デスクや椅子に取り付けて利用する「マウステーブル」。マウスを操作するスペースを増設できる便利グッズです。資料を広げることでデスクが狭くなり、マウスを置く場所がないときなどに活躍します。

そこで今回は、マウステーブルのおすすめ製品をご紹介。選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

マウステーブルとは?

By: sanwa.co.jp

マウステーブルとは、マウス操作できるスペースが備わったコンパクトなテーブルのことです。デスクの端や、椅子のアームレストに設置して使用するため、デスクが狭くマウスを置けない場合などに重宝します。

また、ラクな姿勢でマウス操作をしたい際にも役立つのがポイント。パソコン作業を長時間行う方にもおすすめです。製品のなかにはデスク下へ収納できるモノや、小物類の収納スペースが付いているモノなど、機能性に優れたモデルも展開されています。

マウステーブルの選び方

タイプをチェック

By: sanwa.co.jp

マウステーブルはデスクの天板に取り付けるタイプと、椅子のアームレストに取り付けるタイプの2種類です。

デスクに設置するタイプはデスクとの距離が近いので、ケーブルが届きやすく有線マウスでも快適に利用できます。また、マウス以外にもスマホやティッシュボックスなど小物類を置けるのもポイント。なかには360°回転するモノもあり、使用後にデスク下に収納できます。

椅子のアームレストに設置するタイプは、腕をゆったり預けながら作業できるのがメリット。ただし、ケーブルが届きにくい場合があるため、有線マウスよりもワイヤレスマウスの使用がおすすめです。

取り付ける方法をチェック

By: amazon.co.jp

マウステーブルを選ぶ際は、取り付け方法もチェックしてみてください。クランプ式・バンド式・ネジ固定式があり、取り付けやすさなどに違いがあります。

クランプ式は、デスクの天板を上下から挟み込んで固定させるのが特徴です。天板の厚さにあわせてツマミを回すだけなので、簡単に取り付けられます。天板の厚さによっては取り付けられない場合もあるため、対応サイズを確認しましょう。

バンド式は、椅子のアームレストに取り付けるタイプで利用される方法です。マウステーブルに付いたバンドを、アームレストに巻き付けるだけで固定できます。素早く着脱できるのがポイントです。ずり落ちないように固定力が強いモノを選んでみてください。

ネジ固定式は天板にネジ穴を開ける必要があり、手間もかかります。しかし、しっかり固定されるのがメリットです。

サイズをチェック

By: sanwa.co.jp

マウステーブルを快適に利用するためには、サイズも重要なポイント。マウスパッド部分が狭いとマウスを操作しにくいので、十分に広さがあるかチェックしてみてください。

また、製品自体のサイズもあわせて確認しましょう。設置する場所に対して大きすぎると、体がぶつかったり座るスペースが狭くなったりと、かえって作業効率が下がる可能性があります。

収納スペースがあるかチェック

By: sanwa.co.jp

マウステーブルのなかには、収納スペースが備わったモノも展開されているのが魅力です。ボールペンや消しゴム、ハサミなどの文房具をしまえるのが嬉しいポイント。なかには、電卓などややサイズがある小物を収納できる製品もあります。

仕切りが備わっているモノなら、整理整頓しやすいのでおすすめです。また、マウスの不使用時にマウスパッド部分を取り外せるモノもあります。引き出しがないデスクを使用している方や、デスク上はできるだけモノを置かずスッキリさせたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アームレストやリストレストが付いているかチェック

By: sanwa.co.jp

アームレストやリストレストが備わったモノは、ひじや腕、手首の負担を軽減する効果が期待できるため、ラクにマウスを操作できます。機能性に優れている分、価格は高いですが、長時間のパソコン作業を快適に行いたい方におすすめです。

また、適度にクッション性があると、腕などをよりしっかり支えられるので要チェック。製品によっては、腕の動きにあわせてアームも移動する便利なモノも展開されているのが魅力です。

マウステーブルのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) マウステーブル 200-MPD021

