モニターの位置を自由に調節できる「モニターアーム」。自分に合った高さや角度に変えられるので、快適にPC作業を行うことが可能です。

そこで今回は、モニターアームのおすすめモデルをピックアップ。選び方やおすすめメーカーもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

モニターアームとは?

By: amazon.jp

モニターアームとは、モニターの位置を上下左右などに調節できるパソコン周辺機器。自分好みのPC環境を作りやすいほか、デスク上のスペースを広々と使えるのもメリットです。

シングル用はもちろん、複数台のモニターを搭載できるモデルも多数ラインナップされています。省スペースでマルチモニター環境を実現できるのも魅力です。

VESA規格とは?

By: amazon.jp

VESA規格とは、モニターの背面に取り付けるネジ穴の位置を統一した規格。モニターとアームがVESA規格に対応していれば、ネジ穴の位置を合わせやすいので取り付けが便利です。

VESA規格に対応しているモニターには、主に「75×75mm」または「100×100mm」の間隔で4つのネジ穴があります。モニターサイズによってネジ穴の間隔が異なるため、アームを購入する際にモニター側の規格を確認しておきましょう。

モニターアームの選び方

設置方法をチェック

クランプ式

By: sanwa.co.jp

クランプ式は、モニターアームをデスクに挟み込んで固定する設置方法です。デスクに穴を空けずに固定できるため、作業の負担が少ないのがメリット。また、フレームなどと干渉しにくい広い天板であれば、どこでも設置できるため自由に設置したい方におすすめです。金属製の部品を挟み込むため、ガラス製など割れやすいデスクでの使用は控えるようにしましょう。

グロメット式

By: sanwa.co.jp

グロメット式は、デスクに穴を開けて設置する方法。太めのボルトをデスクに通して固定するため、重いモニターでも安定して取り付けられるのがメリットです。安定性に優れていますが、机に穴を開けなければならないのがデメリット。設置場所を変えたい場合には、新しく穴を開ける必要があるため、デスクの見た目が気になる方は気を付けましょう。

ポール固定式

By: sanwa.co.jp

ポール固定式は、メタルラックの支柱などに取り付ける方法。モニターの角度や支柱からの距離を調節できるため、モニターを見やすい環境にカスタマイズできるのがメリットです。

ポール固定式で取り付ける場合、支柱の径を確認する必要があります。モニターアームによっては、メタルラックの支柱の径と合わず、取り付けられないのがデメリット。また、ポールの形状が、丸型と角型のどちらに対応しているかもチェックするようにしましょう。

壁面固定式

By: amazon.co.jp

壁面固定式は、壁に直接モニターアームを取り付ける設置方法。デスクスペースを広く使えるため、作業効率を高めたい方におすすめです。

グロメット式と同様に、穴を開けてモニターアームを取り付けるので、どの場所に設置するか十分検討しましょう。また、賃貸物件や壁の素材によっては、穴自体を開けられない場合もあるので購入前に確認が必要です。

耐荷重と対応インチ数をチェック

モニターアームを購入する際には、取り付け可能なモニターの重さを調べておきましょう。設置したいモニターの重さが耐荷重範囲を超えると、モニターアームが破損する恐れがあります。モニターアームには荷重範囲が記載されており、モニターの重さより2kg以上の余裕をもたせるのがおすすめです。

また、モニターのサイズも要チェック。耐荷重と同様に、モニターアームには対応インチ数が決められています。モニターの落下やアームの破損を防ぐだけでなく、デュアルモニター式の場合、対応インチを超えると設置できないこともあるため気をつけましょう。

可動方式をチェック

By: amazon.co.jp

モニターアームを選ぶ際は、可動する方向についても要チェック。一般的に水平垂直可動式・水平可動式・垂直可動式という3つの可動方式があります。

水平垂直可動式は、上下左右だけでなく、斜めにも可動するのが特徴。動かせる範囲が広いため、見やすい位置まで細かく調節できるのがメリットです。

水平可動式は、左右のみ動かせるタイプ。モニターの高さを調節する必要がないのが便利です。また、垂直可動式は、上下のみ可動するタイプで、モニターをほとんど動かさない方や、デスクのスペースを空けながら使用したい方に適しています。

取り付けられるモニター台数をチェック

By: amazon.co.jp

複数台モニターを使用する場合は、取り付けられるモニターの台数を確認しましょう。一般的な作業の効率化を図る場合は、2台設置できるモノがおすすめ。また、株や外国為替のデイトレードのほか、ゲーミング用途で使用する方は、モニター数が増えることも見越して、3台以上の設置に対応しているモニターアームが便利です。

