ジムだけでなく、宅トレでも活躍する「トレーニングチューブ」。自重トレーニングよりもさらに負荷をかけて、幅広いトレーニングメニューをこなせるのが魅力です。しかし、さまざまな製品が展開されているので、何を選んだらよいのか迷うことも。

そこで今回は、トレーニングチューブのおすすめアイテムをご紹介します。また、チューブタイプ・ゴムバンドタイプ・進化系タイプと種類別の特徴など選び方のポイントも解説するので、ぜひを参考にしてみてください。

トレーニングチューブの使い方

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブは、ゴム素材で作られたトレーニング用品です。1本あれば全身のトレーニングに使用できるため、筋トレからストレッチ、体幹トレーニング、リハビリなど幅広い用途で活用できるのが特徴。

使い方は、両手や手と足、両足などに引っ掛けて引っ張ります。また、体だけでなく柱などに引っ掛けて使うと、さらにトレーニングの幅が広がるのが魅力。負荷を変える場合は、チューブを切って短くする、持つ長さを変える、何重かに重ねるなどの方法があります。

トレーニングチューブの選び方

種類をチェック

チューブタイプ

By: amazon.co.jp

チューブタイプはホースのようなシンプルな形状です。チューブの長さを自身の体型やトレーニングメニューにあわせて、カットしたり結んだりと自由に調節できるのが特徴です。

また、チューブを2重、3重に束ねて負荷を高められます。1本で幅広いトレーニングに活用できるため、初心者から上級者までおすすめのタイプです。

ゴムバンドタイプ

By: amazon.co.jp

ゴムバンドタイプは平らな形状をしています。輪状で色違いのチューブが数本セットで展開されているモノもあり、色別に強度が違うのが特徴です。長さを調節する必要がなく、かつ負荷を簡単に変更できるため使い勝手がよいのが魅力。

手や足を入れればトレーニングをすぐ始められるため、初心者にもおすすめです。また、幅があるので安定感があります。ただし、チューブタイプよりも耐久性が低いのがデメリットです。

進化系タイプ

By: amazon.co.jp

進化系タイプは、チューブにグリップが一体化したモノや、3つの輪が繋がったモノなどユニークな形状をしたトレーニングチューブ。サイズや負荷強度が決まっている製品が多いため、長さを調節する必要がないのが特徴です。

サイズは小さめなモノもあり、会社などに持ち運んでデスクワークの合間などにも使用できるのがメリット。負荷が低めに設定されているモノが多く展開されているので、本格的な筋トレには向きませんが、初心者やリハビリ用に適しています。

強度をチェック

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブを選ぶ際に重要なのが強度です。自身の筋力や体力、トレーニングメニューなどにあわせて適切な強度を選ばないと、負荷が足りずに満足いかない場合や、逆に負荷が大きすぎて使いこなせない場合があります。

製品は強度が決まっているモノ、持ち方で強度を調節するモノがあるのが特徴。強度があらかじめ決まっているタイプは、色や太さ、ソフトやミディアムなどの表記で違いがわかるように設計されています。

持ち方で強度を調節するタイプは、チューブを長めに持つと負荷が低めになり、短く持つと負荷が高くなるので、細かく調節するのに最適。

強度別で複数のトレーニングチューブがあると、鍛える部位やトレーニング時のコンディションに応じて調節しやすいので、セットでの購入がおすすめです。

伸縮性をチェック

By: amazon.co.jp

トレーニングチューブは伸縮性が十分にあるモノを選びましょう。伸縮性があることで手や足を引っ掛けやすいだけでなく、さまざまなトレーニングメニューに柔軟に対応できるため、スムーズな筋トレやストレッチなどを行えるのがメリットです。

また、伸縮性がよくないモノは耐久性も低いことが多く、トレーニング中に切れてしまう可能性があります。安全に長く使用したい方は、製品の伸縮性を確認してみてください。

長さを調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

長さを調節することで、自身の体型にあわせられたり、負荷を変えられたりするのがメリット。長さがあらかじめ決まっているモノよりも幅広いトレーニングに対応できるため、中級者や上級者におすすめです。

調節の仕方はチューブを切る、持ち手の長さを変える、2〜3重に重ねて使う方法などがあります。トレーニングチューブのなかでも、チューブタイプは長さを自由に調節できるので、チェックしてみてください。

グリップ付きかチェック

By: amazon.co.jp

グリップが付いているモノは、しっかりと力を入れて握りやすく快適なトレーニングができます。握力に自信がない方や初心者におすすめです。

グリップ部分の素材は柔らかなシリコンを採用しているモノが多く、そのままチューブを握ると手が痛くなってしまうなどの悩みを解消してくれるのが特徴。手の負担を軽減したい場合にもぴったりです。

ただし、トレーニングメニューによっては、柱に取り付けにくくなったり、下半身のみのトレーニングで使いにくかったりなどのデメリットがあります。そのため、行いたいトレーニングにあわせて、グリップの有無を選んでみてください。

