高画質な映像描写で動画を鑑賞したり、ゲームをしたりとさまざまな用途で楽しめる「4Kモニター」。モニター上の作業領域が広くなるため、PC作業の効率向上にも効果的です。4KモニターはフルHDの約4倍に当たる高い解像度で映像を表示でき、最近ではお手頃価格の製品も登場しています。

そこで今回は、4Kモニターを選ぶ際のポイントとおすすめの製品をご紹介。幅広い方面で4K規格がますます普及しつつあるので、ぜひ自分に適した1台を入手してみてください。

4Kモニターとは?

By: lg.com

4Kモニターは高解像度を有するモニターのこと。モニター上には目に見えない無数のドットがあり、多ければ多いほど精細な映像を映し出せます。モニター上に広がるドットがどれくらい存在しているかを表した指標が解像度です。

4Kモニターの解像度は3840×2160で、これまで主流とされてきたフルHDの4倍の解像度があります。4Kモニターであれば、高画質の動画やゲームを楽しむことが可能です。また、デスクトップ上に複数のウィンドウを展開しても画質が落ちにくく、作業効率の向上も期待できます。

4Kモニターの魅力

By: rakuten.co.jp

4Kモニターの最大の魅力は、精細で美しい映像表示ができるところ。サイズの大きなモニターを使用した場合でも、解像度が高いので鮮明な画像を映し出せます。

また、複数のウィンドウを開いて作業する場合にも4Kモニターは有効です。HDモニターと比べて作業領域が4倍も広いので、インターネットで情報を集めながら資料を作成するなど、マルチタスクがしやすくなります。

4Kモニターの選び方

サイズで選ぶ

By: benq.co.jp

4Kモニターは、標準的なモニターサイズの23インチ程度から、50インチを超える大画面モデルまでラインナップされています。一般的に、画面の高さを1.5倍にした距離が適切な視聴距離とされているため、設置できるスペースや用途に適したサイズを選ぶことが大切です。

また、4KモニターをPCと接続しデスク上に設置して使う場合は、50〜60cm程度の視聴距離をとるのがおすすめ。サイズが大きすぎると目が疲れてしまうので、奥行き60cm程度のデスクで最大24インチ、奥行き70cm程度のデスクで最大28インチを目安にしてみてください。

PS4などゲーム用として4Kモニターを使う場合は、適切な視聴距離と合わせて設置する部屋の広さもチェックしておきましょう。40インチなら約0.9mの視聴距離と4畳半以上の広さ、50インチなら約1mの視聴距離と8畳以上の広さが目安です。参考にしつつ、視聴しやすいサイズを選択してみてください。

液晶パネルの駆動方式で選ぶ

TN方式

By: amazon.co.jp

TNとは「Twisted Nematic」の略。「ねじれネマティック」と、訳して使われることもあります。電圧をかけると液晶分子がねじれるので、光を遮断したり通過させたりして、画面の明暗を変えているのが特徴です。

液晶パネルの方式としては以前から普及しているタイプで、比較的安価に購入することが可能。応答速度が速く残像感が少ないため、144Hz表示の高リフレッシュレートを活かしたゲーミングモニターとしても多く使われています。

ただし、視野角が狭いのがデメリット。斜め方向から見た場合は明るさが落ちたり、色が変化してしまったりするので、複数人で視聴する際にはストレスを感じる場合があります。大画面でテレビコンテンツや映画を楽しむよりは、個人でFPSゲームをプレイするなど、ディスプレイの描画速度を重視する場合におすすめです。

VA方式

VAとは「Vertical Alignment」の略。液晶分子は電圧がオフになると垂直になって黒くなり、最大電圧になると水平に並んで画面が白くなります。この仕組みを採用することによって、電圧オフ時にバックライト光が液晶分子の影響を受けずに偏光板で完全に遮断されるので、より純粋な黒を表現することが可能。コントラスト比を上げやすいのがメリットです。

注意点は、液晶分子の角度によってバックライト光量を制御するため、見る角度によっては透過する光量が異なり、輝度と色に変化が出やすいこと。各メーカーは、配向分割技術を採用することで液晶分子の傾きを調節し、画面全体の光量を平均化して視野角による色変化を抑制しています。

