釣具メーカーのなかでも魚種別にさまざま製品を展開している「ダイワ」。比較的汎用性の高いスピニングリールにおいても細分化されており、ターゲットやフィールド状況に応じて使い分けることが重要です。

そこで今回はダイワのスピニングリールにフォーカス。おすすめのモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールの特徴

By: amazon.co.jp

ダイワのスピニングリールの特徴は巻き心地やドラグ性能のよさはもちろん、突出しているのがその軽さ。シャープにロッドを振り抜けるので、キャスタビリティに優れているのが魅力です。

ちなみに同社のスピニングリールを比較する際は、型番の表記ルールを把握しておくことが重要。大きさを表す四桁数字の番手に次いで、スプールの深さ、サイズ、ギア比、ハンドル形状がアルファベットの頭文字で記載されます。

例えば「LT3000S-CH-DH」であれば、大きさは3000番台でスプールは「S」で浅溝。形状は「C」でコンパクト、ギアは「H」でハイギア、ハンドルは「DH」でダブルハンドル仕様となります。なお、シリーズによっては該当しない場合もあるので、その点は留意しておきましょう。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) 20 クレスト LT2500

ダイワのスピニングリールにおける安価なモデル。子供のおこづかいでも買えるほどの価格帯となっているので、これから釣りを始めてみたいと考えている小学生などにもおすすめです。

本製品は汎用性の高いものの、大きすぎないサイズ感の2500番。最大ドラグは10kgと十分なスペックを備えているほか、ラインキャパはナイロンライン6lbで150m、PEライン0.8号で200mと、五目釣りを楽しむには余裕のある仕様となっています。気軽に購入できるおすすめの製品です。

ダイワ(Daiwa) 20 レブロス LT2000S-XH

ダイワのスピニングリールにおけるエントリーモデル。リーズナブルな価格帯ながらシリーズとしては1000〜6000番まで用意されており、サイズ別に買い揃えやすいのも特徴です。

本製品はライトゲームに適した2000番モデルで、ギア比は6.2、ハンドル1回転の糸巻き量は81cmと早い展開が得意。自重200kgと相まってテンポよくキャストできます。メイン機としてはもちろん、2・3台目にもおすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) 18 レガリス LT3000-CXH

お手頃価格ながらトータルバランスに優れたスピニングリール。ソルト対応のシリーズで、淡水・海水を問わず使えるのも特徴です。

なかでも本製品は3000番のハイギアモデルで、ラインキャパはナイロン12lbを100m、PEライン1.5号を170m。ハンドル1回転あたりの糸巻き量は93cmとラインスラックを素早く回収できるので、キャスト&リトリーブを繰り返すシーバス釣りなどに重宝します。

ダイワ(Daiwa) 18 フリームス LT4000D-CXH

釣り初心者からのステップアップを図りたいアングラーにおすすめのスピニングリールです。耐久性に配慮したマグシールド、長時間の釣行にも対応できるタフデジギアを搭載。また、軽量に仕上がっており、気兼ねなく使えるのもポイントのひとつです。

なかでも本製品は4000番の深溝スプールで、ナイロン20lbを150m、PEライン2号を300m巻ける仕様。やや大型のルアーで青物を狙いたい方におすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) 19 レグザ LT4000D-CXH

ダイワスピニングリールにおけるミドルクラスモデル。堅牢なアルミボディ、耐久性の高いタフデジギア、滑らかな回転が持続するマグシールドを採用しており、安心して使えます。

本製品は4000番の深溝スプール、ハイギア仕様で、ラインキャパはナイロン20lbを150m、PEライン2号を300m。磯場のヒラススズキやショアジギングからの青物などのソルトシーンから、大物の淡水魚にまで対応できます。

ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT3000-CXH

同社スピニングリールのなかでもロングセラーシリーズのスピニングリール。ミドルレンジの価格帯ながら性能がよく、コスパに優れているのが特徴です。

本製品は3000番で、ギア比は6.2のエクストラハイギア仕様。重さは195gと軽量に仕上がっています。ラインキャパはPE1号で200mと、遠投を要する釣りにも十分対応。耐久性に関してはマグシールドに加え、タフデジギアを搭載しているので、長期間の使用や過酷な環境でも安心して使えます。

