ニジマスやヤマメ、イワナを狙うトラウトフィッシングでは専用の「トラウトロッド」を使用します。トラウトは渓流や湖、本流域など比較的水がキレイな場所に生息。ターゲットとなる魚種や釣り場のシチュエーションなどに合わせて選択する必要があります。

そこで今回は、おすすめのトラウトロッドをピックアップ。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

トラウトロッドとは?

By: palms.co.jp

トラウトロッドとは、マス類に分類されている魚をターゲットにしたルアーフィッシング用のロッド。ヤマメやイワナ、ニジマスなどを狙う釣りで使用します。渓流用や湖用など、ターゲットやポイントによって長さや硬さなどが異なるのが特徴です。

手軽に楽しみたい初心者向けの汎用性に優れたタイプから、高品質素材を使用したエキスパート向けのモデルまで多種多様なロッドがラインナップ。釣り場の規模やターゲットの大きさなど、さまざまな条件を考慮して選択することが重要です。

トラウトロッドの選び方

素材をチェック

カーボン素材

By: daiwa.com

軽くて感度に優れ、トラウトロッドをはじめさまざまな釣り竿に採用されている素材です。ひと口にカーボン素材といっても、カーボン繊維の密度の違いや含有率によって質や重さが異なります。

反発力に優れた高弾性ロッドや独自の強化構造を採用しているなど、さまざまな特性を有するモデルが販売されているのでチェックしてみてください。

バンブー素材

By: amazon.co.jp

バンブーとは竹のこと。古来より釣り竿で使われてきましたが、現在ではカーボン素材が主流となっており、流通している種類・量は多くありません。

独特の風合いと手作り感は根強い人気があり、竹特有のアタリの感触や曲がり具合が魅力。特に、竹のしなやかな曲がりは魚とのやり取りを楽しみたい方に適しています。

グラス素材

By: shares-fishing.com

ガラス繊維を使用したグラス素材はカーボン素材より軽さ・感度では劣るものの、粘りがあり、クッション性と耐久性を備えています。

魚の弱いアタリを弾きにくく、しっかりとハリが喰い込みやすいのもポイント。比較的オートマチックに掛けることが可能なので、バラシにくいのも魅力です。

ボロン素材

By: smith.jp

ボロン素材はホウ素繊維で構成されている素材。カーボンが主流になる前に流通していた素材で、重さはあるものの、強度と感度が高いのが特徴です。

現在はバッド部のみに採用されるなどカーボン素材とのコンポジットモデルがほとんど。金属製からなる独特の粘りあり、グラス素材とはまた違った質感となっています。

長さをチェック

トラウトロッドの長さは「m」「ft」で表示されており、ターゲットや釣り場の規模によって適切な長さが異なります。川幅の狭い渓流域でヤマメやイワナを狙う場合には5ft前後のモデルがおすすめ。上流の源流域でバックパックを背負いながら遡行するようなシチュエーションでは、4ftクラスのロッドが活躍します。

川幅のある本流域や湖でニジマスやサクラマス、アメマスなど大型トラウトをターゲットにする場合は、ポイントの規模によって7~8ftほどのモデルから選択。トラウトロッドは長いほどロングキャスト性に優れている一方、重たくなる点に留意しておきましょう。初心者でオールラウンドに使用したい場合には、6ft前後のモデルが扱いやすくおすすめです。

持ち運びや保管しやすさを重視したい場合は、仕舞寸法もチェック。パックロッドと呼ばれる継ぎ数の多いモデルや、振り出し式のテレスコピックロッドもラインナップされています。

硬さをチェック

By: purefishing.jp

トラウトロッドは硬さによって対応できる魚の大きさや、キャストしやすいルアーの重さに影響するためチェックしておきましょう。柔らかい順にUL・L・ML・M・MH・Hと細かく設定されています。

ヤマメやイワナを狙う渓流域では軽いルアーを使用するので、L(ライト)以下の硬さがおすすめ。本流域や湖で重めのルアーを使用する際にはML(ミディアムライト)以上の硬さが適しています。

大型のサクラマスやニジマス、アメマスを狙う際には、さらに硬いMH(ミディアムヘビー)なども候補。一方、超軽量ルアーを使用するエリアトラウトモデルではより柔らかいロッドも選択肢となります。

