釣りにおいてルアーや仕掛けを遠くへ飛ばすために必要となるのが「リール」。タイプとしては大きく分けてスピニングリールとベイトリールの2種類がありますが、なかでもスピニングリールは初心者セットに付属している安価なモノから大物を狙うための高性能アイテムまであり、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回は、おすすめのスピニングリールをランキング形式でご紹介。選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

スピニングリールとは?

By: amazon.co.jp

スピニングリールとはロッドに対して下に付けるタイプのリール。ライントラブルが少なく、ビギナーでも扱いやすいのが特徴です。

また、性能や価格帯別にラインナップが豊富に揃っているのもポイント。さらに、番手によって大きさが異なり、繊細に釣る際は小さいタイプを、大遠投して大物を狙う際は大きいタイプをといったように、選択肢が多いのも魅力です。

なお、多くの製品はさまざまなフィールドでの使用を想定して潮に対応できるソルト仕様となっていますが、なかには淡水専用の製品もあるので注意が必要。購入する際は念のため確認しておきましょう。

スピニングリールの使い方

By: shimano.co.jp

スピニングリールは、前から後ろへハンドルを回転させることで糸を巻き取るのが基本。ベールの開閉でコントロールするのが特徴で、ベールが開いているとラインが放出され、ベールが閉じているとラインローラーを経由してスプールに糸が巻かれていく構造です。

握り方としては、リールフット部分を中指と薬指の間で挟む2フィンガーグリップで持つのがポイント。人差し指でラインを拾い、反対の手でベールを起こし、キャストするのが一連の流れです。

なお、よりルアーをナチュラルに送り込むためには、着水音を抑えるのが重要。その際には人差し指でラインの放出を抑える「サミング」を行うことになります。初心者の方はしっかりと確認しておきましょう。

スピニングリールの選び方

サイズをチェック

By: daiwa.com

スピニングリールは汎用性の高さが魅力ですが、狙うターゲットによって適した糸の太さ、さらには糸巻き量が異なります。選ぶ際はサイズやスペックを確認しておきましょう。

番手は小さいモノで1000前後から、大きいモノで30000程度まで。目安としては、例えば小さい番手であれば小規模エリアで繊細に魚を狙う際に、大きい番手は大遠投してパワフルな大型魚を狙う際に適しています。

具体的には、1000番台は管理釣り場のトラウト、ソルトでは漁港でアジやメバルを狙うライトゲームに。2000〜2500番はルアー全般、特にバスフィッシングやエギングのメインスペックになります。

3000番台は遠投をするために十分なラインキャパシティが必要となるシーバスや、サーフのヒラメなど、フラットフィッシュを釣る際の候補。4000番台はオフショアで青物狙う際の目安となります。フィールドがより広大かつ、ターゲットがより大きくなればなるほど大きなスピニングリールが必要となるので、購入する際は意識しておきましょう。

ドラグ性能をチェック

By: amazon.co.jp

リールにおける「ドラグ」とは、スピニングであればベイルを返した状態において、ラインの放出具合をコントロールする部分。フルロックの場合では遊びがないので、ラインを引っ張ってもまったく出ませんが、ドラグが緩いと軽く引っ張っただけでラインが出ます。この部分は魚を掛けてから獲るまでの過程の「いなす」ことに大きく関わってくるため、しっかりと調節するのが重要です。

バイトしてから魚が走り出した場合は急に負荷がかかるので注意。ドラグがフルロックの状態だと、ラインブレイクする恐れがあります。一方、ドラグが緩いとわずかな力でラインが滑り出してしまうため、しっかりとフッキングが決まらないのが難点。パワフルな魚と対峙する場合はドラグの性能が釣果に左右されるので、ぜひチェックしておきましょう。

ギア比

By: shimano.co.jp

ギア比とはハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもの。数値の定義は特に決まっていませんが、タイプとしてはギア比が5後半~6:1あたりのノーマルギアを基準に、それよりも低い比率をローギア、高い比率をハイギアとしています。

ローギアは4〜5前半が多く、巻き心地は軽い一方、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は少なめ。よって、よりゆっくりと巻く際に適しています。ただ、糸から伝わる感度はやや鈍いため、ショートバイトに気が付きにくいほか、ルアーアクションが手元にしっかりと伝わらないのが難点。なお、ローギアのことを「パワーギア(PG)」と表記されることがありますが、これはハンドル1回転あたりの巻き上げる力が強くなるためです。

一方、ハイギアは比率でいうと6以降。さらに数値が上がればエクストラハイギアと呼ばれるタイプもあります。特徴としては、ハンドル1回転あたりの糸巻き量が多く、ライン回収が早くできるほか、フッキングからランディングまでの魚の取り込みがスムーズ。ルアーの動きやボトムの地形変化もよくわかるため、感度に優れているのも魅力です。ただ、ローギアやノーマルギアと比べて巻き続けるとしんどさを感じることがあるので、その点は留意しておきましょう。

