タッチパネルディスプレイは、スマホやタブレット同様にパソコンを画面に触れて操作できる便利なアイテム。タッチだけで直感的に操作できるので、キーボード入力が苦手な方や子供、高齢者といったご家族もパソコンを簡単に活用できます。

そこで今回は、タッチパネルディスプレイの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

タッチパネルディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

タッチパネルディスプレイは、画面にタッチして直接パソコンを操作できるディスプレイのことを指します。多くの製品が2本指以上で操作できる「マルチタッチ」に対応しており、スマホやタブレットのように、回転やズームなどを直感的に操作できるのがメリットです。

最近では、同時に認識できるタッチ箇所が増えた高機能な製品が登場し、10箇所へのタッチを同時認識する「10ポイントマルチタッチ」に対応したディスプレイもリリースされています。

また、タッチした位置を正確に検出する「タッチセンサー」を搭載しており、センサーの検知方式によってディスプレイの耐久性や画質、マルチタッチの使い勝手などに違いが生じます。そのため、タッチパネルディスプレイを購入するときには、通常のディスプレイとは違ったポイントをチェックすることが必要です。

購入時の注意点

By: amazon.co.jp

タッチパネルディスプレイさえあればすべてのパソコンでタッチ操作が行えるわけではなく、パソコン側もタッチパネル対応のソフトウェアを搭載している必要があります。また、サポートしている範囲も製品により異なるため注意が必要です。

たとえば、Windows 7以降では「10ポイントマルチタッチ」を標準サポートしているため、同機能に対応したディスプレイの能力を十分に発揮できます。

モデルによってはUSB接続するだけでタッチ操作が可能な場合や、パソコン側に別途ドライバーのインストールが必要な場合もあるので留意しておきましょう。

タッチパネルディスプレイの選び方

タッチセンサー方式の違いを把握する

By: rakuten.co.jp

静電容量方式

By: iodata.jp

静電容量方式は、スマホやタブレットの主流な方式です。一番のメリットは、ほかの方式に比べてマルチタッチの反応が優れている点。Windows 7以降で標準サポートされている「10ポイントマルチタッチ」で操作できるモデルも登場しています。

透過性が90%以上と高いため、画質がきれいなのが魅力。また、静電容量方式は軽い操作にも反応するほか、耐久性が高い点もメリットです。デメリットとしては、ペンや手袋をした指では入力できないことや製造コストの高い点があげられます。

超音波表面弾性波方式

By: amazon.co.jp

超音波表面弾性波方式は、透過率が高いことから視認性に優れているのが特徴です。パネルの表面にガラスを使用しているのでキズなどに強く、耐久性が高いこともメリット。また、手袋をしていても入力可能なうえ、位置情報の精度が高い点も魅力です。

デメリットは、異物に反応してしまう点。水滴や虫などの異物にも反応してしまうため、パネルにつかないよう注意が必要です。また、マルチタッチへの対応度が低いのもデメリット。センサーによって違いはありますが、2本指での「2ポイントマルチタッチ」対応程度の製品が主流です。

抵抗膜方式

By: amazon.co.jp

抵抗膜方式は、ゲーム機や初期のスマホなどで採用されていた方式。パネル表面に2枚の電気抵抗膜が接触することにより入力位置を特定する方式です。そのため、ペンや手袋をはめた手でも入力できることがメリット。構造が簡単なので製造コストが低く、安価なディスプレイが多いのが特徴です。

デメリットとしては、表面に2枚のフィルムがあるので画面透過率が80%前後とほかの方式に比べて低く、画質が劣る点があげられます。また、耐久性の低い点やマルチタッチ非対応であることもデメリットです。

スタンドの可動性と安定感

By: amazon.co.jp

通常のディスプレイと違って、タッチパネルディスプレイは直接指で触れて操作します。そのため、見やすいことに加え、操作しやすいのも大きなポイントです。

操作性のためには、角度を変えられるなど、ディスプレイを支えるスタンドの役割や性能も重要。使用頻度の高いアイテムなので、タッチしたときの安定感も重視しましょう。

タッチパネルディスプレイのおすすめモデル

アイ・オー・データ(I-O DATA) 23.8型 ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF241FVB-T

最大10点までのマルチタッチに対応した、高性能なワイド液晶ディスプレイ。拡大や縮小といった操作はもちろん、画面を回転させたり両手でピアノを弾いたりもできます。タッチセンサー方式には「静電容量方式」を採用。軽快なタッチ操作でゲームやネットサーフィンなどを楽しめます。

表面には、硬度7Hを誇る「ガラス製保護フィルター」を搭載。タッチの際に爪があたっても、ガラスを傷つけにくいのがうれしいポイントです。なお、背面のスタンドは、15~50°の角度で自由に調節可能。高性能なタッチパネルディスプレイを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デル(Dell) 23.8型 マルチタッチモニター P2418HT

角度調節機能に優れた、プロフェッショナルシリーズのタッチパネルディスプレイです。本製品には、角度調節を行えるアームを2つ搭載。上下に60°、さらに前後や左右にも拡張してモニターを動かせるのが魅力です。

IPSテクノロジーを融合させた178°の広視野角を実現。フルHD解像度で映画やゲームなどを快適に楽しめます。また、高度な「インセル型タッチパネルテクノロジー」を採用。画面の反射が少なく、タッチした後の指紋残りが少ないのが特徴です。

