高画質な映像描写で動画を鑑賞したり、ゲームをしたりとさまざまな用途で楽しめる「4Kモニター」。モニター上の作業領域が広くなるため、PC作業の効率向上にも効果的です。4KモニターはフルHDの約4倍にあたる高い解像度で映像を表示でき、最近では手頃な価格の製品も販売されています。

今回は、4Kモニターを選ぶ際のポイントとおすすめの製品をご紹介。ぜひ参考にして、ぴったりの1台を選んでみてください。

4Kモニターとは?

By: philips.co.jp

4Kモニターとは、4Kの解像度に対応したモニターのことです。4Kモニターは横に3840画素、縦に2160画素が敷き詰められているため、「3840×2160」とも表記されます。4Kの名前の由来については、横の画素数が約4000であるためです。

現在、多くラインナップされているフルHDのモニターは1920×1080の解像度のため、4Kの4分の1倍の画素数です。同じサイズのモニターで4KとフルHDを比較すると、4Kのほうがより緻密で美しい映像を楽しめます。

4Kモニターの選び方

サイズで選ぶ

By: dell.com

4Kモニターには、標準的なモニターサイズの23インチ程度のモデルから、50インチを超える大画面モデルまでラインナップされています。一般的に、画面の高さを1.5倍にした距離が適切な視聴距離とされているため、設置できるスペースや用途に適したサイズを選ぶことが大切です。

また、4KモニターをPCと接続しデスク上に設置して使う場合は、50〜60cm程度の視聴距離をとるのがおすすめ。サイズが大きすぎると目が疲れてしまうので、奥行き60cm程度のデスクで最大24インチ、奥行き70cm程度のデスクで最大28インチが目安です。

PS4などゲーム用として4Kモニターを使う場合は、適切な視聴距離とあわせて設置する部屋の広さもチェックしておきましょう。40インチなら約90cmの視聴距離と4畳半以上の広さ、50インチなら約1mの視聴距離と8畳以上の広さが目安です。視聴しやすいサイズを選択してみてください。

液晶パネルの駆動方式で選ぶ

IPS方式

IPSとは「In Plane Switching」の略。液晶分子を水平に寝かせて横方向に回転させることで、バックライトの光量を制御します。輝度と色の変化が少なく、視野角が広いのがメリットです。色の再現度が高いので静止画の表示に優れており、モニターとしては写真編集などのクリエイティブなシーンで多用されています。

ただし、光の漏れが大きく、引き締まった美しい黒を表現しにくいのがデメリット。映像の臨場感や迫力にはやや物足りなさを感じる場合もありますが、発色は良好です。複数人で4Kモニターを囲み、動画コンテンツを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

VA方式

By: amazon.co.jp

VAとは「Vertical Alignment」の略。液晶分子は電圧がオフになると垂直になって黒くなり、最大電圧になると水平に並んで画面が白くなります。電圧オフ時にバックライト光が液晶分子の影響を受けずに偏光板で完全に遮断されるので、より純粋な黒を表現することが可能。コントラスト比を上げやすいのがメリットです。

注意点は、液晶分子の角度によってバックライト光量を制御するため、見る角度によっては透過する光量が異なり、輝度と色に変化が出やすいこと。各メーカーは、配向分割技術を採用することで液晶分子の傾きを調節し、画面全体の光量を平均化して視野角による色変化を抑制しています。

VA方式の4Kモニターの場合、正面に座ったほうが映像の細部まで楽しめるのもポイント。なお、最近のモデルは視野角が広がっているので、正面以外でも視聴できます。やや見えにくさが気になる点には留意しておきましょう。

TN方式

TNとは「Twisted Nematic」の略。「ねじれネマティック」と訳して使われることもあります。電圧をかけると液晶分子がねじれるので、光を遮断したり通過させたりして、画面の明暗を変えているのが特徴です。

