幅広い年齢層の方々が楽しんでいる「バスフィッシング」。さまざまなルアーを駆使してバイトへと持ち込むゲーム性が魅力で、多くの釣り人を魅了しています。ただ、シーンによってロッドを使い分けることもあるため、どんなロッドを選んだらよいのか迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、バスロッドのおすすめモデルをピックアップ。スピニングロッドとベイトロッドに分けてご紹介します。

バスロッドの選び方

リールの種類に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

バスロッドには「スピニングリール」と「ベイトキャスティングリール」の2種類があり、それぞれ特徴や使い勝手が異なります。

スピニングリールは持ち手の下側にセットするタイプで、リールを始めて扱う釣り初心者にも使いやすいのが特徴です。スピニングリールはサイズの幅が広く、小物釣りに適したモデルから太い糸でも大量に巻ける大型のモデルまでさまざま。ドラグ調節が容易にできるので比較的扱いやすく、ライントラブルが少ないのもメリットです。バス釣りでは2500番台前後を使用します。

ベイトキャスティングリールは持ち手の上向きになるタイプ。スピニングリールと異なりベールを返す手間がないので、手返しが早いのが特徴です。また、重たいルアーをより正確に投げやすく、大型の「ランカー」と呼ばれるバスとのやり取りも容易。ただし、キャスト時のスプール回転スピードが早いので、ラインが絡まる「バックラッシュ」が発生することがあります。扱いにはやや慣れが必要なので、その点は留意しておきましょう。

硬さで選ぶ

By: amazon.co.jp

バスロッドはモデルによって硬さが設定されています。柔らかい順に並べると、UL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)・XH(エクストラヘビー)があり、スピニングであればMLまで、ベイトであればML以降が対象となります。

また、モデルによってはULよりやわらかいSUL(スーパーウルトラライト)や、XHより硬いXXH(ダブルエクストラヘビー)もラインナップ。最近はより細分化していますが、これからバスフィッシングを始めるのであれば、スピニングならL、ベイトならMと扱いやすい硬さから選ぶのがおすすめです。

長さで選ぶ

バスロッドの長さは、6ftを切るモデルから8ftを超えるものまでさまざまです。長さの単位はft(フィート)のほか、m(メートル)やinch(インチ)で表している場合もあります。長いほど遠投性能に優れていますが、その分操作が難しくなるので、ピンスポットを狙う釣りでは短いロッドのほうが扱いやすいです。

また、長いほうがタメが効くため大物とのやり取りで有利であったり、短いほうが感度に優れていたりなどそれぞれ特性が異なるため、ポイントや釣り方などによっても使い勝手は異なります。最初は、扱いやすい6~6.6ft程度のバスロッドがおすすめ。慣れてきたら、さまざまな長さのロッドを買い足していきましょう。

バスロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品メーカーとして世界的に知られているシマノ。フィッシング分野にも力を入れており、クオリティの高い製品をリリースしています。

特にリールは有名で、卓越した技術が活かされているのが特徴。それに合わせ、ロッドやルアーなども扱っており、バスロッドに関しては陸っぱりからボートフィッシングまで、あらゆるシチュエーションに対応できるラインナップが揃っています。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワは国内大手の総合釣り具メーカー。バスフィッシングにおいても精通しておりで、多くのプロをサポートしています。

バスロッドでは、初心者向けのビギナーモデルからエキスパート向けのハイエンドクラスまで豊富なラインナップを用意。軽さを追求したモデルが多いほか、各シリーズにおけるロッドの細分化も積極的に行っているのも特徴です。

メガバス(MEGABASS)

By: megabassstore.jp

1986年に設立されたフィッシングメーカー。ルアーやロッドのデザイン性や操作性が高く評価されています。バス釣りブームを牽引したブランドとして知られており、メガバス製品には一時期プレミアが付くなど、なかなか入手できない時代もありました。

バスロッドにおいてもその高い人気はいまだ健在。とくに、創立時から人気の「デストロイヤーシリーズ」は度重なる改良が施されて進化しており、高品質のロッドを求めている方から支持されています。

