タッチパネルディスプレイは、スマホやタブレット同様にパソコンを画面に触れて操作できる便利なアイテム。タッチだけで直感的に操作できるので、キーボード入力が苦手な方や子供、高齢者といったご家族もパソコンを簡単に活用できます。

そこで今回は、タッチパネルディスプレイの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

タッチパネルディスプレイとは?

タッチパネルディスプレイは、画面にタッチして直接パソコンを操作できるディスプレイのことを指します。多くの製品が2本指以上で操作できる「マルチタッチ」に対応しており、スマホやタブレットのようにズームなどを直感的に操作できるのがメリットです。

最近では、同時に認識できるタッチ箇所が増えた高機能な製品が登場し、10箇所へのタッチを同時認識する「10点マルチタッチ」に対応したディスプレイもラインナップされています。

また、タッチした位置を正確に検出する「タッチセンサー」を搭載しており、センサーの検知方式によってディスプレイの耐久性や画質、マルチタッチの使い勝手などに違いが生じます。そのため、タッチパネルディスプレイを購入するときには、通常のディスプレイとは違ったポイントをチェックすることが必要です。

購入時の注意点

By: amazon.co.jp

タッチパネルディスプレイさえあればすべてのパソコンでタッチ操作が行えるわけではなく、パソコン側もタッチパネル対応のソフトウェアを搭載している必要があります。また、サポートしている範囲も製品により異なるため注意が必要です。

たとえば、Windows 7以降では「10ポイントマルチタッチ」を標準サポートしているため、同機能に対応したディスプレイの能力を十分に発揮できます。なかには、USB接続するだけでタッチ操作が可能なモデルが展開されているのもポイントです。

タッチパネルディスプレイの選び方

画面サイズをチェック

By: amazon.co.jp

画面サイズはタッチパネルディスプレイの使い勝手を左右する重要なポイント。大きいほどよいわけではなく、使用用途や設置環境に合わせて選ぶことが重要です。

タッチパネルディスプレイは17インチ以下のコンパクトなモデルが一般的。また、外出先へも持ち運びやすく、ノートパソコンと同程度の作業領域を確保できる15インチ程度のモデルも人気です。

据え置き型としては一般的なモニター同様、20~23インチ程度のモデルもラインナップされています。自分の使い方に適したサイズを確認して選ぶようにしましょう。

タッチセンサー方式の違いを把握する

静電容量方式

By: iodata.jp

静電容量方式は、スマホやタブレットの主流な方式。ほかの方式に比べてマルチタッチの反応に優れています。

透過性が90%以上と高いため、高画質なのが魅力。また、静電容量方式は軽い操作にも反応するほか、耐久性が高いのもポイントです。デメリットとしては、手袋をした指などでは入力できないことや製造コストが高い点があげられます。

超音波表面弾性波方式

By: amazon.co.jp

超音波表面弾性波方式は、透過率が高く視認性に優れているのが特徴です。パネルの表面にガラスを使用しているのでキズなどに強いのもメリット。また、手袋をしていても入力可能なうえ、位置情報の精度が正確な点も魅力です。

一方で、異物に反応してしまうのはデメリット。水滴や虫などにも反応してしまうため、パネルに付かないよう注意が必要です。また、マルチタッチへの対応度が低い点も留意しておきましょう。

抵抗膜方式

By: amazon.co.jp

抵抗膜方式は、ゲーム機や初期のスマホなどで採用されていた方式。パネル表面に2枚の電気抵抗膜が接触することにより入力位置を特定します。そのため、ペンや手袋をはめた手でも入力できるのがメリット。製造コストが低く、安価なディスプレイが多いのが特徴です。

デメリットとしては、表面に2枚のフィルムがあるため画面透過率が80%前後とほかの方式に比べて低く、画質が劣るモノもあります。また、耐久性が低い点やマルチタッチ非対応である点も注意が必要です。

スタンドの可動性と安定感

By: amazon.co.jp

通常のディスプレイと違って、タッチパネルディスプレイは直接指で触れて操作します。そのため、操作性に優れているのが魅力です。

操作する際には角度を変えられるなど、ディスプレイを支えるスタンドの性能も重要。使用頻度の高いアイテムなので、タッチしたときの安定感もチェックしましょう。

持ち運びが可能な「モバイルディスプレイタイプ」も人気

By: uniqstyle.co.jp

モバイルディスプレイタイプは小型かつ薄型で、持ち運びやすいのが特徴。かさばりにくくすっきりと鞄に収まりやすいため、外出先で作業をするときのサブモニターとしても活躍します。