VA方式の4Kモニターの場合、正面に座ったほうが映像の細部まで楽しめるのもポイント。ただし、最近のモデルは視野角が広がっているので、正面以外でも視聴はできます。やや見えにくさが気になる程度なので、その点は留意しておきましょう。

IPS方式

By: amazon.co.jp

IPSとは「In Plane Switching」の略。液晶分子を水平に寝かせて横方向に回転させることで、バックライトの光量を制御します。輝度と色の変化が少なく、視野角が広いのがメリットです。色の再現度が高いので静止画の表示に優れており、モニターとしては写真編集などのクリエイティブなシーンで多用されています。

ただし、光の漏れが大きく、引き締まった美しい黒を表現しにくいのがデメリット。映像の臨場感や迫力にはやや物足りなさを感じる場合もありますが、発色は良好です。複数人で4Kモニターを囲み、動画コンテンツを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

HDR機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDRとは「High Dynamic Range」の略。主流だったSDR「Standard Dynamic Range」と比較して明暗の表現幅が広く、より肉眼で見た景色に近いのが特徴です。

例えば、SDRだと日陰のところが真っ黒になってしまったり、日の当たる部分が白っぽくなってしまったりと、映像が不自然になることがあります。一方、HDRに対応したモニターであれば、より自然界に近い色彩で明暗を表現することが可能です。

なお、業界の標準といえるのはUHDブルーレイに採用されている「HDR10」ですが、さらに拡張された規格「HDR10+」も普及しています。また、VESAが策定した品質基準の「DisplayHDR」もあり、最大輝度や色域カバー率によって、400・600・1000の3種類に分かれています。DisplayHDR認定製品はいずれも「HDR10」をサポートしているので、気になる方は併せて確認しておきましょう。

応答速度で選ぶ

By: benq.co.jp

応答速度とは、モニター上のドットがある色からほかの色へと表示を切り替えるまでの所用時間を指します。応答速度の値が小さいほど、残像が少なく滑らかな映像を表示することが可能。応答速度の単位は「ms」で、動画鑑賞の場合は5msを目安に4Kモニターを選ぶのがおすすめです。

PCゲーム用に4Kモニターを選ぶ場合は、1msを目安に検討してみましょう。応答速度が遅いとボタンを入力してから表示されるまでに遅延が発生し、反射的な操作が求められるゲームではストレスを感じる恐れもあります。そのため、ゲーム用の4Kモニターは応答速度を重視するのがおすすめです。

端子の種類や数で選ぶ

By: iodata.jp

4Kモニターを選ぶ際は、モニターの入力端子と接続したい機器の出力端子が一致しているかをチェックしておきましょう。両者の端子が一致していない場合でも、変換アダプターや変換ケーブルを利用して接続できますが、性能が十分発揮できない可能性があります。

4Kモニターに採用されている端子は、主に「HDMI」と「DisplayPort」の2種類です。HDMIの最大解像度は4096×2160で、DisplayPortの最大解像度は7680×4320。どちらも4Kの解像度に対応していますが、古いバージョンでは4Kに対応できないため、HDMIは2.0、DisplayPortは1.3以降の端子であることを確認してみてください。

また、モニターにPCやPS4など複数の機器を常時接続することも考えられます。想定よりも余裕をもって端子の数をチェックするのがおすすめです。

4Kモニターのおすすめメーカー

フィリップス(Philips)

By: amazon.co.jp

フィリップスはオランダの総合電気機器メーカーです。フィリップスの4Kモニターはデザイン性が高く、スタイリッシュな製品を探している方におすすめ。シンプルですっきりとしたデザインの製品が多く、場所を選ばず馴染みやすいのが魅力です。

また、液晶の色彩や機能面においてもコストパフォーマンスに優れています。デザイン性の高いお手頃価格の4Kモニターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

LGエレクトロニクスは韓国の総合通信メーカーです。リーズナブルなモニターを多く開発しており、幅広いラインナップが特徴。話題の曲面型モニターや超薄型ベゼルのモニターなど、高い技術力を活かした製品も人気です。

4Kモニターも、多機能なハイスペックモデルや、IPSパネルを採用しながら低価格を実現したモデルなど、魅力的な製品を多くラインナップしています。コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。

エイゾー(EIZO)

