目的によって必要なスペックや機能が大きく異なる「PCモニター」。製品ラインナップは豊富なので、購入を検討している方はどの機種を購入すればよいか悩んでしまう方も多いはずです。

そこで今回は、おすすめのPCモニターをランキング形式でご紹介。選び方やおすすめメーカーについても解説するので。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

PCモニターのメリット

By: amazon.co.jp

PCモニターのメリットはユーザーの好みに合わせた画面サイズの製品を選べる点です。ノートパソコンを使用する際には画面サイズにストレスを感じてしまい、作業効率が上がらないケースがあります。また、既存のデスクトップパソコンの場合でもPCモニターを変えるだけで快適な環境に改善される場合があるので、現状に不満がある方は試す価値アリです。

PCモニターの種類

形状による分類

PCモニターには、「スクエア」と「ワイド」の2つの形があります。スクエアタイプのPCモニターは横と縦の比率が5:4で、ワイドタイプのPCモニターは横と縦の比率が16:9。なお、最近はワイドタイプのPCモニターが主流となっています。

ちなみに、ワイドモニターをさらに横へ広げた「ウルトラワイドモニター」という製品も徐々にラインナップが充実してきていますが、これは映画鑑賞や動画編集などの用途に適したモデルなので、留意しておきましょう。

パネルによる分類

By: amazon.co.jp

PCモニターのパネルには、IPS・VA・TNの3種類があります。IPSパネルは、視野角が広く色が安定しやすいので目に優しいのがポイント。色彩を重視している方におすすめです。

VAパネルは、黒色を表現するのが得意という特長があります。コントラスト比を高くしやすいので、明暗のメリハリをつけることが可能。作業用PCモニターとして最適です。Nパネルは、最近では安価なPCモニターに搭載されることが多いタイプです。

光沢による分類

By: amazon.co.jp

PCモニターには、グレア(光沢)・ノングレア(非光沢)と光沢の有無による違いがあります。グレアの方が輝いているので映像がキレイに見えるというメリットがありますが映り込みが多いため、目が疲れやすくなる点には注意が必要です。

ノングレアは、光沢がないので自分の顔が映りこむ心配が少ないのが特長。目に優しいのもメリットです。しかし、発色が地味なので、コンテンツを思う存分楽しみたい方にとってはモノ足りなさを感じる場合があります。

PCモニターの選び方

価格で選ぶ

PCモニターの価格は、1万円台で購入できるリーズナブルなモノから10万円以上するモノまでさまざまです。傾向として、サイズが大きくなるごとに価格も上昇します。なお、ゲーミングなどの専門性に特化したモデルの場合も価格は高めです。

解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

PCモニターを選ぶ上では解像度も要チェックです。解像度とは、画面の中にどれだけのピクセルを表示できるか示すもので、画像や映像の鮮明さが決まります。最近では、4Kに対応した解像度4000×2000程度のPCモニターが人気です。

用途で選ぶ

用途によって最適なPCモニターは異なります。例えば、PCでゲームをすることが目的なら反応速度が速いPCモニターが必須で、ゲーム用PCモニターと謳っているモデルを購入するのがベスト。一方、サブモニターを必要としているのであれば、機能を省いたリーズナブルなモデルでも十分です。

ゲーミングモニターと普通のモニターの違い

By: rakuten.co.jp

ゲーミングモニターは普通のモニターと比べて、ゲーム用にいくつかの機能性を高めているところが特長。機能性の高さはゲームの勝敗にも関わる部分なので、パソコンゲームをプレイする目的でPCモニターを購入するなら、必ずチェックしておきましょう。

ゲーミングモニターで最も重要視されている機能にリフレッシュレートがあります。これは、60Hz/144Hzなどと表記されるもので、1秒間に何回画面が切り替わるのかを表しています。60Hzの場合は1秒間に60回画面が切り替わる、144Hz場合は1秒間に144回画面が切り替わるという意味なので、数値が高いほど映像が滑らかになると考えてください。

次いで確認すべき項目は応答速度。これは、グラフィックボードから出力された映像がモニターに反映されるまでの速度を示しており、単位はmsで表記されます。msはミリセカンド(ミリ秒)という意味で、数値が小さいほど応答速度が速い(スペックが高い)ということになります。

PCモニターのおすすめメーカー

ベンキュー(BENQ)

By: benq.co.jp

台湾の世界的電子機器メーカーであるベンキューは、日本でも多くの人気を集めています。製品ラインナップの中心はプロジェクターとPCモニター。安価で使いやすいモノからゲーム向けに特化したハイエンドモデルまで、多くのPCモニターをリリースしています。

エイサー(Acer)

