iPhoneやiPadは、Androidと違ってSDカードに対応していないため、本体容量が一杯になると、パソコンやクラウドストレージへデータを移行するしかありませんでした。しかし、Lightningコネクタ搭載のSDカードリーダーさえあれば、iPhoneやiPadでもSDカードが使えるようになるので、写真や動画、音楽などをたくさん楽しむことができます。

そこで今回は、そんな便利なSDカードリーダーをいくつかピックアップして紹介します!

おすすめのSDカードリーダー8選

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) マルチカードリーダー 400-ADRIP07WN

41iwQGKUDeL

商品価格 ¥ 4,280

いろいろなメディアが使えるSDカードリーダー。このカードリーダーは、SDHCメモリーカードやminiSDHC、T-Flashなど、いろいろなSDカードに対応しているので、これ1台でデジカメやパソコン、オーディオプレイヤーなど、さまざまなデバイスとやり取りをすることができます。

なお、USBポートを搭載しているので、USBメモリやハンディスキャナを接続させて使うこともできちゃいます。付属のmicro USBケーブルを使用すればiPhoneだけでなく、パソコン用カードリーダーとして使うこともできますよ。

Leef iACCESS LIACMWK000E1

31a69ilXsaL

商品価格 ¥ 5,930

スマートに使えるSDカードリーダー。使いやすさ重視で選びたい方には、こちらがおすすめ。デバイスにSDカードリーダーを装着時すると、本体の裏側に回り込むJ字型なので、挿したままでも邪魔になることなく快適に使えます。また、最大128GBのmicroSDカードに対応しているので、大容量規格のSDカードを使いたい方にもおすすめですよ。

ただし、対応しているカードは、microSDカードのみなので、他のタイプのSDカードを使いたい方は、注意が必要です。

PhotoFast PhotoFast CR-8800

商品価格 ¥ 4,580

Touch IDに対応したSDカードリーダー。セキュリティーに優れたSDカードリーダーが欲しい方には、こちらがおすすめ。iPhoneやiPadに搭載されている、Touch ID指紋認証に対応しているので、誤って紛失してしまっても安心です。なお、専用アプリを使えば、FacebookやインスタグラムなどのSNSにアップロードした写真を一括ダウンロードしたり、クラウドストレージサービスと連携させて、データ転送を手軽に行うこともできますよ。

PCATEC SDカードリーダー iStick-4

41sYNpoKITL

商品価格 ¥ 1,658

microUSBコネクタを搭載したSDカードリーダー。このカードリーダーは、Lightningコネクタとは別に、Androidスマホやタブレットでも使える、microUSBコネクタを搭載しているので、いろいろなデバイスで使いたい方におすすめ。

また、軽量コンパクトな作りになっているので、どこにでも手軽に携帯できるのもポイント。SDカードとmicroSDカードスロットに対応しているので、さまざまな種類のSDカードをこれ1台で使うことができますよ。

ラトックシステム Wi-Fi SDカードリーダー REX-WIFISD1X

31i7dVDJxRL

商品価格 ¥ 7,600

ワイヤレスで使えるSDカードリーダー。このカードリーダーには、Wi-Fiを内蔵しているので、ケーブルレスで手軽にデータ転送が行えます。本体には、SDカードスロットとは別に、USBポートを搭載しているので、USBメモリなどもワイヤレス化することができちゃいます。

大容量バッテリーを搭載しているので、1回の充電で最大9時間使うことができ、また、スマートフォンやタブレットのモバイルバッテリーとして使うこともできます。なお、専用アプリ「WiDrawer2」を使えば、たくさんの写真や動画も分かりやすく一括管理することができますよ。

アップル(Apple) Lightning - SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

21lqdyl8oal

商品価格 ¥ 3,592

アップルの純正SDカードリーダーです。アップルらしいシンプルなデザインが特徴的。純正じゃない商品の互換性が気になるという方におすすめです。しかし、microSDカードがささらないことには注意が必要。microSDカードを使いたい場合はアダプタを用意しましょう。

SDカードリーダー ISY-M31C

31RFgYVMd5L

商品価格 ¥ 690

コストパフォーマンスに優れたカードリーダー。わずか500円以下で購入することができるので、機能やデザインにこだわりがないのであれば、このSDカードリーダーで十分満足することができます。なお、格安カードリーダーにも関わらず、USBポートを搭載しているので、USBメモリなどの外部メディアを使うこともできちゃいます。

ただし、使用可能なメモリ容量は16GBまでと、大容量規格のSDカードに対応していないので、購入する際には注意が必要です。

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーの選び方

接続方法で選ぶ

679_resized_900x500

By: leef-jp.com

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダーには、ケーブルやコネクタに直接差して使う「有線タイプ」と、ケーブルレスで使える「ワイヤレスタイプ」の2つの種類があります。それぞれの特徴として、有線タイプは、デバイスに差すだけで簡単に使うことができるので、機械が苦手な方でも手軽に使うことができます。また、価格も安いため、特にこだわりがないのであれば、有線タイプの製品がおすすめ。

一方で、ワイヤレスタイプは、BluetoothやWi-Fiを使ってデバイスと接続するため、ケーブルレスで快適に使えるのがポイント。ただし、価格が高かったり、定期的に充電が必要などの弱点もあります。ワイヤレスタイプは、同時に複数の端末からアクセスすることができるので、友達とデータをシェアしたりするのに便利ですよ。

対応カードで選ぶ

camera-1854030_960_720

SDカード言ってもその種類はさまざまで、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティックなど、いろいろなタイプがあります。SDカードの種類によっては、カードリーダーが対応していない場合もあるので、選ぶ際には、自分が使いたいカードに対応しているかどうかを、しっかりとチェックしましょう。

なお、SDカードリーダーによっては、容量制限のある製品もあるので、大容量規格のSDカードを使いたい方は、何GBまで対応しているのかをしっかりと確認してからにしましょう。

オプション機能で選ぶ

51kzcam14sl

By: amazon.co.jp

似たような機能や価格でどれにするのか迷ったら、便利なオプション機能で選ぶのも良いでしょう。例えば、iPhone以外にもAndroidスマホやタブレットでも使いたい方には、MicroUSB&Lightningコネクタをダブルで搭載したSDカードリーダー、セキュリティ対策に優れたカードリーダーが欲しい方には、Touch IDに対応したSDカードリーダーがおすすめ。

中には、カードリーダー、Wi-Fiルーター、モバイルバッテリの1台3役をこなす、便利なマルチカードリーダーもあるので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。