「フライライン」は、フライフィッシングに欠かせない重要なアイテムのひとつ。使用するラインによって釣果が左右されることもあるので、自分に合う製品を選ぶのがポイントです。

しかし、フライラインにはシンキングタイプやフローティングタイプなどの種類があり、初心者ほど選ぶのに苦労することも。そこで、この記事ではフライラインの選び方や、おすすめの製品をご紹介します。

フライラインとは?

By: amazon.co.jp

フライラインとは、毛針であるフライを使う釣りに欠かせないアイテムのひとつです。キャストするフライとリールをつなぐ役目を果たしており、意図した操作を的確に伝える重要な役割があります。

製品によってタイプ・構造・重さが異なるため、釣る場所やターゲットに適した製品を選びましょう。

フライラインの選び方

種類で選ぶ

シンキングタイプ

By: amazon.co.jp

シンキングタイプのフライラインは、全体が水に沈むのが特徴。「S」と表示されているのが一般的です。大きな河川・湖・海など、深い場所でフライフィッシングをする際に適しています。

製品によって、フライラインが沈む速度が異なるのも特徴。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと数字が大きくなるにつれて、早く沈みます。

フライラインが早く沈むと、深い層までテンポよく探りを入れることが可能です。一般的に湖で使用するときは、ⅡやⅢを選んで3〜4mの深い水深にアプローチします。

フローティングタイプ

By: amazon.co.jp

フローティングタイプのフライラインは、水に浮くのが特徴です。パッケージに「F」と表示されているのが一般的。このタイプのラインを使うのがフライフィッシングの基本といわれており、初心者におすすめです。

ラインが水に浮いていることで、魚が食いつく瞬間が見られるのもポイント。また、フライフィッシングの種類であるドント・ニンフ・ウェットにも対応できます。なお、先端のみが沈むシンクトップという種類を使えば、フライのみを沈めて魚を誘うことも可能です。

構造で選ぶ

ウェイトフォワードテーパー

By: amazon.co.jp

ウェイトフォワードテーパーのフライラインは、遠投をする方におすすめです。記号では「WF」と表示されています。ラインの先端から約9メートルまでが太いのが特徴。重さが先端付近に集中していることで、フライを遠くに投げられます。

主に、9メートル以上の遠投に向いているので、狭い渓流だけでなく、より広い場所でフライフィッシングを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ダブルテーパー

By: amazon.co.jp

ダブルテーパーのフライラインは、左右両側とも先細りになっているのが特徴。記号では「DT」と表示されています。幅の狭い渓流釣りをはじめ、近場を狙うスタイルにぴったりです。ウェイトフォワードテーパーのように遠投はできないものの、近い場所にコントロールよく飛ばせます。

また、両側にテーパーがついているため、片方が傷んだ場合でもひっくり返して使うことが可能。経済的なので、フライフィッシング初心者にもおすすめです。

シューティングテーパー

By: rakuten.co.jp

海でのフライフィッシングをはじめ、より長距離で遠投したい方には、シューティングテーパーのフライラインがおすすめです。記号では「ST」と表示されており、長さは10mほど。後ろにランニングラインをつないで使用するのが基本です。遠投ができる反面、キャスティングが難しい傾向にあるので、中〜上級者に適しています。

重さで選ぶ

フライラインの重さは「番手」と呼ばれる規格で表され、#0〜15に分けられます。数字が大きいラインほど重たく、遠くに投げることが可能。初心者であれば、使い勝手がよいとされている#4〜5の製品がおすすめです。

また、湖で使用するなら#6〜7、海でシーバスを釣るならさらに遠投できる#8〜9を目安に使用しましょう。なお、ラインはロッドとの相性が重要なので、フライロッドの番手と合わせて選ぶのがポイントです。

フライラインのおすすめ|シンキングタイプ

ティムコ(TIEMCO) フリークエンシィ シンキング

ヘッドと、ランニングライン部分が同じシンクレートとなっているのが特徴のフライラインです。リールを巻くことでルアーを泳がせるリトリーブを行いたい方におすすめ。コアにはモノフィラメントを採用しており、初心者でも扱いやすいのもポイントです。

また、ウェイトフォワードタイプなので、渓流だけでなく、より広い場所でフライフィッシングを楽しみたい方にもぴったり。特に遠投をしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Tachiuwa ウェイトフォワード フライライン シンキングライン

高品質のナイロン素材を採用しているのが特徴のフライラインです。耐久性に優れているので、長く使用できる製品を探している方におすすめ。また、ハイテクPVCコーティングが施されているのも魅力のひとつです。さまざまな天候条件でも高い浮遊性を維持できます。

ウェイトフォワードタイプで、先端が密度補正されているのもポイント。風の強い状況でも精度の高いロングキャスティングを可能にします。遠投をしたい方はチェックしてみてください。

M MAXIMUMCATCH Maxcatch フル シンクフライライン

水生昆虫の幼虫に似せて作られた餌を使うニンフや、動かして魚を誘うストリーマーを行う方におすすめのフライラインです。ウェイトフォワード構造なので、飛距離を出すことも可能。長さは30.5mあります。

