釣具のなかでもリール市場を牽引する「シマノ」。国内はもちろん、海外でも評価の高い製品が多く、アングラーのニーズに合わせたさまざまなモデルを発売しています。

そこで今回は、シマノのベイトリールにフォーカス。おすすめのアイテムをご紹介します。各シリーズごとに特徴が異なるので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シマノ(SHIMANO)のベイトリールの特徴

By: shimano.co.jp

シマノのベイトリールの特徴は優れたブレーキシステムにより、飛距離がしっかりと出ること。さらに、ギアの性能が高く、快適な巻き心地が持続することが挙げられます。

とくに遠心ブレーキのなかでも電子制御する、ブレーキシステムを採用したDCブレーキは秀逸。キャスト時に糸が絡まる「バックラッシュ」が起こりにくいほか、気持ちよくルアーが飛んでいくのが魅力です。なお、DCブレーキが効いている際は独自の音を発するので、その点は留意しておきましょう。

なお、軽量ルアーを快適にキャストできるベイトフィネスリール関してはいくつかのシリーズに用意された「BFS」が対象。FTBというマグネットブレーキを採用しており、ウエイトに合わせて的確なブレーキングコントロールができる仕様になっています。

機能面においては価格に比例する部分ではありますが、いずれも耐久性は良好。長く使い続けられるリールを求めている方におすすめです。

シマノ(SHIMANO)のベイトリールのおすすめモデル

シマノ(SHIMANO) 18 バスライズ

シマノベイトリールのなかでは非常に安価なモデル。リーズナブルなので、これからベイトリールでルアーフィッシングを始めてみたいと考えている子供にもおすすめです。

ギア比は7.2:1で、重さは200g。ブレーキには、簡単に操作できるイージーマグを採用しています。また、ラインキャパはナイロンライン16lbで100mとなっているので、オープンウォーターからカバーの釣りにまで対応可能です。

シマノ(SHIMANO) 17 バスワンXT 150

シマノのベイトリールにおけるエントリーモデル。低価格帯ながら、ギア比は7.2:1で、重さは210g、糸巻き量はナイロンライン16lbで100mと、オールラウンドに使えるのが特徴です。

SVSを内蔵しており、ブレーキングの微調整が可能なのもポイント。クランクベイトやスピナーベイトなどの巻物や、テキサスリグやラバージグなどの撃ちモノにも対応できるので、これからさまざまなルアーをキャストしてみたいと考えている方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 19 SLX MGL 71

コスパ重視でベイトリールを選びたい方におすすめのモデル。ストレスなくキャストできる「マグナムライトスプール」や、簡単にブレーキの調節ができる「SVS∞(インフィニティ)」など、基本的な機能をひと通り揃えているものの、比較的価格が控えめに設定されているのが特徴です。

本製品はギア比8.2:1のエクストラハイギア仕様ですが、7.2:1のハイギアや6.3:1のノーマルギアもラインナップ。重さはいずれのモデルも200gを切っており、比較的軽量なのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) 20 SLX DC 71HG

ミドルレンジをカバーする「SLX」シリーズにおいてDCブレーキを採用したベイトリール。従来のDCブレーキとは異なる4段階仕様になっており、容易に扱えるのが特徴です。

本製品はギア比7.2:1のハイギアモデルですが、ほかにもノーマルギアやエクストラハイギアもラインナップ。シビアなブレーキングやサミンングを気にすることなくキャストできるので、バッグラッシュの悩みから開放されたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 16 スコーピオン 70

ロングセラーシリーズとして知られる「スコーピオン」の現行オリジナルモデル。歴代の製品と比べて70番サイズと小さめですが、32mm径のスプールを採用しており、軽量ルアーもしっかりとキャストできるのが特徴です。

外部ダイヤルでスムーズなブレーキ調節が可能な「SVS∞(インフィニティ)」を作用しているのもポイント。ギア比はノーマル・ハイギア・エクストラハイギアと揃っているほか、海釣りでも使える仕様になっているので、ソルトシーンで使えるのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) 17 スコーピオン BFS XG

スコーピオンシリーズのベイトフィネスモデル。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を搭載しており、通常のオーバーヘッドキャストはもちろん、シャープな振りのサイドキャストやカバーの奥へと送り込むピッチングがしやすいのも特徴です。

