モニターを2台接続することで、表示領域を拡大できる「デュアルディスプレイ」。取得できる情報量が増えるほか、画面をスクロールする頻度を減らせるなど、作業効率を高められます。しかし、デュアルディスプレイといってもサイズや形状、光沢の有無など違いがあるため、どれを購入すればよいのか悩んでしまう方も多いはず。

そこで今回は、デュアルディスプレイの選び方とおすすめのモデルを紹介します。これからデュアルモニター化を考えている方は、チェックしてみてください。

デュアルディスプレイとは?

2台のディスプレイを使用して画面の表示領域を広げることを「デュアルディスプレイ」といいます。Webサイトを見ながら、もう一方のモニターで表計算ソフトに入力するなど、複数のシステムを表示したいときに便利。ディスプレイを1台で使用するときと比べて作業効率をアップすることが可能です。「デュアルモニター」や「マルチディスプレイ」と呼ばれることもあります。

2つのディスプレイを統合してひとつの大きな作業スペースとして活用できる「拡張モード」のほか、2つのディスプレイに同じ映像を表示する「複製モード」にも対応可能。対面している相手に同じ画面を見せられるので、打ち合わせやデモンストレーションの際に役立ちます。

デュアルディスプレイモニターの選び方

ベゼルと非表示領域の幅で選ぶ

By: dell.com

ベゼルとは、ディスプレイのフレーム部分を示す言葉です。ベゼルが狭いほどデュアルディスプレイにしたときに間隔が狭くなるのが魅力。つなぎ目が目立ちにくくなるほか、視線の移動距離を減らせます。

ただし、ベゼルが薄かったとしても「非表示領域」が大きいと結果的に間隔が開いてしまうので注意。例えばベゼルが1mmで画像の非表示領域が6mmの場合、実際の枠は7mmです。横に2枚並べると14mmも間隔が開いてしまいます。ベゼルだけではなく、非表示領域も合わせてチェックしましょう。

サイズで選ぶ

モニターを繋いでひとつの大きな画面として使いたい場合は、同じサイズの同じディスプレイで揃えると見栄えがよくなるのでおすすめ。メイン画面とは別に、メールチェック用などのサブ画面として運用するなら、サイズの異なるディスプレイでも問題ありません。

また、忘れがちなのが「デスクに設置できるかどうか」という点。モニターを2つ置くので精一杯で、パソコン本体やキーボードなどを置くスペースがないケースも少なくありません。縦横のサイズを測るのはもちろん、台座部分のサイズも確認しておきましょう。

パネルの種類で選ぶ

グレア(光沢)

By: amazon.co.jp

グレアは表面に光沢があるタイプ。色が鮮明に映るのでイラストレーターやデザイナーのようにグラフィックを扱う業種の方に選ばれています。また、映画やドラマなどの映像コンテンツを観る方にもおすすめです。

ただし、グレアタイプは映り込みが発生しやすいのがデメリット。画面に光が反射したり、鏡のように自分の顔が映り込んだりする場合があります。

ノングレア(非光沢)

By: asus.com

ノングレアは光沢を抑えたタイプです。ほとんど映り込みがないので作業に集中したい方におすすめ。ゲーミングモニターも最近はノングレアタイプが主流です。一方、グレアタイプと比べて発色がやや地味な傾向があります。

接続端子をチェック

By: iodata.jp

古いパソコンに多いアナログ端子「VGA」

「アナログRGB端子」や「D-sub15ピン」などとも呼ばれる、古いパソコンによく採用されている端子です。主にパソコンとブラウン管式のモニターを接続するために使用されていました。

ただし、映像をアナログ信号で伝えるため、画質劣化が生じやすいのが難点。使用しているパソコンが旧タイプで「VGA」端子にしか対応していないような場合を除き、選択肢としてはおすすめできません。

無圧縮のデジタルデータを転送する「DVI」

「DVI」とは「Digital Visual Interface」の略で、DDWG(Digital Display Working Group)と呼ばれる業界団体により策定された規格です。

無圧縮のデジタルデータを転送できるなど、液晶モニターやプロジェクターといったデジタル機器に最適化されているのが特徴。ノイズのない鮮明な映像を表示できるのが魅力です。

