キーボードやマウスをデスクの下などに配置できる「キーボードスライダー」。シンプルなモデルから、高さや角度を調節できる高性能なモデルまで、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのキーボードスライダーをご紹介。メリットとデメリットや固定方法による違いなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

キーボードスライダーとは?

「キーボードスライダー」とは、パソコンのキーボードを置くためのスライド式のキーボード台のことです。自宅やオフィスのデスクの上や下に設置し、パソコン作業を行うときには引き出してキーボード台として使用します。

また、パソコンを使わないときにはキーボードを収納できるので、デスクの上を広々と使えるのがメリット。キーボードスライダーには、主に机の下に後付けできる「引き出しタイプ」と、机の上に置いてパソコンモニター台とセットで使う「置き型」の2種類があります。

キーボードスライダーのメリット・デメリット

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダーのメリットは、デスク上にキーボードを置かないためスペースを広く使えることです。

デスク上が狭く場所を有効に使いたい方や、書類やタブレットなどを広げながらパソコンの作業をしたい方におすすめです。

一方、後付けのため設置にやや手間がかかる点がデメリットで、特にネジ式タイプの場合はデスクの天板に穴を開けるなどをして固定する必要があります。

キーボードスライダーの選び方

タイプで選ぶ

引き出しタイプ

By: amazon.co.jp

引き出しタイプのキーボードスライダーは、デスクの下に取り付けたトレイをスライドさせて引き出しのように使えるのが特徴です。

未使用時にはデスクの下にキーボードを収納でき、デスク上のスペースを取らないため、デスク周辺をすっきりとさせられます。書類チェックやノートへの記入など、パソコン以外の作業もする方におすすめです。

置き型

By: amazon.co.jp

置き型は2段構造になっている脚付きの台をデスクに置くタイプ。上にモニターやプリンターを設置、下にキーボードを収納できるのが特徴です。

デスクの上に置くだけで利用できるので、複雑な組み立てや取り付け作業が不要なのがメリット。パソコンを使用しない際は、キーボードを台の下に収納しデスク上のスペースを確保できます。

固定方法をチェック

クランプ式

クランプ式のキーボードスライダーは、コの字型のパーツで天板を挟み、強く締めて固定します。デスクに穴をあけず設置できるので、比較的手軽に導入可能。取り付けに特別な工具をほとんど必要としない点もメリットです。

一方で、やや安定感に欠けるのがデメリット。天板の手前だけではなく後方も含めた合計4ヶ所にクランプを配置し、安定感を高めたモデルもあります。

ネジ式

By: amazon.co.jp

ネジ式のキーボードスライダーは、ネジを使用してデスクに取り付けるタイプ。天板に穴をあけて取り付けるためしっかりと固定でき、タイピング中に安定感を得られやすいのがメリットです。

一方、天板に穴があいてしまう点がデメリット。また、取り付けには工具も必要なので、DIYが苦手な方は難しいと感じてしまう可能性もあります。

高さ調節機能の有無をチェック

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダー選びにおいて、高さ調節機能の有無は重要なポイント。高さ調節に対応していると、体格や姿勢に合わせて使いやすい位置にキーボードを置けるので、快適に作業できます。

また、モデルによっては高さだけではなく角度の調節も可能。より快適に作業をしたい方は、可動域が広く柔軟なカスタマイズに対応したモデルを選んでみてください。

耐荷重をチェック

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダーを選ぶ際は、耐荷重のチェックも欠かせません。キーボードスライダーの耐荷重はモデルによって大きく異なり、軽いモデルでは2kg前後、重いモデルでは10kg以上の重量に耐えられるモデルもラインナップされています。

キーボードやマウスのなかには重いアイテムもあるため、使うデバイスに合わせた選択が重要。また、タイピングの際に力が加わったり、ほかのモノを置いたりする可能性もあるので、耐荷重は余裕を持って考慮しておくのがおすすめです。

マウステーブル付きもおすすめ

By: amazon.co.jp

キーボードスライダーのなかには、マウステーブルを搭載したモデルもあります。マウステーブルが搭載されていると、キーボードだけではなくマウスも設置できるので、デスク上のスペースをより有効に活用可能です。

