ソルトシーンのなかでも専用タックルが充実しているタイラバ。浸透し始めた頃は真鯛(マダイ)をルアーで釣るメソッドとして紹介されていましたが、最近は普及し、人気ジャンルのひとつして親しむアングラーも増えています。

そこで今回はタイラバリールのおすすめモデルをピックアップ。メインとなるベイトリールのほか、キャスティングゲームで使うスピニングリールもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タイラバリールとは?

By: shimano.co.jp

タイラバリールとは、名前の通りタイ(鯛)ラバで使うリールのこと。タイラバとは真鯛を船から狙う際に使うルアーのことで、落とし込みと巻き上げで誘うのがポイントです。

その特徴からメインとなるのはベイトタックル。ロッド操作はそれほど求められないので、利き手で巻いたほうがより力強く巻けますが、最終的には好みの問題となります。

なお、スピニングタックルを使う場合は「キャスティングタイラバ」。キャスティングタイラバとはタイラバをキャストして横方向ないし斜め方向に引っ張って誘う釣り方で、バーチカルな動きに反応がないときに効果が期待できます。そうした違いはぜひ留意しておきましょう。

タイラバリールの選び方

種類で選ぶ

ベイトリール

By: amazon.co.jp

タイラバは落とす「フォール」と巻き上げる「リーリング」で探るのが基本。ベイトリールは巻き上げの力があること、手返しよく落とせること、ラインの出し入れが片手で行えることなど、バーチカルな釣りに向いています。

また、カウンター付きのモデルがラインナップされているのもポイント。棚や層、水深をより意識しやすく、その日のヒットパターンや回遊しているレンジなどの状況をより把握しやすくなります。タイラバリールを探す際はまずはベイトリールから入るのが王道です。

スピニングリール

By: amazon.co.jp

スピニングリールでのタイラバはキャスティングで狙う際に有効。ベイトリールで狙うタイラバは船の真下に落とし、縦方向で誘うのがメインなのに対してスピニングリールの場合はある程度キャストし、タイラバが着底したら、横方向ないし、斜め方向での巻き上げとフォールでバイトを誘うのが特徴です。

なお、スピニングリールを選ぶ上で注意すべきは番手。小さいモデルで2500番から、大きいモデルで4000番までが候補になります。前者はより細いラインで使い操作性を重視したい場合に、後者はより太いラインを使用して大型が掛かってもラインブレイクを恐れずに攻めたい場合にと、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

ギア比で選ぶ

By: shimano.co.jp

ギア比とはハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもの。数値の定義は特に決まっていませんが、タイプとしてはギア比が低いタイプをローギア、高いタイプをハイギア、その中間をノーマルギアとしています。

ローギアは巻き心地が軽い一方、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は少なめ。よって、よりゆっくりと巻く際に適しています。ただ、糸から伝わる感度はやや鈍いため、ショートバイトに気が付きにくいほか、ルアーアクションが手元にしっかりと伝わらないのが難点。なお、ローギアのことを「パワーギア(PG)」と表記されることがありますが、これはローギア自体の巻き上げる力が高いためです。

一方、ハイギアはハンドル1回転あたりの糸巻き量が多いのが特徴。ライン回収が早くできるほか、フッキングからランディングまでの魚の取り込みがスムーズにでき、ルアーの動きが手元に伝わりやすいのも魅力です。ただ、リーリングが重く、ルアーを巻き続けていると辛くなります。ギア比を確認する際はそれぞれの違いを把握しておきましょう。

タイラバリールのおすすめ

シマノ(SHIMANO) 炎月 プレミアム

ハイエンドクラスのタイラバリール。カウンターとフォールレバーが付いているのが特徴で、手動でフィールスピードをコントロールしながら誘えるのが特徴です。

ラインナップとしてギア比は2種類。ハンドル1回転あたり58cmのギア比5.8と、78cmのギア比7.8があり、それぞれ右巻き・左巻きも用意されているので、計4タイプから選べます。

これまでフォールのスピードの調節はフリーフォール、または親指のサミングで対応するのが一般的でしたが、本製品を使えば数値で図れるのが魅力。快適な巻き心地が持続する「マイクロモジュールギア」の効果も相まって、より繊細にタイラバを操作できます。ヒットゾーンやパターンを意識したいアングラーはぜひおさえておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 炎月

リトリーブのなめらかに寄与するギア部分に「マイクロモジュールギア」を採用したタイラバリール 。より軽快な巻き心地で、ルアーを操作できます。

ボディの剛性も高く、タフ仕様となっているのもポイント。ハンドルも51mmのロングクランクハンドルを採用しており、大型クラスにも安心して対応できます。

ラインナップとしてはトータル4機種。ハンドル1回転あたり58cmのギア比5.8と、78cmのギア比7.8があり、それぞれ右巻きと左巻きが用意されています。

いずれも重さは210gで比較的軽量なのもポイント。ストレスなく快適にタイラバが楽しめるおすすめモデルです。

シマノ(SHIMANO) 炎月 CT

カウンターとフォールレバーが付いているタイラバリール 。耐久性も高く、仕様としてはハイエンドクラスの同種ベイトリール「炎月 プレミアム」と同様、より戦略的にアプローチできるモデルです。

