おしゃれでかわいいコーデやギアを用意し、女子だけで楽しむ「女子キャンプ」。コロナ禍でのキャンプブームやアニメ『ゆるキャン△』の大ヒットなどで、人気が高まっています。

そこで今回は、SAKIDORI編集部で女子キャンプを決行することに。しかし、いきなり火起こしなどの本格的なキャンプをするにはハードルが高かったため、考えついたのが「ポータブル電源を使って快適に女子キャンプをする」というアイデアでした。

今回使用するのは、PC・スマホ機器メーカー「UGREEN」から新発売された、安心・安全でちょうどよい手ごろなポータブル電源の入門機「PowerRoam 600」。おしゃれかつ快適なキャンプを実践してみました。

UGREEN PowerRoam 600を使って初心者が快適女子キャンプを実現!

今回キャンプを決行するのは、千葉県君津市で編集部員が所有する山中。キャンプ玄人の編集部員からアドバイスを受けつつ、テントなどのギアや調理器具、暖房器具、装飾グッズなど女子キャンプに必要なモノを取り揃えました。また、ネイティブ柄を取り入れたキャンプ女子コーデで、服装にもこだわっています。

そして、快適キャンプに欠かせないのがポータブル電源です。今回使用するのは、急速充電や長寿命が魅力で、コスパに優れたモデル「UGREEN PowerRoam 600」。グレーを基調としたスタイリッシュなデザインが魅力です。

質量は9kg、サイズは31×19×24cmと軽量コンパクト。容量は680Wh、定格出力は600Wですが、独自の「U-Turbo技術」により最大出力数は1500Wを実現しているのがポイントです。最大12台のデバイスへ同時に給電できます。対応周波数は50~60Hzで、ほとんどの家電に対応。キャンプはもちろん車中泊や停電時、災害時などに2~3日程度使用できます。

本製品にはLCDの液晶ディスプレイを搭載。バッテリー残量や空になるまでの時間などが表示でき、視認性も良好です。スペックの高さのわりに価格が安く、コスパに優れています。

スマホ急速充電機器などのアクセサリーを展開する「UGREEN」とは?

UGREENは2012年に「中国のシリコンバレー」といわれる深センで設立され、充電器や充電ケーブルなどのPC・スマホ周辺機器を展開しているメーカーです。

日本を含む世界100ヵ国以上の国や地域で、コスパに優れた製品を多数展開し、高評価を獲得。Amazonや楽天がメーカー直営ショップとなっており、製品の購入日から基本的に24カ月の保証、「PowerRoam 600」の場合は5年間の保証を受けられます。

UGREENの強みは、最新技術の投入に力を入れていること。研究開発人員として350名以上が在籍し、440以上の特許を取得しています。

また、ユーザのことを考えて設計された、モダンなデザインのアイテムが多いのも魅力。iFデザイン賞やレットドットデザイン賞など、世界的に権威のあるデザイン賞を受賞しています。

かわいいティピーテントでおしゃれなサイト作りからスタート

まずは、キャンプの醍醐味であるテントサイト作りから始めます。今回設営するのは、ネイティブ柄がおしゃれな、女子キャンプにぴったりのティピーテント。3~4人キャンプに適したサイズですが、中にこたつなどを設置するため大型のモノを用意しました。

ポールには7075超々ジュラルミンを採用し、耐久性も良好。1本のポールを使用したシンプル構造で、6本のペグで設営できるため、初心者でも約30分で簡単に組み立てられました。天井高は約235cmあり、空間が広く感じられます。

テント設営が終わったら「PowerRoam 600」に消費電力が600Wのハロゲンヒーターをつなぎ、テント内をあたためました。

テント内では火が使えないのはもちろん、薪・ガス・石油などのストーブの使用も、テントを閉め切ってしまうと非常に危険。そこで、ポータブル電源が役立ちます。ヒーターや電気ストーブなど、電源が必要な暖房器具をつないで使用することで、安全かつ効率的にテント内をあたためられるのは大きなメリットです。