モニターアームのおすすめメーカー

エルゴトロン(Ergotron)

By: amazon.co.jp

エルゴトロンは1982年に創業したアメリカの企業です。“人間工学的快適さを、手ごろな価格であらゆるコンピューターユーザーへ提供し、日常生活をもっと健康的、そして効率的に変えること”を目標に、人間工学に基づいた製品を製造しているのが特徴です。

モニターアームに関しても、高品質で信頼のおける製品をラインナップ。比較的高価格ですが、耐久性が高く、コストパフォーマンスは良好。高価なモニターやパソコンを使用している方におすすめのブランドです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

サンワサプライは日本を代表するコンピューターサプライ用品メーカーです。キーボードやマウス、ケーブルなどのPC用品をはじめ、パソコンデスク、チェア、ラックなどもラインナップしています。

モニターアームにおいても幅広くラインナップしているのがポイント。国産ブランドなので信頼性が高いのはもちろん、クランプ式モニターアーム用の補強プレートなどが入手しやすいのもメリットです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE)

By: amazon.co.jp

グリーンハウスは、フラッシュメモリやモニターなどのパソコン事業から、スマートフォン関連事業、オーディオ関連機器事業、ソーダマシンやビアサーバーなどのライフスタイル事業まで、幅広く展開している企業です。

グリーンハウスのモニターアームは、リーズナブル価格ながら耐久性に優れているのが魅力。初めてモニターアームの購入を検討している方におすすめのメーカーです。

モニターアームのおすすめモデル

エルゴトロン(Ergotron) LXデスクマウント モニターアーム ERG45241026

75×75mm・100×100mmのVESA規格に準拠したモニターアームです。3.2~11.3kgの荷重に対応しており、重さを気にせずに取り付けられるのが魅力です。上下は最大33cm、前後は最大64cmまで調節可能。さらに、モニター部分の軸が360°回転するため、座った状態だけでなく、体を横にした状態にも対応できるモデルです。

設置方式としては、クランプ式とグロメット式の両タイプが採用されており、デスクの素材や環境に合わせて選択できます。デスクを傷つけたくないのであればクランプ式、安定性を求めるのであればグロメット式がおすすめです。

エルゴトロン(Ergotron) LX デスクマウントアーム 45-241-224

最大34インチまでのモニターを取り付けられるモニターアーム。9.1kg以上のモニターでは上下移動の幅が制限されますが、耐荷重は3.2~11.3kgと多くのモニターに対応できるのが特徴です。

高さ調節の範囲は最大33cm。360°の画面回転にも対応しており、長いテキストでもスクロールなしで確認できます。また、チルト幅は後方70°、前方5°と角度調節がしやすいので、自分の好みに合った位置にモニターを設置できるのも魅力です。

アームを折りたたんでコンパクトに収納できるのもポイント。メーカー独自の1万回を超えるアームの昇降テストをクリアしているので、長く使いたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 水平垂直3関節アーム EZ1-LA018

周辺機器メーカーで有名なサンワサプライのモニターアームです。ガスシリンダーが内蔵されており、アームを快適に動かせます。また、モニターを上下に105°まで、左右に180°まで調節できるため、自由自在な動きを求める方におすすめです。

また、モニターアームにケーブルクリップが搭載されているのも魅力のひとつ。モニターに接続するケーブルをまとめられるので、デスク周りの整理に便利です。さらに、クランプ式を採用しており、取り付けが簡単なほかデスクを傷つけずに使用できます。

VESA規格には75×75mm・100×100mmの両間隔に準拠。耐荷重は2~10kgと範囲が広く、さまざまなモニターの取り付けが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 水平垂直3関節アーム EZ1-LA043

2台のモニターを取り付けられるモニターアームです。左右だけでなく上下にもモニターを配置できるため、画面の内容によって見やすいように並べられるのが魅力。モニターを支える2本のアームは独立しており、それぞれ自由に調節できます。

75×75mm・100×100mmのVESA規格に準拠しているほか、2~10kgまでの耐荷重に対応しているのもポイント。モニター背面にあるブラケットにより、簡単に取り付けられるため、初心者におすすめです。

アーム部分は3つの軸により、自由に動かせるのも魅力のひとつ。ガススプリングが搭載されているので、高さや角度の細かな調節も可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 支柱取付け液晶モニタアーム CR-LA352

