iPhoneを使って写真や動画を撮ったり、お気に入りの音楽をダウンロードしたりしているとメモリ不足に陥りやすくなります。そのようなときに便利なのが、iPhone内に保存した大量の音楽や動画などのデータを移行し、スマホ側の容量を確保できる「iPhone用外付けメモリ」です。

そこで今回は、iPhone用外付けメモリの選び方とおすすめモデルをご紹介します。容量不足で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

iPhone用外付けメモリの種類

USBメモリ

USBメモリタイプは、端子部分にLightningコネクタを採用したUSBメモリです。iPhoneのLightningコネクタに直接挿し込むことで、手軽にデータの出入力を行えるのが魅力。多くの製品が専用アプリを用意しており、アプリを介して写真や動画などを簡単に転送できます。

コンパクトで持ち運びに適しているのもポイント。外出先でも使いたい場合や、他人に大量のデータを受け渡したい場合にも便利です。また、USB3.0に対応しているモデルなら大量の重いデータも素早く送受信することが可能。より快適に使用したい方は、ぜひUSBメモリの規格もチェックしてみてください。

ただし、iPhone4S以前の機種や最新のiPadなど、Lightningコネクタを採用していないモデルも存在します。自身のiPhoneがどのコネクタを採用しているのか、購入前によく確認しておきましょう。

ネットワークHDD

By: amazon.co.jp

ネットワークHDDとは、ネットワーク上に接続できるハードディスクのことです。主に、Wi-Fiなどの無線接続を利用することで、1つのネットワークHDDに対して複数のデバイスからアクセスできます。

そのため、複数人でデータを共有・管理したり、パソコンとiPhoneの両方からデータにアクセスしたりと、便利に使用することが可能。また、ネットワーク環境によっては、外出先からも自宅やオフィスのネットワークHDDにアクセスできます。

その際は、iPhoneの通信料金がかさまないよう、Wi-Fiのある環境から接続するように気を付けましょう。なお、ネットワークHDDのなかにはパソコンが必要なモデルも存在します。iPhoneのみで使用することを考えている方はしっかり確認してみてください。

SDカードリーダー

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーは、名前の通り記憶装置であるSDカードを読み込むためのアイテムです。SDカードリーダーは製品によって、iPhoneとSDカード間でデータの送受信方向が決まっている場合もあります。

そのため、iPhoneの外付けメモリとして使う場合は、iPhone内のデータをSDカードに書き込めるモデルを選ぶことが大切。また、SDカードリーダーは製品によって対応しているSDカードの規格が異なります。

SDカードの場合はSDカード・SDHCカード・SDXCカードの3種類、microSDカードの場合はmicroSDカード・microSDHCカード・microSDXCカードの3種類がそれぞれ存在。順に容量が大きくなり、比例して価格も上がります。自身の用途に適したSDカードをチェックし、そのうえでSDカードリーダーを検討するのがおすすめです。

iPhone用外付けメモリの選び方

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

iPhone用外付けメモリが備えているストレージ容量はモデルごとに大きく異なり、基本的にはストレージ容量が大きくなるほど価格が高くなります。「USBメモリタイプ」「ネットワークHDDタイプ」「SDカードリーダータイプ」の3種類のなかで、容量当たりの単価は「USBメモリタイプ」が高めです。

USBメモリタイプは、32GBや64GBといった小さめの容量が主流。写真や音楽をはじめ、WordやExcelのようなOfficeファイルなど、小容量のデータを保存するのに適しています。

ネットワークHDDタイプは500GB〜4TBの大容量モデルが中心。高画質な動画やハイレゾ音源のような、1つのファイルで多くの容量を必要とするデータを大量に扱う際に適しています。

SDカードリーダータイプはSDカードによって容量を変えられるため、ビジネスとプライベートなどシーンに合わせて使いたい方におすすめです。

接続端子の種類と搭載数で選ぶ

By: amazon.co.jp

USBメモリタイプには、モデルによってLightningコネクタだけでなく、USBコネクタやmicro USBコネクタなどを備えているモノもあります。

USBコネクタを備えた製品であれば、iPhoneから保存したデータをパソコンに移行可能。Androidスマホ対応のコネクタを搭載したモデルの場合、外付けメモリを介してiPhoneのデータを別のAndroidスマホにシェアできて便利です。