アクションをチェック

By: shimano.co.jp

トラウトロッドにはどの部分から曲がるかを示すアクション(調子)が設定されています。穂先部分の中心に曲がる先調子が「ファストアクション」です。軽いルアーをキャストしやすいほか、操作性に優れて狙った場所へ的確にキャストしたい場合に適しています。

ロットの胴部分から大きく曲がるのが「スローアクション」で、粘りがあり魚とのやり取りしやすさを重視したいシーンに最適です。万能性を求めたいなら、ファストアクションとスローアクションの中間の「レギュラーファストアクション」がおすすめです。

釣るエリアで選ぶ

エリアトラウト

エリアトラウトとは、自然の川をせき止めたエリアや人工の池に魚を放流している「管理釣り場」でのトラウトフィッシングです。ニジマスをはじめさまざまなトラウトが放流されており、料金を支払って入場します。手軽に釣りを楽しめて魚が釣れる確率も高く、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

なお、エリアトラウトで使うルアーはそれぞれの管理釣り場によってレギュレーションやルールが定められています。例えば、フックはシングルフックのバーブレスのみ使用が可能で、バーブ有りやトレブルフックなどは禁止。場所によっては赤バリが禁止されている場合もあります。さらに、スプーンの重さやプラグの大きさにも規程があるので、管釣りを楽しむ際は事前に確認しておきましょう。

渓流域ネイティブトラウト

By: daiwa.com

仕切られた釣り場ではなく、川の上流域に生息する自然のヤマメやイワナを狙う釣りです。上流の源流域に近づくほど川幅が狭くなるのを考慮して、6ft以下のトラウトロッドがおすすめ。軽量なスプーンや小型ミノーを使用するため、UL・L・ML程度の硬さが適しています。

ピンポイントを狙ったキャストを繰り返す釣りなので、ファストアクションかレギュラーファストアクションがおすすめ。源流部目指して遡行する際には崖を登ったり川を切ったりするため、持ち運びやすいパックロッドがあると便利です。バックパックに収納できる仕舞寸法のモデルもあるのでチェックしてみてください。

本流域ネイティブトラウト

渓流域より下流の川幅が広くなった本流域にもトラウトは生息しており、川によってはヤマメの降海型で大型のトラウト「サクラマス」が登ってきます。居付きのヤマメやニジマスも大型に成長するため、渓流域よりパワフルなトラウトロッドが必要です。

硬さはML以上、サクラマス狙いの場合は、さらに硬いMやMHのロッドがおすすめ。大型のスプーンやミノーを使用するので、10g以上のルアーをキャストしやすいモデルをチェックしてみてください。

トラウトロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品メーカーの世界的企業ながら、釣り具大手メーカーとしてさまざまなジャンルの釣り具を展開しているシマノ。トラウトロッドにおいても、さまざまなジャンルやターゲットにフォーカスしたモデルを展開しています。

独自のテクノロジーを盛り込んでいるのもポイント。基本構造「スパイラルXコア」とロッド強化構造「ハイパワーX」でブレやネジレを防止しているモデルは、不意の大物と安心してやり取りできる安定性を備えてます。源流釣行に適している、携帯性に優れた3ピースモデルも要チェックです。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワは日本の釣り具最大手メーカーで、幅広いジャンルの釣り具を取り扱っています。トラウトロッドは、ネイティブトラウト用やエリアトラウト用を幅広くラインナップ。電車釣行や荷物をなるべく少ないしたい場合に便利な振り出し式ロッド「テレスコピック」モデルも展開しています。

ネイティブトラウト用では「シルバークリーク」シリーズが人気。渓流ネイティブトラウト用から本流域ネイティブトラウト向けまで幅広いモデルが揃っています。エリアトラウトでは高級シリーズ「プレッソ」と、リーズナブルな価格が魅力の「イプリミ」を展開。初心者から上級者までレベルに合ったモデルを選択できます。

トラウトロッドのおすすめ

シマノ(SHIMANO) トラウトワンAS S66SUL-F

警戒心の低いトラウトを狙う際におすすめ

リーズナブルな価格ながら高品質なパーツを採用した、エリアトラウト用トラウトロッドです。リールシートには軽さと細身感を追求した「スリムエアーシートCI4+」を採用。肉抜きした中空構造により、軽快なキャストと操作性が可能です。

