最近は、筋トレブームが加速して自宅でトレーニングする人も増えてきました。自宅での筋トレでは、自重トレーニングだけでなく、さらに負荷を加える「ダンベル」を使ったトレーニングも人気です。

そこで今回は、おすすめのダンベルをご紹介。重量の違いだけでなく、材質の違いなど、選ぶときのポイントもあわせて解説します。なかには、重さを変えられる可変式ダンベルもあるので、ぜひ参考にして自分にあうモノを見つけてみてください。

ダンベルの種類は?

可変式ダンベル

By: amazon.co.jp

可変式ダンベルは、必要に応じて重量を調節できます。トレーニングの種別や、鍛える筋肉の部位ごとにあわせて負荷をかける度合いを変えられるのがメリット。中級者や上級者向けですが、トレーニングを長期的に続けて負荷を徐々に増やしていきたい初心者の方にもおすすめです。

また、価格は高い傾向にありますが、ワンセット用意すれば固定式のようにいくつも購入する必要がないのもポイント。なお、重量を変更するときは、落として床を傷つけたり体を痛めたりする可能性があるので注意しておきましょう。

そのほか、可変式ダンベルのなかには、本体に水を入れて重量を調節するタイプもあります。重さを簡単に変えられるため、気になる方はチェックしてみてください。

固定式ダンベル

By: amazon.co.jp

固定式ダンベルは重量を変える必要がないため、すぐにトレーニングを始められます。約5kgまでの軽量なモノが多く、無理なく体を慣らせるので、筋トレ初心者はもちろん、年配の方にもおすすめです。

価格は可変式よりも安価なモノが多く、デザインも豊富。サイズも比較的コンパクトなため、収納にも困りません。しかし、重さに慣れて負荷を上げたい場合は、さらに重いモノを買い足す必要があります。あまり収納場所を確保できない方は、トレーニングのセット数などを増やしてみてください。

ダンベルの選び方

シャフトの種類で選ぶ

ノーマルタイプ

By: amazon.co.jp

ノーマルタイプはシャフトに溝がないタイプ。回し棒つきのネジを通し、レンチを締めるような要領でプレートを固定します。スムーズに交換できるため、すぐトレーニングを始められるのが特徴です。

しかし、しっかり固定しないとネジが緩み、使用中にプレートがシャフトから外れて落下する可能性もあるので注意が必要。そのため、トレーニングに慣れている中級者・上級者におすすめです。

スクリュータイプ

By: amazon.co.jp

スクリュータイプは、シャフトに溝があるタイプ。その溝に、ボルトのようにネジをぐるぐる回してプレートを固定するのが特徴です。

着脱にやや時間がかかりますが、多少緩んだ程度ではプレートが外れない構造なので、安全に使用できるのがメリット。トレーニングを始めたばかりの方おすすめです。

材質で選ぶ

鉄(アイアン)

By: amazon.co.jp

鉄製のダンベルは、可変式・固定式ともにほかのモノに比べリーズナブルなのが特徴。価格を抑えたい方や、まずは試しで使用したい方におすすめです。

しかし、錆びやすい材質なので、トレーニング後はダンベルについた汗などをしっかり拭き取るなどこまめな手入れが必要。また、プレート同士がぶつかることで大きな音が出たり、床を傷つけたりする可能性もあるため、アパートやマンションで使用する場合は注意しておきましょう。

クロームメッキ

By: amazon.co.jp

クロームメッキのダンベルは、鉄をクロームでメッキ加工したタイプです。鉄製よりも錆びにくく、耐久性に優れているのが特徴。光沢のあるメタリックな見た目で高級感があり、デザイン性にこだわりたい方におすすめです。

硬い材質で落下時は音が大きく、床などを傷つける可能性があるため使用時は注意しておきましょう。また、メッキが剥がれると見た目を損なうこともあります。

ラバーコーティング

By: amazon.co.jp

プレートをラバーコーティングしたダンベルは、衝撃吸収性が高いため、床との接触時に傷がつきにくいのが特徴。また、静音性にも優れており、プレート同士がぶつかってしまったときや床に落としてしまったときに、大きな音が出にくいのもメリットです。