また、ウエイトも軽く、自重は165g。さらに、ソルト対応にもなっているので、ライトゲーム全般に使えます。ベイトフィネスの導入を考えている方は、ぜひ候補として検討してみてください。

シマノ(SHIMANO) 17 スコーピオンDC 100HG

スコーピオンシリーズにおけるDCブレーキモデル。バッグラッシュを臆することなく釣りに集中できるので、遠投からピッチングまで思い切りよくキャストできるのが特徴です。

本製品は同社DCブレーキのなかでも「I-DC5」を採用。ルアーのウエイトに応じて調節する「4ボリュームセミオート」&「フルオート」を採用した5段階の外部ダイヤル、さらには「ナイロン」「フロロ」「PE」の3モードからライン選択できる内部ダイヤルによって、柔軟にブレーキセッティングできる仕様になっています。

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン MGL 150XG

スコーピオンシリーズに立ち上がりの軽いMGLスプールを採用したベイトリール。従来モデルよりも飛距離が稼げるほか、接近戦においても快適にキャストできるのが特徴です。

本製品はギア比8.5:1のエクストラハイギア仕様。ラインナップとしては7.4:1のハイギア、6.2:1のノーマルギアも揃えています。充実した機能が備わっていながらも価格は控えめなので、幅広いユーザーにおすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG

シマノのベイトフィネス用リール。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を採用することにより、軽くて小さいルアーでも投げやすく、ピッチングからオーバーヘッドキャストまで正確にキャストできるのが特徴です。

本製品はギア比8.0:1のハイギアですが、ラインナップとしては6.5:1のノーマルギアも用意。いずれも重さは130gと軽量です。これまでスピニングリールで対応していた軽量ルアーを快適に扱えるので、テンポよく小さいルアーをキャストしたい方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 18 アルデバラン MGL

ベイトフィネス用リールのなかでも、よりキャスタビリティを求める方におすすめのモデル。ギア比は6.5と7.4の2タイプがありますが、いずれも自重は135gと軽量に仕上がっています。

ラインキャパは共通でナイロン8lbを100m巻ける仕様。シャロースプール化したマグナムライトスプールを搭載しており、ライトリグや軽いプラグでもしっかりと飛ばせます。ベイトリールで扱うルアーの幅を広げたい方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 18 バンタム MGL XG

往年のベイトリールの名機として知られる「バンタム」の名を継承したモデル。レベルワインドプロテクターとサイドプレート、メインフレームをアルミ一体で成型した「コアソリッドボディ」を採用しており、耐久性に優れているのが特徴です。

本製品は、ギア比8.1:1のエクストラハイギア仕様。ラインナップとしては7.1:1のハイギア、6.2:1のノーマルギアのほか、5.5:1のパワーギアと呼ばれるローギアタイプも揃えています。指名買いをするのはもちろん、ギア比別に買い揃えたいと考えている方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) 15 メタニウム DC XG

シマノのベイトリールにおいてロングセラーシリーズとなっている「メタニウム」のDCブレーキモデル。タイプとしては「I-DC5」を採用しており、ナイロン・フロロ・PEとラインの種類によってモード選択できる内部ダイヤルのほか、ルアーのウエイトに合わせて調節できる外部ダイヤルを備えているのが特徴です。

本製品のギア比は、8.5:1のエクストラハイギア仕様。ほかのラインナップとしては、7.4:1のハイギアと6.2:1のノーマルギアも揃えています。テンポの速さがキーとなるカバー撃ちはギア比の高いタイプ、クランキングなどリーリングが主体となる場合はギア比の低いタイプと、DCブレーキを使い分けたい方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) 16 メタニウム MGL XG

飛距離アップが見込める「マグナムライトスプール(MGL)」を採用したベイトリール。外部ダイヤルのみでブレーキを調節できるので、使い勝手に優れているのが特徴です。

ギア比は8.5のエクストラハイギアのほか、7.4:1のハイギアと6.2:1のノーマルギアもラインナップ。重さはいずれも約175gと軽量に仕上がっています。

遠投性に優れているほか、ピッチングやフリッピングなどのテクニカルなキャストがしやすいのもポイント。汎用性の高いおすすめモデルです。

シマノ(SHIMANO) 20 メタニウム HG

数多くのラインナップが揃うメタニウムシリーズにおける現行オリジナルモデル。マグネシウム一体成型のコアソリッドボディを採用しているほか、立ち上がりと伸びのよい「マグナムライトスプールⅢ」を搭載しており、ストレスなくキャストできるのが特徴です。

