モニターのなかでも横幅の広さが段違いの「ウルトラワイドモニター」。モニターを2台並べてデュアル環境にするのとは異なり、つなぎ目がないので違和感なく視点移動できるのが魅力です。

数はまだ少ないものの、今では各社が力を入れ始めてラインナップも増えてきています。今回は、おすすめのウルトラワイドモニターを選び方とともにご紹介。おすすめメーカーも挙げているので、参考にしてみてください。

ウルトラワイドモニターとは?

By: rakuten.co.jp

ウルトラワイドモニターとは、通常のモニターよりも横幅が広い製品のことを指します。画面の横幅の長さが縦幅の2倍以上になっているのが特徴。画面の縦横の比率を表すアスペクト比が21:9になっているモデルが数多くラインナップされています。

そのほか、さらにワイドなアスペクト比32:9などに対応した製品もラインナップ。ウルトラワイドモニターは通常のモニターよりも多くの情報を画面上に表示できます。ゲームに関しては敵の索敵や危険の察知をより素早く行えて、作業や仕事をする際にはより広いワークスペースの確保が可能です。

ウルトラワイドモニターの選び方

モニターサイズで選ぶ

By: asus.com

ウルトラワイドモニターを購入する際に重視したい点はモニターサイズです。最近発売されている製品は25〜35インチのモデルが中心で、選択肢も多くなっています。

ウルトラワイドモニターを活かしたいなら、おすすめは種類が豊富な35インチ。発売されている製品の中でもサイズの大きな部類で、広い表示領域を確保できるため、作業はもちろんゲームでも使えるのが魅力です。

ただし、横幅が広いので、購入前に設置する場所の広さが足りているかを確認する必要があります。どうしても置けない場合は25インチをチョイスしたり、壁掛けなど設置方法を工夫したりしましょう。

解像度で選ぶ

By: acerjapan.com

ウルトラワイドモニターで見ておきたいのが解像度。3440×1440のUWQHD解像度を始めとして、2560×1080や3840×1600、なかにはフルHDを4枚並べるよりも大きな5120×2160の5K2K解像度まであります。

基本的にはどれも横幅が広く、ゲームやクリエイターソフトの表示領域を増やすことが可能です。画質にこだわりを持つなら、3840×2160の4K解像度に迫るモノを選ぶのもおすすめ。

ただし、パソコンのスペックやプレイするゲームが解像度に対応していないと、モニターの性能を十分に発揮できない可能性もあるため、注意が必要です。

モニターの形状で選ぶ

平面タイプ

By: lg.com

ウルトラワイドモニターには「平面タイプ」と「湾曲タイプ」があります。平面タイプは一般的なモニターと同じ感覚で使用できるため、単純に横のスペースを広げて、仕事や作業の効率を上げたい方におすすめです。

特にフォトショップやCADなどデザイン系のツールを扱う場合には、湾曲タイプだと直線や曲線がわかりにくく感じたり、加工・編集の際に求めている仕上がりと異なるモノができ上がったりするので、平面タイプを選びましょう。

湾曲タイプ

By: lg.com

湾曲タイプは、モニターが幅方向に弧を描くように曲がった製品です。正面から見た際に包み込まれるような没入感と、画面全体を見渡した際に快適な距離感が得られます。

用途としては、ゲームや映画鑑賞などがおすすめ。ゲームの場合は、平面だと画面端が見にくいのに対し、湾曲タイプなら少ない視点移動で情報を把握できます。映画鑑賞の場合は、曲面スクリーンの「IMAX」や3画面表示の「ScreenX」などと同様に、高い没入感で視聴可能です。

なお、正面から見れば画面全体と丁度よい距離感になりますが、左右から見ると画面の遠近感が上手く取れないことがあります。複数人で同じ画面を共有する場合には不向きなので注意が必要です。

ゲーミングなら応答速度とリフレッシュレートもチェック

By: lg.com

応答速度

応答速度とは、画面でドットの色が変化するときにかかる時間のこと。単位は「m/s」で表され、応答速度が速ければ速いほど、画面の残像感が少なくなります。仕事のメールやネットサーフィンをする程度であれば5msで十分。ゲーミング用途であれば、4ms以下、理想は1msの製品を選ぶのがおすすめです。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは、1秒間で画面が切り替わる回数のこと。単位は「Hz」で表され、例えば60Hzであれば1秒間に60回静止画が切り替わります。数値が大きければ大きいほど、画面が滑らかに見えるのが特徴。

