着こなしにこだわるおしゃれな男性から、根強い人気を誇る「チャッカブーツ」。大人っぽいきれいめスタイルとマッチするのはもちろん、カジュアルスタイルを上品に格上げするアイテムとしても重宝します。

そこで今回は、チャッカブーツを購入する際にチェックしておきたい人気ブランドとおすすめのアイテムをピックアップ。着こなしの参考になるコーディネート例もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

チャッカブーツとは?

By: amazon.co.jp

チャッカブーツは、乗馬競技の「ポロ」で使用する靴に似ていることが名前の由来と言われています。くるぶし丈の深さで、紐穴が2~3つ設けられているのが特徴です。

素材にはスムースレザーやスエードが使われることが多く、長く愛用することにより経年変化が楽しめるのも魅力。革靴ながらカジュアルな雰囲気を持ち合わせているので、さまざまなファッションに合わせられるおすすめのシューズです。

チャッカブーツのおすすめ人気ブランド

リーガル(REGAL)

「リーガル」ブランドが日本に上陸したのは1961年。確かな品質と洗練されたデザインの革靴は、多くのビジネスマンに愛されてきました。素材の選定から検査、加工までを職人の手によって行うモノ作りへの姿勢は、現在でも一貫しています。

リーガル(REGAL) チャッカブーツ 40NR

リーガル(REGAL) チャッカブーツ 40NR

ベーシックな木型を使用して仕上げられた、「雪道対応ソール」仕様のチャッカブーツ。素材の一部に雨や雪を防ぐ、ゴアテックスが採用されています。ゴアテックスの細かい穴が、汗による水蒸気を効率よく外へ放出するので、靴の中が蒸れにくく長時間快適に歩けるのが魅力です。

カラーはブラック・ダークブラウンの2種類。アッパーには牛革が使用されており、耐久性に優れ、経年変化が楽しめます。さまざまなシーンにマッチし、天候を気にせずに着用できる1足です。

リーガル(REGAL) チャッカブーツ 55NRB

リーガル(REGAL) チャッカブーツ 55NRB

ボリューム感があり、シンプルなデザインのチャッカブーツ。履き口が広く簡単に着脱が行えます。カップインソールは取り外して洗えるので、ブーツ内を清潔に保てるのも魅力のひとつ。

リア部分はやや丸みを帯びたシンプルな作りとなっており、ゆったりと履けるのもポイントです。アッパーの素材には牛革を使用。耐久性に優れており、履くごとに足に馴染みます。

カラーはブラック・バーガンディ・ネイビーコンビの3色。フォーマルからカジュアルまで、シーンを選ばず着用できるアイテムです。

パラブーツ(Paraboot)

100%フランス製の靴作りにこだわる「パラブーツ」。150以上の工程を経て手作りされた靴は、履くにつれて足に馴染み、快適な履き心地を実現しています。素材、靴作りのノウハウ、創作性のどれをとっても一級品の人気老舗メーカーです。

パラブーツ(Paraboot) カブリオレ

パラブーツ(Paraboot) カブリオレ

ドライビングシューズのラバーソールを採用したことにより、靴底が滑りにくく、グリップ力に優れたチャッカブーツです。歩くことが多いシーンや雨の日の悪路でも着用可能。

イタリアではマッケイ製法と呼ばれる、アウトソール・アッパー・インソールを縫う製法で作られています。ソールが曲がりやすく、軽量なのもポイント。温暖で降水量が少ない地中海で作られたので、通気性に優れています。

アッパーには、オイルドショートベロア革を採用。表面にオイルが施されており、履き込むごとに革の深みが出せるのも魅力。スタイリッシュなデザインがおしゃれなおすすめのアイテムです。

パラブーツ(Paraboot) ゲルニー

パラブーツ(Paraboot) ゲルニー

ソールを除いた筒丈の長さが、ヒールに向かって短くなっているのが特徴的なチャッカブーツ。筒丈の長さ自体は約8~10cmと通常のブーツより短く、高いフィット感もポイントです。

登山靴やスキー靴など、雪道を歩くためのシューズに用いられるノルヴェイジャン製法が採用されており、堅牢性の高い作りになっています。アッパーとインソールがすくい縫いされているため、安定感も良好です。

