海のルアーフィッシングのなかでも男女問わずアングラーが多い「エギング」。「エギ(餌木)」という擬似餌を使ったイカ釣りのことを指しており、遠投して広範囲をサーチするほか、ロッドを大きくシャクってエギを踊らせ、いかに抱かせるかがポイントです。

そこで今回はエギングのラインシステムにフォーカス。PEをメインラインとした際に使うおすすめのエギング用リーダーをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

エギング用リーダーとは?

エギングとはエギ(餌木)でイカを釣ること

By: duel.co.jp

エギング用リーダーとは、「エギング」と呼ばれるイカ釣りで使われるショックリーダーのこと。「エギング」とは「エギ」と呼ばれる専用の擬似餌を使う釣りで、日本ではルアーフィッシングのひとつとして考えられています。

ナイトゲームが中心ですが、漁港などの堤防から狙える手軽さが魅力。駐車場やトイレなどが併設されているフィールドは男女問わず人気があります。

また、キャストとアクションを繰り返すことになるので、待ちの釣りではなく、アクティブさがあるのもポイント。釣りとしてはエギをキャストしたらある程度フォールさせ、ロッドをあおってエギをシャクるだけですが、広範囲を探るべくいかにロングキャストするかが重要です。

エギングでのメインラインはPE

By: sunline.co.jp

釣りのラインにはいくつか種類がありますが、エギングで求められる用途にマッチするのはPEライン。伸縮性がほとんどないのでエギをシャクった際にキビキビと動かせること、さらに引っ張り強度が高いことによってより空気抵抗が少ない細い番手を選べるので、遠投性に長けているのが選ばれる理由です。

なお、ライン単体としては水面に浮き、コシがなく、風の影響を受けやすいのが注意点。フック(カンナ)やガイドへの糸絡みが多発するので、扱いにはやや慣れが必要になります。ヘッドライトを用意するなど、ライントラブル対策はしっかりと講じておきましょう。

PEラインを使うならショックリーダーは必須

By: daiwa.com

PEラインを使用する場合はショックリーダーもセットで必要です。ショックリーダーとはメインラインとルアーとの間に別途かませたラインのことで、フックやガイドに絡みやすいPEラインのデメリットを打ち消します。

また、PEラインは糸が張っている状態での感度がよいのが特徴ですが、耐摩耗性は低め。ショックリーダーのセットはラインブレイクをケアするためにも役立ちます。

なお、メインラインとショックリーダーの結び方はいくつかあるので、ひとつは習得しておきたいところ。どうしても結べない方にはワンタッチでセットできる製品もあるので、そちらを使うのがおすすめです。

エギング用リーダーの選び方

種類で選ぶ

By: sunline.co.jp

ショックリーダーの素材にはナイロンとフロロカーボンの2種類がありますが、エギングにおいてはフロロカーボンがおすすめ。糸としての硬さがあるので、イカが潜んでいる海藻をバシバシと切りながらエギをシャクれます。

そもそもフロロカーボンラインは比重が水よりも重く、沈みやすいのが特徴。素材として吸水率が低く、水にラインが長く浸かった状態であっても劣化しにくいのが魅力です。また、低伸度のため、感度がよいのもポイント。魚のアタリや水中での変化などが手元に伝わりやすいほか、ハリやコシもあるので操作性にも優れています。

太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

エギングで使うラインの太さは狙うイカのサイズに比例します。エギ3.5号(約10cm、20g)を基準とすると、使用するPEラインは0.6〜0.8号、ショックリーダーは1.5〜2号が目安です。

使用するリールはラインの太さと糸巻き量から判断して2500番か3000番クラスのスピニングリールがおすすめ。なお、離島などでモンスタークラスを狙うのであればより太いラインが必要なので、場合によっては2号や3号のショックリーダーも選択肢に入ります。その際にはパワフルな硬めのロッド、ビッグサイズのエギなども必要なため、タックルバランスを考慮して判断するようにしましょう。

長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ショックリーダーは1タックルあたりで使う長さが限られているので、通常のラインの長さよりも分量は少なめ。エギングの場合はリーダーを長く取る方、フック(カンナ)との絡みのみをケアするために短めに取る方に分かれ、好みによって違いがあります。

長さを示す糸巻き量は少なくて20m、多くて50mほど。なお、エギの交換はスナップを使うことが多いので、ラインの結び変えのたびにショックリーダーが短くなることもあまりありません。ただ、見誤ってショックリーダーの手持ちがなくなると、釣りにならなくなるので、ストックは十分持つようにしましょう。