そのため、USBメモリタイプのiPhone用外付けメモリを選ぶ際には、ほかのデバイスと併用するかどうかも確認しておきましょう。

MFi認証の有無をチェック

「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。「MFi認証」を受けている製品は、iPhone・iPad・iPod用に作られているとAppleに認定されていることを表しています。

「MFi認証」の製品は、メーカーが保証する範囲のApple製品における接続・動作が確実なことに加え、iOSがアップデートされた場合でも問題なく使い続けられるのがメリットです。逆に、MFi非認証製品では接続や動作、iOSアップデート後の使用に不安があります。

「MFi認証」はApple製品と有線接続を行う機器に適用されるため、直接Lightning端子に差し込むUSBメモリタイプでは「MFi認証」製品を選ぶことが大切。MFi非認証製品は「MFi認証」製品よりも安い傾向にありますが、USBメモリの場合は、大切なデータが使えなくなるリスクが大きくなることには留意しましょう。

iPhone用外付けメモリのおすすめモデル|USBメモリ

ロジテック(Logitec) USBメモリ LMF-LGU264G

LightningコネクタとUSB2.0コネクタを搭載したMFi認証モデル。パソコンを使用しなくても、iPhoneの写真や連絡先などのバックアップが取れます。

また、使用するパソコンを事前に登録しておくことが可能。登録していないパソコンからメモリ内のデータを閲覧する場合はパスワードが必要となるため、大切なデータの漏えい対策に役立ちます。優れたセキュリティ機能が魅力のアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iPhone iPad Lightning Type-C USBメモリ 600-IPL128GC

Lightningコネクタの反対側にType-Cコネクタを搭載したiPhone用外付けメモリです。Type-Cコネクタに対応したMacなどへデータを転送しやすいのが魅力。Type-Cポートを搭載したiPadともスムーズに接続できます。

MFi認証を取得しているので、アップデートがあった場合も引き続き使用可能。iPhoneやiPadから動画と画像のデータのみ転送できるため、動画を撮影する機会が多い方や映像コンテンツをダウンロードする機会が多い方に向いています。

エレコム(ELECOM) Lightningコネクタ搭載USB3.2 Gen1メモリ MF-LGU3B128G

Lightningコネクタだけでなく、USB Type-AコネクタとUSB Type-C変換アダプタも搭載したiPhone用外付けUSBメモリ。Appleの正規ライセンスを取得しています。

USB Type-Aコネクタは、USB3.2 Gen1を採用しているため、iPhoneはもちろん、Androidスマホ・タブレット・パソコンなどさまざまな機器のデータを高速で転送できるのがポイント。また、データのバックアップや復元は、無料の専用アプリを使うことで簡単にできます。

ほかにも、本体下部に付いているLightningコネクタは90°回転するので、未使用時は本体に収納できるのも魅力。容量は16GB・32GB・64GB・128GBがラインナップされています。転送速度を重視する方や、さまざまなデバイスで使いたい方にもおすすめの製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) USBメモリー U3-IP2/32GK

iPhone・Android・パソコンで使用できるiPhone用外付けUSBメモリです。コネクタはLightning・micro-B・USB Type-Aの3種類を搭載。さまざまなデバイスと接続できるため、デバイス間のデータ共有やバックアップなどが簡単に行えます。

また、専用のスマホアプリを使えば、スムーズにスマホ内のデータ移行が可能。写真や動画、アドレス帳のデータ移行ができるため、スマホを機種変更するときに役立ちます。バックアップや復元もでき、シンプル操作なので初心者でもわかりやすいのがポイントです。

さらに、本体には端子にかぶせるキャップが搭載されています。キャップは紛失防止に役立つバンド付きで、持ち運びにもおすすめ。スタイリッシュなデザインでビジネスシーンにもぴったりな製品です。

iDiskk USBメモリ

互換性が高く使いやすいiPhone用外付けUSBメモリです。iPhoneやiPadなどさまざまなAppleデバイスに対応可能。LightningコネクタだけではなくUSB3.0コネクタも搭載しており、iPhoneのデータをパソコンに転送できます。