また、マウスの定位置が決まるため、散らかりにくい点もメリット。マウステーブル付きのキーボードスライダーを選ぶ際は、マウステーブルの取り付け場所を左右で選べるモデルにすると、利き手に関係なく使えるのでおすすめです。

キーボードスライダーのおすすめ|引き出しタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 後付けキーボードスライダー 100-KB003

天板の厚みが1.5~4cmのデスクに後付けで取り付けられるキーボードスライダーです。クランプ式なのでネジ不要で設置可能。取り外しや位置の移動も簡単です。

また、クランプには傷防止用のクッションがあるため、安心してデスクに取り付けられます。スライダーは幅70×奥行20cmなので、フルキーボードとマウスを置いても余裕のあるサイズです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) キーボードスライダー 100-KB008

デスクにクランプで後付けで設置できる、引き出しタイプのキーボードスライダー。クランプの高さは4段階で変えられ、デスクからキーボードスライダーまでの距離を調節できます。

キーボードとマウスを身体の近い位置に置けるので身体への負担がかかりにくく、長時間パソコン作業をする方におすすめです。

棚部分の大きさは幅70×奥行18.5cm。フルサイズのキーボードを設置・収納できます。

バウヒュッテ(Bauhutte) 後付けキーボードスライダー BHP-K70

クランプが4点あり、がっちりと固定できるキーボードスライダーです。耐荷重は8kgで、ぐらつきの少ない安定感あるタイピングが可能。さらに、スライダーを動かした際の振動でキーボードが落ちるのを防ぐ、落下防止バーが付いています。

幅69.5×奥行30cmと広く、取り付け幅を5cm間隔で調節できるのも魅力です。

FLEXISPOT キーボードトレー KT2B

キーボード台の前面にリストレストが付いており、腕や手首にかかる負担を軽減できるのが特徴のキーボードスライダーです。スライドレールの表面には潤滑油が塗られ、稼働部もスムーズに収納・引き出しができます。

クランプ式なので取り付け・取り外しが簡単。デスクに穴をあける必要がなく、ネジの痕や傷を付けにくいタイプです。

Fenge キーボードスライダー KT760001WB

デスクにクランプで簡単に取り付けができる引き出しタイプのキーボードスライダーです。キーボードスライダーのサイズは幅65.0×奥行25.5cmと広く、キーボードとマウスの両方を置けます。

さらに、台の前面部分には小物入れが付いており、ペンや文房具などが収納可能です。人間工学デザインに基づいた設計で、両手をリラックスした状態でパソコン作業ができます。

Nisorpa キーボードトレイ

人間工学に基づいたデザインで設計しているキーボードスライダー。手首・首・肩の負担を軽減できるのが特徴です。環境に優しく頑丈なプレートと圧延鋼を使用しており、耐荷重は25kgと耐久性にも優れています。

厚さ2~5cmのデスクに対応。両側の固定クランプをデスクの板に挟み込み、ネジを締めるだけで簡単に設置できます。

KINWELL キーボードスライダー

キーボードトレイの前に、ウレタンクッションの柔らかいリストレストが付いているキーボードスライダー。手首の負担を軽減できるため、長時間作業をする方におすすめです。

厚さ8cmまでのデスクに対応。クッション付きのスチール製クランプ式なので、デスクに穴を開けずに取り付けでき、頑丈で安定感があります。スライドには金属レールを採用しており滑りがよく、スムーズな出し入れが可能です。

スターテック(StarTech.com) スライド式キーボードトレイ KBTRAYADJ

キーボード台の前面にリストレストが付いた、エルゴノミクス対応のキーボードスライダーです。キーボードトレイは幅17cmで上下に移動可能。さらに、サイドに付いたノブを回すと傾きと左右の振りも調節できます。自身の姿勢や高さに合わせて、トレイの位置を細かく調節したい方におすすめです。

デスク天板の下に取り付ける、ネジ式の設計を採用。また、ケーブルの配線を通せるようになっているため、デスク上のスペースを広くすっきりと使えます。

サンコー(THANKO) スライド式キーボードトレイ2 SCTAKTBK

クランプ式でデスクを傷付けにくく、簡単に取り付け・取り外しが可能なキーボードスライダーです。ネジを緩めるだけで設置場所を調節でき、使用しないときは簡単に取り外せます。

