PCをキーボードやマウスとワイヤレスで繋ぐ際の主流となっているのがBluetooth接続ですが、古いPCには対応していないモデルもあります。そんなときにあると役に立つのが「Bluetoothアダプタ」です。

PCのUSBポートに挿入するだけでBluetooth接続が使用可能になるのが特徴ですが、種類が豊富なのでPCに詳しくないと選ぶのは困難。そこで今回は、Bluetoothアダプタの選び方を踏まえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

Bluetoothアダプタとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothアダプタとは、PC用の周辺機器の1種で、Bluetoothによる通信機能を内蔵した機器のこと。PCのUSBポートに挿入することで、PCとBluetooth接続に対応したマウス・キーボード・イヤホン・プリンターなどをペアリングしてワイヤレスで使用できるようになります。

Bluetooth接続に対応したワイヤレス機器はケーブル管理の煩わしさがなくなるので便利ですが、古いモデルのPCはBluetooth通信機能を搭載していない場合もあるのが難点。しかし、そのようなモデルでも安価にBluetooth通信機能を追加できるので、現在使用中のPCでコストを抑えつつBluetooth機器を活用したい方におすすめです。

Bluetoothアダプタの選び方

BluetoothのClassとバージョンをチェック

By: elecom.co.jp

Bluetoothには電波の通信可能距離を表す「Class」という概念があります。最大1mの通信距離に対応するClass1、最大10mに対応するClass2、そして最大100mに対応するClass3の3種類。Bluetooth機器で現在主流なのはClass2で、PCの側にあるBluetooth機器と接続したい場合はclass2で問題ありません。

また、Bluetoothの規格にはVer.5.1などと記載される「バージョン」があり、数値が大きくなるほど高性能となるのもポイント。Bluetoothアダプタで現在主流となっているのはVer.4.0以降のもので、省電力に特化しているので対応機器を長時間使用できます。

対応プロファイルをチェック

By: creative.com

Bluetoothアダプタを購入する際は使用したい機能に対応するプロファイルが含まれているかが重要となります。Bluetooth通信とひと口に言っても使用できる機能は多彩。イヤホンにステレオ音声を転送するA2DPや、プリンターに写真を転送できるBIPなど20種類以上があります。

Bluetoothアダプタ側が使用したい機能に対応したプロファイルを搭載していないと、マウスやイヤホンなど使用したい機器がこれらの機能に対応していたとしても使えないので注意が必要。特に、Ver.3.0以前など古いバージョンのBluetoothアダプタには対応していないプロファイルもあるので、購入の際は忘れずに確認しましょう。

USBの規格をチェック

By: amazon.co.jp

BluetoothアダプタはPCのUSBポートに挿入して使用しますが、USBにも複数の規格があるため注意が必要。USBの規格には1.1・2.0・3.0・3.1(Gen1・2)が存在しますが、バージョンの数値が大きくなるほど高速な転送速度に対応するので、周辺機器がより便利に使えます。

Bluetoothアダプタで現在主流のUSB規格は2.0と3.0です。USBは下位互換性があるためUSB2.0ポートのPCにUSB3.0のBluetoothアダプタを接続して使用は可能。しかし、Bluetooth機器を使用する際の速度はUSB2.0のものに落ちるため、快適に使用したい場合はUSB3.0に対応したモデルがおすすめです。

Bluetoothアダプタのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは大阪に本社を置くPC・スマホ用の周辺機器を扱う大手メーカー。マウスやキーボードをはじめとする13部門で業界トップクラスのシェアを持っています。また、自社で生産工場を持たず製造を海外に委託するファブレスメーカーとしても有名ですが、品質には特に厳しい基準を設けているため、高品質な製品が安く入手できるのが魅力です。

