ソルトにおけるライトゲームのなかでも専用タックルが続々とリリースされている「アジング」。ジャンルとして確立する前のアイテムはメバル釣りの「メバリング」とほぼ同じでしたが、最近ではアングラーの増加に伴い、よりニーズに合った製品に注目が集まっています。

そこで今回は、アジングリールのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アジングリールとは?

By: .purefishing.jp

アジングリールとはアジング、つまりはルアーで狙うアジ釣りで使うリールのこと。狙うターゲットとしてアジは小さく、引きも強くはないのでかなりライトなリグを使用するのが一般的です。

もともとはソルトのライトゲーム用してメバリングで使うタックルと一緒くたになっていましたが、ゲームジャンルの確立と普及によって細分化。より小さいルアー、より細いラインが市場に増え、それに伴いリールもアジングのニーズにあった製品ラインナップが増えてきています。

アジングリールの選び方

番手で選ぶ

By: amazon.co.jp

アジングで軸となるのがスピニングリールの「2000番」。より軽いリグを扱うので細いラインにマッチする「1000番」も候補となりますが、アジングでリールを選ぶ際はサイズ感や自重もさることながら、使うラインの太さでリールを選ぶのがポイントです。

アジングでラインは汎用性から考えるとフロロ、エステル、PE、ナイロンが使用頻度の順番。フロロはオールマイティに使えるタイプで、少し伸びあるので感度はやや鈍いですが、比重が高く、風が吹いても比較的扱いやすいのが特徴です。エステルはフロロほどではないものの比重は高め。伸びもほとんどないなめ感度にも優れていますが、急激な負荷に弱く切れやすいのでリーダーが必要となります。PEはエステルの比重が軽い版、ナイロンはしなやかですが、比重の軽さ、感度の鈍さ、伸びやすさがネックとなります。

よってアジングではフロロがベース。アジング初心者は太めの1.5lbぐらいから入るのがおすすめです。この太さは最近のトレンドからするとやや太めですが、扱いやすさを考慮すると妥当な線。そこから派生し、例えば1.5g以上のジグヘッドを使う、流れのある場所にキャストする、深い場所を攻めるといった狙いがある場合は、エステルなど分があるラインを選びましょう。

ギア比で選ぶ

By: .amazon.co.jp

ギア比とはハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもの。数値の定義は特に決まっていませんが、タイプとしてはギア比5後半~6:1あたりがノーマルギアの基準で、それよりも低い比率をローギア、高い比率をハイギアとしています。

ローギアは4〜5前半が多く、巻き心地は軽い一方、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は少なめ。よって、よりゆっくりと巻く際に適しています。ただ、糸から伝わる感度はやや鈍いため、ショートバイトに気が付きにくいほか、ルアーアクションが手元にしっかりと伝わらないのが難点。なお、ローギアのことを「パワーギア(PG)」と表記されることがありますが、これはローギア自体の巻き上げる力が高いためです。

一方、ハイギアは比率でいうと6以降が目安。ハンドル1回転あたりの糸巻き量が多いのが特徴です。ライン回収が早くできるほか、フッキングからランディングまでの魚の取り込みがスムーズにでき、ルアーの動きが手元に伝わりやすいのも魅力。ただ、ローギアやノーマルギアと同じ感覚で使うと早くルアーがアングラー側に寄ってきてしまうので、その点は留意しておきましょう。

巻き感度で選ぶ

By: amazon.co.jp

アジングは繊細なアタリをしっかりと取れるかどうかが釣果に関わってきます。そこで重要となるのが巻き感度。リーリング時の巻き感が重いとアタリを取り損ねてしまうので、わずかな変化をも感じ得るモデルを選ぶのがおすすめです。

リールの巻き感度は一般的にボールベアリングの数に比例し、傾向としては上位機種のほうが高め。なお、リールの自重がより軽ければ体への負担が少なく、より釣りに集中できるようになるので、そこもポイントとなります。

アジングリールのおすすめ

シマノ(SHIMANO) 18 ソアレ BB C2000SSHG

アジング専用のドラグを搭載したスピニングリール。リトリーブの回転レスポンスを損なうことなく防水性能を高めた「CORE PROTECT」や、なめらかな巻き心地が持続する「HAGANEギア」など、使い勝手に配慮されているのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は6:1のハイギア仕様。糸巻き量はナイロン4lbで90m、PE0.8号で100m、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは79cmとなっています。ボールベアリングは5個で、重さは200g。機能性に優れていることもさることながら価格帯的にも控えめなので、コスパ重視でアジングリールを選びたい方におすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) 17 ソアレ CI4+ C2000SS PG