By: acer.com

エイサーは台湾のPCメーカー。ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなど幅広い製品を取り揃えています。PCモニターについては、ゲーミングに特化したモデルが多いのが特長です。

PCモニターのおすすめランキング|普段使い

ベンキュー(BenQ) GW2470HL

リーズナブルな価格で、「とりあえずPCモニターが欲しい」という方におすすめの1台。本製品は、ブルーライト軽減Plus機能を搭載しており、目の疲れや睡眠への影響を少なくするので、普段使いのモニターとして最適です。

また、標準モード・エンターテイメントモード・オフィスモード・暗室モードを用意していているのもポイント。画面のチラつきを抑えるフリッカーフリー機能も備わっています。

ベンキュー(BenQ) EW277HDR

HDRに対応した27型モニター。本体右下に装備されたHDRボタンを押せば、ON/OFFをワンタッチで切り替えることができます。

低解像度のコンテンツを高解像度画質に変換するSuper Resolutionモードを搭載。古いコンテンツでも最高の画質で楽しむことができます。また、選択したウインドウ部分だけにフォーカスしてその他の背景を薄暗くするスマートフォーカスモードを使えば、より映像コンテンツに集中することも可能。使い勝手のよいPCモニターを求めている方におすすめです。

エイゾー(EIZO) FlexScan EV2451

ベゼル(外枠)1mmと画面スペースをフル活用している24型のPCモニター。本製品はスタンドの稼働幅が広いところが特長で、高さ調整や画面角度の変更などが柔軟に対応できるのも魅力です。

接続端子は、DisplayPort・HDMI端子・VGA端子・DVI-D端子をそれぞれ1つずつ搭載。さらに、USB3.0端子も2つあるので、周辺機器との接続がスムーズにできるのもポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) EX-LDQ321DB

WQHD解像度(2560×1440)に対応した31.5型モニター。映像を自動判別して最適な明るさにするモード、快調や色調を5段階で調整できるエンハンストカラー、画面の応答速度を高めるオーバードライブ機能などが搭載されているのが特長です。

また、映像モードも標準・写真・映像・ゲームの4つのモードに対応。接続端子はHDMI端子が3つでDisplayPortが1つ、サウンドは2.5W+2.5Wのステレオスピーカーを内蔵しているので、使い勝手のよいPCモニターを求めている方におすすめです。

エイサー(Acer) ET430Kwmiiqppx

大画面で作業したい方におすすめの43型PCモニター。4K解像度にも対応しているので、映像コンテンツを思う存分楽しみたい方は購入候補です。

また、本製品は画面の同時表示機能が充実。特に2画面を並べて表示する「PBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)」は便利です。

HDMI端子を2つ装備するほか、DisplayPort端子とMini DisplayPortは1つずつ用意。7W+7Wの大容量ステレオスピーカーが内蔵されているところもポイントです。

PCモニターのおすすめランキング|ゲーム向け

エイスース(ASUS) VE248HR

リーズナブルな価格でゲーミング用のPCモニターを求めているなら、24型の本製品がおすすめ。応答速度が1msなので、残像やブレをしっかり抑えてくれるのが特長です。

広い明暗差を表現できるASCRテクノロジーによって、暗い部分はより暗く、明るい部分はより明るく表示することが可能。また、6種類の画面モードに対応しているので、よりコンテンツに適した映像処理を行うことができます。

エイスース(ASUS) ROG STRIX XG258Q

激しいゲームに対応できるフルHD24.5型のPCモニター。リフレッシュレートは240Hzと高く、応答速度は1msと優秀なモデルです。

動きのある物体を鮮明に表示する「EXTREME LOW MOTION BLUR」やゲームのジャンルに合わせて6つのプリセットを用意し、コントラストや遅延の調整に対応できる「GameVisual」機能を搭載しているのもポイント。価格は5万円以上と少々高めなので、頻繁にゲーミングを楽しみたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) ZOWIE XL2411P

144Hzのリフレッシュレートと応答速度1msがウリの24型フルHD液晶。暗いシーンの視認性を高めた「Black eQualizer」機能を搭載しているほか、FPSやRTSなどそれぞれのゲームに最適化したモードを用意しており、汎用性の高さもポイントです。

入力端子はHDMI・DisplayPort・DVI-Dがそれぞれ1つ搭載。なお、縦長画面でも使用も可能なので、縦スクロールのシューティングゲームにもスムーズに対応することができます。

ベンキュー(BenQ) ZOWIE XL2536

ゲームに集中するためのアイシールドが付属した24.5型ゲーミングモニター。応答速度は1msのほか、リフレッシュレートが144Hzなので動きが激しいゲームでも安心してプレイすることができます。

