鍵や財布などの貴重品に取り付けられる「スマートタグ」。紛失時にはブザーを鳴らして捜索をサポートしたり、置き忘れした際にスマートフォンへ通知できたりと、忘れ物が多い方にとっては便利なアイテムです。

そこで今回は、スマートタグのおすすめモデルをご紹介。豊富なカラーラインナップが揃っている製品が多いので、購入を検討している方はぜひファッション感覚で選んでみてください。

スマートタグとは?

By: amazon.co.jp

スマートタグとは、BluetoothやGPS機能を利用して、スマートフォンと連動できるタグのことです。「忘れ物防止タグ」や「アイテムトラッカー」などと呼ばれることもあり、失くしやすい持ち物に付けておくことで紛失時の捜索をサポートします。

Bluetoothによってスマートフォンとの距離を検知しブザーを鳴らしたり、GPSによる位置情報を取得したりすることが可能。失くし物を探したり、持ち物を失くすのを予防したりと便利に利用できます。

最近は、持ち物に付けても気にならない小型で軽量のモノや、デザイン性に優れたモノなどラインナップが豊富です。

スマートタグの使い方

アイテムファインダー機能

By: amazon.co.jp

メイン機能であるアイテムファインダー機能は、スマートタグとスマートフォンをBluetoothで接続し、スマートフォンを操作してスマートタグのブザーを鳴らす機能です。スマートタグを鍵などの貴重品に付けておくことで、部屋のどこにあるかわからない持ち物を探すのに役立ちます。

また、製品によってはスマートタグからスマートフォンの音を鳴らすことも可能。スマートフォンを紛失しやすい方はぜひチェックしておきましょう。

GPS機能

By: amazon.co.jp

スマートフォンのGPS機能に対応しているスマートタグなら、専用アプリから持ち物を失くした場所と時間を調べられます。今までは持ち物を失くした際、思い当たる場所をすべて探す必要がありましたが、スマートタグがあれば失くした場所の目星を付けられるので便利です。

また、ペットや小さな子供の居場所を追跡するのに使う方も増えています。スマートタグの有効範囲内であれば、常にどこにいるのかわかるので安心です。

忘れ物防止機能

By: rakuten.co.jp

スマートタグが、従来のキーファインダーや探し物発見器などよりも優れているのが「忘れ物防止機能」です。スマートタグを付けたアイテムとスマートフォンの距離が離れると、自動的にスマートフォンへ通知が入ります。

本機能を利用すると、持ち物を置き忘れたときや貴重品を落としたときにすぐに気づけるので、紛失予防に効果的。失くした物を見つけるだけでなく、物を失くす行為自体を防げるのがスマートタグの大きな利点です。

スマートタグの選び方

有効範囲をチェック

By: amazon.co.jp

スマートタグを利用する際はスマートフォンなどとの接続が必要なため、製品ごとに有効範囲があります。多くのモデルの有効範囲は20〜60mほどで、自宅や職場などで使うには十分な範囲です。

もし、持ち物を有効範囲の外に忘れてきてしまったとしても、製品によってはスマートフォンと最後に接続した地点の記録を調べられるので、探す手がかりになります。しかし、圏外になると探せなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

電池交換の方法と頻度をチェック

スマートタグは電池を内蔵しており、電池交換が可能なモノと不可能なモノがあります。電池交換が可能なモデルの多くは、電池がなくなれば市販のボタン電池を新たに交換することで継続して使用可能です。

電池交換が不可能なモデルは、その都度新たに製品を購入する必要があります。なかには、メーカーに送ることで新たに購入するよりも安く電池交換できる製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

また、電池交換の頻度もあわせて確認したいポイント。多くの製品は半年~1年ほどで電池交換が必要なので、手間とコストの両方の点から検討するのがおすすめです。

形状をチェック

By: rakuten.co.jp

スマートタグは大きく分けて「キーホルダータイプ」と「プレートタイプ」があります。鍵などの小物にはキーホルダータイプが便利。プレートタイプは3mmほどの厚みに抑えられているモノが多く、かさばらずに収納できるので財布や書類ファイルなどに最適です。

形もさまざまで長方形や正方形、円形などの製品がラインナップされています。ペットや子供の位置情報を把握するためにスマートタグを活用したい場合は、角のない円形や角を丸く加工したモノがおすすめです。

防水性能をチェック

スマートタグのなかには防水性能を搭載したモデルもあります。鍵などの日常的に持ち歩く持ち物に付ける場合、防水性能を備えたモデルであれば安心。飲み物をこぼしたり、雨に濡れたりしても壊れる心配がありません。

また、ペットの追跡用にスマートタグを使う場合も活躍します。生活防水には「IPX4」以上、完全防水には「IPX5」以上の防水表記があるモノをチェックしておきましょう。