ハンドルをチェック

By: amazon.co.jp

スピニングハンドルはベイトリールと違い、ハンドルノブが1つのシングハンドルと、2つのダブルハンドルがあります。

シングルハンドルはハンドル自体の質量が軽く、スローリトリーブから高速巻き、さらにはストップ&ゴーなど、リトリーブスピードに変化がつけやすいのが特徴。ロッド操作に対するアクションが追随しやすく、トゥイッチやジャークがしやすいのもポイントです。

ダブルハンドルは2点でバランスを取るため、より均一に巻けるのが特徴。特にラインスラックのコンロールが重要となるエギングで多用されるタイプで、ハンドルが自重で勝手に回らないのがポイントです。なお、シングルハンドルに比べて、重量は重くなってしまうのは懸念点。さらに、リトリーブ時に握っていないほうのノブにラインやウエアのヒモが絡まる可能性もあるので注意しましょう。

なお、スピニングリール全般のハンドルは、右巻き・左巻きの左右の切り替えが可能。より繊細な操作をしたい場合は利き手をロッドに、より速く、力強く巻きたい場合は利き手でハンドルを巻くのがおすすめです。シーンに合わせて容易に使い分けられるので、その点もおさえておきましょう。

スピニングリールのおすすめランキング

第1位 シマノ(SHIMANO) 18 ステラ C3000XG

ハイエンドクラスのスピニングリールとして知られる「ステラ」。数多くの番手が揃っており、さまざまな魚種にストレスなく対峙できるのが特徴です。

シルキーな巻き心地によってなめらかに回転するのもポイント。理想的な歯形状にした「マイクロモジュールギア II」を搭載しているほか、巻き上げ時の異音を徹底的に排除した「サイレントドライブ」を採用することによって快適さが持続するのも魅力です。

本製品は3000番で、ギア比は6.4:1のエクストラハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは94cmです。重さは210gで、糸巻き量はナイロン・フロロ4号で100m、PE2号で200mが目安。淡水・海水を問わずあらゆるシーンでハイレベルな釣りを展開したい方におすすめのモデルです。

第2位 ダイワ(Daiwa) 19 セルテート LT4000-CXH

軽さとタフさを追求したスピニングリール。加工精度・耐久性の高いアルミ素材を採用しており、あらゆるシーンでハイレベルな釣りを展開できるのがシリーズの特徴です。

本製品は4000番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは99cmとなっています。重さは235gで、糸巻き量はナイロン12lbで150m、PE1.5号で200mが目安。特にシーバスのなかでも磯場に潜むヒラスズキやショアジギングで青物を狙う際におすすめの1台です。

第3位 シマノ(SHIMANO) 20 ツインパワー 4000MHG

シリーズ誕生以来、ロングセラーモデルとなっているおすすめのスピニングリール。たわみや歪み、ネジレを抑制する金属ローターを搭載しており、質実剛健に仕上がっているのが特徴です。

本製品は4000番で、ギア比は5.8:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは95cmとなっています。重さは255gで、糸巻き量はナイロン・フロロ4号で90m、PE2号で150mが目安。Mスプール搭載で1~1.5号のPEラインを使用する釣りに適しており、ソルトシーンにおいてはシーバスやサーフ、淡水ではサクラマスで使いやすい1台です。

第4位 シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C2500SXG

コンパクトボディかつ155gと軽量なスピニングリール。本製品は2500番で、ギア比は6.4:1のエクストラハイギア仕様です。さらに、シャロースプールを搭載しており、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが巻けます。

ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは86cmで、ライトリグを手返しよくキャストできるのが特徴。バスフィッシングにおいてアドバンテージを感じるおすすめモデルです。

第5位 ダイワ(Daiwa) 20 ルビアス FC LT2000S

淡水の管釣りトラウトや、ソルトのアジングやメバルなどのライトゲームで活躍するスピニングリール。自重は150gと軽く、快適に釣りができるのが特徴です。

本製品は2000番で、ギア比は5.1:1のノーマルギア。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは67cmとなっています。ラインキャパはナイロン4lbで100m、PE0.4号で200mに対応。なお、フィネスカスタム仕様で、ハンドルシャフトはより軽量なアルミシャフトを採用するなど、細部まで使い勝手に配慮しているのも魅力です。

第6位 シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック 2500S

バスフィッシングで扱いやすいおすすめのスピニングリール。本製品の重さは220gで、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは78cmと、ルアーをゆっくりと引きたい際に有効な1台です。

番手は2500番で、ギア比は5.3:1のノーマルギア仕様。さらに、シャロースプールを搭載しており、フロロ5lbで100m、PE0.8号で150mが巻けます。

また、ロングストロークスプールを搭載しているため、キャスト性能も良好。耐久性にも優れているので、長く使えるモデルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第7位 ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2500S-C

