キーボードやマウスをデスクの下などに配置できる「キーボードスライダー」。シンプルなモデルから、高さや角度を調節できる高性能なモデルまで、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのキーボードスライダーをご紹介。メリットとデメリットや固定方法による違いなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

キーボードスライダーのメリット・デメリット

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダーのメリットは、デスク上のスペースを拡張できること。モデルによってはキーボードと一緒にマウスもスライダー上に移動できるので、デスク上で書類やタブレットなどを広げたい場合に便利です。

キーボードスライダーはデスクに後付けするため、モデルによってはタイピング中に揺れてしまう点がデメリット。また、ネジ式の場合は取り付ける際に天板に穴をあける必要があるほか、クランプ式も天板を傷つけてしまうリスクがあります。

キーボードスライダーの選び方

固定方法をチェック

クランプ式

By: esupply.co.jp

クランプ式のキーボードスライダーは、コの字型のパーツで天板を挟み、強く締めて固定します。デスクに穴をあけず設置できるので、比較的手軽に導入可能。取り付けに特別な工具をほとんど必要としない点もメリットです。

一方で、やや安定感に欠けるのがデメリット。天板の手前だけではなく後方も含めた合計4ヶ所にクランプを配置し、安定感を高めたモデルもあります。

ネジ式

By: startech.com

ネジ式のキーボードスライダーは、ネジを使用してデスクに取り付けるタイプ。天板に穴をあけて取り付けるためしっかりと固定でき、タイピング中に安定感を得られやすいのがメリットです。

一方、天板に穴があいてしまう点がデメリット。また、取り付けには工具も必要なので、DIYが苦手な方は難しいと感じてしまう可能性もあります。

高さ調整機能の有無をチェック

By: startech.com

キーボードスライダー選びにおいて、高さ調節機能の有無は重要なポイント。高さ調節に対応していると、体格や姿勢に合わせて使いやすい位置にキーボードを置けるので、快適に作業できます。

また、モデルによっては高さだけではなく角度の調節も可能。より快適に作業をしたい方は、可動域が広く柔軟なカスタマイズに対応したモデルを選んでみてください。

耐荷重をチェック

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダーを選ぶ際は、耐荷重のチェックも欠かせません。キーボードスライダーの耐荷重はモデルによって大きく異なり、軽いモデルでは2kg前後、重いモデルでは10kg以上の重量に耐えられるモデルもラインナップされています。

キーボードやマウスのなかには重いアイテムもあるため、使うデバイスに合わせた選択が重要。また、タイピングの際に力が加わったり、ほかのモノを置いたりする可能性もあるので、耐荷重は余裕を持って考慮しておくのがおすすめです。

マウステーブル付きもおすすめ

By: sanwa.co.jp

キーボードスライダーのなかには、マウステーブルを搭載したモデルもあります。マウステーブルが搭載されていると、キーボードだけではなくマウスも設置できるので、デスク上のスペースをより有効に活用可能です。

また、マウスの定位置が決まるため、散らかりにくい点もメリット。マウステーブル付きのキーボードスライダーを選ぶ際は、マウステーブルの取り付け場所を左右で選べるモデルにすると、利き手に関係なく使えるのでおすすめです。

キーボードスライダーのおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) キーボードスライダー 100-KB008

在宅ワークが増えた方にもおすすめの気軽に使えるキーボードスライダー。耐荷重が約10kgと頑丈なので、タイピング時にある程度力がかかっても安定した状態で使用できます。手前がカーブしているため、腕や手首に角が当たりにくい点も魅力です。

取付方法には、クランプ式を採用。傷防止用クッションが付いており、気軽に設置可能です。締めたり緩めたりといった調節も簡単にできるため、取り外したり位置を変えたりなど柔軟に使用できます。

高さ調節に対応している点も魅力のひとつ。デスク裏とキーボードスライダーとの幅を4段階で調節できます。キーボードスライダーに膝がぶつかってしまう場合や、高さのあるマウスを使用したい場合など、臨機応変に調節可能です。

落下防止ストッパーの搭載もポイント。キーボードが奥へ落ちにくい設計が採用されています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) キーボードスライダー 100-KB005