違いはスムーズな巻き心地に関係する「マイクロモジュールギア」が採用されていない点。さらにベアリング数も5と3つ少なくなっています。一般的にボールベアリングの数はリールの巻き感度に比例し、傾向としては上位機種のほうが高め。本製品はその分価格に還元されており、コスパとしては良好です。

ラインナップはハンドル1回転あたり58cmのギア比5.8と78cmのギア比7.8、さらにそれぞれ右巻き・左巻きがあり、計4種類。気兼ねなく使いたい方に適しています。

シマノ(SHIMANO) 炎月 BB

フォール&リトリーブを繰り返すタイラバで扱いやすいベイトリール 。ボディに軽量なカーボン強化素材「CI4+」を採用しており、手元への負担が少なく、疲れにくいのが特徴です。

アドバンテージとなる重さは185gと200gを切る軽さ。ラインナップとしてはハンドル1回転あたり59cmのギア比5.5と77cmのギア比7.2があり、さらにそれぞれ右巻き・左巻きが用意されています。

シマノ(SHIMANO) グラップラー BB

タイラバはもちろん、ライトジギングにも使えるおすすめモデル 。真鯛のほか、タチウオや中型までの青物にも対応でき、軽さと耐久性を兼ね備えています。

最大ドラグ力5.5kg、自重185g、ハンドル長51mm、ベアリングの数4は「炎月 BB」と変わらない仕様。違いとしては、こちらの糸巻き量のほうが多いほか、製品ラインナップのギア比7.2のみとなっています。比較的価格は控えめなものの、汎用性の高い1台に仕上がっているので、さまざまなシーンで使えるソルト仕様のベイトリールを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 18 ステラ C3000

ハイエンドクラスのスピニングリールとして知られる「ステラ」。数多くの番手が揃っており、さまざまな魚種にストレスなく対峙できます。

シルキーな巻き心地によってなめらかに回転するのもポイント。理想的な歯形状にした「マイクロモジュールギア II」を搭載しているほか、巻き上げ時の異音を徹底的に排除した「サイレントドライブ」を採用することによって快適さが持続するのも魅力です。

本製品は3000番で、ギア比は5.3:1のノーマルギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは78cmです。重さは210gで、糸巻き量はナイロン4号で100m、PE2号で200mが目安。タイラバのキャスティングゲームにおいてもハイレベルな釣りを展開したい方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) 20 ツインパワー 4000

汎用性が高く、タイラバでも十分使えるスピニングリール。たわみや歪み、ネジレを抑制する金属ローターを搭載しており、タフに仕上がっています。

本製品は4000番。ギア比は5.3:1のノーマルギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmです。

重さは255gで、糸巻き量はナイロン4号で150m、PE2号で240mが目安。ロングセラーモデルとして年度別に製品が分かれているので、初めての購入を検討している方はもちろん、シリーズ共通での買い替えを考えている方もぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 20 ストラディックSW 4000HG

キャスティングでもジギングでもいける4000番のスピニングリール 。リーリングに軽やかさがありながらもタフに仕上がっており、急に高負荷がかかってもしっかりと対応できるモデルです。

本製品の重さは300gで、ギア比5.8:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは95cmとなっています。糸巻き量はナイロン4号で150m、PE2号で240mが目安。なお、より高いギア比を求める方は6.2:1のエクストラハイギアモデルを選ぶようにしましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 TW ハイパーカスタム

ギア比4.9と8.6の極端な2機種をラインナップしているタイラバ専用ベイトリール。前者は軽やかな巻き心地で、後者は感度の高いリトリーブでアタリを取れるのが魅力です。

いずれも自重は205gで、ラインキャパはPEライン1号が300m巻ける仕様。なお、最大ドラグ力はローギアのほうが1kg高いので、その点は留意しておきましょう。

ボディは漆黒と真鯛を象徴する色鮮やかな桜色をミックス。満足度の高いハイエンドモデルとなっているので、気持ちよく使える1台を求めている方はぜひおさえておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 TW

タイラバ専用に開発されたベイトリール 。タイラバの釣りはフォールとリトリーブの単純な作業に思われがちですが、その繰り返しが重要で、本製品は巻くことに焦点を当てている製品です。

ラインナップとしては巻きスピード別に2種類あるのも魅力。ハンドル1回転あたり52cmのギア比4.9と、77cmのギア比7.3があり、さらに右巻きと左巻きがそれぞれ用意されています。これまで汎用性の高いベイトリールをタイラバで使っていた方はぜひ試してみてください。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 IC

速度表示機能付きのICカウンターが搭載されたタイラバリール。LEDバックライトも用意されているほか、常時点灯モードと5秒点灯モードの選択ができ、より目視に配慮した仕様の製品です。

なお、タイラバがスムーズにフォールする「スピードシャフト」もポイント。スプールとシャフト部が分離される構造を採用することによって狙った棚にいち早く到達でき、より効率的に攻められます。