液晶パネルの方式としては以前から普及しているタイプで、比較的安価に購入することが可能。応答速度が速く残像感が少ないため、144Hz表示の高リフレッシュレートを活かしたゲーミングモニターとしても多く使われています。

ただし、視野角が狭いのがデメリット。斜め方向から見た場合は明るさが落ちたり、色が変化してしまったりするので、複数人で視聴する際には不便に感じる場合があります。大画面でテレビコンテンツや映画を楽しむよりは、個人でFPSゲームをプレイするなど、ディスプレイの描画速度を重視する場合におすすめです。

HDR機能の有無で選ぶ

By: iodata.jp

HDRとは「High Dynamic Range」の略。SDRと呼ばれ主流だった「Standard Dynamic Range」と比較して明暗の表現幅が広く、より肉眼で見た景色に近いのが特徴です。

例えば、SDRだと日陰の部分が真っ黒になってしまったり、日のあたる部分が白っぽくなってしまったりと、映像が不自然になることがあります。一方、HDRに対応したモニターであれば、より自然界に近い色彩で明暗を表現することが可能です。

UHDブルーレイに採用されている「HDR10」が一般的ですが、より拡張された規格「HDR10+」も普及しています。また、VESAが策定した品質基準の「DisplayHDR」もあり、最大輝度や色域カバー率によって、400・600・1000の3種類に分かれています。

DisplayHDR認定製品はいずれも「HDR10」をサポートしているので、気になる方は事前に確認しておきましょう。

リフレッシュレートで選ぶ

By: asus.com

リフレッシュレートとは、モニターが1秒間に何回画面を切り替えられるかを表した数値です。単位は「Hz(ヘルツ)」で、例えば1秒間に画面が100回切り替わる場合は100Hzとなります。この数値が大きいほど、映像を滑らかに表示することが可能です。

4Kモニターでは60Hzが一般的。ゲーミング用ならば120Hzや144Hzのモデルがおすすめです。ただし、高解像度の4K映像を120Hz以上で表示するにはハイエンドなグラフィックカードが必要。購入する場合はパソコン側のスペックも確認しましょう。

また、家庭用ゲーム機用として使う場合もゲーム機のスペックと合わせる必要があります。4K画質に対応しているPS4 Proでは最大60Hz、PS5では最大120Hzに対応。最大値以上の高リフレッシュレートモニターと接続しても見え方はほとんど変わらないので注意しましょう。

応答速度で選ぶ

By: asus.com

応答速度とは、モニター上のドットがある色からほかの色へと表示を切り替えるまでの所要時間を指します。応答速度の値が小さいほど、残像が少なく滑らかな映像を表示することが可能。応答速度の単位は「ms」で、動画鑑賞の場合は5msを目安に4Kモニターを選ぶのがおすすめです。

端子の種類や数で選ぶ

By: iodata.jp

4Kモニターを選ぶ際は、モニターの入力端子と接続したい機器の出力端子が一致しているかもチェックしておきましょう。両者の端子が一致していない場合でも、変換アダプターや変換ケーブルを利用して接続できますが、性能が十分発揮できない可能性があります。

4Kモニターに採用されている端子は、主に「HDMI」と「DisplayPort」の2種類です。ただし、古いバージョンのケーブルのなかには、4Kに対応していないモノもあります。ケーブルを選ぶ際にはHDMIなら2.0以降、DisplayPortなら1.3以降であることを確認しておきましょう。

また、モニターにPCやPS4など複数の機器を常時接続することも考えられます。想定よりも余裕をもって端子の数をチェックしておくのがおすすめです。

内蔵スピーカーの有無をチェック

4Kモニターには、スピーカーを内蔵した製品と、内蔵していない製品があります。スピーカー内蔵モデルは、別途オーディオ機器などを用意する必要がないのがメリットです。また、モニターに搭載されたスピーカーから直接音を出して、気軽に動画やゲームを楽しめます。

