パソコンの拡張性を高められる「ドッキングステーション」。インターフェースの種類が限られているノートパソコンにとっては、必需品ともいえる便利なアイテムです。

そこで今回は、ドッキングステーションの選び方や使い方について詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ドッキングステーションとは?

By: amazon.co.jp

ドッキングステーションとは、USBや映像出力端子など複数のポートを搭載した周辺機器のひとつ。パソコンとはケーブル1本だけで接続できるのが特徴です。

入出力ポートの数や種類の限られているノートパソコンでも、外部ディスプレイや外付けストレージなど、さまざまな周辺機器を利用できるのがメリット。使用したい周辺機器の端子規格をよく確認して選ぶようにしましょう。

ドッキングステーションの選び方

端子規格で選ぶ

WindowsならUSB3.0以上

By: amazon.co.jp

同じUSB Type-A端子を搭載しているドッキングステーションでも、対応している規格によってデータ転送速度は異なります。Windowsパソコンで使用するのであれば、USB3.0規格に対応したモデルがおすすめ。最大5Gbpsでのデータ転送が行えるため、外付けストレージを接続した場合でも快適に使用できます。

MacならThunderbolt3対応

Macで使うならThunderbolt 3に対応したUSB-C端子搭載のドッキングステーションがおすすめ。最大40Gbpsの高速データ転送ができるほか、映像信号の出力も可能です。

近年発売されているMacBookの多くには、Thunderbolt 3に対応したUSB-Cポートが採用されています。Macの性能を最大限に発揮させたい方は、ぜひチェックしてみてください。

使い方で選ぶ

モニターを拡張するなら映像出力端子をチェック

By: amazon.co.jp

外部モニターを利用する方は、映像出力端子の有無や種類をチェックしましょう。HDMIやDVI、DisplayPortなどを搭載していれば、さまざまなモニターと接続できるので便利です。

ただし、旧タイプのモニターやプロジェクターなどでは、アナログのVGA端子が必要な場合もあります。購入前に機器の端子形状をよく確認しておきましょう。

カメラを利用するならSDカードスロットをチェック

By: amazon.co.jp

デジカメで撮影した写真やビデオをパソコンで見たい場合は、SDカードスロットがあると便利。なお、SDカードのサイズには、標準とmicroSDの2種類があるので注意しておきましょう。

microSDカードは、スマホやGoProといった小型機器でよく採用されています。2種類のスロットを備えていれば、どちらのサイズにも対応できるため安心です。

ネット回線を安定させるなら有線LAN端子をチェック

By: amazon.co.jp

ネット回線が不安定で困っている方は、有線LAN端子搭載モデルを要チェック。有線LAN経由なら安定してネットに接続しやすいので、パソコン作業や動画の視聴も快適です。無線LAN環境のないオフィスはもちろん、宿泊先のホテルなどでも重宝します。

ストレージを接続するなら高速データ転送機能をチェック

By: amazon.co.jp

外付けストレージを接続する場合、データ転送速度にも注目しましょう。USB3.0なら最大5Gbps、Thunderbolt 3対応なら最大40Gbpsでの高速データ転送が可能です。

データのバックアップを毎日行うなど、外付けストレージの使用頻度が高いとそれだけ転送の待ち時間を減らせます。業務の効率化を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

Mac製品で使うなら急速充電機能をチェック

By: amazon.co.jp

Mac製品に搭載しているUSB-C端子は周辺機器との接続だけでなく、充電ポートとしても機能します。ドッキングステーションに充電器を繋げておくだけで、パソコン作業中に充電も行えるので便利です。

「Power Delivery」に対応しているモデルなら、パソコンを充電しながらディスプレイ出力やデータ通信が可能。Mac製品を使う場合はぜひチェックしておきましょう。

ドッキングステーションのおすすめモデル|Mac向け

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB Type-Cドッキングステーション 400-VGA017

ノートパソコンの下に設置するタイプのドッキングステーションです。限られたスペースで使用可能な製品を求める方におすすめ。小型の机でもデスクの上が広々と使えます。ノートパソコンが約2.2cm浮き上がるため、キーボードに適度な傾斜が付いてタイピングしやすいのも便利です。

HDMI・DisplayPort・VGAと、3種類の映像出力ポートを採用。モニターやプロジェクターなど、さまざまなタイプのデバイスと接続できます。ノートパソコンをセットしていないときには、スマホ用のスタンドとして利用可能です。

バッファロー(BUFFALO) ドッキングステーション LUD-U3-CGD

オフィスと外出先の両方で使用する方におすすめのドッキングステーションです。約30cmのショートケーブルを採用しているため、カバンの中でかさばりにくいほか、デスクの上でも邪魔にならずに済みます。

HDMIとVGAポートを搭載しているのが特徴。外出先のモニターやプロジェクターなどにも出力できて便利です。HDMIは4K出力に対応しているので、高精細な画面で多様な作業を効率的に進められます。

