現代のソルトルアーフィッシングにおいて主流となっているPEライン。キャスト時の空気抵抗が少なく、飛距離を稼げます。ただし、慣れないうちは操作のしづらさ、トラブルの多さに苦戦を強いられ、特に軽量ルアーと極細のラインを使うアジングでは顕著。使い勝手にストレスを感じることもあります。

そこで今回は、おすすめのアジング用PEラインをご紹介。素材の性質なども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

アジング用PEラインとは?

By: tict-net.com

アジング用PEラインとは、ルアーでアジを釣る「アジング」で使われるPEラインのこと。「PE」とはポリエチレンの略称で、伸縮性がほとんどなく、張っている状態であれば感度に優れているのが特徴です。

ほかのラインと違って原糸を複数本編み込んでおり、その数によって性質に違いが出るのもポイント。編み本数が少なければ少ないほど耐摩耗性は強く、多ければ多いほど引っ張り強度もしなやかさもアップします。

アジングにおいては繊細なアタリが取れること、引っ張り強度が高いのでより細いラインを選べること、それによってキャスト時に受ける空気抵抗が少なく極小ルアーでも遠くに飛ばせることなどがメリット。

ただし、比重が水よりも軽いためライン単体で水面に浮くほか、糸にハリやコシがないのでフックやガイドへの糸絡みも多く、使用感にはクセがあります。釣り初心者の方は注意しておきましょう。

アジング用PEラインの選び方

太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

アジング用ラインの太さは「数釣りか大物狙いか」「使うルアーがジグヘッド単体かそれ以外か」「岸から攻めるのかボートからのバチコンで釣るのか」などによっても異なります。

アジングで使われるルアーを1g前後とすると、PEラインは0.3号、リーダーは0.8〜1号あたりが基準。極小ワームに激軽のジグヘッドをつけ、アジの捕食を促します。

ちなみに「バチコン」とはバーチカルコンタクトの略で、アジングにおけるボート釣法のひとつ。ジグヘッドリグと重いナス型オモリを組み合わせた仕掛けで、要領としてはダウンショットリグと同じです。

なお、バチコンは船べりから落とし込んで漂わせ、アジの回遊を待つスタイルなので、ラインは若干太め。重さに負けないよう、PE0.4号にリーダー2号ぐらいを目安とするのがおすすめです。

比重で選ぶ

By: sunline.co.jp

市場に流通している多くのPEラインの比重はおよそ0.98で、単体では水面に浮きます。ナイロンの比重が1.14、フロロカーボンの比重が1.78、エステルの比重が1.38であることを考えると、ラインのなかでは軽いのが特徴です。

アジングでは非常に軽いルアーを使うことが多いので、引けるレンジは表層付近。さらに下のレンジを引くにはルアーのウエイトアップを計るか、ラインナップの数は少ないものの、高比重のPEラインを使うことになります。よりルアーの操作性を重視したい方はチェックしておきましょう。

アジング用PEラインのおすすめ

よつあみ(YGK) エックスブレイド アップグレードX4

使いやすく、長く使える

強度が高い4本編みのPEライン。適度なハリがあるので扱いやすいほか、耐久性も高く、長く使い続けられるのが特徴です。

ラインの太さは0.2号4lbから用意されており、ラインナップが豊富なのもポイント。ラインのカラーパターンや糸巻き量のバリエーションも複数あるので、好みに合わせて購入しやすいのも魅力です。

よつあみ(YGK) ロンフォート リアルデシテックス WX8

クオリティの高い仕様

8本編みのPEライン。しなやかさと強度があり、価格帯としては高めですが、細さを求めるアジングアングラーによっては満足度の高い仕様となっています。

太さは0.3号から用意されていますが、9lbとハイレベル。製品ラインナップは計3種類で、0.4号では12lb、0.5号では14lbと、いずれも二桁を超えています。気になる方はぜひ購入を検討してみてください。

バリバス(VARIVAS) ライトゲーム スーパープレミアムPE X4

丈夫な素材で、細くてもタフに使える

耐久性の高いSP-PE(スーパープレミアムPE)を採用した4本編みのPEライン。太さは0.2号5lb・0.3号6.5lb・0.4号8.5lbの3種類で、細めでも十分な強度があるのが特徴です。

また、SP-F(スーパーフッ素加工)を施すことによって、ガイド摩擦の軽減に配慮しているのもポイント。極軽のジグヘッドでもしっかりと飛距離を稼げるのが魅力です。

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト スモールゲーム PE-HG

カラーに視認性の高いサクラピンクを採用した4本編みのPEライン。素材には強度の高い同社のハイグレードPEラインを採用しており、安心して使えるのが特徴です。

太さは0.15号2.5lbから0.6号10までラインナップしており、アジングにおいては豆アジから尺アジまでカバー。ライン自体の汎用性も高く、メバリングを含めた五目釣りで使えるのも魅力です。

