パソコンの拡張性を高めることが可能な「ドッキングステーション」。インターフェースの種類が限られているノートパソコンにとっては、必需品ともいえる便利なアイテムです。

そこで今回は、ドッキングステーションの選び方や使い方について詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ドッキングステーションとは?

By: hp.com

ドッキングステーションとは、USBや映像出力端子など複数のポートを搭載した周辺機器のひとつ。パソコンとはケーブル1本だけで接続できるのが特徴です。

入出力ポートの数や種類の限られているノートパソコンでも、外部ディスプレイや外付けストレージなど、さまざまな周辺機器を利用できるのがメリット。使用したい周辺機器の端子規格をよく確認して選ぶようにしましょう。

ドッキングステーションの選び方

端子規格で選ぶ

WindowsならUSB3.0以上

同じUSB Type-A端子を搭載しているドッキングステーションでも、対応している規格によってデータ転送速度は異なります。Windowsパソコンで使用するのであれば、USB3.0規格に対応したモデルがおすすめ。最大5Gbpsでのデータ転送が行えるため、外付けストレージを接続した場合でも快適に使用できます。

MacならThunderbolt3対応

Macで使うなら「Thunderbolt3」規格に対応したUSB-C端子搭載のドッキングステーションがおすすめ。最大40Gbpsの高速データ転送ができるほか、映像信号の出力も可能です。

現在発売されているMacBookには、すべてThunderbolt3に対応したUSB-Cポートが採用されています。Macの性能を最大限に発揮させたい方は、ぜひチェックしてみてください。

使い方で選ぶ

モニターを拡張するなら映像出力端子をチェック

By: amazon.co.jp

外部モニターを利用する方は、映像出力端子の有無や種類をチェックしましょう。HDMIやDVI、DisplayPortなどを搭載していれば、幅広いモニターと接続できるので便利です。

ただし、旧タイプのモニターやプロジェクターなどでは、アナログのVGA端子が必要な場合もあります。購入前に機器の端子形状をよく確認しておきましょう。

カメラを利用するならSDカードスロットをチェック

By: amazon.co.jp

デジカメで撮影した写真やビデオをパソコンで見たい場合は、SDカードスロットがあると便利。なお、SDカードのサイズには、標準とmicroSDの2種類があるので注意しておきましょう。

microSDカードは、スマホやGoProといった小型機器でよく採用されています。2種類のスロットを備えていれば、どちらのサイズにも対応できるため安心です。

ネット回線を安定させるなら有線LAN端子をチェック

By: amazon.co.jp

ネット回線が不安定で困っている方には、有線LAN端子搭載モデルを要チェック。安定してネットに接続できるので、パソコン作業や動画の視聴も不安なく行うことが可能です。無線LAN環境のないオフィスはもちろん、宿泊先のホテルなどでも重宝します。

ストレージを接続するなら高速データ転送機能をチェック

By: amazon.co.jp

外付けストレージを接続する場合、データ転送速度にも注目しましょう。USB3.0なら最大5Gbps、Thunderbolt3対応なら最大40Gbpsでの高速データ転送が可能です。

データのバックアップを毎日行うなど、外付けストレージの使用頻度が高いとそれだけ転送の待ち時間を減らせます。業務の効率化を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

Mac製品で使うなら急速充電機能をチェック

By: buffalo.jp

Macノートに搭載しているUSB-C端子は周辺機器との接続だけでなく、充電ポートとしても機能します。ドッキングステーションに充電器を繋げておくだけで、パソコン作業中に充電も行えるので便利です。

「Power Delivery」に対応しているモデルなら、パソコンを充電しながらディスプレイ出力やデータ通信をすることが可能。Mac製品を使う場合はぜひチェックしておきましょう。

ドッキングステーションのおすすめモデル

アンカー(ANKER) PowerExpand+ 7-in-1 AK-A83520A1

7つのポートを1つにまとめたドッキングステーションです。2基のUSB Type-A・USB Type-C・HDMI・有線LAN・SDカードスロットを搭載しており、さまざまな機器との接続が可能。また、USB Type-Cポートは、最大48WのPower Deliveryに対応しています。

携帯性に優れているのもポイント。117×53×16mmのコンパクトサイズであるのに加え、114gと片手でも持ちやすい重さに設計されています。さらに、便利なトラベルポーチを付属しており、持ち運びのしやすさにも優れたおすすめアイテムです。

