リモート会議やオンラインゲームなどで欠かせない「PCマイク」。ボイスチャットや通話を行う際に相手へクリアな音声を届けられるかどうかは、PCマイクのスペックに大きく関わります。PCマイクは形状や端子、指向性など考慮すべき点が多いので、選ぶのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、PCマイクの選び方やおすすめ製品をご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

PCマイクの選び方

形状で選ぶ

スカイプなど特定の場所で使うなら「スタンド型」

By: amazon.co.jp

スタンド型は卓上に立てて使用する据え置きタイプのマイク。比較的音質に優れたモデルが多いことから、スカイプやリモート会議など会話が多いシーンにおすすめです。

ただし、ほかの形状のPCマイクと比べて大型のため、持ち運びに適していない点は留意しておきましょう。

動きながら使うなら「クリップ型」

By: amazon.co.jp

クリップ型はマイク本体にクリップが付いており、服の襟に付けて使うタイプのマイク。別名ピンマイクとも呼ばれており、話している人物の音声を拾いやすいのが特徴です。

長時間使用する予定の方には、軽量のモデルがおすすめ。持ち運びもしやすいため、動きのあるシーンにもぴったりです。

複数人でのWeb会議なら「フラット型」

By: amazon.co.jp

フラット型はスタンド型と同じく卓上に置いて使用するタイプのマイク。円盤状または箱状のモノが多く、設置した際の安定感に優れているのが特徴です。

スタンド型に比べてコンパクトなモデルが多く、携帯性に優れているのも魅力のひとつ。広範囲の音を拾いやすいので、会議など大人数の音声を拾いたいときにもおすすめです。

端子で選ぶ

USB

By: amazon.co.jp

USB接続タイプは、PCのUSBポートに接続して使う仕様。3.5mmステレオミニプラグなどアナログ接続のタイプと比べて、ノイズの影響を受けにくいのが特徴です。

ゲーム実況など音声の録音をする場合や、リモート会議など音声のクリアさを重視したいシーンに適しています。一方、PCのUSBポートを1つ専有してしまう点には注意。すでにUSBポートが埋まってしまっている場合は、ハブなどで増やす必要があります。

また、PCの種類によってはUSBポートが本体の背面に配置されている場合もあるので、ケーブルの長さに余裕のあるモノを選んでみてください。

3.5mmステレオミニプラグ

By: amazon.co.jp

3.5mmステレオミニプラグは、主にスマホやオーディオプレーヤーなどのイヤホンに採用されている端子。PCマイクとして使うのはもちろん、ほかのデバイスに接続しても使える汎用性の高さが特徴です。

比較的リーズナブルなモデルが多いため、PCマイクの入門機としてもおすすめ。ただし、USB接続タイプに比べるとノイズが発生しやすい点には留意しておきましょう。

指向性で選ぶ

全指向性(無指向性)

By: amazon.co.jp

指向性とは、マイクが音声を拾う範囲のこと。一般的にPCマイクは「全指向性(無指向性)」と「単一指向性」の2種類に分けられます。

全指向性は、向きや角度などにかかわらず、さまざまな方向の音声を拾えるタイプ。とくに、Web会議など複数人の声を拾いたいシーンにぴったりです。録音する体勢を変えても、声のボリュームさえ出ていれば、しっかり集音できます。

ただし、音を拾える範囲が広いため、不要な音まで拾いやすい点には要注意。利用人数も考慮して選んでみてください。

単一指向性

By: amazon.co.jp

単一指向性は、一方向からの音を狙って拾えるタイプ。周囲でさまざまな音がする環境でも、ひとつの音を集音できるのが特徴です。

例えば、バンド演奏でボーカルの音声にフォーカスして録音したいシーンなどにおすすめ。また、スカイプやリモート会議、通話など音のクリアさを重視したいシーンにもぴったりです。ただし、マイクの位置が適切でないと、しっかり音を拾えない場合があるので、マイクとの位置関係を確認してから使用しましょう。

