釣具メーカーのなかでも総合ブランドとして多くの製品を取り揃えている「ダイワ」。国内はもちろん、最近は海外のユーザーも増えており、さまざまなターゲットに対応したアイテムが展開されています。

そこで今回は、ダイワのベイトリールをピックアップ。おすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ダイワ(Daiwa)のベイトリールの特徴

By: daiwa.com

ダイワのベイトリールの特徴は総じて軽さのアドバンテージを感じること。シャープにロッドを振り抜けるので、遠投はもちろん、ピッチングやフリッピング、さらにはスキッピングなどのテクニカルなキャストがしやすいのが魅力です。

また、同社のベイトリールは製品名のアルファベット表記によって仕様がわかるのもポイント。例えば、「SV」とはマグネットブレーキのメリットを最大限に引き出す「ストレスフリー・バーサタイル」の略で、スプールに付く表記です。

「TW」とはレベルワインダーの「Tウイング」のことで、クラッチを切るキャスト時はオープンに、クラッチがオンになるリトリーブ時は狭まることで、ラインの放出と正確な糸巻きに寄与します。

また、「AIR(エア)」とはその名の通り、軽さが強調されている製品に付けれている表記で、ベイトフィネス機に用いられているもの。さらに、「HLC」とは「ハイパーロングキャスト」のことで、より飛距離アップを意識した製品となっています。

ダイワ(Daiwa)のベイトリールのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) バス X 80SH

同社ベイトリールにおけるエントリーモデル。基本性能がしっかりとしており、これからベイトリールでルアーフィッシングを始めようと考えている初心者アングラーにおすすめです。

ギア比は7.5:1で、重さは195g。ラインキャパはナイロン12lbで100mと、オールマイティに活躍します。安価ながらアルミ製の32mm径ブランキングスプール搭載しているほか、90mmのアルミクランクハンドルとソフトタッチフラットノブを採用しているのもポイントです。

ダイワ(Daiwa) アルファス CT SV 70SHL

コンパクトなフォルムのベイトリール。フルメタルボディによって耐久性が高いほか、バックラッシュが少ないマグネットブレーキを採用することによって、気兼ねなくキャストできるのが特徴です。

製品ラインナップはギア比6.3と7.2の2種類ですが、いずれも自重は170gと軽量。ライトプラッキングとの相性がよく、小型のトップウォーターはもちろん、スモールクランクやシャッド、ミノーを駆使して広範囲を攻めたい際に有効なモデルです。

ダイワ(Daiwa) アルファス エア 7.2L

ダイワのベイトフィネス用リール。スピニングリールとは異なり、扱いには慣れが必要ですが、軽量ルアーを正確にアプローチできるのが特徴です。

本製品はスピーディな展開にも対応できるギア比7.2:1。重さは165gと軽量で、糸巻き量はフロロ8lbで50m。ショートキャストで手返しよくプラグを巻きたい際や、ライトリグやノーシンカーを撃ち込んでいきたいときなど、タフなシーンで頼りになるおすすめの1台です。

ダイワ(Daiwa) アルファス エア TW 8.6L

ベイトフィネスリールのなかでも汎用性の高いおすすめモデル。ライトリグを操作するバスフィッシングのほか、管釣りや渓流のトラウト、メバリングといったライトソルトゲームなど、幅広いシーンで使えるのが特徴です。

ギア比は8.6と高く、ラインキャパはナイロン6〜8lbで45m、ハンドル1回転の糸巻き量は75cm。また、自重は160gと軽量ながら、耐久性の高い強靭なアルミボディを採用しており、1日中キャストを繰り返すシーンでもストレスなく使えます。

ダイワ(Daiwa) アルファス エアストリームカスタム 7.2L

渓流ベイトフィネスで使いやすい淡水専用モデル。小型かつ軽量なルアーをピンスポットへ撃ち込むようなシャープなキャストができるのが特徴です。

スプールは31mm径のG1ジュラルミン製ストリームトラウトブレーキチューンスプールを搭載。また、80mmカーボンクランクハンドルにしっくりと馴染むコルクグリップを採用しており、使用感も良好です。ギア比は7.2:1で、自重は165g。ラインキャパはナイロン6lbで40m、8lbで30m、PR0.6号で40mが巻けます。

ダイワ(Daiwa) タトゥーラ SV TW 103SH

アルミ製のスーパーメタルフレームを採用したタフ仕様のベイトリール。ギア比は6.3のノーマル、7.1のハイギア、8.1のエクストラギアと3タイプが揃っています。いずれも自重は190gと200gを下回っており、耐久性と軽さを両立しているのが特徴です。

扱えるルアーの幅も広く、ラインの太さを変えればビッグベイトからスモラバまで対応。バーサタイル仕様となっているので、1台で幅広く使いたいアングラーにおすすめの製品です。

ダイワ(Daiwa) ジリオンSV TW 1016SV-XXH

By: daiwa.com

ハードに使えるベイトリールを求めている方におすすめのモデル。大口径で高性能なドラク「UTD(アルティメットトーナメントドラグ)」を採用しています。また、細部にまで軽量化と耐久性アップを図っており、淡水・海水を問わず積極的な釣りを展開できるのが特徴です。

