美しいシルキーガラスレザーを使用したエンジニアブーツです。1940年~50年代の革を研究し、オリジナルで丁寧に作り上げたこだわりのレザーを使用。透明感があり、洗練された印象を与えます。

かかとの形状には特別なこだわりを持って作られており、立体的で硬さのあるヒールカウンターを使用。品のある雰囲気とエンジニアブーツ特有の無骨さが組み合わさった、大人の男性におすすめのアイテムです。

スローウェアライオン(SLOW WEAR LION) 8595H クロムエクセルレザー エンジニアブーツ

ジャパンブランドのエンジニアブーツです。オイルをたっぷりと含んだクロムエクセルレザーを採用。柔軟性があり、履きはじめから足によく馴染みます。

トゥに膨らみをもたせたシルエットが特徴。スティールトゥはあえて入れず、軽量な履き心地に仕上げています。内側には、着脱に便利なファスナー付き。脱ぎ履きも簡単に行えます。

日本人に合わせた木型を使用しており、日本人の足に合うように設計されているところもポイント。 履き心地を重視したい方におすすめのエンジニアブーツです。

メイカーズ(Makers) 11inch Engineer Boots Narrow Toe

馬革を使用した11インチのエンジニアブーツです。ふくらはぎを包み込むロング丈で、クラシカルな印象を与えます。きめ細かく特有の艶感が美しい、ホースバットレザーを使用。履き込むほどに、ヴィンテージ感溢れる風合いに変化します。

アウトソールには、オールド感のあるビルトライトソールを採用。つま先の狭いナロートゥ形状で、スタイリッシュに着こなしがキマります。上品なデザインで、幅広いコーディネートにマッチするエンジニアブーツです。

ピストレロ(PISTOLERO) ENGINEER BOOT

7インチのベーシックなエンジニアブーツです。鈍い光沢のあるステアハイドレザーを採用。品がありつつも無駄を削ぎ落したデザインで、クールな印象を与られます。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、耐久性が高いのも魅力です。ショート丈で脱ぎ履きしやすいところもポイント。幅広いスタイリングに活用できるため、デイリーユースにおすすめの1足です。

エンジニアブーツのおすすめメンズコーデ

タウンユースにおすすめの大人スタイル

By: wear.jp

ウエスコのエンジニアブーツにデニムをあわせた男らしい組み合わせ。野暮ったさがなく、タウンユース向けの大人ダンディにまとめているのが特徴です。

ハットやアイウエアなどの小物を使うことで、ややマイルドに仕上げているのもポイント。アクセサリーなどは少なく、全体的にシンプルなスタイルなので、幅広い世代の方に参考となるコーデです。

ミリタリーテイストを取り入れる場合はボトムスをややタイトに

By: wear.jp

上下にデニムを取り入れつつ、アウターにミリタリージャケットをあわせたアメカジスタイル。トップスと足元にボリュームを持たせつつも、レギュラーからややスキニー寄りのボトムスにすることで、全体的にバランスを取っています。

デニムの色落ち具合やエンジニアブーツのユーズド感もコーデにマッチ。また、ブーツの素材も王道の黒レザーではなく、ベージュのスエードをチョイスしているのも参考となるポイントです。

ダメージジーンズにはベージュ系のエンジニブーツをあわせる

By: wear.jp

タウンユースで映えるおすすめコーデ。スタジャンにダメージジーンズとラフなスタイルですが、ベージュ系のエンジニブーツをあわせることで、無骨すぎないテイストにまとめているのが特徴です。

ニットやサングラス 、ベルトなど、小物の使い方も控えめ。状況にあわせてマフラーを巻いてみたり、リュックを背負ってみたりしても、それほど違和感なくまとまります。ぜひ参考にしてみてください。