Power Deliveryに対応しているのもポイント。周辺機器を利用しながらノートパソコンを充電可能です。MacだけでなくWindowsPCでも使えます。

ベルキン(belkin) Thunderbolt 3 Dock Pro F4U097JA

Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを備えたモデルです。大容量データを日常的に扱う、クリエイターにおすすめのドッキングステーション。高解像度の写真や動画をスムーズに移行できます。アルミ素材を使用したシンプルでスタイリッシュなデザインを採用しており、Apple製品の外観と馴染みます。

本製品にはUSB Type-AとType-Cに加えて、SDカードリーダーを配置。デジカメで撮影したデータの取り込み作業が快適におこなえます。UHS-ll規格に対応しているため、転送速度が高速です。MacBookをデスクトップPCのように使いたい方や、iMacの拡張性をより高めたい方などに適しています。

ベルキン(belkin) USB-C Express Dock 3.1 HD F4U093JA

シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴のドッキングステーション。MacBookとケーブル1本で繋げられる、おしゃれな製品を探している方におすすめのモデルです。最大8台の周辺機器を接続できます。

ACアダプターが付属しており、最大60Wの給電ができるのも嬉しいポイントです。対応するUSB規格は3.1。Thunderbolt 3対応のパソコンで動作するよう設計されているため、MacBookシリーズで安心して使用できます。

アンカー(ANKER) Anker PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock A8394

自宅やオフィスに据え置きで利用するのにおすすめのドッキングステーションです。最大1Gbps対応のイーサネットポートを備えているため、高速で安定したネット環境を構築できます。

Power Delivery対応のUSB Type-Cポートを2つ搭載しているのも特徴。最大60WでMacBookを充電しながら、最大20WでiPhoneなどの端末機器をチャージできます。外出する際にデバイスの電池残量が少ない場合に便利です。

アンカー(ANKER) Anker 651 USB-C Dock 8-in-1 Wireless Charging A8391

デスクに設置しやすい縦型のドッキングステーションです。スマホのワイヤレス充電器機能を搭載しているのが特徴。ケーブル接続の手間を省きたい方におすすめです。

また、Qi規格に対応したデバイスなら最大10Wでチャージできます。HDMIをはじめ、USB Type-AやType-Cなど、8つのポートを1台に集約。SDカードリーダーも搭載しているので、デジカメで撮影したデータを読み取る際に重宝します。

ノートパソコンに対し最大85Wの給電ができるのもポイント。MacBook Airはもちろん、13インチモデルであればMacBook Proも高速充電できます。

ただし、iPhone 13 miniと12 miniは縦置充電には対応していないため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

カルデジット(CalDigit) Thunderbolt 3 ドッキングステーション TS3 Plus

おしゃれなデザインが人気のドッキングステーションです。Thunderbolt 3対応のUSB Type-cのほか、USB 3.1 Gen 2対応のType-CやUHS-ll対応のSDカードリーダーを搭載。さまざまな外部ストレージと高速なデータ転送が可能です。

フロントにはヘッドホンジャックを備えており、動画編集の際に重宝します。さらに、光デジタルオーディオ端子を採用しているのもポイント。対応するアンプやスピーカーに接続すれば、Macで高音質のサウンドが楽しめます。

Plugable Thunderbolt 3 ドッキングステーション TBT3-UDV

縦置きに設置する、省スペース設計のドッキングステーション。小さなデスクで使いやすい、高性能なモデルを探している方におすすめです。

Thunderbolt 3とPower Delivery規格に対応しているため、データ転送速度が高速なほか、最大60Wでノートパソコンに給電可能。電源アダプターが同梱されており、別途購入する必要がないのも嬉しいポイントです。

映像端子はUSB Type-CとDisplayPortの2つを搭載。「DisplayPort-HDMI 2.0 変換アダプター」が付属されているので、さまざまなモニターに接続できます。

ドッキングステーションのおすすめモデル|Windows向け

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB3.0 ドッキングステーション 400-VGA009

USB 3.0接続に対応した据え置きタイプのドッキングステーションです。Windowsノートパソコンを、デスクトップPCのように使いたい方におすすめです。背面に4つのUSBポートを備えているため、マウス・キーボード・プリンターなど、複数の有線デバイスをまとめて繋げられます。

付属のドライバーソフトをインストールするだけなので、簡単に使い始められます。さらに、HDMIとDVIポートを搭載。大型の外部ディスプレイに映せるほか、マルチモニター環境の構築も可能なため、作業の効率化が図れます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ドッキングステーション USB-DKM1

USB 3.2 Gen 2対応のType-Aポートを2つ搭載したドッキングステーション。パソコンの内容をまるごとバックアップするなど、大容量データを移行する機会が多い方におすすめのモデルです。最大10Gbpsの高速なデータ転送がおこなえます。約92.8gと軽量で持ち運びやすいのも特徴です。

