iPhoneで写真や動画を撮ったり、お気に入りの音楽をダウンロードしたりしていると、容量不足になりがちです。そのようなときに便利なのが、iPhone用外付けメモリです、iPhone内に保存した大量の音楽や動画などのデータを移行し、スマホ側の容量を確保できます。

そこで今回は、iPhone用外付けメモリの選び方とおすすめモデルをご紹介。容量不足で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

iPhone用外付けメモリの種類

USBメモリ

By: rakuten.co.jp

端子部分にLightningコネクタを採用したUSBメモリは、iPhoneのLightningコネクタに直接挿し込むことで、手軽にデータの出入力を行えるのが魅力。多くの製品が専用アプリを用意しており、アプリを介して写真や動画などを簡単に転送できます。

コンパクトで持ち運びに適しているのもポイント。外出先でも使いたい場合や、他人に大量のデータを受け渡したい場合にも便利です。また、USB3.0に対応しているモデルなら、大量の重いデータも素早く送受信することが可能。より快適に使用したい方は、ぜひUSBメモリの規格もチェックしてみてください。

ただし、iPhone4S以前の機種や最新のiPadなど、Lightningコネクタを採用していないモデルも存在します。自身のiPhoneがどのコネクタを採用しているのか、購入前によく確認しておきましょう。

ネットワークHDD

By: amazon.co.jp

ネットワークHDDとは、ネットワーク上に接続できるハードディスクのことです。主に、Wi-Fiなどの無線接続を利用することで、1つのネットワークHDDに対して複数のデバイスからアクセスできます。

複数人でデータを共有・管理したり、パソコンとiPhoneの両方からデータにアクセスしたりと、便利に使用可能。ネットワーク環境によっては、外出先からも自宅やオフィスのネットワークHDDにアクセスできます。

ただし、iPhoneの通信料金がかさまないよう、Wi-Fiのある環境から接続するように気を付けましょう。なお、ネットワークHDDのなかにはパソコンが必要なモデルも存在します。iPhoneのみで使用することを考えている方はしっかり確認してみてください。

SDカードリーダー

By: rakuten.co.jp

SDカードリーダーは、名前の通り記憶装置であるSDカードを読み込むためのアイテムです。SDカードリーダーは製品によって、iPhoneとSDカード間でデータの送受信方向が決まっている場合もあります。

そのため、iPhoneの外付けメモリとして使う場合は、iPhone内のデータをSDカードに書き込めるモデルを選ぶことが大切。また、SDカードリーダーは製品によって対応しているSDカードの規格が異なります。

SDカードの場合はSDカード・SDHCカード・SDXCカードの3種類、microSDカードの場合はmicroSDカード・microSDHCカード・microSDXCカードの3種類を展開。順に容量が大きくなり、比例して価格も上がります。自身の用途に適したSDカードをチェックしたうえで、SDカードリーダーを検討するのがおすすめです。

iPhone用外付けメモリの選び方

ストレージ容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

iPhone用外付けメモリが備えているストレージ容量はモデルごとに大きく異なり、基本的にはストレージ容量が大きくなるほど価格が高くなります。「USBメモリタイプ」「ネットワークHDDタイプ」「SDカードリーダータイプ」の3種類のなかで、容量当たりの単価は「USBメモリタイプ」が高めです。

USBメモリタイプは、32GBや64GBといった小さめの容量が主流。写真や音楽をはじめ、WordやExcelのようなOfficeファイルなど、小容量のデータを保存するのに適しています。

ネットワークHDDタイプは500GB〜4TBの大容量モデルが中心。高画質な動画やハイレゾ音源のような、1つのファイルで多くの容量を必要とするデータを大量に扱う際に適しています。

SDカードリーダータイプはSDカードによって容量を変えられるため、ビジネスとプライベートなどシーンに合わせて使いたい方におすすめです。

接続端子の種類と搭載数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

USBメモリタイプには、モデルによってLightningコネクタだけでなく、USBコネクタやmicro USBコネクタなどを備えているモノもあります。

USBコネクタを備えた製品であれば、iPhoneから保存したデータをパソコンに移行可能。Androidスマホ対応のコネクタを搭載したモデルの場合、外付けメモリを介してiPhoneのデータを別のAndroidスマホにシェアできて便利です。