また、専用アプリを使えば外出先でも写真や動画などのデータを管理可能。USBメモリをiPhoneに挿し込めば自動で専用アプリが起動し、バックアップも簡単にできます。パスワードの設定ができ、データをしっかりと保護できるのもポイントです。

MFi認証製品なので、安心して使えるのも魅力。軽量かつコンパクトサイズで持ち運びやすいほか、360°回転式のキャップレスタイプのため便利です。

JDTDC Apple認証USBメモリ JD003

128GBの大容量を備えたiPhone用外付けメモリです。Lightningコネクタだけでなく、USB Type-Aコネクタも搭載。iPhoneからデータを取り込んで、簡単にパソコンに転送できるのがメリットです。

本製品はAppleのMFi認証を取得しているので安心して使用可能。Appleデバイスとの互換性が高く、さまざまな種類のiPhoneで使用できる点もおすすめです。

ANKITY 3in1 フラッシュドライブ

USB Type-A・Lightning・micro USBの3端子を備えたUSBメモリ。iPhoneだけでなくパソコンやAndroidの端末内のデータも移行可能です。各機種の間に写真やビデオなどのファイルを自由に共有できます。

専用アプリがあればパスワードやタッチIDを設定して、個人用ファイルやストレージスペースのロックなどをしてセキュリティ対策を行えます。高速データ転送が可能なUSB3.0に対応しており、4KやフルHDの動画もスムーズに転送可能です。

スマホのバックアップを取りたい方や、写真や動画などのデータをスムーズに移行したい方におすすめのUSBメモリです。

アダムエレメンツ(ADAM elements) iKlips DUO+ ADM-DP128

キーホルダーなどに付けて持ち歩ける、スマートなデザインのiPhone用外付けメモリです。亜鉛合金とアルミニウム合金を使った堅牢なケースを採用。高級感があるレザースリーブカバーも付属し、大切なデータをおしゃれに保管できます。

ケース内で回転させるだけで、LightningコネクタとUSB Type-Aコネクタを切り替え可能。USB Type-AコネクタはUSB 3.1に対応しているため、動画などの大容量データも最大130MB/sの高速転送ができます。

また、無料の専用アプリで、iPhoneのデータ管理も簡単。MFi認証を取得しているため、iPadやiPodのデータを管理したい方にもおすすめです。

サンディスク(SanDisk) iXpand Flip フラッシュドライブ SDIX90N-128G

安さを重視する方におすすめのiPhone用外付けメモリです。128GBの大容量モデルですが、比較的リーズナブルな価格で購入できるのがメリット。iPhone用外付けメモリを試してみたい方や、初期費用を抑えたい方にもおすすめです。

片側にキャップが付いており、コネクタの先端をカバー可能。キャップは左右に付け替えられ、使用していない方のコネクタを保護できます。Lightningコネクタの反対側にはUSB Type-Aを搭載しており、USB 3.0の高速転送が可能です。

iPhone用外付けメモリのおすすめモデル|ネットワークHDD

バッファロー(BUFFALO) LinkStation ネットワーク対応HDD LS210D0101G

簡単に接続できるネットワークHDDです。導入マニュアルが添付されており、手順通りに進めるだけで製品の設置や接続準備が可能。スマホやタブレットだけで初期セットアップが設定できるので、初心者でも簡単に使えます。

また、メーカーの専用アプリ「WebAccess」機能を搭載しているのも魅力。インターネット環境が整っている場所であれば、どこにいてもスマホやタブレット、パソコンなどからアクセスして操作できます。

さらに、決められた時間だけ稼働するように設定できるタイマー機能を搭載し、無駄な電力を防ぐことが可能。初めてでも使いやすい機能性に優れた製品です。

バッファロー(BUFFALO) LinkStation ネットワーク対応HDD LS510D0401G

デュアルコアCPU搭載のネットワークHDDです。通常、複数人が同時に利用すると速度が遅くなりますが、本製品は複数人が同時にアクセスしてもスムーズな通信が可能。長時間の動画など大容量データもすぐに転送できます。

iPhoneのバックアップも取れるほか、Macの自動バックアップ機能である「Time Machine」にも対応。幅広い使い方で、データ容量の拡大ができるおすすめモデルです。