本製品はギア比9.1:1のエクストラハイギア仕様ですが、シリーズとしては7.3:1のハイギア、6.3:1のノーマルギアのほか、5.5:1のローギアもラインナップ。スピーディにピンスポットを狙いたい方から、空気抵抗の大きいルアーでランカーサイズを仕留めたい方まで、さまざまなアングラーの要望に応えるおすすめのベイトリールです。

ダイワ(Daiwa) ジリオン 10.0L-SV TW

ギア比10.0:1とハイスピード仕様のベイトリール。ハンドル1回転あたりの糸巻き量は106cmとかなり多いのでルアーのピックアップスピードが速く、シャローを広範囲に探る釣りやカバーをテンポよく撃つ釣りおいて、より効率的に攻められるのが特徴です。

ラインスラックの回収が早いので、フッキングしてからの寄せもスピーディ。ランディングに至るまでの一連の動作がスムーズにできるのも魅力です。

ラインキャパはナイロン14lbで90m、16lbで80mが目安。なお、本製品は淡水専用となっているので、その点は留意しておきましょう。

ダイワ(Daiwa) ジリオン TW HLC 1514

遠投性能と耐久性にこだわって開発されたベイトリール。強度の高いアルミ系素材の「G1ジュラルミン」をスプールに採用しているほか、高精度に仕上がっており、飛距離アップを図っているのが特徴です。

本製品は淡水・海水を問わず使用可能。また、マグシールドボールベアリングにより、塩ガミやサビ、キャスト時やリーリング時の異音に配慮できるなど、快適な使用感が持続するのもポイントです。

ギア比は7.3:1で、ハンドル1回転の糸巻き量は82cm。ラインキャパはナイロン14lbで100m、16lbで85m、自重は215gとなっています。

ダイワ(Daiwa) ジリオン TW HLC 1516

大遠投でビッグフィッシュを狙いたい方におすすめのベイトリール。バスフォッシングのオカッパリスタイルに精通している村上晴彦氏の要望から生まれたモデルで、細部にまでこだわりが感じられるのが特徴です。

「ジリオン TW HLC 1514」と比較すると、ギア比7.3:1、ハンドル1回転の糸巻き量81cmは共通。一方、ラインキャパがナイロン16lb100m・20lb80m、自重が205gのほか、ハンドルノブがコルクからパワーライトSノブに変更、さらにダイヤルの形状にも違いがあります。購入を検討する際はしっかりと確認しておきましょう。

ダイワ(Daiwa) スティーズ SV TW 1012SV-XH

ダイワのベイトリールのハイエンドモデル。クラッチのオンオフによってTシェイプのレベルワインドが変形する「ターンアラウンドスタイル」を採用しており、気持ちよくキャストできるのが特徴です。

マグネットブレーキシステムのSVコンセプトを採用しており、軽量なリグから重量級のルアーまでカバー。スプールの立ち上がりが早く、オーバーヘッドキャストやサイドキャストはもちろん、ピッチングやフリッピングなどもしっかりと決められます。

本製品はギア比8.1:1のエクストラハイギア仕様ですが、7.1:1のハイギアや6.3のノーマルギアもラインナップ。いずれのモデルも自重160gと軽量に仕上がっているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) スティーズ A TW 1016SHL

同シリーズのなかでも太めのラインをキッチリと巻けるベイトリール。巻きモノ・撃ちモノともに、ヘビーなタックルで積極的に攻めたい方におすすめです。

ラインナップが豊富なのもポイント。ギア比は5.3・6.3・7.1・8.1とローギアからノーマル、ハイギアまで揃っており、いずれも自重190g、ラインキャパはナイロン16lbが100m巻けるのも魅力です。

堅牢性が高く、耐久性も良好。タフネス仕様なので、ダイワベイトリールのなかでも特に安心して使い続けられるモデルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) スティーズ CT SV TW 700XHL

バーサタイルモデルのSVに、コンパクト&タフのCTがミックスされたベイトリール。シリーズとしては複数の製品をラインナップしていますが、いずれも自重150g、ハンドル長さ80mmと軽量かつしっかりと手に収まるサイズ感にまとまっているのが特徴です。

素材にはG1ジュラルミンを採用しており、十分な強度も確保。ラインキャパはナイロン12lbで70m、14lbで60mとベイトフィネス機とも遜色ない適性を備えているのも魅力です。

ギア比は6.3・7.1・8.1と3種類を用意。広大なエリアをファストムービングルアーでサーチしたり、カバーをピンで撃っていったりと、あらゆるシーンで満足度の高いパフォーマンスができるおすすめの1台です。

ダイワ(Daiwa) スティーズ エア TW 500XXH

日本のタフコンディション化したフィールドや、魚がスレているハイプレッシャーエリアで活躍するベイトフィネスリール。淡水専用、特にバスフィッシングでの使用がメインとなる機種ですが、これまでスピニングリールでカバーしていた領域を手返しのよいベイトリールでまかなえるのが特徴です。