バスロッドのおすすめモデル|スピニングロッド

シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 263ML-2

シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 263ML-2

シマノのバスロッドで培った数々のノウハウを生かして開発されたベーシックモデルです。リーズナブルな価格ながら、充実した機能を搭載しているのが特徴。上位グレードと同等の軽量リールシートやセパレートEVAグリップなどを装備しており、前モデルから約10%の軽量化を図っています。

長さ6.3ftの2ピースタイプで、硬さはMLと扱いやすい設定。重さは98gと軽量なので、初心者が1日中使用しても疲れにくいのもポイント。適合ルアーは3gからと軽いルアーも投げやすいので、はじめてバスロッドを購入する方におすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ゾディアス TECHNICAL SPIN 64 SERIES バス 264ML-2 6.4ft

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ゾディアス TECHNICAL SPIN 64 SERIES バス 264ML-2 6.4ft

6.4ftの扱いやすい長さのバスロッドです。硬さもMLと軽いルアーをキャストしやすいのが特徴。ジグヘッドやダウンショット、ノーシンカーなど軽量なリグのほか、小型ミノーやシャッドなどもキャストしやすいため、ライトルアー全般に対応するモデルを探している方におすすめです。

エントリーモデルよりもワンランク上の機能を搭載しているのもポイント。キャスト時やファイト時のロッドのねじれを防止する「ハイパワーX」や、段差のないリールシート「パーフェクションシートC14+」などを装備しています。

シマノ(SHIMANO) 19 バンタム スピニングモデル 264UL+-2

シマノ(SHIMANO) 19 バンタム スピニングモデル 264UL+-2

リールシート部にシルバーをあしらったファッショナブルなデザインが特徴のバスロッドです。スピニングリール対応の2ピースモデルで、1ピースと変わらない軽さと感度を備えた上級モデルです。長さは6.4ftで硬さはUL。ライトリグを繊細に操作してバスを誘えるほか、極小プラグをキャストする際にもおすすめです。

また、やわらかいテーパーながらビッグバスにも耐えられるもの特徴。荷重に対応して素直に曲がるブランクスはバスをしっかりといなし、スムーズにランディングへと持ち込むことができます。

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング ブレイゾン 641LS

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング ブレイゾン 641LS

全長6.4ft、硬さLのスピニングリール用バスロッドで、リーズナブルなダイワのベーシックなモデルです。重さは85gと軽量なほか、グリップはセパレートタイプを採用しており、初心者にも扱いやすおすすめロッドです。

適応ルアー重量は1.8~7gで、小型ハードルアーからライトリグまで対応できます。フィネスな釣りが得意なロッドなので、バスの活性の低い状況やハイプレッシャな釣り場などで活躍するモデルです。

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング クロノス 662LS

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング クロノス 662LS

全長6.6ftのスピニングリール用バスロッド。長さを生かしたノーシンカーやダウンショットリグなど、軽量ルアーのキャストや操作が得意なモデルです。また、軽量ワームのみならず、小型ミノーやシャッドにも対応可能。オールラウンドに使えるおすすめモデルです。

リーズナブルなモデルながらダイワのテクノロジーを搭載しているのがポイント。ねじれを防いで操作性や感度を向上させた「X45」や、レジンの量を減らすと同時にカーボン繊維を増やして軽量化とパワーアップを実現させた「高密度HVFカーボン」を採用しています。

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング エアエッジ 661ML/LS・E

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング エアエッジ 661ML/LS・E

全長6.6ftで遠投性能に優れたバスロッド。適応ルアーの目安は1.8~7gとライトリグをキャストしやすいモデルです。最大の特徴はティップがML、バットがLの硬さに設定されていること。軽量なリグをキャストして繊細な操作でバスを誘い、ビッグバスも余裕でランディングできます。

フィネスな釣りのほか、小型のプラグもカバー。汎用性が高いので、スピニングロッドの本数を絞りたい場合におすすめです。

ダイワ(Daiwa) バスロッド ブラックレーベル SG スピニング 642L/ML+XS

ダイワ(Daiwa) バスロッド ブラックレーベル SG スピニング 642L/ML+XS

ティップにL、バットにMLを採用したバスロッド。ボトム(底)やウィード(藻)にルアーが当たった際の感度と操作性を向上させています。障害物に絡んだ場合も弾くことでしっかり外せるため、ストレスなく釣りに集中できるのもポイントです。