バッファロー(BUFFALO) LinkStation ネットワーク対応HDD LS220D0602N

複数のHDDドライブをひとつのHDDのように扱える、RAID機能が手軽に使用できるネットワークHDDです。データを二重化することにより、安全にデータを管理可能。大事なデータを保管するのに適しています。

RAID1とRAID0の2つのモードに対応。複数のHDDに同じデータを保存するRAID1は、大切なデータを保管したいときに便利です。データを分割して保存するRAID0は書き込みと読み込みの速度が速いので、大容量のファイルを扱う場合に向いています。

また、3TBのHDDを2個内蔵した合計6TBの大容量も魅力。機能と容量、価格のバランスにも優れています。大切なデータを複数のネットワークHDDで管理したい方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) LinkStation ネットワーク対応HDD LS520D0402G

家族で使用するのにおすすめのネットワークHDDです。速さと安定性を実現したデュアルコアのCPUを搭載。家族全員で同時にHDDへアクセスしても、サクサクと快適に使用できます。

また、「TimeMachine」機能を備えているので、Macのバックアップが取れるのも便利です。ほかにも、一定時間アクセスがないと自動でスリープする「スピンダウン機能」を搭載しており、不使用時の消費電力を抑えられます。

さらに、容量の増設に対応できるのも特徴。HDDの容量が一杯になった場合でも、外付けHDDを接続すれば保存容量を柔軟に増やせます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワーク接続ハードディスク HDL-TA2

簡単操作で初めてでも使いやすいネットワークHDDです。LANケーブルと電源ケーブルを繋ぐだけで準備完了。セットアップはパソコンやスマホなどで専用アプリをインストールし、管理者パスワードを設定するだけなので初心者でも簡単に設定できます。

また、プライバシーを守れる「じぶんフォルダー機能」を搭載。利用者それぞれがユーザー名とパスワードを決めることで、自分専用の保存場所を作成可能です。家族間で共有して使用するときにもプライバシーが守られるため、安心してデータを保存できます。

さらに、読み込み速度が約97MB/sと高速なのもポイント。動画や写真などのデータ移行をスムーズに行えます。大容量で使いやすいおすすめの製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワーク接続ハードディスク HDL2-AAX6/E

超高速でデータ転送が可能なネットワークHDDです。高性能デュアルコアCPUを採用しており、2.5GbEポートを搭載。読み込みは速度最大226.6MB/sと高速で、複数のデバイスからファイルへ同時にアクセスしても快適に使用できます。

また、独自のデータ保護技術「拡張ボリューム」を採用。2台のHDDに同じファイルを書き込み可能で、万が一どちらかのHDDが故障した場合でもデータを守れます。

さらに、一定時間本体へのアクセスがなければ、自動的に省電力モードに移行する機能も搭載。HDDがスタンバイ状態になるため、消費電力を抑えられます。外付けHDDを付ければ容量を拡張することも可能。大容量で使いやすい製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワーク接続ハードディスク HDL-AAX3/E

「データコピー機能」を搭載したネットワークHDD。古いネットワークHDDからの買い替え時に面倒な、データの移行が簡単にできて便利です。

高性能デュアルコアCPUを採用しているのもポイント。最大173.5MB/sの読み込みに対応しています。複数のデバイスから同時にアクセスをしても速度低下を最小限に抑える点も魅力です。また、USB3.1 Gen1ポートを1基搭載し、本体への読み書きも高速で行えます。

ほかにも、必要な機能を個別に追加できる「パッケージ機能」も搭載。クラウドサービスとの同期や、セキュリティの強化など、使用状況に応じてHDDをカスタマイズできます。

プリンストン(PRINCETON) Digizo ShAirDisk PTW-SDISK1

小型で持ち運びやすいネットワークHDDです。スマホやタブレットは最大5台まで同時に接続可能。出張や旅行先などでデータを共有したいときに役立ちます。専用アプリを使えば、Android端末やパソコンからもアクセス可能です。

