仕事や趣味でパソコンを使う方にとって悩みとなるのが肩こりや手首の痛み。首や腕を不自然な角度に傾け、手首に無理な荷重をかけてパソコンを操作するのが痛みの原因です。

この悩みを解消するのに役立つのがリストレスト。長時間キーボードやマウスを操作する手首の下にリストレストを敷いておけば、手首への負担が楽になり痛みを解消することが可能です。今回はリストレストの選び方とおすすめの製品を紹介します。

リストレストとは?

リストレストの特徴

By: amazon.co.jp

リストレストにはさまざまな種類がありますが、いずれもクッション性のある素材で作られているのが特徴です。デザインも豊富で、キーボードとデスクの間の微妙な隙間を埋めるモノやマウスを操作する手首をホールドするモノなどがあります。

大きさや高さはそれぞれ異なるので、パソコンや手の大きさに合わせて選ぶことが可能です。カラーはパソコンに合うブラックやグレーが主流ですが、ブルーやレッドなどのビビットカラーもあるので好みに合わせて選べます。

リストレストの効果

リストレストをキーボードと手の間に入れると、肘に力を入れずにラクに操作できるので手首への負担が減らすことが可能です。リストレストを敷いて腕が微妙に持ち上がると体が後傾して姿勢がよくなり、前のめりになりがちな首をまっすぐに保てるので肩こりも軽減できます。マウス用のリストレストは手首を優しくホールドし、神経組織が硬いデスクに当たって痛むのを防ぐことが可能です。

パソコン操作中は手首から肘にかけて無理な力が入るので、腕への荷重をカバーしようとして体が曲がって首や肩が痛くなります。リストレストを使うと手の重みを預けられるので、体を曲げなくても腕に負担が掛かりません。長時間のパソコン操作をする生活から離れられない方は、リストレストを使ってみるのがおすすめです。

リストレストの選び方

種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

リストレストにはキーボードの手前に敷くキーボード入力用と、マウスを操作する手首の下に敷くマウス操作用の2種類があります。

会社で文書を作成したり自宅でライターとして記事を書いたりする方は、タイピングがメインなのでキーボード入力用のリストレストがおすすめです。手を乗せてキーボードやマウスを無理なく操作できるかどうかが選び方のポイント。せっかくリストレストを敷いても手首に当たらなければ意味がないため、デスクからキーボードまでの高さを計って選びましょう。

ネットサーフィンやグラフィックソフトの操作でマウスをメインに使う方は、利き手の手首を乗せられるマウス操作用のリストレストがおすすめ。自分の手首の凹みにしっくり馴染むモノを選ぶとマウス操作がラクになります。おすすめはマウスパッドと一体型になったリストレスト。狭いデスクのスペースを有効活用しながら快適にマウスを動かせます。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

リストレストの素材には、主にウレタン・ジェル・レザーの3種類があります。いずれも使用感やクッション性が異なるので、それぞれの特徴を把握して自分に合うモノを選びましょう。

ウレタン素材

ウレタンのリストレストは手首をしっかり支える硬さが特徴。ホールド感が強いので、長時間操作による手首の痛みに悩む方におすすめ。低反発ウレタンのモノは手首の動きに合わせて荷重を分散するので、マウスを頻繁に動かして操作する方に向いています。ウレタンは水拭きや水洗いが可能なので、コーヒーなどをこぼしても簡単に手入れできます。

ジェル素材

ジェル素材のリストレストはウレタンに比べて柔らかいのが特徴。手首を乗せるとジェルが流動して弾力で支えますが、ややホールド感が弱いので手が大きい方や力が強い方には物足りない可能性があります。手が細い方や女性にとってはジェルの柔らかさが心地よく感じられるのでおすすめです。夏場はひんやり冷たいので暑さが苦手な方にも向いています。ジェルも水拭きや水洗いが可能です。

レザー素材

レザーのリストレストには合皮や本革のモノがあり、いずれも適度な硬さが特徴。中身の素材はウレタンやジェルなどさまざまです。表面が硬めなので沈み込みが少なく、キーボードと手首の高さを揃えたほうが操作しやすい方に向いています。合皮のモノは水拭きや水洗いが可能ですが、本革は専用のクリーナーを使った手入れが必要。通気性がやや劣るので夏場は涼しい部屋での使用をおすすめします。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

リストレストはパソコンやキーボードの幅よりやや大きめを選ぶのがポイント。実際にパソコン操作をするとよくわかりますが、キーボードを打ちながらマウスを操作すると予想以上に左右に腕が動きます。パソコン操作中にリストレストから腕が落ちると非常に操作しにくくなるので、キーボードやマウスよりもできるだけ幅の広いモノを選びましょう。