電圧・電流チェッカーを搭載しているのがユニークなポイント。Power Delivery充電時にはノートパソコンへの給電状況を、バスパワーの際には周辺機器の電力消費量が視覚的に確認できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルドッキングステーション 400-HUB093S

持ち運びやすいポータブルタイプのドッキングステーションです。約145gと軽量なほか、巻取り式のType-Cケーブルを採用しているため、カバンやリュックの中でかさばらずに済みます。

HDMI・VGA・USB Type-Aなどのポート類に加えて、ワイヤレス充電機能を備えているのが特徴。スマホやイヤホンなど、Qi規格に対応したデバイスを最大5Wで充電できます。

本製品は、多機能で携帯性に優れた製品が欲しい方におすすめです。自宅やオフィスはもちろん、訪問先での打ち合わせシーンなどでも重宝します。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Surface専用ドッキングステーション 400-HUB039BK3

Surface専用のドッキングステーション。Surface ProやSurface Goシリーズを使っている方におすすめのモデルです。

有線LANをはじめ、3つのUSB Type-AやHDMIなどが追加できるため、ポート不足解消に役立ちます。背面にピッタリと設置できる一体型デザインを採用しています。正面から見てスッキリとした見た目も魅力です。さらに、最大100WのPower Deliveryに対応しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB Type-C ドッキングステーション 400-HUB086GM

持ち運びに便利な、ドッキングステーションが欲しい方におすすめのモデル。コンパクトでスリムなデザインなので、カバンの中でかさばらず容易に携帯可能です。Type-AとHDMIポートを搭載しているため、USBメモリに保存したプレゼン資料を訪問先のモニターに映しながら説明するといった使い方ができます。

セルフパワーとバスパワーの両方に対応しているのも特徴。外出先では荷物が少なくて済むバスパワー、自宅やオフィスでは安定した動作が確保できるセルフパワーと、状況に応じて使い分けられます。最大60WのPower Delivery対応なので、一般的なノートパソコンなら高速で充電可能です。

バッファロー(BUFFALO) ドッキングステーション LUD-U3-AGH

USB Type-Aケーブルで接続するドッキングステーションです。WindowsPCやNintendo Switchのドックなどに対応しています。マウスやキーボードといった有線デバイスの接続や解除を簡単におこなうことが可能です。

有線LANポートを搭載しているため、安定した高速なネット環境を利用できます。気軽に購入できる安い価格も魅力です。

バッファロー(BUFFALO) ドッキングステーション LUD-U3-CGC

デジカメで撮影した写真の確認や加工におすすめのドッキングステーション。microSDカードスロットを備えているため、スマホのデータを読み込む際に変換アダプターが不要です。

4K出力対応のHDMI出力ポートを搭載しており、高解像度モニターで画像の細部まで確認できるのも便利です。最大85WのPower Deliveryに対応しているのも特徴。ACアダプターを利用すれば、ノートパソコンのバッテリー残量を気にせず長時間作業がおこなえます。

エレコム(ELECOM) ドッキングステーション DST-C08SV

アルミ製の筐体を採用した、高級感のあるドッキングステーションです。オフィスでの利用はもちろん、リモートワークにもおすすめのモデル。3.5mmのステレオミニジャックを備えているのが特徴です。マイク内蔵の有線イヤホンが使えるため、Web会議などのシーンで重宝します。

HDMI・miniDisplayPort・VGAと、3種類の映像ポートを搭載しているのもポイントです。さまざまな種類のモニターやプロジェクターに接続できます。

エレコム(ELECOM) Type-Cドッキングステーション アルミモデル DST-C16SV/EC

カバンやリュックにスッキリと収まる、スリムなデザインのドッキングステーションです。重さも約50gと軽量なので、持ち運んで使う機会が多い方におすすめのモデル。USB 3.1 Gen 1対応のType-Aポートを2つ備えており、マウスやUSBメモリなどの周辺機器を利用可能です。

HDMIポートを搭載しているため、訪問先のモニターに映してプレゼンをするようなシーンでも活躍します。ウルトラワイドモニターに対応しているのもポイント。高い没入感が得られるので、ゲーム好きの方もチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) 563 USB-C ドッキングステーション 10-in-1

自宅やオフィスでの据え置き利用におすすめのドッキングステーションです。最大100Wと最大30WのPower Deliveryに対応した2つのUSB Type-Cポートを搭載。ノートパソコンと併せてスマホやタブレットを充電しながら作業が進められます。180W出力のACアダプターも付属しています。

映像出力には、2つのHDMIポートとDisplayPortを採用。シングル・デュアル・トリプルと、目的や用途に合わせて多様なマルチモニター環境を構築可能です。

ドッキングステーションの売れ筋ランキングをチェック

ドッキングステーションのランキングをチェックしたい方はこちら。