モニターを2台接続することで、表示領域を拡大できる「デュアルディスプレイ」。取得できる情報量が増えるほか、画面をスクロールする頻度を減らせるなど、作業効率を高められます。

そこで今回は、デュアルディスプレイの選び方とおすすめのモデルをご紹介。これからデュアルモニター化を考えている方は、チェックしてみてください。

デュアルディスプレイとは?

2台のディスプレイを使用して画面の表示領域を広げることを「デュアルディスプレイ」といいます。Webサイトを見ながら、もう一方のモニターで表計算ソフトに入力するなど、複数のシステムを表示したいときに便利。ディスプレイを1台で使用するときと比べて作業効率のアップが可能です。「デュアルモニター」や「マルチディスプレイ」と呼ばれることもあります。

2つのディスプレイを統合してひとつの大きな作業スペースとして活用できる「拡張モード」のほか、2つのディスプレイに同じ映像を表示する「複製モード」にも対応可能。対面している相手に同じ画面を見せられるので、打ち合わせやデモンストレーションの際に役立ちます。

デュアルディスプレイ用モニターの選び方

用途や距離に合わせてサイズを選ぶ

By: asus.com

パソコン向けのモニターは、16インチ程度の製品から30インチを超えるモノなど、さまざまなサイズのモデルが販売されています。携帯性を重視するなら16インチ前後のモバイルディスプレイがおすすめ。ノートパソコンに接続しデュアルディスプレイにすれば、外出先や移動中でも快適に作業が可能です。

一方、自宅やオフィスのデスクに固定して使う方には、21〜27インチの製品がおすすめ。種類が豊富で目的や予算にあったモデルが選びやすくなります。

また、とにかく広い作業領域を確保したい場合には30インチ以上の大画面モデルにするなど、用途や画面までの距離に合わせて選択することが大切です。

高さや角度が調節できるモノを選ぼう

By: dell.com

デュアルディスプレイ用のモニターを選ぶ際には、スタンドに調節機能が備わっているかもしっかりとチェックしましょう。高さやチルト調節ができると、体格に合わせて正しい姿勢での作業がおこなえるため快適。また、モニターを並べた際に、画面の位置を見やすく揃えられるメリットもあります。

スイベル機能付きのモデルなら、2つの画面を自分の正面に向けられるので便利です。

縦画面で使いたいならピボット機能が便利

By: rakuten.co.jp

デュアルディスプレイを縦長画面で使う機会がある方は、ピボット機能にも注目してみてください。画面をぐるっと回転させられるので、全体を見るために何度もスクロールする必要がありません。縦長のWebサイトを閲覧する際や、長文の書類を書いたり読んだりするときに活躍します。

縦長サイズの写真やグラフィック画像の加工・編集作業もしやすいので、クリエイターにもおすすめの機能です。

ピッタリ横に並べるならベゼル幅が小さいモデルがおすすめ

By: asus.com

2つのモニターをピッタリと横に並べて配置する予定の方には、ベゼル幅の小さいモデルがおすすめです。

ベゼルとは液晶パネルの周囲を囲むフレームのこと。スリムベゼルを採用したモデル同士であれば、画面間にあるフレームの存在が気になりにくいので快適に使用できます。

ピボット機能に対応した、ベゼル幅の小さいモデルであれば縦画面のデュアルディスプレイも可能です。

接続端子の種類をチェック

最も一般的で汎用性の高い「HDMI」

HDMIとは、映像や音声信号を1本のケーブルで送れる通信規格のひとつです。従来のAVケーブルのように映像と音声ケーブルが別になっていないため、配線作業が簡単なのが特徴。また、汎用性の高さも魅力で、パソコンをはじめテレビやゲーム機など多くの機器が採用しています。

搭載されるデバイスによって、HDMI・mini HDMI・micro HDMIと3種類のコネクタがあるので、接続する機器に合ったケーブルを準備しておきましょう。

ゲーミングモニターでよく使われる「DisplayPort」

By: dell.com

アメリカの業界団体「VESA」が開発した、DVIからの置き換えを目的に策定された通信規格です。

HDMIと同様に、映像と音声のデジタル信号を1本のケーブルで伝送可能。リフレッシュレートが高いケーブルが多く、よくアクションゲームなどをする方に適しています。

旧規格ながらまだまだ搭載モデルが多い「DVI」

DVIは、映像信号を伝送するための規格です。デジタル信号専用の「DVI-D」や、両方に対応した「DVI-I」などの種類があり、現在市販されているDVI搭載モニターの多くはDVI-Dを採用しています。