そのため、USBメモリタイプのiPhone用外付けメモリを選ぶ際には、ほかのデバイスと併用するかどうかも確認しておきましょう。

MFi認証の有無をチェック

By: amazon.co.jp

「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。MFi認証を受けている製品は、iPhone・iPad・iPod用に作られているとAppleに認定されていることを表しています。

MFi認証の製品は、メーカーが保証する範囲のApple製品における接続・動作が確実なことに加え、iOSがアップデートされた場合でも問題なく使い続けられるのがメリットです。一方、MFi非認証製品では接続や動作、iOSアップデート後の使用に不安があります。

MFi認証はApple製品と有線接続を行う機器に適用されるため、直接Lightning端子に差し込むUSBメモリタイプでは、MFi認証製品を選ぶことが大切。MFi非認証製品はMFi認証製品よりも安い傾向にありますが、大切なデータが使えなくなるリスクが大きくなる点に注意が必要です。

iPhone用外付けメモリのおすすめ|USBメモリ

エレコム(ELECOM) Lightningコネクタ搭載USB3.2 Gen1メモリ MF-LGU3B128G

パソコンやスマホの周辺機器で人気の国内メーカー「エレコム」が販売する、Lightning端子搭載の外付けメモリです。端子部分が90°回転し、スッキリと装着できるのが特徴。画面操作を妨げないだけでなく、持ち運びにも重宝します。

USB Type-A端子を搭載しているほか、Type-C変換コネクターが付属。iPhone・iPad・パソコン・Android端末など、多様な機器で利用できます。専用アプリの操作方法が、iOSとAndroidOSで統一されているのも便利なポイント。また、データのバックアップや復元が2ステップで実行できます。

Vackiit Apple MFi認証取得 USB外付けメモリ UD06E

256GBの容量を備えた外付けメモリです。専用アプリ「iExpand」をインストールすれば、iPhone内のデータの転送やバックアップが簡単に実行できます。さらに、撮影時の即時保存に対応しているのも特徴。ストレージ残量を心配せず、写真や動画を取り続けたい方におすすめのモデルです。

Lightningに加えてUSB Type-A端子を搭載しているのがポイント。パソコンとのデータの共有や移行も手軽に行えます。また、360°回転式のキャップを採用しているため、2つの端子を素早く切り替えられて便利です。

USB 3.0規格に対応しており、データ転送速度が高速なのも魅力。また、AppleのMFi認証を取得しています。

JDTDC 128GB Apple MFi認証 USB外付けメモリ JD008

AppleのMFi認証を取得した外付けメモリです。長く安心して使用したい方におすすめのモデル。128GBの容量を搭載しているため、多くのデータが保存できます。専用アプリによる写真や動画の自動バックアップ機能を備えているのが特徴です。多くの写真や動画を撮影するシーンでも、ストレージ残量を気にする必要はありません。

LightningとUSB Type-C、2種類の端子を採用しているのもポイント。同形状のポートを搭載したWindowsPCやAndroidデバイスとのデータ共有が簡単におこなえます。ただし、Android端末がOTG機能に対応している必要があるので、利用予定の方はあらかじめ確認しておくと安心です。

iDiskk 256GB Apple MFi認証 USB外付けメモリ U006 256G

手軽に使えるiPhone用の外付けメモリを探している方におすすめのモデルです。ワンクリックでバックアップが実行できるので、面倒な操作は必要ありません。新しく追加された写真だけをバックアップするため、データ転送が短時間で済むのも便利です。256GBの容量を備えており、内蔵ストレージの容量不足解消に適しています。

LightningとUSB Type-A端子を搭載。パソコンとのデータ共有や転送が簡単におこなえます。Lightning端子を搭載したiPadでも使えるので、気になる方はチェックしてみてください。MFi認証を取得しており、長期間安心して使い続けられます。

iDiskk 256GB Apple MFi認証 USB外付けメモリ

4つの端子を1つに集約した、ポータブルタイプの外付けメモリです。持ち運びがしやすい、多機能な製品を求める方におすすめ。Lightningのほか、USB Type-A・ Type-C・microUSB端子を搭載しているため、さまざまなデバイスに接続して利用できます。

写真が自動でバックアップできるほか、連絡先のバックアップがとれるのも便利なポイントです。ただし、Androidスマホの場合は、OTG機能に対応している必要があります。購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。

