ランニングする際はもちろん、普段履きする際にも便利な「ランニングシューズ」。ナイキ・アディダス・アシックスなどのメーカーごとに、さまざまなモデルが展開されています。そのため、どれを選んだらよいか悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ランニングシューズのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ランニングシューズの必要性

By: amazon.co.jp

ランニングシューズは一般的なスニーカーとは異なり、クッション性や安定性、軽さを重視したシューズ設計を採用。ランニング時にかかる体の負担を軽減できるのが特徴です。

足への負担は体重の約3倍といわれており、筋肉が発達していない初心者の方ほど怪我のリスクがあります。特にアスファルトなどの固い路面を走る場合には注意しましょう。

なかには、足が自然と前に出るようなソール形状になっているモノや、反発力のあるプレートが内蔵されているモノもラインナップ。強い反発力を活かしてスピードに乗れるのが魅力です。

ただし、ランナーのレベルに応じて適切なシューズは異なります。気分転換としてランニングをはじめる方や、マラソン大会で本格的にタイムを縮めたい方など、自分にぴったりのモデルを選びましょう。

ランニングシューズの選び方

サイズ選びのポイント

サイズはつま先に少し余裕があるモノを

By: amazon.co.jp

ランニングシューズにおいて重要なのがサイズ選びです。サイズが大きいと、靴の中で足が滑ってしまうので注意が必要。一方で、サイズが小さくても窮屈になってしまい、足に負担がかかってしまいます。

サイズを選ぶ際は、まず足長に注目。かかとをぴったりと合わせた状態で足の指を伸ばし、つま先に指1本分、もしくは1cm程度の余裕がある状態が理想のサイズです。

ランニング中は足の指の曲げ伸ばしが頻繁に行われるため、つま先に少し余裕を持たせたほうが足の詰まりやズレを軽減できます。

足の甲のフィット感にも注目

By: amazon.co.jp

足の甲のフィット感は、ランニング中の足のズレを防止するポイント。圧迫しすぎても足への負担が大きいため、適度なフィット感が必要です。

フィット感はサイズだけでなく、アッパー素材によっても異なります。メッシュアッパーやニットアッパーを使用している製品は生地がやわらかく、フィット感にも優れているのでチェックしてみてください。

足囲(ワイズ)選びも重要

By: amazon.co.jp

足囲とは、親指と小指の付け根の骨の張り出した部分の長さ。横幅の広い部分を指します。製品に記される「2E」「3E」「D」などの記号は、足囲を表す指標なので参考にしてみてください。

例えば、標準の足囲の方は2E、幅広や甲高の方は3E、細めの方はEまたはDを選ぶのがおすすめ。ただし、メーカーごとに標準的な足囲が異なるため、あくまでも目安としておきましょう。

ランナーの足に対して幅が広すぎるモノは、シューズ内で足が動いてしまい、十分な性能を発揮できない場合があります。サイズとあわせて足囲をしっかりとチェックし、自分にぴったりのシューズを選びましょう。

ソールの厚さをチェック

機能性に優れた「厚底ソール」

By: amazon.co.jp

機能性を重視したい方は、走行性とクッション性に優れた「厚底ソール」をチェック。カーボンプレートが内蔵された厚底ソールであれば、プレートの反発力によって推進力を高められ、1歩あたりのストライドが広く取れます。

また、ミッドソールを厚くした厚底ソールも注目。クッション材によって着地時の衝撃を軽減し、関節や筋肉にかかる負担をやわらげるため、長距離のランニングにぴったりです。
                                             

軽量性重視の「薄底ソール」

By: amazon.co.jp

薄底ソールのランニングシューズは厚底と比べてクッション性が控えめ。一方、地面を蹴る感触を得られることや、軽量性に優れている点がメリットです。

薄底ソールは地面と足の間にあるクッションが少ないため、着地時の安定感が高いのも特徴。地面を蹴る感覚を掴みやすいのが魅力です。

先端の反りで推進力が変わる

By: amazon.co.jp

多くのランニングシューズは、つま先部が1〜3cmほど反り返っています。先端の反りは「トゥスプリング」と呼ばれており、下り坂を走るような感覚で自然に足が前に出る構造です。

