釣りのなかでも大小さまざまなルアーを使う「バス釣り」。特に小さいルアーや軽いリグを使うシーンではスピニングリールが多用されますが、具体的には持ち重りのない小さく軽いタイプが使いやすく、細い糸が十分に巻ける製品が最適です。

そこで今回は、バス釣り用スピニングリールのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はもちろん、まとめて複数タックルのモデルチェンジを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

バス釣り用スピニングリールの選び方

番手で選ぶ

By: amazon.co.jp

番手とはリールの大きさを表す言葉。シリーズによって価格帯、それに比例する性能に違いはありますが、スピニングリールのサイズはおおむね番手で同じで、巻ける糸の太さも共通しています。

バス釣りにおけるスピニングリールはナイロン・フロロの4lb、PEの0.8号が100m以上巻ける2500番が主流。なお、ここでいうバスとはラージマウスバスのことを指します。

細いラインを巻きたい場合、特にスモールマウスバスに3lb以下のラインを使いたい場合は2000番も候補。一方、太めのラインを使用したい場合、オカッパリから大遠投して広範囲に探りたい場合は3000番も選択肢になります。

ギア比で選ぶ

By: amazon.co.jp

ギア比とはハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもの。スピニングリール全体ではギア比5~6あたりがノーマルギアで、それよりも低い比率をローギア、高い比率をハイギアとしています。なお、バス釣りのスピニングリールにおいてはローギアという表記はほとんどなく、型番が無印であればノーマルギアです。

ギア比の低いモデルは巻き心地が軽いのが特徴。ハンドル1回転あたりの糸巻き量は少なめで、ゆっくりと巻くのに適しています。ただ、糸から伝わる感度がやや鈍いため、手元にしっかりと伝わらないのが懸念点です。

一方、ギア比の高いモデルはハンドル1回転あたりの糸巻き量が多いのがポイント。ライン回収はもちろん、魚の寄せもより早くできます。ルアーの動きやボトムの地形変化もよく分かるため、感度に優れているのも魅力。ただ、ルアーを巻き続ける際にしんどさを感じることがあるので、そこは留意しておきましょう。

バス釣り用スピニングリールのおすすめランキング

第1位 シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C2500SXG

コンパクトボディかつ155gと軽量なスピニングリール。さまざまなリグを操作できますが、いずれにおいても疲れにくく、特に1日中ロッドを振り続けるシーンにおいてアドバンテージになるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.4:1のエクストラハイギア仕様。さらにシャロースプールを搭載しており、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが巻けるのもポイントです。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは86cmで、手返しよくキャストできるのも魅力。満足度の高いおすすめモデルです。

第2位 ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2500S-CXH

軽量化と高性能化を図ったハイエンドモデルのスピニングリール。同社が培ってきた技術とノウハウが踏襲されており、ストレスなく釣りに集中できるのが特徴です。

シリーズとしてはオリジナルモデルと繊細なルアー操作が求められるフィネスカスタムに分かれており、本製品はフィネスカスタムのモデル。

番手は2500番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様です。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmで、ラインキャパはナイロン4lb・150m。重さは160gと軽量なので、ボート・オカッパリを問わず繊細な釣りを展開したい方におすすめです。

第3位 シマノ(SHIMANO) 18 ステラ C2500SXG

同社におけるハイクラスのスピニングリール。なめらかな巻き心地が特徴で、わずかな変化をもしっかりと感じ取れるのが特徴です。

リーリング時の快適さが持続する「マイクロモジュールギア II」や、巻き上げ時の異音を徹底的に排除した「サイレントドライブ」を採用しているのもポイント。ドラグ性能も高く、安心して魚とやり取りできるのも魅力です。

本製品は2500番。ギア比は6.4:1のエクストラハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは86cmです。重さは180gで、糸巻き量はナイロン5lbで110m、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが目安。さまざまなフィールドに対応できるおすすめモデルです。

第4位 シマノ(SHIMANO) 20 ヴァンフォード C2500SHG

軽さと強さを兼ね備えたおすすめのスピニングリール。ライトリグはもちろん、PEラインを巻いたパワーフィネスにも対応できるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.0:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは81cmです。重さは160gで、糸巻き量はナイロン5lbで110m、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが目安。価格帯としてはミドルレンジに位置するアイテムですが、耐久性が高く、コスパに優れているのが魅力です。