ブルーライトカット機能を搭載しているので、長時間作業をする方にもおすすめ。思い通りの操作で作業が捗りやすい、おすすめのタッチパネルディスプレイです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 23.6型 ワイドタッチパネル液晶ディスプレイ GH-LCT24B

静電容量式のタッチパネルセンサーを採用した、23.6インチのタッチパネルディスプレイです。10点のマルチタッチに対応しているのが魅力。自由にお絵かきをしたり、タッチ対応のゲームを楽しんだりできます。

ベゼル部分には、Webカメラとマイクを内蔵。周辺機器を別途セッティングする必要なく、すぐに会議やミーティングを始められます。テレワーク用として購入を検討している方にもおすすめです。

さらに、ブルーライトカット機能を搭載。長時間作業を行う方や、目に負担をかけたくない方は本モデルをチェックしてみてください。

エイサー(Acer) 23型 ワイド液晶モニター T232HLABMJJ

スタイリッシュなスタンドを搭載した、23インチのタッチパネルディスプレイです。 10ポイントマルチタッチに対応しているため、アプリやゲームをスムーズに楽しめます。なお、パネルの素材には、IPSを採用。視野角が非常に広いので、寝転んだり立ったりしながらでも快適に視聴できます。1920×1080のフルHD画質も魅力です。

画面のポジションは、8~60°の範囲で調節可能。別売の壁面設置用ベースマウントやモニターアームを購入すれば、より多様な設置方法を選択できます。MHLケーブルを使って、スマホの映像や音楽を映しだせるのもメリット。USB3.0ポートを搭載しているため、スマホを充電したりファイルを転送したりもスマートにできます。

エイスース(ASUS) 21.5型 タッチモニター VT229H

10点マルチタッチ機能でスムーズに操作できる、おすすめのタッチパネルディスプレイです。本製品は、Windows 10に対応しているのがポイント。フリックやピンチアウト、ダブルタップといった操作を直感的に行えます。

解像度は、1920×1080のフルHD画質を採用。最大178°の角度で見られる「IPSパネル」を搭載しているので、視聴位置が変わっても安心です。なお、応答速度は5m/sと非常に速いため、画面の切り替わりが多い映像でもはっきりと確認できます。

また、ASUS独自の映像技術「Scale and Splendid Video Intelligence Technologies」を採用。ほかにも、「ゲームモード」や「暗室モード」など、場面に合わせて最適な視聴環境を選択できます。

イイヤマ(iiyama) 19型 タッチパネル液晶ディスプレイ ProLite T1931SR-5 T1931SR-B5

抵抗膜方式のタッチセンサーを採用した、おすすめのタッチパネルディスプレイです。指だけでなく、手袋やタッチペンなどでも入力できるのが魅力。ベゼルの正面部分には、IP54の防塵防滴仕様が施されています。

入力端子は、HDMI・DisplayPort・D-subミニ15ピンの3種類。USBポートやオーディオポートなども備えており、さまざまな機器を接続できます。

また、-5~90°で角度の変更を行える「ワイドレンジスタンド」を搭載。設置面やアーム部分は重厚に作られているため、しっかりとタッチしたときでも安定した操作感を得られます。

イイヤマ(iiyama) 17型 タッチパネル液晶ディスプレイ ProLite T1731SAW-5 T1731SAW-B5

17インチの小型画面が特徴的なタッチパネルディスプレイです。耐久性や視認性に優れた「超音波表面弾性波方式」のタッチセンサーを搭載しているのがポイント。入力端子は、DisplayPort・HDMI・D-Subミニ15ピンの3種類を備えています。

本体側面には、サイドメニューボタンを搭載。タッチのON・OFFを切り替えたり、電源を誤ってOFFにすることを防いだりできます。機能や性能が充実したおすすめのモデルです。

恵安(KEIAN) 15.6型 ワイドモバイル液晶モニター KIPD4K156

4K映像の出力に対応している、15.6インチのタッチパネルディスプレイです。パネルにはADSを採用。上下左右170°までの高視野角で、映画やゲームなどを楽しめます。

また、USB Type-Cに対応したポートを2基搭載。パソコンやスマホなどを接続して、さまざまな楽しみ方を実現できます。さらに、スタンドとしても機能するレザー調カバーが付属。画質と携帯性に優れた、おすすめのタッチパネルディスプレイです。

ゲシック(GeChic) 15.6型 液晶モニター On-Lap 1503I

メイン・サブ両方の用途で使える、15.6インチのタッチパネルディスプレイです。IPS方式のフルHD画質を採用し、視認性に優れているのがポイントです。

また、別売りの拡張機器「Rear Dock」を接続可能。Rear DockからWindows10搭載のスティック型PCを差し込み、大型タブレットのように使えるのがメリットです。ほかにも、HDMIケーブルをつないでミラーリング表示する、といった使い方もできます。

機能性や拡張性に優れた、おすすめのタッチパネルディスプレイです。

JAPANNEXT 15.6型 タッチパネル搭載モニター JN-MD-IPS1560TFHDR

わずか900gの軽量設計が特徴的な、タッチパネルディスプレイです。本体の厚さは約11mmと薄いので、リュックやバッグへスリムに収納できます。通勤や出張が多いビジネスパーソンにおすすめです。

接続端子は、USB Type-C×2・micro-HDMI×1・microUSBを搭載。キーボードやノートパソコンはもちろん、スマホやプリンターなど、多種多様な機器を接続できます。

また、着脱可能なスマートケースが付属。本体を汚れや傷から守ったり、スタンドとして利用したりできます。比較的安い価格で購入できるおすすめのモデルです。