文章作成や動画視聴程度であれば、60Hz以下の製品で十分です。ゲーミング用途で利用する場合は、60Hz以上の製品を選ぶのがおすすめ。中には144Hz以上といった高性能モデルが存在するので、FPSゲームをする方は特に注意してチェックしてみましょう。

ウルトラワイドモニターのおすすめメーカー

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

LGエレクトロニクスは、韓国の総合家電メーカーです。革新的な技術でオンリーワンの製品開発をモットーに、テレビやモニター、生活家電などをラインナップ。特に強い分野はテレビ、モニターで、世界で初めて「有機EL」を実用化したほか、高性能なモデルを低価格で展開しています。

ウルトラワイドモニターに関してはおよそ15種類の製品があり、幅広いラインナップから選べるのが魅力です。低価格モデルから高価格なハイエンド機まであるため、予算に応じたモデルを選べます。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースは、高品質かつオリジナリティのある製品を開発しているパソコン関連製品のメーカーです。ウルトラワイドモニターは平面・湾曲ともにラインナップされており、クリエイター向けとゲーマー特化の製品があります。

特に有名なのは「R.O.G.」シリーズと呼ばれるモデル。ゲーマーのために開発されたモニターで、クールなデザインと長時間の利用に配慮された設計が魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: msi.com

エムエスアイは、1986年に設立された台湾のメーカー。パソコンの心臓部であるマザーボードや、グラフィックを左右するビデオカードの分野でトップクラスの生産量を有しています。ウルトラワイドモニターは、ゲーマー向けに開発された「Optix」シリーズが有名。特に話題性が高いのは、49インチかつ32:9の比率を持つ超ウルトラワイドモニターです。

デル(Dell)

By: dell.com

デルは、アメリカのテキサス州を拠点とするメーカーです。在庫を持たず細かい注文を受けてから完成品を作る「BTO」の先駆者としても知られています。同社はパソコンの分野で世界レベルのシェアを持っていますが、モニターも有名。画質はもちろん、サウンドにも力を入れた「ウルトラハイエンド」シリーズが人気です。

ウルトラワイドモニターのおすすめモデル

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 29型ウルトラワイドモニター 29WK600-W

解像度が2560×1080あるので、フルHDよりも作業スペースが広く取れるウルトラワイドモニター。ソフトウェアやウィンドウを左右に並べて、複数の作業を同時に行えます。また、ブルーライトを低減する機能が付いているので、長時間でも疲れを感じにくいのが魅力です。

明るさやコントラストなどの設定をWindows上で簡単に行える「OnScreen Control機能」を搭載。画面を有効活用できます。また、ソフトウェアに合わせたピクチャーモードを自動適用する「My Application Preset」や、ウィンドウを自動で分割する「Screen Split」などの機能が備わっているのもポイントです。

ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD FreeSyncテクノロジーが使われているなど、ゲームの分野においても役立つ仕様になっています。仕事でも遊びでも高いパフォーマンスを発揮するアイテムです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ゲーミングモニター ディスプレイ 34インチ 34GK950F-B

LGエレクトロニクスの34インチタイプのウルトラワイドモニター。従来のFreeSyncにHDR機能が追加されたFreeSync2に対応したモデルです。HDR対応ゲームの遅延を軽減し、より滑らかな映像でゲームを楽しめます。

解像度は3440×1440のUWQHD画質で、広視野角で光の映り込みが少ない非光沢タイプのIPSパネルが搭載されています。144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度に対応しているので、FPSなどの動きが激しいゲームでも快適にプレイできます。

映像入力端子にはHDMI2機・DisplayPort1機を搭載。スピーカーは搭載されていませんが、ヘッドホン出力には対応しています。画質はGamer・FPS・RTSから選択でき、さらにそれぞれを細かくカスタマイズ可能。また、暗くて見にくいシーンでも明るく表示する「ブラックスタビライザー」機能が搭載されているのも嬉しいポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モニター ディスプレイ 34インチ 34WL750-B

LGエレクトロニクスの34インチタイプのウルトラワイドモニター。3辺フレームレスデザインが特徴で、画面は高さと傾きを調節できます。解像度は3440×1440のUWQHD画質に対応し、液晶パネルには広視野角で光の映り込みが少ない非光沢タイプのIPS方式を採用。

HDR規格にも対応しているので、よりキメの細かい高精細な映像が楽しめるのも魅力のひとつです 。「ブラックスタビライザー」機能により、暗くて見にくいシーンを明るく表示できるのも嬉しいポイント。また、FreeSync対応なのでゲームでの使用にも最適です。

