釣り道具において重要な役割を担う「リール」。種類としてはスピニングリールとベイトリールの2タイプがありますが、なかでも最近はベイトリールの汎用性が広がっており、さまざまな釣りに使われています。

そこで今回は、ベイトリールのおすすめモデルをご紹介。ギア比の違いやブレーキシステムについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ベイトリールの選び方

ベイトリールの種類をチェック

ロープロ型

By: amazon.co.jp

ロープロ型はパーミングしやすいのが特徴。パーミングとはリールを巻く手とは逆の手でリールを押さえることを意味しており、手にしっかりと収まることで、リーリングとフッキングを安定させることが可能です。

なお、最近は軽量かつコンパクト化を図っているモデルが増加。より軽くて小さいルアーを投げられる「ベイトフィネスリール」の多くが、ロープロ型を採用しています。

丸型

By: amazon.co.jp

丸型とは、昔からあるクラシックスタイルのベイトリール。剛性に優れているほか、比較的重厚感があり、手元をブラさずにしっかりとリーリングできます。

バス釣りのほか、海でのタイラバやジギングに使われることも多く、パワフルなファイトにしっかりと対応できるのも魅力です。

ギア比をチェック

By: shimano.co.jp

ノーマルギア

ギア比とは、ハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもの。数値の定義はとくに決まってはいませんが、6:1あたりがノーマルギアとされています。

なお、傾向としてリールの進化とともにギア比もアップ。発売当初ハイギアと呼ばれていたモデルであっても、それから何十年も経てばノーマルギア扱いということもあります。

ローギア

ローギアとはギア比が低いベイトリールのこと。5:1以下であることが多く、巻き心地は軽いため、引き抵抗の大きいディープクランクなどでも軽快に巻き続けられます。

ハンドル1回転あたりの糸巻き量が少ないので、よりスローに巻けるのもメリット。ただ、感度はやや鈍いため、ショートバイトに気が付きにくいほか、ルアーアクションが手元にしっかりと伝わらないなどの懸念点もあります。

ハイギア

ハイギアとはギア比が高く、ハンドル1回転あたりの糸巻き量が多いベイトリールのこと。基準としては7:1あたりが目安で、それ以上の比率はエクストラハイギアと呼ばれています。なお、各メーカーの技術革新とともにギア比も上昇。最近は、10:1以上の超ハイギアモデルも登場しています。

ハンドル1回転あたりの糸巻き量が多いので巻き続けるとしんどさを感じますが、ライン回収が早くできるほか、フッキングからランディングまでの魚の取り込みがスムーズにできるのもポイント。ルアーの動きやボトムの地形変化もよくわかるため、感度に優れているのも魅力です。

ブレーキシステムをチェック

遠心ブレーキ

By: amazon.co.jp

遠心ブレーキとは、リール内部にあるブロックパーツによって制御するシステム。スプールの回転によって遠心力が働き、ブロックパーツが外側に寄ることでブレーキがかかります。

ブレーキの力はスプール回転の初速にかけて強く働き、失速していくに連れて弱まるのが特徴。ロングキャストはもちろん、ピッチングやフリッピングなどの接近戦におけるキャストがしやすいのもポイントです。なお、サミングによるコントロールが重要となるので、ある程度の慣れが必要となります。

マグネットブレーキ

By: amazon.co.jp

マグネットブレーキとは、磁力でブレーキをかける仕組み。リールの内部に小さな磁石が数個取り付けられており、スプールが回転に応じて近づいたり離れたりすることでブレーキの強弱を調節するのが特徴です。

キャスト直後から後半まで均一にブレーキがかかるのもポイント。外的要因に左右されにくく、向かい風でも比較的キャストしやすいのも魅力です。

DCブレーキ

By: shimano.co.jp

DCブレーキのDCとは「Digital Control(デジタルコントロール)」の略で、シマノが開発した電子制御するブレーキシステムのこと。マイクロコンピューターがスプールの回転数を感知し、最適なブレーキングをしてくれるのが特徴です。

キャスト時に糸が絡まる「バックラッシュ」が起こりにくく、ストレスなく安定して飛距離を出せるのもポイント。なお、ほかのブレーキシステムと異なり、ブレーキが効いている際は独自の音を発するので、その点は留意しておきましょう。

ドラグ性能をチェック

By: amazon.co.jp

リールにおける「ドラグ」とは、スピニングであればベイルを返した状態、ベイトであればクラッチがオンの状態において、ラインの放出具合をコントロールする部分。フルロックの場合では遊びがないので、ラインを引っ張ってもまったく出ませんが、ドラグがゆるゆるだと軽く引っ張っただけでラインが出ます。魚を「いなす」ことに大きく関わってくるため、しっかりと調節するのが重要です。