BluetoothアダプタとしてはBluetooth Ver.4.0やClass1に対応する高性能な製品を用意。対応プロファイルの面でも業界最多となる26種類に対応した製品も発売しているため、多くのPCやBluetooth機器で安心して使えます。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは名古屋に本社を置く老舗のPC用周辺機器メーカーです。創業から40年以上の歴史があり、古くはプリンターでの印刷中でもPCの使用を可能にする内蔵型プリンターバッファで一世を風靡しました。現在では外付けHDD・カードリーダー・無線LANルーターをはじめとする多くの機器を扱っています。

Bluetoothアダプタとしては小型でPCに接続しても邪魔になりにくいモデルを用意。また、高音質・低遅延の音声コーデックであるaptXにも対応するのも特徴で、Bluetoothイヤホンで快適に音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

Bluetoothアダプタのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C2/N

エレコム(ELECOM) Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C2/N

Bluetooth Class2に対応する軽量・コンパクトなBluetoothアダプタです。重量が約2.0gとコンパクトサイズで、PCに装着する際に飛び出し部分が少なく邪魔にならないのが特徴。また、Bluetooth 4.0対応により最大6割の消費電力カットをしているので、モバイル環境でも安心して使えます。

業界最多となる26種類のプロファイルに対応するのもポイント。世界トップクラスのBluetoothソフトウェアであるIVT社製スタック「BlueSoleil」を選択できるので、マウス・キーボード・マイクなど既存のBluetooth機器が広く活用できます。

エレコム(ELECOM) Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C1

エレコム(ELECOM) Bluetoothアダプタ LBT-UAN05C1

より安定したワイヤレス接続が利用できる高性能なBluetoothアダプタです。基本的な性能はBluetooth Class2モデルと同等ですが、Class1に対応したことで、最大で半径100mまでのワイヤレス接続が可能。電波の出力が向上しているため通信が途切れにくく、Bluetooth機器がストレスなく使えます。

対応OSはWindow 7以降で、最新のWindows 10でも使用が可能。信頼性の高いQualcomm社製のチップを採用しているので、安定した動作でBluetooth接続が利用できます。

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothアダプタ BSBT4D205BK

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothアダプタ BSBT4D205BK

コンパクト設計にも関わらず長い通信距離に対応するBluetoothアダプタです。飛び出し部分が少ないのでPCに接続しても邪魔にならず、抜き差しがしやすいのも特徴。また、本製品はBluetooth Class2モデルですが最大25mの通信距離に対応するので、中規模オフィスでの使用にもおすすめです。

OSはWindow 7以降に対応。ステレオ音声のワイヤレス転送が可能なA2DPやハンズフリー通話を可能にするHFPなど、主要となる10種類のプロファイルに対応しているので、使用中のPCで幅広いBluetooth接続が可能になります。

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothアダプタ BSBT4D105BK

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothアダプタ BSBT4D105BK

ストレスフリーな環境でBluetooth機器を活用できる高出力のBluetoothアダプタです。基本性能はBluetooth Class2モデルと共通していますが、高出力なClass1に対応しているのが特徴。離れた場所にあるBluetooth機器もより安定した接続で使用できるので、大規模オフィスでの活用にもおすすめです。

Bluetoothのバージョンは4.0に対応していますが、下位互換性があるので2.1や3.0の古い機器も使用が可能。さらに、aptXの音声コーデックにも対応するので、Bluetoothヘッドホンなどで高音質な音楽が快適に楽しめます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Bluetoothアダプタ USB-BT40LE

アイ・オー・データ(I-O DATA) Bluetoothアダプタ USB-BT40LE

少ない消費電力で使用できるBluetoothアダプタです。Bluetooth 4.0に対応した機器では消費電力を最大60%もカットできるので、外出先でも長時間の使用が可能。また、回互換性も備えているのでBluetooth 2.1や3.0の対応機器でも使えます。

スマホでPCを自動ロックできるのも特徴。Windows Vista以降のOSに搭載された標準機能を使いますが、あらかじめPCで設定した上で本製品を使ってスマホとペアリングすると、接続が解除されたときにPCが自動でロックされます。Window 10にも対応しており、外出先でも高いセキュリティで安心してPCの利用が可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothアダプタ MM-BTUD46