価格はほかのタイプよりも高い傾向にありますが、破損や音が気になりにくいので、アパートやマンションなど賃貸の部屋でも安心して使えます。

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ダンベル選びでは、トレーニングの効果に直結する重量が非常に重要です。重量が重すぎると、正しいフォームでトレーニングができないだけでなく、怪我につながる可能性もあります。また、軽すぎると負荷が足りないので、思うような結果を得られません。

初心者や筋力があまりない方は、女性なら2~5kg、男性なら5~10kgを目安に比較的軽めのモノから試してみてください。中級者や上級者は、女性なら片手10kg、男性なら片手30kgのダンベルがおすすめです。

さらに、トレーニング種別によって重量を変えるのも大切。ダンベルカールなど上腕二頭筋を鍛えるなら軽めのモノを、ダンベルスクワットなど下半身を鍛えるなら重めのモノを使ってみてください。

ダンベルのおすすめメーカー

アイロテック(IROTEC)

By: amazon.co.jp

アイロテックは、赤と黒のカラーリングが印象的なトレーニング・フィットネスメーカーです。ダンベルはもちろん、ランニングマシンやスミスマシンなど、さまざまなトレーニング器具を展開しています。

ダンベルセットはリーズナブルな価格のモノも多く、初心者でも手軽に始められるのが魅力。慣れてきて負荷をさらにプラスしたい場合は、重りを単体で買い足せます。中級者や上級者にレベルアップしても、長く愛用できるのがポイントです。

フィールドア(FIELDOOR)

By: amazon.co.jp

キャンプテントやタープテントなど、キャンプ用品を中心に提供しているアウトドアメーカー。ダンベルは固定式・可変式のどちらも取り扱いがあるので、自分のトレーニングにあわせて使いわけられます。価格は比較的お手頃です。

重りは0.5kgから展開されているため、気軽に試せるのが魅力。シャフトを結合させてバーベルとして活用できる製品もあり、トレーニングの幅がさらに広がるのでおすすめです。

ダンベルのおすすめ

アイロテック(IROTEC) ラバー ダンベル 40KGセット

フィールドア(FIELDOOR) ダンベル 10kg 2個セット

床を傷つけにくく、接触時の音も比較的静かなラバーコーティングを採用したダンベルセット。メーカーを象徴させる赤と黒のカラーリングがスタイリッシュです。

シャフトは直径28mmで、全長は400mm。グリップ部分は細かい凹凸が施されたローレット加工なので、滑りにくくしっかりと握れます。

セット内容は、スクリュータイプのシャフトが2つと、1.25・2.5・5kgのプレートが4つ、1.25kg用・2.5kg用・5kg用のラバーリングが4つです。合計40kgのセットで、トレーニングにあわせて重さを自由に変えられます。

アイロテック(IROTEC) アイアン ダンベル 60KGセット

アイロテック(IROTEC) アイアン ダンベル 60KGセット

マットブラックに塗装されたアイアンダンベルセット。重厚な雰囲気で、インテリアにもマッチします。グリップ部分はローレット加工が施されており、握りやすいのが特徴。汗がついても落としにくい仕様です。

セット内容はスクリュータイプのシャフトが2つ、1.25kgのプレートが4つ、2.5kgのプレートが4つ、5kgのプレートが8つの合計60kg。重量を幅広く調節できるのが魅力です。なお、鉄製なので、錆びないようにトレーニング後は汗などをしっかり拭き取るようにしましょう。

フィールドア(FIELDOOR) ダンベル 10kg 2個セット

フィールドア(FIELDOOR) ダンベル 10kg 2個セット

ジョイントシャフトが付属しているダンベルセットです。2つのシャフトを連結させれば、バーベルとしても活用できます。僧帽筋・ハムストリング・大臀筋などを鍛えるデッドリフトができるのもポイントです。