ダイワ(Daiwa) 20 ルビアス FC LT2000S

淡水の管釣りトラウトや、ソルトのアジングやメバリングなどのライトゲームで活躍するスピニングリール。自重は150gと軽く、快適に釣りができるモデルです。

本製品は2000番で、ギア比は5.1のノーマルギア。ラインキャパはナイロン4lbで100m、PE0.4号で200mに対応し、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは67cmとなっています。なお、フィネスカスタム仕様で、ハンドルシャフトはより軽量なアルミシャフトを採用。細部まで使い勝手に配慮しているおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 19 セルテート LT4000-CXH

軽さとタフさを兼ね備えたスピニングリール。耐久性の高いアルミ素材を採用しており、あらゆるシーンで満足度の高い釣りを展開できるのが特徴です。

なかでも本製品は4000番で、ギア比は6.2:1のエクストラハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは99cmとなっています。重さは235gで、糸巻き量はナイロン12lbで150m、PE1.5号で200mが目安。使いどころとしてはシーバスのなかでも磯場に潜むヒラスズキ、さらにはショアジギングで青物を狙う際におすすめの1台です。

ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2500S-C

ハイエンドクラスのスピニングリール。これまで同社が培ってきた技術とノウハウが踏襲されており、軽量化と高性能化を図っているのが特徴です。シリーズとしてはオリジナルモデルと、より繊細なルアー操作が求められるフィネスカスタムに分かれており、本製品はフィネスカスタムのモデル。番手は2500番で、ギア比は5.1のノーマルギアとなっています。

ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは72cmで、ラインキャパはナイロン4lb・150m。ライトリグでディープレンジを探る際にも適しています。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|バス用

ダイワ(Daiwa) 18 タトゥーラ LT2500S-XH

バスフィッシングの本場アメリカのフィールドテストを経て販売開始されたスピニングリールです。ハイギア仕様の2500番で、ラインキャパはフロロ6lbで100m。自重は185gと軽量に仕上がっているのも魅力です。

また、パーフェクトラインストッパーが備わっており、細糸のPE、その先に結ぶ太めのショックリーダーにも対応。ソルトもいけるのでシーバスやエギングにも活用できます。

ダイワ(Daiwa) 17 スティーズ type-II Hi-SPEED

バスフィッシングに特化して開発された淡水専用のスピニングリール。ZAIONの軽量エアローターとオイルボールベアリング仕様によって、スムーズにラインを巻き取れるモデルです。

ラインナップとしてはスプール径42mm、自重168gの「type-I」とスプール径48mm、自重178gの「type-II」を用意。さらにそれぞれノーマルギアとハイギアがあります。ラインキャパはもちろん、ハンドル1回転あたりの巻き取り量は製品によって異なるので、購入を検討する際はしっかりとチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|トラウト用

ダイワ(Daiwa) 16 イプリミ 1003

エリアトラウトでの使用に適したスピニングリール。脱初心者を目指し、より本格的に管釣りを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ラインキャパはナイロン3lb・PEライン0.4号が100m巻ける仕様。ギア比は4.8、自重210gです。防水性と耐久性に優れた「マグシールド」により、なめらかなリールの回転が維持するのもポイント。レンタルタックルから卒業したい方はチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 17 プレッソ LIMITED 1025

満足度の高いトラウト用スピニングリールを求めている方におすすめのモデル。小型かつ抵抗のあまりないルアーであってもしっかりと引っ張れるのが特徴です。

本製品はシリーズ2機種あるうちの小さいほうで、ウエイトは155gと軽量。ラインキャパはナイロン2.5lbで100m巻ける仕様で、ギア比は4.8、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は60cmとなっています。なお、淡水専用となっているので、その点は留意しておきましょう。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|シーバス用