穂先部にはソリッドに迫るしなやかさが特徴のチューブラー穂先「ソフチューブトップ」を搭載。全長1.98mの長さを活かして1~4.5gのスプーンや小型プラグのロングキャストがしやすく、警戒心の低いトラウトを狙う際におすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) ワールドシャウラ テクニカルエディション S62L-2/MD

様々なシチュエーションに対応した汎用性の高いアイテム

世界中のあらゆるルアーターゲットに対応すべく開発された、汎用性の高いモデルです。硬さライトで適合ルアー重量1.5~10gと、さまざまなシチュエーションに対応。トラウトロッドとしても満足度が高い1本に仕上がっています。

繊細なティップに強靭なパットを組み合わせたパワフルな仕様で、大型魚とも安定したファイトが可能。極先調子のファストアクションにより、キャスト性やルアーの操作性にも優れています。

シマノ(SHIMANO) カーディフ エリアリミテッド S66UL

エリアトラウト専用ロッドを求める方におすすめのモデル。キャストからフッキング、ランディングまでの一連の動作がスムーズにできる、満足度の高い1本です。

レングスは6ft6inで、ロングキャストと取り回しのよさに配慮されています。適合ルアーウエイトは0.7〜8g、ラインはナイロンで1.5〜6lbが目安です。パワーはULとかなり柔らかめに感じますが、極小ルアーで繊細なアプローチをするには隙のない仕上がり。ハイレベルな釣りを展開したい方はぜひチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO) カーディフ ネイティブスペシャル S83ML

本流域のネイティブトラウトを狙うのにおすすめのトラウトロッド。しなやかさがあるのが特徴で、シャローランナーのミノーはもちろん、中層より下を引くミディアムダイバーも扱いやすく、幅広いレンジをカバーできるのが魅力です。

長さは8ft3inの2.51mで、重さは146g。ルアーウエイトは5〜26g、ラインは6〜16lbが目安です。広範囲をサーチするのに適した1本なので、キャスト時はロッドをしっかりと曲げ、ルアーのウエイトを乗せることを意識しましょう。

シマノ(SHIMANO) カーディフ モンスターリミテッド DP93ML

本流域のモンスタークラスを狙うにおすすめのトラウトロッド。軽さや感度のよさはもちろん、掛けてからの粘り強さにも長けているのが特徴です。

本モデルは9ft3inのロングロッドで、硬さはML。適合ルアーウエイトは7〜30gで、大きめのミノーにも十分対応できます。キャスト時はしっかりとロッドを曲げ、ルアーのウエイトをブランクスに乗せるのが重要。川幅が広いエリアや流れのある河川はもちろん、天然湖などの止水域で遠投するのにも適したモデルです。

ダイワ(Daiwa) シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 48ULB

短さを活かした手返しの早い釣りにぴったり

全長1.42mの渓流域ネイティブトラウトに適したトラウトロッドです。適合ルアー重量1.7~7gで、軽量スプーンやミノーのキャストにおすすめ。木が覆いかぶさっているポイントでのアンダーハンドキャストなど、短さを活かした手返しの早い釣りに適しています。

独自のガイドセッティングの採用で糸抜けに優れているほか、クモの巣などが詰まりにくいのが特徴。また、リールセット部に天然木スペーサーを搭載しており、1本1本表情が異なるのもポイントです。

ダイワ(Daiwa) シルバークリーク ネイティブスティンガー 85M

サクラマス狙いの本流域ネイティブトラウトに適したトラウトロッドです。全長2.57mのロングロッドで、大型スプーンやミノーをロングキャストしたいシチュエーションにおすすめ。硬さはMで、ミノーを操作しやすい仕様です。

独自の大口径ガイドセッティングを採用しており、ストレスなくキャストできるのもポイント。自重137gと軽量かつ感度にも優れているので、ルアーの操作性やアタリを的確に捉えられるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) ピュアリスト 68ML

控えめな価格ながら汎用性が高いトラウトロッド。長さは6ft8in(2.03m)で、ある程度の遠投からショートピッチのキャストまで対応できるのが特徴です。

本製品は同社のネイティブトラウト向けシリーズ「ピュアリスト」の1本で、パワーはML。重さは104g、ルアーウエイトは3〜18g、ラインは3〜12lbが目安です。

渓流、中流、本流と使用シーンを問わないほか、アベレージから大型までカバーできるのもポイント。距離を取りつつも正確に小型のスプーンやミノーをトレースしたい、プレッシャーを与えずにアプローチしたい際におすすめの1本です。