魚とのやりとりに置き換えると、バイトしてから魚が走り出した場合は急に負荷がかかるので、とくにドラグがフルロックの状態だとラインブレイクする恐れがあります。一方、ドラグがゆるゆるだとわずかな力でラインが滑り出してしまうため、しっかりとフッキングが決まらないのが難点。パワフルな魚と対峙する場合はドラグの性能が重要になるので、ぜひチェックしておきましょう。

ベイトリールのおすすめモデル|ロープロ型

シマノ(SHIMANO) 18 アンタレスDC MD

シマノ(SHIMANO) 18 アンタレスDC MD

シマノのベイトリールにおけるハイエンドモデル。同社の特徴でもあるDCブレーキのなかでも本機専用のXBモードを採用しており、あらゆるルアーをストレスなくキャストできます。

ギア比は7.8:1とややハイギア仕様。国内の淡水・海水を問わないのはもちろん、海外の大型怪魚にも真っ向から勝負できるほどの強さを備えています。満足度の高いベイトリールを求めている方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 19 アンタレス HG

シマノ(SHIMANO) 19 アンタレス HG

シマノのハイエンドクラス「アンタレス」シリーズの19年モデル。従来モデルよりもボディ形状がコンパクトなのが特徴です。

快適なキャストを可能とする「マグナムライトスプールⅢ」を搭載しているのもポイント。「サイレントチューン」と「S3Dスプール」により、回転時の振動を徹底的に排除し、キャストの力を無駄なく伝えられます。

マイクロモジュールギアを採用しており、心地よい巻き心地が持続するのもポイント。ギア比は本製品の7.4のハイギアモデルほか、6.2:1のノーマルギアもラインナップされています。

シマノ(SHIMANO) 15 メタニウム DC XG

シマノ(SHIMANO) 15 メタニウム DC XG

シマノのベイトリールにおいて長年支持されている、「メタニウム」シリーズのDCブレーキを採用したモデル。DCブレーキは「I-DC5」を採用しており、ナイロン・フロロ・PEとラインの種類によってモード選択できる内部ダイヤルのほか、ルアーのウエイトに合わせて調節できる外部ダイヤルを備えています。

本製品のギア比は、8.5:1のエクストラハイギア仕様。ほかのラインナップとしては、7.4:1のハイギアと6.2:1のノーマルギアも揃えています。

シマノ(SHIMANO) 16 メタニウム MGL XG

シマノ(SHIMANO) 16 メタニウム MGL XG

飛距離アップが見込める「マグナムライトスプール(MGL)」を採用したモデル。外部ダイヤルのみでブレーキを調節できるのが特徴です。

遠投性に優れているほか、ピッチングやフリッピングなどのテクニカルなキャストがしやすいのもポイント。ギア比は8.5のエクストラハイギアのほか、7.4:1のハイギアと6.2:1のノーマルギアもラインナップしており、重さはいずれも約175gと軽量なのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG

シマノのベイトフィネス用リール。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を採用することにより、軽くて小さいルアーでも投げやすく、ピッチングからオーバーヘッドキャストまで正確にキャストできるのが特徴です。

ギア比は8.0:1。ハイギアですが、ラインナップとしては6.5:1のノーマルギアも用意されており、いずれも重さは約130gと軽量です。これまでスピニングリールで対応していた軽量ルアーを快適に扱えるのも魅力。テンポよく小さいルアーをキャストしたい方におすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 18 バンタム MGL XG

シマノ(SHIMANO) 18 バンタム MGL XG

往年の名機として知られる「バンタム」の名を継承したモデル。レベルワインドプロテクターとサイドプレート、メインフレームをアルミ一体で成型した「コアソリッドボディ」を採用しており、耐久性に優れているのが特徴です。

本製品は、ギア比8.1:1のエクストラハイギア仕様。ラインナップとしては7.1:1のハイギア、6.2:1のノーマルギアのほか、5.5:1のパワーギアと呼ばれるローギアタイプも揃えています。右巻き・左巻きもそれぞれあるので、ルアーやフィールド状況によって細かく使い分けたいと考えている方はチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン MGL 150XG

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン MGL 150XG

メタニウム同様、シマノのベイトリールのロングセラーモデルとして知られている「スコーピオン」。立ち上がりの軽いMGLスプールを採用し、快適にキャストできるのが特徴です。

本製品はギア比8.5:1のエクストラハイギア仕様。ラインナップとしては7.4:1のハイギア、6.2:1のノーマルギアも揃えています。充実した機能が備わっていながらも価格は控えめなので、幅広いユーザーにおすすめの1台です。

シマノ(SHIMANO) 19 SLX MGL 71

シマノ(SHIMANO) 19 SLX MGL 71

コスパ重視でベイトリールを選びたい方におすすめのモデル。ストレスなくキャストできる「マグナムライトスプール」や、簡単にブレーキの調節ができる「SVS∞(インフィニティ)」など、基本的な機能をひと通り揃えているものの、比較的価格が控えめに設定されているのが特徴です。