スマートタグの注意点

By: amazon.co.jp

スマートタグを使う際に注意しなければならないのが、GPSデータロガーの代わりにはならないという点です。GPSデータロガーとは、GPSを利用して移動経路を記録する装置のことで、記録後にマップ上で移動経路を確認できます。

GPSデータロガーはあくまでも移動経路を記録後に確認するアイテムで、現在位置を確認するアイテムではありません。逆に、スマートタグは現在地情報を取得できますが、移動経路は確認できないので、混同しないよう注意しましょう。

スマートタグのおすすめ

タイル(Tile) Tile Mate EC-13001-AP

電池交換に対応したおすすめモデルです。コイン形電池による電池交換が可能なので、継続的に使用できるのが魅力。Bluetoothで接続したスマートフォンからブザーを鳴らせる機能が搭載されています。

本機をダブルクリックすることで、マナーモードに設定してもスマートフォンを鳴らして見つけることが可能。GPS機能にも対応しており、専用アプリの地図表示から位置を確認できます。接続が切れた際も最後に接続した場所と時間を調べられるので安心です。

有効範囲が最大約45mと広いのもポイント。普段の生活圏内を幅広く網羅できます。約35×35×6.2mmのコンパクトなプレートタイプで、重量がわずか7.5gのため、鍵や財布などさまざまな持ち物へ気軽に取り付けられるのもメリットです。

Amazon AlexaやGoogle Homeといったスマートスピーカーからの操作にも対応。機能性に優れたおすすめのアイテムです。

タイル(Tile) Tile Pro RE-21001-AP

最大約120mの距離をBluetooth接続できるスマートタグ。通知音は8種類のなかから自分の好みに応じて選択できます。製品からスマートフォン、スマートフォンから製品の両方で音を鳴らし、場所を探せるのが魅力です。

専用アプリを使えば、最後にスマートフォンと製品の接続が切れた場所と時間を調べられるのも特徴。もしもスマートタグを付けたモノを落としてしまった場合でも、どこに落としたか見当がつきます。また、接続範囲外にあるアイテムがほかのユーザーのBluetooth圏内に入るとアプリで位置を通知できるため、見つかる可能性が高くなるのもポイントです。

Amazon AlexaやGoogle アシスタント、Siriなどの連携にも対応。話しかけるだけで探し物を見つけられます。本体サイズは約41.6×41.6×6.5mm、重量約12gと持ち運びやすく、IP55の防滴性能も備えたおすすめのモデルです。

タイル(Tile) Tile Slim 2020 RE-23001-AP

クレジットカード約2.5枚分の厚みで極薄タイプのスマートタグです。パスケースや財布などはもちろん、ジャケットのポケットにもすっきりと収まります。本製品は、スマートフォンとBluetoothで連携可能。Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどのスマートスピーカーに対応しているのも魅力です。

最後に検知した場所を記録し、スマートフォン内のアプリに表示する機能を搭載しているため、落とした場所を推測しやすいのもポイント。スマートフォンを探したいときは製品本体のボタンをダブルクリックすると、スマートフォンを鳴らして見つけられます。

約3年間続けて使用できる長寿命タイプ。IPX7の防水性も兼ね備えており、長く安心して使い続けられるモデルです。

マモリオ(MAMORIO) MAMORIO MAM-003

19×3.5×35.5mmで薄型コンパクトなスマートタグです。財布やキーケースなどに付けてもかさばりにくい、最小クラスのサイズ感が魅力。約60mの範囲内であれば利用可能です。

置き忘れた際にスマートフォンに通知が来る「紛失防止タグアラート」や、どこで失くしたかアプリから確認できる「位置情報記録」といった機能を搭載。「クラウドトラッキング機能」によって、MAMORIOユーザー同士で協力して紛失物を探すこともできます。

また、駅や商業施設に「MAMORIO Spot」が設置されていれば、忘れ物センターから持ち主にのみ届いた場所を通知する機能を採用。大切なモノを安心して持ち歩けます。

登録方法は、スマートフォンにアプリを入れて本製品を近づけるだけなので簡単です。本体の電池は1年ほど利用可能で、交換時期になると新しいバッテリーと交換できる有償サービスも備えています。

マモリオ(MAMORIO) MAMORIO FUDA

シールタイプの忘れ物防止用スマートタグです。一般的なキーホルダータイプやプレートタイプでは対応できない持ち物へ貼り付けられるのが特徴。ノートパソコンや手帳などの忘れ物防止におすすめです。

本体サイズは約24×36.2×3.4mmで、重量は約3.4g。邪魔にならず持ち物へ貼り付けられます。手元から離れるとBluetooth接続しているスマートフォンへ通知が来るので、専用アプリから最後に接続した場所と時間を確認することが可能です。

有効範囲は約60mで、広範囲をカバーしているのもメリット。電池交換には対応していませんが、約1年間使用できます。

キュリオ(Qrio) Qrio Smart Tag

カラーバリエーションが豊富なキーホルダータイプのスマートタグです。見通しのよい場所およそ10〜20mの範囲内で、スマートフォンと本機を互いに鳴らせます。自宅や職場で紛失しやすい持ち物のアイテムファインダー用としておすすめです。