ノートパソコンで採用している製品はほとんどありませんが、デスクトップパソコンでDVI端子搭載モデルを使っている方は要チェックです。

VESA規格対応モデルならモニターアームも使用可能

By: rakuten.co.jp

VESA規格とは、映像機器を取り付ける際に利用するネジ穴間隔について定められた国際標準規格です。VESA(Video Electronics Standards Association)によって策定されたため、VESA規格と呼ばれています。

「75×75mm」や「100×100mm」などと表記されており、同じ規格に対応した製品同士であれば問題なく取り付け可能。モニターアームを利用してデュアルディスプレイ環境の構築を考えている方には重要なスペックなので、しっかりと確認してから購入しましょう。

モニターアームについて詳しく知りたい方はこちら

表面処理は用途や好みに合わせて

映り込みが少なく長時間作業に適した「ノングレア液晶」

By: asus.com

ノングレア液晶は、非光沢液晶などとも呼ばれている表面に艶のないタイプの液晶。パネルの表面に細かな凹凸加工が施されているのが特徴です。凹凸が当たった光を拡散するため、自分の顔や室内照明などが映り込みにくいのがメリット。画像が若干白っぽく見えたり色あせて感じたりはするものの、長時間の作業でのデスクワークにぴったりです。

発色が鮮やかでキレイに描写できる「グレア液晶」

By: rakuten.co.jp

表面に凹凸がなくツルツルしているのがグレア液晶です。光沢液晶などとも呼ばれており、発色がよく綺麗に表示できるのが特徴。写真や映画を観賞する機会が多い方におすすめのタイプです。

ただし、ノングレアと比べて画面への光の映り込みが大きく、指紋などの汚れも目立ちやすいので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

最近では4Kモニターも人気

By: acerjapan.com

4Kモニターとは、3840×2160ピクセルの表示が可能な高解像度の製品です。写真やグラフィックの細かな部分までしっかりと確認可能。クリエイターをはじめ、CADなどを利用するエンジニアなどにおすすめのモニターです。

そのほか、より広い作業領域を求める方にも向いているので、多少高額にはなりますが一度チェックしてみてください。

4Kモニターについて詳しく知りたい方はこちら

デュアルディスプレイ用モニターのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースとは、台湾に本社を置く電子機器メーカーです。安価かつ良質なノートパソコンを製造していることで知られていますが、ディスプレイ業界でも著名なメーカーのひとつ。特にハイエンドゲーミングモニター市場において高いシェアを有しています。

プロフェッショナル向けモデルからリーズナブルなモデルまで、選択肢の多さが魅力です。

デル(Dell)

By: dell.com

アメリカに本社のある「デル」。世界で初めてユーザー直販制度を採用したことで急成長を遂げ、現在では世界を代表するパソコンメーカーのひとつとして数えられています。

デルは法人向けモデルを数多く揃えているのがポイント。コストや用途に合った製品を見つけられます。ビジネス用のモニターを探している方におすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

アイ・オー・データは石川県に本社を置く精密機器メーカーです。パソコン業界では老舗のひとつ。特にHDDで有名なメーカーですが、モニターの販売実績においてもトップシェアを占めています。

モニターは、持ち運び用からゲーミングまで、幅広いラインナップを揃えているのが特徴。サポート体制も充実し、国産ならではの高い信頼性を備えたおすすめのメーカーです。

デュアルディスプレイにおすすめのモニター

エイスース(ASUS) 24.1インチ ProArt Display PA248QV

長時間作業による目の負担を軽減できる

解像度が1920×1200ピクセルの、広い表示領域を備えた24.1インチモニターです。国際規格で定められた色領域「sRGB」を100%カバーするなど色の再現性が良好。また、「Quick Fit機能」を備えており、画面上に用紙のサイズ枠線が表示できるので、完成作品をイメージしながら作業が進められます。

高さをはじめスイベル・チルト・ピボットと多彩な調節機能を備えているため、見やすい位置や角度にセット可能。さらに、100×100mmのVESAマウントに対応しているのもポイントです。モニターアームや壁掛けなど、さまざまな設置方法を選択できます。