ただし、4Kや8K表示に対応できないといった制約もあり、現在では「HDMI」や「DisplayPort」などの端子に主流が移りつつあります。

1本で映像と音声を転送できる「HDMI」

HDMIとは「High-Definition Multimedia Interface」の略で、デジタル家電向けに策定された規格です。パソコンと液晶モニターだけでなくテレビやゲーム機など、名前の通りマルチメディアに対応しているのが特徴。

映像と音声などのデジタル信号を1本のケーブルにのせて送ることが可能なため、配線をシンプルにできるというメリットがあります。複数のバージョンが存在し、「HDMI2.1」は8Kの解像度にも対応。ただし、機器の性能にマッチしたバージョンのHDMIケーブルが必要なので、購入時には留意しておきましょう。

また、コネクタのサイズは標準の「HDMI」にくわえ、小型機器に採用されている「ミニHDMI」や「マイクロHDMI」などの3種類があります。

コンパクトで高性能な「DisplayPort」

「DVI」の後継にあたる規格で標準化団体「VESA」によって策定されました。1本のケーブルで映像と音声を転送できるのはもちろん、「DVI」や「HDMI」端子と比べてコンパクトなのが特徴。小型化が進むパソコンなどの機器にも対応できます。

また、複数の液晶モニターを数珠状に接続するいわゆる「デイジーチェーン」ができるのもポイント。デュアルディスプレイ環境も簡単に構築することが可能で、パソコン側に空きコネクターを複数準備しておく必要もありません。

機能で選ぶ

ピボット機能

By: rakuten.co.jp

横長のワイド画面を90°回転して、縦長のモニターとして使える機能です。縦長のWebページを見るときやプログラミングをするときなど、一画面に表示できる情報が増えるので作業効率をアップできます。

タッチパネル機能

By: dell.com

スマートフォンやタブレットのように直接ディスプレイに触れて操作できる機能です。移動や回転、拡大、縮小といった操作を直感的に行えるのがポイント。マウスやキーボードを使う頻度を少なくしたい方におすすめです。

音声出力機能

By: iiyama.co.jp

ディスプレイにスピーカーを内蔵しているモデルなら、別途スピーカーを置く必要がありません。省スペース化したい方に向いています。外付けスピーカーやヘッドセットをメインに使う場合は、ステレオミニジャックなどの出力端子を搭載しているかどうかもチェックしておきましょう。

デュアルディスプレイのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: asus.com

エイスースとは、台湾に本社を置く電子機器メーカーです。安価かつ良質なノートパソコンを製造していることで知られていますが、ディスプレイ業界でも著名なメーカーのひとつ。特にハイエンドゲーミングモニター市場において高いシェアを誇っています。プロフェッショナル向けモデルからリーズナブルなモデルまで、選択肢が多いところが魅力です。

デル(Dell)

By: dell.com

アメリカに本社のある「デル」。世界で初めてユーザー直販制度を採用したことで急成長を遂げ、現在では世界を代表するパソコンメーカーのひとつとして数えられています。デルは法人向けモデルを数多く揃えているのがポイント。コストや用途に合った製品を見つけられます。ビジネス用のモニターを探している方におすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

アイ・オー・データは石川県に本社を置く精密機器メーカーです。パソコン業界では老舗のひとつ。特にHDDで有名なメーカーですが、モニターの販売実績においてもトップシェアを占めています。サポート体制も充実し、国産ならではの高い信頼性を備えたおすすめのメーカーです。

デュアルディスプレイにおすすめのモニター

エイスース(ASUS) 27インチ プロ向けディスプレイ PB27UQ

4K(3840×2160ピクセル)表示が可能な27インチ液晶ディスプレイです。国際標準規格で定められた色空間「sRGB」の色領域を100%カバーしているため、色の再現性は良好。さらに、10bitカラー(約10億7374万色)をサポートしているなど、プロのクリエイターにおすすめのモデルです。画像のグラデーションをより自然な色合いで確認できます。

