幅広い年齢層に人気の「バスフィッシング」。さまざまなルアーを駆使してバイトへと持ち込むゲーム性が魅力で、多くの釣り人を魅了しています。ただし、シーンによってロッドを使い分けることもあるため、どんなロッドを選んだらよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バスロッドのおすすめモデルをピックアップ。スピニングロッドとベイトロッドに分けて、詳しくご紹介します。

バスロッドの選び方

リールの種類に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

バスロッドには「スピニングリール」と「ベイトキャスティングリール」の2種類があり、それぞれ特徴や使い勝手が異なります。

スピニングリールは持ち手の下側にセットするタイプで、リールを始めて扱う釣り初心者にも使いやすいのが特徴。サイズの幅が広く、小物釣りに適したモデルから太い糸でも大量に巻ける大型のモデルまでさまざまです。

ドラグ調節が容易にできるので、比較的扱いやすく、ライントラブルが少ないのもメリット。なお、バス釣りでは2500番台前後を使用します。

一方、ベイトキャスティングリールは、持ち手の上向きにセットするタイプです。スピニングリールと異なりベールを返す手間がないため、手返しが早いのも特徴。また、重たいルアーを狙ったとおりに投げやすく、大型のバスとのやり取りにもしっかりと対応できます。

ただし、キャスト時のスプール回転スピードが早いので、ラインが絡まる「バックラッシュ」が発生することもあります。扱いにはやや慣れが必要なので、その点は留意しておきましょう。

硬さで選ぶ

By: amazon.co.jp

バスロッドはモデルによって硬さが設定されています。柔らかい順に並べると、UL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)・XH(エクストラヘビー)があり、スピニングであればMLまで、ベイトであればML以降が対象となります。

また、モデルによってはULより柔らかいSUL(スーパーウルトラライト)や、XHより硬いXXH(ダブルエクストラヘビー)もラインナップ。最近はより細分化していますが、これからバスフィッシングを始める方は、スピニングならL、ベイトならMなど、扱いやすい硬さのモノを選ぶのがおすすめです。

長さで選ぶ

バスロッドの長さは、6ft以下のモデルから8ftを超えるモノまでさまざまです。長さの単位はft(フィート)のほか、m(メートル)やinch(インチ)で表記される場合があります。長いほど遠投性能に優れていますが、その分操作が難しくなるのは懸念点。ピンスポットを狙う釣りでは、短いロッドの方が扱いやすくおすすめです。

また、長いモノはタメが効いて大物とのやり取りで有利であったり、短いモノは感度に優れていたりなど、それぞれ特性が違います。さらに、ポイントや釣り方などによっても使い勝手は異なるものです。

初心者の場合は、扱いやすい6~6.6ft程度のバスロッドを選ぶのがおすすめ。慣れてきたら、さまざまな長さのロッドを買い足してみてください。

バスロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

自転車部品メーカーとして世界的に知られているシマノ。フィッシング分野にも力を入れており、クオリティの高い製品を販売しています。

同社は特にリールが有名で、卓越した技術を活かした製品が多数ラインナップ。ロッドやルアーなども扱っており、バスロッドに関しては陸っぱりからボートフィッシングまで、さまざまなシチュエーションに対応できるラインナップが揃っています。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワは国内大手の総合釣り具メーカー。バスフィッシングにおいても精通しており、プロアマ問わず多くの釣り人をサポートしています。

バスロッドにおいては、初心者向けのビギナーモデルからエキスパート向けのハイエンドクラスまで豊富なラインナップが魅力。軽さを追求したモデルが多いほか、各シリーズにおけるロッドの細分化を積極的に行っているのも特徴です。

メガバス(MEGABASS)

By: megabassstore.jp

1986年に設立されたフィッシングメーカー。ルアーやロッドのデザイン性や操作性が高く評価されています。バス釣りブームを牽引したブランドとして知られており、メガバス製品には一時期プレミアが付くなど、なかなか入手できない時代もありました。

バスロッドにおいても高い人気は健在。特に創立時から人気の「デストロイヤーシリーズ」は度重なる改良が施されて進化しており、高品質なロッドを求めている方から支持されています。

バスロッドのおすすめモデル|スピニングロッド

シマノ(SHIMANO) ゾディアス VERSATILE SPIN 268ML-2

全長2.03m、硬さMLのセミロングタイプのバスロッド。操作性とロングキャスト性能をバランスよく両立しています。重さ97gの軽量モデルで、扱いやすいのが特徴。適合ルアー重量4~12gと、軽めのプラグやジグを多用する方におすすめです。

