Webサイトや行数の多いスプレットシートをチェックする際に便利なのが「縦置きモニター」。画面が回転させられる縦横兼用モデルのほか、縦置き専用の製品なども販売されており、機種選定に悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、縦置きモニターを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

モニターを縦置きで使うメリット

By: lg.com

縦に長いコンテンツの一覧性が向上するのが、モニターを縦置きで使用するメリットです。Webサイトの閲覧をはじめ、長文のドキュメントや行数の多いスプレットシートを確認したり編集したりする際に、何度もスクロールを繰り返す面倒が少なく済みます。

上下方向の表示領域が広がるため、プログラミング作業なども効率的に進めることが可能です。

縦置き対応モニターの選び方

タイプで選ぶ

回転させて使う「縦横兼用タイプ」

By: asus.com

ピボット機能付きのスタンドを搭載した製品が「縦横兼用タイプ」です。画面を90°回転させられる機構を備えているのが特徴。横置きと縦置きを簡単に切り替えられるため、幅広い用途に利用することが可能です。

ビジネス書類のチェックやエクセルシートの確認時は縦置き、動画の視聴やゲームをプレイする際は横向きなど、シーンに応じて使い分けられます。

縦置きを前提にした「専用タイプ」も

By: jp.japannext.com

縦置きモニターのなかには、縦置きで使うことを前提に設計された「専用タイプ」も販売されています。SNSのタイムラインやメッセージアプリのチャット画面などを表示させるのにおすすめ。メインモニターの表示領域を圧迫しないため、パソコン作業は通常通りおこなえます。

専用タイプの縦置きモニターには、コンパクトな製品が多いのもポイントです。携帯性に優れているので、ノートパソコンと一緒に持ち運ぶことが可能。外出先でパソコン作業をしながらタイムラインがチェックできます。

画面のサイズで選ぶ

By: green-house.co.jp

縦置きモニターには、さまざまな画面サイズの製品が販売されています。画面サイズが大きいほど視認性が上がる一方で、広い設置スペースを要したり携帯性が落ちたりするので注意が必要。一般的なデスクで使うなら、24〜27インチくらいの縦置きモニターが扱いやすいためおすすめです。

また、頻繁に持ち運んで利用する方の場合は、さらに小型のディスプレイを搭載したモバイル仕様の縦置きモニターなどもあります。設置環境や用途に応じて、適した画面サイズの製品を選んでみてください。

解像度をチェック

By: philips.co.jp

縦置きモニターを選ぶ際には解像度のチェックも重要です。解像度とは画面の縦と横に並んでいる画素(ピクセル)数のこと。スペックに1280×720ピクセルや1920×1080ピクセルなどと表記されており、数字が大きいほど高解像度になります。

また、解像度は、1920×1080をフルHD解像度、3840×2160を4K解像度と呼びます。一般的なビジネス用途ならフルHDで大きな問題はありません。ただし、クリエイティブ作業など、より高解像度の縦置きモニターが必要な用途にはWQHDや4Kモデルがおすすめです。細かな部分まで確認しながら作業が進められます。

マルチモニターとして使うならベゼル幅にも注目

By: dell.com

縦置きモニターをマルチモニターとして使用する場合は、ベゼル幅にも注目しましょう。ベゼルとはディスプレイの周囲を囲む「枠」部分のこと。ベゼル幅が狭い製品ほど、複数台を並べたときに画面と画面の間が気になりにくいのでおすすめです。マルチタスク作業が快適におこなえます。

ナローベゼル・フレームレスデザイン・ゼロフレームデザインなど、メーカーにより呼び方が異なります。気なる方はチェックしてみてください。

角度・高さ調節機能もチェック

By: lg.com

縦置きモニターの多くは、画面の角度や高さを調節する機能も搭載しています。左右の角度調節ができると隣の人に画面を見せたいときなどに活用可能。チルトとも呼ばれる前後の角度調節に対応していると、画面の向きを簡単に視線にあわせられます。