また、PVCコーティングが施されていることによって、耐久性に優れているのもポイント。コアには、ラインの浮力を高める編組マルチフィラメントを使用しています。

ティムコ(TIEMCO) シューティングテーパー 中禅寺スペシャル

フライフィッシングの聖地ともいわれる栃木県・中禅寺湖でのフライフィッシングにおすすめの製品です。ホンマス・ヒメマスをメインターゲットに、スーパーインター・インター・typeII・type1.5・typeIII・ホバーの合計6種類のシンクレートが用意されています。全長は9.9m。リア側を詰めてウェイトを調節できるよう、ティップを長めに設定しています。

なかでも、クリアーインターミディエイトタイプは、巻き癖がつきにくく低水温時にも快適にフライフィッシングを楽しむことが可能。ホンマス早引きやブラウントラウトの表層絡みの釣りにぴったりです。

フライラインのおすすめ|フローティングタイプ

リバーピーク(river peak) ウェイトフォワード フライライン

ウェイトフォワードテーパー構造を採用したフライライン。狭い渓流のほか、より広い場所で遠投したい方におすすめのフライラインです。

また、スムーズなキャストを可能にするダクロンのコアに、独自のPVCコーティング加工を施しているのも特徴。強度・浮力・耐久性を兼ね備えています。

なお、フローティングタイプなので、これからフライフィッシングをはじめる方にもぴったり。カラーは視認性が高いイエローやオレンジなど数種類から選べます。

ティムコ(TIEMCO) SA プロフェッショナル ヤマメ

日本国内の小~中渓流で使用することを前提に開発されたフライライン。構造はダブルテーパーのため、近場を狙うスタイルにおすすめです。

また、全長は約19.8mと短めなので、ラインキャパシティの少ないラージアーバーリールや、スモールサイズのリールにも収まりがよくなっています。さらに、価格を安く設定しているので、コストパフォーマンスを重視したい方もぜひ購入を検討してみてください。

Anglerbasics フライライン フローティング WF 100FT

ラインの直径が細いため、風の影響を受けにくいフライラインです。構造はウェイトフォワードで、繊細なコントロールをすることも可能。ラインに適度な重さを持たせているため、広い範囲にアプローチできます。

また、イエローやオレンジなど視認性が高いカラーを揃えているので、初心者が扱いやすい製品です。さらに、コアが高強度なダクロン編組線で作られているため、強度が高いのもおすすめポイント。表皮材にはPVCコーティングが施されており、摩擦抵抗を低減することで、遠投しやすいのも魅力のひとつです。

なお、番手は3〜8まで選ぶことが可能。全長は約30.5mです。

Maxcatch DT フライライン

渓流をはじめ、幅の狭い場所での釣りに向いているフライラインです。構造はダブルテーパーで、主に水面に浮かべて獲物を誘うドライフライを扱う方におすすめ。表皮にはハイフローティングPVCコーティングが施されているので、優れた浮力と耐久性を兼ね備えています。

また、低ストレッチ編組コアによって、あたりに対して素早く反応できるのもポイント。なお、カラーは、モスグリーン・オレンジ・イエローの3色展開。番手は1〜8まで選べます。

モーリス(MORRIS) VARIVAS エアーズ プロスペック ヤマメバージョン ダブルテーパー

釣り糸をはじめとしたフィッシングタックルを取り扱っている「モーリス」が展開する、日本の渓流や鱒族の生態にこだわって開発されたヤマメ専用のフライライン。ハイパーフレックスコーティングと独自のテーパーデザインによって、高い浮力とすべりのよさを実現しています。

また、トリックキャストやメンディング・ループコントロールなどで、ラインを自由自在に操れるのもポイント。ダブルテーパー構造なので、近い場所にコントロールよく飛ばしたい方におすすめです。

なお、カラーはラインとフライの位置を確認しやすいユニオンピンク。フライフィッシング初心者の方も、ぜひチェックしてみてください。

ロータス(LOTUS) ウェイトフォワード フローティング

独自のテーパーウェイトコントロールによって、さまざまなシーンで正確なキャスティングを可能にするフライラインです。また、低伸縮コアを採用しているのもおすすめポイント。キャスト時の直進性を高めているうえに、フィールドの状況や、魚の繊細なあたりを逃さずアングラーの手に伝えることが可能です。

さらに、柔軟性を持たせたPVCコーティングを施していることによって、ラインのすべりがよく、キャスト後のメンディングの操作がしやすいのも魅力のひとつ。買い求めやすい価格設定がされているので、コストパフォーマンスを重視したい方にもぴったりの製品です。

Cortland 444 シルク ダブルテーパー

品質の高いフライラインを探している方に適した製品です。ラインの径が非常に細いのが特徴。また、フロントテーパーを長めに設定することで、繊細なキャスティングが可能です。

なお、当製品はバンブーロッドやグラスロッドのようなスローアクションのロッドにおすすめ。構造はダブルテーパーなので、片方が傷んだときは、ひっくり返して使えます。

バレーヒル(Vallyhill) 基本のフライライン2

初心者から上級者まで幅広い層に支持を受ける「バレーヒル」のフライラインです。高い浮力やすべりのよさ、水はけのよさが魅力。構造は、左右両側とも先細りになっているダブルテーパーなので、近場を狙うスタイルに適しています。

なお、カラーは視認性の高いチャート・オレンジの2色から選択可能です。番手は3〜6までがラインナップされています。

フライラインのAmazonランキングをチェック

フライラインのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。