また、アクセスポイント機能を搭載しており、有線LANのみの環境であってもWi-Fi環境に切り替えられるのが魅力。既存のWi-Fi環境を手軽に拡張できます。

さらに、USBポートが搭載されているため、大容量メモリや外付けHDDを接続可能。最大2TBまで対応しており、使用するシーンに合わせて容量を変更できます。幅広い用途で使えて持ち運びにも便利な製品です。

iPhone用外付けメモリのおすすめモデル|SDカードリーダー

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Lightningカードリーダー ADR-IPLSDW

Lightningコネクタを搭載しているSDカードリーダーです。直接iPhoneに接続するタイプなので、Wi-Fi環境がなくても使えるのが魅力。コンパクトなため、外出先での使用にもおすすめです。

また、SDカードだけではなくmicroSDカードに対応しているのもポイント。JPEGやGIF、MP4、Word、Excelなど幅広い形式のファイルを閲覧できます。アプリを使えばパソコンに接続することも可能です。

エレコム(ELECOM) Lightningコネクタ接続 MR-LC201

Apple正規ライセンス、MFi認証を取得しているおすすめのSDカードリーダーです。iPhone・iPadとSDカード・microSDカード間で、直接写真や音楽などのデータのやり取りができます。

無料でダウンロードできる専用アプリ「EXtorageLink」で容易にデータの管理が可能。カード内の容量やデータの確認もできて便利です。

ラディウス(radius) SDカードリーダー AL-LMR11

4~256GBのmicroSDカードに対応したiPhone用外付けメモリです。iPhoneで撮影した写真の場合、64GBなら約40000枚保存できます。

無料ファイル管理アプリ「DATA-BOX」も使用可能。見やすい画面デザインで写真のバックアップが確認できるのが魅力です。アドレス帳もバックアップできるので、故障などに備えられます。

ADATA 3WAY Lightning カードリーダー ALRAI910C

さまざまなデバイスに対応しているSDカードリーダーです。Lightningコネクタだけではなく、micro USB・USB Type-Aにも対応可能。iPhone以外にもAndroidやWindowsでも使用できます。

また、パススルーモードを搭載しており、データ転送中に充電も可能。Wi-Fi環境がなくても、複数の端末から双方向に読み出しや書き込みができます。写真や動画、ドキュメントなど約40種類のファイル形式に対応しているのもポイント。MFi認証を取得しているので、安心して使える製品です。

Maktar Qubii Pro

AppleのMFi認証を受けているSDカードリーダーです。使い方は、別売りのmicroSDカードを挿入し、iPhoneの電源アダプタとLightningケーブルの間に本製品を接続して、通常通り充電するのみ。充電しながらデータのバックアップが手軽に取れるのが魅力です。

無料の専用アプリをダウンロードすれば、カードの残容量をチェックしたり、iPhoneにバックアップデータを復元したりすることが可能。また、そのままパソコンのUSBポートに本製品を接続することで、パソコンへも簡単にデータを移行できます。

ほかにも、25×25×45mmとコンパクトで持ち運びやすいのもポイント。バックアップの手間を抑えたい方におすすめの製品です。

ロジテック(Logitec) ライトニングカードリーダー LMR-MB15SV

SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えた、Lightning接続対応のSDカードリーダーです。本体側面にはパソコンと接続ができるUSBポートも搭載しています。パソコンとiPhoneを同時に接続しての使用はできませんが、本製品が1つあればパソコンとデータのやり取りもできるので便利です。

ケーブルに難燃性の素材を使用し、コネクタ部分にはサビに強く信号劣化の少ない金メッキピンを採用。耐久性に優れている点もおすすめです。

PhotoFast CR-8710+

最大512GBのSDカードに対応した、大容量タイプのiPhone用外付けメモリです。SDカード・SDHCカード・SDXCカードとの互換性もあり、スマホやカメラなどのデバイスごとに、さまざまなSDカードを使い分けている方も便利に使えます。

また、動画や写真だけでなく、ドキュメントや音声など、さまざまなファイル形式に対応しているのもポイントです。専用のファイル管理ソフトには、圧縮機能や暗号化機能も付いているので、仕事で扱うデータをバックアップするのにも向いています。