アンカー(ANKER) PowerExpand 12-in-1 AK-A8390111

マルチタスクに便利なドッキングステーションです。USB Type-Cや3基のUSB Type-A、HDMIなど計12ポートを搭載しており、本製品1台でさまざまな機器との接続が可能。また、USB Type-CポートはPower Deliveryに対応しているのもポイントです。

同時に2つのディスプレイに映像出力できるのも魅力。HDMI・Display Portを介して、2つの画面で4K出力ができます。スタイリッシュな見た目も特徴的なおすすめアイテムです。

QGeeM ドッキングステーション HC1202-hub

充電しながら使用できるドッキングステーションです。Power Delivery対応のUSB Type-Cポートを搭載しており、高速充電が可能。Windows・Macのどちらにも対応しているため、幅広いパソコンで使用できます。

HDMI・DisplayPortを備えており、4K解像度での映像出力に対応しているのもポイント。さらに、最大5Gbpsの転送速度が可能なUSB3.0ポートによって、高画質の画像や動画データのやりとりにも便利なモデルです。

QGeeM USBドッキングステーション dsads

快適にインターネット通信を利用できるドッキングステーションです。有線LANポートを搭載しているため、安定してネットに接続できるのが特徴。また、USB3.0ポートを6基備えており、外部メモリや外付けHDDとスムーズにやりとりを行えます。

さらに、WindowsやMac、ChromeといったさまざまなOSをサポートしているのもポイント。デュアル出力にも対応しており、幅広いパソコンで使用できるおすすめアイテムです。

TSUPY USBハブ TP-S05

SDカードスロットを搭載したドッキングステーションです。MicroSDカードの読み込みも可能で、スマートフォンで撮影した画像や動画の転送に便利。また、専用ドライバーのインストールは不要で、パソコンに差し込むだけで使用できます。

携帯性に優れたコンパクトサイズもポイント。コンパクトでカバンやリュックに入れても荷物の負担になりにくく、出張や旅行への持ち出しに適しているおすすめアイテムです。

チョーテック(CHOETECH) USB Type-C ハブ HUB-M14

ケーブル不要のドッキングステーションです。USB Type-Cコネクタをパソコンに直接取り付けられるのが特徴。また、放熱性に優れたアルミニウム合金素材を採用しているのも魅力です。

4K解像度に対応したHDMIポートを備えているのもポイント。外部ディスプレイやプロジェクターに出力できるため、プレゼンテーションなどの用途にもおすすめです。さらに、Thunderbolt3対応のUSB Type-Cポートを備えており、より高速なデータ転送が行えます。

バッファロー(BUFFALO) LUD-U3-CGD

PCとの接続にUSB Type-Cケーブルを採用したドッキングステーションです。LANポートのないパソコンも有線LAN環境で使えるのが特徴。GigaとUSB3.2(Gen1)に対応しているため、有線LANケーブルをつなぐことができ、快適な高速通信でインターネットを使用できます。

HDMIとVGAの2系統で映像出力ができるのも魅力。4K映像も出力が可能なので、大画面で美しい映像を楽しみたいときにも便利です。また、USB PDにも対応。ノートパソコン充電しながらでも外部機器と接続できます。

Windows OSとMac OSに対応しているのもポイント。ドライバーのインストールが不要で、挿すだけで簡単にセットアップして使えます。LAN・USB Type-A・USB Type-C・HDMI・VGAの5ポートを搭載した使い勝手のよいおすすめモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB Type-C専用ドッキングステーション USB-CVDK6

4K高画質のデュアルディスプレイに対応したドッキングステーション。DisplayPortとHDMIポートをそれぞれ2基ずつ備えており、異なる組み合わせでもディスプレイと接続できるのが特徴です。

豊富な入出力ポートを備えており、さまざまな機器に接続できるのが魅力。USB Type-AやUSB Type-Cポートだけでなく、オーディオ接続や優先LAN接続にも対応しています。また、本製品経由でノートパソコンに給電も行えるため、配線をすっきりさせることも可能です。

盗難防止のセキュリティワイヤーを固定するためのセキュリティスロットが備わっているのもポイント。ドッキングステーション本体の盗難も防止できます。多様な周辺機器を接続しながら作業したい方におすすめです。