エギング用リーダーのおすすめ

バリバス(VARIVAS) アバニ エギング ショックリーダー フロロカーボン

初心者の方にもおすすめのモデル

オーソドックスなエギング用ショックリーダー。素材はフロロカーボンで、感度が高いほか、耐摩耗性、結節の強度もよく、使い勝手に優れているのが特徴です。

太さは1.5号から3号までラインナップ。糸巻き量は30mで、価格帯も控えめなので、ビギナーから長年エギングを親しんでいるアングラーまでおすすめの製品です。

バリバス(VARIVAS) アバニ エギング ショックリーダー Tiフロロカーボン

SP-Tによって吸水による劣化にも配慮

チタンコートが施されたフロロカーボンのショックリーダー。ライン表面の滑りがよく、海藻がよく絡むシーンでもしっかりとエギをシャクれるのが特徴です。

また、同社のSP-T(スーパータフコーティング)によって吸水による劣化にも配慮。太さは1.5号から3号までラインナップし、糸巻き量は30mで統一されています。

バリバス(VARIVAS) アバニ エギング プレミアム ショックリーダー VSPフロロカーボン

満足度の高い製品を求めている方へ

ハイエンドクラスのエギング用フロロカーボンショックリーダー。同社のVSP製法とSP-Tという特殊コーティング技術を採用することによって、トータルで隙のない仕様となっているのが特徴です。

強度はもちろん、耐摩耗性や耐久性、感度などにも優れており、安心感は高め。太さは1.2号から2.5号までラインナップし、糸巻き量は30mで統一されています。満足度の高い製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト エギリーダーFC ハード

エギング用ショックリーダーのなかでも硬さを求めるアングラーにおすすめのアイテム。表記の通り、オリジナルのフロロカーボンショックリーダー「ソルティメイト エギリーダーFC」と比べて、より積極的に攻められるのが特徴です。

太さは1.5号から4号と細めから太めまで揃っていますが、1.75号や2.25号など絶妙なラインも用意。こだわりあるショックリーダーを求める方におすすめの製品です。

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト エギリーダーSV-l

視認性の高いフロロカーボンのショックリーダー。ショックリーダーはルアーに近い部分に結び付けられるのでクリアカラーが多めですが、本製品はピンクを採用しており、ナイトゲームでもノットが組みやすいのが特徴です。

太さは1.5〜3号をラインナップし、糸巻き量は30m。薄型パッケージを採用しており、フローティングベストやエギングバッグの中に入れて持ち運ぶ際にも便利です。

サンライン(SUNLINE) ソルトウォータースペシャル エギリーダーBS

海中でのカモフラージュに配慮したエギング用ショックリーダー。乱反射を抑えたブラッキーカラーと呼ばれる、くすんだブルーのフロロカーボンラインを採用しており、潮馴染みがよいのが特徴です。

素材として強度があり、ノットも安心。また、同社の特殊DRP加工により耐摩耗性も高く、気兼ねなく使えるのも魅力です。太さは1.5号からラインナップしていますが、太めの4号まで揃っているので、その点もおさえておきましょう。

ダイワ(Daiwa) エメラルダスリーダー

メジャーフィールドでも安心して使えるエギング用フロローカーボンショックリーダー。カラーはナチュラルグリーンで、イカに余計なプレッシャーを与えず、フッキングに持ち込めるのが特徴です。

太さは1.5号から2.5号をラインナップ。糸巻き量は35m、パッケージは薄型で、汎用性が高いのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス リーダー エクストリーム ll

エギングの釣行頻度が高いアングラーにおすすめのアイテム。エギング用のフロロカーボンショックリーダーのなかでも糸巻き量40mと多く、長く使えるのが特徴です。

太さは1.5号から3号をラインナップ。素材としては引っ張り強度、結束強度ともに高く、安心感があるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 速攻ショックリーダー EGスナップ

簡単にセッティングができるスナップ付きのエギング専用ショックリーダー。同社の「エメラルダスリーダー」をベースしており、PEラインのノットが組めない初心者アングラーでも扱いやすいのが特徴です。

また、本製品のスナップはエギングに特化した「EGスナップ」を採用しているのもポイント。種類としては1.75号と2号の2つ。パッケージとしては複数本あり、ノーマルが3セット、徳用が7セット、仕掛けはそれぞれ全長1mとなっています。

なお、同シリーズには通常スナップの「Dスナップ」を使用したシリーズもあるので、興味がある方は併せてチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) セフィア フロロリーダー

同社エギングシリーズ「セフィア」のフロロカーボンショックリーダー。従来モデルより引っ張り強度や結節強力を向上させているほか、ライン表面にシリコンコーティングを施すことによって、エギの動きにメリハリを出せるのが特徴です。