画面の高さは画面を見る際の首の角度に直結するため、調節できると非常に便利。長時間の作業による肩こりや首の痛みなどに悩んでいる方は、高さ調節機能を搭載するモデルをチェックしてみてください。

縦置き対応モニターのおすすめ|24インチ

フィリップス(Philips) クアッドHDモニター 24E1N5500E/11

フィリップス(Philips) クアッドHDモニター 24E1N5500E/11 2022

シンプルで価格が安い、おすすめの縦置きモニター。小型ながら2560×1440ピクセルと解像度が高く、写真や動画を高精細に表現できます。IPSパネルの採用により視野角が広いのも特徴です。

スタンドは縦置き以外に傾きや高さの調節などにも対応しており、体格や姿勢にあわせて使用できます。また、スタンドにはケーブルをまとめられる機能が搭載されているため、デスク周りの配線をスッキリと整頓できます。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ゲーミングモニター GH-ELCG238B

グリーンハウス(GREEN HOUSE) ゲーミングモニター GH-ELCG238B 2023

ゲーム用に使える縦置きモニターがほしい方におすすめのモデル。応答速度が1ms、リフレッシュレートが最大165Hzと優れており、動きの速いシーンも正確に描写できます。安定した映像を実現するAdaptive-Syncに対応しているのもポイントです。

DisplayPortが1ポート、HDMIが2ポート搭載されており、複数の外部機器を常時接続しておけます。USB Type-Aを2ポート搭載しているうえ、USBハブとして使える機能が搭載されているのも魅力です。

エイスース(ASUS) ProArt PA248QV

エイスース(ASUS) ProArt PA248QV 2020

クリエイティブな作業に適しているおすすめの縦置きモニター。色精度が高く、sRGBおよびRec.709を100%カバーしています。出荷前にはプレキャリブレーションも実施されており、趣味はもちろん仕事でも活用可能です。

「Quick Fit機能」の搭載も特徴のひとつ。画面上にA4用紙のようなよく使うサイズの枠線を表示できるため、印刷前のプレビューに役立ちます。ブルーライトの軽減機能にも対応しており、長時間の作業の負担軽減が期待できます。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG258QR

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG258QR 2021

縦置きに対応したゲーミングモニターを探している方におすすめのモデル。最大165HzのリフレッシュレートやAMD FreeSyncといった機能に対応しており、カクつきやチラつきの少ない滑らかな映像を実現しています。

上下左右の角度調節に加えて、高さ調節にも対応しているのポイント。ほかにも、ゲームをプレイする際は、ゲーム内容にあわせて画質を調節する「GameVisual機能」を利用できます。

デル(Dell) ゲーミングモニター G2524H

デル(Dell) ゲーミングモニター G2524H 2023

3辺のベゼルが細く設計されたおすすめの縦置きモニター。優れた没入感を体験できます。複数枚並べたときに境界線が気になりにくく、マルチモニター環境で作業したい方にもおすすめです。

縦向きにできる回転ほか、上下左右の角度調節や高さ調節などにも対応しています。長時間使用する場合でも、姿勢にあわせて向きを変えられるので便利です。

また、最大280Hzのオーバークロックリフレッシュレートに対応しており、滑らかな映像でゲームをプレイできます。暗いシーンを補正するゲーム向けの機能も充実。好みのカスタマイズが可能です。

縦置き対応モニターのおすすめ|27インチ

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モニター 27UP650

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モニター 27UP650 2021

美しい4K解像度で動画を楽しめる、おすすめの縦置きモニター。映像用のHDR10のほか、DisplayHDR 400にも対応しており、さまざまなコンテンツを高コントラストで視聴できます。通常の映像をHDR画質に補正する機能の搭載も特徴です。

AMD FreeSyncテクノロジーにも対応しており、ゲームにもおすすめ。ラグ軽減の効果に期待できる「DASモード」や暗い場面の明るさを補正して視認性を向上させる「ブラックスタビライザー」など、ゲーム向けの機能も充実しています。