By: amazon.co.jp

エイゾーは 日本のディスプレイ装置専業メーカーです。エイゾーのモニターは品質が高く、色の再現性に優れているため、写真や映像などを扱う制作分野や医療現場などで広く採用されています。PC作業時に人が受ける負荷や違和感を極限まで抑えた設計も魅力です。

自動調光機能やブルーライトカット機能など、多彩な機能を搭載しているのもポイント。高画質な4Kモニターを探している方は、ぜひ検討してみてください。

4Kモニターのおすすめモデル

エイゾー(EIZO) 27型カラー液晶モニター FlexScan EV2785

エイゾー(EIZO) 27型カラー液晶モニター FlexScan EV2785

USB Type-Cポートを搭載した4Kモニターです。USB Type-Cケーブル1本で、パソコンに接続し映像・音声の転送が可能。また、60W給電に対応しているため、ハイエンドのノートパソコンに接続し充電ができます。

Paperモードを搭載し、ブルーライトを約80%カット。従来の液晶モニターと比較し、暖色を画面の色味としているため、目に優しい設計です。また、IPSパネルを採用し、見る角度による画面上の色の変化を最小限に抑えています。

作業に適したアンチグレア(非光沢)処理が特徴です。照明や人影の液晶画面への映り込みを防ぎ、見えにくさによるストレスや目の筋肉の緊張による疲れを軽減します。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングモニター EL2870U

ベンキュー(BenQ) ゲーミングモニター EL2870U

高精細な映像を出力する4Kモニターです。4つのレベルのHDRモードと光の加減を自動調整できるB.I.+機能により、薄暗い環境でも快適に視聴ができます。

出力中にフレームの途切れが起こる問題を解決するAMD FreeSync技術を搭載。細切れを防ぎ流れるような映像は、ゲームのプレイ中や動画視聴中のストレスを軽減できます。

BenQ独自の技術であるEye-Careにより、長時間の使用でも目の疲れを軽減。視聴環境を検出するセンサーが内蔵されており、自動で画面の輝度と色温度の最適化を行えます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UHDモニター4K 32UL750-W

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UHDモニター4K 32UL750-W

VAパネルを搭載した4Kモニターです。色域以外にも、コントラスト・10bitカラーにより画像本来のリアルな色を再現。また、31.5インチのモニターは、あらゆる映像を見やすくした大きさです。

さまざまなゲームモードが搭載。ゲームのジャンルに合わせてGamer・FPS・RTSからモードを選び、映像の最適化を行えるのが特徴です。また、Dynamic Action Syncモードに対応しているため、映像のタイムラグが軽減されています。

USB-Type-C端子が設置され、スマートフォンの映像出力も可能。また、USB Quick Chargeによりノートパソコンなどの急速充電を行えます。明るさ・コントラスト・ゲームモードを設定できるOn Screen Control機能を採用し、大画面を有効に活用できるモニターです。

エイサー(Acer)4Kモニター ET322QKwmiipx

エイサー(Acer)4Kモニター ET322QKwmiipx

31.5インチを搭載した大型の4Kモニターです。画面が大きいことから、高視野角で見られるのが特徴。また、HDR10に対応し、輝度の幅が向上されているため、実物に近い映像を楽しめます。

動きの速いシーンでも滑らかに映すAMD FreeSync機能を採用。描画の遅れが軽減されることで、快適に視聴が可能です。さらに、長時間の視聴でも目が疲れにくいフリッカー現象やブルーライトを抑える設計がされています。

HDMI端子が2つ設置されていることで、活用方法の幅が広がるモデルです。2台のパソコンを同時に出力でき、2つの画面を並べながら作業を行えます。

デル(DELL) 4Kモニター U3219Q

デル(DELL) 4Kモニター U3219Q

色彩豊かな映像を映す4Kモニターです。10億7000万色に対応したパネルは、印象的な色深度や質の高いコントラス比による映像を映し出します。また、VESA認証DisplayHDR 400が搭載され、HDRコンテンツの再生に適したモデルです。

インターフェイスには、HDMI・USB Type-C・DisplayPortが設置され、さまざまな機器の出力が可能。付属のUSB Tyep-Cケーブルは最大90Wの電力供給に対応しており、デバイスを充電しながらデータの転送を行えます。

