スカイプやオンラインゲームには欠かせない「PCマイク」。特に通話やボイスチャットでは相手にクリアな音が届くか否かが重要になります。

とはいえ、PCマイクにはさまざまな種類があり、どれがいい製品なのが見分けはつきにくいものです。そこで今回はPCマイクのおすすめモデルをピックアップ。タイプ別にご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

PCマイクの選び方

形状で選ぶ

PCマイクは形状によってスタンド型、クリップ型、そしてフラット型の3種類に大きく分けることができます。それぞれ性質が異なるので、まずは各マイクの特徴について把握しておきましょう。

スカイプなら「スタンド型」

By: amazon.co.jp

スタンド型は、卓上に立てて使用する棒状のマイク。スカイプでの通話はもちろん、比較的音質に優れているモデルが多いことから会話重視の方におすすめ。なお、ほかのマイクと比べてサイズが大きいため、持ち運びには不向きです。

ゲーム実況なら「クリップ型」

By: amazon.co.jp

 

クリップ型は、本体にクリップが付いているタイプのマイク。別名ピンマイクとも呼ばれます。体に身に付けて使用することが可能なので、ゲーム実況のように長時間の収録をするときにおすすめです。

WEB会議向けなら「フラット型」

 

By: amazon.co.jp

フラット型は、卓上に設置する円盤状または箱状のマイク。スタンド型と比べて安定感が高いのが特徴です。比較的コンパクトなものが多く、携帯性にも優れています。広範囲の音声を拾うタイプが多いので、WEB会議のように多人数の声を収録したいときにおすすめです。

端子で選ぶ

3.5mmステレオミニプラグ

3.5mmステレオミニプラグとは、イヤホンに採用されている端子。パソコンに接続して使うのはもちろん、コネクタなどの周辺機器に差すこともできます。汎用性が高く、初めてPCマイクを購入する場合におすすめです。

ただし、3.5mmステレオミニプラグをアナログ接続するとノイズが発生することがあります。その点は考慮しておきましょう。

USB

パソコンのUSBポートに接続して使うマイクです。ミニプラグによるアナログ接続と比較して、ノイズの影響を受けにくいという特徴があります。スカイプ通話やWEB会議のように、少しでも音声をクリアに収録したい方におすすめの接続方式です。

ただし、USBポートをひとつ占有してしまう点は要注意。周辺機器などでポートが埋まってしまっている場合はUSBハブで増設する必要があります。また、デスクトップパソコンの場合は本体の後ろ側にポートが設置されているケースも多いので、ケーブルの長さに余裕を持っておくと安心です。

指向性で選ぶ

指向性とは、マイクが音声を拾う範囲のこと。PCマイクにおいては、「全指向性」と「単一指向性」の2種類に大きく分けることができます。それぞれ使用感がまったく異なるので、マイク選びの際には必ずチェックするようにしてください。

全指向性(無指向性)

全指向性とは、向きや角度に関係なく、すべての方向から音を拾うタイプのマイクです。体勢を変えても声の大きささえ十分ならば対応できるので、スカイプでの会話はもちろん、多人数の声を一度に録音したいときに便利。しかし、声と一緒に周囲の音も拾ってしまう可能性があるので、クリアな音声を録りたい場合は配慮して使用するようにしましょう。

単一指向性

単一指向性とは、特定の方向から音を拾うタイプのマイク。ユーザーが発する音を的確に拾いあげ、そのほかの音はシャットアウトします。防音環境が整っていない場所でも、比較的クリアな音声を収録できるのが魅力。ただし、録音範囲から外れてしまうと音が拾いにくくなってしまうので、録音中はマイクの位置に注意しましょう。

便利機能で選ぶ

 

PCマイクには、便利機能が搭載されているモデルもあります。いずれもスカイプでの音声チャットや録音時に役立つものばかりです。以下の機能に対応しているかどうかも併せてチェックしてみてください。

ミュート機能

ミュート機能とは、一時的にマイク入力をオフにできる機能です。例えば話している途中に咳をしたくなったとき、ミュート状態にしてから咳をすれば相手に聞こえることはありません。ゲーム実況動画などは編集段階で消すこともできますが、スカイプなどでリアルタイムの会話をするときには欠かせない機能です。

