ランナーの足を守りながら走りをサポートしてくれるランニングシューズ。各メーカーからさまざまなモデルがリリースされていますが、ランナーのレベルや目的によって選ぶべきアイテムは大きく異なります。

そこで今回は、ランニングシューズのおすすめ人気モデルをご紹介。自分に合ったアイテムを選ぶためのチェックポイントも合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランニングシューズの選び方

ランニングシューズのサイズは大事

ランニングシューズは、自分に適したサイズを選ぶことが大切。サイズが小さすぎると、足が締め付けられて痛みが生じやすいので注意が必要です。また、サイズが大きすぎると足がシューズの中で動いてしまうため、ケガや疲労の原因になります。適したサイズを選ぶためには、事前に足長サイズと足囲サイズの二つを測定しておきましょう。

足長とは、「足の指の一番長いところ」から「かかとの最も出っ張った部分」までの距離のこと。一方で足囲は、「親指の付け根」と「小指の付け根」それぞれの関節を経由して、足をぐるりと一周させた長さを表します。

足長サイズは、ぴったりのモノを選んでしまうとつま先やかかとがシューズ内にぶつかってしまうため、シューズを履いた時に親指が1本入る程度のスペースが空いたものを選んでみてください。また、足囲サイズは「E」「2E」「3E」「4E」のように数字とアルファベットの組み合わせで表記されており、レギュラーサイズの多くは2Eで作られています。そのため、インターネットでは足囲サイズの記載がないケースもあるので注意しましょう。

足の形に合わせる

ランニングシューズを選ぶ際には、足の形を考慮しておくことも重要です。足の形は、大きく分けて「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」の3タイプに分かれます。多くの日本人に当てはまる「エジプト型」は、親指が一番長く小指にかけて徐々に短くなっているタイプ。親指の先がシューズに当たりやすいため、つま先部分にやや余裕のあるモノを選びましょう。

また、「ギリシャ型」は人差し指が一番長いタイプです。このタイプはどんなシューズにも馴染みやすいため、足長や足囲、甲の高さに注意をして選べば問題ありません。そのほか、「スクエア型」は5本の指がほぼ同じ長さであるのが特徴。つま先が細いシューズを選ぶと、小指が圧迫されて痛みを生じてしまいます。さらに、足の幅も広くなりがちなのでシューズの幅に気を付けて選んでおくと安心です。

ランニングシューズのタイプによって選ぶ

ランニングシューズは、大きく分けて「クッション系」「レース系」「トレーニング系」の3つのタイプに分かれます。ランニングレベルによって適したタイプは異なるため、それぞれの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

クッション系ランニングシューズ

クッション系ランニングシューズは、高いクッション性能が特徴です。靴底が厚く全体的に重みがあることから安定感や衝撃吸収性に優れており、足をしっかりと守りながら走れます。そのため、まだフォームが不安定なランニング初心者にぴったり。また、42.195kmを超える道のりを走る「ウルトラマラソン」に挑戦する際など、足への負担軽減を優先させたいシーンにもおすすめです。

レース系ランニングシューズ

レース系ランニングシューズは、ランナーの走行パフォーマンスを最大限まで高め、レース時のタイムを向上させることを目的としています。そのため、軽量性を最も重視して作られているのが特徴です。一方で、軽さを追求しているがゆえにクッション性能は低く、足への負担が大きいので要注意。フォームが確立している上級者ランナーや、自己ベストタイムを更新したい方におすすめです。

トレーニング系ランニングシューズ

トレーニング系ランニングシューズは、クッション系タイプがもつ衝撃吸収性とレース系タイプがもつ軽量性を兼ね備えているのが特徴。足への負担を和らげながらも、足にぴったりと密着する作りで走行パフォーマンスを向上させ、高速走行トレーニングを可能にしています。しかし、クッション系と比較すると足への衝撃が大きいため、ある程度ランニングに慣れてきた中級者ランナーやジムでのトレーニング用におすすめのタイプです。