第5位 シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック 2500SHG

汎用性の高いスピニングリール。巻き心地・耐久性・飛距離・価格帯のトータルバランスに優れており、気兼ねなく使えるのが特徴です。

本製品は2500番で、バス釣りはもちろん、淡水ではトラウト、ソルトではメバリングやエギング、シーバスゲームにも対応。ギア比は6.0:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは89cmと長めです。

重さは220gで、糸巻き量はナイロン5lbで110m、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが目安。1台でライトリグからプラッキングまでこなせるおすすめモデルです。

第6位 シマノ(SHIMANO) 20 ツインパワー 2500SHG

同社ロングセラーモデルとして知られるスピニングリールの2020年モデル。たわみや歪み、ネジレを抑制する金属ローターを搭載しており、長く安心して使い続けられるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.0:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは89cmです。重さは210gで、糸巻き量はナイロン5lbで110m、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが目安。大物とのやり取りも十分できるので、パワフルなスピニングリールを探している方はぜひチェックしておきましょう。

第7位 ダイワ(Daiwa) 19 セルテート FC LT2500S-XH

軽さとタフさを兼ね備えたおすすめのスピニングリール。耐久性の高いアルミ素材を採用しており、さまざまなシーンで快適な釣りを展開できるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmです。重さは205gで、糸巻き量はナイロン4lbで150m、PE0.6号で200mが目安。末長く使い続けられるおすすめのモデルです。

第8位 ダイワ(Daiwa) 20 ルビアス FC LT2000S

ライトゲーム全般で活躍するおすすめのスピニングリール。自重は155gと軽く、バス釣りにおいては軽量なリグを長時間するタフなシーンや、ハイプレッシャーなフィールドでも使いやすいのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様。ラインキャパはナイロン4lbで150m、PE0.6号で200mに対応し、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmです。

なお、フィネスカスタムというモデルで、ハンドルシャフトは軽量なアルミシャフトを採用。粘り強くライトリグを操作し続けたい方におすすめのモデルです。

第9位 シマノ(SHIMANO) 17 コンプレックスCI4+ 2500S F6 HG

バス釣り用ともいえるスピニングリール。番手としては2500番のみのラインナップで、糸巻き量の少ない「F4」と糸巻き量の多い「F6」、さらにそれぞれノーマルギアとハイギアが用意され、計4機種から選べるのが特徴です。

本製品は「F6」のハイギアモデルで、自重は185g。ラインキャパはナイロン6lbで110m、フロロ6lbで100m、PE1.2号で100mに対応し、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは88cmです。特に太めのPEラインを多用したい方はぜひチェックしておきましょう。

第10位 アブガルシア(Abu Garcia) REVO MGX THETA 2500SH

巻き心地が軽いおすすめのスピニングリール。メインシャフトの支持構造を改良した「フリクションフリー」を採用しており、スムーズに巻き続けられるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ラインキャパはナイロン・フロロ6lbで100m、PEライン0.8号で150mが巻けます。フィネスな釣りはもちろん、大きな負荷がかかるパワーファイトにも十分対応できるおすすめモデルです。

第11位 ダイワ(Daiwa) 18 タトゥーラ LT2500S-XH

バス釣りの本場アメリカでのフィールドテストを経て発売されたスピニングリール。本製品はハイギア仕様の2500番で、ラインキャパはフロロ6lbで100m、自重は185gと軽量に仕上がっているのが魅力です。

また、パーフェクトラインストッパーが備わっており、細糸のPE、その先に結ぶ太めのショックリーダーにも対応。使い勝手は良好ながら、比較的リーズナブルなので、コスパ重視でスピニングリールを選びたい方におすすめのモデルです。

第12位 アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGXtreme 2500MSH

軽さにこだわって開発されたおすすめのスピニングリール。同ブランドのなかでも上位クラスの製品で、繊細なアクションが必要となるシビアなシーンでも釣りに集中できるのが特徴です。

本製品は2500番、ギア比は6.2:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cm。スプールはやや深溝で、ラインキャパとしてはナイロン・フロロ8lbで170m、PE2号で150mが巻けます。

バス釣りはもちろん、ソルトのシーバスやエギングにも使える汎用性の高さも魅力。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

第13位 ダイワ(Daiwa) 17 スティーズ type-I

バス釣りに特化して開発された淡水専用のスピニングリール。ZAIONの軽量エアローターとオイルボールベアリング仕様によって、スムーズにラインを巻き取れるモデルです。