便利機能で選ぶ

ミュート機能

By: amazon.co.jp

ミュート機能とは、一時的にマイク入力をオフにできる機能のこと。録音中やライブ配信中、通話中などに咳ばらいなどの聞かれたくない音を遮断できるのが特徴です。

基本的にPC側の操作でミュートのON・OFFは切り替えられますが、PCマイク単体で行えると便利。ミュート機能をよく使用する方は、チェックしてみてください。

ボリュームコントロール機能

ボリュームコントロール機能は、マイク入力の音量を調節できる機能のこと。マイク本体またはケーブルのボリュームコントローラーを操作することで、音量の上げ下げが行えます。

ミュート機能と同様にPC側でも音量を調節できますが、PCマイク本体に機能が搭載されていれば、素早く音量を調節できて便利です。

PCマイクを使用しても、PCとの相性によってはボリュームが最大であっても小さく聞こえてしまう場合があります。ボリュームコントロール機能があれば、PCマイク側で音量を上げて適切な大きさに調節可能です。

フレキシブルアーム機能

フレキシブルアーム機能は、PCマイクのアーム部分を動かして高さや角度などを自由に調節できる機能。主にスタンド型に搭載されています。

適切なポジションにマイクを設置できるので、単一指向性など音を拾える範囲が限られているマイクにおすすめの機能です。利用シーンに合った機能を備えたモノを選んでみてください。

PCマイクのおすすめモデル|スタンド型

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスタンドマイク MM-MCUSB25

フレキシブルアーム採用の単一指向性PCマイクです。自分好みでマイクの高さや角度を調節できるので、用途にあわせて使いやすいのが魅力。USB端子で接続するタイプのため、ノイズの影響を受けにくいのもポイントです。

さらに、単一指向性でにぎやかな環境でも周囲の音を拾いにくいので、さまざまな場面で活用できます。ミュート機能も搭載しており、スカイプやズームなどを利用した大事なWeb会議での使用にもおすすめです。

PCマイクには電源のオンオフを切り替えられるスイッチも搭載。不使用時はオフにしておくことで、使うたびに抜き差しする手間を省けます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) WEB会議高感度USBマイク MM-MCU05BK

指向性の切り替えができるPCマイクです。マイク本体に搭載されているボタンひとつで簡単に指向性の切り替えが可能。大人数の会議では全指向性、少人数で話す際には単一指向性など、シチュエーションに応じて使い分けられるのが魅力です。

ミュート機能やボリュームコントロール機能も搭載。マイクの操作だけで会議やミーティングに参加できます。さらに、スタンドは高さ調節が可能。テーブルの高さに合わせて、ちょうどよい位置で使えるのもポイントです。

付属のUSBケーブルとパソコンを繋げば充電しながら使用可能。マイクにはヘッドホンを接続できるので、スカイプ通話やゲーム実況などにもおすすめです。

エレコム(ELECOM) スタンドマイク ミュートボタン付き HS-MC05BK

気軽に使用できるリーズナブルなPCマイクです。3.5mmステレオミニプラグをパソコンに接続するだけですぐに使用可能。ドライバのインストールや面倒な設定は必要ありません。

単一性指向を採用しており、マイクには息によるノイズを軽減するウィンドスクリーンを搭載。クリアな音声を届けられます。さらに、フレキシブルアーム搭載で、マイクを適切な位置に調節できるのもポイントです。

スタンドにはミュート機能を搭載。音声を聞かれたくないときにはボタンひとつですぐに切り替えできるので、Web会議やオンライン通話での使用におすすめです。ケーブルの長さは1.5mで、長さに余裕のあるタイプ。コードは耐久性に優れたファブリックコードを採用しており、絡みにくいのも魅力のひとつです。

バッファロー(BUFFALO) ミュート機能付きマイクロフォン BSHSMPM100BK

手頃な価格が魅力のPCマイク。単一性指向マイクで、外部からのノイズを低減でき、届けたい音声だけをクリアに拾います。便利なミュート機能を搭載しており、会話するときだけマイク入力ができるのもポイントです。

3.5mmステレオミニプラグで接続が可能。パソコン以外にも幅広いデバイスへ接続できる汎用性の高い製品です。ケーブルの長さは約1.8mなので、パソコンと少し離れた位置でも使用できます。

比較的リーズナブルに購入できるので、試しにPCマイクを使ってみたいという方におすすめの製品です。

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC60

スカイプなどのボイスチャットに対応しているPCマイク。感度が高く、外部ノイズに強いモデルなので、高音質で通話や録音を楽しめます。全指向性を採用しており、大人数での使用にもおすすめです。