ポール固定式で、24インチまでのモニターの取り付けに対応したモニターアームです。VESA規格に準拠しており、75×75mm・100×100mmのネジ穴があるモニターを取り付けられます。

モニター部分は360°回転するため、水平方向のポールに取り付けても見やすい位置に調節可能。また、アーム下にはHDMIケーブルなどをまとめて整理できるクリップが搭載されているのも便利なポイントです。

ポールや支柱の直径に合わせて、25~40mm・40~60mmの2タイプから選択できるのも魅力のひとつ。8kgまでの最大耐荷重により、モニターだけでなく液晶テレビの取り付けにもおすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ガススプリング式ディスプレイ用アーム GH-AMCD01

クランプ式とグロメット式の設置方法に対応したモニターアーム。幅広いデスクに取り付けられます。アームはガススプリング式のため、片手で軽々と上下前後にモニター位置を変更可能です。本製品は360°の回転にも対応しているので、横位置はもちろん縦位置の使用もできます。

耐荷重は3〜7kg。モニターは10〜27インチまでのサイズを設置可能です。VESA規格には75×75mmと100×100mmに準拠しています。カラーはブラックとホワイトの2色展開なので、好みのモノを選んでみてください。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) クランプ式モニターアーム GH-AMCA02

耐荷重9kgまでのモニターアームです。さらに、VESA規格の75×75mm・100×100mmに準拠しているほか、最大27インチまでのモニターを設置できます。

前後左右だけでなく、上下にも動かせる水平垂直タイプです。見やすい位置まで調節可能であるため、細かい文字や数字の確認や動画視聴などに適しています。また、モニターの位置を下げて角度を上向きにすることで、タッチパネルでの操作も便利です。

クランプ式のアームなので、板状のデスクであれば簡単に取り付けられます。穴を開ける必要もないため、設置場所を複数試してみたい方やデスクを傷つけたくない方におすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-AMCR02

4画面マルチディスプレイ環境を作れる水平可動タイプのモニターアーム。前後左右に画面を動かして、自分好みの配置を作れます。また、モニターを360°回転できるので、縦位置で使用したい場合にも便利です。

2つのC型クランプで机にしっかり固定できるのが特徴。4つのモニターを取り付けても転倒しにくく、耐震性にも優れています。耐荷重は各10kgずつで、画面サイズは30インチまでのモノに対応。75×75mm・100×100mmのVESA規格の製品で使えるため、さまざまなモニターを設置できます。

ポール内を通すケーブルガイドを搭載しているのも魅力。ケーブルをすっきりとまとめられるので、マルチディスプレイでもデスクを広々と使いたい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) GigaCrysta DA-ARMD4

2枚の液晶ディスプレイを自由に動かして固定できるモニターアーム。耐荷重は各6kgで、75×75mmと100×100mmのVESA規格に対応しています。幅広いサイズのディスプレイを取り付けられるのが特徴です。

上下左右の角度調節や、画面の回転、高さ調節を簡単にできるのが魅力。アームの前面にはUSBポートを1基と、マイク・オーディオ端子を搭載しています。マウスやキーボード、ヘッドセットなどを接続して使用できるので便利です。

設置方法は机の端に挟んで固定させるクランプ式を採用。アーム本体にアタッチメントを付けたディスプレイを取り付けるだけなので、簡単に設置できるのもポイントです。

バウヒュッテ(Bauhutte) ロングモニターアーム トリプル BMA-300N

ゲーミングに便利なモニターアームです。3台までのモニターを取り付けられるほか、最大66cmまで前後に伸縮するロングアームによって視野の広い映像を楽しめます。FPSやレーシングゲームなど横に広い視野が求められるゲームにおすすめです。

また、アーム部分には6つの軸が搭載されており、モニターを見やすい位置に動かせるのもポイント。高さの調節は、レバーを操作するだけの簡単設計で、座った状態だけでなく、横になった状態でも目線をモニターに合わせられます。

75×75mm・100×100mmのVESA規格に準拠。1つのアームに対して最大10kgの耐荷重に対応しているため、重さを気にせずにモニターを取り付けられます。

べステック(BESTEK) 液晶ディスプレイアーム デュアルディスプレイ BTSS02

上下2台まで取り付けられるモニターアームです。75×75mm・100×100mmのVESA規格に準拠。レバーを使ってモニターを固定する手締め方式を採用しており、高さの調節を簡単に行えます。