映像入力端子にはHDMI×2・DisplayPortを備えています。専用ソフト「OnScreen Control」を使用すれば、明るさやコントラストの設定や詳細なカスタマイズができるので便利です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 34型ウルトラワイドモニター 34WK95C-W

解像度が3440×1440で、モニターが弧を描くように湾曲しているのが特徴のウルトラワイドモニター。包み込まれるような没入感が得られるので、映画鑑賞におすすめです。

アメリカのビデオエレクトロニクス規格協会が策定したHDR規格「DisplayHDR 400」に対応。1平方メートルあたり400カンデラの輝度を有しています。また、10bitのカラーに対応しており、デジタルシネマ規格の色空間カバー率98%を実現しているなど、リアルな色を再現するのがポイントです。

ボディに搭載されているUSB Type-Cケーブルに接続するだけで、ディスプレイへの接続やデータ転送、充電の3役をこなすのが魅力。周辺をスッキリできます。迫力のあるキレイな映像が楽しめるアイテムです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 34型ウルトラワイドモニター 34WK650-W

HDR10に対応しており、ブルーレイやゲームがキレイな映像で楽しめるウルトラワイドモニター。明暗がはっきりとついた、キメ細やかなカラーを再現しています。また、搭載されている「HDR効果」機能を使えば、従来の映像もHDR画質で楽しめるのが魅力です。

モニターの大きさは799×335mm。アスペクト比21:9の大画面と3辺フレームレスデザインで、迫力のある映像が楽しめます。また、スピーカーはMaxxAudioに対応しており、臨場感のあるサウンドで、深い没入感を味わえるのがポイントです。

映像が左右にずれたように見えるティアリングや映像が途中でカクつくスタッタリングを低減するAMD FreeSyncテクノロジーを搭載。そのほかにも、快適なゲーミングを実現するDASモードやブラックスタビライザーなどの機能も備わっています。FPSやアクションなど、展開の早いゲームで遊ぶのにおすすめのアイテムです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モニターディスプレイ 34インチ 34UC70GA-B

ゲーミングにおすすめの、ウルトラワイドモニター。パネルにはIPSを採用し、複数人でひとつの画面を共有しやすいのが魅力です。画面のワイド比率は21:9と良好。敵の位置を素早く察知して射撃できます。

また、「1ms Motion Blur Reduction機能」を搭載。画面の切り替わり時に黒画面を挟み、残像感を軽減します。リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1msと高性能。コンマを争う対戦で、優位に立てます。

さらに「AMD FreeSyncテクノロジー」を採用。映像のちらつきやカクつきを抑えられ、快適にゲームをプレイできます。DASモードを利用すれば、フレームバッファと呼ばれる経路を通さずに映像を送れるため、タイムラグを短縮できるのが嬉しいポイント。機能や性能に申し分ない、おすすめのウルトラワイドモニターです。

エイスース(ASUS) 湾曲ウルトラワイド34インチモニター MX34VQ

エイスースの34インチタイプのウルトラワイドモニター。スリムなベゼルと湾曲タイプのディスプレイが採用されているので、高い没入感のなか、映像やゲームを楽しめます。スタンド部分にQi対応のワイヤレス充電ステーションが搭載されているのも本製品の特徴です。

解像度は3400×1400のUWQHD画質に対応。同じ画面サイズの場合、フルHD画質の製品よりも約35%広いスペースを確保できるので、さまざまな作業をより効率よくこなせます。また、画質を用途に合わせて最適化できる「SplendidPlus技術」を採用。7種類のモードから最適な画質を選択できます。

スピーカー部分にはアメリカのオーディオブランド、Harman Kardonと共同開発した「ASUS SonicMaster技術」を採用したスピーカーを搭載。また「ASUS AudioWizard」よりコンテンツに合わせて最適なオーディオモードを選択できます。外部のスピーカーを接続することなく、モニターのみで高音質なサウンドを楽しみたい方にもおすすめの製品です。

エムエスアイ(MSI) 34型ゲーミング液晶ディスプレイ Optix MPG341CQR

解像度3440×1440の湾曲モニターを搭載しており、深い没入感を味わいながらゲームが楽しめるウルトラワイドモニター。ヒトの眼の自然な曲線に類似しており、画面端の映像も視界に入れられるので、視線を変えずに全体の情報が得られます。

