ディスプレイの上にセットするだけで、手軽に手元の灯を確保できるのが「モニターライト」。一般的なデスクライトのように机の上に置く必要がないため、机上のスペースが広く使用できるなど非常に便利なアイテムです。

そこで今回は、モニターライトのおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントやおすすめメーカーについても解説するので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

モニターライトとは?

By: amazon.co.jp

モニターライトとは、ディスプレイ上部のフレームに乗せたり固定したりして使用するLEDライトのことです。ディスプレイ正面の手元付近を集中的に照らす配光が特徴。書き物をするときはもちろん、バックライト非搭載のキーボードでタイピングをする際などにも重宝します。

一般的なデスクライトとは異なり、机の上に設置スペースを必要としないのがモニターライトのポイント。デスクを広く使いたい方におすすめです。また、光が直接顔に当たらないので目が疲れにくいうえ、左右どちらが利き腕の方でも手元が暗くなる心配がありません。

さらに、モニターライトはデスク上に直接設置しないことから、デスク周りをスッキリとまとめやすいため、おしゃれなワーキングスペースを演出したい方にもピッタリの製品です。

モニターライトの選び方

設置方法をチェック

By: amazon.co.jp

モニターライトの設置方法には主に2つのタイプがあります。1つめはディスプレイのフレーム部分に引っ掛けるだけのタイプ。モニターライト本体の重みによってディスプレイ後方へ引っ張られるようにして安定するため、乗せるだけで設置が完了します。

2つめはクリップ構造を採用しており、ディスプレイを挟み込むような形で取り付けるタイプ。比較的しっかりと固定しやすいのが特徴ですが、ディスプレイ背面の形状によっては不安定になるモノもあるので注意が必要です。

いずれのタイプも適応するディスプレイの厚みを記載しているモデルが多いため、事前にスペックをよく確認してみてください。そのほか、狭額ベゼルのディスプレイを使っている方は、フレームに引っ掛ける「爪」部分の長さも重要です。爪が長いと液晶パネル面と干渉する可能性があるので、考慮したうえで選択しましょう。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

モニターライトは長さ40〜50cm前後のモノを中心に、さまざまなサイズの製品が販売されています。見た目がスッキリと収まるよう、使用しているディスプレイの幅からはみ出さない製品を選ぶのがおすすめです。

ただし、曲面ディスプレイを使っている場合は注意が必要。モニターライトの両端と液晶パネル面の距離が近くなり過ぎてしまい、光が画面に映り込む可能性があります。パネルの湾曲度合いによってはライトの端がディスプレイに当たってしまう可能性があるため、より短めのモデルを選んだほうが安心なケースもあるので留意しておきましょう。

また、長いほうが幅広いエリアを照らせるため便利と考えがちですが、「長さ=光を照射する範囲」ではありません。光の照射範囲を具体的に記載しているメーカーなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

モニターライトのおすすめメーカー

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

ベンキューは台湾に本社を構える電気メーカー。世界130カ国以上に拠点を持つグローバル企業です。プロジェクターや液晶モニターといった映像機器関連を中心に、設計から製造、販売までを手掛けています。

同メーカーのモニターライトは、省スペース性と視認性を両立した使い勝手のよさで人気です。

クンティス(Quntis)

By: quntis.com

2015年に設立されたアメリカを拠点とする電気メーカーです。iOS機器の充電ケーブルを中心に、車載充電器やUSB充電器、充電機能付き時計、LED照明機器など幅広い製品を展開しています。

モニターライトは手頃な価格ながら多機能なのが特徴。明るさはもちろん、シーンに応じて色温度が調節できるなど、使い勝手に優れたモデルがラインナップされているのでぜひチェックしてみてください。

モニターライトのおすすめ

ベンキュー(BenQ) ScreenBar Plus

明るさや色温度の微調整ができる

独自に開発したクリップを搭載している、長さ45cmのモニターライト。モニター上部へ引っ掛けるように乗せるだけで取り付けられます。設置方法が容易な製品を求める方におすすめのモデルです。ただし、厚さが1〜3cmのモニターが推奨されているので、購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。

照明範囲は、ディスプレイのほぼ真下から手前までの約奥行35cm×幅74cm。照度センサーを内蔵しており、自動調光機能を搭載しているのも本モデルの特徴です。光量調節の煩わしさがないため、時間帯や天候によって変わる周りの明るさを気にせず、作業に集中できます。

手元用のコントローラーが付属しているのもポイント。好みや用途に合わせて明るさや色温度の微調整ができるので重宝します。

ベンキュー(BenQ) ScreenBar

モニターが見やすく作業が快適にできる

上部にタッチボタンを配置した省スペースなモニターライトです。購入時のコストを抑えたい方におすすめの製品。タッチボタンは、軽く触れるだけで電源のオン・オフや明るさ調節が行えます。また、明るさの自動調節機能を搭載しているため、自身で調節する手間を省きたい方はモニターライトに任せることも可能です。

