ソルトルアーフィッシングのなかでも五目釣りが楽しめる「スーパーライトジギング」。シーバスタックルやエギングタックルでも代用できますが、最近は専用ロッドも続々と登場しています。

そこで今回は、スーパーライトジギングロッドのおすすめモデルをご紹介。広範囲をサーチする横の釣りか、落とし込みで探る縦の釣りなのかによっても選び方に違いがあります。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

スーパーライトジギングロッドとは?

By: jackall.co.jp

スーパーライトジギングロッドとは、ジギングロッドのスーパーライト版。ジギングロッドとは「ジギング」で使う竿のことで、ジギングとは「メタルジグ」と呼ばれる金属のルアーを使う釣りのことです。

スーパーライトジギングで使用するメタルジグのウエイトは30gぐらいからが目安で、ロッドはベイト・スピニングを問わず柔らかめ、ラインはやや細めのPEを使います。

ソルトでのジギングは、もともと船べりから落として巻き上げたり、シャクったりすることが多いので、深場まで速く沈められる重たいルアーが主流です。

ただ最近は、水深を意識してやや軽めを使うケースが認知されたほか、岸から遠投して狙うアングラーも増え、ライトジギング、そして軽いスーパーライトジギングというジャンルが確立されたという経緯があります。なお、ジャンルに厳格な定義はないので、目安などは参考程度としておきましょう。

スーパーライトジギングロッドの選び方

ロッドの種類で選ぶ

ジギングロッドのブランクスには、筒状の「チューブラー」か、芯が詰まっている「フルソリッド」の2つがあります。市場に流通している数としてはチューブラのほうが多く、どちらかというと操作性重視。フルソリッドは掛けてからのクッション性に長けているのが特徴です。

なお、他ジャンルのルアーフィッシングには、竿先のティップ部分のみブランクスが詰まった「ソリッドティップ」もあります。ソリッドティップは、より繊細なアタリを取れることと、キャスティングの振り抜きの双方を意識した仕様で、竿先の感度を上げて喰い込みを重視したロッドです。チューブラーやフルソリッドとは異なるので、混同しないように注意しましょう。

チューブラー

By: rakuten.co.jp

チューブラーは竿の中身が詰まっておらず、ロッドが筒状になっているのが特徴。最近のロッドはティップからベリー、バットまでカーボンシートを巻いたチューブラーのカーボンロッドが主流です。

使うシーンとしてはキャスト&リトリーブを繰り返す釣りから、ちょい投げして落とし込むバーチカルな釣りまで対応。弾性や長さの違いによっても異なりますが、総じて汎用性があるのも魅力です。

フルソリッド

By: amazon.co.jp

フルソリッドはブランクスの中身が詰まっているロッドのこと。オールソリッドとも言われることがありますが、いずれも竿の曲がりに対して粘りがあり、ブレにくく、トルクフルなのが特徴です。

一方、チューブラーに比べて中身が詰まっている分重たくなるのは注意点。ブランクスをより細身にすることで重量を軽くしている場合もありますが、そうしたモデルはハイエンド機種に分類されている場合がほとんどです。

また、感度や操作性はチューブラーのほうが良好。フルソリッドを遠投性が求められるキャスティングゲームで用いるのは稀で、オフショアの落とし込みで使うショートロッドであればシリーズにラインナップされている場合があります。興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

硬さで選ぶ

By: jackall.co.jp

ロッドは硬さが分かれおり、パワーの表記が異なります。柔らかい順に並べると、L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)が代表的。メーカーによっては数字で表す場合もあります。

なお、竿の曲がり(テーパー)はアクションで表記。先調子であれば穂先から曲がり、胴調子であればグリップ側に支点が寄り、竿全体で曲がります。先調子順に並べると、ファストアクション、レギュラーアクション、スローアクションがざっくりとした目安。極端にどちらにも振れていないレギュラーアクションが無難な仕様で、キャスタビリティにおいても、ルアーの操作性についてもバランスが取れています。

ロッドの硬さと曲がり具合は使用するジグのウェイトやラインに関わってくる部分。ロッドが重さに負けてしまうと、キャストもルアー操作もままならなくなるので、スペック表記されている適合の目安はしっかりと確認しておきましょう。

長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ジギングロッドを選ぶ際は遠投するのかしないのかが分かれ目。岸から狙うショアジギングのであれば遠投する必要があるので長め、船ベリからメタルジグを落とし込む釣りであれば操作性を重視して短めを選ぶのがおすすめです。