スタンドの自由度も高く、高さ調節のほかチルトにも対応。ほかにも、独自の「OnScreen Control」にも対応しており、明るさやコントラストといった基本設定をWindows上で変更可能です。

ベンキュー(BenQ) AQCOLOR PD2705UA

ベンキュー(BenQ) AQCOLOR PD2705UA 2023

デザイナー向けに設計された、おすすめの縦置きモニター。モニターアームが付属しているので、縦置きモニターを設置してもデスク上のスペースを広く活用できます。モニターの位置や向きなどを柔軟に調節できる点も魅力です。

4Kの高解像度に対応特徴。sRGBやRec.709のカバー率が99%と高いのはもちろん、工場出荷時に1台1台キャリブレーションされているため、精密な色再現性が確保されています。また、HDR10に対応しているのも特徴です。

動画と音声、データ転送と給電まで1本のケーブルで行えるUSB Type-Cポートも搭載。2台のパソコンを1台のキーボードとマウスで操作できる「KVMスイッチ」や、複数の画面を表示する「PIP」などの機能にも対応しています。

ベンキュー(BenQ) アイケアモニター GW2790QT

ベンキュー(BenQ) アイケアモニター GW2790QT 2024

白を基調としたスッキリとしたデザインがおしゃれな、おすすめの縦置きモニター。1本のUSB Type-Cケーブルを使用してノートパソコンと接続するだけで、映像を表示しながらデータ転送と最大65Wの給電まで行えます。

デイジーチェーン接続にも対応しているため、少ないケーブルで簡単にマルチモニター環境を構築可能です。解像度もWQHDと高精細なので細かい文字も表示しやすく、プログラミングや表計算などのビジネス用途にも適しています。

エルゴノミクスデザインのスタンドを採用しており、高さの調節やピボット、チルトにスイベルなどさまざまな方向の調節が可能です。また、スピーカーのほかノイズキャンセリングマイクも内蔵されています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) デュアルアップ モニター 28MQ780

LGエレクトロニクス(LG Electronics) デュアルアップ モニター 28MQ780 2022

広い表示領域で快適に作業できる、おすすめの縦置きモニター。2560×2880ピクセルの高解像度であり、16:18のユニークなアスペクト比を採用しています。21インチ相当のモニターを縦に並べた状態に近く、複数のウィンドウを並べやすい仕様です。

USB Type-Cポートが搭載されており、付属のケーブル1本で映像入力とデータ転送、接続機器の充電を行えます。自宅でノートパソコンを使う際に大きな画面で作業したい方や、手軽にマルチモニター環境を構築したい方におすすめです。

独自の「Live Color Low Blue Light」に対応しており、ちらつきやブルーライトの軽減も実現しています。また、環境光センサーの内蔵により周囲の明るさにあわせて、自動的に輝度を調節できるのも使いやすいポイントです。

縦置き対応モニターのおすすめ|その他

JAPANNEXT 小型縦型モバイルモニター JN-MD-IPS784

JAPANNEXT 小型縦型モバイルモニター JN-MD-IPS784 2023

さまざまな用途に活用できる、おすすめの縦置きモニター。解像度が400×1280ピクセル、サイズが7.8インチのスリムな縦置きモニターです。専用のスタンドが付属しており、デスク上の好きな場所に設置して使用できます。

専用スタンドは縦置きのほか横置きにも対応しており、好みの向きで使用できる設計です。XやInstagramのようなSNSのタイムラインを表示してチェックしたり、チャットアプリを常時表示しておいたりといった使い方ができます。

インターフェースには、USB Type-CとminiHDMIが各1ポートずつ搭載されています。Type-Cで接続すると、映像信号と同時に電源の供給ができるのも特徴。mini HDMIで接続する場合は、別途電源が必要です。

