PCをキーボードやマウスとワイヤレスで繋ぐ際の主流となっているBluetooth接続ですが、古いPCには対応していないモデルもあります。そんなときにあると役に立つのが「Bluetoothアダプタ」です。

PCのUSBポートに挿入するだけでBluetooth接続が使えるのが特徴ですが、種類が豊富なのでPCに詳しくないと選ぶのは難しいもの。そこで今回は、Bluetoothアダプタの選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

Bluetoothアダプタとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothアダプタとは、PC用の周辺機器の一種で、Bluetoothによる通信機能を内蔵した機器のこと。PCのUSBポートに挿入することで、PCとBluetooth接続に対応したマウスやキーボード、イヤホン、プリンターなどをペアリングしてワイヤレスで使用できるようになります。

Bluetooth接続に対応したワイヤレス機器はケーブル管理の煩わしさがなくなるので便利ですが、古いモデルのPCはBluetooth通信機能を搭載していない場合もあるのが難点。しかし、そのようなモデルでも安価にBluetooth通信機能を追加できるので、現在使用中のPCでコストを抑えつつBluetooth機器を活用したい方におすすめです。

Bluetoothアダプタの選び方

対応OSをチェック

Bluetoothアダプタをパソコンに接続して使う場合、接続するPCとBluetoothアダプタの対応OSが一致しているかの確認が必要です。現在販売されている多くのBluetoothアダプタは、Windows Vista・7・8・8.1・10などに対応していますが、それ以前のOSでは接続できなかったり、不具合が生じたりする可能性もあります。

Bluetoothアダプタを選ぶうえでOSとのマッチングは重要な要素。購入時に必ず確認してみてください。

BluetoothのClassをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothには「Class」という規格があります。これは電波の通信距離を表す単位で、Class1が最大100m、Class2が最大10m、Class3が最大1mの通信距離に対応することを示す表記です。

現在市場で販売されているBluetoothアダプタは、Class1とClass2対応が主流。Classには下位互換性があるため、接続元と接続先でClassが異なる場合、通信距離が短いClassに合わせて接続します。

屋外や講堂などの広い場所でのマイクやスピーカーの接続にはClass1、屋内やオフィスでの機器の接続にはClass2かClass3というように、用途で選択できるのもポイント。自宅や仕事でPCとBluetooth機器を接続する想定なら、Class2を選んでおけばほぼ問題ありません。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothのバージョンは1.0b〜5.1まであり、数値が大きいほど転送速度が早く、通信範囲が広くなります。また、現在主流となる4.0以降のバージョンは省電力に特化しているため、長時間でもバッテリー切れを気にせず機器を使用できるのが最大のメリット。

ちなみに、Bluetooth 4.0と5.0では下位互換が適用されるので4.0での接続ですが、3.0以前のバージョンとは互換性がない場合もあるので注意が必要です。

USBの規格をチェック

By: elecom.co.jp

BluetoothアダプタはPCのUSBポートに挿入して使うので、USBの規格も重要なポイント。USBの規格は1.1から最新は3.2までが存在しますが、Bluetooth同様、数値が大きくなるほど高速な転送が可能です。

現在は3.0が主流。USBの規格は下位互換性があるため2.0と3.0での接続も可能ですが、転送速度はUSB2.0の仕様になるので、最新の環境を選んでおくことをおすすめします。

音質にこだわりたいなら対応コーデックをチェック

By: creative.com

「コーデック」とはBluetoothで音声を伝送する際に使われる圧縮変換方式のこと。SBC・AAC・apt-X・LDAC・aptX-LLなどいくつか種類があり、音声データの圧縮率や音質、音の遅延などにも影響します。

Bluetoothアダプタと接続するヘッドホンやスピーカーなどのBluetooth機器が、同じコーデックを持っていないと機能しない点も要注意。音質にこだわるなら、使いたい機器のコーデックに対応するBluetoothアダプタを選びましょう。