前者のキャスティングゲームでのジギングロッドは重たすぎると振りかぶれないので、重さを意識するのもポイント。オフショアのジギングであっても軽いに越したことはありませんが、ジグをリフトするパワー、さらには魚のパワーを受け止めるクッション性も必要となるためある程度の太さ・重さを要することになります。

また、落とし込みのジギングはライトジギングやスロージギングも含め、グリップは長め。最近はセパレートしているのがほとんどですが、巻き上げ時に脇に挟むこと、グリップエンドを体に当てて支えることなどを考慮しているためです。そうした仕様もぜひチェックしておきましょう。

スーパーライトジギングロッドのおすすめ

シマノ(SHIMANO) オシア ジガー LJ B65-0/FS

フルソリッド仕様でトルクを備えたアイテム

オフショアの落とし込みで使うのにおすすめのスーパーライトジギングロッド。本製品はティップからバットまで詰まったフルソリッド仕様で、細身のブランクスながらしっかりとしたトルクを備えているのが特徴です。

タイプとしてはベイトで、長さは6ft5inの1.96m。重さは127g、適合ジグウェイトは30~100gで、適合ラインはPEでMAX1.2号となっています。グリップのセパレート部分も長く、エンド部分を胸に当てたり、胸に挟んだりすることも可能。サスペンション性能が高く、魚の引きをしっかりと受け止められるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) ソルティガ SLJ 64MLS-SMT

超弾性チタン合金を採用し繊細な釣りに対応できる

ティップに感度の高い超弾性チタン合金の「SMT」を採用したスーパーライトジギングロッド。タイプとしてはML(ミディアムライト)のスピニングで、より繊細な釣りに対応できるのが特徴です。

長さは6ft4inの1.93mで、重さは81g。適合ジグウェイトは15〜60g、適合ラインはPEで0.4〜1号で、小〜中型のさまざまな魚がターゲットになります。ハイレベルなスーパーライトジギングを展開したい方におすすめの1本です。

ダイワ(Daiwa) ソルティガ SLJ 61MS TG

フルソリッド仕様で強烈な引きも受け止められる

同社スリルゲーム(メガトップ)モデルのスーパーライトジギングロッド。いわゆるフルソリッド仕様のスピニングで、強烈な引きもしっかりと受け止められるのが特徴です。

長さは6ft1inの1.85mで、重さは97g。適合ジグウェイトは20〜80g、適合ラインはPEで0.4〜1号で、中型の青物向きと言える1本です。パワーはM(ミディアム)で、硬すぎず柔らかすぎずに仕上がっているのが特徴です。竿の曲がりを楽しみたい方はぜひ堪能してみてください。

ダイワ(Daiwa) ヴァデル SLJ エアポータブル(マルチピース) SLJ AP 63LS-S

スピニングタイプのスーパーライトジギングロッド。水深40mラインの比較的浅めを30g以下のメタルジグで狙うモデルで、ターゲットサイズは3kg台が目安となります。

本製品はエントリーシリーズの1本ですが、長さは6ft3inの1.91mで、重さは92gと比較的軽め。適合ジグウェイトは10〜45g、適合ラインはPEで0.4〜0.8号となっています。

ダイワ(Daiwa) ヴァデル SLJ エアポータブル(マルチピース) SLJ AP 63LB-S

ベイトタイプのスーパーライトジギングロッド。本製品はエントリーモデルという位置付けですが、満足度は高く、コスパに優れているのが特徴です。

長さは6ft3inの1.91mで、重さは85g。適合ジグウェイトは10〜45g、適合ラインはPEで0.4〜0.8号で、水深は40mライン、ターゲットサイズは3kg台が目安となります。初心者向けのオフショアジギングベイトロッドを求めている方におすすめの1本です。

ダイワ(Daiwa) ブラスト SLJ エアポータブル 63MS-S

オールラウンドに使えるスピニングタイプのスーパーライトジギングロッド。パワーはM(ミディアム)で、トータルバランス優れているのが特徴です。

長さは6ft3inの1.91mで、重さは108g。適合ジグウェイトは20〜80g、適合ラインはPEで0.4〜1号で、水深は80mライン、ターゲットサイズは5kg台が目安となります。初心者モデルよりもワンラウン上のロッドを求めている方におすすめの1本です。

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージ KR-X スーパーライトジギング FS SP SSSC-61SLJ-FS-KR

青物からタチウオ、タイラバまでカバーできるフルソリッド仕様のベイトモデル。スーパーライトジギングロッドとしてのブランクスの太さはオーソドックスですが、大物をもしっかりとリフトできるのが特徴です。