製品ラインナップのギア比は4.9のみで、右巻き・左巻きをそれぞれ用意。システマチックなタイラバゲームを求めている方はぜひチェックしてみましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 X IC

ICカウンターが付いたコンパクト仕様のタイラバリール。ボディには剛性の高い「スーパーメタルフレーム」を採用しており、重ための負荷がかかっても安心してやり取りできます。

製品ラインナップのギア比4.9の右巻きのみなので注意が必要。ハンドル1回転あたりは54cm、ラインキャパはPE1号で200m、最大ドラグ力は5kg、ベアリング数は5となっています。重さは240gとやや重めですが、比較的価格は控えめなので、購入する際は意識しておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 EX

タイラバスピニングリールにおけるハイエンドモデル。メインシャフトとラインローラーには耐久性の高いマグシールド、さらには軽量なエアローターを搭載し、快適にタイラバのキャスティングゲームを楽しめます。

ラインナップはノーマルギアとハイギアを用意。ノーマルはギア比4.8でハンドル1回転あたり72cm、ラインキャパはPE1号で200m巻けます。一方、ハイギアはギア比5.6でハンドル1回転あたり84cm。ラインキャパはPE0.8号で200m巻けます。なお、いずれも最大ドラグ力は7kgと大型クラスにも対応できるので、その点もしっかりとおさえておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 MX

ダイワ「紅牙」シリーズにおける末弟のスピニングリール 。ハイエンドモデルと比べるとやや機能は劣りますが、その分価格帯に還元されており、コスパ十分な1台です。

リールとしては同社のミドルレンジモデル「カルディア」をベースとしつつも、ひとつテンヤゲームを考慮したチューニングが施されているのがポイント。引きの強い相手に対しても退かず、ドラグでいなしながらしっかりとファイトできるのが魅力です。

ラインナップとしてギア比は5.6のみで、自重は210g。ラインキャパはPE0.8号で200mが巻ける仕様となっています。タイラバ専用のスピニングリールの購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO TRV

軽量かつハイギアのタイラバ専用リール。120mmのロングハンドルが備わっており、巻き重視のゲームを展開したい方におすすめのモデルです。

本製品の重さは187gで、ギア比は6.4:1。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは64cmとなっています。糸巻き量はPE1号で200mが目安。使用感にはやや慣れが必要ですが、スピーディなリーリングでマダイを獲っていきたいと考えている方におすすめのモデルです。

アブガルシア(Abu Garcia) MAX DLC

デジタルラインカウンター搭載の船用小型ベイトリール。これ1台でタイラバのほか、ライト寄りのソルトウォーターゲームにも対応でき、水深を意識することで釣果アップが見込めます。

カウンターはLEDバックライトが備わっており、ナイトゲームでの使い勝手も良好。ラインナップとしてはギア比が5.8と7.0の2種類、さらにハンドルの長さ別に2パターン、そして左右巻きがあり、計6種類をラインナップしています。魚種別やセットするロッドによって使い分けたい方は、しっかりと製品とスペックの違いを確認しておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) KUROFUNE LT

ソルトの船用ベイトリールとして汎用性の高いモデル。対象としてはライトゲーム全般をカバーする仕様ではありますが、タイラバにも使えるので、魚種を選ばない五目釣りで扱いやすいのが特徴です。

価格帯には控えめで、コスパも良好。自重は178gで、ギア比は6.4:1、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは66cmです。糸巻き量はPE2号で200mが目安。狙うターゲットによってロッドは変えつつも、ひとつのリールでまかないたい方はぜひ候補として検討してみてください。

アブガルシア(Abu Garcia) REDMAX 船

シャロースプール搭載かつハイギア仕様のベイトリール。ラインキャパはPE1号が200m、ギア比は7.1となっており、タイラバにおいてはテンポよくリフト&フォールができます。

また、120mmのロングハンドルが備わっているのもポイント。より細い番手のラインを使えばライトゲームにも使えます。価格帯としてはリーズナブルなので、これからタイラバ、しいては船のソルトゲームにトライしたいと考えている方は入門用としておすすめです。

テイルウォーク(tailwalk) TAIGAME WIDE VTN

タイラバやライトジギングなどパワフルな巻きの釣りにマッチするベイトリール。大きめのワンハンドグリップノブが備わっており、力を込めてグリグリと巻けるのが特徴です。

本製品の重さは260gで、ギア比は6.4:1。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは78cmとなっています。糸巻き量はPE1号で400mが目安。最大ドラグ力は10kgと同種のリール としては高めなので、大型クラスにも余裕をもって対峙できます。

テイルウォーク(tailwalk) TAIGAME DGN 63

オーソドックスなダブルハンドル仕様のデジタルカウンター付きベイトリール 。タイラバで使いやすいモデルで、ルアーの水深や位置をイメージしながら誘えます。

本製品の重さは270gで、ギア比は6.3:1。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは73cmとなっています。糸巻き量はPE1号で200mが目安。なお、ラインナップとしては右巻きのみとなっているので、その点は留意しておきましょう。