本製品は、暗いシーンでの視認性を高める機能を搭載しているのもポイント。また、「S.Switch」と呼ばれる1~3までの番号が表記されたスイッチを用意しており、スムーズに画面を切り替えることなどができます。

エイサー(Acer) KG271Abmidpx

アクション・レーシング・スポーツの3つのゲームモードに対応した27型ゲーミングモニター。ゲームの種類によって画面モードを切り替えたい方におすすめの1台です。

応答速度が1msでリフレッシュレートが144Hzと、スペックは充実。さらに、「AMD FreeSyncテクノロジー」を採用しており、画面のチラつきをしっかりカバーしてくれるのも魅力です。

黒の強弱を10段階で調整して暗いシーンの視認性を高めることも可能。FPSゲームに最適な照準をモニターに表示することも、注目すべきポイントです。

エイサー(Acer) Z35bmiphz

横長が特徴のウルトラワイドモニターを採用している本製品。35型の曲面ディスプレイで、ゲームに没入することができる1台です。

リフレッシュレートが200Hzであるほか、画面のブレを軽減するNVIDIA ULMB機能を搭載しているので、画質のクオリティは良好。内蔵スピーカーは9W+9Wと大容量で、高音質のDTS Soundに対応しているのもポイントです。

また、本製品はデザインも特徴的。ベース部にアルミを採用したのに加えてベース部を照らすライトを装備。ハイエンドクラスのゲーミング用PCモニターを求めている方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 27GK750F-B

240Hzのリフレッシュレートに対応した27型ゲーミングモニター。毎秒240コマと圧倒的にクリアな映像を体感できるので、FPSなどの一瞬の動きが重要なゲームを楽しむ際におすすめの1台です。

本製品は、各種設定の切り替えをGUI型で行う仕様となっており、ゲーミング用に特化。また、FPS用とRTS用にプリセットを用意しているので、細かい設定抜きに最適なゲームモードを選択することができます。

モニターを90度回転させて縦型表示ができるほか、左右の回転・高さ調整・画面の角度調整に対応するなど汎用性も良好。接続端子は、HDMI端子を2つとDisplayPortを1つ装備しているほか、USB3.0端子が2つあるので、データのやり取りもスムーズに対応できます。

エムエスアイ(MSI) Optix MAG24C

リフレッシュレート144Hzに対応する湾曲型VAパネルを採用したフルHD23.6型のPCモニター。本製品はAdaptive Syncテクノロジーを用いて構築され、スムーズにゲーミング対応できるのが特長です。

本製品はOptixシリーズですが、同シリーズは一般的なモニターと比較してゲームの色やディテールが向上しており、より臨場感のある映像を楽しむことができます。

エムエスアイ(MSI) Optix AG32C

ゲーミング用途に最適なPCモニター。リフレッシュレート165Hzで湾曲率R1800の曲面ディスプレイパネルを採用しており、高い臨場感を堪能することができます。

応答速度は4ms。シューティングの照準を画面中央に表示する「FPSフロントサイトトグル」機能も搭載しているのもポイント。24型と比べて72%も画面が広くなる31.5型の大画面も特長です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) KH2450V-ZX

リフレッシュレート144Hzの24型フルHD液晶。入力端子はHDMIが3つ、DisplayPortが1つでPCと複数台の家庭用ゲーム機を接続できるのが特長です。

暗いシーンを鮮明に映し出す「Night Clear Vision」などゲーミングに配慮も有しておきながら価格は3万円以下とコスパは良好。お得感の高いゲーミング用のPCモニターを求めている方におすすめです。

PCモニターのおすすめランキング|ビジネス向け

アイ・オー・データ(I-O DATA) EX-LD2071TB

20.7型ワイド液晶を採用したコンパクトなモニター。幅60cmのラックにもすっきり収まるサイズで、サブモニターとしてもおすすめできるモデルです。

自動電源オフ機能やバックライトのチラつきを抑えた「フリッカーレス」設計なども搭載。また、ブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」を採用しており、目の疲れにも配慮しています。価格が1万円台とリーズナブルでもあるので、とにかく安いPCモニターを購入したい方は候補となる製品です。

エイサー(Acer) EB321HQUBbmidphx

入力端子を本体側面にまとめて使いやすくした31.5型モニター。HDMI端子/DVI-DL端子/DisplayPort端子に加えて、ヘッドホンミニジャックと3.5mmステレオミニジャックがまとめられています。

本製品は、高さ調整に加えて左右の回転と上下の角度調整に対応。長時間使用しても疲れないポジションに調節することができます。

また、視野角は178度と広角であるほか、IPSパネルを採用している点やブルーライトの調整も4段階で対応できるなど、使い勝手も良好なモデルです。

PCモニターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

PCモニターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。