スタイリッシュなデザインも魅力。本体は約8×19mmとコンパクトで、付属のクリップを使用すればピンマイクにもなります。スタンド使用時は約50×100mmですが、折りたためる仕様なので、持ち運びにも便利です。

マイク本体のケーブルは1.2mとあわせて、長さ1.0mの延長ケーブルも付属。用途やシチュエーションに合わせて長さを調整しやすいのもポイントです。さまざまなシーンで使いやすい汎用性の高いPCマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レイザー(Razer) Seiren Mini コンデンサーマイク RZ19-03450100-R3M1

コンパクトで携帯性に優れたPCマイクです。サイズは80×90×161.1mm、重量は280gと、省スペースで使用可能。外出先など、場所を問わず使いやすいのも魅力です。

プロレベルの音質も大きな特徴。集音範囲を狭めた「スーパーカーディオイド」を搭載しており、周囲の音を拾いにくく、届けたい音声のみを重点的にキャッチします。さらに、録音にも適しており、高精度に声を再現可能。Web通話だけでなく、録音にも使いたい方におすすめの製品です。

スタンド部分は、マイクを好みの位置に調節・固定可能な「チルトスタンド」を採用。また、内蔵されている「ショックマウント」は、マイクにぶつかって倒してしまった時にも、強い衝撃を吸収して突発的なノイズを低減できます。

ブルーマイクロフォンズ(Blue Microphones) Blue Yeti X BM600X

ゲーム配信やポッドキャスト、YouTube配信などにおすすめのPCマイク。高機能な「Blue VO!CE」が搭載されており、プロレベルの音質を実現します。音声に瞬時にエフェクトを使用可能。さらに、自分好みにカスタマイズして、オリジナルサウンドを作れるのもメリットです。

本体に搭載したボタンでは、感度や音量の調整、ミュート切り替えなどをコントロールできます。また、4種類の指向性切り替えも可能。単一指向性と全指向性のほかに、対面でのインタビューなどに適した双指向性と、ASMR録音などに適したステレオにも対応しています。

各機能のレベルはLEDライティングで確認できます。リアルタイムで細かく調節ができるうえに、ライティングも自在にカスタマイズ可能。高性能で多機能なPCマイクを探している方におすすめです。

キングストン(Kingston) HyperX SoloCast HMIS1X-XX-BK/G

マルチデバイスに対応したPCマイク。パソコンのほか、PS4やPS5、Macでも使用できるので、複数のデバイスで使用したい方におすすめです。

本体上部には、タップするだけでミュート切り替え可能な「タップミュートセンサー」を搭載。マイク使用中でも簡単に操作できます。ミュート中かどうかは、「LEDミュートインジケーター」で確認可能。パッと目で見て確認できるので、誤操作対策にもなります。

付属のスタンドは角度を柔軟に調整可能。多数のブームアームにも対応しているので、デスク上の設置や台への取り付けなど、スペースによって使いやすいスタイルに変更できます。使い勝手のよさが人気のおすすめ製品です。

ファイファイン(FIFINE) 単一指向性 USBマイク K669

耐久性に優れたPCマイク。マイクとスタンドどちらも合金製で、適度な重量感と安定性があります。正面から集音する単一指向性を採用。感度が高いので、正面であれば30cmの距離でも音声をクリアに拾えます。

ボリュームコントロール機能搭載で、音量をゼロにすることでミュート設定も可能です。パソコンなどの機器と接続するUSBケーブルは1.8mと使いやすい長さが特徴。Windows、Mac OS、PS3、PS4に対応しています。

カラーは、ブラックとピンクをラインナップしています。どちらのカラーも、金属の質感が高級感を演出すると人気の製品。高性能でコスパのよいPCマイクを探している方におすすめです。

ZealSound USBマイク K66

不要なバックグラウンドノイズを抑制でき、コンテンツ制作にもおすすめのPCマイクです。単一指向性を採用しており、ホワイトノイズや、マウス音・キーボード音などのノイズをシャットアウトし、必要な音声をクリアに届けます。