長さは6ft1inの1.85mで、重さは149gとやや重め。適合ジグウェイトは20〜100g、適合ラインはPEで0.5〜1.5号となっています。ロッドのレングスは短めですが、トルクフルなのもポイント。操作性とパワーを両立させたおすすめの1本です。

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージ KR-X スーパーライトジギング モバイル3 SSSS-673SLJ-KR

3ピース仕様のスーパーライトジギングロッド。乗り合い船に持ち込みやすく、タチウオからタイラバなど、さまざまなボートジギングで使えるのが特徴です。

タイプとしては高弾性のスピニングで、テーパーはファストアクションを採用。長さは6ft7inの2.01m、重さは122gで、適合ジグウェイトは20〜100gで、適合ラインはPEで0.5〜1.2号となっています。また、不意に大物が掛かっても獲れるほどのパワーが備わっているのもポイント。遠征におすすめの1本です。

アブガルシア(Abu Garcia) オーシャンフィールド スーパーライトジギング OFSC-632SLJ

本格的なオフショアジギングを始めたい方におすすめの1本。タイプとしてはベイトのスーパーライトジギングロッドでグリップ部分が長く、巻き上げ時の脇差し込みがしやすいのが特徴です。

長さは6ft3inの1.91mで、重さは122g。適合ジグウェイトは20〜100g、適合ラインはPEで0.5〜1.2号、テーパーはレギュラーファストアクションとクセのない仕様となっています。

メジャークラフト(Major Craft) 3代目クロステージ スーパーライトジギング CRXJ-B66SLJ

小型のメタルジグを使用したスロージギングにおすすめのベイトモデル。その名の通りスーパーライトジギングロッドではありますが、比較的リーズナブルな価格で取っ付きやすいのが特徴です。

長さは6ft6inで、適合ジグウェイトは20〜80g、適合ラインはPEで0.4〜1号。テーパーはレギュラーファストアクションで、竿全体がしっかりと曲がるのもポイントです。

テイルウォーク(tailwalk) ソルティシェイプダッシュ(SSD) スーパーライトジギング(SLJ) C6300/FSL

オフショアでの落とし込みにおすすめのスーパーライトジギングロッド。ブランクスは芯が詰まったフルソリッド、ガイドはスパイラルガイドセッティングを採用しており、クッション性と糸絡みに配慮した仕様となっています。

長さは6ft3in、重さは115g。適合ジグウェイトはMAX60g、適合ラインはPEでMAX1号となっているので、使い方としてはちょい投げしてリフト&フォールで軽く誘うのがおすすめです。

ゼスタ(XESTA) スクランブル スーパーライトジギング S63UL-T スイープキャプチャー

ショア・オフショアを問わず、キャスティングで使えるスーパーライトジギングロッド。ウルトラライトアクションのチューブラーモデルで、振り抜けがよいのが特徴です。

長さは6ft3inの1.90mで、重さは86g。適合ジグウェイトはMAX80gで、適合ラインはPEで0.3〜1.5号と、小中型の青物、マダイ、根魚などの五目釣りに対応できます。柔らかめの専用ロッドを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ゼスタ(XESTA) スクランブル スーパーライトジギング B65XUL-FS ソリッドベイトスペシャル

フルソリッド仕様のベイトモデル。ハリがありつつもしっかりとしなるスーパーライトジギングロッドで、大物が掛かってもしっかりといなせるのが特徴です。

長さは6ft5inの1.95mで、重さは110g。適合ジグウェイトはMAX60gが目安となります。なお、適合ラインはPEで0.2〜1.2号と細めから対応。フルソリッドに興味がある方はもちろん、ラインの抵抗を意識したい方にもおすすめの1本です。

ジャッカル(JACKALL) ジーエスダブル GSW-S63SUL

柔らかめのスーパーライトジギングロッド。パワーはSUL(スーパーウルトラライト)で、小型の根魚ジギングやタイラバのほか、ボートアジングにまで対応できるのが特徴です。

適合ジグウェイトはMAX80gで、適合ラインはPEでMAX1.2号。長さは6ft3inの1.91mで、オフショアのライトゲーム全般に使える仕様となっているおすすめのスピニングロッドです。

スミス(SMITH) オフショアスティック HSJ-SSL64/3L

つなぎのないハイパーフルソリッドカーボン仕様の1本。タイプとしてはスピニングのスーパーライトジギングロッドで、ブランクスに粘り強さがあるのが特徴です。

長さは6ft4inで、重さは136g。適合ジグウェイトはMAX100g、適合ラインはPEでMAX1号と、重めのルアーを細めのラインで操作できます。ロッドのクッション性で魚をいなすことになるので、使う際はその点を意識しておきましょう。