さらに、色温度の調節機能も備えています。状況に応じて適切な色温度が選択できるので便利。読書をする際や作業に集中したいときなど、さまざまなシーンで活躍します。

デスク上のみを照らす非対称光学設計を採用しているのもポイントです。手元の灯りを確保しつつ画面に光が反射しないため、モニターが見やすく作業が快適に行えます。

クンティス(Quntis) LED Monitor Light for PC L206

長時間の使用による目の疲れを軽減

長さ52cmのモニターライトです。ネジやテープが不要で簡単に取り付けられるのが特徴。1.5mのUSB Type-Cケーブルが付属しているため、購入後すぐにパソコンやUSB充電器と繋いで使用できます。手軽に使い始められる製品が欲しい方におすすめのモデルです。

3000Kの電球色から6500Kの昼白色まで、色温度が変えられるのがポイント。パソコン作業や読書など、利用シーンに合わせて調節ができるので重宝します。画面への光の映り込みが少ないほかブルーライトプルーフ機能を搭載しているため、長時間の使用による目の疲れの軽減が期待できるのも魅力です。

クンティス(Quntis) Smart Screen e-Reading lamp L202

重力固定クリップを採用したモニターライト。ディスプレイのフレームに乗せるだけでセットできます。ただし、フレームの厚みが1〜3cmのモニターに対応しているため、購入前に所有しているモニターをよく確認しておきましょう。

ケーブルの途中に配置されたスイッチ式のコントローラーで、10段階の輝度調節が行えます。3段階の色温度調節機能を搭載しているのも本モデルの特徴。暖色・中間色・寒色から好みの色合いが選べます。高品質のLEDによって、チラツキの少ない柔らかな光を照射することが可能です。

給電用のUSB端子はType-A形状を採用。パソコン・モバイルバッテリー・スマホの充電器など、さまざまな機器を電源として利用できます。

LAOPAO モニターライト

スクエア形状のシャープなデザインを採用したモニターライトです。長さが45cmと曲面ディスプレイにも対応しやすいサイズが特徴。取り付け面に柔らかなシリコンパッドを配置しているため、ズレにくいのもポイントです。

操作パネルは2ボタンを配置したシンプルな構成。電源ボタンと輝度・色温度調節ボタンを備えています。短く押すと色温度の切り替え、長押しで明るさの調節ができ操作性は良好です。

電源はType-CケーブルによるUSB給電方式を採用。ただし、パソコンからの給電時には、動作が不安定になる可能性があると謳われています。5V2A以上のアダプター利用が推奨されているので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

Vansky クランプライト

厚さ1〜3cmのディスプレイに設置できるモニターライトです。ライトユニットに角度調節機能を搭載しているのが特徴。ディスプレイの厚みに合わせられるので便利です。パソコンやスマホの充電器など、USBポートを持つさまざまな機器からの給電に対応しています。

本モデルは、USBケーブルの途中にコントローラーを搭載。10〜100%の範囲で輝度の調節ができるほか、3段階の色温度切り替えも可能です。集中して仕事をしたい場合には寒色、一息つきたいときは暖色などシーンや好みに合わせて選べます。

OOWOLF モニターライト

長さが41cmと比較的短めのモニターライトです。液晶パネルがカーブしているディスプレイと使用しても、ライトユニットの両端が近づき過ぎないので安心。厚さが1〜3cmのディスプレイに対応しているため、購入を検討している方はあらかじめ確認しておきましょう。

本モデルは、前面だけでなく背面にもライトを搭載しているのが特徴。パソコンの背面に壁がある場合、間接照明のように壁面を照らせるので、部屋の雰囲気作りにピッタリです。

さらに、輝度と色温度の切り替えセンサーをライトユニットの両サイドに配置。タッチコントロールを採用しているためスマートに操作できます。

SEIYU. モニターライト

モニターライトでは珍しいホワイトカラーをボディに採用した製品です。特に、白色ベゼルを搭載したディスプレイとの外観上の相性は良好。ホワイトを基調にデスク周りのアイテムやインテリアを統一している方におすすめのモデルです。設置方法はクリップ式で、厚さ0.5〜2.0cmのディスプレイに取り付けられます。

電源はUSB給電に対応。ただし、パソコンから給電すると電力不足になる可能性があるため注意が必要です。5W以上の出力が可能な充電器などから給電しましょう。

Kuchoow モニターライト X-01

ボックスデザインを採用したモニターライトです。厚さが1〜3cmのディスプレイに対応。フレームに引っ掛けて乗せれば、本体の重みでしっかりと安定します。ただし、8mm以上のベゼル幅が必要なため、狭額タイプのディスプレイを使っている方は注意しましょう。

10〜100%の輝度調節に加え、3段階の色温度切り替え機能を搭載。本体前面にタッチパッドを配置しているので、軽く触れるだけで明るさの調節や色温度の切り替え操作が行えます。USB Type-Cポートを採用しており、パソコンをはじめモバイルバッテリーやUSB充電器など、多様な機器から給電が可能です。