ダイワを牽引するハイエンドクラスのスピニングリール。これまで同社が培ってきた技術とノウハウを投影したシリーズで、軽量化と高性能化を図ったF1マシンのように仕上がっているのが特徴です。

本シリーズはオリジナルモデルと、より繊細なルアー操作が求められるフィネスカスタムに分かれていますが、本製品は後者。番手は2500番で、ギア比は5.1:1のノーマルギアとなっています。

また、自重は160gと軽量なのもおすすめポイント。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは72cmで、ラインキャパはナイロン4lbで150mと、ライトリグでディープレンジを釣るバス釣りに適した1台です。

第8位 アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGXtreme 2500MSH

軽さにこだわって開発されたおすすめのスピニングリール。長時間の釣行でも疲れにくく、繊細なアクションが必要となるシビアなシーンでも集中できるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmです。また、ややスプールが深いのもポイント。ナイロン・フロロ8lbで170m、PE2号で150mを巻けるので、バズフィッシングにおけるパワーフィネスやシーバス釣り、エギングでも活躍します。

第9位 ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT3000-CXH

同社スピニングリールにおいてロングセラーシリーズとなっているおすすめのスピニングリール。お手頃な価格帯ながら性能がよく、コスパに優れているのが特徴です。

本製品は3000番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様。重さは195gと軽量に仕上がっています。ラインキャパはPE1号で200mと、遠投を要する釣りに十分対応できるスペック。耐久性に関してはマグシールドに加え、タフデジギアを搭載しているので、長期間の使用や過酷な環境にも耐えられる仕様です。

第10位 アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI 2500SH

価格控えめながら高性能と、コスパ良好のスピニングリール。高強度アルミ鋳造合金を採用しており、タフなシーンでも安心して使えるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmで、ナイロン・フロロ6lbで100m、PE0.8号で150mが巻けます。サイズ違いもひと通りラインナップされているので、単品買いの方はもちろん、複数のスピニングリールをリーズナブルに買い揃えたい方にもおすすめです。

第11位 シマノ(SHIMANO) 18 セフィアBB C3000SDHHG

エギングで使いやすいスピニングリールシリーズの上位モデル。本製品は3000番で、ギア比は6.0:1のハイギア。重さは250gのコンパクトボディでシャロースプール、さらにはダブルハンドル仕様となっているのが特徴です。

シャクリにしっかりと耐えられるほか、巻き心地良好かつ頑強なHAGANEギアを搭載しているのもポイント。エギングに求められる要素が詰まったおすすめの1台です。

第12位 シマノ(SHIMANO) 18 ソアレ BB C2000SSPG

アジングなどのソルトシーンにおけるライトゲームで扱いやすいモデル。本製品は2000番で、重さは200g、ギア比は4.3:1とローギアかつパワーギア仕様となっているのが特徴です。

浅溝のスーパーシャロースプール仕様で、細めの糸をしっかりと巻けるのもポイント。糸巻き量はナイロン3lbで100m、フロロ3lbで95m、PE0.8号で100mとなっています。

ギアの噛み合わせを頑強にした「X-SHIP」を搭載しているのもポイント。軽快なリーリングを保持しつつも、巻き上げる力の最大化を図っています。また、ウォームシャフトをドライブギア上部に配置することによって手元に重心を近づけた「Gフリーボディ」を採用しているのも魅力。小物釣りでもしっかりと引きを楽しめるおすすめモデルです。

第13位 ダイワ(Daiwa) 19 エメラルダス LT2500S-H-DH

同社のエギングリールシリーズのなかでもお手頃価格のエントリーモデル。ダブルハンドル仕様となっており、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

本製品は2500番で、PE0.6号を200m巻ける浅溝スプールを採用。ギア比は5.6:1のハイギア、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は79cmです。テンポよくエギをキャストできるのもおすすめポイント。リズムよくシャクリ、またキャストと、手返しよく攻められるのも魅力です。

第14位 ダイワ(Daiwa) 18 月下美人 MX LT2000S-P

メバリングやアジングなどのソルトのライトゲームで扱いやすい「月下美人」シリーズのスピニングリール。ラインナップは上からEX・AIR・MX・Xとあり、本製品はMXの2000番です。

重さは190gで、ギア比は4.8:1のローギア・パワーギア仕様。ラインキャパとしてはナイロン4lbで100m、PEなら0.4号を200m巻けます。漁港などで気軽に五目釣りを楽しみたい方におすすめです。

第15位 アブガルシア(Abu Garcia) Revo ROCKET 2000S

ハイギア仕様のスピニングリール。シリーズ共通でギア比7.0:1と非常に高めに設定されており、展開の早いスピーディーな釣りをテンポよくできるのが特徴です。

本製品は2000番で、重さは192g。ラインキャパはナイロン・フロロ4lbで100m、PE0.6号で100mを巻けるスペックとなっており、よりライトなリグを扱いやすいのが魅力です。ハイギアの効果を存分に感じられるおすすめの1台なので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。