ジムだけでなく、宅トレでも活躍する「トレーニングチューブ」。自重トレーニングよりもさらに負荷をかけて、幅広いトレーニングメニューをこなせるのが魅力です。しかし、さまざまな製品が展開されているので、何を選んだらよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、トレーニングチューブのおすすめアイテムをご紹介します。また、チューブタイプ・ゴムバンドタイプ・進化系タイプと種類別の特徴など選び方のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

トレーニングチューブの使い方

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブは、ゴム素材で作られたトレーニング用品です。1本あれば全身のトレーニングに使用できるため、筋トレからストレッチ、体幹トレーニング、リハビリなど幅広い用途で活用できるのが特徴。

使い方は、両手や手と足、両足などに引っ掛けて引っ張ります。また、体だけでなく柱などに引っ掛けて使うと、さらにトレーニングの幅が広がるのが魅力。負荷を変える場合は、チューブを切って短くする、持つ長さを変える、何重かに重ねるなどの方法があります。

トレーニングチューブを使うメリット

By: amazon.co.jp

効果的な筋トレを行うためには、鍛えたい部位の筋肉に効率よく負荷をかける必要があります。初心者の方など、筋力が低めの方には負荷も低めに、筋力が高くなれば、それに応じて負荷も高めに調節するのがポイントです。

トレーニングチューブを使用すれば、狙った部位にピンポイントでアプローチできるため、効率よく負荷をかけやすいのが特徴。腹筋や背筋などを鍛える目的の自重トレーニングのように全身運動になり、無駄な体力の消耗といったロスも防げます。

また、胸筋や上腕筋などを鍛えたい場合のダンベルやバーベルを使ったトレーニングでは、ウェイト調節をするために器具の追加が必要です。しかし、トレーニングチューブの場合は、長さや伸縮によって手軽に負荷が調節できます。軽量で柔らかいので、持ち運びのしやすさや、安全性が高いのもメリットです。

トレーニングチューブの選び方

種類をチェック

チューブタイプ

By: amazon.co.jp

チューブタイプはホースのようなシンプルな形状です。チューブの長さを自身の体型やトレーニングメニューに合わせて、カットしたり結んだりと自由に調節できるのが特徴です。

また、チューブを2重、3重に束ねて負荷を高められます。1本で幅広いトレーニングに活用できるため、初心者から上級者までおすすめのタイプです。

ゴムバンドタイプ

By: amazon.co.jp

ゴムバンドタイプは平らな形状をしています。輪状で色違いのチューブが数本セットで展開されているモノもあり、色別に強度が違うのが特徴です。長さを調節する必要がなく、かつ負荷を簡単に変更できるため使い勝手がよいのが魅力。

手や足を入れればトレーニングをすぐ始められるため、初心者にもおすすめです。また、幅があるので安定感があるのも魅力。ただし、チューブタイプよりも耐久性が低いのがデメリットです。

進化系タイプ

By: amazon.co.jp

進化系タイプは、チューブにグリップが一体化したモノや、3つの輪が繋がったモノなど、ユニークな形状をしたトレーニングチューブ。サイズや負荷強度が決まっている製品が多いため、長さを調節する必要がないのが特徴です。

サイズは小さめなモノを選べば、会社などに持ち運んでデスクワークの合間にも使用できるのがメリット。負荷が低めに設定されているモノが多く展開されているので、本格的な筋トレには向きませんが、初心者やリハビリ用に適しています。

強度をチェック

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブを選ぶ際に重要なのが強度です。自身の筋力や体力、トレーニングメニューなどに合わせて適切な強度を選ばないと、負荷が足りずに満足いかない場合や、逆に負荷が大きすぎて使いこなせない場合があります。

製品は強度が決まっているモノ、持ち方で強度を調節するモノがあるのが特徴。強度があらかじめ決まっているタイプは、色や太さ、ソフトやミディアムなどの表記で違いが分かるように設計されています。

