テトラポッドや岩と岩の間など、暗くて狭い場所にいる魚をターゲットにする穴釣り。初心者でも簡単にできる釣りで、カサゴやメバルなど根魚が釣れるのが特徴です。穴釣りに欠かせないのが「穴釣りロッド」ですが、最近は各メーカーからさまざまなモデルが発売されており、選ぶのに苦労する方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、穴釣りロッドの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。穴釣りを楽しむためにもぜひ参考にしてみてください。

穴釣りとは?

穴釣りとは、魚がいそうな穴に仕掛けを落とすだけのシンプルな釣りです。テトラポッドや石畳の隙間を狙うのが一般的で、アイナメやマハタなどの根魚(ロックフィッシュ)が釣れます。

一方、根掛かりが起こりやすい釣り方でもあるため、仕掛けを工夫して事前に対策をしておくことが重要。予備の仕掛けを用意しておくのもおすすめです。なお、テトラポッドの隙間を狙う際は上に乗ってしまうと危険なので、防波堤から穴を狙いましょう。

穴釣りの魅力

穴釣りの魅力は、初心者でも楽しめるほど簡単に魚が釣れることです。高級魚が釣れることもあり、釣った魚を食べる楽しみがあるのも穴釣りの魅力のひとつ。また、テトラポッドや岩の隙間には1年を通して魚が居着くため、季節を問わず楽しめるのも特徴です。

一方、魚がよく釣れる分マナーを守ることも重要。小さすぎる魚や抱卵している魚はリリースして、必要以上に魚を獲り過ぎないように心がけましょう。

穴釣りロッドの選び方

長さで選ぶ

穴釣りでは岩の上やテトラポッド周辺を歩き回る機会が多いため、移動の邪魔になる長い穴釣りロッドを選ぶのは避けましょう。また、ロッドが短い方が狭い隙間に仕掛けを落としやすい傾向があるので、長くても1.8m以内のショートロッドがおすすめです。

短い穴釣りロッドを使用すれば移動しやすいだけでなく、ロッドの破損や思わぬ転倒も避けられます。より快適かつ安全に穴釣りを楽しむためにも、購入前は穴釣りロッドの長さを確認しておきましょう。

しなやかさで選ぶ

穴釣りに使用するロッドは硬めのモノを選びましょう。穴釣りのターゲットとなる根魚は、餌を口に入れた瞬間に深く狭い場所へ逃げようとする傾向があります。柔らかくしなりやすい穴釣りロッドを使うと、魚が逃げる余地を与えてしまうことになるため、アタリに瞬時に合わせられる硬めのロッドを選ぶのがおすすめです。

携帯のしやすさで選ぶ

穴釣りロッドを選ぶ際は、携帯性に優れたモノを選ぶのも重要です。穴釣りでは、足場の悪い場所を移動しなければならない場合もあります。また、穴釣りは一箇所に留まらずに、歩き回って魚のいそうなポイントを探すため、移動の際はできるだけ荷物を少なくするのが理想です。

特に、瞬時に収納でき、次のポイントを見つけたらすぐに仕掛けを落とせる、コンパクトな穴釣りロッドがおすすめ。また、収納時の大きさはもちろん、穴釣りロッドを収納するバッグに入りきるかどうかも確認しておきましょう。

穴釣りロッドのおすすめメーカー

ジャッカル(JACKALL)

By: jackall.co.jp

ジャッカルは1999年1月6日に設立され、創業20年を迎えた釣具のメーカーです。ルアーメーカーとして人気がありますが、ロッドの取り扱い種類も豊富で、幅広く釣りアイテムを取り扱っています。

ジャッカルの穴釣りロッドは、ほかのメーカーとは異なりカラフルでスポーティーなデザインを取り入れているのが特徴。見た目にこだわりたい方におすすめです。

タカミヤ(TAKAMIYA)

By: amazon.co.jp

タカミヤは1949年に設立されたフィッシング・マリン用品などを扱うメーカーです。“与えられる喜びよりも与える喜び”という信念のもと、手頃な価格ながら高品質な製品を生み出しています。

タカミヤの穴釣りロッドは種類が多く、コスパに優れているのが特徴。竿を買い換える機会が多い方や、予備の穴釣りロッドを探している方におすすめです。

ダイワ(Daiwa)

By: rakuten.co.jp

ダイワは釣具の総合メーカーです。磯やフライ、エギングなど、さまざまな釣り種の用品を取り揃えています。公式ホームページでは、釣りの雑学や入門に必要な知識を発信しており、知名度・人気共に業界トップクラスです。