「ブルーライトフィルター」を採用しているので、長時間作業が快適におこなえるのも魅力。ノングレア液晶も搭載しているため、長時間の作業にも向いています。仕事の効率化を考えているクリエイターの方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ZenScreen Go 15.6インチ MB16AP

ノートパソコンと持ち歩くのにおすすめ

グレア液晶で15.6インチのモバイルディスプレイです。厚さが8mmで重さは約850gと、非常に薄型で軽量なのが特徴。ノートパソコンと持ち歩くのにおすすめのモデルです。外出先でも手軽にデュアルディスプレイでの作業がおこなえます。

折りたたみ式のスマートケースはスタンド機能を搭載しており、縦置き・横置きどちらにも対応が可能。エクセルシートは横置きで、Webサイトは縦置きで使うなど、表示内容に応じて切り替えられるので重宝します。

容量7800mAhのバッテリーを内蔵しているのも本モデルの特徴です。パソコンからの給電がなくても駆動するため、Androidスマホでの利用も可能。動画を視聴したり撮影した写真を確認したりと、便利に使えます。ただし、スマホで使う場合は「DisplayLink」アプリを事前にインストールしておく必要があるので、購入を検討している方はチェックしておきましょう。

エイスース(ASUS) ROG STRIX XG17AHPE

240Hzの良好なフレッシュレートを有している、ノングレア液晶の17.3型のモニターです。接続方式は、micro HDMIを採用。USB Type-Cポートを搭載しており、スマホやゲーム機、カメラなど、さまざまなデバイスへ接続できるのがうれしいポイントです。

本体は、持ち運びに便利なモバイル型。保護用のスマートケースがスタンドにもなるため、外出先でも気軽に使用できます。縦置きにも対応しているので、縦長のWebサイトを閲覧するときにもおすすめです。

バッテリー容量は7800mAh。使用時間は最大3.5時間です。さらに、「Adaptive-syncテクノロジー」に対応。画面の乱れや遅延を抑え、滑らかなビジュアルでゲームをプレイできるのが魅力です。

デル(Dell) 23.8インチ ゲーミングモニター S2421HGF

安価で消費電力が少なく済む、TNタイプの液晶パネルを搭載したゲーミングモニターです。144Hzの高リフレッシュレートを採用しているのが特徴。気軽にFPSゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。応答速度が1msと速いため、残像の少ない綺麗な画面でプレイできます。

NVIDIAの「G-SYNC Compatible」認定取得済みのAMD社「FreeSync」に対応しているのも本モデルの特徴。ティアリングやスタッタリングに悩まされることなくゲームに集中できます。「G-SYNC」「FreeSync」いずれかのグラフィックボードを搭載したパソコンで、機能を発揮可能です。

なお、DisplayPortと2つのHDMIポートを搭載。パソコンとゲーム機が同時に接続でき、簡単に切り替えられます。デュアルディスプレイで効率的に作業をこなしつつ、休憩時間にはゲームでリフレッシュするなどの使い方にもピッタリです。また、ノングレア液晶のため室内の照明が映り込みにくいのもポイントです。

デル(Dell) 27インチ 4Kモニター U2720QM

3840×2160ピクセルの4K表示が可能な27インチモニターです。sRGBを99%カバーするなど、色の再現性に優れているのが特徴。画質を重視するプロのクリエイターにおすすめのモデルです。フルHDの4倍もの詳細情報を表示できるため、作品の全体イメージやディテールを確認しながら作業が進められます。

入力ポートにHDMIとDisplayPortだけでなく、USB Type-Cを採用しているのも魅力。最大90Wの給電に対応しているのでノートパソコンを充電できます。ノートパソコンとのディアルディスプレイ用途にもピッタリ。給電と映像信号の伝送をType-Cケーブル1本で済ませられます。

また、「DDM(Dell Display Manager)」を搭載。複数のアプリ画面を左右やタイル状に並べられるため、広い画面をより効率的に利用できます。ノングレア液晶も搭載しているため、室内の照明や顔の写り込みが気になる方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 15.6インチ モバイルモニター EX-LDC161DBM

本体の最薄部が約7mm、重さが約730gの薄型で軽量なモバイルモニター。携帯性に優れた製品を探している方におすすめのモデルです。専用の収納ケースが付属しており、気軽に持ち運びに重宝します。

本体には格納式のスタンドを搭載。角度調節が無段階でできるため、見やすいアングルにセットできます。また、給電に対応したUSB Type-Cポートを搭載しているのも魅力。ケーブル1本で接続が完了するうえ、コンセントに繋ぐ必要がありません。