長さは6.4ftで重さ90g。適応ルアー重量は1.4~14gと幅広いのも特徴で、フィネスなリグから遠投できるハードベイトまで楽々キャストできるおすすめモデルです。2ピースロッドで、継ぎ目に並継仕様を採用しているのもポイント。並継の構造上、バットを太くできるためバスとのファイトに不安を感じさせないのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング ハートランド AGS 772MFS-SV AGS17

ダイワ(Daiwa) バスロッド スピニング ハートランド AGS 772MFS-SV AGS17

ダイワの人気シリーズ「ハートランド」の20周年記念モデル。全長7.7ftのロングロッドで、一般的な長さのバスロッドでは届かないポイントにキャストできる、遠投性能を備えているのが特徴。陸っぱりにおすすめのロッドです。

細身肉厚設計により、感度に優れているのもポイント。軽量でトラブルレスのRタイプフレームと軽量なリングを搭載した「AGS」の効果も相まって、操作性も良好です。優れた遠投性能と高感度によって、さまざまな状況で活躍する汎用性の高いモデルです。

メガバス(MEGABASS) DESTROYER F4-66X 34168

メガバス(MEGABASS) DESTROYER F4-66X 34168

登場以来、長きに渡って高性能バスロッドとして高い評価を受けている「デストロイヤー」シリーズのバスロッドです。この「F4-66X」はサブネームに「サイクロン」と名付けられており、オールマイティーに使えるのが特徴です。

長さは6.6ftで継ぎ目のないワンピース構造。スムーズな曲がりと感度に優れています。クセのないレギュラーテーパーを採用したブランクで、トップウォータープラグやクランクベイト、スピナーベイトなど重量のあるハードルアーを操作しやすいのがポイント。脱初心者を目指す方におすすめのモデルです。

バスロッドのおすすめモデル|ベイトロッド

アブガルシア(Abu Garcia) バスフィールド BSFS-632L

アブガルシア(Abu Garcia) バスフィールド BSFS-632L

スウェーデンの老舗釣具メーカー「アブガルシア」のバスロッド。長さは6.3ftで重さ97gと扱いやすいロッドなので、初めてベイトキャスティングリール用バスロッドを購入する方におすすめのモデルです。ジョイントには印籠継を採用しており、抜けにくく強度を備えています。

リーズナブルな価格のモデルながら、充実した機能を搭載しているのが特徴。高品質なガイドを採用しているほか、感度に優れたグリップとリールシートを装備。低活性時のショートバイトを確実に捉えることができるのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド 17 エクスプライド バス 166M 6.6ft

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド 17 エクスプライド バス 166M 6.6ft

全長6.6ftで硬さMLのベイトキャスティングリール用バスロッド。陸っぱりやボードなど、フィールドを選ばないオールラウンドなモデルを探している方におすすめのモデルです。継ぎ目のないワンピースタイプで、スムーズな曲がりと感度に優れた特性を備えています。

また、高弾性カーボンの比率を上げて設計されているのも特徴。ブランクの剛性はそのままに、従来モデルより10%以上の軽量化を図っているのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ 173MH

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ 173MH

シマノの「フルカーボンモノコックグリップ」を採用したバスロッドです。リールシート部とグリップが一体成型でつくられており、まるで直接ブランクに触れているような感度と軽さが特徴。低活性時のバスの繊細なバイトや障害物にルアーが触れた感覚がわかりやすいなど、ワンランク上の釣りが楽しめます。

7.3ftのロングロッドで、大きな湖や河川などの広大なフィールドで幅広く探れるのが特徴。硬さはMHと大物にも対応できるおすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド バンタム バス 180XXH-SB 8ft

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド バンタム バス 180XXH-SB 8ft

ベイトキャスティングリール用のバスロッド。長さ8ftのロングロッドで、遠投性に優れているのが特徴です。ショートロッドでは届かない沖合のポイントを狙いたいときに最適。おもに陸っぱりでバスフィッシングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

硬さはXXHで300gまでのルアーに対応。デカバス狙いのビッグベイトも難なく操作可能です。また、粘りのあるブランクもポイント。ランカー狙いのアングラーはぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 ポイズングロリアス XC 173MH-G