アウトソールには、クッション性に優れ長時間の歩行をサポートするTEXソールを採用。また、メイン素材にはスエードを使用しており、独特な光沢感が楽しめるのも魅力のひとつです。ボリューム感のあるシルエットが特徴的なおすすめの1足です。

トリッカーズ(Tricker’s)

1829年に創業した「トリッカーズ」。靴作りのメッカであるイギリス・ノーザンプトンで、180年以上にわたり伝統的な製法を守り続けてきたメーカーです。高級靴ブランドとして知られ、ロンドンの店舗にはイギリス王室御用達の紋章が掲げられています。

トリッカーズ(Tricker’s) ウィンストン M7468

トリッカーズ(Tricker's) ウィンストン M7468

堅牢性の高い仕上がりが特徴のグッドイヤーウェルト製法で作られたチャッカブーツ。通気性がよく耐衝撃性に優れているので、長時間の歩行に適しています。ソールが擦り減ってしまった時に交換できるのもメリットのひとつです。

ソールにはイギリスの「ハルボロ・ラバー社」が製造するダイナイトソールを搭載。サッカーや陸上のスパイクのような凹凸が施されており、グリップ性に優れているのが特徴です。雨の日でも滑ることなく歩けます。

アッパーにはクロムなめしが施された、ボックスカーフを採用。艶やかな美しさが楽しめるほか、傷が目立たない仕様になっています。余計な装飾が施されていないシンプルな作りで、幅広いシーンで使えるおすすめのアイテムです。

トリッカーズ(Tricker’s) マッドガードスエードチャッカブーツ 5265

トリッカーズ(Tricker's) マッドガードスエードチャッカブーツ 5265

ソールの周りをラバーで包んだマッドガード製法で作られたチャッカブーツ。アッパーとソールの間にスキマがなく、水や泥に強い構造になっています。雨の日や雪の日など、悪路でも着用できるアイテムです。

アッパーの素材には牛革スエードを採用。独特な光沢が楽しめるほか、履き始めから柔らかく足に馴染むのもポイントです。カジュアルながらも上品な雰囲気を醸し出しており、さまざまなコーディネートに合わせやすいアイテムです。

オールデン(ALDEN)

「オールデン」は、アメリカントラッドを語るうえで欠かせないメーカーです。オールデンのチャッカブーツは、優れた履き心地が特徴。最上級の素材と綿密な設計にこだわった靴作りにより、特別なシューズメーカーとして世界中から人気を集めています。

オールデン(ALDEN) アンティーク チャッカブーツ D5706C

オールデン(ALDEN) アンティーク チャッカブーツ D5706C

グッドイヤーウェルト製法を用いて作られたチャッカブーツです。堅牢性と安定性を兼ね備えており、長時間着用するときにもおすすめ。また、歩けば歩くほどに中底が足に馴染んでいくのもポイントです。

ソールには登山靴にも用いられるコマンドソールを搭載。重厚な見た目と強いグリップ力を誇っているため、山道や岩場などの舗装されていない道でも歩行可能です。

アッパーの素材にはコードバンを採用。カラーはオールデンを代表するダークバーガンディで、キメが細かく美しい表情が楽しめます。素朴なアメリカンスタイルと上品さを兼ね備えた1足です。

オールデン(ALDEN) チャッカブーツ コードバン 1340

オールデン(ALDEN) チャッカブーツ コードバン 1340

クセのないオーソドックスな木型である、バリーラスト仕様のチャッカブーツ。かかとが浅く広めの設計になっているので、日本人の足に合いやすい1足です。ほかのラストと比べてクビレが少なく、足の幅が広めの方でも着用できます。

ソールには天然皮革を採用。丈夫な革が2枚重なった構造になっており、耐久性に優れています。また、水が浸透しにくく、耐水性を兼ね備えているのもポイント。雨の日の着用にも適しています。

アッパーの素材には100年以上の歴史があるタンナー「ホーウィン社」のシェルコードバンを採用。牛革よりも耐久性があり、滑らかな質感が堪能できます。使い込むごとに独特のツヤが醸し出せる、味わいのあるアイテムです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

2003年にスタートした、インドネシア発のブランド。高い技術が必要なハンドソーンウェルテッド製法にこだわり、アウトソールの裁縫以外は全て手作業で行われています。高品質にもかかわらず、手を出しやすい価格帯のアイテムが多いのも特徴です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98322 CASTAGNA

ジャランスリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98322 CASTAGNA

ハンドソーンウェルテッド製法を用いて製造されたチャッカブーツです。リブを使用せずにウェルトを中底に直接縫いつけていることが特徴。ソールの返りがよく、軽い履き心地を体感できます。

リブが中底から剥がれることがなく、耐久性が高いのもポイントです。ソールには登山靴にも用いられる、ダイナイトソールを搭載。舗装されていない道でも着用できます。

アッパーには経年変化が楽しめるカーフレザーが採用されており、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたアイテムです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98771

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98771

PN02のラストを使用して作られたチャッカブーツ。丸みを帯びたラウンドトゥと、足馴染みのよいフィット感が特徴のアイテムです。ほかのラストに比べて甲が低めに作られているのもポイント。

製法にはハンドウェルテッドグッドイヤー製法を採用。ステッチにはボディと同じブラックを採用しています。ヒールの高さは約3cmあり、クッション性も良好です。

ソールにはリッジウェイソールを搭載。地面を線で捉えるため、ソフトな履き心地が楽しめます。グリップ力が強いため雨の日や雪の日などの悪路でも着用でき、ドレスダウンやカジュアルスタイルにも合わせやすい1足です。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)

1879年に、イギリス・ノーザンプトンで誕生した「クロケット&ジョーンズ」。美しいデザインだけでなく、“足を守る”という靴の機能を追求し、伝統の靴作りを貫いています。数多くの映画に靴を提供していることでも知られる人気ブランドです。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) テットベリー

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) テットベリー

フランス・パリで開発された「348」の木型で作られたチャッカブーツ。つま先にかけてやや細身の作りになっており、サイドエッジが利いたヨーロッパテイスト溢れるデザインが特徴です。

グッドイヤーウェルト製法で作られた本製品は、通気性に優れ、堅牢な作りになっているのポイント。歩行性や衝撃耐性にも優れており、長時間着用しても疲れにくいのが魅力です。

ソールには滑りにくく摩耗しにくいのが特徴で、スパイクのような凹凸が施されたダイナイトソールを採用。さらに、アッパーには気品高い光沢を放つワックスカーフを採用しています。さまざまなスタイルに合わせられる万能アイテムです。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) チャートシー

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) チャートシー

アッパーの素材に滑らかなスエードを採用したチャッカブーツ。独特の光沢感が楽しめるほか、あたたかな雰囲気を演出できることがメリットのひとつです。レザーと同等の丈夫さを持ちながら、さまざまなファッションにマッチします。

製法はグッドイヤーウェルト製法で、ソール自体を丸ごと交換できるのが特徴。型くずれしにくいメリットがあるほか、耐衝撃性や吸収性に優れており、長時間の歩行でも疲れにくいのがポイントです。

ソールには通気性や吸湿性に優れた、レザーソールを採用。フォーマルシーンにもカジュアルシーンにもマッチする1足です。

レッドウィング(RED WING)

世界的なブーツメーカーとして知られるレッドウィングは、1905年にアメリカで誕生しました。ほとんどのアイテムが、優れた耐久性を有する「グッドイヤーウェルト製法」で作られているのが特徴。長く愛用できる高品質なブーツが豊富に揃っています。

レッドウィング(RED WING) キャバリーチャッカ 9095

レッドウィング(RED WING) キャバリーチャッカ 9095

ソールにレッドウィング独自の「グロコード・メダリオン・ソール」が搭載されたチャッカブーツ。1920~30年代に開発されたソールは、耐久性・防水性・グリップ性に優れていることが特徴で、レッドウィングの名を一躍有名にしました。

アッパーの素材には、エスカイヤレザーを採用しています。キメ細かい銀板を持ち、シワが強く入り込むことが大きな特徴。特に足の甲が曲がる箇所には深く細かなシボが入り、足に馴染みやすいのもポイントです。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、耐久性に優れているので長く愛用できます。深みのあるカラーで、経年変化によってさまざまな表情に変化するアイテムです。

レッドウィング(RED WING) ポストマンチャッカ 9196

レッドウィング(RED WING) ポストマンチャッカ 9196

ソールにブラック・クッションクレープが搭載されたチャッカブーツ。柔らかな履き心地で、長時間の歩行にも適しています。

インソールのリブにアッパー・裏革・細革をすくい縫いで縫い付ける、グッドイヤーウェルト製法で作られているのも特徴のひとつ。接着剤を使用せず固定されており、ソールがすり減っても交換できます。