ダイワ(Daiwa) プレッソ LTD AGS SMT 61L-SMTT・J

エリアトラウト専用のトラウトロッド。ダイワのフラッグシップモデルに独自開発の次世代ガイド「AGS」を搭載した最高級ロッドです。ガイドの重量が大幅に減ったことでキャスト時の振り抜きスピードが向上。ブレのない正確なキャストが可能なおすすめのモデルです。

レギュラーファストアクションを採用し、テンションを抜いたリトリーブが可能。超弾性チタン合金を採用した穂先「SMT」により、トラウトの繊細なアタリを感じ取れると同時にショーバイトも確実に捉えることができます。

ダイワ(Daiwa) イプリミ 60XUL-4

リーズナブルなモデルを展開しているエリアトラウトブランド「イプリミ」のトラウトロッドです。全長1.83mでオールラウンドに使いやすいモデル。硬さはULよりやわらかいXULで適合ルアー重量0.6~4gと、超軽量ルアーをキャストしたい方におすすめのモデルです。

目に見えないロッドのネジレを抑えて操作性を向上させる「ブレーディングX」を採用。ステンレスフレーム搭載のオールSiCリング仕様Kガイドを採用し、糸絡みのトラブルを軽減しています。

ダイワ(Daiwa) ワイズストリーム 50TUL

振り出し式(テレスコピックタイプ)のトラウトロッド。仕舞寸法45cmとコンパクトに収納できるのが特徴で、登山や沢登りをしながら源流や渓流でのルアーフィッシングを楽しみたいという方におすすめの1本です。

釣行時のレングスは5ftと短めで、パワーもULとかなり柔らかめ。ルアーウエイトは1.5〜7g、ラインの太さは2〜6lbが目安となっているので、トラウトに限らず小物釣りにも向いています。

アブガルシア(Abu Garcia) トラウティンマーキスナノ TMNC-575L

ベイトフィネスに対応するトラウトロッド。ベイトリールならではのスピーディーな手返しで、ネイティブトラウトを攻略したい方におすすめです。硬さLの粘りのあるブランクスを採用した、ミノーイングに適したモデル。フローティングミノーからヘビーシンキングミノーまで幅広く対応します。

仕舞寸法41cmの5ピースモデルで携帯性に優れているのもポイント。電車や自転車で釣り場に向かうときに重宝します。富士工業製のKRガイドを搭載し、細いラインの使用時にバタつきを抑えてトラブルを防止できるのも魅力です。

アブガルシア(Abu Garcia) アブ クラシックス トラウト CSNS-522L

レトロな雰囲気トラウトロッド。ブランクスの素材にはナノカーボン、さらに、チタンフレームとSiC-Sガイドリングを採用しています。高い強度を備えているうえ、軽量で感度にも優れているのが特徴です。

また、KRガイドコンセプトにより、トルクとラインのバタつきやパワーロスを軽減。ライントラブルも予防しつつ、遠投時にもピンポイントでキャストがしやすく、大物のターゲットをスムーズに取り込むパワーも兼ね備えます。

懐かしさを感じるクラシカルなデザインが好みの方や、操作性に優れたハイスペックなモデルでミノーイングを楽しみたい方におすすめのトラウトロッドです。

メジャークラフト(Major Craft) トラパラ ネイティブ 602L

全長6ftのネイティブ向けトラウトロッドです。硬さLで適合ルアー重量2~10gと、さまざまなルアーや釣り場に対応できるオールラウンドモデル。低価格も魅力で、初心者にもおすすめの1本です。

ファストアクションでキャスト性と操作性に優れているのもポイント。7cmクラスのミノーをキャストしやすいほか、障害物をタイトに攻めたいときにも活躍します。

メジャークラフト(Major Craft) ファインテール FSX-B602

素材にシャープで高弾性なハイグレードカーボンを採用したトラウトロッドです。軽量な「SiC-Sガイド」の多点配置と相まって高感度を実現。ベイトリール使用の手返しのよさも加わり、スピーディーな釣りを展開したい方におすすめのモデルです。

クロスフォース製法の採用により、ネジレを抑えた直進性が特徴。全長6ftで取り回しやすいほか、傾斜のないセミロングリアグリップは片手を添えやすく、ブレのない正確性の高いキャストをサポートします。