ランニングシューズのおすすめモデル|ナイキ(NIKE)

アメリカに本社を構える有名スポーツブランド「ナイキ」。高い衝撃吸収力をもつモノや、軽量かつ反発性、柔軟性に優れたモデルなどを幅広くリリースしており、初心者ランナーから上級者ランナーまで幅広く快適な走行をサポートしてくれるおすすめのブランドです。

なお、足長に対して足囲が狭いアメリカ人向けのシューズが多いため、購入の際はサイズ感に留意しておきましょう。

ナイキ(NIKE) エアズームストラクチャー

ナイキ(NIKE) エアズームストラクチャー

優れた安定性とサポート力で、初心者ランナーにおすすめのランニングシューズです。幅広に作られたフラットなアウトソールと2種類のクッショニングによって、高い安定性を実現。 固めのフォームが土踏まず側の衝撃を、柔らかなフォームが外側の衝撃をしっかりと緩和してくれます。

また、上二つの紐穴に用いられた丈夫かつ超軽量な「Flywireケーブル」が足を締め付けて走行をサポートできるほか、土踏まずの周囲には伸縮性のバンドを採用することでランニング中に滑らないように設計されているのもポイント。

さらに、メッシュ素材のフルインナーブーティーがソックスのようなフィット感で足を包み込みながら、快適な通気性を提供してくれます。足を守りながらスムーズな足運びを叶えてくれる、おすすめのモデルです。

ナイキ(NIKE) ルナテンポ2

ナイキ(NIKE) ルナテンポ2

軽量性と衝撃吸収性を兼ね備えた、中級者ランナーにおすすめのランニングシューズです。アッパーには超軽量かつ柔軟性と通気性に優れた「エンジニアードメッシュ」を用いているのに加え、通気孔を設けたブーティー構造を採用しているため、蒸れにくい快適な履き心地を楽しめます。

また、インナースリーブが靴下を履いているかのようなフィット感を叶えてくれるのもポイント。さらに、動きに合わせて瞬時に足をサポートする「Flywireケーブル」で足中央部をしっかり固定できるほか、二つのフォームが連携し合う「Lunarlonフォーム」が軽量かつ柔らかく、反発性に優れたクッショニングを提供してくれます。

そのほか、アウトソールには衝撃を吸収して元の形状に戻る「ワッフルピストン」を採用。足元のクッション性とサポート性が優れたバランスで実現された、おすすめモデルです。

ナイキ(NIKE) フリーラン2018

ナイキ(NIKE) フリーラン2018

ランニング中の自然な足の動きを妨げない、快適なフィット感が魅力のランニングシューズです。アッパーに軽量かつ伸縮性のある「スパンデックス素材」を用いることで足の動きに順応できるほか、アウトソールには柔軟な「Tri-starパターン」を採用することで足を踏み出すたびにソールが拡大と収縮を繰り返し、素足で走行しているかのような自然なランを実現してくれます。

また、幅広ストラップとヒール内のパッドが優れたサポート力とフィット感、抜群の履き心地を提供してくれるのもポイント。さらに、つま先部分とかかとのソールには「テクスチャード加工」を施しており、足を前へ前へと牽引してくれます。優れた柔軟性で毎日の気軽なランニングに最適な、おすすめモデルです。

ナイキ(NIKE) エアズーム スピードライバル6

ナイキ(NIKE) エアズーム スピードライバル6

レースのために生まれた、上級者ランナー向けのユニセックスモデルです。メンズサイズ26.5cm、ウィメンズ27cmの大きめサイズを選んでも重さは約212gと超軽量設計。ミッドソールに採用した「Cushlonフォーム素材」とヒール部分に搭載した「Zoom Airユニット」が高反発のクッション性を発揮し、ランニング中の足をサポートしてくれます。