つま先が跳ね上がっている分、着地から地面を蹴るまでの体重移動をスムーズに行えるため、自然と前に進みます。スピードに乗って気持ちよく走りたい方は、つま先の反りにも注目して選んでみましょう。

硬めのヒールカップは安定性を高められる

By: amazon.co.jp

ヒールカップとは、かかとを包み込むように固定し、足のブレを抑えて安定感を高められるモノ。ヒールカップがやわらかいと、かかとが走るたびに上下し、怪我の原因になる場合もあります。

そのため、ヒールカップの固さも重要なポイント。特に長距離を走る方であれば、ランニング中に足がブレにくいモデルを選ぶようにしましょう。

自分のレベルに合ったモデルを選ぼう

初心者はクッション性の高いモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

初心者の方にはクッション性の高いランニングシューズがおすすめです。クッション性能が高いほど推進力の向上に期待できます。

また、クッション性の高いモデルは、アスファルトの上を走る機会が多い方にもぴったり。固い路面は競技トラックと比べて足への衝撃が大きいため、シューズによる対策が必要です。

初心者の方は、マラソンなどの長距離を走る場合でも、クッション性の高いモノが適しています。自分のレベルに応じて、安定性の高いモデルを選ぶことが重要です。

中級者以上でタイムを重視するなら反発性が高いモデルを

By: amazon.co.jp

反発性の高いランニングシューズは、ランナーが地面を蹴る力をサポートし、大きなストライドでより速く走れるのがメリット。最近では、反発力の高いプレート入りの厚底モデルが人気です。

プレート入りの厚底モデルなら、反発力とクッション性を備えています。ただし、反発力を得るためにはシューズに適した走り方と、ある程度の筋肉が必要な点には注意が必要です。ランニングに慣れてレベルアップしたい中級者〜上級者の方はチェックしてみてください。

ランニングシューズのおすすめメーカー

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

1964年に設立したナイキは、世界最大のスポーツ総合メーカー。アメリカのオレゴン州に本社を構えており、世界中でスポーツ用品を展開しています。

ナイキのランニングシューズは、クッション性やデザイン性に優れている製品が数多くラインナップ。プレート入り厚底スパイク開発の先駆けでもあります。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

アシックスは、1977年に誕生した日本発のスポーツ用品メーカー。「HUMAN CENTERED DESIGN」に基づいて研究を行い、選手の動作を観察・分析し、製品をアップデートしています。

甲高で幅広形状の足の方が多い日本人に特化したサイズ設計を行い、2Eや3Eなどのサイズが豊富なのも特徴。また、ヒール部分に搭載されたゲルは衝撃吸収力が高く、足への負担を軽減します。フィット感や安定性に優れているメーカーです。

アディダス(adidas)

By: amazon.co.jp

1948年にドイツで誕生したアディダス。アディダスのランニングシューズは、多くのモデルに「BOOSTフォーム」テクノロジーを搭載し、クッション性と反発力が高いのが特徴です。

また、メッシュやニット素材のアッパーでフィット感と軽さを両立したモデルもあり、快適にランニングを楽しめるシューズを揃えています。

ニューバランス(new balance)

By: amazon.co.jp

ニューバランスは、1906年に創業した歴史あるシューズメーカーです。アメリカのボストンに本社を置いています。以前は、矯正用シューズを販売するブランドでした。現在ではシューズのほか、アパレル製品も世界中に展開しています。

ランニングシューズは、ソール開発に力を入れているのが特徴。クッション性と反発性を兼ね備えるミッドソール「FUELCELLフォーム」が代表的で、弾むような使用感が魅力です。