ジャクソン(Jackson) カワセミラプソディ KWSM-S50L

渓流向けのトラウトロッド。ネイティブのヤマメやイワナを狙う際に適したモデルで、基準となる50mmのシンキングミノーを的確にコントロールできるのが特徴です。

本製品はレングス5ftのLパワーで、テーパーはファストアクション。自重は91gと軽く、サイドハンドキャストやバックハンドキャストも片手で決めやすいのが魅力です。

ルアーウエイトはMAX8gで、ラインの太さはMAX6lbが目安。本格的に渓流でのルアーフィッシングを始めたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

スミス(SMITH) トラウティンスピン ラグレスボロン TLB-53DT

渓流域ネイティブトラウトにおすすめの全長5.3ftのトラウトロッドです。10gまでのルアーに対応しており、さまざまなシチュエーションで活躍。川幅のあるポイントでも使いやすく、硬さMのパワーで40cmオーバーのヤマメ・イワナ・ニジマスにも対応できます。

スモールKガイドセッティングを採用しているほか、カーボンにボロンを混合したコンポジットロッドで感度に優れているおすすめのモデルです。

天龍(Tenryu) レイズオルタ RZA62UL-S

マイクロスプーンなどの、低速でのリトリーブスピードに適したルアーに合わせたトラウトロッド。低弾性チューブラトップと極細カーボンソリッドティップを搭載しており、少ない巻き抵抗のルアー挙動でも捉えやすいのが特徴です。

弱いアタリでもしっかりと感じ取れ、止水エリアや河川などのさまざまなフィールドで、ターゲットとの繊細な駆け引きが楽しめます。また、チタンフレームとSiCリングを採用したKガイドを搭載しているのもポイントです。

ナイロンライン・フロロカーボンライン・極細PEライン・エステル系ラインなどのラインにも幅広く対応します。

フィッシュマン(Fishman) ビームス ブランシエラ 5.2UL

渓流ベイトフィネス向けのトラウトロッド。レングス5.2ft、ULパワーのカーボンロッドで、振りかぶるスペースが十分にないエリアでも的確にルアーを送り込めるのが特徴です。

自重は104gで、軽めに仕上がっているのもポイント。ルアーウエイトは2~7g、ラインはナイロン・フロロで3~6lb、PEであれば0.5~1号が目安です。

また、3ピース仕様なので、登山や沢登りをしながら山間の源流を巡るのにもおすすめ。フットワーク重視で釣りを展開したい方は、ぜひチェックしてみてください。

山下工芸(YAMASHITA KOGEI) エリアトラウト用 ワンピース 88161003

大分県別府市の「山下工房」のバンブーロッド。現代のルアーフィッシングで竹製の竿を使うのは珍しくなりましたが、タナゴやクロダイで使う和竿では今でも根強い人気があります。天然素材ならではの粘りとクッション性を備えているのが特徴です。

本製品はトラウトのなかでもエリアトラウト向けのワンピースモデルで、レングスは5ft6inと短め。適合ルアーは1/16〜5/32oz、適合ライン2〜5lbが目安で、極小のスプーンを駆使する釣りに向いています。バンブーロッドに興味がある方はぜひ購入を検討してみてください。

シェアーズ(Shares) SOLFIESTA Glassy 562FUL

粘りのあるグラス素材を採用した、全長1.68m、自重55gの軽量コンパクトなモデル。ネイティブトラウトやエリアフィッシングでのトラウトロッドとしてはもちろん、手軽に釣りを楽しみたい方におすすめです。

5gまでのルアーに対応し、アジングやメバリングのライトソルトゲームにも使用可能。気軽に購入しやすい価格帯も魅力で、入門用としても適しています。

ピュアテック(PureTec) FRIDAY TROUT SPIN 602UL

価格が安く、標準自重が92gと軽量で取り回しもしやすいので、初心者の方のエリアフィッシングにおすすめのトラウトロッド。ウッド調で、グリップ周りの素材にはコルクを採用した、おしゃれなデザインも魅力です。

0.8~5gのルアーにも対応しており、トラウトフィッシィング入門用としての性能を備えています。全長は183cmで仕舞寸法は95.4cmと扱いやすく、センターカットの2ピースなので携帯にも便利です。

トラウトロッドのAmazonランキングをチェック

トラウトロッドのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。