対応プロファイルをチェック

Bluetoothアダプタを購入する際は、使用したい機能に対応するプロファイルが含まれているかが重要です。Bluetooth通信とひと口にいっても使用できる機能は多彩。イヤホンにステレオ音声を転送するA2DPや、プリンターに写真を転送できるBIPなど20種類以上があります。

Bluetoothアダプタ側が使用したい機能に対応したプロファイルを搭載していないと、使用したい機器がこれらの機能に対応していたとしても使えないので注意が必要。特に、Ver.3.0以前など古いバージョンのBluetoothアダプタには対応していないプロファイルもあるので、購入の際は忘れずに確認しましょう。

Bluetoothアダプタのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: rakuten.co.jp

エレコムは大阪に本社を置くPC・スマホ用の周辺機器を扱う大手メーカー。マウスやキーボードをはじめとする13部門で業界トップクラスのシェアを持っています。また、自社で生産工場を持たず製造を海外に委託するファブレスメーカーとしても有名ですが、品質には特に厳しい基準を設けているため、高品質な製品が安く入手できるのが魅力です。

BluetoothアダプタとしてはBluetooth 4.0やClass1に対応する高性能な製品を用意。対応プロファイルの面でも業界最多となる26種類に対応した製品も発売しているため、多くのPCやBluetooth機器で安心して使えます。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは名古屋に本社を置く老舗のPC用周辺機器メーカーです。創業から40年以上の歴史があり、古くはプリンターでの印刷中でもPCの使用を可能にする内蔵型プリンターバッファで一世を風靡しました。現在では外付けHDD・カードリーダー・無線LANルーターをはじめとする多くの機器を扱っています。

Bluetoothアダプタとしては小型でPCに接続しても邪魔になりにくいモデルを用意。また、高音質・低遅延の音声コーデックであるaptXにも対応するのも特徴で、Bluetoothイヤホンで快適に音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

Bluetoothアダプタのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) Bluetooth USBアダプター Class1 LBT-UAN05C1

Windows10のOSに対応したBluetoothアダプタです。通信距離はClass1の規格を採用。PCと接続機器の距離が遠くても、気にせず通信を行えます。

プロファイルは26種類に対応。通話や音楽の再生、画像の送受信など、さまざまな作業をこなせるのがメリットです。

バージョンは、Bluetooth4.0に対応。内部には、Qualcommの高品質なチップセットを使用しています。接続が途切れにくいので安心して使えるおすすめのBluetoothアダプタです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth USBアダプター Class2 LBT-UAN05C2

PCに挿しても邪魔になりにくいBluetoothアダプタです。サイズは19×12.8×6.2mm、重量は約2gと小型かつ軽量。省電力性の高いBluetooth4.0を採用しているので、PCのバッテリー使用時でも安心して利用できます。

また、幅広いBluetoothプロファイルに対応した「BlueSoleil」を選択可能。音楽を再生したり、画像データを送信したり、プリンターへ出力したりと、さまざまな操作を行えます。

コーデックは、SBCやaptXに対応。USB2.0の規格で、安定した接続を実現できます。PCに挿入して多様な機器と接続できるおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth4.0+EDR/LE Class2対応 USBマイクロアダプター BSBT4D200

PCに挿入するだけで簡単にBluetooth接続を行える、おすすめのアダプタです。本モデルは、マウス・ヘッドセット・プリンターといった機器への接続に対応。基本的な用途であれば、十分に使用できます。

また、最大25mの範囲で通信できるClass2を採用しているので、オフィスの中や広めの講堂などでも快適に通信できます。バージョンは、Bluetooth4.0に対応。接続機器が対応していれば、省電力で駆動できます。基本的な性能が充実したおすすめのBluetoothアダプタです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth4.0+EDR/LE Class1対応 USBマイクロアダプター BSBT4D100

Class1の通信距離規格に準拠したBluetoothアダプタです。最大100mの距離で通信できるので、広い部屋はもちろん、屋外でもストレスなく使用できます。

プロファイルは、音声の転送を行えるA2DPをはじめ、AVRCP・HFP・HCRPなど、幅広く対応。Type-AのUSBポートを搭載するWindowsPCであれば、挿し込んで使用できます。