使用感としては適度なハリと粘りがあり、ロッドワークに対するレスポンスも良好。太さは1.5号から3号を用意しています。

よつあみ(YGK) G-SOUL エギ アブソーバー ウルトラストロング

強さにこだわったエギング用ショックリーダー。フロロカーボン素材ながらしなやかさがあり、よりラインスラックをいかしてエギを動かせるのが特徴です。

太さは1.5〜3号をラインナップし、糸巻き量は25m。モンスタークラスのイカをもしっかりと引き寄せられるので、大物狙いの方はぜひチェックしておきましょう。

デュエル(DUEL) ハードコア エギング リーダー

オーソドックスなエギング用フロロカーボンショックリーダー。同素材の特徴である低伸度かつ高感度であるのはもちろん、しなやかさもあり、結びやすさに寄与しているのが特徴です。

また、ストレスなくショックリーダーを出せるほか、スプールエッジでの糸傷を防ぐ軟質樹脂ホルダーを採用したり、カバーによって紫外線に配慮したりと使い勝手も良好。太さは1.5号から2.5号までの4種類を用意しています。

デュエル(DUEL) ハードコア パワーリーダー エギング CN

ナイロンとフロロカーボンをブレンドした「カーボナイロン」仕様のショックリーダー。低伸度とクッション性のバランスに配慮しており、扱いやすいのが特徴です。

比重は1.14とナイロンと同様。太さは1.5号から3号までの4種類を用意しています。なお、糸巻き量は20mとやや少なめなので、その点は注意しておきましょう。

デュエル(DUEL) TB カーボン エギリーダー

トータルバランスに優れたエギング用ショックリーダー。タイプとしてはフロロカーボンで、素材としての強度が高いほか、耐摩擦性や耐久性もあり、安心して使えるのが特徴です。

また、価格帯が控えめで、比較的コスパも良好。太さは1.5号から3号までの5種類をラインナップしています。

デュエル(DUEL) エギング専用カットリーダー

事前に2mカットされたエギング専用ショックリーダー。素材としてはフロロカーボン、太さは1.5〜3号で、いずれもスナップとラインのセットが複数本用意されているのが特徴です。

パッケージ裏には用途別目安一覧があり、リーダー号数・餌木号数・適合PEライン・水深(タナ)・対象エリアが表で記載されているのもポイント。初心者アングラーやエギングの釣行頻度が高くないアングラーにおすすめです。

デュエル(DUEL) クイックリーダー

エギング専用ではありませんが、豊富な種類があるスナップ付きショックリーダーセット。素材はフロロカーボンですが、太さは0.8号から5号と幅があり、ショックリーダーを必要とするソルト全般で使えるのが特徴です。

また、太さによってスナップサイズが異なるのもポイント。なお、メインラインとショックリーダーとの結び方はメーカー推奨の方法があるので、事前にチェックしておきましょう。

ユニチカ(UNITIKA) キャスライン エギングリーダーll

糸巻き量が30mと50mの2種類あるエギング用ショックリーダー。どちらもフロローカーボンでライン色はナチュラルですが、パッケージーカラーに違いがあり、前者はブルー、後者はピンクが基調となっているのが特徴です。

また、素材としては比重1.81と重めなのもポイント。さらにライン組織を3層にした同社のT.L.構造により、耐摩耗性や結節強度が高いのも魅力です。

なお、太さのラインナップも糸巻き量によって異なり、30m巻きが1.5〜3号の5種類、50m巻きが1.75号・2号・2.5号の3種類となっているので、その点は注意しておきましょう。

ゴーセン(GOSEN) ワイルドジャーク エギ リーダー

耐久性の高いエギング用フロロカーボンショックリーダー。コーティングをチタンポリマーとシリコーンポリマーの2層にしているのが特徴で、耐摩耗性は高く、吸水性は抑制できるのが魅力です。

太さは1.5号から2.5号までの4種類をラインナップ。激しくエギをシャクって積極的に攻めたいアングラーにおすすめです。

ゴーセン(GOSEN) えぎ人SP リーダー

ステルス性の高いエギング用のショックリーダー。水中の屈折率に近い純度100%のフロロカーボンを採用しており、イカに対して余計なプレッシャーを与えないのが特徴です。

また、多層構造設計によって強度が高いほか、低伸度で感度も良好。太さは1.5号から3号までの5種類をラインナップしています。

ゴーセン(GOSEN) エギファイヤーTM リーダー

ラインカラーにチタンブラウンを採用したエギング用ショックリーダー。極端に濃い色ではありませんが、透明なナチュラルカラーが多いなかで、ほんのり色合いがついており、見えにくさに配慮しているのが特徴です。

素材としてはフロロカーボンで、チタンポリマーコートが施されているのもポイント。強度や耐摩耗性、さらには吸水性の低さによる劣化抑制が期待できるのも魅力です。太さは1.5号から3号までの5種類をラインナップしています。

