鍵や財布などの貴重品の紛失防止に役立つのがスマートタグ。失くしやすい持ち物につけることで、紛失時にブザーを鳴らして捜索をサポートしたり、置き忘れをスマートフォンに通知したりと持ち物の紛失を防いでくれます。

その高い利便性から、スマートタグを愛用する方が増加中。今回はそんなスマートタグのおすすめモデルをご紹介します。ぜひ自分に合ったモデルを見つけて、スマートタグを使ってみてください。

スマートタグとは?

By: amazon.co.jp

スマートタグとは、BluetoothやGPS機能を利用して、スマートフォンと連動するタグのことです。「忘れ物防止タグ」や「アイテムトラッカー」などと呼ばれることもあり、失くしやすい持ち物につけておくことで紛失時の捜索をサポートしてくれます。

Bluetoothによってスマートフォンとの距離を検知しブザーを鳴らしたり、GPSによる位置情報を取得したりすることが可能。これによって失くし物を探したり、持ち物を失くすのを防止したりと便利に利用できます。

紛失しやすい鍵や財布などの貴重品に使用する方が増加中。持ち物につけても気にならない小型で軽量のモノや、デザイン性に優れたモノなどラインナップが豊富になりつつあり、今後さらに普及していくと考えられています。

スマートタグの使い方

アイテムファインダー機能

By: amazon.co.jp

メイン機能であるアイテムファインダー機能は、スマートタグとスマートフォンをBluetoothで接続し、スマートフォンを操作してスマートタグのブザーを鳴らす機能です。スマートタグを鍵などの貴重品につけておくことで、部屋のどこにあるかわからない持ち物を探すのに役立ちます。

また、スマートフォンを失くした際は、逆にスマートタグからスマートフォンの音を鳴らせるモデルも存在。スマートフォンは常に携帯するため紛失してしまいやすい持ち物なので、あると便利なおすすめの機能です。

GPS機能

By: amazon.co.jp

スマートフォンのGPS機能に対応しているスマートタグなら、専用アプリから持ち物を失くした場所と時間を調べられます。今までは持ち物を失くした際、思い当たる道中すべてを探す必要がありましたが、スマートタグがあれば失くした場所の目星をつけられるので便利です。

また、ペットや小さな子供の居場所を追跡するのに使う方も増えています。スマートタグの有効範囲内であれば、常にどこにいるのかわかるので安心です。

忘れ物防止機能

By: wistiki.jp

スマートタグが、従来のキーファインダーや探し物発見器などよりも優れているのが「忘れ物防止機能」です。スマートタグをつけた持ち物とスマートフォンの距離が開くと、自動的にスマートフォンに通知が入ります。

この機能を利用すると、持ち物を置き忘れたときや貴重品を落としたときにすぐに気づけるので、紛失防止に効果的です。盗難対策として海外旅行にもおすすめ。失くした物を見つけるだけでなく、物を失くすのを防いでくれるのがスマートタグの大きな利点だといえます。

スマートタグの選び方

有効範囲をチェック

By: amazon.co.jp

スマートタグは利用にスマートフォンとの接続が必要なため、製品ごとに有効範囲があります。多くのモデルで有効範囲は20〜60mほどであり、通常自宅や職場などで使うには十分な範囲です。

もし持ち物を有効範囲の外に忘れてきてしまったとしても、製品によってはスマートフォンと最後に接続した地点の記録を調べられるので探す手がかりになりますが、圏外になると探せなくなってしまう可能性があります。そのため、行動範囲が広い方や忘れ物の多い方は、有効範囲が広いモデルを選ぶのがおすすめです。

電池交換の方法と頻度をチェック

スマートタグは電池を内蔵しており、電池交換が可能なモノと不可能なモノがあります。電池交換が可能なモデルの多くは、電池がなくなれば市販のボタン電池を新たに交換することで継続して使用可能です。

電池交換が不可能なモデルは、その都度新たに製品を購入する必要があります。中には、メーカーに送ることで新たに購入するよりも安く電池交換できる製品もあるため、ぜひチェックしてみてください。

また、電池交換の頻度もあわせて確認したいポイント。多くの製品は半年~1年ほどで電池交換が必要なので、手間とコストの両方の点から検討するのがおすすめです。

形状をチェック

By: rakuten.co.jp

スマートタグは大きく分けて、「キーホルダータイプ」と「プレートタイプ」があります。鍵などの小物にはキーホルダータイプが便利。プレートタイプは3mmほどの厚みに抑えられているモノが多く、かさばらずに収納できるので財布や書類ファイルなどに適しています。

形もさまざまで長方形や正方形、円形などの製品が存在。ペットや小さな子供の位置情報を取得するために使う場合は、角のない円形や角を丸く加工したモノがおすすめです。

防水性能をチェック

スマートタグの中には防水性能を搭載したモデルもあります。鍵などの日常的に持ち歩く持ち物につける場合、防水性能を備えたモデルであれば安心。飲み物をこぼしたり、雨に濡れたりしても壊れる心配がありません。

ペットの追跡用にスマートタグを使う場合も、防水性能はおすすめの機能。生活防水には「IPX4」以上、完全防水には「IPX5」以上の防水表記があるモノをチェックしてみてください。

スマートタグの注意点

By: rakuten.co.jp

スマートタグを使う際に注意しなければならないのが、GPSロガーの代わりにはならないという点です。GPSロガーとは、GPSを利用して移動経路を記録する装置のことで、記録後にマップ上で移動経路を確認できます。