AZDOME ドッキングステーション

放熱性に優れたドッキングステーションです。アルミニウム素材を採用した本体には冷却穴があり、効率的に熱を排出する効果が期待できます。また、セキュリティ用のロックホールを設けているため、盗難を防ぎやすいのもポイントです。

さまざまな機器と接続できるのも魅力。USB Type-CポートやHDMI、有線LANポートなど全12ポートを搭載しており、データ転送や映像出力などを1台でまとめて行えます。さらに、Power Delivery対応のUSB Type-Cポートを備えており、利便性に優れたおすすめアイテムです。

WisFox ドッキングステーション CE1304_08

USB Type-C変換アダプターが付属したドッキングステーションです。USB Type-Aポートが搭載されていないMacBookシリーズにも接続可能。サイズは123×47×16.5mmとコンパクトなので、出張や旅行先への持ち運びにも便利です。

Wi-Fi環境が不安定な際にも、安定したインターネット通信を楽しめるのも魅力のひとつ。ギガビット対応の有線LANポートを備えており、ストリーミング再生や大容量データのダウンロードも快適に行えます。さらに、SDカードスロットや2つのHDMIポート・DisplayPortを搭載し、端子の種類が豊富なのも魅力です。

WAVLINK ドッキングステーション XQ-UG39DK4-FBA

4基のUSB2.0ポートを搭載したドッキングステーションです。キーボードやマウスといった複数の周辺機器をまとめて接続可能。また、最大5Gpbsの転送速度に対応したUSB3.0ポートを採用しており、画像や動画の転送を素早く行えます。

HDMI・DVIポートを搭載しているのに加え、DVI-VGA変換アダプターを付属しているのも魅力。また、Windows・MacのどちらのOSにも対応しています。さらに、最大2台の外部ディスプレイに映像出力を同時に行えるため、マルチウィンドウで作業を行う方におすすめのアイテムです。

LENTION 縦置きドッキングステーション CB-TP-D53HEA-CCN-GRY-JP-A

縦置きスタンドが付属したドッキングステーションです。横置きタイプよりも省スペースで設置できるため、デスクを広く使いたい方におすすめ。また、HDMIや有線LANポートが本体背面に設置されており、ケーブルを同じ方向にまとめられるのもポイントです。

Power Deliveryに対応しているのも魅力。さらに、最大10Gbpsの転送速度に対応したUSB 3.1 Gen2ポートを搭載しており、大容量のデータ転送を素早く行えるおすすめアイテムです。

J5 create ドッキングステーション JCD543-EJ

同時に3台のディスプレイに映像出力できるドッキングステーションです。4K出力が可能なHDMI・Display Portに加え、フルHDに対応したVGAを備えています。

アルミニウム素材を採用したおしゃれなデザインもポイント。ビジネスシーンでも違和感なく使用できるほか、放熱性に優れた設計を採用しています。さらに、使用しないときはケーブルを本体内部に収納可能。持ち運びのしやすさにも優れたおすすめアイテムです。

CalDigit TS3 Plus ドッキングステーション TS3Plus-JP07-SG-AMZ

デジタルオーディオポートを備えたドッキングステーションです。アンプやスピーカーといったオーディオ機器と接続し、高音質のサウンドを楽しむことが可能。また、3.5mmステレオミニプラグでのオーディオの入力・出力に対応しています。

さらに、デュアルディスプレイへの映像出力も可能です。2台同時に4K解像度での映像表示が可能であるのに加え、USB Type-Cポートを使用することで、5K解像度の出力もサポートしています。そのほか、SDカードスロットやギガビット対応の有線LANポートを搭載しており、機能性に優れたおすすめアイテムです。

CableMatters USB C ドッキングステーション

縦型スリムで、省スペース化を意識できるドッキングステーション。表裏両面に豊富な端子が揃っており、周辺機器やケーブルを乱雑せずにまとめられるのが特徴です。

パソコンと本製品はUSB Type-Cで接続。端子としては通常のUSBのほか、オーディオやマイク、HDMI、さらにはSDカードやmicroSDカードも用意されています。

また、USB接続の速度を優先するか、モニター接続を優先するかのモード切り替えが可能なのもポイント。ラインナップとしてはWindowsパソコン用のほか、MacBook Pro用も用意されています。デスクトップパソコンはもちろん、ノートパソコンにも使いやすいおすすめのアイテムです。