「Picture in Picture」や「Picture by Picture」といった表示機能を搭載しているのも本モデルの特徴。メイン画面の中にほかの映像を表示したり、複数の映像を1画面に並べたりできます。デュアルディスプレイとしてだけでなく、多様な使い方ができる製品です。

リフレッシュレートは60Hzで応答速度は5ms。本格的なゲーミングモニターには及ばないものの、気軽にゲームを楽しみたい方に適した製品です。

エイスース(ASUS) 24.5インチ ゲーミング液晶モニター VG255H

24.5インチ、フルHDのゲーミングモニターです。HDMIポートを2基搭載しているため、パソコンとゲーム機を同時に接続可能。デュアルディスプレイでパソコン作業をしている合間に、ゲームを楽しみたいといった方にもおすすめのモデルです。

パネルは光沢を抑えたノングレアタイプのため、仕事とゲームどちらの用途でも画面に集中できます。リフレッシュレートは75Hz。ゲーミングモデルとしては高速の部類には入りませんが、応答速度が1msと速いので残像の少ない鮮明な映像が見られます。

さらに、チラつきやカクつきを軽減する「AMD Adaptive-Sync」技術に対応しているのも本モデルの特徴。手頃な価格で購入できるゲーミングモニターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) 21.5インチ タッチ対応モニター VT229H

10点マルチタッチディスプレイを搭載した液晶モニターです。Windows10搭載パソコンで、デュアルディスプレイ環境を構築したい方に適したモデル。タップやドラッグ、ピンチといったWindows10のジェスチャー操作に対応しているため、さまざまな作業がスムーズに進められます。

また、スクリーンの硬度が7Hと硬く丈夫なのも魅力。さらに、ブルーライトとフリッカーを低減することで、目の負担を軽減する「ASUS Eye Care技術」を採用しています。毎日長時間のパソコンを使用する方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) 15.6インチ モバイルディスプレイ MB169B+

移動先でもデュアルディスプレイで作業を行いたい方におすすめのモバイルディスプレイです。フルHD表示が可能な15.6インチの液晶を搭載。付属のUSBケーブル1本で繋げられる手軽さも魅力です。同時に充電できるので、モニター用のアダプターを持ち歩く必要はありません。

携帯に便利な専用のスリーブケースが付属。本体を傷や衝撃からしっかりと保護するほか、スタンドとしても使用できます。厚さ8.5mm、重さが約800gと薄型・軽量設計のため、カバンやリュックに入れて簡単に持ち運び可能。携帯性に優れた製品を求めている方におすすめのモデルです。

デル(Dell) 34インチ デジタルハイエンドシリーズ 曲面モニター U3415W

UWQHD(3440×1440ピクセル)の解像度を有する、21:9のワイドモニター。緩やかに湾曲したスクリーンを搭載しているのが特徴です。フラットパネルと比べ、画面のどの位置を見るときにも焦点距離の変化が少ないのが魅力。34インチの大型モデルながら、画面の端から端まで見やすいのがメリットです。

同機種でデュアルディスプレイを構成することで、高い没入感を得られます。パソコン作業はもちろん、映画などのコンテンツを楽しむのにもおすすめのモデル。さらに、合計18W(9W+9W)のデュアルスピーカーを内蔵しているため、迫力の映像とサウンドで視聴できます。

デル(Dell) 24.5インチ ゲーミングモニター ALIENWARE AW2521HF

デルが展開するゲーミングブランド「ALIENWAREシリーズ」のモニターです。フルHD表示が可能な24.5インチ液晶を搭載。リフレッシュレートが240Hzと非常に高速なため、動きの激しいシーンも滑らかに表示できます。

また、AMDの「FreeSync」やNVIDIAの「G-SYNC」互換技術を搭載しているので、ティアリングフリーのスムーズな映像を視聴可能。なお、入力端子はHDMI×2とDisplay Portを採用しており、多様なタイプのパソコンに対応します。デュアルディスプレイ用途にも適したモデルなので、ぜひチェックしてみてください。