また、足中央部のストラップで足をしっかりと固定できるほか、アッパーに用いた軽量素材「エンジニアードメッシュ」が優れた通気性と安定性を確保してくれるのも魅力です。さらに、アウトソールには衝撃吸収能力の高いワッフルパターンを採用。レース系とトレーニング系のハイブリッドデザインで速く遠くまで走れる、おすすめのモデルです。

ランニングシューズのおすすめモデル|アシックス(Asics)

兵庫に本社を置く、大手総合スポーツ用品メーカー「アシックス」。前身のオニツカタイガー時代から、機能性の高いランニングシューズを次々と開発し続けています。

初心者ランナー向けから本格派ランナー向けまで幅広いモデルを取り揃えている中でも、ソールが厚くクッション性に優れた初心者向けのシューズに特に定評があるブランドです。一般的な日本人の足に合うように作られているため、履き心地も快適。ぜひチェックしてみてください。

アシックス(Asics) JOG 100 2

アシックス(Asics) JOG 100 2

初心者ランナーの足元を優しくサポートしてくれる、大人気のランニングシューズです。優れたクッション性とグリップ性を兼ね備えており、足を衝撃から守りながらも地面をしっかりと捉え、高い推進力を生み出してくれます。また、屈曲性にも優れているため地面をキックしやすいのもポイントです。

さらに、ゆったりとした着用感を叶える幅広設計であり、足長サイズ22.0〜24.0cmの場合は足囲3E相当のゆとりを、24.5cm以上の場合には足囲4E相当のゆとりをもたせているため、レギュラーサイズだときつくて履けない方にぴったり。初心者ランナーに必要な基本性能を十分に備えながらも、安い価格帯で気軽に購入できるおすすめのモデルです。

アシックス(Asics) GT-2000 NEW YORK 6

アシックス(Asics) GT-2000 NEW YORK 6

軽量設計でありながらしっかりと足を守り、初心者から中級者まで幅広いランナーレベルに対応できるランニングシューズです。着地時にかかる力を分散させて足裏への負担を減らす「ダイナミックデュオマックス構造」や、中足部のねじれを抑える「トラスティック構造」が高い安定性を発揮してくれるため、足に無理のない状態で使えます。

また、足にかかる衝撃を緩衝する素材「GEL」と高い反発性を持つ素材「エススピーバ」、そして軽量かつ反発性に優れたクッショニングシステム「フライトフォーム」が、足腰への衝撃を効果的に吸収してくれるのも魅力。さらに、より足の形に近い曲面に設計された靴型「3Dレギュラー」が快適な履き心地を提供してくれます。

そのほか、ラバー同等の軽量性とグリップ性を発揮しながらも耐摩耗性の高いアウターソール素材を用いることで、耐久性も良好。不安定なフォームのランニングを快適にサポートしてくれる、おすすめのモデルです。

アシックス(Asics) GEL-NIMBUS 20

アシックス(Asics) GEL-NIMBUS 20

クッション性と履き心地を追求したことで、初心者ランナーから長距離ランナーまでさまざまなレベルのランナーに対応できるランニングシューズです。衝撃緩衝性に優れた素材「GEL」と高い反発性を持つクッション素材「エススピーバ」、そして軽量かつ反発性、耐久性に優れたクッショニングシステム「フライトフォーム」が、衝撃を吸収して足をしっかり守ってくれます。

また、シューレースを締め付ける「ディスクリートアイレット構造」とランニング中の足の動きに追従する「フルイドフィット機能」が、足とシューズのズレを抑えてより快適なフィット感を実現。さらに、ミッドソールの中足部を補強したことでフットワークの安定性を高められるのも魅力です。

そのほか、アウターソール素材は軽量性とグリップ性に加え、耐摩耗性にも優れています。なお、モデル名の「ニンバス」はラテン語で「雲」を意味する言葉。その名の通り雲の上を走っているかのような軽快感を味わえるおすすめのモデルです。