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothアダプタ MM-BTUD46

Bluetooth Class1と26種類のプロファイルに対応した高性能なBluetoothアダプタです。最大100mまでの通信ができるので、大きなオフィスで離れた場所にあるプリンターへ書類を出力するような使い方も可能。また、USB規格はUSB2.0ですが、下位互換性によってUSB1.1にも対応するので、レガシーデバイスも有効に活用できます。

Windows標準ドライバーに加えて、IVT社製ドライバーの「BlueSoleil」が使用可能なのもポイント。全部で26種類のプロファイルに対応するので、マウス・キーボード・プリンター・スピーカー・ヘッドホンなど幅広い機器でワイヤレス接続が利用できます。

プリンストン(PRINCETON) Bluetoothアダプタ PTM-UBT7X

プリンストン(PRINCETON) Bluetoothアダプタ PTM-UBT7X

安定した接続で利用できるコンパクト設計のBluetoothアダプタです。重量は約2.0gで、USBポートからのはみ出し部分がわずか1cmほど。デスクトップPCに接続して利用する際やノートPCで持ち運ぶ際などに邪魔になりにくく目立ちません。

最大25mまでの通信が可能なことに加えて、802.11 coexistenceをサポートするのも特徴。本製品と同じ2.4GHz帯の電波周波数を使用する無線LANルーターと併用した場合でも、電波干渉を抑えて安定したBluetooth接続が利用できます。Bluetoothのバージョンは4.0で、従来規格の2.1や3.0の対応機器でも使用可能です。

プラネックス(PLANEX) Bluetoothアダプタ BT-Micro4

プラネックス(PLANEX) Bluetoothアダプタ BT-Micro4

ドライバー不要ですぐに使えるBluetoothアダプタです。本製品をPCのUSBポートに接続するとWindows標準搭載のドライバーを自動認識するので、別途専用ドライバーをインストールすることなく使えます。対応プロファイルは全11種類。Bluetooth搭載のマウス・キーボード・スピーカーとワイヤレス通信が利用できます。

通信可能距離は最大25mで、Bluetoothのバージョンは4.0。下位互換性によりVer.3.0や2.1の機器にも対応するので、接続機器のバージョンを気にせず安心して使えます。また、本製品は有害物質の使用を規制するRoHSに対応するので、人体や環境に優しい素材が使われているのも特徴です。

ニューリースタート(Newiy Start) Bluetoothアダプタ NS-U-TSOK09

ニューリースタート(Newiy Start) Bluetoothアダプタ NS-U-TSOK09

コストパフォーマンスの優れた高性能なBluetoothアダプタです。国産メーカー製のものと比較して半分程度の安い価格で購入ができるにも関わらず、省電力のBluetooth 4.0や最大30mの通信距離に対応するなど遜色ない性能を持っています。

対応プロファイルの多さも特徴。スマホでPCを自動ロックできる「PXP」や失くしたスマホの場所をアラーム音で探せる「FMP」など、最新のものを含む全28種類の機能が使用できます。また、OSはWindows以外にLinuxにも対応するので、自作PCなどでもBluetooth接続機器が使えるようになるのもポイントです。

クリエイティブ(Creative) USBオーディオBluetoothアダプタ BT-W2

クリエイティブ(Creative) USBオーディオBluetoothアダプタ BT-W2

ゲーミング音声の高音質な出入力に特化したBluetoothアダプタです。本製品をPS4などの家庭用ゲーム機のUSBポートに接続することで、ゲーム中のサウンドをBluetoothヘッドホンなどで高音質に楽しめます。

対応プロファイルは2種類だけと少ないですが、多彩な音声コーデックに対応。標準のSBCや高音質なaptXに加えて、高音質・低遅延なaptX Low Latencyや低遅延なFastStreamなどにも対応しています。ゲームサウンドの音質にこだりたい方にもおすすめです。