穴釣り専用ロッドはまだ発売されていませんが、キス用の竿や、カワハギ用の竿を穴釣りに代用できます。特に、機能性の高さを重要視している方に人気があるメーカーです。

穴釣りロッドのおすすめモデル

ジャッカル(JACKALL) エッグキャストタフィー

ポップなカラーが目を引く穴釣りロッド。ジャンルとしてはキャスティング対応のスピニングロッドになりますが、全長110cmとショートレングスを採用しているので、ちょい投げから足下狙いまで使えるのが特徴です。

ソルトシーンにおいてはライトゲーム向きで、消波ブロックの中に潜む魚を狙う際は下から投げて送り込むのがおすすめ。漁港などのオープンウォーターではやや沖目に投げたり、その逆でヘチ沿いを通したりと、目先を変えながらチャンスを伺いましょう。

ジャッカル(JACKALL) ブラックエッグ

ロッド・スピニングリール・ラインが揃ったオールインワンタイプのパックロッド。穴釣りロッドとしても使えるアイテムで、汎用性が高いのが特徴です。本製品はセンターカット2ピース仕様で、全長は120cm、仕舞寸法は62.5cmと持ち運びにも便利。

なお、スピニングリールはシマノの「FX」シリーズの 1000番を標準装備しているほか、ラインはナイロンラインの2号、ポンド換算で8lbが巻かれています。磯場ではさすがにラインブレイクの恐れがありますが、防波堤や漁港などから五目釣りをするには十分なスペック。電車釣行はもちろん、車載用や旅先で楽しむための竿を求めている方にもおすすめです。

タカミヤ(TAKAMIYA) さぐりパラダイスII 90 イエロー

アタリがわかりやすい先調子で喰い込みがよいため、初心者におすすめの穴釣りロッドです。カサゴ・メバル・アイナメを狙うのに最適。堤防のテトラ周りでのさぐり釣りにも使えます。また、錘負荷が20~50号のため、大きい根魚を狙えるのも人気の理由です。

全長は90cmで自重が109gとコンパクトなので、持ち運びしやすいのも特徴。価格も比較的安いため、コスパを重視したい方はぜひ購入を検討してみてください。

タカミヤ(TAKAMIYA) H.B CONCEPT さぐりカサゴ 120

小さなアタリでも気付きやすいため、初心者におすすめのロッドです。さぐり釣りやミャク釣り用のロッドですが、穴釣りロッドとして使用できるのも魅力。竿の半分から、やや穂先に向かう部分が曲がりやすい本調子で作られており、さまざまなシーンで活用できます。

また、収納すると全長31cm、重さ59gとコンパクトかつ軽量になるため、携帯しやすいのも特徴です。価格も安いので、初めて穴釣りロッドを買う方はぜひ検討してみてください。

タカミヤ(TAKAMIYA) H.B concept さぐり小僧III 90

先調子のため、初心者でも小さなアタリも繊細に感知できる穴釣りロッドです。穂先が白く塗装されているため、アタリを見逃しにくいのも特徴。また、バットが強く設計されており、大物が掛かっても対応できるのも魅力です。

さらに、自重は47gで、収納すると長さが30cmとコンパクトになります。足場が悪い釣り場でも、持ち運びしやすい穴釣りロッドを探している方におすすめです。

タカミヤ(TAKAMIYA) SmileShip さぐりコンパクト ベイト ブラック C120

グリップがベイトタイプのため、直下を狙いやすいのが特徴の穴釣りロッドです。特に、ベイトリールを使いたい方におすすめ。さぐり釣りにも使用できます。また、長さは120cmで、自重が86gとコンパクトサイズのため、足場の悪い釣り場でも移動しやすいのも魅力です。

さらに、穂先は白く塗られていて、初心者でもアタリに気付きやすいように設計されているのも人気の理由。コスパも優れているため、予備用の穴釣りロッドを探している方もぜひ購入を検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) 極鋭カワハギ AIR AGS

軽さ・感度・操作性に優れたロッドです。リールシートの素材にはカーボン強化樹脂である「エアセンサーシート」が使われているため、軽量かつアタリをより繊細に感じられるのが魅力。また、ダイワ独自の技術によって、穂先からバットまで絶妙な硬さで仕上げられているのも人気の理由です。