東レ(TORAY) パワーゲーム ルアーリーダー フロロ

トータルバランスに優れたフロロカーボンショックリーダー。エギング専用ではありませんが、ルアーフィッシング全般に使えるのが特徴です。

素材としては、強度と柔軟性に配慮した「オプティマル・バランス・デザイン」、汎用性を図った「マルチ・エフェクト・デザイン」、操作性を高めた「アンチ・レジスタント・コート」を採用。シーバスもライトゲームもエギングも楽しみたいアングラーにおすすめです。

東レ(TORAY) ショックリーダー スムーズロックプラス

フロロカーボン素材ながら耐衝撃性としなやかさに優れたショックリーダー。ラインの表面に微細な凹凸溝を付与した同社の技術「ナノスリット」を採用しており、結束がしっかりとできるのが特徴です。

太さのラインナップが豊富で、ライトゲームからエギング、シーバス、青物、サーフなどソルト全般で使えるのもポイント。エギングで使用頻度の高い太さは糸巻き量45mと長めなのも魅力です。

クレハ(KUREHA) シーガー バトルエギリーダーll

エギング専用のフロロカーボンショックリーダー。岸から狙う際はもちろん、ティップランなどのボートエギングでも使いやすく、強度や耐摩耗性、結束強度などのバランスに優れているのが特徴です。

オカッパリスタイルにおいては定番の漁港や堤防ほか、足場の高い磯、立ち位置が安定しないゴツゴツした岩礁帯などでの使用もカバー。太さは1.5〜3号をラインナップしています。

山豊テグス(YAMATOYO) 耐摩耗ショックリーダー

ゴワつきにくさを求める方におすすめのショックリーダー。タイプとしてはエギング定番のフロロカーボンではなくナイロンなのでしなやかさがあり、ラインシステムを組みやすいのが特徴です。

また、結節強度がしっかりしているほか、耐摩耗性に優れているのもポイント。太さは0.8号からラインナップしています。

山豊テグス(YAMATOYO) フロロショックリーダー

リーズナブルな価格帯のフロロカーボンショックリーダー。同素材のなかではソフトな質感で、メインラインのPEと結束しやすいのが特徴です。

太さはエギングとしては細めの0.6号からラインナップ。アオリイカ狙いであればエギのサイズは3.5号が定番ですが、小型のコウイカ(スミイカ)やヤリイカ、ケンサキイカを狙う場合はエギのサイズも落とし、3号、2.5号なども選択肢になります。そうした場合はPEラインもショックリーダーも細めにするのがおすすめ。タックルバランスに配慮して選ぶようにしましょう。

サンヨーナイロン(Sanyo Nylon) アプロード ソルトマックス エギング 単層 フロロ リーダー

エギングの釣行頻度の高いアングラーにおすすめのショックリーダー。タイプとしてはフロロカーボンで、太さのラインナップは1.5号から3号までの5種類を用意しています。

糸巻き量は50mで統一され、長めなのもポイント。また、すべて薄型の防水パックに入れて持ち運べるので、海水付着の劣化を防げるのも魅力です。

メジャークラフト(Major Craft) 弾丸 フロロショックリーダー エギング専用

魚種別に豊富なアイテムラインナップが揃う「メジャークラフト」のエギング用ショックリーダー。タイプとしてはフロロカーボンですが、価格は控えめで、リーズナブルに購入できるのが特徴です。

ショックリーダーなのでガイドに当たる部分は限られていますが、表面にコーティングが施されており、滑りも良好。太さは1.25号から3号と細めから揃っているのもポイントです。

メジャークラフト(Major Craft) 弾丸 簡単リーダー エギング専用

簡易版のエギング用ショックリーダー。パッケージ裏のほか、内部にも同様の結び方が記載されているので、明るさがあればその場で確認してノットが組めるのが特徴です。

素材はフロロカーボンで、太さは1.5号から3号をラインナップ。ラインはスナップ付きで複数本あり、長さが1mに統一されています。

ラインシステム(LINE SYSTEM) エギング リーダー スーパーソフト

フロロカーボンのなかでもソフトな質感が特徴のショックリーダー。同素材はその特性から硬さが気になるところですが、しなやかでノットが組みやすく、メインラインのPEとの結節、エギやスナップとの結節ともにスムーズにできるのが魅力です。

太さは1.5〜2,5号の4種類で、カラーはナチュラル、糸巻き量は20mで統一。価格は安価なので、ショックリーダーを消耗品として割り切って使いたい方におすすめです。

ラパラ(Rapala) ラピノヴァ フロロ カーボン ショックリーダー

価格重視でエギング用のショックリーダーを選びたい方にとって候補となるアイテム。老舗のルアーメーカー「ラパラ」の製品で、必要最低限のスペックを要しています。

太さのラインナップが豊富で、シーバスやヒラメなどのサーフ、メバリングやアジングなどのライトゲームまで対応。また、パッケージは手に収まるコンパクトなサイズにまとまっているので、複数個持ち歩く際にも便利です。