デル(Dell) 23.8インチ デジタルハイエンドシリーズ USB-Cハブモニター U2421HE

フルHD表示が可能な23.8インチの液晶モニターです。USB Type-Cポートを搭載しているのが特徴。Display Portとして機能するだけでなく、ノートパソコンへの給電機能も果たします。ケーブル1本で作業しながら充電もできるので便利。複数のケーブルを抜き差しする必要がないので、外回りの際もスマートに出かけられます。

さらに、ちらつきが気になりにくい「ComfortView機能」により、ブルーライトの発生を低減。フレームレスの「InfinityEdge設計」を採用しているため、作業がスムーズに捗ります。

デル(Dell) 22インチ プロフェッショナルシリーズ ワイドモニター P2217

ピボット機能を搭載したワイドモニターです。モニターの角度や高さはもちろん、縦・横90°に回転できるのが特徴。デュアルディスプレイで使用する際には横で、ウェブサイトを閲覧する際には縦にするなどシーンに応じて切り替えられて便利です。作業の生産性を向上させたい方にも適しています。

HDMI・VGA・ Display Portを搭載しており、さまざまな機器を接続可能。パソコンとゲーム機を繋いでおけば、作業の合間にゲームが楽しめます。わざわざケーブルをつなぎ替える必要がないので重宝します。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27インチ ワイド液晶ディスプレイ EX-LD4K271DB

4K解像度(3840×2160ピクセル)に対応した、27インチの液晶ディスプレイです。視野角の広いADSパネルを採用しており、斜めからでも鮮明な画像が確認可能。入力端子には、HDMI・Display Portを搭載しています。

USB出力ポートを搭載しているのも本モデルの特徴。最大3.0Aの出力に対応しているので、スマホやタブレットを急速充電できます。使い勝手のよい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27インチ ワイド液晶ディスプレイ EX-LDQ273DBS

「ボーダレスフレーム」デザインを採用したモデルです。ベゼルが細く2台並べても気になりにくいため、デュアルディスプレイ環境を作りやすいのが魅力。

フルHDの2倍の解像度を持つ、WQHD(2560×1440ピクセル)表示に対応しています。広い範囲が表示できるので、大きなスプレッドシートの確認や入力作業もスムーズです。

ピボット機能を搭載しており、画面の縦・横回転が可能。上下と左右が対称なデザインのため、縦・横どちらの方向でもスッキリと見やすいのが特徴です。店舗や展示会などで、デジタルサイネージとしても活躍します。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 27インチ ゲーミングモニター EX-LDGC271UTB

入力端子にHDMI×2とDisplay Portを採用するゲーミングモニターです。全ての端子が240Hzの高リフレッシュレートに対応。動きの激しいシーンも滑らかに描画できるので、快適にプレイできます。

なお、パネルとフレーム間に段差のない、フラットパネルを採用しているのも特徴。同じモデルを並べて設置してもスッキリと見えるため、デスクを圧迫せずにデュアルディスプレイ環境を作れます。付属のリモコンがゲーム機の一部操作に対応しているのもポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 23.8インチ マルチタッチ対応 ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF241FVB-T

10点マルチタッチに対応したワイド液晶ディスプレイです。静電容量方式のタッチパネルを採用しているため、軽快なタッチ操作が可能。Windows10を搭載したパソコンなら、画面のスクロールや拡大・縮小・回転といった操作が直感的に行えます。イラストを描いたり画面に表示された楽器を演奏したりと、クリエイティブな用途に使いたい方におすすめのモデルです。

さらに、100×100mmのVESA規格に対応しているのもポイント。ディスプレイアームやスタンドへの取り付けも簡単です。デスク周りのスペースに余裕がなくても、デュアルディスプレイ環境の構築がしやすいので重宝します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 21.5インチ 液晶ディスプレイ ILD-A21FHD-B

フルHD表示が可能な21.5インチの液晶ディスプレイです。デュアルディスプレイとしても使える、価格の安い製品を探している方におすすめのモデル。上に15°、下に5°の角度調節ができるため、見やすいアングルに合わせられるのが魅力です。

入力端子にはVGAとHDMIを採用。さらに、100×100mmのVESAマウントにも対応しています。付属のスタンドで自立できるほか、壁掛けやモニターアームに取り付けられる製品です。