ギア比は6.2・7.1・8.1の3タイプを用意。いずれも自重は175gで、ラインキャパはナイロン12lbを100m巻きと、コンパクトな仕様となっているのもポイントです。1日中快適に使えるベイトリールを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 17 エクスセンス DC XG

ソルトのシーバスゲームで活躍する「エクスセンス」シリーズのベイトリール。本製品は電子制御するDCブレーキ、なかでも「4×8 DCエクスセンスチューン」を搭載しており、32通りのブレーキセッティングに対応できるのが特徴です。

ラインナップとしてはギア比7.8:1のみ。糸巻き量はPE2号で150mが巻けます。大遠投できるのはもちろん、ライントラブルが懸念されるPEラインでも手返しのよいテクニカルなキャストを決めたい方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 20 エクスセンスDC SS

ソルトシーバス用のスペシャルセッティングが施されたベイトリール。DCブレーキのなかでも「I-DC4エクスセンスチューン」に対応しており、4モードのなかからルアーやライン、フィールド状況に合わせて調節できるシンプルな仕様となっているのが特徴です。

ラインナップとしてはギア比7.4:1のHGとギア比8.5:1のXGの2種類を用意。前者は流れに乗せてルアーを巻きたい時に、後者は潮の流れが早い場所で感度を優先したい際に有効です。

なお、いずれの場合もEVAの大型ハンドルノブを採用。ビッグフィッシュに対して力強いリーリングができるのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) 17 カルカッタコンクエスト BFS HG

丸型のベイトフィネスリールを求めている方におすすめのモデル。同シリーズの特徴である耐久性と快適な巻き心地を継承しつつも、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を採用しており、より軽量なルアーを安心してキャストできるのが特徴です。

ギア比は6.8:1のみで、自重は200g。ラインキャパはフロロ8lbで45m、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は68cmとなっています。ミノーやシャッドをベイトリールで巻きたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 カルカッタコンクエスト DC 200

シマノを代表する丸型ベイトリールの「カルカッタ」にDCブレーキを搭載したモデル。DCブレーキは「I-DC5」を採用しており、強風下で空気抵抗の大きいルアーを投げる際もしっかりとキャストできるのが特徴です。

また、スプールには快適にルアーをキャストできるマグナムライトスプールを採用しているのもポイント。高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアによって、巻き心地が滑らかなのも魅力です。

本製品は200番で、ギア比は4.8:1のローギア。糸巻き量はナイロンライン20lbで100mと、太いラインをしっかりと巻ける仕様になっています。なお、ラインナップにはひと回り小さい100番、さらにそれぞれハイギアモデルも揃っているので、購入する際はチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 アンタレス HG

シマノのハイエンドクラスベイトリール「アンタレス」シリーズの19年モデル。従来モデルよりもボディ形状がコンパクトにまとまっているのが特徴です。

快適なキャストを可能とする「マグナムライトスプールⅢ」を搭載しているのもポイント。「サイレントチューン」と「S3Dスプール」により回転時の振動を徹底的に排除し、気持ちよくルアーを飛ばせます。

また、マイクロモジュールギアを採用しており、心地よい巻き心地が持続するのも魅力。ギア比は本製品の7.4のハイギアモデルほか、6.2:1のノーマルギアもラインナップされています。

シマノ(SHIMANO) 18 アンタレスDC MD

シマノのベイトリールにおけるハイエンドモデル。同社DCブレーキのなかでも本機専用のXBモードを採用しており、あらゆるルアーをストレスなくキャストできるのが特徴です。

ギア比は7.8:1とややハイギア仕様。国内の淡水・海水を問わないのはもちろん、海外の大型怪魚にも真っ向から勝負できるほどの強さを備えています。満足度の高いベイトリールを求めている方は、ぜひ購入を検討してみてください。