本体には、ミュート切り替えボタンや音量調整ボタン、エコーボタンなどを搭載。ミュート状態にすると赤色のライトが点灯するので、ミュートのまま話して相手に声が聞こえないという失敗対策にも有効です。音量調整は、マイク入力とモニター出力の両方に対応。また、つまみを回すだけで簡単にエコーの調整もできます。

Windows・Mac・PS4・PS5・iPhoneに対応しており、スカイプ通話やゲーム実況、ライブ配信など、あらゆる場面で使いやすいPCマイクです。

PCマイクのおすすめモデル|クリップ型

エレコム(ELECOM) USB-A ピンマイク HS-MC09UBK

大型クリップが特徴のPCマイク。厚めの衣服でもマイクを固定できるので、襟元や胸元で話し手の声をしっかりと集音します。マイクには、息によるノイズを低減するウィンドスクリーンを搭載。風切り音を低減できるウィンドジャマーと付け替えられます。

接続はUSB-Aコネクタ搭載で、さまざまなパソコンとの接続に対応しています。同じシリーズで、スマートフォンで使いやすいUSB-Cタイプもラインナップしているので、気になる方はチェックしてみてください。

ケーブルは1.8mの長さで、距離があってもゆったり接続できるのも特徴。ケーブルやクリップを収納できるポーチも付属しているので、持ち運びが多い方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) マイクロフォン BSHSM03BK

比較的リーズナブルに購入できるクリップ型のPCマイク。ヘッドセットが装着できないときにも、両手を開放した状態で通話などの音声入力ができます。襟元や胸元に付けると気になりやすい息の音は、ウィンドノイズを低減できる「ウィンドスクリーン」で対策可能です。

イヤホンジャックをマイク入力ジャックにつなぐだけで簡単に接続完了。煩わしい設定が不要で、すぐに使えるのも魅力のひとつです。パソコン以外にも、3.5mmイヤホンジャックを搭載しているデバイスであれば、幅広く使えます。コスパや汎用性重視でPCマイクを選びたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ステレオマイクロホン AT9901

付属のホルダークリップを使うと、スタンドマイクとして卓上でも使用可能なクリップ型PCマイク。状況や用途に合わせて設置方法を選べるので、さまざまなシーンで使いやすいのが特徴です。

メタルボディ構造が外部ノイズを低減し、高音質を実現。「ウィンドスクリーン」にも対応しているので、衣服がすれる音などの雑音も低減できます。商談などの大事なシーンでの使用におすすめの製品です。

スタイリッシュなデザインが人気。デザイン性の高いクリップ型のPCマイクを探している方はチェックしてみてください。

ファイファイン(FIFINE) クリップマイク C2A

さまざまなデバイスで使用可能なPCマイク。パソコンはもちろん、3.5mmイヤホンジャック付きのスマートフォンやタブレット、カメラなどでも使用できます。さらに、別売りの変換アダプタを使えば、3.5mmイヤホンジャックがないデバイスでも使用可能です。

360°集音する全指向性を採用。細部の音までクリアに拾えます。付属のミニクリップは、動画撮影やスピーチ、講義などでの使用におすすめ。両手をふさがないので、動作を付けてのダイナミックなスピーチにも適しています。

本体には約1.5mのケーブルを搭載。付属の約2mのケーブルとつなげば、約3.5mの範囲で自由に動きながら使用できます。動きながら使用できるクリップ型PCマイクを探している方は、チェックしてみてください。

オリンパス(OLYMPUS) 単一指向性モノラルマイクロホンセット ME52W

正面の音をしっかりと集音する単一指向性のPCマイク。襟元や胸元にクリップでマイクを装着すれば、周囲の音を省き、話し手の声だけをキャッチします。動きながら録音やリポートしたいときにおすすめです。

「ウィンドスクリーン」対応で、息や風などの外部ノイズも低減。動きながらでも、クリアな音声を届けられます。さらに、装着位置に合わせてマイクの向きを微調整できるので、より感度の高い位置で音声を拾えるのもポイントです。

タイピンクリップ、ウィンドスクリーン、1mの延長コードが付属されているので、すぐに使いやすいのも魅力。クリップを使えば両手を開放できるので、作業をしながらスカイプなどで通話したい場合にも適しています。