ボリュームコントロール機能

ボリュームコントロール機能とは、音量を調節できる機能のこと。マイク本体またはコード部分のボリュームコントローラーによって、手元で音量を上げ下げすることが可能です。一応パソコン側でも操作することはできますが、素早く音量調整したい方は本機能を搭載しているモデルがおすすめです。

また、PCマイクはパソコンとの相性によって声をほとんど拾わないことがあります。パソコン側で感度を最大にしても小さく聞こえてしまう場合でも、ボリュームコントロール機能があればさらに音を増幅することが可能です。

フレキシブルアーム機能

フレキシブルアーム機能とは、PCマイクのアーム部分が自由に可変するというもの。高さや左右の向き、角度などの微調整が可能で、主にスタンド型に多く見られる機能です。アームが完全に固定されているPCマイクと比べて、最適なポジションを維持しやすいのがポイント。指向性マイクのような声を拾う範囲が限られているモデルには必須です。

PCマイクのおすすめモデル|スタンド型

バッファロー(BUFFALO) マイクロフォンコンパクトシルバー BSHSM01SV

By: amazon.co.jp

コンパクトサイズが魅力的なPCマイクです。アームの角度や方向を360°自由に調整でき、どこに置いても音をクリアにレコーディングできます。また、接続もマイク入力のジャックに差し込むだけなので簡単です。

スタンド型なので、スカイプなどでも耳や頭に負担をかけずに長時間通話が可能。ウインドウスクリーン付属で、マイクに息がかかることで発生するノイズを低減します。スカイプでの通話にも最適なPCマイクです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBマイクロホン MM-MCUSB25

 

USB端子で接続するタイプのPCマイクです。ノイズの影響を受けにくく、クリアな音質でレコーディングできます。単一指向性で、周辺の環境音を拾わないのも特徴です。フレキシブルアーム採用で好みの角度に調整できるので、実況やスカイプでの会話の声をしっかりと拾います。

また、スタンド部分にマイクのミュートスイッチを搭載。咳などの意図しない音はミュート機能でカットできるのもポイントです。ランプの色でミュートされているか一目でわかるので、レコーディングを再開するときもボタンの押し忘れを防止できます。ステンド型のPCマイクなので長時間プレイするゲーム実況などの収録におすすめです。

 ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイクロホン PCV80U ECM-PCV80U

単一指向性で、雑音が入りにくいPCマイクです。PCノイズの影響を受けにくいUSB接続に対応しているほか、音の遅延をカバーする「Audio Box」を付属。クリアな音質で、スムーズに使えるのが特徴です。

なお、Audio Boxにはイヤホン端子もついており、聞き取りの音質も良好。また、一般的なダイナミック方式のPCマイクより感度が高い「エレクトレットコンデンサー方式」を採用。ゲーム実況やボイスチャットを楽しみたい方におすすめのPCマイクです。

ソニー(SONY) コンデンサーマイク ECM-PC60

スタイリッシュなデザインが目を引くPCマイクです。持ち運びにも便利なコンパクトサイズで、スタンドマイクとしてはもちろん、付属のクリップを使ってピンマイクとしても使えます。

延長ケーブルも付属しており、使用場所や使い方に応じて長さを変えられるのもポイントです。また、高音質で低ノイズなレコーディングが可能なコンデンサー方式を採用。高音質設計でクリアに音声を拾います。幅広い用途で使えるおすすめのPCマイクです。

エアリア(AREA) パソコン用マイク SD-U2MIC

PCパーツメーカー・エアリアがリリースしているUSB接続方式のPCマイクです。本モデルは、マイクのヘッド部分に「ダイヤルスイッチ」が搭載されているのがポイント。手元で簡単にボリューム調整やミュート操作することができます。

また、マイクは広範囲に音を拾える360°の全指向性タイプを採用。ノイズや干渉を軽減する「デュアルマイクコア」を搭載しているため、クリアな音声を収録できます。スカイプ会話はもちろん、ゲーム実況などの動画配信にもおすすめのPCマイクです。

