毎年確定申告の時期になると需要が多くなる「ICカードリーダー」。マイナンバーカードの読み取り以外に、電子マネーの管理やパソコンでのテレビ視聴に対応するモノも存在し、多彩な用途に使用できます。

ただし、ICカードリーダーを選ぶ際は押さえておくべきポイントが多く、何を購入すべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ICカードリーダーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

ICカードリーダーとは?

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーとは、ICカードを読み取るために使用するパソコン周辺機器のこと。ICカードには政府発行のマイナンバーカードを筆頭に、nanacoやWAONなどの電子マネー、SuicaやPASMOなどの交通系カードなど、さまざまな種類があります。

ICカードには「ICチップ」と呼ばれる集積回路が埋め込まれているのが特徴。ICチップ内には所有者の個人データやサービスの利用履歴などの情報が保存されており、ICカードリーダーを使用することで記録された情報を読み取れます。読み取った情報は、さまざまな用途で活用可能です。

ICカードリーダーの使い道

確定申告などでのマイナンバーカードの読み取り

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーの使い道のなかでもポピュラーなのが、確定申告。国税庁が運営する国税電子申告・納税システム「e-Tax」を活用することで、自宅にいながらパソコンやスマホで確定申告ができるようになります。

ただし、e-Taxのサービスを利用するには、マイナンバーカードの電子証明書を使った本人確認手続きが必要です。対応したICカードリーダーがあればマイナンバーカード内の電子証明書を読み取れるので、スムーズに電子申告の手続きが行えます。

また、行政が運営する各種サービスの利用にもICカードリーダーは必須。政府運営サービス「マイナポータル」ではマイナンバーカードで認証することで、子育てや介護に関する支援サービスや各種給付金などの申請が行えます。

ネットショッピングでの電子マネー決済やチャージ

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーは、電子マネー機能が搭載されたICカードを愛用している方にもおすすめ。各種電子マネーの残高や利用履歴の確認ができるほか、クレジットカードを使うことでスマホやパソコンから電子マネーへのチャージが行えます。

自宅であらかじめ電子マネーの残高を把握できるのがメリット。店頭で支払いの際に、残高不足で慌てる必要がなくなります。電子マネーを利用して、円滑に買い物を楽しむことが可能です。

対応する電子マネーのサービスは主にnanaco、WAON、楽天Edyなど。電子マネーの管理を目的にICカードリーダーを選ぶ際は、自分が愛用しているサービスに対応しているかを確認しましょう。

SuicaやPASMOなどの残高確認

By: sony.co.jp

交通系のICカードを常用している方にもICカードリーダーはおすすめ。SuicaやPASMOなど各種交通系ICカードの利用履歴や残高の確認が、自宅のスマホやパソコンで手軽に行えます。

交通系ICカード内のデータを閲覧できれば、交通費の精算や経費申請、記帳などを滞りなく行えるのがポイント。プライベート用と仕事の移動専用で分けて、複数の交通系ICカードを利用している方にもぴったりです。

ただし、交通系ICカードの残高チャージはICカードリーダーからできないことが多いので要注意。なお、Suicaは残高チャージに対応していますが、2020年9月に専用チャージアプリのサービスが終了するので、以後はICカードリーダーからの残高チャージはできなくなります。

ICカードリーダーの選び方

対応OSをチェック

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーを選ぶ際は、対応するOSの種類にも注意。2019年3月にe-TaxがmacOSにも対応したことで、以前よりもMacに対応するモノが増えてきました。ただし、現在でもWindowsのみをサポートするモノが多いので、特に、Macユーザーは対応OSを確認しておくのがおすすめです。

また、OSのバージョンも要チェック。Windows 7などサポートを終了した古いバージョンや、公開されたばかりの新しいバージョンには対応していない場合があります。せっかく購入しても認識されず使えないこともあるので、ICカードリーダーに対応するOSのバージョンも必ず確認しておきましょう。

読み取り方式をチェック

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーはモノによって読み取り方式が異なるのもポイント。ICカードをリーダー内に挿入して使用する「接触型」と、ICカードをリーダーにかざして使用する「非接触型」の2種類が存在します。

接触型のICカードリーダーは、比較的安価で通信の安定性にも優れているのが特徴。確定申告を行ったり、B-CASカードを使ってパソコンでテレビを見たりしたい方におすすめです。