リストレストのおすすめモデル

ケンジントン(Kensington) GEL Waveリストレスト K62397JP

ブルーとブラックのコントラストがスタイリッシュなジェル素材のリストレスト。人間工学に基づいて設計された絶妙なカーブが手首をしっかり支えます。幅が48cmありフルサイズのキーボードにも対応。ノートパソコンで使用すればキーボードからマウスの手前まで設置できるので、手首の負担をかなり軽減できます。

リストレストの中央部にある溝により通気性を高めているため、長時間使用してもムレにくく快適。程よい弾力のジェルが優しく手首にフィットして作業中の疲労を軽減します。さっと拭くだけで簡単に汚れが落ちるジェル素材は汗をかいたり飲み物をこぼしたりしても安心。できるだけ長いリフトレストでパソコン操作をラクにしたい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) キーボード用低反発リストレスト TOK-MU3NBK

宇宙工学から生まれた低反発ウレタンフォームを採用したリストレスト。使う人の手首の形状を記憶して重さを均等に分散するので、手首の痛みに悩む方におすすめです。幅が45.3cmあるのでテンキー付きのノートパソコンや大型キーボードでも使用可能。奥行き7cmのベストサイズで手とキーボードの隙間をしっかり埋めてくれます。

裏面にはズレを防止するポリウレタンを採用。表面はナイロン素材で通気性がよく、長時間の操作でもムレずに使えます。ブラック・ブルー・ワインレッドの3色展開も魅力。無機質なデスク周りをブルーやワインレッドで明るくしたい方におすすめです。

レザーパッド.JP フルキーボード用革製リストレスト

牛革の高級感が魅力のリストレスト。テンキー付のフルサイズキーボードにも対応する幅45cmのロングタイプです。幅が狭いテンキーレスパソコン用も展開しています。最大の特徴は牛革ならではの適度な硬さ。手首をしっかり支えてくれるので、素早いキータッチでパソコン操作をする方におすすめです。

エッジ部分は牛革の切断面を見せない丁寧なへり返し仕上げ。贅沢さと豪華さがあるので、デスク周りを小物で際立たせたい方にも最適です。裏面には強力な滑り止め加工が施され、キーボード操作中のズレを防止します。硬くてしっかりしたリストレストを探している方におすすめです。

Jhua マウス用リストレスト

人間工学に基づいてデザインされたリストレスト。本体中央のくぼみが手首の神経組織にかかる負担を軽減し、ラクにマウスを操作できるよう設計されています。低反発素材を採用しているので適度な硬さと弾力性があり、手首をラクにしたままマウス操作が可能です。

表面には通気性のよいライクラ生地を採用。さらっとした感触が心地よく長時間の使用でもムレずに快適に使えます。コンパクトで軽量なので持ち運びも簡単。1000円台という安さも魅力です。長時間のマウス操作による手首への負担を和らげられるリストレストを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) リストレスト一体型マウスパッド BSPD15PK

ビビットなピンクが特徴的なマウス操作用のリストレスト。低反発素材を採用し手の圧力を均一に分散するので安定したマウス操作が可能です。表面の生地は光沢がありさらっとしているので、マウスが滑りやすく汚れがつきにくいメリットがあります。裏面には机にしっかり固定できるポリウレタン素材を採用しているので、マウスパッドのズレに悩む方におすすめです。

マウス操作範囲は最長部で幅20cmと広めの設計。マウスを快適に滑らせて仕事をしたい方におすすめです。BlueLED式・レーザー式・光学式・ボール式マウスなどのあらゆるマウスに対応しています。1000円以下という価格も魅力。コスパの高いリストレストでマウス操作をラクにしたい方におすすめです。

リストレストのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

リストレストのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:アームレストのおすすめモデル

Felimoa コンピュータ肘掛け

デスクにもイスの肘掛けにも取り付け可能なアームレスト。デスクに取り付ければアームレストが180°動くので、手の位置を自由に移動して快適に作業ができます。イスの肘掛けに取り付ければ背もたれに体を預けたままマウス操作ができるので、首や肩に負担をかけずにネットサーフィンや動画視聴を楽しめます。

本体の固定具には机の天板に傷を付けない加工が施されているので、高価なデスクに取り付けても安心です。手首を置くクッション部分は適度な硬さがあり、長時間の使用でも手が痛くならないよう配慮されています。マウスパッドは滑りがよくて快適。イスにもたれかかったままゆったりとマウス操作をしたい方におすすめです。

FocusSports デスク用アームレスト

マウス操作中に負担がかる肘をしっかり支えて腕への負担を軽減するアームレスト。工具を使わずにデスクにもイスにも取り付けできます。コンパクトで場所を取らないので、狭いデスク周りにも設置が可能。左右に180°回転するので、席を立つときには邪魔にならない位置に動かせます。

パソコン操作で腕の痛みや肩こりに悩む方は、肘を肩から90°に下ろした状態でマウス操作することが大切。アームレストを使えば理想の姿勢でリラックスしながらマウス操作が可能。長時間のマウス操作で慢性的な体の痛みに悩む方におすすめです。