アシックス(Asics) GEL-KAYANO 25

アシックス(Asics) GEL-KAYANO 25

本製品は、長距離ランニング用の高機能モデルです。ミッドソールに採用された独自開発のスポンジ材「フライトフォームプロペル」と「フライトフォームライト」が軽量でありながら優れたクッション性と耐久性、そして跳ねるようなライド感を実現しています。

そのほか、ミッドソールの硬度を部分的に高くする「デュオマックス」構造により着地時にかかる力を分散させて、ランニング中の安定性を高められるのもポイント。また、アッパーには柔軟性の高い「ジャガードメッシュ」を用いているのに加え、親指部分にゆとりを持たせた設計を施しているため窮屈さを緩和でき、優れた通気性と優しいフィット感が得られます。

さらに、スリム・エクストラワイド・スーパーワイドの3パターンが用意されており、足の幅が広い方でも自分にぴったりの靴型を選びやすいのも魅力。快適な走りを追求したおすすめモデルです。

ランニングシューズのおすすめモデル|ミズノ(MIZUNO)

大阪に本社を置く総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」。日本人の足に合わせたランニングシューズを製造し続けており、始めてのランを楽しみたい方から部活動やアスリートに適したモノまで幅広いラインナップを誇ります。

同ブランドのモデルは、屈伸時に膝が外方向に開くランナーに向けたクッション性重視の「ニュートラルタイプ 」と、屈伸時に膝が内方向に入るランナーに向けた安定性重視の「サポートタイプ」の2つに分かれており、自分にぴったりのシューズが見つかりやすいのも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) マキシマイザー 20

ミズノ(MIZUNO) マキシマイザー 20

ジョギングや軽い運動に適した、初心者ランナー向けのランニングシューズです。シューズの屈曲溝を旧モデルよりも1本増やすことで、軽さをキープしながら屈曲性の向上を実現。地面にしっかりと足の力を伝えて滑らかに走れます。

また、高い耐摩耗性を誇るラバー「X10」を摩耗しやすいかかと部分に採用することで、優れた耐久性を発揮してくれるのもポイント。そのほか、インソールは取り外して洗えるため衛生的に使用できます。さらに、安い価格帯で気軽に購入できるのも魅力のひとつ。甲回りが通常の靴型よりも6mm広く設計された「ワイドラスト」で、幅広の方にもおすすめのモデルです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブライダー 22

ミズノ(MIZUNO) ウエーブライダー 22

柔らかなクッションと高い反発力、しっかりとした安定感で軽やかな走りを叶えてくれる、ニュートラルタイプのランニングシューズです。前足部とかかと部におけるソールの高低差を12mmと高めに設定することで、ランニング中の揺れを抑えてバランスを安定させてくれます。

また、波形のプレートが優れたクッション性を発揮してくれるのに加え、ミッドソールのヒール部分に設けられた大小の穴が足への衝撃を吸収してくれるため、怪我を回避できるのもポイント。さらに、ソールの屈曲溝を旧モデルよりも増やすことで屈曲性が向上され、よりスムーズな体重移動を実現しています。

そのほか、通気孔を配置した軽いメッシュ素材が優れた通気性とフィット感、サポート力があるのも魅力。軸足のブレを防いでフォームを安定させたい初心者ランナーにおすすめのモデルです。

ミズノ(MIZUNO) ウェーブ ソニック

ミズノ(MIZUNO) ウェーブ ソニック

軽さとスピード感を追求した、ニュートラルタイプのランニングシューズです。前足部とかかと部におけるソールの高低差を4mmと低めに設定しているため、足裏全体もしくは前足部から中足部にかけての着地がしやすくなり、高いトレーニング効果が得られます。また、靴先の反りあがりを高くすることで、強い蹴り出しと速い足運びを可能にしているのもポイント。