また、コンパクトで収納場所に困らないのも魅力。本体にスタンドが付いているモノも多く、組み立ての必要がないため手軽に使用できます。

外出先で作業することが多いノマドワーカーや、収納に場所をとらないコンパクトなタッチパネルディスプレイを探している方におすすめです。

タッチパネルディスプレイのおすすめモデル

エイスース(ASUS) 21.5インチ タッチモニター VT229H

10点マルチタッチ機能でスムーズに操作できる、おすすめのタッチパネルディスプレイです。Windows 10に対応しているのがポイント。フリックやピンチアウト、ダブルタップなどの操作を直感的に行えます。

解像度は、1920×1080のフルHD画質を採用。最大178°の角度で見られるIPSパネルを搭載しているので、視聴位置が変わっても安心です。なお、応答速度は5m/sと速いため、画面の切り替わりが多い映像でもはっきりと確認できます。

また、ASUS独自の映像技術「Scale and Splendid Video Intelligence Technologies」を採用。さまざまなシーンに適したプリセットモードを8種類搭載しています。輝度やコントラストを変更可能です。ほかにも、「ゲームモード」や「暗室モード」など、場面に合わせて適した視聴環境を選択できます。

フィリップス(Philips) 21.5インチ 液晶ディスプレイ 222B9T/11

滑らかなタッチ応答を実現する「SmoothTouch」を搭載した高性能フルHD解像度ディスプレイ。10点マルチタッチに対応しているので、複数人で使用できます。

フィリップス独自の「ちらつき防止テクノロジー」を採用。従来のLED バックライトスクリーンよりもちらつきを軽減できるため、快適にディスプレイを視聴できます。また、「ローブルーモード」も搭載しており、スマートソフトウェアテクノロジーにより、短波長ブルーライトをカット可能です。

さらに、角度調節ができるのもポイント。画面が見えやすいように立てて使ったり、図や文字を書くために後ろに傾けたりと柔軟に動かせます。

デル(Dell) 23.8インチマルチタッチモニタ- P2418HT

23.8インチで据え置き型のような大画面のタッチパネルを搭載したモデルです。本製品は10点タッチ機能を搭載しており、タッチ・スワイプ・スライド・ピンチが簡単に行えます。アンチグレア仕様で、画面の反射や指紋の汚れが目立ちにくいのも特徴です。

また、多関節スタンドを採用し、画面の向きを下方60°の角度まで傾けることが可能。左右・前後の角度調節に対応するので、楽な姿勢で画面を操作できます。スタンドが収納された状態でも、プロテクタによりタッチ操作の衝撃を緩和してくれるのもポイントです。

画面の解像度はフルHDを採用。IPSパネルにより、高視野角を実現しています。ほかにも、ブルーライト軽減機能付きで目に優しく、長時間の作業にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 21.5インチ ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF224FDB-T

画面のちらつきを抑える「フリッカーレス設計」を採用したディスプレイ。1920×1080の解像度に対応した広視野角なADSパネルを備えており、高精細な映像を楽しめます。

長時間の連続使用をお知らせする「VDTモード」も搭載。アラートにより、使いすぎを予防可能です。また、10点マルチタッチに対応しており、直感的に操作できます。
 

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 23.6インチ ワイドタッチパネル液晶ディスプレイ GH-LCT24B

静電容量式のタッチパネルセンサーを採用した、23.6インチのタッチパネルディスプレイです。10点のマルチタッチに対応しているのが魅力。自由にお絵かきをしたり、タッチ対応のゲームを楽しんだりできます。

ベゼル部分には、Webカメラとマイクを内蔵。すぐに会議やミーティングを始められます。テレワーク用として購入を検討している方にもおすすめです。

さらに、ブルーライトカット機能を搭載。長時間作業を行う方や、目への負担を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 21.5型タッチパネルLED液晶ディスプレイ HDMI GH-LCT22C-BK