一方、非接触型のICカードリーダーは非接触決済技術の「FeliCa」に対応しているのが特徴。電子マネーや交通系ICカードをかざすだけで読み取れます。

接続方式をチェック

USB接続

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーの接続方式にはUSB接続とBluetooth接続の2種類があります。パソコンで使用する場合は、USB接続に対応したモノがおすすめ。有線環境で使用するため、接続の安定性が高く、大容量のデータをやりとりする際も安心です。

ただし、USBの形状には「Type-A」と「Type-C」の2種類があるので要注意。従来からの主流であるUSB Type-Aの形状に対応したICカードリーダーが大半を占めますが、現行のMacBookやSurfaceに直挿しできるUSB Type-Cの形状に対応するモノも存在します。使用するパソコンのポート規格に合ったモノを選びましょう。

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続に対応したICカードリーダーは、使用する機器とワイヤレスで通信を行えるのが特徴。Bluetooth通信が行えるスマホやタブレットをはじめ、USBポートを搭載していない小型のスマートPC(ネットブック)でもICカードリーダーが使用できます。

接続の安定性ではUSB接続に劣りますが、機器の接続仕様に関係なく手軽に使えるのが魅力。スマホを活用して確定申告や電子マネーの管理を行いたい方にもおすすめです。

確定申告用なら「公的個人認証商品」を選ぶ

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーを確定申告で使用したい場合は「公的個人認証商品」に対応する製品を選びましょう。マイナンバーカード内に記録された電子証明書の読み取りに対応するICカードリーダーは、全国の市町村で統一して定められています。電子証明書の読み取りに対応しないICカードリーダーは、確定申告に使用できないので注意が必要です。

なお、マイナンバーカードに対応する対象製品のリストは、行政が運営する「公的個人認証サービス」のポータルサイトで確認できます。確定申告目的でICカードリーダーを購入する場合は、必ずリストで対応の可否を確認しましょう。

電子マネーカード用なら「FeliCa対応」モデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

ICカードリーダーをnanacoやWAONといった電子マネーカードの管理用に使用したい場合は、非接触決済技術「FeliCa」に対応した製品を選びましょう。対応製品であれば、電子マネーカードを本体にかざすだけで利用履歴や残高の確認、チャージが手軽に行えます。

ただし、マイナンバーカードの読み取りのみに対応したICカードリーダーは、非接触型モデルであっても電子マネー管理に使えないので要注意。また、製品によって対応する電子マネーサービスも異なるので、自分が利用するサービスがサポートされているかも忘れずに確認しましょう。

ICカードリーダーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: sony.co.jp

ソニーは非接触決済技術の「FeliCa」を開発したことでも有名な総合電子機器メーカーです。FeliCaはnanacoやWAON、楽天Edyなどの電子マネーをはじめ、SuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系ICカードにも広く活用されています。

同社は、FeliCaの技術を活用した非接触型ICカードリーダーを製造しているのが特徴。対応OSはWindowsのみですが、e-Taxによる確定申告やeLTAXによる地方税の納付のほか、電子マネーや交通系ICカードの管理にも対応する多機能な製品が人気です。また、iPhoneで電子マネーカードの管理ができるモデルも発売されています。

NTTコミュニケーションズ

By: rakuten.co.jp

NTTコミュニケーションズは、国内最大規模の通信事業者として知られる大企業。通信分野全般で幅広く事業を展開しています。個人向けには、OCNブランドによる光通信の固定回線サービスやスマホで使える格安SIMカードなどを提供。

同社は公的個人認証に対応し、マイナンバーカードの読み取りに特化したICカードリーダーを製造しています。電子マネーや交通系ICカードの読み取りには対応していませんが、セキュリティ面に優れているので、ICカードリーダーを確定申告や納税などの行政手続きで活用したい方におすすめです。

ICカードリーダーのおすすめモデル

NTTコミュニケーションズ(NTT Communications) 接触型 ICカードリーダライタ ACR39-NTTCom

NTTコミュニケーションズ(NTT Communications) 接触型 ICカードリーダライタ ACR39-NTTCom

自宅のパソコンからe-Taxで確定申告を行いたい方におすすめの接触型ICカードリーダーです。高いセキュリティ性能を備え、公的個人認証サービスで対応製品として登録されているのが特徴。マイナンバーカードを使用した確定申告や、行政の各種手続きが手軽にできることから人気があります。