本製品はギア比8.2:1のエクストラハイギア仕様ですが、7.2:1のハイギアや6.3:1のノーマルギアもラインナップ。重さはいずれのモデルも200gを切っており、比較的軽量なのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) 17 バスワンXT 150

シマノ(SHIMANO) 17 バスワンXT 150

シマノのベイトリールにおけるエントリーモデル。低価格帯ながら、糸巻き量はナイロンライン16lbが100m巻けるなど、オールラウンドに使えるのが特徴です。

本製品のギア比7.2:1で、重さは約210g。クランクベイトやスピナーベイトなどの巻物や、テキサスリグやラバージグなどの撃ち物にも対応できるので、これからバスフィッシングを初めてみたい方におすすめの1台です。

ダイワ(Daiwa) スティーズ SV TW 1012SV-XH

ダイワ(Daiwa) スティーズ SV TW 1012SV-XH

ダイワのベイトリールのハイエンドモデル。クラッチのオンオフによってTシェイプのレベルワインドが変形する「ターンアラウンドスタイル」を採用しており、飛距離アップを見込めるほか、ストレスなくキャストできるのが特徴です。

マグネットブレーキシステムのSVコンセプトを採用しており、軽量なリグから重量級のルアーまでカバーできるのもポイント。いずれの場合もスプールの立ち上がりが早いので、大遠投からピッチングやフリッピングなどの近距離戦まで、しっかりとキャストを決められます。

本製品はギア比8.1:1のエクストラハイギア仕様ですが、7.1:1のハイギアや6.3のノーマルギアもラインナップ。重さはいずれのモデルも約160gで、軽量かつ高性能に仕上がっているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) ジリオンSV TW 1016SV-XXH

ダイワ(Daiwa) ジリオンSV TW 1016SV-XXH

タフネス仕様のベイトリールを求めている方におすすめのモデル。大口径で高性能なドラク「UTD(アルティメットトーナメントドラグ)」を採用しているほか、細部にまで軽量化と耐久性アップを図っており、攻めの釣りを展開できるのが特徴です。

本製品はギア比9.1:1のエクストラハイギア仕様ですが、シリーズとしては7.3:1のハイギア、6.3:1のノーマルギアのほか、5.5:1のローギアもラインナップ。スピーディにピンスポットを狙いたい方から、空気抵抗の大きいルアーでビッグバスを仕留めたい方まで、さまざまなタイプのアングラーに応えるおすすめのベイトリールです。

ダイワ(Daiwa) アルファス エア 7.2L

ダイワ(Daiwa) アルファス エア 7.2L

ダイワのベイトフィネス用リール。スピニングリールとは異なり、扱いには慣れが必要ですが、軽量ルアーを正確にアプローチできるのが特徴です。

本製品はスピーディな展開にも対応できるギア比7.2:1。ラインナップとしては、ノーマルギア比の5.8:1もラインナップしています。

重さはいずれも約165gと軽量。糸巻き量はフロロ8lbで50m巻けます。シャッドなどのライトプラッキングから、ノーシンカーワームまで対応できるのもポイント。タフなシーンでも頼りになるおすすめの1台です。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BLACK10

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BLACK10

ビッグバスにも耐えうる剛性を備えているベイトリールです。2本の指をかけられる「ダブルフィンガーノブ」を採用した95mmのDFLハンドルが装着されているので、しっかりとグリップしてカバーから引きずり出せます。

本製品はギア比10.1:1のエクストラハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻き量は105cm、最大ドラグは8kg、スポーディかつパワフルなファイトが可能です。ランカーサイズを狙いたい方はチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO ROCKET

アブガルシア(Abu Garcia) REVO ROCKET

手返しよくキャストできる、エクストラハイギア仕様のベイトリール。自重208gと比較的軽量かつコンパクトでありながら、糸巻き量は約16lbで115mとラインキャパシティが充実しているのが特徴です。

本製品はギア比10.1:1のエクストラハイギア仕様で、6点式の遠心力ブレーキと高性能マグネットブレーキを併用した「インフィニブレーキシステム」を採用しているのもポイント。ピッチングやフリッピングによる接近戦からロングキャストまで、しっかりと対応できるおすすめの1台です。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BEAST 40

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BEAST 40

バスはもちろん、国内外の怪魚にも真っ向勝負ができる重量級のベイトリール。スプール径は37.5mm、最大ドラグは14gと、大物にも動じない強靭なスペックを有しているのが特徴です。

糸巻き量は約30lbで100m。太いラインをしっかりと巻けるのも魅力です。製品としては、7.3:1のハイギアと5.8:1のローギアをラインナップ。製品名に恥じないポテンシャルを秘めているおすすめの1台です。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BIGSHOOTER COMPACT 8