ラインナップとしてはスプール径42mm、自重168gの「type-I」とスプール径48mm、自重178gの「type-II」を用意。さらにそれぞれノーマルギアとハイギアがあります。ラインキャパはもちろん、ハンドル1回転あたりの巻き取り量は製品によって異なるので、購入を検討する際はしっかりとチェックしておきましょう。

第14位 アブガルシア(Abu Garcia) Roxani 2500MSH

コスパに優れたおすすめのスピニングリール。高強度アルミ鋳造合金を採用することによって、耐久性が高く、安心して使えるのが特徴です。

本シリーズは2500番で、「2500SH」の浅溝スプールと「2500MSH」の深溝スプールに分かれているのがポイント。ギア比が6.2:1のハイギア仕様、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さが87cmである部分は共通ですが、糸巻き量が異なります。

前者はナイロン・フロロ6lbで100m、PE0.8号で150m、後者はナイロン・フロロ12lbで120m、PE2号で150mが目安。購入する際はラインキャパの違いをしっかりとチェックしておきましょう。

第15位 ダイワ(Daiwa) 17 イージス 2003F-H

バス釣りはもちろん、ソルト対応でメバリングやアジングもカバーできる2000番のスピニングリール。スプールやラインローラー部にはフロロライン専用の設定を施しており、ライントラブルが少ないのが特徴です。

本製品のギア比は5.6:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは75cm。糸巻き量はフロロ3lbで100mが目安です。より細いライン、より軽量なリグでタフコンディション化やハイプレッシャー化したフィールドを攻略したい方に適しています。

第16位 シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ 2500HGS

同社スピニングリールにおけるスタンダードモデル。価格帯としては控えめながら、基本性能はひと通り揃っているので、これからバス釣りをはじめようと考えている方におすすめです。

本製品は2500番で、ギア比は6.0:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは88cmで、ラインキャパとしてはナイロン5lbで110m、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが巻けます。なお、自重は240gで上位機種と比べると重いので、気になる方は自重205gの2000番もチェックしておきましょう。

第17位 アブガルシア(Abu Garcia) REVO ALX THETA 3000SH

同ブランドのスピニングリールとしてはミドルクラスに位置するモデル。リトリーブ時の巻き上げの軽さに配慮した構造を採用しており、ルアー操作から魚とのファイトまでの一連の流れがスムーズにできるのが特徴です。

ローター部分にはカーボン繊維で強化されたエンジニアリングプラスチックの「C6カーボンローター」、ハンドルは高弾性のカーボン素材を積層構成した「Duracarbonハンドル」を採用。いずれも耐久性と軽さに配慮されており、使い勝手は良好です。

本シリーズは3000番で、「3000SH」の浅溝スプールと「3000MSH」の深溝スプールに分かれているのもポイント。前者はナイロン・フロロ8lbで100m、PE1.2号で150m、後者はナイロン・フロロ16lbで150m、PE2号で220mが目安です。バス釣りで使う際は、用途を考慮すると浅溝スプールモデルが適しています。

第18位 ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT2500S-XH

同社スピニングリールのなかでもロングセラーシリーズとして知られるモデルです。ミドルレンジの価格帯ながら性能がよく、コスパに優れているのが特徴。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様、重さは185gです。糸巻き量はナイロン6lbで100m、PE0.6号で200mとラインキャパも十分。耐久性に関してはマグシールドに加え、タフデジギアを搭載しているので、安心感があるのも魅力です。

第19位 アブガルシア(Abu Garcia) Revo ROCKET 2500MS

スピーディーなバス釣りをテンポよく展開できるスピニングリール。サイズは複数用意されていますが、シリーズ共通でギア比7.0:1と高めに設定されているのが特徴です。

本製品は2500番で、重さは208g。ラインキャパはナイロン・フロロ12lbで120m、PE2号で150mとなっており、やや太めのラインもしっかりと巻けます。ギア比の高さを感じられるおすすめの製品です。

第20位 アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGX 2500S

繊細な操作が求められるバス釣りでおすすめのスピニングリール。本製品は2500番で、ギア比は5.2:1のノーマルギア仕様、重さは185gです。糸巻き量はナイロン・フロロ6lbで100m、PE0.8号で150m。自重は185gで、軽さにも配慮されています。

また、本シリーズはオプションパーツキットが複数用意されているのもポイント。対応する番手は限られていますが、それぞれ国内で活躍するバスプロが監修しており、カスタマイズも可能です。気になる方は併せてチェックしておきましょう。