ダイワ(Daiwa) 18 スイッチヒッター LBD

レバーブレーキ仕様のスピニングリール。シーバスフィッシングに精通する小沼正弥氏が監修したモデルで、大型の魚が掛かった際にもうまくいなせます。

レバーブレーキは意図的にラインを放出するための機能で、ローターが逆転することによってドラグよりもよりラインを出せるのがポイント。本シリーズはギア比5.3と6.2の2種類がありますが、いずれも大口径スプールを採用しているのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 17 モアザン 3012H

シーバス専用スピニングリールのハイエンドモデル。随所に同社のテクノロジーが踏襲されており、シーンを問わず快適に使えるのが特徴です。

タイプとしては3種類。「2510PE-H」は入り組んだ湾奥エリアに適したモデルで、「3012H」は手返しのよさとパワーを両立、「3500」はローギア仕様かつラインキャパ十分で、ランカーサイズに十分対峙できるスペックを備えています。

なお、ラインナップにはレバーブレーキ仕様の「モアザン-LBD」もあり、こちらは2種類を用意。興味がある方は併せてチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|エギング用

ダイワ(Daiwa) 19 エメラルダス LT2500S-H-DH

初心者でも扱いやすいエギング用のスピニングリール。同社のエギングリールは価格帯と性能に合わせて「AIR」「MX」「LT」の3タイプがあり、本製品は「LT」のダブルハンドル仕様のモデルです。

サイズは2500番で、PE0.6号を200m巻ける浅溝スプールを採用。ギア比は5.6のハイギア、ハンドル1回転あたりの糸巻き量は79cmです。テンポよくエギをキャストできるのもおすすめポイント。リズムよくシャクリ、またキャストと、手返しよく攻められるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|ライトゲーム用

ダイワ(Daiwa) 18 月下美人 MX LT2000S-P

メバリングやアジングなどのソルトのライトゲームで扱いやすい「月下美人」シリーズのスピニングリール。ラインナップは上から「EX」「AIR」「MX」「X」とあり、本製品は「MX」の2000番です。

重さは190gで、ギア比は4.8のローギア・パワーギア仕様。ラインキャパとしてはナイロン4lbで100m、PEなら0.4号を200m巻けます。エントリーモデルからの買い替えを検討している方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa)のスピニングリールのおすすめモデル|ソルト大型ゲーム用

ダイワ(Daiwa) 18 ブラスト LT5000D-CXH

耐久性が高く、操作性も良好のオフショア専用スピニングリール。ジギングで青物を狙うのに適したモデルで、価格帯に見合わない高性能を備えています。

本製品はシリーズのなかでも大きい5000番。最大ドラグ力は15kg、ラインキャパはPEライン5号が300m巻ける仕様となっています。コスパ重視で大型スピニングリールを選びたい方におすすめの1台です。

ダイワ(Daiwa) 16 キャタリナ 5000H

ソルトで使う大型スピニングリールのなかでもロングセラーとなっているモデル。オフショアのパワフルな魚にもしっかりと対峙できるモデルで、耐久性と回転性能に優れているのが特徴です。

数あるラインナップのなかでも、大型のヒラマサやGTを獲るために生まれた5000番のハイギア仕様。ロングキャストとリトリーブを繰り返す釣りにおいてストレスが少ないのも魅力です。なお、同シリーズにはサイズが豊富に揃っているので、番手別に複数揃えたい方もぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 20 ソルティガ 14000-XH

モンスタークラスのターゲットを仕留められる、ハイエンドクラスの大型スピニングリール。圧倒的な強さと耐久性を備えているのはもちろん、トルクフルな巻き取り性能と大遠投が可能なキャステイング性能も兼ねており、あらゆる状況下に対応できるのが特徴です。

本シリーズは8000〜20000番まであり、本製品は中間程度の14000番。ラインナップとしてはギア比4.8のパワーギア(ローギア)と6.2のエクトラハイギアがあり、前者はPE5〜6号を使用するジギングに、後者はPE6〜8号での大型ヒラマサやGTを狙う際におすすめです。