ランニングシューズのおすすめランキング|初心者向け

第1位 アディダス(adidas) アディゼロ SL20.3M


「Lightstrikeクッショニング」によって、軽量ながらもクッション性に優れている「アディダス」のランニングシューズです。アッパーには、50%以上のリサイクル素材を使用しており、環境に配慮しています。

アッパーはメッシュ素材のため、通気性に優れています。シューズ内を快適な状態に保ちやすいのも魅力。また、「コンチネンタルアウトソール」は耐久性に優れており、長い期間使用し続けやすいのもおすすめポイントです。

グリップ力にも長けているので、スムーズな着地をサポート。重量は、27cmのモノで片足240gです。

第2位 ニューバランス(new balance) ランニングシューズ M411


アッパーにメッシュ素材を採用しているランニングシューズです。シューズの中が蒸れにくく、快適な履き心地を維持できます。昇華プリントによってデザイン性に優れているのもおすすめポイント。タウンユースできるモデルを探している方にも向いています。

軽量でクッション性に優れた「GROUND CONTACT EVA」を採用しており、クッション性を高めているのもメリット。足への負担を軽減できます。加えて、耐久性に優れたアウトソールを採用しているため、長い期間使用し続けやすいのも魅力です。

第3位 ナイキ(NIKE) ズームX インヴィンシブルラン フライニット2 DH5425

かかと部分にクリップを配置しているのが特徴のランニングシューズです。固定感を得られるうえ、クッション性に優れているのがメリット。固い路面で走っても、安定感のある履き心地を維持できます。

シューズの異なるエリアに3つの「Flyknitコンポーネント」を配置しているのもおすすめポイント。シュータンには継ぎ目のないデザインを採用しており、高いフィット感を得られるのも魅力です。また、前足部は、幅広で大きな形状を採用しています。

「Nike ZoomXフォーム」によって反発力に優れているのも特徴。さらに、フォームがロッキングチェアのような形をしており、なめらかな足運びをサポートします。重量は、27cmのモノで片方約283gです。

第4位 アディダス(adidas) ウルトラブースト 22

反発力が落ちにくいランニングシューズです。ミッドソールには、ランニングに必要な反発力とクッション性を兼ね備えた素材を採用。また、ヒール周りには、靴擦れを抑えるフォームを配置しており、快適な履き心地を得られるのもメリットです。

アウトソールには、自動車やレース用の自転車にも使われているグリップ力に優れた素材を使用。地面をしっかりと捉えやすいので、安定した走りが可能です。

中足部のねじれ運動をコントロールする「トルションシステム」が搭載されているのもおすすめポイント。重心移動をスムーズに行えます。

第5位 オン(On) ランニングシューズ Cloud


2010年にスイスで誕生したランニングシューズブランド「オン」のランニングシューズ。着地のときにのみクッション性を生み出す、特許取得の超軽量フォーム製「CloudTec」によって、脚の力を効率的に地面に伝えられます。

スピードシューレースシステムにより、着脱がスムーズに行えるのもメリット。ヒールカップはかかとをしっかりとホールドする設計がされています。また、「Speedboard」によって、推進力を得られやすいのもポイントです。

アッパーにはやわらかい素材を使用しており、快適な履き心地を実現。さらに、抗菌メッシュなので、通気性を確保しつつ、シューズ内を清潔な状態に保てます。シンプルなデザインのため、タウンユースできるモデルを探している方にもおすすめです。

ランニングシューズのおすすめランキング|メンズ

第1位 ナイキ(NIKE) エアズームペガサス39 DH4071


快適な履き心地を維持しやすいのが魅力のランニングシューズです。靴擦れが起きにくいよう、シュータンと履き口にはパッドを配置しています。また、柔軟性に優れたエンジニアードメッシュを全体に配置しているのもメリットです。