Maktar 128GB Piconizer3 USB外付けメモリ

撮影した写真や動画がダイレクトに取り込める、おすすめの外付けメモリです。無料のアプリをダウンロードしiPhoneに挿すだけと、使い方は非常にシンプル。自動でアプリが起動するので、面倒な操作は必要ありません。写真や動画はもちろん、音楽・連絡先・書類など、幅広い種類のデータが扱えます。

USB Type-C端子を搭載しており、iPadやMacBookとのデータ共有も簡単。USB 3.0規格に対応しているため、高速なデータ転送がおこなえます。MFi認証取得済みで、安心して使い続けられるのもポイントです。

PHICOOL USBメモリ4in1 128GB UD310

Lightning端子・USB Type-C端子・USB3.0端子・microUSB端子の4つを備えた外付けメモリ。iPhoneはもちろん、Androidスマホやパソコンなど、さまざまなデバイスで使用できます。

容量は128GBで、転送が高速にできるのも魅力。また、専用アプリをインストールすることで、クラウドやパソコンを使わずにバックアップできるほか、アプリ内のカメラから直接USBメモリ本体にデータを保存できます。

また、大事なデータを保護するための、パスワード・指紋認証にも対応。さまざまなデバイスのデータをバックアップしたり、移動したりしたい方におすすめのモデルです。

GOVNDVN 256GB Apple MFi認証 USB外付けメモリ GM03

256GBの容量を搭載した外付けメモリ。専用の「GoMemory」アプリをインストールすることで、撮影した動画や写真が直接保存できます。ストレージの容量不足解消や容量拡張用途におすすめのモデルです。

パスワードとデータ暗号化機能を備えているのが特徴。事前に設定しておけば、万が一紛失した際でも情報漏洩のリスクが最小限に抑えられます。大切なデータを安心して保存することが可能です。USB 3.0規格対応のType-C端子を搭載しているため、大容量のデータが短時間で移行できます。

Qarfee 128GB 4in1 USBメモリスティック

Lightningに加えて、USB Type-A・Type-C・microUSB端子を搭載した4in1仕様の製品。幅広いデバイス間で、データを共有したり移行したりする方におすすめの外付けメモリです。USB 3.0規格に対応しているため、高速なデータ転送がおこなえます。

大口径のストラップホールを採用しているのが特徴。デバイスからの抜き取りが容易なほか、手持ちのキーホルダーが取り付けやすいのもポイントです。持ち運びの際の紛失リスクが軽減できます。

Patianco 128GB MFi正規認証品 USB外付けメモリ RCR01

スライド式構造を採用した外付けメモリです。LightningとUSB Type-A端子が、スマートかつ素早く切り替えられるおすすめのモデル。MFi認証を取得済みなので、安心して使用できます。

Type-C変換コネクターが付属しており、iPadやMacBookとの接続が容易なのもポイントです。デバイスに挿すだけで専用アプリが起動するなど、使い方はシンプル。写真・動画・連絡先・書類データのバックアップが簡単におこなえます。

iPhone用外付けメモリのおすすめ|ネットワークHDD

バッファロー(BUFFALO) 1TB ネットワーク対応HDD LinkStation LS210D0101G

価格の手頃なネットワーク対応HDDです。気軽に導入できる製品を探している方におすすめのモデル。1TBのドライブを内蔵しているため、iPhoneはもちろんタブレットやパソコンのデータも多く保存できます。「メディアサーバー」機能を搭載しており、本体に保存したコンテンツがWi-Fi経由でネットワーク対応テレビやステレオで楽しめるのも便利です。

無料アプリ「WebAccess」が提供されているのもポイント。端末にインストールすることで、外出先からでも簡単にアクセスすることが可能です。撮影した写真や動画データを転送すれば、スマホのストレージ残容量を気にせずに使えます。

バッファロー(BUFFALO) 2TB ネットワーク対応HDD LinkStation LS720D0202

ヘキサコアのCPUを搭載した、処理性能の高いネットワークHDDです。複数のデバイスで利用する方におすすめの外付けメモリ。アクセスが集中する負荷のかかるシーンでも、スムーズに処理が実行できます。

RAID 0とRAID 1に対応しており、データ復旧の容易さを優先するかアクセス速度の速さを重視するか、目的に合わせて選択できるのも便利です。スマホやタブレット専用のWeb設定画面を採用。わざわざパソコンを起動させなくても、設定作業が簡単に済ませられます。