シマノ(SHIMANO) 19 ポイズングロリアス XC 173MH-G

クランクベイトなど巻物系ルアー用に設計されたバスロッドです。ハードベイトを扱う際はロッドにクッション性がないとバスのアタリを弾いてしまうことがありますが、本製品は粘りのあるグラス素材とカーボンを融合したコンポジット仕様で、わずかなバイトも弾かずにしっかりと掛けることができます。

全長7.3ftのロングロッドなので、遠投性も良好。適合ルアー重量10~35gと重たいルアーもキャストしやすいため、ハードプラグ専用ロッドを探している方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ロッド ポイズンアルティマ 172H

シマノ(SHIMANO) ロッド ポイズンアルティマ 172H

バストーナメントで活躍するプロも使用しているエキスパート向けバスロッドです。100種類以上もの素材のなかから厳選してブランクを開発。ティップからバットにかけてそれぞれ最適なブランクを組み合わせており、軽さとパワーを兼ね備えているのが特徴です。

全長は7.2ftmで、硬さはH。適合ルアー重量12~42gと、重たいルアーを遠投したいシーンでおすすめです。また、グリップには軽量で高弾性の「カーボンモノコックグリップ」を採用。振動伝達率が大きく向上しており、バスのショートバイトや障害物にルアーが当たった感覚が手に取るように感じられるモデルです。

ダイワ(Daiwa) バスロッド ベイト ブラックレーベル プラス 661MLFB

ダイワ(Daiwa) バスロッド ベイト ブラックレーベル プラス 661MLFB

全長6.6ft、硬さMLのベイトキャスティングリール用バスロッド。ノーシンカーリグやスモールラバージグなど、フィネスな釣りが得意なモデルです。ティップの先端に張りをもたせているのが特徴で、ルアーの操作性を向上させています。

ダイワのロッドテクノロジー「X45」を搭載しているのもポイント。ねじれに強く、キャスト性能とコントロール性能に優れているため、オールラウンドに使用したい方におすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) バスロッド ベイト スティーズ ベイトキャスティングモデル 661MFB

ダイワ(Daiwa) バスロッド ベイト スティーズ ベイトキャスティングモデル 661MFB

ハイエンドクラスのベイトキャスティングリール用バスロッド。粘りのある調子が特徴で、フィネスな釣りをこなすファストテーパーなから、クランクベイトなどの巻物系ハードルアーの操作性も重視して設計されています。

ブランクには高強度で軽量な「SVFナノプラスカーボン」を採用。また、ねじれを防止する「X45」の搭載と相まって、耐久性と感度を高めているのもポイントです。オールラウンドに使える上級モデルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

メガバス(MEGABASS) ロッド OROCHI XXX(オロチカイザ) 2piece F6-611K 2P 37146

メガバス(MEGABASS) ロッド OROCHI XXX(オロチカイザ) 2piece F6-611K 2P 37146

木が覆いかぶさったポイントなどを効率的に探っていく釣りにおすすめの2ピースロッド。従来モデルより2インチ短くしたブランクは、より操作性が向上されています。全長は6.11ft。軽快なロッドワークが可能なので、ランガンスタイルで次々とポイントを打っていく釣りにおすすめです。

優れた強度を持つPEラインの使用を考慮しているのもポイント。高強度なオールダブルフットガイドを採用しており、PEラインの使用に耐えられる仕様となっています。

エバーグリーン(EVERGREEN) カレイド インスピラーレGT IGTC-69MH スタリオンGT

エバーグリーン(EVERGREEN) カレイド インスピラーレGT IGTC-69MH スタリオンGT

ルアーフィッシングブランド「エバーグリーン」のバスロッドです。長さ6.9ftで硬さはMH。ハードプラグやスピナーベイト、重めのジグを使用する釣りにおすすめのモデルです。ブランクは高弾性カーボンと中弾性カーボンのハイブリッド構成。強さに粘りを加えています。

グリップのデザインは、重量バランスに優れているセミダブルグリップ仕様。ルアーを遠投しやすいほか、タフなシーンにも耐えられる頑丈なロッドです。