アブガルシア(Abu Garcia) REVO BIGSHOOTER COMPACT 8

淡水・海水を問わず、あらゆるシーンで使えるベイトリール。サビや塩ガミにも強い耐久性を備えながらも、コンパクトにまとまっているのが特徴です。

ギア比は8.1:1と7.3:1の2種類をラインナップ。糸巻き量はどちらも約20lbで100mと、サイズのわりに充実しているのもポイントです。長く使えるベイトリールを求めている方はチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI BF8

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI BF8

コスパに優れたベイトフィネスリール。3mm厚のマグネットを10個搭載したマグトラックスブレーキを採用しており、幅広い軽量級ルアーをカバーできるのが特徴です。

ギア比は8.0:1で、重さは約185g。糸巻き量は約8lbで100mのほか、ソルト対応しているのも魅力です。はじめてベイトフィネスの導入を検討している方におすすめの1台です。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo LTX-BF8

アブガルシア(Abu Garcia) Revo LTX-BF8

重さ約129gと軽量なベイトフィネスリール。プレッシャーの高いメジャーフィールドでのタフコン時でも、喰わせに特化した攻めを展開できるのが特徴です。

ギア比は8.0:1で、フィネス系のルアーでも手返しよくキャストできるのもポイント。シャッド巻きやスモラバのピッチングなども難なくこなせます。スピニングリールで扱っていたスモールプラグやライトリグを、ベイトリールでも対応したいと考えている方は検討してみてください。

ベイトリールのおすすめモデル|丸型

シマノ(SHIMANO) 19 カルカッタコンクエスト DC 200

シマノ(SHIMANO) 19 カルカッタコンクエスト DC 200

シマノを代表する丸型ベイトリールの「カルカッタ」に、DCブレーキを搭載したモデル。DCブレーキは「I-DC5」を採用しており、強風下で空気抵抗の大きいルアーを投げる際もしっかりとキャストできるのが特徴です。

低弾道で、伸びやかな飛びを可能とするマグナムライトスプールを採用しているのもポイント。高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアによって、巻き心地が滑らかな点も魅力です。

ギア比は4.8:1。糸巻き量はナイロンライン約20lbで100mと、太いラインもしっかりと巻けます。ディープクランクをスローに巻きたいなど、大型ルアーを積極的に投げたいと考えている方はチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 14 カルカッタ コンクエスト 200

シマノ(SHIMANO) 14 カルカッタ コンクエスト 200

ゴールドカラーが特徴の「カルカッタ」シリーズ。長年アングラーから支持されており、これまで同社が培ってきた技術のノウハウが注ぎ込まれています。

番手として100・200・300・400と大型モデルを揃えているのがポイント。重さはもちろん、ギア比やスプール径、最大ドラグなども異なるので、釣り場やターゲットに合わせて使い分けられるのも魅力です。

いずれのタイプも耐久性と剛性に優れており、巻き心地も快適。安心して使い続けられるおすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) リョウガ 1016-CC

ダイワ(Daiwa) リョウガ 1016-CC

強靭さを備えた丸型のベイトリール。超高剛性高精度マシンカットスーパーメタルハウジングに独自の精密マシンカットを施しており、パーミング性能や巻き感度を追求しているのが特徴です。

本製品のギア比は5.4:1のローギア仕様で、糸巻き量はナイロンライン約16lbで100m。重さは約255gと決して軽くはありませんが、ビッグルアーをリトリーブする際にロッドがブレにくくなっています。ディープクランクや重めのスピナーベイトなど、引き抵抗の大きいルアーに適したおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) ミリオネア CT SV 70H

ダイワ(Daiwa) ミリオネア CT SV 70H

オールマシンカットボディを採用した丸型ベイトリール。大小問わずさまざまな巻物系ルアーをスムーズにキャストできるなど、トラブルが少ないのが特徴です。

本シリーズのギア比は、7.2:1と6.3:1の2種類をラインナップ。自重や最大ドラグ、巻糸量、ハンドル長さなどに違いはないので、純粋にギア比とハンドル1回転あたりの糸巻き量で使い分けられます。巻きにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) Ambassadeur CS Rocket Champagne

アブガルシア(Abu Garcia) Ambassadeur CS Rocket Champagne

クラシカルなフォルムが魅力の丸型ベイトリール。本製品は長年支持されているアンバサダーシリーズの日本企画として知られているモデルで、トップウォーターシーンにおすすめです。

クラッチレバーはなく、オンオフはサイドボタンで対応する往年のスタイル。本製品のギア比は5.3:1のローギア仕様で、太いラインを巻けるのもポイントです。趣向性にこだわりたい方は手に取ってみてください。