持ち方で強度を調節するタイプは、チューブを長めに持つと負荷が低めになり、短く持つと負荷が高くなるので、細かく調節するのに最適。

強度別で複数のトレーニングチューブがあると、鍛える部位やトレーニング時のコンディションに応じて調節しやすいので、セットでの購入がおすすめです。

伸縮性をチェック

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブは伸縮性が十分にあるモノを選びましょう。伸縮性があることで手や足を引っ掛けやすいだけでなく、さまざまなトレーニングメニューに柔軟に対応できるため、スムーズな筋トレやストレッチなどを行えるのがメリットです。

また、伸縮性があまりないモノは耐久性も低いことが多く、トレーニング中に切れてしまう可能性があります。長く使用したい方は、伸縮性を確認してみてください。

長さを調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

長さを調節することで、自身の体型に合わせられたり、負荷を変えられたりするのがメリット。長さがあらかじめ決まっているモノよりも幅広いトレーニングに対応できるため、中級者や上級者におすすめです。

調節の仕方はチューブを切る、持ち手の長さを変える、2〜3重に重ねて使う方法などがあります。トレーニングチューブのなかでもチューブタイプは長さを自由に調節できるので、チェックしてみてください。

グリップ付きかチェック

By: amazon.co.jp

グリップが付いているモノは、しっかりと力を入れて握りやすく快適なトレーニングができます。握力に自信がない方や初心者におすすめです。

グリップ部分の素材は柔らかなシリコンを採用しているモノが多く、そのままチューブを握ると手が痛くなってしまうなどの悩みを解消できるのが特徴。手の負担を軽減したい場合にもぴったりです。

ただし、トレーニングメニューによっては、柱に取り付けにくくなったり、下半身のみのトレーニングで使いにくかったりなどのデメリットがあります。そのため、行いたいトレーニングに合わせて、グリップの有無を選んでみてください。

トレーニングチューブのおすすめアイテム

ミズノ(MIZUNO) トレーニングチューブ

カラーによって強度を弱~最強まで選べる、チューブタイプのトレーニングチューブ。自分の目的に応じたトレーニングに使用でき、伸縮させて負荷の調節もしやすいのが特徴です。

また、複数を重ねてさらに高い負荷をかけての筋トレも可能。握る部分で長さを自由に使えるので、マシーンやウェイト器具では鍛えるのが難しい部分のトレーニングにも適しています。

両足の裏で引っ掛けて腹筋運動を行うチューブクランチや、背筋を鍛えるチューブローイングなどを行うのにもおすすめです。

ディーアンドエム(D&M) THERABAND セラチューブ ブリスターパック

長さの調節がしやすいチューブタイプのトレーニングチューブ。握る部分を変えられるので、自分に合った負荷に調節がしやすく、段階的にトレーニングを行いたい方の使用におすすめです。

また、強度が違う6種類のタイプが色別でラインナップされており、リハビリやシェイプアップ、本格的なトレーニング向けまでが選べるため汎用的。分厚いゴムチューブタイプで耐久性が高く、繰り返し使いたい場合やハードなトレーニングでの使用にも適しています。

62種類におよぶトレーニング方法を掲載したマニュアルも付属。これから筋トレを始めたい方でも、効率的なトレーニングを行うための参考にできます。

イーエムピーティー(EMPT) トレーニングチューブ

プロトレーナーの監修で開発された、チューブタイプのトレーニングチューブ。初心者の方からアスリートの方まで幅広く使用可能です。それぞれの用途に応じて、カラー別に5種類の負荷レベルが選べます。強度は弱い順から約2.7〜約22.7kgまで幅広くラインナップ。

簡単なダイエットやエクササイズに使用したい方はもちろん、鍛え上げられたボディを目指す方の使用にも対応しています。

チューブを伸縮させたり角度を変えることで負荷を調節でき、肩から下の部位にかけてほぼ全身のトレーニングが可能。目的に適したストレッチ・エクササイズ・トレーニングを、手軽に行いたい方におすすめです。