PCマイクのおすすめモデル|フラット型

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フラット型PCマイク MM-MC23

手のひらサイズのコンパクトなフラット型PCマイク。場所をとらないので、限られたスペースでも使いやすいのが特徴です。サイズは60×60×14mm、重量は約58gと、小型で軽量なモデル。持ち運んで使いたいときにもおすすめです。

ケーブル長は約1.5mで、全指向性を採用。集音しやすい場所に配置したうえで360°音声を拾えるため、大人数のWeb会議でも使いやすい製品です。本体の裏面には滑り止めラバーを搭載。設置時の高い安定性も魅力のひとつです。

接続は、ヘッドホン端子とマイク端子が分かれている3.5mmの3極ステレオミニジャックに対応。多くのデバイスに搭載されているタイプなので、さまざまな場面での使用に適しています。

アンカー(ANKER) PowerConf S500

高性能な音声入力・出力が魅力のフラット型PCマイクです。優れた音声処理技術が特徴。ノイズを除去するノイズリダクション機能が余計なノイズを低減し、クリアな音声を届けます。また、ハウリング抑制機能も搭載。使用時のエコーやハウリングを低減するので、PCマイクを通した快適なコミュニケーションが可能です。

接続方法は、ワイヤレスと有線の両方に対応。シチュエーションに合わせて、Bluetooth接続か、付属のBluetooth USBアダプタもしくはUSB-Cケーブルでの接続を選んで使用できます。

リンクモードを使えば、本製品2台のペアリングも可能。ペアリングすれば最大20名まで対応しているので、大人数または広い場所での会議などにもおすすめです。

広い会議室でもストレスなく使用できる証の「Zoom Rooms認証」も取得。高性能なPCマイクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-2000

バッテリー内蔵で持ち運びに便利なPCマイク。大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しており、最大10時間連続で使用できます。有線接続のほか、Bluetooth接続もできるので、さまざまなデバイスで使いたい方におすすめ。パソコンで使用する際はUSBケーブルで有線接続、スマートフォンやタブレットではBluetooth接続という使い分けが可能です。

携帯性に優れているのも魅力のひとつ。重さは280gと軽量です。付属品の専用ポーチは、本体とUSBケーブルを収納できるので、カバンなどでの持ち運びに役立ちます。

スタイリッシュなデザインも人気のポイント。色は、ブラックとホワイトの2色をラインナップしています。シンプルかつおしゃれなデザインは、ビジネスなどのオフィシャルなシーンでも使いやすいのが魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカーシステム YVC-1000

大人数対応のスピーカーとマイクがセットになっている製品。8~30名規模での使用に適しているので、会議や朝礼など、大人数でWeb会議を繋ぎたいときにおすすめです。

USB端子、Bluetooth、オーディオ入出力端子での接続に対応。接続機器や使用するWeb会議ツールに合わせられる柔軟性もポイントです。パソコンでの接続が不安定なときには、ビデオ会議システムやタブレットの接続に切り替えられるので、ビジネスシーンでの使用に適しています。

オプションの拡張マイクを合計5台まで接続できるのも特徴。参加人数や部屋の大きさによって、マイクの数を増やすことが可能です。マイクにもミュート機能を搭載しているので、余計な雑音を素早くカットできます。

EMEET USBスピーカーフォン M1A

高い互換性が特徴のPCマイク。付属のUSB C-C・USB C-Aケーブルを使って、さまざまなデバイスに接続できます。スカイプやズームなど多くの会議アプリケーションとの互換性もあるので、複数のアプリケーションを使っている方におすすめです。

優れた音声処理能力も魅力のひとつ。エコーキャンセリング機能やノイズリダクション機能を搭載しており、クリアな音声で快適な通話を行えます。さらに、オートゲインコントロール機能によって発言者の声を自動検知するので、話し手の声を明瞭に伝えやすいのもポイントです。

マイク本体には音量調整やミュート、切断等の操作ができるボタンを搭載。さらに、「Zoomミーティング」の公式認証を取得。本体のミュートボタンとズーム上のミュート表示が連動するので、ズームをよく使う方にもおすすめの製品です。

PCマイクの売れ筋ランキングをチェック

PCマイクの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。