iPhoneを使って写真や動画を撮ったり、お気に入りの音楽をダウンロードしたりしているとメモリ不足に陥りやすくなります。そんなときに便利なのが、iPhone内に保存した大量の音楽や動画などのデータを移行し、スマホ側の容量を確保できる「iPhone用外付けメモリ」です。

そこで今回は、iPhone用外付けメモリの選び方とおすすめモデルをご紹介します。容量不足で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

iPhone用外付けメモリの種類

USBメモリ

By: amazon.co.jp

USBメモリタイプは、端子部分にLightningコネクタを採用したUSBメモリです。iPhoneのLightningコネクタに直接挿し込むことで、手軽にデータの出入力を行えるのが魅力。多くの製品が専用アプリを用意しており、アプリを介して写真や動画などを簡単に転送できます。

コンパクトで持ち運びに適しているのもポイント。外出先でも使いたい場合や、他人に大量のデータを受け渡したい場合にも便利です。また、USB3.0に対応しているモデルなら、大量の重いデータも素早く送受信することが可能。より快適に使用したい方は、ぜひUSBメモリの規格もチェックしてみてください。

ただし、iPhone4S以前の機種や最新のiPadなど、Lightningコネクタを採用していないモデルも存在します。自身のiPhoneがどのコネクタを採用しているのか、購入前によく確認しておきましょう。

ネットワークHDD

ネットワークHDDとは、ネットワーク上に接続できるハードディスクのことです。主に、Wi-Fiなどの無線接続を利用することで、1つのネットワークHDDに対して複数のデバイスからアクセスできます。

そのため、複数人でデータを共有・管理したり、パソコンとiPhoneの両方からデータにアクセスしたりと、便利に使用することが可能。また、ネットワーク環境によっては、外出先からも自宅やオフィスのネットワークHDDにアクセスできます。

その際は、iPhoneの通信料金がかさまないよう、Wi-Fiのある環境から接続するように気をつけましょう。ただし、ネットワークHDDのなかにはパソコンが必要なモデルも存在します。iPhoneのみで使用することを考えている方は、その点をよく確認してみてください。

SDカードリーダー

SDカードリーダー

By: amazon.co.jp

SDカードリーダーは、その名の通り記憶装置であるSDカードを読み込むためのアイテムです。SDカードリーダーは製品によって、iPhoneとSDカード間でデータの送受信方向が決まっている場合もあります。

そのため、iPhoneの外付けメモリとして使う場合は、iPhone内のデータをSDカードに書き込めるモデルを選ぶことが大切。また、SDカードリーダーは製品によって対応しているSDカードの規格が異なります。

SDカードの場合はSDカード・SDHCカード・SDXCカード、microSDカードの場合はmicroSDカード・microSDHCカード・microSDXCカードのそれぞれ3種類が存在。順に容量が大きくなり、比例して価格も上がります。自身の用途に適したSDカードをチェックし、そのうえでSDカードリーダーを検討するのがおすすめです。

iPhone用外付けメモリの選び方

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

iPhone用外付けメモリが備えているストレージ容量はモデルごとに大きく異なり、基本的にはストレージ容量が大きくなるほど価格が高くなります。

また、iPhone用外付けメモリには「USBメモリタイプ」と「ネットワークHDDタイプ」の2種類があり、容量当たりの単価は「USBメモリタイプ」の方が高めです。

USBメモリタイプは、32GBや64GBといった小さめの容量が主流で、128GBや200GB以上のモノもありますが高額です。写真・音楽や、Word・ExcelのようなOfficeファイルなど、小容量のデータを保存するのに適しています。

一方、ネットワークHDDタイプは500GB〜4TBといった大容量が中心。4Kのように高画質な動画やハイレゾ音源のような、1つのファイルで多くの容量を必要とするデータを大量に扱う用途に適しています。

接続端子の種類と搭載数で選ぶ

By: .amazon.co.jp

USBメモリタイプに限定した選び方ですが、モデルによってはLightningコネクタに加え、USBコネクタやmicro USBコネクタなどを備えているモノもあります。

USBコネクタを備えた製品であれば、iPhoneから保存したデータをパソコンに移行可能。Androidスマホ対応のコネクタを搭載したモデルの場合、外付けメモリを介してiPhoneのデータを別のAndroidスマホにシェアできて便利です。

そのため、USBメモリタイプのiPhone用外付けメモリを選ぶ際には、ほかのデバイスと併用するかどうかも確認しておきましょう。

MFi認証の有無をチェック

By: amazon.co.jp

「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。「MFi認証」を受けている製品は、iPhone・iPad・iPod用に作られているとAppleに認定されていることを表しています。

「MFi認証」の製品は、メーカーが保証する範囲のApple製品における接続・動作が確実なことに加え、iOSがアップデートされた場合でも問題なく使い続けられるのがメリットです。逆に、MFi非認証製品では接続・動作と、iOSのアップデート後の使用に不安があります。