ベンキュー(BenQ) 27.9インチ ゲーミングモニター EL2870U

4K UHDに対応したゲーミングモニターです。HDR(High Dynamic Range)に対応しているのが特徴。白飛びや黒つぶれしにくくリアルな描写が可能なので、ゲームを有利に進められます。なお、応答速度も1msと速いので、残像の少ない鮮明な画像が確認可能。

入力端子はHDMIポート×2とDisplay Portを搭載。パソコンとゲーム機を同時に繋いでおけるので重宝します。デュアルディスプレイでの作業の合間に、高精細な画面でゲームや映画鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) 27インチ ディスプレイ HP 27f 2XN62AA#ABJ

非常に薄いパネルを採用した、スリムなモデルです。狭額べゼル仕様のため、2台並べた際の一体感は良好。スタイリッシュなデュアルディスプレイ環境を構築できます。おしゃれなアルミ製のスタンドを備えており、モダンなオフィスはもちろん部屋のインテリアにもぴったり。

さらに、AMDの「FreeSync」に対応しているため、ゲーム用途でも活躍します。画面サイズの割に価格も手頃なので、気になる方はチェックしてみてください。

ベンキュー(BenQ) 23.8インチ アイケアビジネスモニター BL2480T

23.8インチのIPSパネルを搭載したモニターです。ベゼルが気になりにくいフレームレスデザインを採用しているので、デュアルディスプレイ用途にぴったり。視野角が178°と広いため、斜め方向からでも鮮明な画像が見られます。

また、細かな調節機構を備えているのも本モデルの特徴です。140mmの高さ調節をはじめ、左右に160°のスウィーベル機能を搭載。さらに、画面を90°回転できるピボット機能も付いているので、ウェブページの制作やDTP用途などでも活躍します。

ベンキュー(BenQ) 21.5インチ LEDアイケアモニター GW2283

「ウルトラスリムベゼルデザイン」を採用した製品です。フチがないので圧迫感なくデュアルディスプレイ環境を作りたい方にぴったり。IPSパネルを搭載しているため、どの角度からでも鮮明な映像が見られます。

なお、スタンド背面にケーブル収納を設けているのも本モデルの特徴。電源や映像関連のケーブルをスッキリと収められます。デスク周りを広々と使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エイサー(Acer) 24インチ ディスプレイK242HLbmidx

フルHD解像度に対応した、24インチのワイドモニターです。エイサーのACM(Adaptive Contrast Management)技術を搭載しているのが特徴。白や黒がよりハッキリと表示されるため、メリハリの効いた鮮明な映像を楽しめます。

デュアルディスプレイ用途はもちろん、映画や動画といったコンテンツを楽しむのにもおすすめのモデルです。ただし、入力端子はVGAとDVIの2種類なので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

さらに、VESAマウントに対応しているのもうれしいポイント。モニターアームや壁面など、多様な取り付け方法が選べます。

エルジー(LG) 27インチ モニター 27MP89HM-S

4辺フレームレスデザインを採用したスタイリッシュなモデルです。27インチの大画面にもかかわらず、ベゼル幅はわずか1.3mm。デュアルディスプレイで使用してもモニター間のフレームがほとんど気になりません。

5W+5Wの高出力スピーカーを内蔵しており、迫力のサウンドが楽しめるのも魅力。パソコン作業だけでなく、映画コンテンツの視聴にもおすすめのモデルです。

さらに、sRGBカバー率99%に対応しているのも本モデルの特徴。色再現性に優れているため、デジカメ写真の確認やDTP用途などにも適しています。

フィリップス(Philips) 24インチ 液晶モニター 241E1D/11

フルHD解像度(1920×1080ピクセル)に対応した、24インチ液晶モニターです。ゼロベゼルデザインを採用しているため、デュアルディスプレイ用途にぴったり。

さらに、チラつきを抑える「Flicker Free」技術や目にやさしい「ローブルーモード」を搭載しているのも特徴です。長時間のパソコン作業や動画視聴も快適に行えます。

背面にはケーブル収納用スロットを配置。煩雑になりがちなデスク周りもスッキリと整頓できるので便利です。