ニートマイクロフォン(NEAT MICROPHONES) WIDGET C

大手楽器メーカー「ギブソン・ブランズ」のマイクブランド「ニートマイクロフォン」のPCマイク。ウィジットシリーズは動画映えするレトロフューチャーなデザインを採用しており、YouTubeやニコニコ生放送など、リアルタイムでの動画配信をする際にピッタリのモデルです。

接続方式はノイズの少ないUSBタイプ。また、マイクを好みの位置に調整できるフレキシブルスタンドを採用しており、使い勝手も良好です。大手メーカーだけあってマイクも高品質。24bit/96kHzのフルレンジマイクはスカイプなどのインターネット通話はもちろん、レコーディングにも対応できます。ビジュアルだけでなく、品質にもこだわりたい方におすすめのPCマイクです。

PCマイクのおすすめモデル|クリップ型

バッファロー(BUFFALO) マイクロフォンミニクリップ ブラック BSHSM03BK

身に付けて使えるクリップ型のPCマイク。ワイヤレスではないので行動範囲はある程度制限されてしまうものの、パソコンとセットで使うには十分な仕様です。

また、ウインドウスクリーン付属で、マイクに息がかかってしまうことで発生するノイズを低減。価格がリーズナブルなのもポイントのPCマイクです。

ファイファイン(FIFINE) ミニクリップマイク K053

単一指向性でコンデンサー方式のPCマイクです。マイクの装着者の声のみを高音質でレコーディングできます。接続方式はUSBを採用。デジタル伝送でPCノイズの影響を受けにくいのもポイントです。

USBサウンドカードで最適な音声に処理するため、よりクリアな音質なのもポイント。クリップ型でコンパクトなので、持ち運びが容易なのも魅力の製品です。

 

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) クリップ付きPCマイク MM-MC24

コンデンサー方式で高音質のレコーディングが可能なPCマイクです。付属のアタッチメントを使ってPCデスクに置いたり、ディスプレイへの設置もできます。全指向性なので、どこに設置してもクリアに音が拾えるのがポイントです。

クリップ型のように使えるのもポイント。ケーブルの長さは2.5mあるので、許容範囲も十分。汎用性が高く、手軽に使いたいPCマイクを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) パソコンマイク クリップ付 HS-MC06BK

衣服の胸元などに装着できるクリップ付きのPCマイク。接続方式は3.5mmステレオミニプラグを採用しています。パソコンに接続するだけでドライバなどをインストールすることなく、すぐに使えるのが魅力です。

マイクは集音性の高い無指向性マイクを採用。重量は20g(本体のみ)と軽いのがポイントです。ケーブルも1.6mと長めなので、マイクの装着感を意識せずに音声チャットを楽しめます。スカイプはもちろん、WEB会議やゲーム実況などにもおすすめのPCマイクです。

PCマイクのおすすめモデル|フラット型

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フラット型PCマイク MM-MC23

手のひらに乗るほどのコンパクトサイズのPCマイクです。倒れにくいフラット型なので、小さな子どもでも安心して使用できるのが特徴です。

声が拾いやすい全指向性タイプで、接続端子は3.5mmステレオミニプラグ。WEBでの会議や複数人で行うスカイプ通話に最適なPCマイクです。

 

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEB会議高感度USBマイク MM-MCUSB22

コンパクトサイズで、持ち運びにも便利なPCマイク。全指向性で、半径5m以内の音声をクリアに拾うのが特徴です。マイクの位置を気にせず使えるので、ビジネスシーンでのWEB会議や複数人でのスカイプ通話にもおすすめ。

また、本体にマイク・ミュートボタンを搭載しているので。意図しない音声をカバーできるのもポイント。オフィス用途でPCマイクの購入を検討している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YVC-300

4~6名程度のWEB会議におすすめのスピーカーフォンです。音声とノイズを高い精度で判別する「Human Voice Activity Detection」技術を搭載。さらに、エコーを低減する「適応型エコーキャンセラー」を採用することにより、クリアな音声でコミュニケーションを取ることができます。

また、インターフェースはUSB・Bluetooth・オーディオ入出力端子の3種類に対応するなど、さまざまなデバイスに対応しています。WEB会議用の高性能PCマイクを探している方におすすめです。