360°回転するマウステーブルです。使用しないときは回転させてデスク下にしまえるため、邪魔になりにくいのがメリット。取り付け方法はクランプ式なので、簡単に設置可能です。天板の厚さは、17〜40mmに対応しています。天板と接する面には滑り止めゴムが付いており、天板が傷つきにくく、しっかり固定できるのが特徴。

本体サイズは、幅196×奥行252×高さ108mmです。マウスパッド部分は十分に広いので、マウスを快適に操作できます。また、本製品はマウスだけでなく、ティッシュボックスも置けるのがポイント。リーズナブルなため、初めて購入する方にもおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) マウステーブル 200-MPD023

収納スペースが備わったマウステーブル。マウスパッド下も含めて4つのスペースがあるので、ボールペンや消しゴム、クリップなどの文房具を収納できます。また、ホチキスや電卓など大きめのモノがしまえるのも嬉しいポイントです。

本製品は360°回転するため、マウスを操作しやすい位置に調節できます。さらに、使用しない際には、マウスを置いたままデスク下に収納可能。取り付け方法は工具不要のクランプ式を採用しており、手軽に設置できます。厚さ17〜40mmの天板に対応しているのが特徴です。

マウスパッド部分はプラスチック製のハードタイプなので、滑らかにマウスを操作できます。そのほか、ケーブル通しが備わっているため、有線マウスを使用する際に便利です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) マウステーブル 200-MPD024

アームレスト付きのマウステーブルです。デスクからはみ出たひじや腕をしっかり支えるので、快適にマウスを操作できます。長時間のパソコン作業をする方にもおすすめ。また、アームレスト部分とマウス操作部の間には、マウス操作がしやすいようにゆるやかな段差があります。

本製品は、前後にスライドして位置を調節できるのも特徴。使用しないときは、デスク上に収納できます。出っ張りがなくなるため、近くを通る際に邪魔にならないのがポイント。さらに、360°回転する点も魅力のひとつです。キーボード前に移動させれば、キーボードリストレストとしても利用できます。

取り付け方法はクランプ式を採用しており、厚さ20〜110mmのデスクに設置可能。左右の付け替えもラクなので、右利き・左利き問わず使用できます。

イーサプライ マウステーブル EEX-DESA03

耐荷重3kgのネジ固定式マウステーブル。天板の厚さが20mm以上のデスクに取り付けられます。360°回転する仕様で、向きを調節したり、使用後にデスク下に収納したりできるのが特徴です。

本製品には、3つの収納スペースが備わっているのもポイント。1つのスペースには溝があるため、ボールペンやシャーペンなどをスッキリしまえます。引き出しのないデスクを使用しており、収納スペースを確保したい方にもおすすめです。

マウスパッド部分は手触りのよい布製なので、滑らかにマウスを操作できます。また、有線マウスのケーブルをキレイに配線できるケーブル通し付きです。本体サイズは幅350×奥行200×高さ97mmとやや大きめなため、作業の邪魔にならないか、あらかじめ設置場所を確認しておきましょう。

kinukin マウスパッド付アームレスト

デスクと椅子の両方に取り付けられる2WAYタイプのマウステーブルです。デスクに設置する場合は、クランプをデスクの天板に挟み、ネジを回して固定します。本体は180°回転するので、自分の使いやすいように向きを調節できるのもポイントです。

椅子に設置する場合は、本体の裏面に備わった面ファスナーをアームレストに巻き付けます。簡単に着脱できるモノを探している方におすすめです。

本製品にはアームレストが付いており、ひじや腕の負担を軽減する効果が期待できるのも特徴のひとつ。また、低反発ジェルが入ったリストレストも搭載されており、手首が疲れにくいのも魅力です。

ELENKER マウスパッド付アームレスト

取り付けが簡単なバンド式マウステーブルです。本体の裏側には面ファスナーが付いているので、椅子のアームレストに巻き付けるだけで固定できます。マウスパッド部分は広く、マウスを快適に操作可能です。

本製品には、アームレストが備わっているのもポイント。ひじや腕を支えるため、パソコン作業を長時間行うときにも重宝します。また、柔らかいジェルが入ったリストレストも付いているのも魅力。椅子に体を預けたままマウスを操作したい方におすすめです。