ラインナップとしてはギア比6.8と9.1の2種類を用意。シャッドプラグをゆっくり巻きたいときは前者を、ライトリグを撃っていきたいときは後者を選ぶのがおすすめです。

なお、いずれも28mm径と小口径かつ肉抜きしたAIRスプールを採用しており、ラインキャパはナイロン6〜8lbで45m。自重は135gと軽量に仕上がっているので、ストレスなく使い続けることができます。ハイエンドクラスのベイトフィネスタックルを求めている方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) SV ライト リミテッド

バーサタイル機と比べてややベイトフィネス寄りのセッティングとなっている淡水専用モデル。キャストフィールは同社の「AIR」、スプール強度はマグネットブレーキのメリットを最大限に引き出す「SV」仕様で、軽量プラグやライトリグも扱えるのが特徴です。

ラインナップはギア比6.3・自重148gと、ギア比8.1・自重153gの2種類。フィネスな釣りからカバーゲームまでこなせるため、ベイトフィネスよりもワンランク強めで、オールランドタイプよりも喰わせ重視のルアーを操作したい方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) Z BLACK LTD 2020SHL

ダイワのベイトリールのなかでも太めのラインが巻けるベイトリール。ラインキャパはナイロン20lb・100m、PEラインに関しては2号・230mとなっており、パワフルな釣りを展開できるのが特徴です。

ブレーキシステムは3モード仕様の「マグフォース3D」を採用。ルアーウエイトやシチュエーションに応じた素早い切り替えが可能です。

また、超高精度スーパーメタルハウジングやタフデジギヤによって、耐久性に優れているのもポイント。ソルト対応となっているので、国内はもちろん、海外の怪魚もターゲットとしたい方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) リョウガ 1016-CC

超高剛性高精度マシンカットスーパーメタルハウジングに、独自の精密マシンカットを施した丸型ベイトリール。自重255gと決して軽くはありませんが、ビッグルアーをリトリーブする際でもロッドがブレにくく、安定して巻けるのが特徴です。

本製品のギア比は5.4:1のローギア仕様で、糸巻き量はナイロンライン約16lbで100m。タフな状況にも耐えうる強靭さのほか、パーミング性能や巻き感度を追求しているのも魅力です。ディープクランクや重めのスピナーベイトなど、引き抵抗の大きいルアーをキャストするのに適したモデルを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) ミリオネア CT SV 70H

オールマシンカットボディを採用した丸型ベイトリール。トラブルが少なく、大小問わずさまざまな巻物系ルアーをスムーズにキャストできるのが特徴です。

本シリーズのギア比は6.3と7.2の2種類をラインナップ。自重や最大ドラグ、巻糸量、ハンドル長さなどに違いはないので、純粋にギア比とハンドル1回転あたりの糸巻き量で使い分けられます。巻き感にこだわりたい方におすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) モアザン PE 1000XHL-TW

ソルトシーンにおけるシーバス専用のベイトリール。製品名の通り、PEラインとの組み合わせに適しており、遠くで掛けたランカーもしっかりと引き寄せられるのが特徴です。

ボディだけでなく、両サイドもアルミ素材を採用しており、耐久性は良好。ラインナップとしてはギア比7.1と8.6の2種類を用意しています。

ラインキャパはいずれもPE1.5号で200mをカバー。さらに、力強い巻上げをサポートする100mmのロングハンドルが備わっているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) HRF PE SPECIAL 8.1R-TW

アイナメなどを狙うロックフィッシュゲームに適したベイトリール。PEラインであれば2号で150m、フロロ14lbで100m巻きに対応しており、太めのラインが巻けるのが特徴です。

根魚をカバーから引きずり出すべく、ギア比は8.1のハイギア仕様。自重は195gと200gを下回るスペックで、ソフトベイトを手返しよく撃っていくのはもちろん、リグの操作を軽快にできるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 TW

ダイワのベイトリールのなかでもタイラバ専用に開発されたモデルです。同種の釣りは落として巻くという単純な作業に思われがちですが、一定に巻くことが重要。本製品は「巻き」に焦点を当てているのが特徴です。

巻きスピード別に2種類が用意されているのも魅力。ハンドル1回転あたり52cmのギア比4.9と、77cmのギア比7.3がラインナップされています。また、タイを象徴する桜色がスプールのカラーに施されているのもポイント。これまで汎用性の高いベイトリールをタイラバで使っていた方はぜひ試してみてください。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 TW ハイパーカスタム

ギア比4.9と8.6の極端な2機種をラインナップしているタイラバ専用ベイトリール。前者は軽やかな巻き心地で、後者は感度の高いリトリーブでアタリを取れるのが特徴です。

いずれも自重は205gで、ラインキャパはPEライン1号が300m巻ける仕様。なお、最大ドラグ力には1kgの差があるので、その点は留意しておきましょう。

ボディは漆黒とタイを象徴する色鮮やかな桜色をミックス。釣果はもちろん、フィッシングスタイルにもこだわりたい方にもおすすめです。