釣具のなかでもタフなリールを数多く開発している「アブガルシア」。バスフィッシングを牽引してきたブランドだけあって、ベイトリールにおいては歴史と伝統がありますが、最近はスピニングリールも続々とラインナップされており、注目すべきモデルが揃っています。

そこで今回は、アブガルシアのスピニングリールをご紹介。エントリーモデルから上位機種までピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

アブガルシア(AbuGarcia)のスピニングリールの特徴

By: amazon.co.jp

「アブガルシア」はもともとはスウェーデンのリールメーカー。1990年代後半にアメリカの企業が買収し、現在の日本国内の流通はその子会社の「ピュアフィッシングジャパン」が統括しています。

歴史としては古く、スピニングリールに関しては機能性に優れたアイテムを多く展開しているのが特徴。価格も比較的安いため、コスパに優れたスピニングリールを探している方はぜひチェックしてみてください。

アブガルシア(AbuGarcia)のスピニングリールのおすすめモデル

アブガルシア(Abu Garcia)Cardinal II SX

同ブランドのスピニングリールのなかでも、ロングセラーシリーズとなっている「カーディナル」。本製品は1000〜3000番のラインナップが揃っているほか、リーズナブルな価格に設定されているのが特徴です。

小さめのサイズはトラウトやアジング、メバリングなどのライトライン向き。大きめのサイズは、シーバスやエギングなどのPEラインを用いたソルトゲームにおすすめです。

アブガルシア(Abu Garcia)Cardinal II STX

シックなカラーリングが特徴的なスピニングリール。本製品「STX」シリーズは「SX」シリーズと比べてベアリングの数が増えており、より滑らかに回転する仕様なのが特徴です。

また、価格帯はそれほど変わりませんが、付属する替えスプールに違いがあるのもポイント。アルミのスプールを採用しており、「SX」シリーズと比較して色合いと溝の深さが異なります。購入する際はチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) SUPERIOR

豊富なサイズラインナップが揃っているスピニングリール。下は1000番から上は5000番まで用意されており、ライトゲームから大型ルアーを操作するソルトシーンまで対応できるのが特徴です。

シリーズ共通でボディにDURAMETAL(高強度アルミ鋳造合金)を採用しているのもポイント。耐久性に配慮された仕様なのも魅力のおすすめアイテムです。

アブガルシア(Abu Garcia) OCEANFIELD

ソルトゲームにおすすめのスピニングリールシリーズ。高性能耐食性素材を採用した「HPCRベアリング」を搭載しており、耐久性はもちろん、巻き取りの滑らかさにも配慮しているのが特徴です。

シリーズ共通でボデイにX-Craftic(高強度アルミ鋳造合金)を採用しているのもポイント。特に大きめのサイズは過酷なシーンにも十分耐えうる仕様で、大物ともしっかりと対峙できるのが魅力です。

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI 2500SH

コスパに優れたスピニングリール。高強度アルミ鋳造合金を採用しており、タフなシーンでも安心して使えるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmで、ナイロン・フロロ6lbで100m、PE0.8号で150m巻けます。サイズ違いもひと通りラインナップされているので、単品買いの方はもちろん、複数のスピニングリールをリーズナブルに買い揃えたい方にもおすすめです。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo ROCKET 2500MS

スピーディーな釣りをテンポよくできるハイギア仕様のスピニングリール。サイズとしては複数用意されていますが、シリーズ共通でギア比7.0:1と非常に高めに設定されているのが特徴です。

本製品は2500番で、重さは208g。ラインキャパはナイロン・フロロ12lbで120m、PE2号で150mとなっており、やや太めのラインがしっかりと巻けます。ハイギアの効果を存分に感じられるおすすめアイテムです。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO ALX THETA 3000SH

同ブランドのスピニングリールとしてはミドルクラスの価格帯に位置するモデル。リトリーブ時の巻き上げの軽さに配慮した構造を採用しており、ルアー操作から魚とのファイトまで、スムーズにできるのが特徴です。

ローター部分にはカーボン繊維で強化されたエンジニアリングプラスチックの「C6カーボンローター」、ハンドルは高弾性のカーボン素材を積層構成した「Duracarbonハンドル」を採用。いずれも耐久性がある一方、軽量で使い勝手は良好です。

本製品は3000番ですが、シリーズとして番手は下が1000番から上は5000番まで用意。渓流トラウトやアジング、メバリングなどのライトソルトゲームから、オフショアジギングまで対応できる製品が揃っています。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO MGX THETA 2500SH

ノーマルギア・ハイギアに関わらず、巻き心地が軽いスピニングリールです。メインシャフトの支持構造を従来モデルから改良した「フリクションフリー」を採用。回転するピニオンギアと前後に動くメインシャフトの間に隙間を設けることによって、ストレスなく巻き続けられるのが特徴です。

本製品は数あるラインナップのなかでも汎用性の高い2500番。ギア比は6.2:1のハイギアで、ラインキャパはナイロン・フロロ6lbで100m、PEライン0.8号で150m巻ける仕様です。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGX

繊細な操作が求められるシーンで活躍するスピニングリール。自重が軽いので1日中使い続けても疲れにくいほか、わずかなアタリに対してもしっかりと反応できるのが特徴です。

また、本シリーズはオプションパーツキットが複数用意されているのもポイント。対応する番手は限られていますが、それぞれ国内で活躍するバスプロが監修しており、カスタマイズも可能です。気になる方はあわせてチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGXtreme 2500MSH

軽さにこだわって開発されたスピニングリール。同ブランドのなかでも上位のモデルで、繊細なアクションが必要となるシビアなシーンでも集中できるのが特徴です。

本製品は2500番、ギア比は6.2:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cm。また、ややスプールが深く、ラインキャパとしてはナイロン・フロロ8lbで170m、PE2号で150mと十分な糸巻き量なのもポイントです。

淡水のバスはもちろん、海水のシーバスやエギングにも使える汎用性の高さも魅力。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。