製品名にあるようにカワハギロッドではありますが、長さ1.75mと穴釣りロッドとしても使えます。自重も69gと軽量のため、持ち運びやすいのも魅力のひとつです。

ダイワ(Daiwa) キス X 120

全長120cmと短いため、扱いやすいロッドです。キス用ロッドとして発売されていますが、穴釣りロッドとしても使用可能。カサゴやアイナメなどを狙えます。ダイワ独自の強化構造である「ブレーディングX」を採用しており、魚がヒットしてもロッドをコントロールしやすいのが魅力です。

また、ダイワオリジナルの「ダウンロックリールシート」を採用しているのも特徴。リールが握りやすい設計のため、初心者にもおすすめのロッドです。

ダイワ(Daiwa) ライトゲーム XV S-150

スピニングリールとベイトリールどちらも使用可能な製品です。穴釣りロッドとしてはもちろん、船釣りにも使えるため、さまざまなシーンで活躍します。機能面では、バットセクションの最外層をカーボンテープでX状に締めているのが特徴。パワーロスにつながるネジレを抑制しています。

さらに、変則3ピース設計なのも魅力です。穂先部分が壊れてしまっても、交換することで再度使用できます。なお、持ち運びの際は、穂先を外さずに元竿と束ねて携帯しましょう。

オージーケー(OGK) テトラスポット4 140

メバルやカサゴなどの根魚に最適な先調子の穴釣りロッドです。グラス素材が使われており、わずかなアタリでも繊細に感知できるよう設計されています。また、穂先をオレンジ×レッド塗装しているため、アタリを瞬時に察知できるのも特徴です。

さらに、価格が比較的安いのも魅力のひとつ。コスパを優先したい方にはもちろん、予備の穴釣りロッドを探している方も、ぜひ購入を検討してみてください。

オージーケー(OGK) 万能先調子

穂先が白く塗装されているため、アタリがわかりやすい穴釣りロッドです。先調子で作られているため穂先がしなりやすいのが特徴。テトラ釣りはもちろん、防波堤のさぐり釣りにも使用可能です。また、全長が110cmと短いため、移動時に邪魔になりにくく、思わぬ転倒やロッドの破損を防げます。

さらに、グラスロッドのため、大型の魚が掛かっても対応しやすい設計なのも魅力。グリップ部分が太く設計されているため、ロッドをコントロールしやすいのも人気の理由です。

メジャークラフト(Major Craft) 「三代目」クロステージ CRX-S562AJI

ねじれに強いロッドを探している方におすすめのモデルです。3層構造で作られているのが特徴。1層目は横、2層目は縦、3層目は横方向に繊維を巻くことで、強度を安定させています。さらに、X状にダブルテーピングも施しているため、大物が掛かっても力強く対応できるのが魅力です。

また、先調子のため、わずかなアタリでも感知しやすく、初心者でも扱いやすいのもポイント。アジングに適しているロッドですが、全長約1.7mの短さから携帯性に優れており、穴釣りロッドとしても十分に使用できます。

浜田商会 プロマリン 極光テトラDX 130H

コスパに優れた穴釣りロッドです。特に、予備用の穴釣りロッドを探している方や、初めて穴釣りロッドを購入する方におすすめ。穂先が白く塗装されているため、アタリを見逃しにくく、初心者でも扱いやすいのが魅力です。

また、分解が簡単なのも特徴。携帯しやすいため、移動時に便利です。さらに、渋い色合いのメタリックレッドが高級感を演出しているため、見た目にこだわりたい方も購入を検討してみてください。

プロトラスト(PROTRUST) 剛力根魚150cm

硬めの穴釣りロッドを探している方におすすめの製品です。魚のアタリに瞬時に合わせやすく、大物の根魚が掛かっても折れにくいのが魅力。全長は150cmで、自重は107gです。収納すると長さは80cmになるため、携帯性にも優れています。

また、メタリックでかっこいいデザインも魅力。存在感のあるロゴが高級感を演出しています。見た目にこだわりたい方もぜひ購入を検討してみてください。

浜田商会 プロマリン テトラ大物EX 120H

使える錘が30号までと大物狙い用に設計されている穴釣りロッドです。パワーがあるのが特徴で、大型の根魚を狙いたい方におすすめ。穂先はやや硬めに設計されており、アタリに合わせやすいので、初心者が使いやすいのも人気の理由です。

また、全長は1.2mで自重は164gのため、持ち運びしやすく、思わぬ転倒やロッドの破損を避けられます。なお、本製品はバットジョイントなので、振り出し竿の収納時に継ぎ目が固着してしまった場合は無理に引っ張らず、修理に出しましょう。