アッパーの素材にはシャパラルレザーを採用。表面が合成樹脂で塗装されているので、耐久性や耐水性にも優れ、長く愛用できるアイテムです。

ダナー(Danner)

「ダナー」は、1932年にチャールズ・ダナーがスタートさせたシューズメーカー。ハードな状況下でもしっかりと性能を発揮する、頑丈なアウトドアブーツが有名です。ブーツ製造の技術を活かし、クラシックラインとしてチャッカブーツを展開しています。

ダナー(Danner) チャッカレザーブーツ D213108

ダナー(Danner) チャッカレザーブーツ D213108

ソールにイタリアの「ビブラム社」が製造するソールを搭載したチャッカブーツ。元々は登山靴用に作られたソールのため、滑りにくく耐久性に優れています。機能性だけでなく、デザイン性があるのもポイントです。

アッパーの素材には肉厚なレザーを採用。タンニンなめしを施すときにオイルをたっぷりと染み込ませ、耐久性を向上させています。しっとりとした質感や上品な光沢が楽しめるほか、お手入れすれば長期にわたって着用可能です。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、履き続けることで自分の足に少しずつ馴染んでくるおすすめの1足です。

ダナー(Danner) アンディゴ D-1806

ダナー(Danner) アンディゴ D-1806

クラシカルな雰囲気を演出する、セミドレスモデルのチャッカブーツです。アッパーの素材にはアメリカ「ホーウィン社」のフルグレインレザーを採用。銀面が擦られておらず、革本来の味わいを楽しめます。

製法はシングルステッチダウンを採用。締め付けられるような窮屈感がないので、ゆったり着用できます。ソールの取り付け方がシンプルで、つま先部分がほかの製法よりも曲がりやすい仕様になっていることが特徴のひとつです。

ソールにはイタリア「ビブラム社」から発売されているタイガムソールを採用。クッション性や耐摩耗性に優れており、快適な履き心地を体感できます。

ティンバーランド(Timberland)

アウトドア・ライフスタイルブランドとして根強い人気を誇る「ティンバーランド」。1日中快適に過ごせる一体感と、長年愛用できる丈夫さを重視したアイテムを展開しています。環境に優しい製品作りや、自然保護活動を行っているブランドとしても有名です。

ティンバーランド(Timberland) NELLIE CHUKKA DOUBLE A1S7R

ティンバーランド(Timberland) NELLIE CHUKKA DOUBLE A1S7R

落ち着いたカラーリングで、優しい印象のチャッカブーツです。アイレットが左右に4つずつ施されているのが特徴。サイドにはブランドロゴがあしらわれおり、細部にまでこだわって作られています。

アッパーの素材にはヌバックレザーを採用。肉厚の革を使用しているので耐久性に優れているほか、防水加工も施されているため、耐水性にも優れています。毛足が短く、質のよい手触りや光沢感が味わえるのもポイントです。

中敷きには立体的な凹凸が施された、アンチファティーグのフットベッドを採用。クッション性が高く、長時間歩くシーンにおすすめです。水が入り込みにくいシームシールド構造になっており、雨の日の着用に適した1足を探している方はチェックしてみてください。

ティンバーランド(Timberland) RAW TRIBE CHUKKA A285T

ティンバーランド(Timberland) RAW TRIBE CHUKKA A285T

重厚感のある見た目ながら、軽い履き心地を実現したチャッカブーツです。アウトソールと中敷の素材には耐久性や耐候性に優れたEVA樹脂を採用。軽量性・クッション性・屈曲性にも優れています。

ソールにはクッション性のあるカップインソールを搭載。足の裏を3点で支える仕様になっており、地面からの衝撃を緩和するので、長時間の歩行時にも適しています。取り外し可能で、交換や丸洗いができるのも魅力です。

アッパーには皮革本来の魅力が味わえるフルグレインレザーが使用された、無骨なデザインもポイント。アウトドアシーンやタウンユースにおすすめの1足です。

アレン・エドモンズ(Allen Edmonds)