「MFi認証」はApple製品と有線接続を行う機器に適用されるため、直接Lightning端子に差し込むUSBメモリタイプでは「MFi認証」製品を選ぶことが大切。MFi非認証製品は「MFi認証」製品よりも安い傾向がありますが、USBメモリの場合は、大切なデータが使えなくなるリスクが大きくなることには留意しましょう。

iPhone用外付けメモリのおすすめモデル|USBメモリ

Omars USBメモリ 32GB

Omars USBメモリ 32GB

容量32GBの外付けメモリとして利用できるモデルです。写真や動画、連絡先情報を手軽にバックアップすることが可能。MFi認証済み製品のため、iOSのアップデートがあっても安心して使用できます。

Lightningと反対側にUSB Type-A端子を搭載しているのが特徴です。USB3.0規格に対応しているため高速データ転送が可能。スマホやパソコンとの間でデータ共有のできる外付けメモリを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

OYIKYI USBメモリ 32GB

OYIKYI USBメモリ 32GB

Lightning・USB Type-A・microUSBと3つの端子を搭載した外付けメモリです。パソコンはもちろん、Androidスマホやタブレット端末ともデータの共有をしたい方におすすめのモデル。32GBの容量を備えておりスマホの容量不足解消だけでなく、ビジネスで使用する資料の持ち運びにも重宝します。

スライド式を採用しているので、必要な端子だけを引き出すことが可能です。パスワード保護機能を搭載しているのがポイント。セキュリティー面でも安心なため、プライベート・ビジネスに関わらず大切なデータを保存しておけます。

トランセンド(Transcend) USBメモリ 32GB TS32GJDG500G

トランセンド(Transcend) USBメモリ 32GB TS32GJDG500G

フラッシュメモリ関連製品の販売で有名な、トランセンドの外付けメモリです。アップルのMFi認証取得製品を探している方にもおすすめのモデル。将来的にiOSをアップデートしても安心して使い続けられます。

USB Type-A端子を搭載しているので、同端子を採用しているMacやWindowsパソコンとの接続も可能です。変換アダプタを使用する必要はありません。無料のiOS専用アプリ「JetDrive Go」をインストールしておけば、データのバックアップもワンタッチと簡単。

また、スマホで撮影した写真をダイレクトに保存させることも可能なため、手軽に内部ストレージの容量不足が防げます。

Puubar USBメモリ 32GB

Puubar USBメモリ 32GB

さまざまな機器やデバイス間で利用したい方におすすめのモデルです。Lightningに加えUSBとmicroUSB端子を搭載。さらに、USB Type-Cへの変換アダプタが付属しているため、MacBookはもちろん同ポートを採用したWindowsパソコンや、Androidデバイスとのデータ共有も簡単にできます。

360°自由に回転するカバーを備えており、未使用時のLightning端子をしっかり保護することが可能です。大型のリングデザインを採用しているのが特徴。ストラップだけでなく大きなキーチェンやカラビナなども取り付けられるので、カバンやリュックにぶら下げて気軽に持ち運べます。

保存したデータはパスワードロックをかけることが可能。重要な資料を保存する際にも安心です。「Touch ID」の設定ができるので、ロックを解除するたびにパスワードを入力する煩わしさもありません。

KEXIN USBメモリ 3in1 64GB

KEXIN USBメモリ 3in1 64GB

USB3.0規格に対応したType-A端子を搭載しており、パソコンへのデータ転送も高速にできる外付けメモリです。Type-A端子内にはmicroUSB端子も内蔵。スマホやタブレット端末といった、スマートデバイスとのデータ共有にも活躍します。

容量64GBのフラッシュメモリを搭載しているので、撮り溜めた写真や動画のバックアップ用途にも最適です。360°回転式のカバーで使用していない側の端子をしっかり保護します。

専用アプリによるパスワードの設定ができるため、重量な書類も安心して保存することが可能。初めて使用する際に画面表示されるアプリを、ダウンロードして設定しましょう。

LOMYGUS USB メモリ128GB

Lightningのほか、USBとmicroUSB端子を搭載した外付けメモリ。多様なポートを搭載するさまざまな機器と接続できます。

USB3.0規格に対応しており、素早いデータ転送が可能。容量128GBで書類や音楽データの保存はもちろん、大量の写真や動画ファイルのバックアップにも活躍します。

360°回転可能なスライド式キャップがコネクタをしっかり保護してくれるため、気軽に持ち運べるのも魅力。手頃な価格で購入できる大容量の外付けメモリを探している方におすすめです。

iDiskk USBメモリ 4in1 128GB

iDiskk USBメモリ 4in1 128GB

手裏剣のようにも見えるユニークなデザインの外付けメモリです。Lightning・USB Type-A・microUSB・USB Type-Cと4つの端子を搭載しているのが特徴。変換アダプタが不要で、さまざまな機器に使える外付けメモリを探している方におすすめのモデルです。