住んでいる地域をあらかじめ設定しておくと、設定した地域の天候や気温に合わせて自動的にRGBやLEDを調節するのが特徴。夜間でも視界を確保できる機能も備わっており、さまざまな環境に適した仕様になっているのが魅力です。

本体上部にカメラクレードルが用意されているほか、マウスバンジーも搭載されているなど、ゲーミング環境が構築しやすいのもポイント。ブルーライト低減機能も備わっており、長時間のプレイにも適しています。

エムエスアイ(MSI) 湾曲 34インチ ゲーミングモニター Optix MAG341CQ

MSIの湾曲ディスプレイを採用した34インチタイプのウルトラワイドモニター。100Hzのリフレッシュレートと8msの応答速度を有し、さらにFreeSyncにも対応しているので、ゲームでの使用に最適な製品です。

解像度は3440×1440のUWQHD画質で、非光沢タイプの液晶パネルを採用。表示領域が広くアプリやブラウザを複数並べられるので便利です。本体右下にメニューボタンが配置されているため、好みに合わせて素早く設定を変更できるのも嬉しいポイント。

映像入力端子にはHDMI・Display Port・DVIが搭載されており、最大3台までの機器を同時に接続できます。また、画面のちらつきを軽減する「Anti-Flicker技術」とブルーライト低減機能が搭載されているので、長時間ゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

デル(Dell) Alienware 34インチ曲面ゲーミング モニター AW3420DW

デルのおすすめウルトラワイドモニター。本モデルはゲーミング用に設計され、リフレッシュレートは120Hz、応答速度は2msと十分な性能を誇ります。パネルにはIPSを採用しているので、発色のよい映像を楽しめるのが嬉しいポイントです。

また、NVIDIA G-SYNCテクノロジーに対応。状況に合わせてフレームの大きさを調節したり、ティアリングやスタッキングといった画面のストレスを無くしたりするなど、視認性を向上させる機能を有しています。

本モデルは、AlienFXに対応。ゲーム内の動きに直接連動したライティングを楽しめるのが特徴です。自分でカスタマイズすれば、さらに細かなライティングを設定して楽しめます。機能や性能が充実した、おすすめのウルトラワイドモニターです。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター ディスプレイ 34インチ X34Pbmiphzx

エイサーの34インチの湾曲ディスプレイを搭載したウルトラワイドモニター。FreeSyncと同様に表示の崩れや映像のもたつきを改善できる「NVIDIA G-SYNC」に対応した製品です。画面は高さや上下左右の角度を広い範囲で調節できるので、最適な角度で使用できます。

解像度は3400×1400のUWQHD画質で、広視野角なIPSパネルを採用。「Gameモード」機能を活用すれば、ゲームのジャンルに合わせて最適な画質に設定できます。そのほか、FPSゲームをプレイする際に便利な「照表示」機能や、暗いシーンの視認性を高めてくれる「Dar Boost」機能など、ゲームに特化したさまざまな機能を搭載。

映像入力端子にはHDMIとDisplayPortを搭載し、7W×2のステレオスピーカーも内蔵されています。また、画面のちらつきを抑える「フリッカーレス機能」と、ブルーライトを軽減する「ブルーライトシールド」も搭載。長時間快適映像を楽しめるおすすめの製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ゲーミングモニター 34インチ ウルトラワイド LCD-GCWQ341XDB

アイ・オー・データの34インチディスプレイを搭載したウルトラワイドモニター。3辺ベゼルレスデザインでHDRに対応した製品です。解像度は3440×1440のUWQHD画質なので、より多くの情報を画面上に表示できます。

液晶パネルには上下左右178°の広視野角なADSパネルを搭載。大人数での視聴にも最適です。「エンハンストカラー」機能によりメリハリのある映像と鮮やかな色を表現でき、色の濃さやコントラストも好みに合わせてカスタマイズ可能。

オーバードライブ機能を使用すれば画面の応答速度を向上できるので、動きの激しいゲームでも快適にプレイできます。映像入力端子にはHDMI2機・DisplayPort・USB Type-Cを備え、3.5Wのステレオスピーカーも2機搭載。多彩な機能を備えたおすすめの製品です。

デル(Dell) モニター 34.1インチ U3419W

デルの湾曲ディスプレイを搭載した、34.1インチタイプのウルトラワイドモニター。解像度3440×1440のUWQHD画質に対応しているので、高精細な映像と広い表示領域を実現しています。