ミッドソール素材には軽量でありながらクッション性に優れた「U4icX」を用いているのに加え、中央部に波形のプレート「ミズノウェーブ」を挟み込むことでクッション性と安定性を両立しており、足を衝撃から守ってくれます。

さらに、ジグザグの溝を設けたフラットソールが高い安定感と耐久性、屈曲性を実現し、滑らかな走りをサポートしてくれるのも魅力です。前足部にはメッシュ素材を採用しており、通気性やフィット感も良好。タイムの向上を目指す上級者におすすめのモデルです。

ランニングシューズのおすすめモデル|ニューバランス(new balance)

アメリカ生まれスポーツシューズブランド「ニューバランス」。世界で初めて足囲サイズを採用したブランドであり、幅広の足を持つ方が多い日本人でも選びやすいのが魅力です。

また、軽量感やフィット感に優れているモデルが多く、履き心地も快適。初心者ランナーからウルトラマラソン完走を目指す上級者まで幅広い層に高い支持を受けている、おすすめのブランドです。

ニューバランス(new balance) FRESH FOAM ZANTE M

ニューバランス(new balance) FRESH FOAM ZANTE M

高いパフォーマンスを引き出すための機能が充実した、初心者から中級者ランナーにおすすめのランニングシューズです。ミッドソールにハチの巣のような「ハニカム構造」を採用することで、優れた安定性とクッション性を発揮。前足部とかかと部におけるソールの高低差は6mmと低めでありながら、ソフトな接地感を叶えてくれます。

また、軽量性と耐久性を併せもつ「ソリッドラバー」を採用したアウトソールにもハニカム構造を採用。優れたグリップ力と屈曲性、耐久性を実現し、滑らかな走りをサポートしながら推進力をアップしてくれます。さらに、伸縮性のある「エンジニアードメッシュ」を用いたアッパーには「ハイポスキン機能」を搭載することで、抜群のフィット感と通気性を得られるのも魅力。長時間走っても疲れにくいおすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) FUEL CORE RUSH

ニューバランス(new balance) FUEL CORE RUSH

フィットネスランナーからフルマラソンのタイムを縮めたいランナーまで、幅広く対応できるランニングシューズです。優れた軽量性とクッション性を誇る「レブライト」をミッドソールに採用しているのに加え、スピード感のある走りを叶えるプラットフォーム「FUEL」も搭載。足を衝撃から守りながら、グリップ力のあるラバーが楽な足運びを可能にしてくれます。

また、靴先を高く反り上げる「TOE SPRING構造」が優れた推進力を生み出してくれるのもポイントです。前足部には「エンジニアードメッシュ」を採用し、中足部は3Dプリントで補強することでフィット感と通気性、軽量性を追求。不快な蒸れを防ぎ、長時間の走行を快適にサポートしてくれます。

そのほか、耐摩耗性に優れた「Ndurance」をかかと部などに搭載しているため耐久性も高く、シューズ寿命を向上できるのも魅力。スピード走行を追求したおすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) M1040

ニューバランス(new balance) M1040

フルマラソンやウルトラマラソンの完走を目指す上級者ランナーに人気のランニングシューズです。かかと部には着地を安定させる「TPU heel counter」を、サイドウォールには足首のねじれを防ぐ「Medial Post」を搭載することにより、足のクセを抑えて安定感ある踏み込みをサポートしています。

また、ミッドソールにはクッション性を提供する超軽量素材「レブライト」と、衝撃を吸収しながら推進力を生み出す素材「ラピッドリバウンド」を搭載。心地よいクッションで足を衝撃から守り、弾むようなライド感を実現してくれます。

さらに、継ぎ目のないアッパーで足への負担を抑えながら、甲周りと土踏まずの横幅をシューズにしっかりとフィットさせることでランニング中のブレを防いでくれるのも魅力です。アッパー素材には通気穴が大きなメッシュ素材を採用しているため、通気性も抜群。長距離を快適に走り続けるための機能が充実した、おすすめのモデルです。