各ポートには保護キャップが装着されているため、持ち運びの際に重宝します。本体は厚さ8.49mmの薄型設計。カバンやリュックの中でもかさばりません。

iDiskk USBメモリ 256GB

iDiskk USBメモリ 256GB

データ容量の大きさが魅力のモデルです。容量256GBのフラッシュメモリを採用。高解像度の写真・動画の保存やバックアップ用途にも適しています。ただし、価格は高めなので購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

専用アプリをインストールしておけば、本機を接続するだけで写真を自動バックアップすることも可能。前回から追加された新しい写真だけをバックアップするため、快適に使用できます。

撮影した写真をダイレクトに保存することもできるので、バックアップの時間を省略したい方にもおすすめです。

iPhone用外付けメモリのおすすめモデル|SDカードリーダー

AKINK SDカードリーダー 4in1 外付メモリ

AKINK SDカードリーダー 4in1 外付メモリ

Lightning・USB/microUSB・USB Type-C端子を1台に集約したSDカードリーダーです。SDカードやmicroSDカードを外付けメモリとして使いたい方にもおすすめ。最大32GBの容量まで対応しているため、写真・動画・音楽などのデータが手軽に保存できます。

変換アダプタを使わずに多様な機器と接続できるので、MacやWindowsパソコン、Androidスマホとシームレスに情報共有したい方もぜひ検討してみてください。

amatage SDカードリーダー

amatage SDカードリーダー

USBポートを備えたSDカードリーダーです。SDカードはもちろん、USBメモリを外付けメモリとして利用することも可能。ほかにも、キーボードなど多様なUSB周辺機器が使える便利な製品です。ただし、USB機器とSDカードリーダーの同時使用はできないため、あらかじめ留意しておいてください。

充電用のLightningポートを搭載しているのも本モデルの特徴です。ACアダプタを接続しておけば、充電をしながらデータの移行作業がおこなえるので重宝します。

Fanyueng SDカードリーダー 5in1

Fanyueng SDカードリーダー 5in1

LightningやUSB Type-Aなど、5つのポートを搭載したモデルです。デバイスの充電をしながらSDカードに保存してある音楽を聴いたり、写真や動画データをUSBメモリに移行したりとさまざまな用途に使用できます。

3.5mmのイヤホンジャックを搭載しているのが特徴。iPhone7以降のモデルで、3.5mm端子を備えたヘッドホンやイヤホンを使いたい時に便利です。

ADAM elements iKlips miReader 4K

最大256GBのmicroSDに対応。外付けメモリとしてはもちろん、Androidスマホとデータを共有したい際などにも活躍するおすすめモデルです。アップルのMFi認証を取得しており、安心して使用できます。

4K動画の録画と同時にメモリカードへの直接保存が可能。スマホの保存容量を気にすることなく動画撮影を楽しめます。

4GBを超える単一ファイルの転送が可能なexFATのフォーマット形式に対応しているのもポイント。バックアップやシェアが素早く行えるおすすめアイテムです。

サンワサプライ(Sanwa Supply) Lightningカードリーダー ADR-IPLSDW

サンワサプライ(Sanwa Supply) Lightningカードリーダー ADR-IPLSDW

SDとmicroSDカードスロットを搭載したシンプルな構成の製品です。デジカメの写真を読み込んだり、逆に撮り溜めた写真や動画ファイルのバックアップと取ったりと便利。書類や連絡先情報のバックアップも簡単におこなえます。

ただし、無料のiOS専用アプリ「POWER DRIVE」が必要となるので、あらかじめダウンロードしておきましょう。アップルのMFi認証を取得済みのため、将来的にも安心して使用することが可能です。

Fesor SDカードリーダー

Fesor SDカードリーダー

USB/microUSB端子を搭載したSDカードリーダーです。AndroidデバイスやWindowsパソコンとも、データのやり取りをしたい方におすすめのモデル。各機器と直接接続してデータの転送を行うことが可能です。

写真・動画・音楽などさまざまなファイルを簡単に移行できます。8・16・32・64・128GBのSDカードに対応。保存したいデータ量に応じて適切な容量のカードを選びましょう。

ラブパワー(RAVPower) Wi-Fi SDカードリーダー

RAVPower Wi-Fi SDカードリーダー

Wi-Fi接続が可能なモデルです。Wi-Fiに対応したさまざまな機器と、ワイヤレス接続ができるので便利。端子の種類やMFi認証を気にする必要もありません。SDカードのほかUSBメモリなども接続できます。

最大4TBまでの外付けメモリに対応しているため、バックアップ用途にもおすすめのモデルです。6700mAhのバッテリーを内蔵。最⼤8.4時間の連続駆動ができるので、外出先でも手軽に利用することが可能です。