お昼は女子キャンプ飯でワンパンパスタ!彩り豊かでおいしい食卓が完成

お昼ご飯はテント内で女子キャンプ飯作りにチャレンジ。「PowerRoam 600」に電気鍋をつなぎ、約1000W相当の火力で、鍋ひとつでできる「ワンパン」パスタ作りをしました。

ベーコン・にんにく・しめじのトマトパスタにブロッコリーをトッピング。また、つけ合わせにチキンや彩り豊かなサラダも用意し、おしゃれな食卓ができあがりました。

さらに、消費電力300Wのこたつも導入。「PowerRoam 600」には600WのAC電源ポートを5個備えているうえ、最大出力数が1500Wのため、電気鍋と両方つないでもしっかり作動。あたたかい空間で快適に食事ができました。

できあがった料理はこちら。

デザートにはかわいらしくわたあめも作ってみた

「PowerRoam 600」に消費電力が420Wのわたあめメーカーをつなぎ、食後のデザートとしてわたあめを作成。家電製品を使ってお菓子作りができるのも、ポータブル電源のおかげです。

今回使ったのは市販のあめを使って作れるモデルだったため、色とりどりのわたあめを作りました。お昼ご飯の調理と合わせて約0.5時間電気を使いましたが、まだ残充電は60%と余裕があります。

こたつに入りコーヒーを飲みながらパソコンで作業タイム

食事がひと段落したら、SAKIDORI編集の仕事です。こたつとハロゲンヒーター、パソコンを「PowerRoam 600」につないで、自宅と変わらない作業環境を実現。こたつに入りコーヒーを飲みながら優雅に作業を行えました。作業の集中力が切れたら自然のなかでリフレッシュできるため、家よりよい環境ともいえます。

本モデルには出力が600WのACポート5個、100WのUSB-Cポート2個、22.5WのUSB-Aポート2個のほか、120WのDC5521ポート2個とシガーソケット1個を搭載。家電を3つ同時に使用しましたが、問題なく給電できました。

熱燗を片手に夜空の下でガールズトーク

夜は満天の星空の下、女子キャンプの醍醐味のひとつ、ガールズトークを繰り広げます。「PowerRoam 600」のUSB-Aポートにアウトドア用LEDライトをつなぎ、キャンプ場をおしゃれに演出しました。クラシカルなエジソンスタイルがポイントです。

また、消費電力が470Wのせんべろメーカーもつなぎ、熱燗と炙りえいひれを用意。せんべろメーカーは1台でおでん・焼き鳥・炙り・熱燗などを楽しめる家電です。

キャンプ場は日が暮れると特に冷え込むため、ハロゲンヒーターもつなぎます。個人所有の山で近隣に民家などもないため、熱燗をあおりながら夜遅くまでガールズトークに花を咲かせました。

ドライヤーで髪を乾かし車中泊でバンライフを体験

ソロキャンプ女子も増加しており、防犯面や天気を選ばない点などメリットが多く、人気が高まっている車中泊。今回はSAKIDORI編集部員も軽バンで車中泊を体験してみます。

就寝前にシャワーを浴びて、「PowerRoam 600」にドライヤーをつないで髪を乾かします。ドライヤーは出力数が1200W前後のモノが一般的ですが、本製品では「U-Turbo機能」をONにすることで、最大出力数を1500Wに上げられるため問題なく使用できました。

髪を乾かしたらいよいよ就寝。消費電力50Wの電気毛布を使ったので、寝袋などを用意せずとも一晩中快適に眠れました。

今回の女子キャンプではさまざまな家電を1日中使いましたが、「PowerRoam 600」の残容量はまだ残り10%。本製品1台で1日快適なキャンプができることが実証できました。