「PIP(ピクチャ イン ピクチャ)」機能と「PBP(ピクチャ バイ ピクチャ)」機能を使用すれば、接続した2台の機器の映像を同時に表示可能。「ComfortView」機能では画面のちらつきとブルーライトを軽減できます。

VESA規格に対応しているのでモニターアームの設置が可能。映像入力端子にはHDMIポート2つ・DsplayPort・USB Type-Cを備え、スピーカーも内蔵されています。また、UBS Type-Cで接続すれば、接続機器の充電ができるので便利です。

エイリアンウェア(ALIENWARE) ゲーミングモニター 34.1インチ AW3418DW

エイリアンウェアの湾曲ディスプレイを搭載した34.1インチのウルトラワイドモニター。解像度は3440×1440のWQHD画質で、広い視野角が魅力のIPSパネルを採用しています。また、非光沢タイプなので光の映り込みが少なく目に優しいのが特徴。

100Hzのリフレッシュレートと4msの応答速度を実現し、ゲーム中の映像の崩れやもたつきを改善するG-SYNCにも対応しています。100×100mmのVESA規格に対応しているので、モニターアームへの付け替えも可能です。

映像入力端子にはHDMIとDisplayPortが搭載されています。目が疲れにくいフリッカーレス機能とブルーライト軽減機能が搭載されているのも嬉しいポイント。モニターの背面にはLEDイルミネーションが施されているので、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

エイサー(Acer) Predator Z35 Z35bmiphz

湾曲型を採用した、エイサーのウルトラワイドモニター。本モデルは広い視野角をもったADSパネルを採用しています。家族や友人と、ひとつの画面でゲームや映画を楽しめるのが魅力です。

また、GameView機能を搭載。3種類のゲームジャンルから選択し、最適な映像を表示できます。EyeProtect機能は、ブルーライトをカットしたり、画面のちらつきを抑えたりできるので、長時間プレイしても目が疲れにくいのがメリットです。

さらに、「NVIDIA ULMBテクノロジー」を採用。素早く画面が切り替わる場面でも、鮮明な画像を認識できるのが嬉しいポイントです。リフレッシュレートは200Hzと超高性能。視認性に優れたおすすめのウルトラワイドモニターです。

デル(Dell) 37.5インチワイド曲面モニター U3818DW

37.5インチの湾曲スクリーンに、ほとんどふちのない枠を組み合わせたウルトラワイドモニター。視野とほぼ同じ角度で曲線を描いており、画面の端まで一目で視認できるのが特徴です。

解像度は3840×1600で、一貫性のあるカラーを細部に渡って実現しています。また、画面のちらつきを抑えるComfortView機能やブルーライトを低減する機能が備わっており、目に優しい仕様になっているのが魅力です。

USB Type-CやHDMIコネクタなど、計10種類の接続オプションを搭載。幅広い周辺機器と接続できます。また、マルチタスクも備わっているので、作業を効率よく進められるアイテムです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 49インチウルトラワイドモニター 49WL95C-W

5120×1440の解像度で2560×1440のWQHD画面2台分の大画面であるモニター。画面を2分割しても大画面で作業が行えます。モニター部が湾曲しているので大画面ながらも見渡しやすく、目への負担を低減する仕様になっているのが魅力です。

RAW画像を確認する際に、サムネイルを並列させた状態で作業を行えます。ウィンドウをその都度切り替える必要がないので作業時間が短縮でき、効率を挙げられるのがポイントです。

上下に2台並べることで、2560×1440のWQHD画面4台分の作業スペースが確保可能。接続ケーブルも必要最小限で、机の周りをスッキリできます。写真や動画、音楽の編集におすすめのアイテムです。

エイサー(Acer) 49インチ湾曲液晶モニター EI491CRPbmiiipx

エイサーの湾曲ディスプレイを搭載した49インチタイプのウルトラワイドモニター。アスペクト比32:9のダブルフルHD画質なので、高精細で臨場感あふれる映像を楽しめます。オーバークロック時には最大144Hzのリフレッシュレートに対応しているため、ゲームでの使用にも最適です。

Picture In Picture機能やPicture By Picture機能を使用すれば、2つの機器からの映像を同一画面上に表示可能。さまざまなカスタマイズや詳細な設定が行える専用アプリ「Acer Display Widget」も用意されています。

映像入力端子にはHDMI×3・DisplayPortを備え、3W×2のステレオスピーカーも内蔵。75×75mmのVESA規格にも対応しているので、モニターアームなどの取り付けも可能です。また、目の疲れを抑えやすいフリッカーレス技術やブルーライト軽減機能も搭載されています。