GPSロガーはあくまでも移動経路を記録後に確認するアイテムであり、現在地情報を確認するアイテムではないことに注意が必要。逆に、スマートタグは現在地情報を取得できますが、移動経路は確認できません。

この2つのアイテムはよく似ているため、誤解して購入してしまう場合があります。自分が求めている機能はどちらなのか、よく確認した上で購入してください。

スマートタグのおすすめモデル

キュリオ(Qrio) Qrio Smart Tag

スタイリッシュなデザインが魅力のスマートタグ。キーホルダーとしてさまざまな持ち物につけられ、10〜20mの有効範囲で使えます。スマートフォンとBluetooth接続することで、相互に音を鳴らして互いの位置を知らせることが可能。GPS機能により、紛失時の大まかな場所と時間を調べられます。

電池交換に対応しており、最大6ヶ月の連続使用ができるモデル。メーカーに送る必要もなく、市販のボタン電池と交換するだけで長く使えます。

アイテムファインダー機能の他に、スマートフォンのシャッターリモコンとして使える機能や、音楽プレイヤーの再生・停止を操作できる機能を搭載しており、スマートフォンとの連携に特化した機能性の高さが特徴。スマートタグの中でも人気の高い製品で、エントリーモデルとしてもおすすめです。

NUT2

丸みを帯びた正方形のおしゃれなスマートタグです。ストラップが付属しており、キーホルダーとして持ち物につけられます。

スマートフォンの専用アプリを操作してブザーを鳴らすアイテムファインダー機能の他、GPS機能も搭載。有効範囲は屋内で約30m、屋外で約50mであり、比較的広い範囲に対応しています。市販のボタン電池との電池交換が可能。一度の交換で約3ヶ月使用できます。ポップなカラーリングも魅力のスマートタグです。

チポロ(chipolo) chipolo Plus 2nd

シンプルなデザインでカラバリが豊富なスマートタグです。「IPX5」の生活防水が可能な高い防水性能を備えており、さまざまなシーンで安心して使用できるのでおすすめ。スマートフォンからの操作により100dBの大音量でブザーを鳴らせるアイテムファインダー機能を搭載しています。

反対に、ダブルクリックすることでスマートフォンを鳴らせるのも便利なポイント。有効範囲が60mと広範囲をカバーしているのも魅力です。

持ち物を紛失した場所は専用アプリの地図で確認でき、ひとつのスマートタグを複数人で共有することも可能。家族で使う持ち物につけておくと、複数のスマートフォンで追跡することでより発見率が上がります。

電池交換は1年が目安ですが、個人での電池交換はできないのでメーカーに送る必要があるので注意が必要。バランスよく機能が搭載されており幅広い方におすすめのモデルです。

マモリオ(MAMORIO) MAMORIO

知名度が高くユーザー数も多いスマートタグです。東京メトロや日本郵便、JALなどの大手企業とも連携した取り組みを行なっています。発見支援サポートや紛失保険を含む「あんしんプラン」を提供しており、安心して使用できるアイテムです。

Bluetooth接続したスマートフォンから離れると通知が来る「忘れ物防止機能」を搭載しているので、専用アプリを使っていつどこで紛失したか確認できます。有効範囲は約30mですが、「みんなでさがす」機能をオンにすると、有効範囲外であっても他のユーザーとすれ違った際の位置情報を入手できるのもポイントです。

重さは約3gと軽く、キーホルダーとして気軽に持ち物に装着可能。電池の寿命は平均8〜10ヶ月ほどで、電池交換の際はメーカーに送る必要があります。愛用者や提携する企業が多く、信頼して使える人気のモデルです。

タイル(Tile) Tile Slim

「タイル」は世界中で使用されている人気シリーズです。本モデルは厚さ2.4mmのスリムな薄型タイプ。財布や書類にかさばらずにすっきりと入れておけます。有効範囲は最大30mで、スマートフォンとBluetooth接続を行い、相互に音を鳴らすことが可能。専用アプリでは最後に落とした場所と時間を確認できるので捜索に役立ちます。

他のユーザーとすれ違った際の位置情報を利用でき、海外にも愛用者が多い製品。そのため、海外旅行の際に荷物やパスポートなどにつけておくのもおすすめです。

「IP57」の防水・防塵設計であり、生活防水に十分な防水性能があるのもポイント。また、話題のスマートスピーカーとも連携できます。電池は約1年持ちますが、電池交換の際はメーカーによる交換プログラムを利用しなければなりません。防水設計と知名度の高さが魅力のおすすめモデルです。

ウィスティキ(WISTIKI) voila!

フランスでのクラウドファンディングから商品化され、世界中でヒットしているスマートタグ。スタイリッシュでおしゃれなデザインはフランスのクリエイター、フィリップ・スタルク氏によるものです。キーホルダータイプなので、鍵などに取り付けて使用できます。

有効範囲は最大100mと広範囲をカバー。スマートフォンと連携して互いに音を鳴らせ、90dBの大音量で位置をはっきりと知らせます。GPS機能により専用アプリのマップで位置を確認できるのもポイント。スマートフォンとの距離が離れると通知する、忘れ物防止機能も搭載しています。

防水設計なので、雨などに濡れる可能性のある用途にもおすすめ。電池交換はできませんが約2年使用でき、コスト面を電池寿命の長さがカバーしています。機能が豊富で人気の高いおすすめモデルです。