TheFitLife トレーニングチューブ

高い耐久性を備えた特殊な「ラテックス」素材を採用した、ゴムバンドタイプのトレーニングチューブ。さらに、4.5mmと厚みも十分にあり頑丈なため、ハードなトレーニングでも切れにくいのが特徴です。

強度はカラーによって負荷レベルが分かれており、レッド約7~11kg・ブラック約23~34kg・パープル約45~54kg・グリーン約54~79kg。全て重ねて使用すれば、最大で178kgまでの負荷をかけられます。

腹筋・背筋・胸筋の筋トレはもちろん、肩甲骨・二の腕・肩・脚など、広範囲の本格的なトレーニングにおすすめのアイテムです。

スパルタックス(SPALTAX) トレーニングチューブ 5本セット

カラー別で負荷レベルが異なる、ゴムバンドタイプのトレーニングチューブ5本セット。緑・赤・黄色・青・黒の順で強度が高くなり、重ねて使用すればさらに高い負荷に調節できます。

トレーニングできる部位や方法はさまざま。大胸筋から三角筋、背筋、太ももなど、多岐に渡る部位に対応しています。足裏に引っ掛けたり柱に引っ掛けて使ったりと、工夫次第でさらに幅広いトレーニングやエクササイズに活用も可能。自分に合ったやり方を追求したい方に適したトレーニングチューブです。

Lintelek トレーニングチューブ

輪状のため、初心者の方でも使用しやすい、ゴムバンドタイプのトレーニングチューブ5色セット。両腕や両足だけを通してのピンポイントな局部トレーニングも簡単に行えます。

カラーで強度も別れており、弱い〜とても強いの5段階の負荷レベル。また、素材は「天然ラテックス」が使用され、独特なゴム臭が少ないのも特徴です。

収納袋も付いているため持ち運びにも便利。自宅以外でトレーニングやエクササイズを行いたい方にもおすすめのアイテムです。

ウィンライン(WinLine) トレーニングチューブ

グリップと輪っかが付いた、チューブタイプで進化系のトレーニングチューブ。ソフトで厚いグリップは力を入れやすく、汗を吸い取るので滑りにくいのが特徴です。グリップとは逆側の先端部分は輪っかになっているので、足に掛けてのトレーニングに便利。

また、チューブの長さを変えて体格に合わせたり、負荷の調節をしたりといったアレンジも可能です。負荷をかけたスクワットや、胸筋や背筋、肩、臀部など、幅広い部位のトレーニングに使用できます。

初心者の方から本格的な筋トレを行いたい方まで、多彩な使い方ができるトレーニングチューブを探している方におすすめです。

アルインコ(ALINCO) マルチ チューブ EXG114R

両サイドが円を描いた形状のグリップを備えた、進化系タイプのトレーニングチューブ。輪っかになっているグリップ部分を握ったり、手や足を通して使用したりと、多彩な使い方で筋トレやエクササイズができます。

安定した場所に引っ掛けて伸縮させる運動で、二の腕や脚を鍛えるトレーニングにも使用可能です。また、幅12×奥行き40×高さ2.3cmとコンパクトサイズで、重量は160gと軽量。バッグなどへの収納しやすく、持ち運びにも便利です。

価格が安いのも魅力で、手軽に効率的なトレーニングを行いたい方におすすめします。

BeQu LuLuFoot

ふくらはぎや足裏をはじめとする、脚のトレーニングに特化した、進化系タイプのトレーニングチューブ。自宅で特別な器具を使わなくても、気軽に足指や足裏といった足全体のトレーニングが行えます。

普段から運動不足を自覚している方はもちろん、日常から筋トレを行っている方でも、足指や足裏は鍛えるのが難しい部位です。しかし、先端の4本に分かれたパーツがしっかりと足指にフィットし、伸縮によって効率よくしっかりとトレーニングができます。イスなどに座ったままで手軽に使えるのも魅力です。

日頃あまり歩かない方や美脚を目指している方など、脚を重点的に鍛えたい場合におすすめのトレーニングチューブです。