さまざまな種類のOSに対応しているのもポイントです。初回はUSB Type-Aコネクターをパソコンのポートに挿して、ドライバーをインストールする必要がありますが、Windows以外にもバージョン10.14以前のmacOSに対応可能。Macユーザーでも、確定申告に活用できます。

ソニー(SONY) 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

ソニー(SONY) 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

多彩な用途に活用できる、Windows専用の非接触型ICカードリーダーです。パソコンのUSB Type-Aポートに接続して、対応するICカードをかざすだけで情報の読み取りが可能。また、読み取りの確実性を高めるカード保持用のスタンドも付属します。

公的個人認証サービスに対応しており、マイナンバーカードを使った確定申告や地方税の納付が可能。さらに、楽天EdyやWAONといった電子マネーの残高確認やチャージのほか、ネットショッピングにも利用できます。そのほか、各種交通系ICカードの利用履歴や残高確認が可能です。

ソニー(SONY) 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S390

ソニー(SONY) 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S390

iPhoneで電子マネーの管理ができる、iOS端末専用の非接触型ICカードリーダーです。iPhone単体では、各種電子マネーの利用履歴や残高の確認ができても、Androidスマホと違ってチャージはできないのが難点。本製品を利用すれば、iPhoneからでも電子マネーをチャージできるようになるので、チャージのたびに店頭の端末を探す手間が省けます。

対応する電子マネーはWAON・楽天Edy・Suicaの3種類です。なお、Suicaは2020年9月にチャージ機能を終了、楽天Edyは2021年8月で専用アプリの提供自体を終了するため要注意。とはいえ、WAONをより便利に使えるようになるので、普段の買い物にイオンを利用するiPhoneユーザーの方におすすめです。

エスシーエムマイクロシステムズ(SCM Microsystems) 接触型ICカードリーダーライター SCR3310/v2.0

エスシーエムマイクロシステムズ(SCM Microsystems) 接触型ICカードリーダーライター SCR3310/v2.0

リーズナブルな価格の接触型ICカードリーダー。NTT製ICカードリーダーのOEM元メーカーが製造している、完全互換品です。

e-Taxやマイナポータルに対応しているのが特徴。読み取り時はカード裏面を上にして挿す必要がありますが、マイナンバーカードを使用した確定申告にも活用できます。また、専用ドライバーはWindowsのほか、macOSやLinuxにも対応しているので、さまざまなデバイスで使用可能です。

アイデンティブ(IDENTIV) 非接触ICカードリーダー CLOUD 3701 F

アイデンティブ(IDENTIV) 非接触ICカードリーダー CLOUD 3701 F

さまざまなOSのデバイスで活用できる、多機能な非接触ICカードリーダーです。FeliCaを含むNFC(近距離無線通信)の技術が搭載されており、WindowsやMacに加えてAndroidスマホでも使用できるのが特徴。また、プラグアンドプレイにも対応しているので、Windows PCではドライバーのインストール不要ですぐに使えます。

公的個人認証サービスに対応しているので、マイナンバーカードを使用したe-Taxでの確定申告も可能。また、非接触型の特性を生かして、ICチップが搭載された自動車運転免許証やパスポートなど本人確認証の読み取りにも使えます。本製品は主に法人向けとして人気ですが、電子マネーの管理やオンラインショッピングでの利用も可能です。

アドバンストカードシステムズ(ACS) スマートカードリーダー ACR39U-UF

アドバンストカードシステムズ(ACS) スマートカードリーダー ACR39U-UF

USB Type-C規格に対応した接触型ICカードリーダーです。新型のパソコンやスマホから確定申告を行いたい方におすすめのモデル。最近の主流になりつつあるUSB Type-Cコネクターを採用しているので、対応ポートに変換アダプターなしで直接接続できます。

2016年以降に発売された現行のMacBookシリーズやSurfaceシリーズ、最新のAndroidスマホなどでも使用可能です。また、専用ドライバーの更新も比較的早く、macOSの最新バージョン10.15にも対応。Macユーザーでも安心して使えます。

公的個人認証サービスに対応しているのもポイント。高いセキュリティを保ちながら、マイナンバーカードを使用してe-Taxで確定申告を行えます。