軽さと操作性を重視したスピニングリール。ローター部分の構造見直しや厚みの調整、ベールのチタン化、それに伴うトータル重量の軽量化を図り、回転のスムーズさから生まれる感度のよさや操作のしやすさに優れているのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は4.3:1のローギア仕様。なお、型番の語尾のPGからもわかる通りパワーギアとも呼べるタイプとなっています。

糸巻き量はナイロン3lbで100m、フロロ3lbで95m、PE0.8号で100m。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは57cmとなっています。ボールベアリングは9個で、重さは160g。同社のソルトライトゲームシリーズ「ソアレ」を代表するおすすめのアイテムです。

なお、ラインナップにはハイギア仕様の「2000S HG」、さらにはノーマルギア仕様ながら500番で自重140gと軽量の「500S」も揃っています。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 15 ツインパワー C2000HGS

シマノのスピニングリールの中級機を長年担っている「ツインパワー」シリーズの2000番。「HAGANEコンセプト」のもと、ギアの強さや支持機構、ボディの剛性に配慮してつくられているのが特徴です。

本製品はギア比6:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは79cm。重さは195gで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110mとなっています。ボールベアリングは9個で、重さは195g。多くのアングラーから支持されているロングセラーモデルなので、ぜひおさえておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 20 月下美人X LT2000S

お手頃価格ながら実用性の高いスピニングリール。同社のソルトライトゲームシリーズ「月下美人」のアイテムで、釣り初心者はもちろん、コストを抑えながらもアジング用のタックルを揃えたい方にもおすすめのモデルです。

本製品は2000番で、ギア比は5.2:1のノーマルギア。糸巻き量はナイロン3lbで150m、PE0.4号で200mとなっており、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは68cmとなっています。ボールベアリングは5個で、重さは200g。軽さがありながらも、気兼ねなく使えるようタフにつくられているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 18 月下美人 MX LT2000S-P

ダイワのスピニングリール「月下美人」シリーズにおける高コスパモデル。比較的控えめな価格帯ながら、高性能で扱いやすいのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は4.8:1のローギア仕様。ラインキャパはナイロン4lbで100m、PEは0.4号で200mが巻け、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは63cmとなっています。ボールベアリングは7個で、重さは190g。アジングはもちろん、メバリングも含め広くライドゲームを楽しみたい方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) 17 月下美人 AIR 2002H

その通り軽量化に力を入れたスピニングリール。ストレスなくルアー操作ができるほか、極細のラインをしっかりと巻けるので、シブい状況にもしっかりと対応できるのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は5.6:1。ラインキャパはナイロン2lbで100m、PE0.3号で100m、エステル2lbで150mとなっており、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは75cmとなっています。ボールベアリングは8個で、重さは175g。さまざまなアプローチでアジングを楽しめるおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 17 月下美人 EX 2004C

満足度の高いアジングリール。塩ガミ対策がしっかりとできているほか、長く使い続けても回転の劣化がしにくいので、ストレスなく釣りに集中できるのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は4.8:1のローギア仕様。ラインキャパはナイロン2lbで150m、PE0.3号で120mが巻け、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは64cmとなっています。ボールベアリングは10個で、重さは170g。高次元でアジングを探究できるおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT2000S-XH

トータルバランスに優れたおすすめのスピニングリール。軽量・コンパクトながら、スプール回転のスムーズさ、ドラグ性能、ボディの剛性にも優れているのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ラインキャパはナイロン3lbで150m、PE0.4号で20mが巻け、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは81cmとなっています。ボールベアリングは6個で、重さは170g。なお、シリーズとしてはスペック違いの製品が豊富に揃っているので、複数タックルを用意したい方は異なる番手もチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2000S-H

ダイワのスピニングリールにおけるハイエンドモデル。同シリーズは豊富な番手を揃えていますが、アジングにはフィネスカスタムの2000番がおすすめです。

本製品はギア比5.8:1のノーマル仕様。ラインキャパはナイロン4lbで100m、PE0.4号で200mが巻け、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは76cmとなっています。ボールベアリングは12個で、重さは155g。繊細な釣りをこなせるアジングリールを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 20 ティエラ IC