トレーニングチューブのおすすめアイテム

サクライ貿易(SAKURAI) Promark トレーニングチューブ レベル3

サクライ貿易(SAKURAI)  Promark トレーニングチューブ レベル3

シンプルなチューブタイプのトレーニングチューブ。強度は、軽いトレーニングから筋力維持の役割を果たすように設計されています。全長は3mと長く、全身を使ったトレーニングに使いやすいのが特徴。また、結んでも使用できるため、輪を作って掴みやすくするのも可能です。

本製品には、トレーニングマニュアルが付属されています。はじめてトレーニングチューブを使う方でも、迷うことなくトレーニングを始められるのが魅力です。

TheFitLife トレーニングチューブ

TheFitLife トレーニングチューブ

高品質なラテックス素材を使用したトレーニングチューブセット。強度は5kg・7kg・9kg・1kg・18kgと調節できます。複数本をまとめて使うことで50kgまで負荷調節ができるのが特徴です。

本製品には、グリップやドアアンカー、足首ストラップも付属されているため、幅広いトレーニングメニューをこなせるのも魅力。グリップは握り心地がよく滑りにくいので、快適に使用できます。

使用後は付属のポーチにしまって、バラけずスッキリ収納できるのも嬉しいポイント。自宅だけでなく、ジムなどにも持ち運んで使用できます。初心者から上級者まで幅広く使えるモノを探している方におすすめです。

ラヴィ(La・VIE) トレーニングチューブ 3B-3031

ラヴィ(La・VIE) トレーニングチューブ 3B-3031

強度がハードタイプのトレーニングチューブ。全長3mで、さまざまスポーツの筋力増加トレーニングなどに役立ちます。手にぐるっと巻き付けて引っ張れるだけでなく、足に縛り付けて引っ張れるのも可能です。

素材は抗菌された天然ゴムを採用しているため、清潔に使用できるのも特徴。強度が高めのモノを探している方におすすめです。

WRei フィットネスバンド

WRei フィットネスバンド

自身のレベルにあわせて強度を変えられるトレーニングチューブセット。レッドは耐荷重が8〜10kgでストレッチやウォームアップに、ブルーは耐荷重が10〜12kgで通常の筋トレに、イエローは耐荷重が12〜15kgで高負荷なトレーニングに利用できます。

また、ドアアンカーが付属されているため、自宅やホテルなどのドアに挟み、チューブを固定してトレーニングできるのも嬉しいポイントです。

本製品は小さく折りたたんで収納できるため、出張先などに持ち運んで気軽にトレーニングできます。ストレッチから高負荷のトレーニングまで、幅広い用途で使用したい方におすすめです。

TheFitLife フィットネスチューブ

TheFitLife フィットネスチューブ

最大178kgまで負荷をかけられるトレーニングチューブセット。11kg・34kg・54kg・79kgで強度が調節できる4本のトレーニングチューブが揃っています。本製品はカラーの違いだけでなく、負荷レベルを数値などで表記しているため、区別しやすいのが特徴です。

素材はラテックスを採用しており、滑りにくく耐久性に優れています。また、ダンベルと違い落下させて怪我をする心配が軽減できるのもポイントです。

LINTELEK トレーニングチューブ

LINTELEK トレーニングチューブ

輪の形状をしたゴムバンドタイプのトレーニングチューブセット。手や足に引っ掛けやすく、すぐトレーニングを始められます。強度はグリーン・ブルー・イエロー・レッド・ブラックの順に高くなっていくのが特徴。トレーニングメニューや鍛えたい部位などにあわせて、色を選んでみてください。

素材は伸縮性や柔軟性、耐久性に優れるラテックスを採用しています。高い強度をかけて引っ張っても元に戻りやすく、長く使用可能。手や足に巻きつけて使うのが面倒に感じる方におすすめのアイテムです。

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブ ハード EXG114A

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブ ハード EXG114A

8の字型で左右均等に力を入れやすいトレーニングチューブ。チューブの両端には、溝のついたグリップが付いており、扱いやすいのが特徴です。

持ち運びしやすいサイズで、自宅だけでなく外出先でも使用できます。例えば、PCなどを長時間操作するデスクワークの方は、肩周りのストレッチとして利用するのがおすすめ。初心者や高齢者など筋力に自信がない方でも、気軽に使用できるアイテムです。

モビバン(mobiban) フィットネス トレーニングチューブ モビバンEX MV007

モビバン(mobiban) フィットネス トレーニングチューブ モビバンEX MV007

大きな輪に手や足を引っ掛けて使用するトレーニングチューブ。強度は1.8kgと低めの設定で、初心者や高齢者におすすめです。素材は耐久性に優れたTPEリサイクル素材を採用しています。

本製品は洗いやすいサイズで、清潔に使用できるのも嬉しいポイント。パッケージのQRコードを読み込めば、トレーニングメニューを動画で見れます。はじめてトレーニングチューブを使う方でも、適切なメニューを選べるのが魅力です。