スライド式のトレイの天板は、幅65×奥行25cmと広々としたサイズ。大きめのフルキーボードとマウス、さらには書類や筆記具などの小物も設置・収納できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボードスライダー CR-KB2

デスクに木製ネジで取り付けるタイプのキーボードスライダーです。マウステーブルが付属しており、左右どちらにも取り付けができるのが特徴。キーボードとマウスをデスクの上に置かなくてよいので、書類や資料を広げて作業することが可能です。

また、キーボード台の角度と高さを調節できるため、背筋を伸ばし、体への負担がかかりにくい状態でパソコンを操作できます。

YCMY キーボードスライダー

人間工学に基づいて設計されたキーボードスライダーです。タイピング時に腕を90°に曲げて姿勢を保ち、身体への負担を軽減できます。

キーボードトレイには、360°回転するマウスパッドが付属。格納式なので、マウスの操作場所の確保も可能です。

ネジとアクセサリを使用し、デスクの下に固定するタイプ。設置ガイドを見ながら簡単に取り付けができます。

キーボードスライダーのおすすめ|置き型

コクヨ(KOKUYO) デスクシェルフ EAS-DSC6056

キーボードやモニターをすっきり収納できる置き型タイプのキーボードスライダーです。リストレストが付いており、手首や腕の負担を軽減できます。使用しない場合は、キーボードの上にたたんでコンパクトに収納・スライドが可能です。

また、パソコンやキーボードのケーブル類が絡まないよう、後ろ側には配線をまとめるコードクリップが付属。デスク周りをすっきりと使いたい方におすすめです。

コーナン ノートスライダー KIT18-0872

置き型タイプで木目調デザインのキーボードスライダーです。下段はスライド式で、トレイを手前に引き出してキーボードを取り出して作業できます。

上段と下段の間のスペースが広く、キーボードだけでなくノートパソコンも設置可能。また、ナチュラルな雰囲気でインテリアとの相性もよく、自宅の部屋でパソコン作業をする方におすすめです。

アウトレットファニチャー(OUTLET FURNITURE) トレー付きモニタースタンド 03832

モニタースタンドにキーボードを収納するスライダーが付いた、置き型タイプのキーボードスライダーです。狭いデスクでも広々と作業できるのがメリット。また、サイドにはUSBポートとコンセントが付属しており給電や充電が可能です。

家具調のデザインで、ナチュラル・ブラウン・ホワイトの3色のカラーバリエーションを用意。デスクや周辺のインテリアとも合わせやすい色展開もポイントです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) キーボードスライダー DTR-201

2段式で下のテーブル部分を奥から手前へと動かせるキーボードスライダーです。奥行25cmのコンパクトな棚板でモニターが設置しやすく、パソコンを使わないときはキーボードをモニター下に収納できます。

耐荷重はモニター台が20kg、キーボードを収納する引出しは5kgと、頑丈な強度です。部屋のインテリアに合わせやすい、木目調のナチュラル・ダークの2色を展開しています。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ノートスライダー ロータイプ PDN-003

置き型タイプで、下段は手前と奥にスライド調節が可能なキーボードスライダーです。下段のスライドトレイにはキーボードやノートパソコン、上段にはモニターやプリンターを置けます。

ナチュラルな木目と、シンプルなホワイトの2色のカラーバリエーションを展開。自宅のお部屋とオフィスのどちらにも合わせやすいデザインです。

山善(YAMAZEN) サイバーコム ノートスライダー MK-44S

2段構造の置き型タイプで、シンプルなデザインのキーボードスライダーです。上段にはパソコンモニターやプリンターを設置可能。下段のキーボードトレイはスムーズに動くスライド式になっており、パソコン作業をしないときにはすっきりと収納できます。

組み立ては簡単で、複雑な作業が不要なのがメリット。カラーは、ナチュラルメイプルとダークブラウンの2色を展開しており、どちらも家庭のインテリアと合わせやすいのが魅力です。

キーボードスライダーの売れ筋ランキングをチェック

キーボードスライダーのランキングをチェックしたい方はこちら。