高性能で使いやすい、おすすめのキーボードスライダー。取付方法にはクランプ式を採用しており、工具を使わずに手軽に設置が可能です。天板に触れる部分にはゴムが搭載されており、滑り止めと傷防止の2つの役割を果たしています。

幅約510mmで、フルサイズのキーボードも置きやすいのがポイント。耐荷重は9kgあり、キーボード以外のアイテムも設置できます。角度調節に対応している点も特徴のひとつ。側面に搭載されたレバーでロックを解除すると、角度を調節可能です。

有線キーボードを使用する際に便利な配線用の穴も搭載。また、キーボードが滑り落ちないように先端が盛り上がった構造を採用しているほか、スライダー自体の脱落を予防するストッパーも搭載しています。

バウヒュッテ(Bauhutte) 後付けキーボードスライダー BHP-K70

安定感に優れたおすすめのキーボードスライダー。取付方法にはクランプ式を採用しています。天板の手前だけではなく後方もクランプで支えるのが特徴。デスクに穴はあけたくないけど安定感のあるモデルがほしい方におすすめです。

トレイ部分のサイズは、幅695×奥行き300mm。余裕をもってキーボードを設置可能です。落下防止バーの搭載もポイント。トレイを出し入れする際、キーボードやマウスが落下してしまうリスクを軽減できます。

イーサプライ キーボードスライダー EEX-DESA05

手軽に取り付けて使用できるおすすめのキーボードスライダーです。取り付け方法にはクランプ式を採用。デスクの天板の厚さは1.5~3.5cmまで対応しています。クランプにはゴムが搭載されているため、傷が付くのも予防可能です。

天板有効サイズは、約幅670×奥行き220mm。テンキー付きのフルサイズキーボードと一緒に、マウスも設置しやすいサイズです。トレイの奥には落下防止用のガードも搭載。ケーブル配線用のスリットが用意されているので、有線キーボードも使えます。

耐荷重は約2kg。シンプルなキーボードスライダーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フレキシスポット(FLEXISPOT) キーボードトレー KT2B

スムーズに動かしやすいおすすめのキーボードスライダー。スライドレールには潤滑油が塗られています。キーボードを頻繁に収納したり、引き出したりしたい方におすすめです。

本製品は、天板に穴をあけずに取り付けられるクランプ式を採用。デスクに傷が付きにくいのはもちろん、DIYが苦手な方でも簡単に取り付け可能です。キーボードやマウスを設置しても余裕がある、広々とした設計もポイント。手前にはリストレストも搭載されています。

BigTron クランプ式キーボードスライダー

シンプルで使いやすい、おすすめのキーボードスライダー。トレイ部分は幅650×奥行き250mmと広く、キーボードを置いても余裕があります。一緒にマウスなども設置したい方におすすめです。

スライドレールの素材はステンレス製で、耐久性に優れているのが魅力。簡単に出し入れできると謳われているのもポイントです。デスクへの取付方法には、クランプ式を採用。デスクに穴をあける必要がなく、手軽に取り付けられます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボードスライダー CR-KB2

マウステーブルが付属した木製デスク用のキーボードスライダー。キーボードとは別にマウスを設置可能です。マウステーブルは左右の好きなほうに取り付けられるので、利き手に合わせて使用できます。

トレイ部分は、高さや角度の調節に対応。姿勢や体格に合わせたスタイルで使えます。リストレストが搭載されているのもポイントです。さらに、キーボード台とマウステーブルは、360°の回転に対応しています。

本製品は、木ネジで取り付ける方法を採用。耐荷重は約10kgあり、タイピングの際に多少力が加わっても、安心して使用可能です。

スターテック(StarTech.com) スライド式キーボードトレイ KBTRAYADJ

人間工学に基づいて設計された、おすすめのキーボードスライダー。取付方法には、耐久性が高く安定感にも優れたネジ式を採用しています。トレイのサイズが幅670×奥行き255mmと広いので、キーボードだけではなくマウスも設置しやすいのが魅力です。

可動域の広さも特徴のひとつ。最大170mmの高さ調節に対応しているため、デスクや椅子の高さ、体格やパソコン使用時の姿勢などに合わせて、柔軟にセッティング可能です。

角度調節に対応しているのもポイント。側面にノブが搭載されており、回すと+15~-15°の範囲で傾きを調節できます。また、左右の振りを調節できるのもメリットです。