可変式ダンベルで、1.25kgと2.5kgのプレートがそれぞれ4つ付属しています。スクリュータイプのシャフトと、ハードロックカラーをあわせれば合計20kg。ハードロックカラーは、スクリューシャフトに通してからT字型レンチで固定でき、重りが落下しにくい仕様なのも魅力です。

また、プレートの表面はポリエチレン製のため、接触時の音も比較的静かで集中してトレーニングできるのもメリット。さらに、窪みが施されており、ダンベルが転がるのを防止してくれます。

フィールドア(FIELDOOR) 可変式 ブロックダンベル

フィールドア(FIELDOOR) 可変式 ブロックダンベル

重量を15段階で調節できるブロックダンベル。プレートは、磁石式のストッパーでしっかりと固定されるため安全です。本体に重量を表記しているので、好みの重さにすぐ変えられます。

グリップは樽型を採用しているため、握りやすいのが特徴。手首を支えるバーも搭載されており、無理のないトレーニングができます。重量は、片手で3〜22kgまで幅広く変更可能です。

重量を調節したあとは、プレートがその場に自立して残るので、散らばりにくいのもメリット。また、プレートはかさばらず、コンパクトに収納できます。

フィールドア(FIELDOOR) カラーダンベル

フィールドア(FIELDOOR) カラーダンベル

ポップなカラーリングがかわいらしい固定式のダンベル。重量は片手で1〜12kgまで取り扱っているので、自身の体力にあわせて選べるのが特徴です。

ダンベルの表面は合成ゴムでコーティングされているため、ソフトな感触で握りやすいのもポイント。また、床に落下しても傷つきにくいのもメリットです。六角形のデザインで転がりにくいので、安全性に配慮されたアイテムを探している方は検討してみてください。

Deiris ウォーターダンベル 2個セット

Deiris ウォーターダンベル 2個セット

水を入れることで重量を調節できるウォーターダンベルです。折りたたんで、コンパクトに収納できるのが特徴。出張先などに持ち運んで、気軽にトレーニングができます。

万が一、落としたりぶつけたりしても床などが傷つきにくく、大怪我につながりにくいのもポイント。水量を変えることで、20〜26kgの範囲で負荷の調節が可能です。

MOJEER ダンベルセット 20kg

MOJEER ダンベルセット 20kg

バーベルにも変形させられる、可変式のダンベルセットです。合計20kgの重量をトレーニングメニューにあわせて調節可能。初級者から上級者まで、幅広く使用できるのがポイントです。

本製品の外部素材はポリエチレンを採用しており、錆びにくく耐久性に優れています。また、ダンベル同士がぶつかっても大きな音が鳴りにくく、床に落下して傷がつきにくいのも魅力です。

MRG 可変式 ダンベル

MRG 可変式 ダンベル

5〜40kgの重量を17段階で調節できる可変式ダンベル。重量は、設定したい数値にダイヤルを回すだけなので簡単です。

ブロックダンベルよりも通常のダンベルのデザインに近いため、手首周りの可動域が広く、ベンチプレスやショルダープレスなどの種目もストレスフリーで行えるのが魅力。比較的コンパクトなサイズなので、収納場所にも困りません。あまり収納場所を確保できない方におすすめです。

リクライ(LICLI) ダンベル 2個セット

リクライ(LICLI) ダンベル 2個セット

明るいカラーリングかつ、スタイリッシュなデザインの固定式ダンベル。グリップ部分は手がフィットしやすい形状なので、力を入れて握りやすいのが特徴です。うっかり落としてしまう心配も軽減できます。

重量は片手0.5〜5kgまでと比較的軽いため、初心者にもおすすめ。やわらかめのゴムでコーティングされており、床を傷つけにくいのもポイントです。

PROIRON ダンベル 2個セット

PROIRON ダンベル 2個セット

自宅用フィットネス器具の製造に力を入れている、PROIRONの固定式ダンベルです。マカロンから着想を得たポップなカラーが特徴。重量は片手で1〜10kgまで展開しており、重さごとにカラーが異なるので区別しやすいのもポイントです。