スマートフォンのGPS機能を利用し、専用アプリから紛失時の場所と時間を確認できるのもポイント。また、スマートフォンのシャッターリモコンとしても使用でき、本機をダブルクリックするとカメラのシャッターを切れるので便利です。

電池交換に対応しており、継続的に使えるのもメリット。コイン形電池で最大約6ヵ月使用できます。本体サイズはケース部分が約26×46×8.5mmで、重量は電池込みでわずか10gです。デザイン性に優れたスマートタグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

トラクモ(tracmo) スマートタグ

紛失や置き引きのリスクを低減するスマートタグです。35×9×35mmの薄くコンパクトなサイズで、カーブと光沢感の美しいボディがおしゃれ。取り付けるアイテムに合わせて、アンティークカッパーとマットブラックの2色から選べます。

使用する環境によってセンサーの感度を調節でき、小さな動きにも反応。貴重品の置き引きを防げます。紛失物が見つからない場合は、スマホアプリから本体を鳴らして探せるのも魅力。離れたときに通知が来る機能も搭載しています。アラートの長さ調節やサイレントモードの設定もでき、使用環境に合わせてカスタムできて便利です。

また、Amazon Alexaにも対応しており、声での操作も可能。独自の節電技術を採用しており、ボタン電池1つで稼働します。電池交換も簡単にできるので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

ミント(MYNT) 多機能忘れ物防止タグ

スタイリッシュなプレートタイプのスマートタグです。本体サイズが約55×25×3.5mmの薄型デザインなので、容易に持ち物へ取り付けられます。財布に入れたり、ストラップを取り付けて鍵に付けたりと、さまざまな持ち物の紛失防止におすすめです。

有効範囲は約50mで、本機と離れた際にスマートフォンのブザーで知らせます。持ち物を置き忘れたり、子供やペットが離れたりした場合に、素早く気づくことが可能。また、スマートフォンを置き忘れた場合に本機のブザーが鳴って知らせてくれるのもメリットです。

IP43相当の防塵防水性を備えているのもポイント。また、スマートフォンのシャッターリモコンやミュージックリモコンとしても使えます。パソコンと接続してプレゼンテーションソフトのスライドリモコンとしても利用でき、幅広いシーンで役立つのも魅力です。

電池交換にも対応しており、コイン形電池で最大12ヵ月使用できます。汎用性に優れたおすすめの製品です。

アムール(Amour) キーファインダー

耐久性に優れたキーホルダータイプのスマートタグです。IP67相当の防塵防水性能を備えており、雨の日でも安心して外出先で使えるのが魅力。有効範囲は半径最大35mで、専用アプリのマップからGPS情報をチェックすることが可能です。

近くにある紛失物を見つけられない場合は、スマートフォンから操作してブザーを鳴らすことで位置を把握できます。また、本機を操作して接続しているスマートフォンの音と光を出せるのもメリット。スマートフォンの置き場所がわからない場合に便利です。

また、スマートフォンのシャッターリモコンとして活用できるのもポイント。自撮りや集合写真などを撮る際に役立ちます。屋外に持ち出す機会の多い持ち物におすすめのスマートタグです。

山善(YAMAZEN) attag

最大6個まで同時接続が可能なスマートタグ。専用アプリを使って管理するタイプで、それぞれのタグは名前を付けて登録できるため、必要なときに必要なモノを探せて便利です。

有効範囲は最大約40m。切断通知機能をオンにしておけば、切断されたタイミングでスマートフォン、スマートタグの両方から通知音を鳴らすので、置き忘れを防止できます。また、指定のWi-Fi環境下では切断通知音を作動しない「Wi-Fiセーフゾーン」機能も搭載しているため、職場や自宅など、音を鳴らす必要のない場所では鳴らないように設定可能です。

対応機種はiOS8.0以上、Android4.0以上の端末。Bluetooth4.0により接続を行います。カメラシャッター機能も搭載した使い勝手のよいモデルです。

SAFEDOME キーホルダー型スマートタグ SDM-001-EMG

鍵やペットの首輪に付けるのに適したキーホルダータイプのスマートタグです。大切なモノに取り付けて使うのはもちろん、スマートタグ本体からスマートフォンを探せて便利。製品本体のボタンをダブルクリックするだけで、スマートフォンからアラーム音が鳴ってすぐに探し出せます。

また、スマートタグを取り付けたモノから遠く離れる前にスマートフォンに通知が来る「紛失通知アラーム」を搭載。Bluetooth通信が切れた場所と時間をスマホアプリの地図上に表示するため、失くしたモノの位置が推測しやすいモデルです。

本製品はボタン電池タイプで、約6ヵ月間はバッテリー寿命が持つタイプ。予備電池が1つ付属しており、交換可能なので長く使い続けられます。