スリープタイマー機能を搭載しているのもポイントです。あらかじめ設定した時間だけ電源をオフにすることが可能。いつもの就寝時間帯をセットしておけば、無駄な電力消費を抑えつつ使用できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 1TB ネットワーク接続ハードディスク HDL-TA1

初心者の方におすすめのネットワークHDDです。付属のQRコードをスマホで読み込むだけで初期設定がおこなえる、簡単セットアップが特徴。煩わしい設定作業が省略できるほか、パソコンを起動させる面倒もありません。スマホの写真や動画を、ワイヤレスで手軽に保存したい方にピッタリの外付けメモリです。

ファンレス設計を採用しているため、寝室やリビングなどへも安心して設置できます。また、「じぶんフォルダー」機能を搭載しているのもポイント。パスワードが設定できるので、データの内容を家族に見られる心配なく保存できます。さらに、暗号化により保護されるなど、セキュリティ性も良好です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 2TB NAS ランディスク HDL2-TA2

2つのドライブユニットを内蔵したネットワークHDDです。RAID 0に対応しており、ハードディスクを統合して大容量ハードディスクとして利用可能。2重保存もできるため、万が一片方のドライブが故障しても、もう片方のドライブから復旧ができるため慌てる心配がありません。データの消失リスクを軽減したい方におすすめの外付けメモリです。

ドライブユニットの交換に対応しているのが特徴。ドライブ故障時の入れ替え作業が簡単におこなえます。リモートアクセスに対応しているのもポイント。専用アプリをインストールしておけば、外出先など自宅のWi-Fiが届かない場所でもファイルにアクセスできて便利です。

iPhone用外付けメモリのおすすめ|SDカードリーダー

SUNTRSI iPhone iPad SDカードリーダー 2in1 DkqL+white

標準のSDカードとmicroSDカードスロットを搭載した、シンプルな製品です。価格が安いため気軽に購入しやすいのが魅力。デジカメやAndroidスマホで撮影した写真を、転送したり共有したりしたい方におすすめです。プラグ&プレイ対応で手軽に利用できます。

最大1TBのSDカードに対応しており、多くのデータが保存できるのもポイントです。コンパクトなボディは約14gと軽量。カバンやポーチにスッキリと収納でき、容易に持ち運びできます。

QIMIAOUS iPhone SDカードリーダー 3in1 QIMIAOUS-SD1021

スリムでスタイリッシュなデザインのSDカードリーダーです。携帯に便利な外付けメモリが欲しい方におすすめ。プラグ&プレイに対応しているため、ドライバーのインストールが不要ですぐに利用できます。本体素材にはアルミ合金を採用しており、高級感は良好です。

SDカードスロットがSDXC規格に対応しているのもポイント。最大1TBまでのSDカードをサポートしています。大容量SDカードが扱えるので、デバイスのストレージ容量が大きな場合でも安心してバックアップ可能です。

Rocketek iPhone microSDカードリーダー C1

microSDカードサイズ専用のコンパクトなSDカードリーダーです。携帯性を重視する方におすすめ。写真やビデオはもちろん、Excel・Word・PDFといった書類も保存できます。小型ながらストラップホールが設けられているため、キーホルダーなどが取り付けられるのも便利です。

デジカメやアクションカメラで撮影した動画を、iPhoneの画面でチェックするといった用途にもおすすめ。ただし、扱えるSDカードの容量が256GB未満の点は留意しておきましょう。

Dreamore 3in1 メモリカードリーダー

ユニークな形状をした3in1カードリーダーです。SDカードとmicroSDを使用可能。また、専用アプリをインストールせずに、すぐに使えるのも便利です。さらに、USB Type-AとType-Cポートを搭載しているのもポイント。それぞれにキャップが付いているので、持ち運びにも重宝します。

パソコンやAndroidデバイスとのデータ共有を手軽に行いたい方にもおすすめです。

SUNTRSI 4in1 SDカードリーダー

Lightningのほか、USB Type-A・Type-C・MicroUSB端子を備えた、1台4役のSDカードリーダーです。標準のSDカードとmicroSDカードスロットを搭載。サイズにかかわらず、手持ちのSDカードが使えるおすすめのモデルです。

最大400GBの容量までサポートしているため、大容量のデータも余裕で保存できます。また、Lightning充電ポートを搭載しているのがポイント。スマホを充電しながらデータ転送ができるので、バッテリー残量が少なくても心配いりません。