ただし、モニターに内蔵されているスピーカーの多くは、音質にはあまり期待できないのが一般的。音質やサウンドの臨場感を求めるのであれば、スピーカー内蔵モデルであっても、外付けのオーディオ機器を接続するのがおすすめです。

オーディオ機器の接続を前提としている方や、モニターでの音声出力を使用しない方には、スピーカーを内蔵していない製品がぴったり。スピーカーがない分価格が抑えられている製品もあるので、チェックしてみてください。

4Kモニターのおすすめメーカー

デル(Dell)

By: amazon.co.jp

デルは、アメリカに本社を置く大手パソコンメーカーです。パソコンやモニター、周辺機器などの製造をメインに手掛けているのが特徴。デルのPCは個人だけでなく、法人でも多く採用されています。

モニターはシンプルなデザインのモノが多く、コスパも良好です。リーズナブルなエントリーモデルから、多機能なハイエンドモデルまで幅広くラインナップしており、ゲーミング向けの「ALIENWARE」シリーズなども展開しています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

LGエレクトロニクスは、韓国のソウルに本社を置く総合家電メーカーです。パソコン関連の製品から生活家電まで幅広く取り扱っており、なかでもディスプレイや液晶パネルに関する高い技術を有しています。

モニターは、一般用途向けからクリエイター・ゲーマー向けのモノまで豊富にラインナップしており、自分に合ったモデルを見つけやすいのが魅力。4Kモニターも種類が豊富で、27~30インチ前後のモデルを多く展開しています。

エイゾー(EIZO)

By: amazon.co.jp

エイゾーは石川県白山市に本社を置くメーカーです。安定した画像表示を実現する品質の高さが魅力。信頼性が求められる医療現場などからも高い支持を得ています。製品の企画から品質管理まで、自社グループ内で完結する体制にこだわっているのもポイントです。

モニターは、ビジネス向けの4Kモニター「FlexScanシリーズ」や、クリエイター向けのカラーマネジメントモニター「ColorEdgeシリーズ」をラインナップしています。

4Kモニターのおすすめモデル|27インチ

デル(Dell) 4Kモニター S2721QS

映像に加え、音質にも優れたおすすめの4Kモニター。非光沢のIPSパネルを採用しているので、日光や照明を反射しにくく、設置場所を選びにくい点が魅力です。sRGBカバー率も99%と優れており、オリジナルの色をしっかりと再現できます。

本製品はHDMIを2つ搭載しているのもポイント。パソコンやゲーム機など、2台の機器を同時に接続して切り替えながら使用できるため、仕事にも趣味にも活用可能です。ゲームプレイ時のチラつきを抑える、AMD FreeSyncテクノロジーにも対応しています。

インテリアに馴染みやすい、スッキリとしたデザインも特徴。背面にはケーブルをまとめられるスロットも用意されているので、配線を綺麗にまとめられます。

デル(Dell) 4Kモニター S2722QC

シンプルかつ美しいデザインが魅力的の4Kモニター。HDRをサポートしているほかsRGBカバー率も99%と高く、鮮やかでより正確な表現が可能です。左右と上部のベゼルが細く設計されているので、デュアルディスプレイにも適しています。

独自ソフトの「Dell Display Manager」に対応。複数のアプリを最大38種類のレイアウトで表示できる「Easy Arrange」や、複数の入力をスムーズに切り替えられる「Input Manage」などの機能も便利です。Type-Cポートが搭載されており、最大65Wの出力でノートパソコンを充電しながら外部ディスプレイとしても使用できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kモニター 27UP550

色の再現度に優れた、おすすめの4Kモニター。HDRに対応しており、明るい部分も暗い部分も鮮やかに表現できます。

ゲーム向けの機能が充実している点も魅力のひとつ。カクつきを軽減するAMD FreeSync テクノロジーをサポートしているほか、遅延を抑える「DASモード」や暗い部分を明るく表現する「ブラックスタビライザー」などに対応しています。