リーズナブルなモデルながら、リールシートにカーボン強化素材「CI4+」のファイティンググリップを採用しているのも魅力。繊細なティップとパワーのあるバットによりフッキングもしっかりと決められます。

シマノ(SHIMANO) 18 ポイズンアドレナ スピニングモデル 268UL

フルカーボン一体成型中空後端グリップ「フルカーボンモノコックグリップ」を採用したバスロッドです。グリップを握った際の、直接ブランクに触れているような高い感度が特徴。コルクやEVAを使用しないグリップにより、全長2.03mのセミロングロッドながら重さ85gと軽量なのもポイントです。

硬さはULで、バスロッドのなかではもっとも柔らかい設定。軽量チューブラー穂先の採用と相まって、ワームを自然に漂わせるようなアプローチにおすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) エクスプライド 270L+

従来モデルより優れた操作性を目指し、実釣をイメージしてバランスを再考したバスロッド。キャスト時やファイト時のネジレを抑え込む独自強化構造「ハイパワーX」により、高剛性はそのままに、軽量化を図っています。

ブランクには、ハードルアーのキャストに適した高密度UDグラスを採用。低樹脂グラスマテリアルの粘りがありながら軽量で、特にシャッドプラグの使用に適しています。全長2.13mと長さも十分あるので、ロングキャストが容易なのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) スティーズ 6011L/MLXS

感度と軽さ、さらに大物にも十分対応できるパワーを備えたバスロッド。超高密度カーボンや軽量化テクノロジーを採用したハイエンドモデルのスピニングロッドです。

ティップは柔らかいLパワー、バットは強めのMLパワーを組み合わせた仕様も特徴。優れた操作性と強度により、ダウンショットやスモールラバージグなどライトリグ全般におすすめです。

ダイワ(Daiwa) スピニング ハートランド AGS 772MFS-SV AGS17

おっかっぱりの第一人者として知られる村上晴彦氏のこだわりが詰まった「ハートランド」シリーズ。本製品はその20周年記念モデルです。

ガイドには「空気のように軽い」と称される「AGS」を採用。従来のガイドより約40%軽くなっているほか、チタンと比較して約3倍もの高剛性を備えています。

全長2.31mのロングロッドで、キャスト性能も良好。適合ルアー重量は3.5~14gで、ソフトベイトからハードプラグまで対応可能なおすすめバスロッドです。

ダイワ(Daiwa) ブラックレーベル LG スピニング 6101MLFS

汎用性の高いおすすめのバスロッド。十分な長さがあるほか、粘り強さとキャストのしやすさも兼ね備えており、さまざまなタイプのルアーをカバーできるのが特徴です。

ネジレを最大限抑制する構造「X45コブラシールド」を採用しており、パワーや操作性、さらに感度も良好。ロッドのパワーはMLとやや硬めなので、特に軽量小型プラグが扱いに適しています。スピニングタックルで広範囲を探りたい方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) エアエッジ モバイル 644UL/LS

4ピース構造を採用したスピニングリールタイプのバスロッドです。仕舞寸法は約0.5mで、持ち運びや収納に便利なサイズ。電車やバスなどの公共交通機関を使って釣り場に向かう場合や、旅先で気軽に釣りを楽しみたいときにおすすめです。

ティップ部分はやわらかいULパワーを採用している一方、バッド部分はLパワーに設定されているのが特徴。ネコリグやダウンショットなどのライトリグを操作しやすい繊細さが備わっていながら、大物に対応できるパワーも備えています。

メガバス(Megabass) LEVANTE SP F1-63LVS 2P

人気メーカー「メガバス」のスピニングロッドです。長さ6.3ft、硬さはULのフィネスゲーム対応モデルで、ミノーやシャッドなど小型ハードプラグにおすすめ。シャープに振り抜けるアクションにより、ピンポイントに送り込めるアキュラシー性能を備えたバスロッドです。

ガイドには、テーパーごとに独自のアレンジが加わった競技用ガイドシステムを採用。さまざまなフォームに対応するパフォーマンスグリップも魅力です。

メガバス(Megabass) DESTROYER SP F1-61XS 34176

登場以来、高い人気を集めている「デストロイヤー」シリーズのバスロッドです。ソフトティップとハードなバットの組み合わせにより、操作性と食い込みのよさを両立。繊細な操作性とデカバスにも対応できるパワーを兼ね備えています。