また、アームは合計最大10kgまでの耐荷重に対応し、2台のモニターでも余裕を持って取り付けられます。クランプ式を採用しているため、デスクに穴を開ける必要がないのも魅力のひとつ。モニターは高さを自由に動かせるほか、360°回転や15°の角度を付けられるため、さまざまな姿勢での作業に適しています。

エレコム(ELECOM) PCモニターアーム DPA-SS01

取り回しがラクな3軸可動のショートタイプのモニターアームです。アームの固定部分はレバー式のネジを採用しているため、高さの調節や固定が簡単にできます。

モニターの画面角度は水平方向に90°、垂直方向に45°ずつ、さらに360°回転で調節可能です。自分の見やすい角度に変えられるため、作業効率が上がります。モニターサイズは13〜27インチに対応。VESA規格は75×75mmと100×100mmに準拠しています。

本製品にはケーブルホルダーが付いているので、モニターからのケーブルをすっきりまとめられるのもポイント。リーズナブルな価格なため、はじめて使用する方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) PCモニターアーム 2画面 ロング DPA-DL01

取り付け方法がクランプ式とグロメット式の2パターンに対応しているモニターアーム。設置したい机に合わせて取り付け方を選べる使い勝手のよいアイテムです。13~27インチの液晶ディスプレイを2台設置できるデュアルアームタイプで、1つのアームにつき8kgまでの重さに耐えられます。

稼働範囲は水平方向に90°、垂直方向に上下45°ずつ。さらに、360°回転可能なので、使用目的や使用シーンに合わせてベストポジションにセットできます。

5軸可動のロングアームタイプで可動域が広いのもポイント。アームの固定部分にレバー式のネジを採用しているため、高さ調節も簡単にできて便利です。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) モニターアーム デュアル ディスプレイタイプ

幅が狭いデスク上でもデュアルディスプレイ環境を作れるモニターアーム。VESA規格に準拠しているほか、27インチ以下のモニターを設置できます。アームの伸縮や角度調節に加え、横向きから縦向きへの回転にも対応しています。

取り付け方法は、クランプ式とグロメット式の2種類から選択可能。また、煩雑になりがちなケーブルはアームの下にまとめて収納できます。快適な作業環境の構築をサポートするおすすめのモニターアームです。

ACCURTEK モニター アーム ディスプレイスタンド トリプル ZJ26-03

最大3台まで取り付けられるモニターアームです。3つのモニターを横並びだけでなく縦にも配置できるため、ゲーミングやデイトレードなどさまざまな用途に使用できます。

また、ガススプリングを採用しており、細かい位置の調節に便利です。六角レンチでネジを回すだけで、ガススプリングの圧力を変えられるのもポイント。取り付けたモニター数や重さによって、適切な圧力に合わせられます。

デスクの素材や環境によって、クランプ式とグロメット式から選択できるのもポイント。モニターケーブルを収納するホルダーも付いているので、デスクを広々と使用できます。

LOUTYTUO 支柱取付け液晶モニタアーム LoutytuoA01

メタルラックのポールやレバーに取り付けるモニターアーム。直径25~60mmに対応しているほか、サイズの異なる3つの金具が付属しているため、細いポールでも固定しやすいのが魅力です。

75×75mmと100×100mmのVESA規格に準拠し、15~27インチ、重さ8kgまでのモニターの取り付けが可能。素材にはアルミニウム合金が使用されており、長期間の使用でも変形しにくく耐久性に優れています。

また、取り付け部分から前後に34cmまで伸縮するだけでなく、上85°・下90°・左右180°まで自由に調節可能なのが魅力。モニター部分は360°回転するので、さまざまな体勢で快適に作業できます。

LOUTYTUO モニターアーム 壁掛け LoutytuoA02

壁面固定式のモニターアームです。75×75mm・100×100mmのVESA規格に準拠しているほか、最大18kgまでの重さに耐えられるのが魅力。さらに、13~32インチまで対応しており、モニターだけでなく液晶テレビの取り付けにもおすすめです。

モニター部分の角度は上下20°・左右180°まで調節できます。また、5.5~17cmの範囲で前後に伸縮するため、モニター画面の細かい文字や数字を見やすいように位置を動かせます。

そのほか、アルミニウム合金が採用されているので、長期間の使用でも変形や破損しにくいのもポイント。壁に直接取り付けていることから安定性に優れており、地震が発生しても倒れにくいモデルです。