女子キャンプで活躍した「UGREEN PowerRoam 600」の魅力

独自の急速充電技術「PowerZip技術」によって約50分で80%まで充電

「PowerRoam 600」は数あるポータブル電源のなかでも、本体の充電スピードが群を抜いて速いのが最大の魅力。独自の急速充電技術「PowerZip技術」によって、約50分で本体を80%まで、約1.5時間でフル充電できます。

キャンプ当日の朝まで本体を充電するのを忘れていましたが、準備中にフル充電できたため助かりました。電源がすぐに必要になる場面でも役立ちます。

バッテリーが0%になっても充電できるなど非常時に役立つ機能を搭載

本製品は、バッテリー容量が0%になってもLEDの液晶ディスプレイが点灯し続ける、独自の「緊急モード」を搭載。iPhoneを1回充電したり、LEDライトなどを7.5時間充電したりできます。

また、「無停電電源装置(UPS)」が搭載されているのもポイント。本体を充電しながらほかの機器にも給電できるほか、予期せぬ停電時などに、一定時間電力を供給し続けられます。

※UGREENがiPhone 14で独自調査した結果に基づく

サイクル回数は驚異の3000回。10年の長寿命

ポータブル電源は放充電を何回繰り返せるかを示した「サイクル回数」も選ぶ基準のひとつですが、本製品はサイクル回数が多いのも魅力です。

中国で大手の電気自動車メーカー「BYD」と共同開発したバッテリー「26650リン酸鉄リチウム」を用いたことで、3000回以上ものサイクル回数と10年もの長寿命を実現しています。

また、「バッテリーマネジメントシステム(BMS)」により、充電高温保護や過電圧保護などを行うため安全性も良好。PSEをはじめとして、UN38.3やCE、ULなど国際的な電化製品の安全規格の認定を受けているため、安心して使えます。

専用アプリで操作やステータスの確認ができる

PowerRoam 600は無料の専用アプリ「UGREEN」との連携が可能。スマホやタブレットなどを使い、Google Play ストアやApp Storeでダウンロードできます。デバイスとPowerRoam 600はWi-Fi接続のほか、Bluetooth接続もできるため、電波がない場所でも使えるのがポイントです。

ポータブル電源の充電残量や放電状態、異常などをリアルタイムに通知。ACやUSBなどの出力、照明などのON/OFFを遠隔で操作できます。

また、チャイルドロックや充電時の低騒音機能のON/OFF、本体ディスプレイの輝度設定など、アプリ上からさまざまな設定が可能。わざわざPowerRoam 600に近づかずとも手元にあるスマホから操作でき、非常に便利でした。

ソーラーパネル「UGREEN SC200」をつなげば電源がない場所でも充電可能

「PowerRoam 600」は別売りのソーラーパネル「UGREEN SC200」を接続することで、電源がない場所でも本体の充電が可能になります。

くもりなど太陽光が弱い状況でも最大出力で充電できる「MPPTソーラー充電技術」を採用しているのがポイント。最大出力が200Wのソーラーパネルで、約4時間と短時間で本体をフル充電できます。

今回のキャンプで実証してみたところ、晴天時にずっと日向に置いていた状況で、充電が0%の状態から約4時間で90%とほぼフル充電できました。アウトドアシーンだけでなく災害時や停電時など、電源が使えない状況のときに重宝します。

セール情報

Amazon公式店舗でポータブル電源とソーラーパネルがセール対象に!

・UGREEN PowerRoam 600
期間:2023/3/31(金) 00:00 〜 4/2(日) 23:59
クーポンコード:UG600SKDR 
割引率:本体価格から35% OFF
※Amazonのクーポンページと併用した場合

・UGREEN SC200
期間:2023/3/31(金) 00:00 〜 4/2(日) 23:59
クーポンコード:UGREENSC200
割引率:本体価格から25% OFF
※Amazonのクーポンページと併用した場合

製品情報

UGREEN PowerRoam 600

UGREEN SC200

UGREEN SC100

UGREEN SC100は最大出力が100Wのソーラーパネルです。

会社情報

UGREENの会社情報はこちら。