適合ルアー重量は1/32~1/8ozと、ライトリグ全般をカバーできるのもポイント。ハイプレッシャー下でネコジグやジグヘッドなどを駆使した釣りにおすすめです。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニング バスビートIII BBS-632L III

お手頃な価格のバスロッド。扱いやすいスピニングリールを使用するタイプで、初心者でも手軽に楽しめるモデルを探している方におすすめのモデルです。

全長1.91m、重さ103gとキャストしやすく、操作性に優れているのもポイント。硬さはLで、軽めのハードルアーから繊細なライトリグの釣りまで幅広く対応できるのも魅力です。

メジャークラフト(Major Craft) スピニング 弁慶 BIS-664ML

ソルトウォーターからフレッシュウォーターまで、さまざまなジャンルのゲームフィッシングアイテムを手がけている「メジャークラフト」のバスロッド。4ピースロッドでコンパクトに持ち運べるのが特徴で、電車での移動や旅行先で釣りを楽しみたいときにおすすめのモデルです。

スピニングリールを使用するロッドで、ベイトリールが苦手という方にもぴったり。硬さはMLで、小型プラグからライトリグまで対応できるバーサタイルな1本です。

バスロッドのおすすめモデル|ベイトロッド

シマノ(SHIMANO) バスワン XT 166M-2

シマノバスロッドのノウハウを随所に盛り込んだベーシックモデル。上位グレードにも搭載される軽量リールシートの採用などにより、従来モデルと比較して約10%の軽量化を図っています。低価格ながら操作性に優れた「セパレートEVAグリップ」を搭載しているなど、最初の1本としてもおすすめのモデルです。

全長は1.98m、硬さはMでシーンやポイントを選びにくいオールラウンド仕様。適合ルアー重量は7~21gで、さまざまなシチュエーションに対応できるのが魅力です。

シマノ(SHIMANO) ポイズングロリアス XC 170M-G

グラスとカーボンそれぞれのメリットを融合したグラスコンポジットのバスロッドです。グラス特有の粘りでクッション性が高い一方、カーボン中空構造のモノコックグリップでわずかなアタリも捉えやすいなど、感度を重視する方にもおすすめのハイグレードモデルです。

硬さMのレギュラーテーパーで、適合ルアー重量は7~28gと幅広いのもポイント。小型のクランクベイトや重めのバイブレーションをロングキャストしやすいベイトロッドです。

シマノ(SHIMANO) ポイズンアルティマ 170M

人気ルアーメーカー「ジャッカル」と「シマノ」がコラボしたフラッグシップモデル。クランクベイトの使用を前提に開発されたバスロッドで、グラス素材と高弾性カーボンのコンポジット仕様となっているのが特徴です。

フルカーボンモノコックグリップによる軽量化と高感度で、水中の状況を感知しやすい設計。指の先まで吸い付くようにフィットする握り心地や、ハイグレードモデルならではの性能を楽しみたい方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) バンタム 165L-BFS

キャスト性や感度、ランディングのバランスに優れたバスロッドです。ベイトリールを操作しやすいリールシートには、独自のカーボン強化素材「CI4+」を採用。同社の従来モデルよりワイドな設計で、強く握ってもグリップを効かせやすいのが特徴です。

全長1.95m、硬さLの柔らかい設定で、軽量ルアーをベイトリールで使いたい方におすすめ。細くシャープなブランクにより、小刻みなシェイクやトゥイッチが得意なモデルです。

シマノ(SHIMANO) エクスプライド1610M

全長2.08m、硬さMのベイトロッド。バイブレーションやスピナーベイトなどのファストムービングルアーから、ラバージグやテキサスリグにも対応できるオールラウンドモデルです。高弾性カーボンの比率が上がったブランクを、独自構造「ハイパワーX」で強化。高剛性はそのままに、従来モデルより最大10%の軽量化を図っています。

高強度カーボン強化素材「CI4+」を採用した新デザインリールシートで、軽く握ってもグリップ力を保持できるのが特徴。お手頃な価格ながらマットラバーコーティングで高級感があり、コスパに優れたおすすめのバスロッドです。