本モデルは、Bluetooth4.0のバージョンを採用。機器同士の通信範囲が心配な方におすすめの製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Bluetooth 4.0+EDR/LE対応 USBアダプター USB-BT40LE

Bluetooth 4.0+EDR/LE対応に対応したBluetoothアダプタです。Bluetooth4.0だけでなく、Bluetooth2.1・3.0の機器とも接続できるのが魅力。接続先のデバイスが少し古くても、使える可能性があります。

サイズは約16×19×8mmとコンパクト。PCに挿入しても邪魔にならず、今まで通り快適にPCを操作できます。PC周りの配線をスッキリとさせたり、離れた場所から音楽を聴いたりと、さまざまな用途で活用可能。幅広い機器と接続できるおすすめのBluetoothアダプタです。

クリエイティブ(Creative) BT-W2 HP-BTW2

WindowsPC・MacPC・PS4などへ接続できるBluetoothアダプタです。本製品は、挿入した機器をオーディオデバイスとして動作させ、接続先のオーディオ機器で音楽を再生できるのが特徴。

また、音質にこだわっているのが特徴。基本的なSBCのほか、高音質で音楽を聴けるapt-X、音の遅延が少ないaptX-LLといったコーデックに対応しています。

さらに、Bluetooth接続を行うための複雑な設定が不要。本体に搭載されたボタンを長押しするだけで、機器とのペアリングできます。ゲームや動画を高音質で楽しみたい方におすすめのBluetoothアダプタです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetooth 4.0 USBアダプタ Class1 MM-BTUD46

コンパクトでノートPCに接続しやすいBluetoothアダプタです。サイズは、幅約14.2×奥行約4.5×高さ約23mmと小型ボディを採用しています。

通信距離の規格は、最大100mまでのClass1に対応。PCがWindows10を搭載していれば、挿入するだけで使い始められます。また、「BlueSoleil」のソフトウェアをインストールすることで、Windows7・8・8.1のOSでも使用可能。

所有するPCを気軽にBluetooth対応機器へ変えられるおすすめの製品です。

ティーピーリンク(TP-Link) Bluetooth 4.0 ナノ USB アダプタ UB4A

小型で使いやすいBluetoothアダプタです。サイズは14.8×6.8×18.9mm。ノートPCに挿し込んだままでも、邪魔にならずに持ち運べます。

本製品は、最大7台までの機器と接続可能。PCとキーボード・ゲームコントローラー・スマホなどをBluetoothで接続することで、多様な使い方を実現できます。

Windows 8・8.1・10を搭載したPCであれば、USBポートへ挿すだけで使用できるのが魅力。小型のBluetoothアダプタを探している方におすすめの製品です。

プリンストン(PRINCETON) Bluetooth USBアダプター PTM-UBT7X

幅広い機器との互換性を有したBluetoothアダプタです。Bluetooth4.0以外にも、Ver.3.0・2.1の機器へも接続できるのがうれしいポイント。本体1つでPCの活用幅を広げられます。

また「802.11 coexistence」に対応。同じ2.4GHz帯のWi-Fiを同時に使用したときでも、電波干渉を最小限に抑えられます。サイズは幅14×奥行19×高さ4.5mmとコンパクト。ノートPCへ挿したままでも、スペースの邪魔になりにくいのもポイントです。

ZAPOOS Bluetoothアダプタ ZA-USB-2

Bluetooth5.0を採用した、おすすめのアダプタです。通信範囲約10mで接続できるClass2規格に準拠。専用のドライバをインストールして設定すれば、あっという間に接続できます。

コーデックは、高音質で楽しめるapt-Xに対応。PCに入っている動画や音楽を、ダイナミックなサウンドで聴けるのがメリットです。

対応OSは、Windows Vista・7・8・8.1・10と幅広いのが特徴。高性能ながら安い価格で購入できるおすすめのBluetoothアダプタです。

BluetoothアダプタのAmazonランキングをチェック

BluetoothアダプタのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。