さらに、mini HDMIポートを備えているので、Type-C端子が非搭載のパソコンでも使用可能。ノートパソコンと繋ぎデュアルディスプレイ環境で作業したり、プレゼンに利用したりとさまざまな用途で活躍するモバイルモニターです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 23.8インチ モニター EX-LDH241DB

1W+1Wのステレオスピーカーを内蔵したモデルです。映画や動画を視聴するようなシーンで便利。また、視野角の広いADSパネルを採用しているため、斜めからでも綺麗な映像が見られます。

スタンドに細かな調節機能は搭載されていません。ただし、スマホやタブレットが立てられるスタンドや、ケーブル類をスッキリと配線できるケーブルホルダーが備わっています。また、映像入力にはHDMIとVGAを採用。HDMIケーブルが付属しているため、購入後すぐにデュアルディスプレイ環境が構築できます。

PS4・Nintendo Switch・Xbox Oneなどの機器との動作確認がされており、ゲーム用途にもおすすめのモデルです。さらに、100×100mmのVESA規格に対応。モニターアームに取り付けたり壁にかけたりと、多様な設置方法が選べます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27インチ ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCQ271DB

アイ・オー・データのゲーミングモニターブランド「GigaCrysta」シリーズの製品。2560×1440ピクセルの解像度を備えており広い範囲が表示できるため、RPGなどにおすすめです。

オーバードライブ機能をオンにすれば、応答速度を5msと高速化可能。動きの激しいシーンも、残像の少ないクリアな映像でプレイ可能です。

「Night Clear Vision」を搭載しているのもポイント。暗い部分が見やすくなるので、物陰に潜む敵をいち早く発見できゲームが有利に展開できます。また、高さのほかチルトやスイベルなど、調節機能が充実しているのも本モデルの特徴です。ピボット機能も備えているため、Webサイトや長文の書類を見るようなシーンで重宝します。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 31.5インチ モニター EX-LDQ322DB

31.5インチサイズの大型液晶モデルです。2560×1440ピクセルの広い作業スペースを有しているのが特徴。スプレッドシートやWebサイトを使用する際、画面をスクロールする手間が減らせます。デュアルディスプレイ環境はもちろん、単独で使用するのにもおすすめのモデルです。

DisplayPortと3つのHDMIポートを搭載。パソコン・AVプレーヤー・ゲーム機など、複数の機器が同時に接続でき、用途に合わせて切り替えられるので便利です。また、広視野角のADSパネルを採用しているため、複数人でさまざまな方向から見ても鮮明な画像が見られます。

5つの画面モードを備えているのも本モデルの特徴。Web・オフィス・ゲームなど、利用するコンテンツに適した条件がプリセットされているので、さまざまな用途に使用できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 23.8インチ IPSモニター 24BL650C-BAJP

USB Type-Cケーブルでパソコンと接続できる、23.8インチモニターです。ダウンストリーム端子のUSB 3.0ポートを2つ搭載。USBハブとして使用し、イヤホンや外付けストレージ、USBメモリなどを挿入できるのがポイントです。ほかにも、HDMI・DisplayPortの入力端子を採用しています。

ピボット機能に対応しているのもポイント。スタンドは-5~35°、左右178°で調節可能です。椅子やデスクの高さに合わせて、快適な仕事環境を作り出せます。また、3辺のベゼル幅が約6mmと狭いので、同じ製品を2台隣り合わせても使いやすいのも特徴です。

さらに、ブルーライト低減モードとノングレア液晶を搭載しています。長時間の資料作成や、深夜の映画鑑賞時などにもおすすめ。配線をコンパクトにまとめられるのでデュアルディスプレイとして使いやすいモニターです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 27インチ フレームレス ゲーミングモニター UltraGear 27GN600-B

27インチのゲーミングモニターです。ノングレアのIPS液晶で1msの高速な応答速度を実現しているのが特徴。広視野角かつ、残像を抑えたクリアな映像が楽しめます。リフレッシュレートが144Hzと高速なパネルを採用しており、激しく動く映像が滑らかに表示可能です。また、sRGBを99%カバーするなど色の再現性も良好。さまざまな種類のゲームを高品質な映像で楽しみたい方におすすめのモデルです。