ゲシック(GeChic) モバイルモニター M141E

ゲシック(GeChic) モバイルモニター M141E 2024

ノートパソコンでもマルチモニターで作業したい方におすすめの縦置きモニター。14インチの画面が搭載されており、解像度は1920×1200のフルHDです。アスペクト比が16:10で、表示領域がやや広く設計されています。

独自のクイックリリースに対応するスタンドが搭載されており、向きや高さ、角度などを自由に調節しながら設置可能です。Windows搭載パソコンと接続する場合、ショートカットで瞬時に画面の縦横の表示を切り替えられます。

HDMIのほかUSB Type-Cポートも搭載されており、MacBookシリーズやSurfaceシリーズといった人気のノートパソコンとも簡単に接続できるのも魅力です。

リコー(RICOH) RICOH Light Monitor 150 PZ-514911

リコー(RICOH) RICOH Light Monitor 150 PZ-514911 2023

タッチ操作に対応するおすすめの縦置きモニターです。背面に搭載されたスタンドで自立させる仕様を採用しており、横置きと縦置きに対応。シーンにあわせた柔軟な使い方が可能です。

薄型なうえ重量が約560gと軽く、収納や持ち運びも簡単。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも使いやすい設計です。ディスプレイのサイズは15.6インチで、鮮やかな有機ELパネルを採用しています。

10点マルチタッチに対応しているのもポイント。タブレットのように指先で直感的に操作できます。最大4096段階の筆圧検知に対応する、別売りのスタイラスペンも利用可能。資料への書き込みやイラスト制作など幅広い用途で快適に使用できます。

エイスース(ASUS) ZenScreen Go MB16AWP

エイスース(ASUS) ZenScreen Go MB16AWP 2022

縦置きモニターを持ち運びたい方におすすめのモデル。バッテリーが内蔵されているので、電源のない外出先でも気軽に使用できます。薄型かつコンパクトな設計を採用しており、スマホやタブレット、ノートパソコンなどと一緒に持ち運びやすい点も魅力です。

15.6インチのフルHDのディスプレイを搭載。また、Wi-FiやMiracast、AirPlayといったワイヤレス投影に対応しています。一部のスマホやノートパソコンの画面をワイヤレスでミラーリング可能です。

さらに、USB Type-Cやmini HDMIといったポートも搭載されているので、有線でも接続できます。背面には折りたたみ式のキックスタンドも搭載。センサーの内蔵により、縦向き・横向きを検知して自動的に画面の向きを調節できます。

EVICIV モバイルモニター EVC-1701

EVICIV モバイルモニター EVC-1701

薄型かつ軽量で取り回しやすい、おすすめの縦置きモニター。17.3インチのコンパクトな設計なので、モバイルモニターとして使用できます。解像度は1920×1080ピクセルのフルHDで、高精細な映像を表示可能です。

本体背面にはスタンドが内蔵されており、単体で自立させられます。横向きと縦置きの両方に対応しているのもポイント。用途や使用場所などにあわせた使い方ができる仕様です。また、柔軟な角度調節にも対応しています。

ステレオスピーカーが内蔵されているため、別途用意しなくても1台で映像とサウンドの両方を再生可能です。イヤホンジャックも用意されており、有線のイヤホンやヘッドホンなども使用して周囲に配慮しながら音声を再生できます。

ピポッド機能がないモニターを縦置きするならモニターアームを使おう

By: lg.com

ピボット機能を搭載していないモニターを縦置きするなら、モニターアームを利用するのがおすすめです。ピボット・チルト・スイベル・高さはもちろん、画面を手前に引き出したり奥に移動したりと、多様な動きに柔軟に対応できます。

モニターアームが使えるかは、モニターがVESA規格に対応しているかがポイント。一般的なPCモニターの場合、75×75mmもしくは100×100mmのVESA規格に準拠していれば、モニターアームに設置することが可能です。利用を検討している方は事前にチェックしてみてください。

モニターアームについて詳しくはこちら