10点マルチタッチに対応し、より直感的な操作を実現したタッチパネルディスプレイ。回転やズームなどの操作もタッチ操作で簡単に行えます。また、静電容量式タッチパネルセンサーの採用で、ホコリなどによる誤動作を防止しているのも特徴です。

ディスプレイから発するブルーライトは、最大約76%までカット。カットの強度は3段階から選べるほか、機能のオン・オフの切り替えにも対応します。加えて、ECOモードを使用すれば、消費電力の軽減も可能です。スタンドはシンプルなヒンジを使用し、角度調節が簡単に行えます。

解像度はフルHDを採用。作業領域が広く、マルチディスプレイの使用にもおすすめです。パネルはADSを採用。上下左右178°の高視野角で、正面からでなくとも色の変化が少ない画像を表示できます。

マウスコンピューター(MouseComputer) イイヤマ 17インチ タッチパネル液晶ディスプレイ ProLite T1731SAW-B5

17インチの小型画面のタッチパネルディスプレイです。耐久性や視認性に優れた「超音波表面弾性波方式」のタッチセンサーを搭載しているのがポイント。入力端子は、DisplayPort・HDMI・D-Subミニ15ピンの3種類を備えています。

本体側面には、サイドメニューボタンを搭載。タッチのON・OFFを切り替えたり、電源を誤ってOFFにすることを防いだりできます。機能や性能が充実したおすすめのモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) イイヤマ 19インチ タッチパネル液晶ディスプレイ ProLite T1931SR-B5

抵抗膜方式のタッチセンサーを採用した、おすすめのタッチパネルディスプレイです。指だけでなく、手袋やタッチペンなどでも入力できるのが魅力。ベゼルの正面部分には、IP54の防塵防滴仕様が施されています。

入力端子は、HDMI・DisplayPort・D-subミニ15ピンの3種類。USBポートやオーディオポートなども備えており、さまざまな機器を接続できます。USBケーブルが付属しているので、パソコンと繋げるだけで素早くタッチ操作が可能です。

また、-5~90°で角度の変更を行える「ワイドレンジスタンド」を搭載。設置面やアーム部分は重厚に作られているため、しっかりとタッチしたときでも安定した操作感を得られます。

タッチパネルディスプレイのおすすめモデル|モバイル

エイスース(ASUS) ProArt PA148CTV

フルHDかつIPSアンチグレアパネルで、視認性に優れたタッチパネルディスプレイです。画面サイズは14インチ。100%のsRGBとRec.709で広い色域をカバー。鮮やかな色彩を実現しているので、クリエイターにおすすめです。

本製品は工場出荷時にプレキャリブレーションを行うなど、綿密に検査されていて安心。色調や温度などのパラメーターはメニューから簡単に設定できます。ポートはUSB-Cが2つと、micro HDMIポートを搭載。三脚ネジ穴付きで、三脚の取り付けにも対応します。

本体は、備え付けられた金属製キックスタンドにより角度の調節が可能。シーンに応じて快適な姿勢で作業を行えます。本体背面には互換性のあるAdobeソフトウェアなどと連携できるダイアルを搭載。画像の拡大縮小やブラシの調節など、ショートカット機能にアクセスできます。

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16AMT

約0.9kgの重量かつ、わずか9mmの薄さで持ち運びに便利なタッチパネルディスプレイです。画面サイズは15.6インチ。内蔵されたバッテリーは7800mAhと大容量で、電源が最大4時間持続します。

10点マルチタッチ機能付きで、スワイプ・スクロール・ドラッグ・ピンチなど、直感的な操作を実現。専用の「ZenScreen Touchアプリ」を使えば、Androidスマホを大画面に表示させての操作も可能です。

ディスプレイの接続は、USB-Cとmicro HDMIに対応。PC・スマホ・ゲーム機など、幅広いデバイスとの接続が可能です。本体にはスピーカーを内蔵しているので、さまざまな場所で音声を楽しめます。

レノボ(Lenovo) 14インチ モバイルディスプレイ ThinkVision M14 62A3UAR1JP

3辺狭額縁かつウルトラスリムパネルデザインを採用したモバイルディスプレイ。14インチのサイズながら、重量は約698g、厚さは約4.6mmと軽量コンパクトでスタイリッシュなのが魅力です。また、調節可能なスタンドが付いています。