「DAS(Dynamic Action Sync)モード」を搭載しているのも本モデルの特徴。フレームバッファを介さずに映像を出力できるため、表示の遅延が最小限に抑えられます。よりリアルタイムに近い映像を確認しながら、的確に行動することが可能です。

エイサー(Acer) 27インチ モニター AlphaLine KA272Abmiix

手頃な価格が魅力のノングレア液晶27インチモニターです。「ゼロ・フレームデザイン」を採用しているのが特徴。2台並べても中央のフレームが気になりにくいため、デュアルディスプレイ環境の構築におすすめです。また、VESAマウントに対応しているので、壁掛けやモニターアームなど多様な設置方法が選べます。

「Acer BluelightShield」を搭載しているのも本モデルの特徴。ブルーライトの透過率が4段階に調節できる便利な機能です。長時間のパソコン作業による目の疲れが軽減できるため、重宝します。HDMI・Mini-VGA 15ピンと入力インターフェースも充実。さまざまな機器と接続できるモニターが必要な方にもおすすめのモデルです。

エイサー(Acer) NITRO VG1 VG271Pbmiipx

AMDの「Radeon FreeSync」テクノロジーを用いて、コンピューターとスムーズに同期できるモニター。ブレやカクツキなどを低減し、滑らかな画面でプレイできるのが魅力です。パネルは27インチのIPSを採用。1920×1080のフルHDでリアルな映像を楽しめます。

フレームレートは144Hzと良好。「Visual Response Boost」技術と相まって、FPSなどの激しいアクションゲームなども快適にプレイできます。ブルーライトを調節できる「Acer BlueLightShield」を搭載。長時間ゲームを続けているときもモニターのギラつきを低減します。

「Acer Display Widget」を使えば、アクションやスポーツなど、使用シーンに合わせて画面の表示設定を変更可能。ゲーム用のデュアルディスプレイとして使用しやすい製品です。

エイサー(Acer) 28インチモニター CB282Ksmiiprfx

鮮明で高精細な映像を表示できる4K画質対応のモニターです。視野角の広いIPSパネルを採用し、よりリアルな映像表示を可能にするHDR10にも対応しています。

映像入力端子には、DisplayPortと2つのHDMIポートを搭載。メイン画面にサブ画面を表示し、位置やサイズの調節も可能な「PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)」と、2画面を並べて表示できる「PBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)」を利用できるのもメリットのひとつです。

スタンドは、高さ・チルト・スイベル・ピボットと豊富な調節機能を備えています。サブモニターとして、縦向きや角度のついた位置にも設置しやすく、メインモニターと高さを合わせることも可能。そのほか、2W+2W出力のステレオスピーカーも内蔵しています。

ベンキュー(BenQ) MOBIUZシリーズ 24.5インチIPSパネル ゲーミングモニター EX2510S

IPSパネルを採用した24.5インチサイズのゲーミングモニターです。解像度1920×1080のフルHD画質に対応し、ゲーミング向けにチューニングした独自の「HDRi」技術を搭載。より没入感のある映像体験を実現します。

さらに、独自の「treVoloスピーカー」を内蔵しており、高品質かつ迫力のあるサウンドが楽しめるのも魅力のひとつ。外部スピーカーを設置するスペースがない方にもおすすめです。

リフレッシュレートは最大165Hz、応答速度は1msに対応しています。映像入力端子には、HDMI×2とDisplay Portを搭載。スタンドは、高さ調節・スイベル・チルト機能を備えています。

ベンキュー(BenQ) 27インチ デザイナーズディスプレイ PD2700Q

クリエイティブな作業をおこなう方におすすめのモニター。WQHD(2560×1440ピクセル)の表示が可能な高解像度モデルです。画像や映像の細かな部分までしっかりと確認できます。さらに、国際規格で定められた色領域のsRGBを100%カバーするなど、色の再現性も良好です。

多彩な表示モードを搭載しているのも特徴。「CAD・CAMモード」では、詳細なワイヤーフレームを識別し、グラフィック情報を細部まで把握できます。また「デザインモード」にすると、明るさを10段階調節可能。暗い部分も鮮明に表示できるため、編集や加工をスムーズに実行できます。

高さに加え、チルト・スイベル・ピボットと豊富な調節機能を搭載。設置環境や作業内容に応じて細かな調節ができるなど、非常に使い勝手のよいモデルです。デュアルディスプレイで作業の効率化を検討しているクリエイターは、ぜひチェックしてみてください。