通気性に優れているため、シューズ内が蒸れるのを避けられます。加えて、「Nike Reactテクノロジー」を搭載した耐久性抜群の軽量フォームを採用しているのも特徴です。

第2位 アディダス(adidas) アディゼロジャパン6


低密度高反発ミッドソールを配置しているランニングシューズです。クッション性・反発性・弾力性・軽量性などを備えているのが特徴。着地を安定させ、蹴り出しをスムーズに行えます。

軽量な「Lightstrike Proレイヤー」によって、脚への負担を軽減できるのも魅力。さらに、コンチネンタルラバーが採用されているため、さまざまな天候下で高いグリップ力を維持できるのもおすすめポイントです。

グルーヴ構造を採用することで、地面をしっかりと掴みやすいのもメリット。また、カラーは、レガシーインディゴをはじめ、数種類がラインナップされています。

第3位 ナイキ(NIKE) リアクトペガサストレイル4 GORE-TEX DJ7926


アッパーに防水加工のGORE-TEXが使用されているランニングシューズです。雨の日でもシューズ内に水が侵入しにくく、快適な履き心地を維持しやすいのがメリット。また、アウトソールのラバーを減らしており、さまざまな環境下でスムーズな体重移動を実現できます。

シューズの前部までをラバーアウトソールで包んでいるため、耐久性に優れているのも魅力。ジェネレーティブデザインによるトラクションパターンも相まって、グリップ性能と道路に適した滑らかな履き心地を両立しています。さらに、履き口が足にフィットする仕様なので、水や砂利などがシューズに入るのを軽減できるのもポイントです。

第4位 アシックス(Asics) PATRIOT 13 1011B485.001


シンプルなデザインを採用している「アシックス」のランニングシューズです。ミッドソールにはEVAフォームを採用しており、クッション性に優れているのがメリット。靴底にはラバーが配置されており、耐久性を高めています。長い期間使用し続けやすいのもおすすめポイントです。

また、アッパーの大部分にメッシュ素材を採用しているのも魅力。通気性に優れているので、シューズ内を快適な状態に維持しやすいのもポイントです。カラーは、ブラック×ホワイトをはじめ、数種類がラインナップされています。

第5位 ナイキ(NIKE) エアズームライバル フライ3 CT2405


「Zoom Airユニット」を母指球の下に配置しているのが特徴のランニングシューズです。足を押し出す際の反発力に優れているのが魅力。また、つま先周辺には軽量のメッシュ素材を使用しており、通気性に優れているのもメリットです。

ソール部分には摩耗に強いラバーを使用しているため、長い期間使用し続けやすいのもポイント。重量は26.5cmのモノで片方約236gを実現しています。耐久性と通気性を兼ね備えたモノを求めている方におすすめです。

第6位 アシックス(Asics) GEL-KAYANO 29 1011B440


フィット感に優れているランニングシューズです。エンジニアードアッパーを採用しているのが特徴。部位によって密度が異なる設計をしているので、足にフィットしやすいのがメリットです。

ミッドソールの上層部分には、「FF BLAST PLUS」を採用。軽量化を図るとともに、反発性能を高めているのもおすすめポイントです。

ミッドソールの中足部から内側には「LITETRUSS」が配置されており、安定性が高いのも魅力。着地時に足が内側に倒れ込むのを軽減できます。

第7位 アディダス(adidas) ファルコンラン


アッパーにメッシュと合皮を組み合わせた素材を使用しているランニングシューズです。ミッドフットケージを備えているので、高いホールド感を得られるのがおすすめポイント。軽量EVAミッドソールによって、軽やかな履き心地を得られます。

また、ソフトなクッショニングを備えているのもメリット。ストリートランやトレッドミルなど、幅広い用途で使用できます。

第8位 ニューバランス(new balance) DynaSoft Nitrel v5 LK5


快適な履き心地を維持できるのが特徴のランニングシューズです。「DYNASOFTミッドソール」によって弾むような履き心地を得られます。さらに、「ATトレッドアウトソール」を採用しており、グリップ性と屈曲性に優れているのもメリットです。