アジングにベイトフィネスを導入したいと考えているアングラーにおすすめのアイテム。本製品は水深10m毎にアラーム音を鳴らす「デプスアラーム」を搭載したICカウンターが付いており、システマチックな釣りを展開できるのが特徴です。

アジングリールには基本的にスピニングが大半ですが、大型のアジを狙う際や手返しを重視するのであればベイトリールも候補。カウンター付きのモデルであれば中層に浮いた魚をもパターンにハメることができます。特にボートアジング、しいてはバチコンでも使いやすいので、気になる方はぜひ試してみてください。

アブガルシア(Abu Garcia)Cardinal II SX 1000S

同ブランドのスピニングリールのなかでも、ロングセラーとなっている「カーディナル」シリーズ。ラインナップとしては1000〜3000番が揃っており、いずれもリーズナブルな価格帯に設定されているのが特徴です。

本製品は1000番で、ギア比は5.2:1。1回転あたりの糸巻き量は56cmとなっています。ボールベアリングは3個で、重さは205g。また、本体スプールのほか、替えスプールが同梱されているのもポイントで、前者はナイロン3lbで100m・PE0.8号で80mとなっており、後者はナイロン8lb・PE1.5号で100mが巻けます。

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANIS 2000SH

コスパに優れたおすすめのスピニングリール。高強度アルミ鋳造合金を採用しており、タフなシーンでも安心して使えるのが特徴です。

本製品はギア比6.2:1のハイギア仕様。ラインキャパはナイロン・フロロ4lbで100m、PE0.6号で150mが巻け、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは83cmとなっています。ボールベアリングは6個で、重さは206g。スタイリッシュなデザインのおすすめモデルです。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO ALX THETA 1000S

同ブランドのスピニングリールとしてミドルクラスの価格帯に位置するモデル。リトリーブ時の巻き上げの軽さに配慮した構造を採用しており、ルアー操作から魚とのファイトまで、スムーズにできるのが特徴です。

ローター部分にはカーボン繊維で強化されたエンジニアリングプラスチックの「C6カーボンローター」、ハンドルは高弾性のカーボン素材を積層構成した「Duracarbonハンドル」を採用。いずれも耐久性がある一方、軽量で使い勝手は良好です。

本製品は1000番で、ギア比は5.2:1。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは63cmとなっており、ラインキャパはナイロンとフロロが3lb100mで、PEは0.4号で100mが巻けます。

ボールベアリングは7個で、重さは190g。なお、同シリーズの2000番は重さが200g、糸巻きの長さは69cm、ラインはひとつ太めを巻けるので、比較する際は確認しておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO MGX THETA 2000SH

巻き心地が軽いおすすめのスピニングリール。メインシャフトの支持構造を従来モデルから改良した「フリクションフリー」を採用、さらに回転するピニオンギアと前後に動くメインシャフトの間に隙間を設けることによって、ストレスなく巻き続けられるのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは83cmで、ラインキャパはナイロン・フロロ4lbで100m、PE0.6号で150mとなっています。ボールベアリングは10個で、重さは168g。持った感じもリールの巻き感も軽いモデルを探している方はぜひおさえておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGXtreme 2000SH

軽さにこだわって開発されたスピニングリール。同ブランドのなかでも上位モデルで、繊細なアクションが必要となるシビアなシーンでも釣りに集中できるのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは83cmで、ラインキャパはナイロン・フロロ4lb、PE0.6号で100mが巻けます。ボールベアリングは11個で、重さは160g。ライトゲーム全般に使えますが、アジングとの相性良好のおすすめモデルです。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo ALC-BF7

比較的コストを抑えながらもベイトフィネスの導入をしたい方におすすめのモデル。フレームにはアルミニウム製の「X-CRAFTIC」、サイドフレートには「C6カーボン」を採用することにより、ソルトシーンでも十分に対応できるほどの強度と軽さを備えているのが特徴です。

また、ブレーキは3mm厚と1.5mm厚のマグネットをそれぞれ5個揃えた「マグトラックスⅢブレーキシステム」を採用。ルアーのウエイトや空気抵抗に配慮して微調整できるのもポイントです。

ベイトリールは巻き上げの力があること、手返しよくキャストできること、ラインの出し入れが片手で行えることなど、スピニングリール以上に多彩な状況をカバーできるのが魅力。流れのなかで繊細な操作性が求めるシーンや微かなバイトを感じてしっかりとアタリを取りたい際に有効なので、興味がある方はぜひ検討してみてください。