ダイワ(Daiwa) バス X 632MLB・Y

洗練されたデザインと低価格が魅力のバスロッド。適合ルアー重量は3.5~14gで、ハードプラグやワーミングなど、幅広い釣り方に対応できるオールラウンドモデルです。

最外装をカーボンテープでX状に締め上げる「BRADING X」を搭載しているのもポイント。ロッド操作時のネジレを抑制し、パワーロスを抑え込みます。全長1.91m、硬さMLの操作性に優れたモデルで、ベイトロッドを初めて購入する方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) ベイト ハートランド 651M/MHRB-RR17

おかっぱりでのキャストしやすさと、根がかりのしにくさを求めたバスロッド。全長1.96m、硬さMの柔らかいティップと、張りのあるパッドを採用したファストテーパーにより、ネコリグなどの軽量リグからビッグベイトまで対応可能なおすすめモデルです。

本製品は、ハートランドシリーズ20周年記念モデルでもあり、バットエンドには20thアニバーサリーロゴを刻印。長年同シリーズを使い続けている方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) バスロッド ブラックレーベル SG ベイト 661MXB-ST

カーボンソリッド穂先「メガトップ」を搭載したバスロッド。繊維と樹脂が均一に分散しているため、しなやかに曲がるのが特徴です。

通常のカーボンソリッドより強度も向上しており、カーボンならではの感度も良好。手に伝わる感触と穂先の曲がり具合で、繊細なアタリを明確に捉えられます。

3軸織物「3DX」の採用により、カーボン素材の形状安定性と復元力を備えているのもポイント。パワーのあるバットで掛けたバスを一気に引き寄せられるのも魅力です。

メガバス(Megabass) DESTROYER CARBON HEAD MODEL F5-611X

初代「デストロイヤー」のカーボンデザインを踏襲したバスロッドです。専用設計の「カーボンヘッドロッキングシステム」により、ブランクとの結合を強化。完成度の高いオリジナルデストロイヤーをベースにすることで、操作性に優れているのが特徴です。

ブランクは硬めで、ビッグベイトなどの大型ルアーをロングキャストしたいときにおすすめ。ディープクランクやスピナーベイトなど、空気抵抗の大きなルアーも遠投しやすい1本です。

メガバス(Megabass) OROCHI XXX オロチカイザ F3-68K 36323

メガバスを代表するハードプラグ「グリフォン」をはじめ、クランクベイトやジャークベイト、バイブレーションなどムービングルアーの使用に適したバスロッド。6.8ftのレングスにより、ロングキャストがしやすいモデルです。

ブランクには、形状記憶合金をマイクロファイバー状に加工して束ねた「kabt」を採用。金属特有の張りがありながら粘りを備え、軽量で耐久性に優れているのも特徴です。

アブガルシア(Abu Garcia) ホーネットスティンガープラス HSPC-674MH MGS

4ピースタイプで携帯性に優れたモバイル仕様のバスロッドです。テキサスリグでのカバー撃ちをメインに開発されており、硬さはミディアムヘビーを採用。かすかなバイトを捉えやすいレスポンスのよさと、カバーからバスを一気に引き離すパワーを備えています。

ナノカーボン素材の使用により、低価格ながら高剛性に仕上がっているのもポイント。長さ6.7ftでロングキャストしやすく、おかっぱり用としてもおすすめのモデルです。

ジャッカル(JACKALL) BPM 2ピースモデル BC-610M-2

「多様なライフスタイルのリズムに溶け込むバスフィッシングロッド」をコンセプトとした2ピースタイプのバスロッド。携帯性に優れ、自転車や電車などを利用して釣りを楽しみたい方におすすめのモデルです。

長さは取り回しのよい6.1ftで、10g前後のスピナーベイトやハードプラグをキャストするのにぴったり。テキサスリグを繊細に操作しやすいほか、おかっぱりからボートまでオールラウンドに活躍するモデルです。

メジャークラフト(Major Craft) デイズベイト DYC-662M

余計な装飾やパーツを排除したシンプルなベイトリール対応のバスロッドです。4軸方向にカーボン繊維を張り巡らせることで、軽さとパワーを両立させています。軽量高性能ガイド「sic-s」を搭載しており、摩擦抵抗の少ないスムーズなライン放出が可能です。

全長は6.6ft、硬さはMで、ファストムービングルアーにおすすめ。おかっぱりやボード釣りで、広範囲を探る際に適しています。