4096段階の筆圧検知をサポートするアクティブペンが付属。最大約1677万色カラー対応したディスプレイで、鮮やかな画面を楽しみたい方におすすめです。

本体と接続機器を同時に充電できる独自技術「パススルー充電」が可能なのもポイント。さらに、目の疲れの軽減が期待できる「ブルーライト軽減機能」も搭載しています。

JAPANNEXT 15.6型 タッチ対応 フルHD ポータブルモニター JN-MD-IPS1563FHDR-T

本体重量約750g、10.5mmの薄さを実現したタッチパネルディスプレイ。機能性もよく、外出先でタッチパネルディスプレイを多く利用する方におすすめのモデルです。本体には折りたたみ式脱着タイプのスマートケース付きで、スタンドとしても機能します。

パネルの解像度はフルHD。IPS仕様で高視野角に対応します。HDRの色彩表現や、ブルーライト軽減、フリッカー軽減機能付きで、視認性に優れているのもポイント。10点タッチ機能を搭載し、直感的かつスムーズな操作も可能です。

本体にはステレオスピーカーを内蔵しているので、外部スピーカーがなくても映画や音楽を楽しめます。背面はVESA規格のネジ穴を搭載。別途モニターアームの取り付けにも対応します。

JMEI 12.3インチ モバイルディスプレイ

静電容量方式の10点マルチタッチパネルを搭載したモバイルディスプレイ。画像編集や事務的な処理を効率よく行えます。また、フルHD表示ができるIPSパネルを採用しているのもポイント。高輝度色を補正できるので、快適な映像を楽しめます。

本体の重量は548gと軽量。厚みは7.5mmとスリムなデザインを採用しているため、持ち運びやすいのも魅力です。

パソコン以外に、Nintendo SwitchやPS4などの家庭用ゲーム機にも対応しています。さらに、USB Type-Cポートを備えており、ケーブル1つでデバイスとの接続と給電ができるのも特徴です。

ユニーク(UNIQ) 13.3インチ プロメテウスモニター UQ-PM13FHD

最薄部3.7mmとスリムで持ち運びやすいタッチパネルディスプレイ。画面サイズは13.3インチと小さめですが、ベゼルレス仕様で画面を広々と使えます。ビジネスバッグはもちろん、バックパックなどにもスマートに収納しやすいのが特徴です。

10点マルチタッチに対応しているのも魅力。液晶にはスマホやタブレットと同じガラス素材を採用しています。指紋防止コーティングも施されているため、なめらかな操作感を保ちつつ、綺麗な画面での作業が可能です。

また、ブルーライト軽減機能を備えているのもポイント。4段階でブルーライトを調節できるため、長時間でも快適に使用できます。スタンドカバーや各種接続用のケーブルも付属しており、すぐに使い始められる便利なモデルです。

恵安(KEIAN) 15.6インチ ワイドモバイル液晶モニター KIPD4K156

4K映像の出力に対応している、15.6インチのタッチパネルディスプレイです。パネルにはADSを採用。上下左右170°までの高視野角で、映画やゲームなどを楽しめます。

また、USB Type-Cに対応したポートを2基搭載。パソコンやスマホなどを接続して、さまざまな楽しみ方を実現できます。さらに、スタンドとしても機能するレザー調カバーが付属。画質と携帯性に優れた、おすすめのタッチパネルディスプレイです。

EVICIV 15.6インチ モバイルディスプレイ EVC-1504

解像度3840×2160の4Kに対応した、15.6インチモバイルディスプレイ。水平・垂直ともに178°の広視野角でsRGBの色域を100%カバーしており、写真・動画を色鮮やかに映し出せます。

Nintendo SwitchやPS4などと接続できるのもポイント。応答速度が5msと速く、スピード感が重要なゲームのプレイに適しています。また、重さ約868g、薄さ約10mmと軽量かつスリムなので、持ち運びにも便利です。

ほかにも、画面のちらつきを抑える「フリッカーセーフ機能」と目の負担を軽減する「ブルーライト低減モード」を搭載。長時間の利用でも快適にモニターを使用できます。

タッチパネルディスプレイのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タッチパネルディスプレイのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。