爪先部を保護するトゥプロテクションを搭載しているのもポイント。デザインがおしゃれなのでタウンユースもできます。また、足囲は4Eのため、足の幅が広い方や甲高の方にもおすすめです。

第9位 ナイキ(NIKE) エアマックス AP DQ5023


おしゃれな見た目のランニングシューズを探している方におすすめのモデルです。アッパーに白いキャンバス素材を使用。天然染料を使うことで、ハートと花の刺繍を際立たせているのが特徴です。

フルレングスの「Max Airユニット」によって、すっきりとしたスタイルに仕上がっているのもメリット。さらに、ミッドソールがやわらかく、反発力に優れているため、大きなストライドでスピードに乗りやすいのもポイントです。

ランニングシューズのおすすめランキング|レディース

第1位 ナイキ(NIKE) ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー DM3414


高強度のファイバーを使用した、「Flyknitテクノロジー」が搭載されているランニングシューズです。アッパーにほとんど繋ぎ目がなく、ナイキ独自のデータを基に部分によってニットパターンを変えています。足の形状にぴったりと合うのがおすすめポイントです。

「Nike ZoomXフォーム」によって、反発力に優れているのもメリット。さらに、フォームはロッキングチェアのような形状をしているので、着地から地面を蹴るまでの体重移動をスムーズに行えます。

アウトソールにはワッフル状のトレッドが施されており、優れたトラクションを発揮。また、おしゃれなデザインを採用しているため、見た目にこだわってランニングシューズを選びたい方にもおすすめです。

第2位 アシックス(Asics) Glide Ride 3 1012B181.001

効率的に走りやすい機能を多数搭載したランニングシューズ。靴底前部を反らせた「ガイドソールテクノロジー」を採用しており、効率のよい足運びが可能。エネルギーの消費を抑えつつ、軽快な走りをサポートするので、長距離を楽に走りたい方におすすめです。

ミッドソール上層部には、軽量素材「FF BLAST PLUS」を採用。バウンス感のある反発性を発揮しながら、履き心地のやわらかさも実現しています。

靴幅はワイドにできており、足幅の広い方でも履きやすい形状。疲れにくいランニングシューズを探している方はチェックしてみてください。

第3位 アディダス(adidas) コアランナー LEB66


快適な履き心地を維持しやすいランニングシューズです。サンドイッチ構造のメッシュアッパーを採用。汗をかきやすく蒸れやすい方におすすめです。

耐久性に優れたラバーアウトソールを採用しているのもポイント。また、ヒール部分に縫い目がないのも特徴です。シンプルなデザインを採用しているため、タウンユースでも使用できます。

第4位 ニューバランス(new balance) FuelCell SuperComp Pacer LE WFCRRLE


マラソンなどで、スピード力を強化したい方におすすめのランニングシューズです。弓状のカーボンファイバープレートを搭載しているのが特徴。また、反発性の強いミッドソール素材「FUELCELLフォーム」も搭載しており、優れたクッション性と反発性を兼ね備えているのもポイントです。

地面を蹴ったときのエネルギーを推進力に変えられるうえ、ソールは薄めに設計されており、軽量かつ地面を蹴る感触を得やすいのも魅力。また、足囲はBなので、足幅がやや細めの方に適しています。

第5位 ホカオネオネ(HOKA) CLIFTON 8

超軽量ミッドソールフォームによって、やわらかい履き心地を得られるランニングシューズです。かかと部分に、拡張クラッシュパッドとラバーカバレッジを配置。優れた耐久性を備えているのも魅力です。

アッパーにはメッシュ素材を採用しているため、通気性に優れているのもポイント。また、おしゃれなデザインのため、見た目を重視する方にもおすすめです。

第6位 ミズノ(MIZUNO) ウエーブライダーNEO2 J1GD2178


包み込まれるようなフィット感を得られるランニングシューズ。ミッドソールにやわらかく反発性に優れた、ミズノ独自の「MIZUNO ENERZY」素材を採用しているのが特徴です。