モニターは縦横の回転だけでなく上下左右の角度調節ができ、作業をしやすい位置にセットアップ可能。ブルーライトを抑えるComfortView機能により、目の疲れの原因とされるちらつきを軽減します。

フィリップス(PHILIPS) 4KウルトラHD液晶モニター 328P6VJEB/11

フィリップス(PHILIPS) 4KウルトラHD液晶モニター 328P6VJEB/11

画像と色を正確に表現する4Kモニターです。IPSディスプレイを搭載していることにより、標準タイプと異なり画面上に映し出される色を鮮明に表示。本来の写真映りや色の正確性が必要な専門的な用途にも用いられます。

ユーザーに対して、最適な見やすさを実現させたモデルです。SmartContrast機能によりディスプレイ上に表示するコンテンツを分析。色彩やバックライトの強度が自動で調整されることで、画像・動画の画質を高めます。

目の疲れを軽減するちらつき防止機能を搭載。バックライトスクリーンは、明るさのコントロール方法によって目に疲れを与えるちらつきが発生することがあります。従来とは異なるコントロール方法は、ちらつきが発生しにくく、長時間の作業でも目が疲れにくいのが特徴です。

エイスース(ASUS) ProArt PA32UCX

エイスース(ASUS) ProArt PA32UCX

輝度調節に優れた4Kモニターです。ミニLEDバックライトが採用され、最適なコントラストを映し出します。約10億色の最大表示色により、本物に近い色彩が表現されるのが特徴です。

人間工学に基づいたデザインがされており、画面の高さ・左右・前後の調整が可能。また、ディスプレイを縦方向に使用できるため、さまざまな用途に対応しています。

HDMI・USB Type-C・USB-A・DisplayPortの4種類のポートを搭載。パソコンだけでなく、スマートフォンやゲーム機と接続できます。また、picture by picture機能により、画面内に複数の映像を出力できるため、作業効率を向上させたい方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UHDモニター4K 34WK95U-W

LGエレクトロニクス(LG Electronics) UHDモニター4K 34WK95U-W

ウルトラワイドモニターで作業効率を上げやすい4Kモニターです。5120×2160のウルトラワイド画面なので、動画編集などで画面を広く使いたい方におすすめ。

鮮やかな発色ながら自然な色彩を表現できるIPSパネルを搭載しているため、純度の高い映像を映し出すことが可能です。明るすぎる画像でも最適なコントラストを提供。

また、パソコンへの給電ができるThunderbolt3を実装しており、ほかにもUSBポートを2基設置。さらに、HDMI2.0も2基搭載されているので、パソコンから高品質の画像や動画だけでなく、オーディオの送信にも対応しています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kモニター 43UN700-B

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kモニター 43UN700-B

大画面を有効活用できる4Kモニターです。42.5インチの大画面を有するモニターは、約21.5インチのフルHDモニター4枚分を1画面に表示できます。複数のウィンドウを展開して作業を行いたい方におすすめです。

合計6ポートの入力端子を搭載することで、様々な映像出力に対応しています。HDMI端子によりパソコン画面の表示はもちろん、USB Type-C端子ではスマートフォンの出力も可能。さらに、USB3.0端子を活用すれば、USBハブとしても使用できます。

Dynamic Action Syncによりパソコンの映像をリアルタイムで表示。映像処理のプロセスを省略し、パソコンからモニターにタイムラグ無く直接出力されるのが特徴です。また、映像上の暗い部分を自動認識し、明るく映し出すことで視認性を向上しています。

ジャパンネクスト(JapanNext) 4Kモニター JN-IPS4300UHDR

ジャパンネクスト(JapanNext) 4Kモニター JN-IPS4300UHDR

IPSパネルを採用した4Kモニターです。178°の広視野角を有し、どの角度でも鮮明に映像を映し出します。また、10.7億色のパネルが採用されており、本物に近い映像を楽しめるのが魅力です。

マルチウィンドウ機能により、複数の機器からの映像出力が可能。同時に映像出力できることで、家庭だけでなくビジネスの場での用途の幅が広がります。

インターフェイスは、HDMIを含む7種類に対応しており、パソコン・ゲーム機・ブルーレイディスクプレイヤーをケーブル1本で接続。また、MHL対応のスマートフォンであれば、モニターに接続して出力できます。