仕事でパソコンと長時間向き合ったり、スマホが日常生活に欠かせなくなっている今、知らず知らずのうちに目の疲れが蓄積する方が増えています。その原因のひとつと言われるのが「ブルーライト」です。

そこで、今回はブルーライトによる目への負担を軽減してくれるPCメガネをブランドごとにピックアップ。選び方と合わせて、おすすめの製品をご紹介します。

PCメガネとは?

By: amazon.co.jp

「ブルーライト」とは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発生する紫外線と波長が近い光のことで、網膜にまで到達するほどの高いエネルギーを持っているのが特長です。この光が疲れ目の原因になると言われています。そんなブルーライトから目を守ってくれるのが「PCメガネ」です。

通常のメガネとは違い、レンズにブルーライトをカット機能が備わっていますいるのが特長で、パソコンやスマートフォンと向き合う時間が増えている昨今、そのストレスを回避するアイテムとして知られています。

PCメガネの選び方

PCメガネは、ブルーライトをカットする方法によって「吸収するタイプ」と「反射するタイプ」の2種類に分けられます。見た目や性能に違いがあるだけでなく、利用シーンによって向き不向きが分かれるので注意が必要です。

ブルーライトを吸収するタイプ

By: amazon.co.jp

ブルーライトをレンズに吸収させることで目への負担を軽減するタイプのPCメガネは、ブルーライトのカット率が約40~50%と高いのが特長。ただし、レンズの色が茶色っぽく、サングラスのような見た目をしています。プライベートで使用するのならば特に問題はありませんが、ビジネスシーンで使用するときはTPOを考慮しましょう。

また、価格がリーズナブルなのもポイント。初めてPCメガネを試してみたいという方におすすめです。度なしのアイテムならばパッケージで各社からさまざまなデザインの製品がリリースされているので、ユーザー好みのメガネが探せます。

ブルーライトを反射するタイプ

By: amazon.co.jp

レンズに特殊なコーティングを施すことで、ブルーライトを反射させるタイプのPCメガネです。レンズカラーがクリアタイプのものが多く、利用シーンを問いません。プライベートではもちろん、ビジネスで着用したいときにもおすすめです。

また、レンズを通して見える色も自然に近くなるのもポイント。イラストレーターやデザイナーなど、カラーパターンを扱う仕事の方にピッタリです。ただし、ブルーライトを吸収する色付きPCメガネと比べると「カット率はやや低め」という点には注意してください。

PCメガネのおすすめ|ブランド別

ジンズ(JINS)

パソコンやスマホのブルーライトに早くから着目し、PCメガネのブームのきっかけとなったのがJINS。自社でオリジナルブランドのメガネを企画して、海外の工場で製造することによってリーズナブルな製品をリリースしています。

なお、現在は「JINS SCREEN」というブランド名でPCメガネを展開中。日常でも使える自然な「DAILY USE」、パソコンやスマホを長時間使う方に適した「HEAVY USE」、寝る前のスマホ使用でも安眠を損ねない「NIGHT USE」という3種類のモデルが用意されています。

ジンズ(JINS) JINS SCREEN DAILY USE

レンズとフレームがセットになったパッケージタイプのPCメガネです。独自の光マネジメント技術によって、モニタのちらつきを抑えるだけでなく、文字や画像をハッキリ見ることができます。

レンズがクリアタイプなので、オフィスからプライベートまで幅広いシーンに対応。ただし、ブルーライトのカット率は約25%とやや低めとなっています。

ジンズ(JINS) JINS SCREEN HEAVY USE

長時間のパソコン作業を行う方におすすめのPCメガネです。吸収タイプの薄茶色レンズを採用し、ブルーライトを約38%カット。レンズに少し色が付いていますが、モニタが見やすいように調整されているので安心です。フレームのデザインは「スクエア」「ウェリントン」の2種類。フォーマルなシーンでも違和感がなく着用できます。

ジンズ(JINS) JINS SCREEN NIGHT USE

吸収タイプのレンズを採用しており、ブルーライトを約60%カットするPCメガネです。JINS SCREENシリーズのうち、もっともブルーライトのカット率が高いモデルです。

耳あての部分が短い「ショートテンプル」タイプは、横になったままスマホを操作してもPCメガネがズレにくいところがポイント。寝る前のスマホチェックが習慣になっている方や、夜遅くまでパソコン作業をすることが多い方におすすめです。

ゾフ(Zoff)

Zoffという名称は、アルファベットの最後の文字である「Z」と、「割引」を意味する「off」を組み合わせて命名されました。メガネを限界まで安くするという意味が込められており、自社で企画、製造、販売までを一括して行い、リーズナブルなメガネを提供しています。

ブルーライトをカットするPCメガネについては、2種類のモデルを展開。「Zoff PC」はフレームとレンズがセットになった低価格のパッケージタイプです。一方、「Zoff PC ULTRA」はブルーライトを約50%カットするクリアレンズ仕様で、幅広いフレームの中からカスタマイズできるのが特長です。

ゾフ(Zoff) Zoff PC

テンプルが2段階のカーブを描く「3Dフィットテンプル」を採用することで、掛け心地を追求したPCメガネ。反射タイプのレンズですが、ブルーライトを約40%もカットします。透明レンズなので、オフィスからプライベートまで幅広いシーンで着用可能です。

PCメガネのデザインはスクエア、オーバル、ウェリントンの3種類。カラーも豊富なので、おしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM)

パソコン関連製品を販売しているメーカー「エレコム」。同社のPCメガネ「ブルーライト対策メガネ」は、ブルーライトカット率が高いのが特長。また、スクエア型やウェリントン型といった定番のデザインから、ユニークなものまで、幅広い製品をリリースしているのも魅力です。

エレコム(ELECOM) ブラウンレンズ OG-YBLP01GY

レンズを支える枠の部分がない「リムレス設計」のPCメガネ。視界が制限されないので、普段はメガネを使用してない方が着用してもほとんど気になりません。

耳に当たる部分には、「TR-90」という非常に軽量で弾力がある素材を使用。やさしくフィットするので長時間の着用でも疲れにくいように工夫されています。

フレームからレンズまで、すべてを日本国内で製造しているのも特長。吸収タイプのレンズはブルーライトを60%カットしてくれます。長時間パソコン作業をする方におすすめです。

シクサズ(Cyxus)

シクサズは、「目を保護するメガネ」に焦点を当てたアメリカのPCメガネブランド。クリアレンズはもちろん、ブルーライトを効果的にカットするイエローレンズ、メガネ上に装着するクリップ・オン・グラスなど、さまざまな製品をリリースしています。

ブルーライトのカット率の高さに定評があり、ディスプレイを長時間閲覧するビジネスパーソンに愛用されているのもポイントです。

シクサズ(Cyxus) 円形 青色光カットメガネ

おしゃれな円形デザインのPCメガネ。反射タイプの透明レンズなので日常の着用も可能です。人間工学によってデザインされた鼻パッドは、一体式となっていて鼻への負担を軽減してくれるので、長時間にわたってPC作業をする方におすすめ。PCメガネのイメージを感じさせないデザインで、カジュアルな服装に合わせやすいのも魅力です。