また、フリッカーが抑えられているのもポイント。ブルーライト低減モードも搭載されているため、目への負担を軽減しながら使用できます。

エイゾー(EIZO) FlexScan EV2785

ビジネスシーンに適した、おすすめの4Kモニター。視野角の広いIPSパネルを搭載しているので、画面の角度を変えたり複数人で見たりする場合に適しています。周囲の明るさに応じて、画面の明るさを自動調節できるのも魅力です。

ノートパソコンとUSB Type-Cケーブル1本で接続できる点も特徴のひとつ。映像の表示はもちろん、音声やノートパソコンへの給電もType-Cケーブル1本で行えるため、スマートに使用可能です。

4辺フレームレスデザインもポイント。フレーム幅がわずか1mmと非常に細いので没入感に優れており、複数枚並べる場合にも違和感を軽減できます。

エイゾー(EIZO) ColorEdge CS2740

クリエイティブな作業をしたい方におすすめの4Kモニター。色域が広く、Adobe RGB色域を99%カバーしています。滑らかな階調表現を実現するために、独自の制御ICチップも搭載。10bit入力にも対応しているので、豊かな色を表現できます。

4K解像度による、広い作業領域が魅力のひとつ。高画素の写真データも細部までしっかりと確認できるほか、4K動画も等倍で表示できます。ツールパレットを表示しても編集画面に重なりにくいため、効率的に作業可能です。

また、豊富に端子を接続できるのもポイント。USB Type-C・DisplayPort・HDMIの3種類が用意されているので、さまざまな機器と接続できます。また、本体横にUSBポートが用意されているのもメリット。パソコンの周辺機器をスムーズに着脱できます。

フィリップス(Philips) 4KウルトラHD液晶モニター 278E1A/11

コスパに優れたおすすめの4Kモニター。視野角が約178°のIPSパネルを採用しているので、正面以外からでも鮮やかかつより正確な色を体験できます。複数人で画面を見たいシーンでも使いやすいため、自宅はもちろんオフィス用としてもおすすめです。

独自の「SmartContrast」機能も搭載。バックライトの強度や表示する色、コントラストなどを自動で調節できます。また、FPSやRTSなどジャンルに合わせたゲームモードも搭載されているので、快適にゲームをプレイ可能です。

低価格ながら、ステレオスピーカーが内蔵されている点も特徴のひとつ。鮮やかで高精細な映像と迫力のあるサウンドを1台で楽しめるため、仕事だけではなくドラマや映画などの動画コンテンツを視聴するモニターとしても適しています。

エイスース(ASUS) ASUS ProArt PA279CV-J

多機能で便利な、おすすめの4Kモニター。出荷前に色精度のキャリブレーションが実施されており、より正確な色を再現できます。動画編集や写真の加工など、用途に応じて色域を素早く調節できるモードが搭載されている点も特徴です。

独自の「ASUS ProArt パレット」にも対応。色調やガンマ値などのパラメーターを画面上で設定し、簡単にカスタマイズできます。画面を分割するグリッドやA4サイズの枠を表示する、デザイナー向けの機能も利用可能です。

また、USB Type-Cポートを搭載しているのもポイント。 DisplayPortやUSBハブとして利用できるほか、最大約65Wの充電にも対応しているため、ノートパソコンと組み合わせて使用したい方にもおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) モニター 27f 4K 5ZP65AA-AAAK

低価格ながら使いやすい、おすすめの4Kモニター。パネルが非常に薄く設計されているので、スッキリと設置できます。HDMIポートを2つ、 DisplayPortを1つ搭載。最大で3台の機器と接続し、切り替えながら使用できます。

非光沢パネルの採用もポイント。照明や日光が反射しにくいため、明るい環境でも気軽に使用可能です。また、ブルーライトカットモードも搭載。ブルーライトを低減し、目への負担を軽減する効果が期待できます。