アメリカのウィスコンシン州にある、ベルギーという小さな町で誕生した「アレン・エドモンズ」。幅広いサイズ展開と、足に合わせてフレキシブルに曲がる靴の設計で人気を博しました。現在では歴代のアメリカ大統領にも愛されるブランドとして広く知られています。

アレン・エドモンズ(Allen Edmonds) ワックスドスエードチャッカ―ブーツ

アレン・エドモンズ(Allen Edmonds) ワックスドスエードチャッカ―ブーツ

深いオリーブ色が特徴的なチャッカブーツ。アッパーの素材には毛足の長いスエードレザーを採用。皮の内側を起毛させているため、独特な光沢感やあたたかみが味わえます。さらに耐久性に優れているので、お手入れすれば長期にわたって着用できるのも特徴です。

グッドイヤーウェルト製法で作られており、堅牢性に優れているのもポイント。接着剤を使用していないので、ソールが擦り減ってしまっても丸ごと交換できます。型くずれしにくいのもメリットのひとつです。

通気性がよく、長時間着用しても不快感を覚えにくいのが魅力。歩行性や衝撃耐性にも優れており、長時間の歩行にも適しています。フォーマルからカジュアルなシーンまで、幅広いコーディネートにマッチするアイテムです。

アレン・エドモンズ(Allen Edmonds) ジョージブーツ

アレン・エドモンズ(Allen Edmonds) ジョージブーツ

1757年製のラストを使用して作られたチャッカブーツ。裏地には通気性のあるレザーを採用しており、一日中着用しても湿気がこもりにくいのが魅力です。

製法はインソールのリブにアッパー・裏革・細革をすくい縫いで縫い付けるグッドイヤーウェルト製法。ソールとウェルトの接合に接着剤を使用していないため、ソールを丸ごと交換可能です。堅牢な作りになっており、きちんとお手入れをすることで、長く愛用できます。

ソールには登山靴にも用いられるラバー製のコマンドソール。グリップ性に優れているため滑りにくく、舗装されていない道や雨の日の着用にも適しています。無骨なテイストがプラスされており、カジュアルなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。

ホワイツ(White’s Boots)

1世紀以上の歴史を誇る、ワークブーツの老舗ブランド。現在も「MADE IN USA」にこだわり、熟練の職人によるハンドクラフトで製造が行われています。レザーシャンクとビブラムソールの固定以外にはビスを使わないブーツの作り方も特徴です。

ホワイツ(White’s Boots) 4Q チャッカブーツ

ホワイツ(White's Boots) 4Q チャッカブーツ

プロスケーターであり、バイクのカスタムビルダーとしても活躍する、マックス・シャーフ氏のブランド「4Q CONDITIONING」とのコラボレーションで誕生した特別なチャッカブーツです。サイドには「4Q」のブランドロゴが施されています。

アッパーにはクロームエクセルレザーを採用。オイルがふんだんに使用されており、万が一キズが付いてしまっても、ブラシで撫でるだけで消えやすいのが特徴。伸張性に優れているため、足馴染みがよいのも魅力です。

シングルステッチダウンで作られており、締め付けられるような窮屈感がないのもポイント。つま先が曲がりやすく、スムーズに歩みを進められます。スタイリッシュなフォルムで、きれいめなスタイルにマッチする1足です。

チャッカブーツのおすすめコーデ

全身をブラックで統一したシックなコーデ

By: wear.jp

ブラックのワントーンのみを使用した統一感のあるコーデ。ロンTに施されたブランドロゴがワンポイントです。ボトムスにスウェットを使用したラフなスタイルながらも、足元に落ち着いたチャッカブーツを合わせることで全体敵に統一感を持たせています。

カラーニットに落ち着いた色合いのチャッカブーツを合わせたコーデ

By: wear.jp

チャッカブーツとステンカラーのコート合わせた冬コーデです。コートとボトムス、チャッカブーツをダークカラーで揃えることにより、統一感のある装いに。インナーにワインレッドとホワイトを合わせて、はずしを利かせているのもポイントです。

チャッカブーツをはずしに使った夏コーデ

By: wear.jp

トップとボトムスをネイビーカラーで統一し、チャッカブーツで挿し色を加えた夏コーデです。細身のパンツにチャッカブーツを合わせることで、脚のラインを長く綺麗に見せる効果が期待できるのでおすすめです。