東レ(TORAY) ソルトライン スーパーライト PE

ライトゲーム専用に開発された4本編みのPEライン。適度なハリとしなやかさがあり、操作性やキャスタビリティに優れているのが特徴です。

カラーは視認性が高く、ナイトゲームでも見やすいゴールデンオレンジを採用。アジングにおいては、手返しよくジグヘッドジグをキャストするのはもちろん、フロートリグを駆使して沖目を狙う際にもおすすめです。

クレハ(KUREHA) シーガー PE X4 ルアーエディション

軽量なルアーを操作するのにおすすめの4本編みPEライン。カラーは85cm +15cmの1m間隔のマーキング仕様で、前者がミスティックパープル、後者がライムグリーンとなっているのが特徴です。

太さは0.2号・0.25号・0.3号の3種類。トラウトにおいてはエリアトラウト向けの製品ですが、ソルトのメバリングやアジングなどのライトゲームにも使えます。ルアーの水深やラインの巻き取り量を把握しながら釣りを展開したい方はぜひチェックしておきましょう。

ゴーセン(GOSEN) タイニー PE アジ

大手繊維メーカー「東洋紡」の超高強力ポリエチレン「IZANAS」を原糸に採用したPEライン。太さは0.2号5lbから揃っており、いずれも高強度なのが特徴です。

また、メーカー独自のSG加工に適度なハリとコシが感じられるのもポイント。ラインのカラーはクテルオレンジで、視認性も良好です。

山豊テグス(YAMATOYO) PEライトゲーム ホワイト

オーソドックスな4本編みのPEライン。ラインカラーは視認性の高いホワイトを採用し、太さによってはメバリングのほか、アジングやエギングにも使えるのが特徴です。

パッケージとしては100m巻きと150m巻きの2種類。それぞれ号数のラインナップが異なり、100m巻きは0.4号7lbから0.8号12lb、150m巻きは0.2号3.8lbから0.6号10lbまでとなっています。

ダイワ(Daiwa) UVF 月下美人デュラセンサー+Si2

メバリングやアジングのアイテムが揃う同社「月下美人」シリーズのPEライン。太さと真円にこだわった原糸「TOUGH PE」に進化したコーティング「Evo Silicone²」を合わせることによって、耐摩耗性と滑りのよさを両立しているのが特徴です。

本製品は密に編み込んだ同社「マッスルPE」仕様で、太さによって編み本数を変えているのもポイント。0.15号は3本編み、0.2号と0.3号は4本編み、0.4号・0.5号・0.6号は8本編みとなっています。

メジャークラフト(Major Craft) 弾丸ブレイド ライトゲーム X4

コスパに優れている4本編みのPEライン。太さのラインナップは0.3号6lbと0.4号8lbのみですが、アジングでも十分使える仕様です。

ラインは低伸度かつ高感度とオーソドックスですが、表面コーティングによって適度なハリもあり、操作性は良好。価格重視でPEラインを選びたい方はチェックしてみてください。

ティクト(TICT) ライム

高比重タイプのPEライン。太さは0.3号4.6lbと0.4号5.5lbの2種類がありますが、前者の比重が1.35、後者が1.30となっており、ライン単体で沈むのが特徴です。

引っ張り強度が高いものの、風の影響を受けにくく、ラインコントロールがしやすいのもポイント。また、原糸をより真円に近づけることによってトラブルが少ないのも魅力です。

サーティフォー(34) サーパス

アジングに精通するブランド「サーティフォー(34)」のPEライン。太さのラインナップは0.175号と0.25号の2種類で、極細のラインを揃えているのが特徴です。

岸から狙うオカッパリはもちろん、ボートアジングのバチコンで使いやすいのもポイント。太さや糸巻き量を考慮すると価格帯はやや高めですが、細さの恩恵を感じたい方はぜひ試してみてください。

ラインシステム(LINE SYSTEM) 鯵ING PE

カラーに視認性の高い蛍光イエローを採用したアジング用PEライン。使用感としてはオーソドックスで、キャストする際の飛距離、ルアーの操作性、アタリに対する感度など、トータルバランスに優れているのが特徴です。

太さは0.3号・0.4号・0.5の3つ、糸巻き量は75mと150mの2つで、ラインナップは計6種類。購入を検討する際はしっかりと確認しておきましょう。

フジノ(fujino) 141シンカーアジング

シンキングタイプのアジング用PEライン。比重は1.41で、従来のPEよりも重く、ラインの自重をいかして釣りを展開できるのが特徴です。

原糸の表面には特殊ワックス効果が期待できるAQコートが施されており、ガイドの抜け感も良好。太さは0.2号3.7lb・0.3号4.2lb・0.5号6.6lbの3種類で、より細い2つは4本編み、もっとも太い0.5号は6本編みとなっています。

アルカジックジャパン(Arukazik Japan) Ar.PE レンジブレイド

マーキングが入った4本編みのPEライン。ピンク・ライトグリーン・ライトブルーの3色パターンが10mごとに振り分けられているほか、2m間隔でブラックのマーキングが配色され、飛距離や水深を把握する際に役立てられるのが特徴です。

太さのラインナップは0.2〜0.5号で、糸巻き量は150m巻きで統一。細めから太めまで揃っているので豆アジの数釣りから尺アジの大物狙いにまでしっかりと対応できます。