ベロと履き口を一体構造にする「MIZUNO WAVE」をかかとに搭載することで、クッション性と安定性を両立させているのもポイント。包み込まれるようなフィット感を実現しています。

アウトソールには、グリップ力が高く軽量な素材を使用。また、アウトソールラバーは耐久性に優れており、長い期間使用し続けやすいのもメリットです。

第7位 プーマ(PUMA) ソフトライド ランニングシューズ 376038


クッション性の高い機能素材をミッドソールに搭載しているランニングシューズです。ふわふわとした履き心地を実現。さらに、地面からの衝撃を吸収し、足への負担を軽減しやすいのもポイントです。

スタイリッシュなデザインのため、タウンユースしやすいのもメリット。機能性とデザイン性を兼ね備えたランニングシューズを求めている方におすすめです。

第8位 アディダス(adidas) アクティブライド2.0 マリメッコ LQD59


かわいいデザインを採用している「アディダス」のランニングシューズ。マリメッコの特徴的なプリントが施されているのが特徴です。

アッパーにはメッシュ素材も使用されており、通気性に優れているのもポイント。長時間履いていてもシューズ内が蒸れるのを軽減できます。見た目を重視してランニングシューズを選びたい方におすすめです。

第9位 アディダス(adidas) アディゼロ タクミ セン 8 H01121

アディダス独自のカーボンテクノロジー、「ENERGYRODS」を用いたランニングシューズです。低密度高反発のミッドソールを採用。軽量かつ高い推進力を実現しています。

さまざまなシチュエーションに対応するアウトソールを備えており、雨の日でも高いグリップ力を発揮。さらに、スリップを抑えてエネルギーロスを軽減するため、効率よく走れるのも魅力です。

アッパーは、軽量性に優れた「SUPERLIGHT MESH」と、「CELERMESH2.0」のハイブリッド仕様。通気性とフィット感を兼ね備えており、軽快な履き心地が期待できます。初心者にもおすすめのランニングシューズです。

第10位 ミズノ(MIZUNO) ウエーブエアロ20+R J1GB2237

厚みのあるミッドソールで、やわらかさと反発性に優れたランニングシューズ。軽量性も備えているため、よりスピードを出したい方におすすめです。

プレートは、グラスファイバー入りナイロンプレートを搭載。クッション性と推進力をサポートしています。

靴底は、グリップ力が高く軽いアウトソールを採用。また、摩擦に強いウーブン素材のアッパーソールを使用しており、耐久性も良好です。

第11位 アディダス(adidas) アディオスPRO3

ミッドソールに「LIGHTSTRIKE PROフォーム」の2層構造を採用しているランニングシューズです。クッション性能に優れているのが特徴。加えて、「ENERGYRODS 2.0」をミッドソールに挟み込んでいるのもおすすめポイントです。

アッパーに「Continentalラバーアウトソール」を合わせることで、よりコーナーをスピーディに駆け抜けやすいのもメリット。アッパーにはリサイクル素材を50%以上使用しており、環境に配慮されているのも魅力です。

第12位 ホカオネオネ(HOKA) CARBON X3 1123193

サポート性と推進力に優れたランニングシューズ。かかと部分に採用されたメタロッカー設計により、スムーズな走りを実現しているのが魅力です。

アッパーに、軽量で通気性のあるエンジニアードニットを採用。加えて、「PROFLY X」を採用することで推進力も向上しており、走り心地のよさも良好です。

厚底ソールで、走行性とクッション性に優れているうえ、重量は188gと軽量なのもポイント。機能性の高いランニングシューズを探している方におすすめです。

ランニングシューズの売れ筋ランキングをチェック

ランニングシューズのランキングをチェックしたい方はこちら。