4Kモニターのおすすめモデル|32インチ以上

デル(Dell) USB-Cモニタ- U4320Q

趣味にも仕事にも活用できる4Kモニター。「ピクチャバイピクチャ機能」に対応しており、最大で4台のパソコンの画面をまとめて表示できます。画面サイズが42.5インチと大きいので、複数の画面を表示しても快適に使用可能です。

大型の画面ながら、スタンド部分がコンパクトなのも魅力のひとつ。限られたスペースでも気軽に設置できます。

また、USB Type-Cポートの搭載もポイント。最大90Wの電力供給もサポートしているため、ノートパソコンに接続しながら使いたい方にもおすすめです。

ディーエムエムドットメイク(DMM.make) 大型ディスプレイ DKS-4K43DG4

大型ながらスタイリッシュなデザインの4Kモニター。画面サイズが43インチと大きいので、高精細な映像を大迫力で楽しめます。ナローベゼルの採用もポイント。ベゼルが薄く目立ちにくいため、優れた没入感を体験できます。

本製品はHDRコンテンツにも対応。パソコンと接続して作業ができるのはもちろん、ゲーム機やレコーダーと繋ぐことも可能です。また、HDMIが3つ搭載されているので、複数の機器を接続できるのもおすすめです。

エイサー(Acer) OmegaLine DM431Kbmiiipfx

高画質でダイナミックの映像を楽しめる、おすすめの4Kモニター。HDR10に対応しており、コントラストの高い映像を実現しています。5Wずつのステレオスピーカーを搭載しているのもポイント。1台で音も映像も再生できるので、自宅でも気軽にシアター体験が可能です。

HDMI端子を3つ搭載している点も魅力。パソコンやゲーム機など、さまざまな機器を接続できます。また、同時表示機能にも対応。映画やドラマなどを見ながらネットで調べものも行えます。

JAPANNEXT 4K液晶モニター JN-VT4300UHDR

VAパネルを採用した、43インチのおすすめ4Kモニター。HDRに対応しているので、明暗をしっかり表現しつつコントラストの高い鮮やかな映像を楽しめます。画素密度も102PPIと優れており、高精細な画面表示が可能です。

HDMI 2.0ポートを搭載している点も魅力のひとつ。パソコンやゲーム機、レコーダーなどを接続できるのはもちろん、Fire TV StickやChromecastなどを接続すれば、ネット動画も簡単に視聴できます。

JAPANNEXT 大型液晶ディスプレイ JN-VT5001UHDR

迫力のある映像を楽しめる、おすすめの4Kモニター。サイズが50インチと大型なので、映画やドラマなどの動画を臨場感のある映像で視聴できます。また、モニター設定により文字がくっきりと表示されるため、パソコン作業にもおすすめです。

ステレオスピーカーの搭載もポイント。1台で映像とサウンドの両方を再生できます。また、VESA規格にも対応。別途金具を用意すれば壁掛けもできるので、大型ながら圧迫感を抑えてスマートに設置できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 大型液晶ディスプレイ ILD-B50UHDS

大型50インチのおすすめの4Kモニター。グレア液晶を採用しており、鮮やかな発色やコントラストが魅力。また、黒が引き締まって見えやすいため、立体感のある映像も楽しめます。

200×200mmのVESA規格に対応しているので、別途金具を用意すると壁掛けが可能です。自宅はもちろん、店舗やオフィスなどさまざまな場所で活用できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 55型ワイド液晶ディスプレイ EX-LD4K552DB

鮮やかな表現が魅力的な、おすすめの大型4Kモニター。55インチの大画面に高視野角のADSパネルを採用しているので、正面以外から見ても鮮明な映像を楽しめます。シーンに応じて明るさを自動で調節する「CREX」の搭載も特徴です。

Web・あざやか・ゲーム・標準といった画面モードも搭載。コンテンツに合わせてモードを選択すれば、簡単に見やすい画面設定を適用できます。また、本体に搭載されている各種機能は、お気に入り登録をすると素早く呼び出して操作可能です。