何度もグリップテストを行い、握りやすさに配慮されているのも魅力。また、ウェットスーツなどにも使用される耐水性の高いネオプレンという合成ゴムでコーティングしており、床に傷がつきにくいのもメリットです。賃貸などの部屋で使用したい方に適しています。

PROIRON ダンベル

PROIRON ダンベル

スチールとウォールナットが融合したデザインがおしゃれな可変式ダンベル。お部屋のインテリアともマッチしやすいのが魅力です。

重量は、2.5・5・7.5・10kgの4段階で調節可能。2セットなので合計20kgまで加重でき、トレーニングに慣れてからでも適度な負荷をかけられます。グリップ部分は樽型で握りやすく、快適に筋トレできるおすすめアイテムです。

Wout ダンベル 2個セット

Wout ダンベル 2個セット

リーズナブルな価格ながら、バーベルとしても活用できるダンベル。バーベルの組みあわせには、片側にプレートを連結させるオーソドックスなタイプと、ダンベル同士を連結してバーベルにするタイプの2種類があります。より幅広いトレーニングをしたい方におすすめです。

ダンベルの外部素材には、ポリエチレンを採用。床に直接置いて傷がつきにくいのも魅力です。プレートは八角形のデザインで転がりにくく、安全性にも配慮されています。

TOP FILM ダンベル 鉄アレイ アジャスタブル

TOP FILM ダンベル 鉄アレイ アジャスタブル

ジョイントシャフトを利用すれば、3WAYの使い方ができる可変式ダンベル。通常のダンベル・バーベル・ダンベル同士を、結合させたバーベルで使いわけることによって幅広いトレーニングができます。

プレートは、0.5・1.25・2.5kgがそれぞれ4つあり、最大20kgまで重量を増やせるのが特徴。まずは軽い重量で始めて、体を徐々に慣らしていきましょう。また、プレートやシャフトなどを収納できるケースが付属しているため、使用後はすっきりとしまえます。

リーディングエッジ アーミーダンベル

リーディングエッジ アーミーダンベル

無骨さが魅力のアーミーダンベル。プレートはゴツゴツした形状のため、床に置いたときに転がりにくいのが特徴。重量は、片手で10・13・17・20kgの4段階で調節できるので、自身のレベルにあわせたトレーニングができます。2個セットで合計20kgです。

ダンベルの外部素材にはポリエチレンを採用しており、錆びにくいのもポイント。また、誤って落としてしまった場合でも、床に傷がつきにくいのも魅力です。さらに、グリップ部分はポリエチレン製で冷たくないため、冬などの寒い時期のトレーニングも快適。カラーは、グリーン・ブラック・レッドの3色展開なので、好みのモノを選んでみてください。

山善(YAMAZEN) Circulate クロムダンベルセット

山善(YAMAZEN) Circulate クロムダンベルセット

クロームメッキの可変式ダンベル。シャフトはスクリュータイプなので、プレートが外れにくく安全に使用できます。まだトレーニングに慣れていない初心者におすすめです。

セット内容は、2kgのシャフトが2つ、1.5kgのプレートが4つ、2.5kgのプレートが4つ。最大20kgまで加重できるのが特徴です。トレーニングのレベルに応じて重量を変更してみてください。

イヴァンコ(IVANKO) ラバーダンベルセット

イヴァンコ(IVANKO) ラバーダンベルセット

床に傷がつきにくいラバーコーティングされた可変式ダンベル。滑りにくい素材でもあるので転がりにくく、扱いやすいのが魅力です。

ノーマルタイプのシャフトなため、素早く重量を変えられます。なお、ネジが緩むとプレートが落下しやすいのでしっかり固定しておきましょう。

1.25kgと2.5kgのプレートが各4個で、合計20kgのセットです。自身の体力やトレーニングしたい種目にあわせて、重量を変えてみてください。