4Kモニターのおすすめモデル|ゲーミング

アイ・オー・データ(I-O DATA) ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCU271DB

PS5を接続することもできる、おすすめの4Kモニター。10bitカラーに対応しているので、高精細なだけではなく、なめらかな階調表現も実現しています。また、HDR10をサポートしているため、黒潰れや白飛びを抑えて鮮やかな表示が可能です。

オーバードライブ機能を搭載している点も特徴のひとつ。有効にすると画面の応答速度が4msまで向上し、動きの早いシーンにも対応できます。内部遅延を抑えるスルーモードも搭載。操作と表示のズレを軽減できます。

スピーカーが内蔵されているのもポイント。別途ヘッドホンやスピーカーを用意しなくても、モニター1台で映像と音の両方を出力できます。また、本体前面にスマートフォンを立て掛けられるスタンドが用意されている点も魅力です。

エイスース(ASUS) ROG STRIX XG27UQ

快適にゲームを楽しみたい方におすすめの4Kモニター。視野角の広い27インチのIPSパネルを採用しています。応答速度が約1msと高速なうえ、144Hzのリフレッシュレートにも対応しているので、動きの激しいゲームもスムーズにプレイ可能です。

ゲームに特化した独自機能「GamePlus」に対応している点も特徴。画面上に照準やタイマーなどを表示できます。また、「Shadow Boost」 テクノロジーにより、暗いシーンを見やすく表示できるのも魅力です。

インターフェースが充実しているのもポイント。HDMI 2.0のほか、DisplayPort 1.4ポートも2基搭載されているため、さまざまなゲーム機を接続したまま切り替えられます。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター KG281KAbmiipx

素早い動きも滑らかに描写できる、おすすめの4Kモニター。画面サイズは28インチで、TNパネルを採用しています。HDR10にも対応。暗い部分も明るい部分もハッキリと映せるので、高コントラストの鮮やかな映像を楽しめます。

応答速度が1msなのも特徴のひとつ。ジャンルに応じたモードが搭載されており、プレイするゲームに適した映像表示で楽しめます。

黒の強弱を10段階で調節する「ブラック・ブースト」や、簡易的なカラー調節機能にも対応。また、解像度の低い映像を鮮明な映像に補正する「スーパーシャープネス・テクノロジー」もサポートしているため、さまざまなコンテンツを高画質で視聴できます。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG28UQL1A

画質以外の部分にもこだわって設計された、おすすめの4Kモニター。色域が広くコントラストも高いので、鮮やかな映像を表示できます。HDRにも対応。144Hzのリフレッシュレートや1msの応答時間もポイントです。

NVIDIA G-SYNC CompatibleとAMD FreeSync Premiumテクノロジーをサポートしているため、幅広いGPUで快適にゲームをプレイ可能。ブレやチラつきを補正し、シャープな映像を再現する機能も搭載されています。

人間工学に基づいて設計されているのも特徴のひとつ。画面の高さを調節できるのはもちろん、前後左右の角度も調節できます。また、ピボット機能も搭載しているので、必要に応じて縦画面で使用できる点も魅力です。

JAPANNEXT 4Kゲーミングモニター JN-315IPS144UHDR-R

大画面でゲームを楽しめる、おすすめの4Kモニター。31.5インチの大画面はHDRに対応しており、鮮やかな描写を実現しています。HDMI 2.1を搭載しており、PS5と接続した際には120Hzのリフレッシュレートでゲームをプレイ可能です。

対応しているリフレッシュレートは、最大で144Hz。応答速度も1msと優れており、素早い動きも残像を抑えて表現できます。また、ゲーム・FPS・RTSなどのゲームモードも搭載。ゲームのジャンルに合わせて選択できます。

ゲーム以外にも活用しやすい、マルチウィンドウ機能も搭載。フリッカーフリーやブルーライト軽減機能も搭載されており、目への負担を抑えながら長時間使用できます。

4Kモニターのランキングをチェック

4Kモニターの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。